Home > 01.時事寸評 > 02.経済 Archive

02.経済 Archive

自分を褒めてあげたい(^^)

たまたま今日、一緒に仕事をしている女性とこんな話をしていた。

東京駅の大丸に行列が出来るスィーツのお店があるという話を、ちょうど今日していたのよね。。。
バブル期のOLさんたちはブランド物(バッグやアクセサリ、洋服)に走っていたけど、最近のOLさんたちは「自分へのご褒美」として“ちょっと”高級なスィーツを買って帰るとか。

そして、大丸には行列の出来るお店は数店ある。
そんな中、日中に売り切れになってしまうお店があるという。
今日は、そんな話がメインだったのだけどね。。。(笑)
でも、彼女も私もそのお店の名前を知らなかったので、(お店の事は)想像で話すしかなかったのよね(^^ゞ


「自分へのご褒美」ダントツ1位「スイーツ」 有名パティシエで「ちょっとした贅沢」
12月7日18時35分配信 J-CASTニュース

 働く女性の、「自分へのご褒美」でダントツ人気なのが、「スイーツ」だ。有名パティシエのケーキやチョコレートを会社帰りにデパ地下で買うOLが増えている。「バブル期」のご褒美の定番はブランド品だったが、最近は不景気のためか、単価を下げて「ちょっとした贅沢」としてスイーツを選ぶという。

■有名パティシエのクリスマスケーキが人気
 クロスメディア・プロモーションを行うメディア・シェイカーズ(東京都中央区)が働く女性に実施した調査で、「自分へのご褒美」に「スイーツ」を買うと答えた人がF1(20~34歳)は69.2%、F2(35~49歳)は61.1%と、いずれも高いことがわかった。他には「衣類」「アクセサリー」「バッグ」「エステ」「化粧品」などだった。ご褒美をあげるタイミングは、F1、F2とも1位「ボーナスが入った時」2位「ストレスを発散したい時」3 位「リッチな気分になりたい時」だった。調査は2008年10月、首都圏1都3県在住の20~49歳の女性会社員にインターネットを使って実施した。
 池袋駅と直通し、会社帰りのOLが多く利用している「東武百貨店池袋店」(豊島区)の広報担当者は、こう語る。
  「仕事帰りに、少し高めのスイーツを買って帰る20歳~30歳くらいの女性が増えています。すごく高いものをたまに買うというよりは、1回あたり1000円以内におさえて、ご褒美の頻度を高くしているようです」
 最近、女性に人気を集めているのは、08年8月に同店に入ったフランスの焼き菓子ラスク専門店の「ガトーフェスタ・ハラダ」だ。1袋600円前後。「ちょっとした贅沢」として買っていくのだという。
 1粒数百円する高級チョコレートを「バレンタインデー」に自分用に買う女性が増えているが、今年はなんと、「クリスマスケーキ」をご褒美に買うケースもあるという。「三越日本橋本店」(中央区)の広報担当者は、
  「ご褒美用には有名パティシエのクリスマスケーキが人気で、すでに予約で完売したものもあります。『限定』や『王室御用達』といった言葉に惹かれて買っていくようです」
と話している。
 直径およそ15cmの小さめサイズで、女性1人でも食べられる。価格は5000円台が中心だ。

■不景気の影響?ブランド品は減る
 「自分へのご褒美」という言葉は「バブル期」以降に広まり、当時はブランド品のバッグやアクセサリーなど高額商品を買うことが多かった。
  「不景気の影響で、ご褒美の単価が下がってきているようです。スイーツであれば、そこそこの予算でいいものが買えますから」
 読売新聞が運営する投稿サイト「発言小町」に、「自分へのご褒美ってあります?」というお題が08年11月12日に立てられている。「いつもは質素な生活、まじめな勤務態度」だが、自分の誕生日は「特別」に過ごしてみようと思い、みんなの意見を求めているという。すると、こんな意見が書き込まれていた。
  「奮発して美味しいケーキを食べに行きます。
  お気に入りのお店はお高めなので、予算3000円くらい出して、のんびりイートインします」
  「私は、花より団子なので、綺麗なアクセサリーより美味しい食べ物をご褒美にしちゃいます。
  WITTAMERやGODIVAのチョコレートをケースを眺めながら食べたいのを10個くらい選んで食べちゃいます」
 一方で、「ディオールのお店で、27000円の華奢なストラップを買いました」「初VITTONでお財布を購入しました」という書き込みもあり、ご褒美にブランド品を買うバブリーな女性もいるようだ。
 この調査から、自分へのご褒美を積極的にあげている人に、こんな特徴が見えてきた。ご褒美の頻度「2か月に1回以上」と答えた人と、「1年に1回以上」と答えた人に、(1)「趣味より仕事の方を大事にしたい」(2)「昇進していくことが第一の目標である」という質問をしたところ、(1)と答えた人は、「2か月に1回以上」が24.7%、「1年に1回以上」が16.2%、だった。また(2)と答えたのは、「2か月に1回以上」で26.0%、「1年に1回以上」で18.8%となった。
 ご褒美を積極的に与えている女性ほど、「キャリア志向が高い」とうかがえる。裏を返せば、仕事に一生懸命に打ち込むからこそ、その見返りに、ご褒美を求めているとも言えそうだ。
最終更新:12月7日18時35分




う~ん。。。なんだろう。。。???。。。(^_^;

強いて言えば、私はバブル期の女性に分類されるのだろう。。。バブルが終わった今も仕事しているけど。。。(^_^;

確かに、若い頃、20代の頃は忙しくて休日出勤が2ヶ月程続いた後にはショッピングというか、“買い物”で欲求不満を晴らしていたように思う。
その頃は残業代もあったし、景気もそれなりに良かったのでボーナスでちょっとした高級品を買う事もあった。
自分へのご褒美と、“長く”使えるという言い訳と共に。。。
それでも、一緒に仕事している女性のように1つ150万円もするような時計を買う事はなかったな。
というか、その頃の私にはそこまでの収入が無かったのと言うのが、正直な所かな(笑)


ふむふむ。。。
> ご褒美を積極的に与えている女性ほど、「キャリア志向が高い」
> 仕事に一生懸命に打ち込むからこそ、その見返りに、ご褒美を求めているとも言えそうだ。

一生懸命に仕事をしている女性には“正当に報われてはいない”と感じる人が多い。
下手をすると“(職場で)疎まれている”と感じる女性も少なくない
一生懸命に仕事をしているにも関わらず“(職場で)評価されない”のであれば、せめて自分自身だけでも(自分を)“評価してあげよう”と思うのじゃないのかな?
若い女性の気持ちを充分理解しているとは言えないけど、雇用機会均等法以前の採用でありながら(給与処遇で格差がありながら)バブル期に男性と同等に働く事を要求された私たちはそういう感覚で自分に“ご褒美”を買っていた。
私たちはたまたまバブル期にあったからの金銭感覚だったけど、今のような経済・労働環境では“ちょっと贅沢なご褒美”を“頻繁”にしてあげないと働くモチベーションが上がらないのかもしれない。。。

何故、今更、慌てる?

旅行中、リーマン・ブラザーズの破綻のニュースを聞いた。
破綻が発覚したのが日本では休日だったけど、翌日にはNYの株価の下げをコピーする形で東証の日経平均が600円の大幅下げだった。
翌日もNYをそのままコピーしたかのような反発だったね。


株価はともかくとして、証券会社ではリーマン関係で利払いの停止があって、大騒動だったらしい。
なんだか、90年代の南米の金融危機を思い出す。
あの頃はデフォルト(支払停止)続出だったものね。。。


一部MMFに元本割れ発生=リーマン破綻で異例の事態-米」
9月19日14時30分配信 時事通信

 【ニューヨーク18日時事】米証券大手リーマン・ブラザーズが経営破綻(はたん)したことを受け、18日までに、同社の社債を運用対象にしていた米金融商品MMF(マネー・マーケット・ファンド)の一部に元本割れが発生した。MMFは低リスクで換金性が高い投資商品として人気があり、元本割れは異例。これをきっかけに、米国ではMMFの解約や、MMFの運用先をより安全性の高い国債に切り替える動きが強まった。
 元本割れを起こしたのは、米資産運用会社リザーブ・マネジメントのMMF。預かり資産の一部を額面7億8500万ドルのリーマンの社債に投資していたが、同社の破綻で無価値になった。これに伴い、MMF1口当たりの価値が0.97ドルとなり、基準価格の1ドルを割り込んだ。 最終更新:9月14日16時53分
最終更新:9月19日14時34分


MMFなんて安定した分配を確保するために債券を中心に短期売買で運用しているけど、短期運用だからこそ利回りの高いサブ・プライムローンのような債券も運用に組み入れていたのかな?
まぁ、MMFだって、所詮投資信託。
元本割れがあっても不思議ではない。
(理由は違うけど)日本の中国ファンドだって元本割れしたことがあるのだから、MMFだって元本割れしても不思議ではない。
今更慌てることはないと思うな。

日本の経済の行方は?

リーマン・ブラザーズが破綻した。

テレビでは自民党の総裁選のニュースを放送している。
自民党の総裁選を放送するなら、「この局面で日本がいかに行動すべきか?」を問うのがイイ。

経済通、経済政策通といわれた馨ちゃんでさえ、この局面を「蜂が刺した程度」と言い放った。
本当なのか?
今の日本の金融がアメリカと同時に沈むとは思わないけど、「蜂が刺した」と言うのは違う気がする。
大げさに言い過ぎるの如何なものかな?と思うけど、もう少し分析して話をして欲しいな。
馨ちゃんは次の総理大臣候補とも言える自民党総裁候補で、他の候補者とは違って現役の日本経済の舵取りを担当する大臣なのだから。


「アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪を引く」と言われるほど脆弱な日本経済が、アメリカの“風”を「風が吹けば桶屋が儲かる」とするチャンスにもなるかもしれない。
風邪をひくのか、桶屋になるのか、総裁選の候補者が経済政策へのビジョンを語るにはいい機会だと思うのに、誰も真剣に向き合おうとしないのは5人も居る候補者が全てが経済オンチということなのだろうか?


私も他に選択肢が無い場合を除いては、買わないかも。。。

なんとなく気になった記事。

コンビニ弁当大苦戦中 この7年間で利用が約半分 7月6日12時35分配信 J-CASTニュース

 コンビニ弁当がこの7年間で利用が半減しているとの調査結果が出て、注目を集めている。最近は、弁当専門店のほか、スーパー、デパ地下なども力を入れており、競争が激化している。コンビニ弁当はどうなるのか。

■弁当店やスーパー、デパ地下など競合が多くなってきた

  「コンビニそのものの売り上げが落ちています。その結果が表れたのではないでしょうか」
 コンビニ弁当利用のインターネット調査を行ったマイボイスコムの広報担当者は、結果についてこう話す。それによると、週に1回以上コンビニ弁当を利用すると答えた人は、2008年6月1~5日の調査で17.7%。これは、2001年7月の調査の30.1%に比べほぼ半減している。また、利用しないと答えた人は、37.4%で、2001年時の20.9%に比べ倍増した。総じて、利用は7年間で大幅に減っていることになる。
 これは消費者調査だが、売り上げにも影響が出ている。
 日本フランチャイズチェーン協会の08年1月21日発表によると、07年のコンビニの売上高は、既存店ベースで前年比1.0%減となり、8年連続で減少した。そして、平均客単価は1.1%減って9年連続でマイナスになり、その主な原因として、弁当販売の不調が挙げられている。08年5月は、食費を抑えるための外食から切り替えなどの理由から、弁当などが増加に転じたものの、わずか2.5%だ。弁当はコンビニの主力商品だけに、売上高と直結しているようだ。
 なぜ消費者離れが進んだのか。
 外食産業総合調査研究センターでは、次のように分析する。
  「弁当は、持ち帰り弁当店やスーパー、デパ地下でも売っており、競合が多くなってきたからではないですか。例えば、コンビニでは弁当を温めないといけませんが、持ち帰り弁当店なら温かいままに出せます。また、スーパーなどでは、おいしいお総菜も売っており、こうした影響が出ていると思います」
 「ほっともっと」弁当店チェーンを展開するプレナスも、競争激化があるとみる。「私どもでは店舗当たりの販売数に大幅な変動はないので、中食市場がしぼんでいることはない」としながらも、「すかいらーくが宅配したり、配達の弁当が増えたりと、外食が参入したあおりを受けた可能性があります」と指摘する。

■セブンイレブンは「売り上げは堅調」

 もちろん、コンビニ業界も手をこまねいているわけではない。
 中には、店内調理した総菜やご飯の「できたて」を売りにする一部店舗もある。J-CASTニュース07年5月13日付記事では、スリーエフ神奈川県庁前店が店内で作った総菜20種類から選んでもらう弁当を販売したりするなどの例が紹介されている。
 マイボイスコム調査によると、消費者には、健康志向と高級志向が強い。あったらいい弁当として、「血液さらさら弁当」「ビストロスマップ弁当」などが挙げられている。
 こうしたニーズに応え、セブン-イレブンでは08年5月12日から、「ヨン様弁当」とも呼ばれる2500円の高矢禮(ゴシレ)弁当の予約を開始。ファンらから注文が殺到して、増産までして販売した。また、地域の特産物を使った弁当も充実させ、差別化を図っている。
 セブン-イレブンは、前出の調査で、よく食べる、おいしいと思うコンビニ弁当で、それぞれ6割強、4割強の圧倒的な支持を集めてトップになった。セブン -イレブン・ジャパンの広報担当者は、「私どもでは、お弁当の売り上げが特に落ちていることはなく、堅調に推移しています」と話す。
 ただ、「できたて弁当」については、販売しているのは一部の店で、コストや設備・サービス面でクリアすべき問題が多いとされる。また、消費者志向に合わせた弁当にしても、他業態が、同じような工夫をしている。前出のプレナスでは、「私どもは、地域によって弁当のメニューを変えたり、味を変えたりしています。たくさん食べたい、メタボに気をつけたい、といったいろいろな嗜好性に対応するようにしています」と明かす。
 人口減少や高齢化の影響でも市場が伸び悩んでおり、限られたパイを巡って競争が激しいことは確かだ。
最終更新:7月6日12時35分

コンビニのお弁当って、美味しくないもの。


私も長く、コンビニのお弁当にお世話になっていた。
前の会社に勤めていた時は会社が夜の歓楽街の中に事務所を構えていた事もあって(夜からの営業のお店が多かった)昼食時の界隈は閑散としていたので、昼食はほぼ100%コンビニエンスストアのお弁当だった。
今の会社でも、今のように客先に常駐していない時は毎日コンビニのお弁当にお世話になっていた。

私が利用するのはセブンイレブンやローソンの様なコンビニエンスストアだったり、新鮮組のようなコンビニスタイルなんだけど基本的にお弁当屋さん?的なお店だったり。
おかずもご飯も温かい事が多い新鮮組は多分店内で調理するのだろう、でもセブンイレブンやローソンはセンターでの集中調理で冷蔵したものが店舗に配られていて温めなければ食べられない。
最近はセブンイレブンやデイリーヤマザキなどでも店内調理もあるらしいけど、私の行動範囲では殆ど見かけない。
で、コンビニのお弁当って、温めると変な臭いがして美味しくないのよね。。。
味は多分OKなのだろうけど、臭いが味を邪魔する。
あの臭いは、多分容器から出る臭いなんだと思う。
更に、お漬物を温める事による臭い。。。


“お弁当”文化のある日本食では、お弁当は必ずしも温かい必要はない。
勿論、“冷えた食事は好きではない”という人が居るのは知っているけど、お弁当って冷めても美味しいのが(ある意味)コンセプト。
そんな“冷めても美味しい”お料理って、(後から強制的に)温めると美味しくなくなるものが多かったりする。
例えば唐揚げはお弁当のおかずの定番だったりするけど、これを電子レンジで温めると油の臭いが鼻について美味しくない。
温かいお弁当を食べさせたいというコンビニエンスストアの“努力”は認めるけど、美味しくないのよ。。。
容器からでるであろうあの独特な臭いもあって、私自身はコンビニエンスストアではなるべく温めなくてもよいお弁当(お握りセットのような)を選択することが多かった。
単品のお握りだと添加物の多さが気になってしまうので、お握りセットのような商品の選択なってしまう。

あとは、“量”が問題。
コンビニのお弁当の1個は私には若干多い。
でも、多分、若い男性には足りないのだろうと思う。
でも、若い男性にとって、決して安いわけではないコンビニのお弁当にお握り等を追加したらかなり高くついてしまう。
だったらお弁当専門店やお料理屋さんのテイクアウトの方がご飯を大盛りにしたりできて嬉しいんじゃないかな。

コンビニのお弁当って、「いろんな人の意見を取り入れた結果、誰にも合わなくなった」感じがする。
私も他に選択肢が無い場合を除いては、コンビニのお弁当って買わないかも。。。(^_^;

円高還元?

今日、明日と、イオンとヨーカ堂で円高還元セールを実施しているらしい。
って、アメリカ産のものだけ?
だったら、私はアメリカ産のものを殆ど買わないから関係ないか。。。
まぁ、イオンなんかは最近PB品も値上げしたばかりだから、こうやって少しでも時事話題に近い所で“消費者還元”しないと、消費者に割高感ばかりが印象付けられちゃうものね。。。
それにしても“円高還元”なら、ドル連動相場の元で輸入している中国製品だって安くなってもいいハズだけど、時節柄「中国から輸入」した品物では売れ行きが悪いのかな?


スーパーの“円高還元”セールより気になるのはこちら。

年末までに1ドル=90円突破も=榊原元財務官が米紙に

3月21日7時1分配信 時事通信

 【ロサンゼルス20日時事】20日付の米紙ロサンゼルス・タイムズは、榊原英資元財務官(早大教授)とのインタビュー記事を掲載した。この中で榊原氏は、急騰している円相場について「1ドル=90円まで急速に上昇して年末には90円を突破する可能性もあり、70円を予想する向きもある」と述べ、米経済の不振を背景に今後さらに急激な円高が進むとの見通しを示した。

最終更新:3月21日13時7分


食べ物や生活用品は輸入品が多いから円高は物価安に繋がるけど、生活の収入の元は多くが“輸出”に影響される。
そういう意味では円高はベアやボーナスに大きく影響する。
円高で売上が3~5割も減ったら、企業は大変だよね。


揺らぐドルへの信認

3月18日8時1分配信 産経新聞

 基軸通貨ドルの弱体化は、世界経済に深刻な不安を呼び起こす。17日の東京外国為替市場では一時1ドル=95円の大台まで円高ドル安が進行し、ドル暴落の様相を呈してきた。米国の金融市場の信用不安に沈静化のめどは立たず、投資資金のドル逃避が広がっている。

 米国はこれまで強いドルを背景に世界中の資金を集め、その資金を再投資し、成長につなげてきた。しかし、サブプライムローン問題をきっかけに資金の流れは一気に逆流。資金は原油や金などの商品市場に流れ、商品価格を押し上げている。

 ドル安は米国の株、債券の下落につながり、商品価格の上昇を引き起こしている。これに伴うインフレが消費を低迷させ、米国経済が減速し、米国への依存度が高い日本や中国などの輸出国の経済に影響が広がれば、世界同時不況の最悪シナリオも現実味を増す。

 ユーロというドルに匹敵する通貨の存在も、ドルの信認低下を助長する。元財務官の内海孚(まこと)日本格付研究所社長は「ドルからユーロへの資金シフトが起きれば、ドルの信認は大きく揺らぐ。基軸通貨の意味を米国は考える必要がある」と警鐘を鳴らす。ドル逃避を決定的にするきっかけになりかねず、内海氏は「米国と欧州が協調介入する時期」と指摘する。

 一方、ブッシュ米大統領やポールソン財務長官は「強いドルが国益にかなう」と強調するが、後手に回る米国の対応からは、「ドル安を望んでいるのでは」との見方も強い。ドル安を放置することで貿易赤字を解消し、景気減速をソフトランディングさせたいとの思惑が見え隠れする。

 ドルの信認低下は、世界経済に大きなダメージを与えかねないだけに通貨当局の一層の機動的な対応が求められそうだ。

最終更新:3月18日10時27分


ブッシュは大統領になるべき人ではなかったとつくづく思う。
もっとも、私はアメリカ国民ではないから大統領を選ぶ権利はなけど、アメリカドルが世界の基軸通貨だという事は、アメリカを中心に世界が回っているという事。
もし、本当に、アメリカドルが基軸通貨である事を降りたのであれば、次に“機軸”となるのはユーロなんだろうね。
でも、ユーロって“経済”で繋がっているだけで、政治的な信頼関係は全くないと言っていいような“連合体”。
そんな“連合体”に頼るのも危ういよね。。。

って、だからと言って、中国や日本はもっと(世界から)信頼されていない。

<東証>外国人売り越し額9226億円 過去2番目の高水準

3月21日19時21分配信 毎日新聞

 東京証券取引所が21日発表した3月第2週(10~14日)の投資部門別売買状況(東京、大阪、名古屋3市場の合計)によると、外国人投資家の売り越し額が9226億円に上り「ブラックマンデー」があった87年10月第3週(1兆1220億円)以来、過去2番目の高い水準だったことが分かった。

 外国人の売り越しは4週連続。個人投資家は2週連続の買い越しで、買い越し額は1258億円だった。

 3月第2週の日経平均株価は、終値ベースで計約541円下落。米国の低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題の深刻化に加え、急激な円高による日本企業の業績悪化懸念や次期日銀総裁人事の混迷などを嫌気し、外国人が日本市場から逃避する動きを加速させたとみられる。【松尾良】

最終更新:3月21日20時6分

ドル(アメリカ)より先に日本が世界から見放されている。。。(^_^;
まぁ、日本は経済というより政治の幼さが“不安”の元なんだよね。。。

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 > 02.経済 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top