Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

“敵の敵は味方”なのか?

やっぱり、こういう結末になってしまうのか?


橋下知事 自民が「筋違い」と批判するなら… 「民主と連携」

7月7日15時27分配信 産経新聞
 大阪府の橋下徹知事は7日、首長連合で応援政党を表明するという橋下知事らの考えを細田博之自民党幹事長が「筋違いだ」と批判したことについて、「そう言われると民主党と連携するしかない。いくら自民党が地方分権と言ってもうそにしか聞こえない」との見解を示した。
 橋下知事は「細田幹事長の趣旨は(批判とは)違うと思う」としながらも、「自民党は『筋違い』と言うが、民主党の岡田克也幹事長は『連携していこう』と言っている。これではマニフェストの公表を待たずに民主党と決めざるを得ない」と強調した。
 また橋下知事はこの日午前、府庁で橋本大二郎前高知県知事と会談。

報道陣の取材に応じた橋本前知事は「橋下知事が主張する地方分権の実現は、地域自立の国を作っていくという私の思いと同じ。首長連合は大変素晴らしい」とし、「(次期衆院選で)議席を得た後に一緒に活動していくことになるかも」と述べた。
 一方、橋下知事は「個人的には(橋本前知事には)頑張ってもらいたいが、首長連合として応援するかは決めていない」としている。

最終更新:7月7日15時53分


自分を受け入れられないのであれば“反対”側を支持するというのは、“敵の敵は味方”という考え方。

でも、“政治”の世界が、そんな“子供じみた”価値観でイイのか?


橋下クンは、民主党の言う“日本の主権は地方にある”って言葉を精査したのか?
主権が“地方”にある事で“大阪は守れ”たとしても、日本を護れなかったとしたら、そもそも“大阪”が存在できるのか?
真に“地方”を考えるならば、民主党の“地方在権”の“危うさ”にもっと踏み込むべきで、“自民党が主張を聞いてくれないなら民主党を支持する”では、その民主党や、自民党に“足元を見られる”だけだと思うけど?

過ぎたるは及ばざるが如し(^^;

最近気になる地方自治体首長さんたちの動き。


「組めば自公応援の猿芝居」橋下知事、東国原知事との連携否定

7月5日23時23分配信 産経新聞

 次期衆院選に向けて「首長連合」で応援政党を表明することを決めた大阪府の橋下徹知事は5日、宮崎県の東国原英夫知事との連携について「東国原知事と組めば、自民、公明応援の猿芝居と思われてしまう。連携はない」と述べ、改めて否定した。松山市内で記者団の取材に応じた。
 橋下知事は、「地方分権」と「霞が関解体」という目標で東国原知事と一致するとしながらも、「戦い方の違いを区別しなければいけない。僕らの動きが自己満足で終わってはいけない」と語った。
 また、3日夜の東国原知事との会見で、地方分権の実現に向け一緒に行動すると表明しながら、結果的に連携にいたらなかった点について「一緒にやっていきたいという思いはあるが、国民に対する見え方で誤解を生んでしまう行動だった」と弁明。4日夜の中田宏横浜市長、中村時広松山市長との会談で出した結論であることを強調した。
 また、首長連合で応援政党を表明することを東国原知事にメールで報告したところ、東国原知事からは「了解。お互い地方分権で目指す方向は同じなんだからとにかく頑張ろう」との返信があったことを明らかにするとともに、「全く拒絶、ではない」と衆院選後の連携には含みを持たせた。
 橋下知事は首長連合が「国に対する圧力団体」になりうるかについて「そこまでのパワーになれるか挑戦だ」と決意を示した。応援政党表明には難色を示した府内の市町村長との連携に関しては「別になるだろう」と述べた。

最終更新:7月5日23時38分


知事として名前が売れている事を理由に我侭以上の要求をすることも、良かろう。
でも、“名物知事”として“名”が売れている事を“武器”(候補者として選挙に出る事)にして政党に取り入るのは、地方自治体の首長の“主張”とは違うと感じる。

今の政治の流れは2大政党を擬似している。
そんな中では、“地方自治体”はどちらかの政党にどっぷり漬かるのではなく、ある程度の距離感をもって“場面”や“政策”でどちらに付くのかを選択するほうがイイ。
そんな状況を考えずに特定政党の“公認候補”として現職知事自身が出馬するのは、”地方分権”の立場からも嬉しくないと思うよ。
仮にマニフェストで地方分権を謳ったとしても、なんとなく“胡散臭さ”が付きまとうもの。。。
って言うか、地方自治体が政党の“傀儡”に見えるでしょ?

地方分権を本当に推進するつもりなら、地方は中央と微妙なバランスを取った距離感があった方がイイ。
地方分権を進める上でも、地方と中央に多少の距離感があった方が、地方と中央のイイ“緊張感”になると思うのだけど?
そういう意味では、地方自治体の首長さんが自身の選挙の際に政党からの応援を受けるのは良いとしても、まるで党員になってしまうのは嬉しくないし、国政選挙で首長さんが特定の政党を支持するのもイマイチだと思う。
仮に自身の選挙で自民党に推薦してもらって、次の国政選挙でその首長さんが民主党を支持したとしたら、有権者はその首長さんの政治的な主義主張を判断できないのじゃないのかなぁ。。。その首長さんは次の選挙で民主党から出馬するのか?
勿論それを支持する有権者もいると思うけど、私は選挙の際に支持政党を表明する事で自分の存在感を高める手法には違和感を感じるなぁ。。

国益を損ねているのは誰?(苦笑)

太郎チャンの内閣改造(?)は、マスコミの評判は良くないね。

内閣を改造したと言うのに、取りざたされるのは、衆議院の解散時期と自民党総裁選の前倒しばかり。
キャスターは“サミットを控え(この政治状況が)国益を損なわなければよい”と言っている。

でもさ。。。
ある意味、政権政党に対して明確な意思もなく“反対”するだけのマスコミも、“国益を損なう”責任の一端を担っていると言える。
今のマスコミが“している事“は、少なくとも、サミットでは、“マスコミ(という名の“大衆報道”)にそっぽを向かれた政権を相手にしない”サミットにとっては(日本を)“取るに足らない政権”を宣伝してるに過ぎないから、サミットに日本の首相(誰であれ)が出席する事にまったく意味を無くす。
そもそも、マスコミが“辞めるのはいつ?”や“国民に支持されない”というような首相をサミットの各国が相手にすることは無いよね?
それは“マスコミ”が作ったものであっても、“既成事実”として報道されるよね>
マスコミ各社の報道は日本の首相がわざわざイタリアに“観光旅行に行くだけ”になってしまう結果を作るだけで、結果として血税を無駄にしてしまうのは否定できないよね。(^_^;


そういえば、“アイム・ソーリ”の竹下クンが総理を下ろされそうになった頃に行った海外旅行先で、「日本は政情に不安があるから為替相場が悪い」と言われた事があった。

高々、自民党の内紛であっても、海外では“政情不安”と評価される事をその時に知った。

イヤ、そもそも、“政情不安”って、日本人ならミャンマーやタイを思い浮かべるのでは?
日本人が日本の国情に対して“政情不安”と思うことは少ないと思うよ、

でも、外国では、党内のイザコザで党首下ろし(今で言うなら“麻生おろし”)が報道されるだけで、“政情不安”と判断される。
流石に(他の国の経済情勢が不安な)今は、日本のマスコミの政権叩き程度で為替は上下しないけど、確実に“日本”の信頼は下げているよ。


脇、甘過ぎ(^_^;

本当に、民主党って脇が甘い。


<鳩山代表献金>民主、衆院選への影響を懸念 自民は追及へ

6月30日23時32分配信 毎日新聞

 民主党の鳩山由紀夫代表が30日、「故人からの献金」の虚偽記載を認めたのを受け、同党は「説明責任を果たした」(岡田克也幹事長)と事態の早期収拾を図る構えだ。しかし、2000万円を超える資金の流れに不透明感も残り、党内からは「有権者がどう判断するかだ」と次期衆院選への影響を懸念する声があがっている。自民党の細田博之幹事長は「法律(政治資金規正法)上、違反行為なのは間違いない」と記者団に語り、追及を強める考えを示した。
 「代表を辞める話ではない。個人の問題だ」。鳩山氏の記者会見終了後、岡田氏は記者団に強調。来週の党常任幹事会で鳩山氏に説明を求め、党として問題視しないことを確認する方針を示した。
 党内では「鳩山氏本人はかかわっていない」(中堅)と鳩山氏の説明に理解を示す声が大半だ。ただ、民主党にとっては企業・団体献金を3年後に廃止する政治資金規正法改正案を提出し、政治資金を個人献金中心に切り替える方針を打ち出した直後だけに、代表自らの個人献金のずさんな処理が発覚したことは大きな痛手。岡田氏は「鳩山さんは責任ある立場だから極めて残念。法案への影響はよく分からない」と言葉を濁した。
 また、衆院選への影響についても鳩山氏自ら「なしとしない。できるだけ最小限にとどめるよう努力したい」と懸念を表明した。ある新人候補は「鳩山氏はクリーンなイメージだったから、選挙へも影響がある。でも我々が鳩山代表を選んだのだから、この体制で頑張るしかない」と語った。【野口武則、渡辺創】

最終更新:6月30日23時33分


前の代表が政治資金の献金問題で辞任したというのに、新しい代表も同じようなもの。
もしかして、ゆっぴぃは自分へ捜査が及ぶことを懸念して、一郎クンへの捜査を批判したのか?
少なくとも、そう思われても仕方がないよね。

私は何も解らない(=説明を受けたとは思えない)けど、これで「説明責任を果たした」と?
ダレも納得はしていないのでは?
意思を表現できない故人からの献金って、脱税を目的としていると思われても仕方がないのでは?
まだ、説明したとは言えないし、これではこの党首をクリーンとは言えない
少なくとも、お金に“汚い”と思わざるをえない。


それにしても、政治家の秘書になんてなるもんじゃないな。

一般の企業であれば社員の不祥事はTOPが頭を下げ、社会的な責任と減給などの社内向きの責任を負わされる。
政治家の場合は、政治家の不祥事やダーティな部分の責任は全て秘書が負わされるのだものな。
本当はが大将の指示で行った事であっても、大将は責任を負わずに、部下である秘書が全責任を負うのは政治家の事務所や政治資金管理団体ぐらいだろう。
そういう意味では、“大衆”とは乖離した場所に居るのだろうね、彼らは。

“単純化してはいけない”といいながら、また単純化される国の政治。。。

昨日の帰りの電車で携帯のニュースを見るまで、マイケル・ジャクソンの死を知らなかった。
自殺か事故死なのか、現時点では判らない。


さて、国内では、先の東国原宮崎県知事の国政参加話題や橋下大阪府知事の政策研究会の話題でニュース番組がにぎわっている。
地方自治体への権限委譲は純ちゃんの“行政改革”の柱の一つだった。
こういった動きは、今の自民党が“小泉改革”を否定することで自らの存在を示そうとしている事への地方自治体の危機感の表れなのかもしれない。
以前は“誰に”対してかを明確に示していなかった民主党は、今は“地方へ主権を委譲”すると言っている。
これって、本当に“望まれる事”なのだろうか?
地方に権限を委譲することはあるにしても、主権を地方へって、どんな形で?
まさか、国会を解散して地方自治体がバラバラにそれぞれの利益を追求することを言って居るわけではないよね?
でも、地方へ主権を委譲するなら、国家は存在意義はない。国会も必要ない。
それぞれの地方自治体が“国家”になるのだから。


それにしても、“政治は単純ではない”。
マスコミは、先の郵政民営化選挙の結果を見て、今頃になって「政治は、Yes or No ではない」と言い出した。
「政治を単純化していはいけない」、「バランス感覚が大事」、「地方分権のシングル・ウィッシュではいけない」だなんて、何を今更?
4年前は“政治を単純化”することで自民党政権、小泉政権を覆そうとしたのはマスコミ自身でしょ?
その他の政治問題や政策を全て隠して、“郵政民営化”に特化した“判り難い”選挙を、郵政民営化にYesか?Noか?に答えればイイと単純化したのでしょ?
流石に、4年経ってマスコミも多少は成長したと言うべきか?
って、これで、“報道機関は政治を監視するのが義務”だなんて、よく言うよ。


しかし。、また今回の選挙も“地方分権”に終始する選挙になるのだろうな。
そしてそれは、国民に主権を持たせながら地方分権を遅々と進めるのか、地方の首長(=政治家)に国家主権の全権を与えて国会の機能を“お飾り”にするのかの選択になるのだろうけど、最近のマスコミ報道に拠ると地方首長に国民の主権の全権を委譲する方を推進しているのだろうね。
でも、国民は1度、主権を手放したら、昭和10~20年の再来になると考えた方が良さそうよ。
“政治”や政治家に国家主権を委譲するのは間違っていると、日本人は勉強したはずなのに。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top