Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

政治家としての必要要素

少なくとも、国民に対して“責任を自覚”する政党、政治家であれば、「非核三原則」を考えるのが当たり前。
それをしないのであれば、政治家とは言えない。
それをせずに国会議員を名乗るのであれば、それは“政治屋”なのかもしれない。

民主・鳩山氏の「非核三原則見直し」に社民反発

7月16日20時17分配信 産経新聞

 民主党の鳩山由紀夫代表が政権獲得後に、非核三原則の見直しも含め、米側と協議するとした発言が波紋を広げている。民主党が連立相手と期待する社民党の重野安正幹事長は16日の記者会見で「(連立)政権の一翼を担う前提条件はいろいろある。われわれの琴線に触れることを平気で否定するのは、いかがなものか」と述べ、衆院選後の連立政権協議に影響しかねないと強く牽制(けんせい)した。
  与党、故人献金で17日に政倫審 鳩山氏は欠席方針
 社民党は16日に発表した次期衆院選のマニフェスト(政権公約)でも、非核三原則の厳守を掲げており、外交・安全保障政策をめぐる両党の隔たりを際立たせた格好だ。
 重野氏は「非核三原則は被爆国である日本には国是に等しい政策で、非常に問題だ」と批判。その上で「近い将来、首相になる意識があるなら『首相の発言は重い』と認識するべきだ」と苦言を呈した。同党の又市征治副党首も「(鳩山氏は)誤解を招くような発言がちょっと多すぎる。『非核三原則は守るべきだ』と言っておけば何も問題にならない」と非難した。
 民主党内には「選挙後、衆院で単独過半数を制しても、参院は社民党などの協力がなければ過半数を維持できない」(幹部)として政策面で過度に社民党を刺激することには慎重論が強い。ある幹部は16日、鳩山発言について「選挙前に余計なことを言う。本心であっても黙っていればいい」と苦言を呈した。

最終更新:7月16日20時22分


身近に核を兵器として保持する、しようとする国が2国ある。
両者とも、日本を“仮想敵国”としている。
彼からか日本が身を護るためには、日本が彼らにとって“取るに足らない国”になるか、日本が彼らより“強く”なるしかない。
日本人が、自らを彼らにとって“取るに足らない国”となる事が、本当に日本人を護る事になるのか?
例え、一瞬だけ護れても、それによって日本が廃れるなら、それは日本を護る事になるのか?


少なくとも、政治家なら、日本人が今後100年、200年を日本人であり続けることを志向するのじゃないだろうか?
であれば、その選択肢として、非核三原則の見直しだって当然ありうる。
此れを否定する輩は、日本の政治家として必要ないとさえ、私は思うよ。

う~~~ん。。。

馨ちゃんと石破クンが太郎チャンになんらかの進言をしたらしい。


う~~~~。。。
馨ちゃんって、政情勘はもとより、得意のハズの“経済情勢”のヨミもイマイチなんだよね。。。


別に、今更、太郎チャンに何を期待するつもりもないけど、自民党が次々に出して来る“手”が最悪なのよね。。。

誰かが動けば、益々自民党に不利に働く。

いっその事、太郎チャンのまま選挙に打って出て玉するのがいいんじゃない?
玉砕した責任を太郎チャンに負わせて下野した後に、次に斬新な党首を立てた方がいいような気がするよ。

っていうか、いっそのこと、この機会に自民党がガラガラポンと新しい政党になってくれたほうがイイ。
シンキロウ君や古賀君、馨ちゃんのような“古い”タイプの政治家を一掃してよ。

選挙狂騒

昨日の都議選での自民党の“歴史的大敗”を受けて、マスコミは大騒ぎだね。
都議選だから国政選挙とは異なるものの、此れだけマスコミが“衆議院選挙の前哨戦”と念仏を唱えれば、本当にそうなってしまうね。
でも、それは石原知事に“私の政策は間違っていない”との言い訳を与えるに過ぎない。


国民に信を問いたい=「歯食いしばり頑張る」-麻生首相

7月13日20時2分配信 時事通信

 麻生太郎首相は13日夜、首相官邸で記者団に対し。衆院を21日にも解散し、8月30日に衆院選を実施する日程で与党幹部と合意したことについて「2009年度当初予算、補正予算、重要法案を成立させた。ここで国民に信を問いたい」と説明した。
 首相は「どの党が国民の生活、日本を守るのかが争点だ」と指摘。その上で、「民主党は政権交代と言っているが、政策も財源も示していない。国民不在の党利党略以外の何物でもない」と批判した。
 一方、東京都議選の敗因に関しては「自民党やわたしに対する批判がある」と認めた。しかし、「だからといって直ちに辞職して投げ出す無責任な態度は取るべきでない。歯を食いしばっても頑張らなければいけない」と述べ、自発的な辞任を求める党内の声に反論した。 

最終更新:7月13日21時26分


それにしても、太郎チャンには残念な決断だっただろうね。
太郎チャンとしては、首相の専任事項として自分の手で解散したかっただろうに、これでは追い込まれての解散だものね。
といっても、解散しなくても任期満了は目前だから、選挙は避けられない。
だったら、1度ぐらい“首相の専任事項”を使って見たかったか?(苦笑)


テレビのニュースでは、この解散予定の発表に関して、「自民党内の麻生降ろしを封じ込める目的がある」と言っている。
しかし、“出来すぎ”だった前回の衆議院選と比較すると、今は誰が総裁でも必ず“負ける”。
他の誰かが総裁になっても負ける。
“負けれ”ば誰かが責任を取らなければならない。
太郎チャンが総裁のまま選挙で負ければ、当然に太郎チャンは辞めなければならない。
だったら、今、太郎チャンを降ろす意味があるのか?
自民党はここで“上手に”負けて、新しい総裁を担いで人心一新したほうが自民党の為だと思うな。

親の思い

旅番組で北海道のローカル線を特集している。
どこも、子供の頃、両親に連れて行ってもらった場所だ。

私が北海道で過ごしたのは5歳から10歳の5年半。
テレビの旅番組でその景色を見ると、今の私より若かった両親が北海道のあちこちに行きたかったのは理解できる。
そして“子供にも見せたい(体験させたい)”と思っただろう親心も解る。
そんな親心に対して、子供の頃の私は、仕事に忙しかった父と一緒に出かけられる事が嬉しくて、こういう景色を楽しんでいた訳ではなかった。
こういう処の良さは大人になって行って初めてがわかるのだろうな。





Continue reading

慢心が過ぎやしないか?

当たり前だ。

東国原知事 国政転身一転弱気に 「予想以上の逆風だ」

7月9日21時14分配信 毎日新聞

 次期衆院選への出馬に前向きな姿勢を崩さなかった宮崎県の東国原英夫知事は9日、自民党内外や県民に国政転身へのさまざまな批判があることについて「快く応援していただけていない。予想以上の逆風だ」と述べた。これまでは「(自分が出馬すれば)自民党を負けさせない」など強気の発言が目立ったが、一転弱気な一面を見せた。
 知事はまた、「自分は(地方分権を求めて)国にけんかを売った。これが負け戦になって補助金の削減などで仕返しをされるかもしれない。県民サービスが低下すれば私の責任だ」と自らの責任論にも言及した。
 東国原知事は国政転身に強い意欲を示しながらも、自民党からの出馬要請に高いハードルを掲げている。こうした強気な姿勢が党内の反発を広げ、党が条件に100%応じるのは困難との見方もある。思い通りにならない状況が弱気な発言につながったとみられる。【石田宗久】

最終更新:7月9日22時12分


国政転身と、その“条件”を聞いたとき、何を勘違いしているのか?と思った。
その後、「自分が出れば、自民党を負けさせない」と言ったと聞いて、“慢心”という言葉が浮かんだ。

果たして、この知事は次回の知事選で、県民から快く選んでもらえるのか?

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top