Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

なんだか、大袈裟な扱いじゃないか?

速報で報じられたこのニュース。

逮捕の女性局長 障害者福祉のスペシャリスト

6月14日21時29分配信 産経新聞
 厚労省雇用均等・児童家庭局長、村木厚子容疑者は高知大在学中の昭和52年、国家公務員I種試験に合格。翌年、旧労働省に入省した。男女雇用機会均等法の本格施行前だった当時、女性のキャリア官僚はまだ多くなかったという。

 婦人局調査官などを経て、旧総理府内に新設された男女共同参画室でも活躍。同期入省のキャリア官僚と結婚した後には、子育てと仕事を両立しながら、女性の社会進出のための法整備に尽力した。

 平成13年に旧厚生省と合併し厚生労働省が誕生すると、主に障害者の就業問題などを担当し、15年8月から障害保健福祉部企画課長に就任。17年成立の障害者自立支援法を取りまとめ、障害者福祉のスペシャリストといわれた。20年7月に大臣官房審議官から雇用均等・児童家庭局長に就任した。
最終更新:6月14日21時29分

一部の報道では、逮捕された局長を“キャリア女性の星”と報じていた。
確かに、官僚の“TOP”一歩手前まで“登り”つめたと言う意味では“キャリア女性の星”なのだろう。
でも、個人的にはこの人を全く意識していなかったので、“星って?”という感がある。

まぁ、私が“キャリア女性”ではないのだろう。
ただ単に彼女の“すごさ”を知らないだけだけど。。。
川口順子さんのように子供をもちながら、仕事の為に家族を犠牲にして海外へ赴任したような人を賞賛する気持ちはあるけど、でも。。。
“女性は男性の補助職で充分”が当たり前の職場からスタートして20数年働いた身としては、男女で仕事に違いはないと言う建前の職場で、例え育児休暇中であっても順調に昇級する公務員の女性がTOP近くのポストを得ていたとしても“星”だとまでは思えないのよ。
いや、公務員は最大である2年の育休の取得期間中でも“昇級”する人がいるって知った時にはびっくりしたよ。
一般企業では育休も取り難いし、休んでいる間に自動的に昇級するなんて考えられないから。


ところで、この局長サン、民主党の一クンに頼まれて(?)この事案を決済したと部下の人たちが言っているらしいね。
これで一クンに捜査が入ったとしたら、ゆっぴぃ辺りはまた「国策捜査だ」とか言うのかな?(苦笑)






しかし、民主党も脇が甘すぎないか?
浮揚するチャンスがある度に、身内の不祥事が表沙汰になるのね。





「何様?」はダレに対して?

。。。
有権者というより、マスコミのバカさ加減への“呆れ”の表れでは?


銀座、新橋で聞いた鳩山VS西川 政局混乱うんざり
6月13日7時57分配信 産経新聞

 総務相辞任に発展した、鳩山邦夫氏と西川善文日本郵政社長の「かんぽの宿」売却をめぐる対立。本紙は今週、東京都内で、鳩山氏と西川氏のどちらを支持するかを街頭で聞いた。
 調査は銀座、新橋の2カ所で行い、回答者は計50人。西川社長の続投を支持するのは約40%の22人、鳩山氏を支持するのは約35%の18人で、「どちらでもない」は10人だった。
 このうち、銀座では西川支持が15人で、鳩山支持の7人に倍以上の大差。一方、新橋では鳩山支持11人、西川支持7人で逆転し、“庶民派”に鳩山支持が多い構図もうかがえた。

 ▼「何様のつもり」
 「民間企業の体裁を整えようとしている日本郵政に対して政治家がなぜ口出しするのか。鳩山さんは何様のつもりなのか」。茨城県つくば市の男性団体職員(25)は鳩山氏の強引な手法に疑問を呈した。
 銀座を歩いていた墨田区の男性会社員(43)は「西川社長の進退問題よりも大事なことはいくらでもある。鳩山さんは何をしたいのか分からない」。
 新橋でも、名古屋市の男性会社員(60)が「鳩山さんは意地になりすぎている」と話すなど、西川氏への評価より、鳩山氏への批判を西川支持の理由とする声が目立った。

 ▼「疑惑許せない」
 一方、鳩山支持の理由では、女性会社員(28)が「国民の税金を使っていたところで、不祥事の疑惑が出てくるのは許せない」と批判。江東区のサービス業の男性(52)は「不祥事が起こるような人は続投させてはいけないと思う。責任は取らなければ」と、鳩山氏の不祥事追及の姿勢を評価した。
 JR新橋駅前のSL広場では、男性会社員(43)が「(鳩山氏は)一般人として、もっともなことを言っている。西川さんは感覚が違うのではないか」と首をひねった。
 対立の長期化自体を批判する声もあった。
 銀座を歩いていた台東区の男性会社員(46)は「鳩山さんのわがままで政局が混乱している印象を受ける。世論に対して鳩山さんは十分な説明をしていない」とうんざり顔。甲府市の主婦(37)は「本音を言うとどちらでも構わない。ただ問題が政治の道具にされているようだ」と指摘した。
最終更新:6月14日10時48分


個人的には、(鳩山総務相に対するという意味で)“何様のつもり”と言った意見を支持する。

総務省が日本郵政に対して指示した、“(全ての施設と従業員雇用を同条件で確保する)一括売却”を大前提とする売却先はオリックスの他には無かったのでは?と思う。
赤字の施設を、業界標準よりかなり高い給与水準で従業員を雇用することを前提としたら、手を上げる企業も無いでしょう?

で、“かんぽの宿”売却に際してその“方針”を打ち出したのは総務省自身でしょ?
それを“命令”したのは総務相でしょう?

あの時期、“かんぽの宿”の従業員の雇用を(一般以上の高待遇で保証する)前提で、更に一括売却(受け側にとっては払い下げ)を受け入れられる“企業”が他にあったのか?
“政府”や“政治”が“民間”に無理難題を押し付けた結果、時の首相との関係で“損を承知”で“仕方なく”受け入れた企業に対しての仕打ちが此れでは、今後、政府案件に(消極的ならがらも)受け入れる民間企業はなからろう”。
ダレも受け入れなければ、民間企業のダレもが受け入れない施設は(年金が建てた)“グリーンピア”のように2足3文になってしまう。
多分、提示した金額の1/10以下でも受け入れ先はなかっただろう。
高給の従業員と維持費の面でのコスト高の施設はそのまま日本郵政の“営業損”となるのだろうね。
それの“損を継続する事”を“是”とするのは、社会性や社会常識のない“議員センセイ”だけだろうと思うよ。

マスコミは自らが信奉する(野党の)“センセイ”に都合の良い事しか言わないから、マスコミに都合の良い意見を言う(言わされている)“一般人”も多く居るだろうよ。
でも、インタビューに答えない多くの“一般人”は、マスコミが“敢えて”報道しないことにも“目を瞑って”は居ないよ。







あぁ、そうか、旧郵政職員が西川社長の“民間企業としての利益重視”に耐えられなくなったのを見かねた邦夫クンが西川社長下ろしに走ったというのかな?
で、あれば、所謂、“抵抗勢力”を総務相にした太郎チャンの(行政改革に対する)“気持ち”が評価される時期なのだろうね。

正義は何処に?

。。。

剛クンを“最低の人間”と言い、後に“最低の行為”と言った邦夫クン。
剛クンに損害賠償を求めるのではなく、再登板に含みを持たす?

それは、“正義”の人がする事ではないでしょう?(苦笑)


草なぎさん再登板も=地デジ推進キャラ-鳩山総務相

6月5日11時22分配信 時事通信
 鳩山邦夫総務相は5日の閣議後会見で、公然わいせつ容疑での逮捕後、地上デジタル放送普及推進キャラクターの活動を休止している草※(※=弓へんに剪)剛さんについて「(復帰は)ゼロではない」と語り、再登板の可能性を示唆した。「ああいう事件があっていろいろ考え、それを糧として大きく成長してくれることを望む」と述べた。
 草※さんの逮捕直後、鳩山総務相は「地デジ関係のいろいろなものは全部取り替える」と強く批判していた。しかし、草※さんは起訴猶予となり、芸能活動を再開したことから、NHKや民放幹部の間から再登板を容認する発言が相次いでいる。実際に再起用するかどうかについて総務相は「成長の度合いを見て判断する」と語った。 
最終更新:6月5日13時3分


剛クンの“成長度合い”を見るのではなく、さっさと交代要員のタレントを探した方が良いのでは?

声は弱々しくても、切実

とりあえず、クリップ。


仕事を辞めず、介護をしていきたい

6月5日17時47分配信 医療介護CBニュース
仕事を辞めず、介護をしていきたい
親などの介護をする家族や介護関係者らが参加したワークショップでは、仕事と介護の両立の難しさなどについて話し合われた
 NPO法人「介護者サポートネットワークセンター・アラジン」はこのほど、設立5周年を記念する講演会を開いた。お茶の水女子大の藤崎宏子教授が家族介護者の支援をテーマに講演したほか、親などの介護をする家族や介護関係者らが参加するワークショップが行われた。

■介護を家族に戻す流れが強まる
 「家族介護者を支援するということ-その政策的意味と課題-」と題して講演した藤崎教授は、それまで家族が高齢者らを介護するという意識が強かった社会において、介護保険制度の準備期間だった1990年代は、介護をする家族の負担を減らすための支援や「介護の社会化」への関心が高まったにもかかわらず、 2000年の介護保険制度発足や05年の介護保険法改正を経て、「もう一度、介護を家族の元に戻す流れが強まっている」と指摘した。
 藤崎教授は、行政の掲げる「家族支援」の理念には功罪両面があり、家族だけではケアし切れない現実に目を向け、介護をする人をもケアしようとする意識を啓発する半面、介護は本来的には家族が担うべき役割であることを間接的に確認させる面があると指摘した。
 また、家族の介護負担の軽減を強調した「介護の社会化」についても、介護の費用負担に社会的な合意を得るためのキャッチコピーに変質していったとしている。
 介護保険法改正で高齢者の「自立支援」が掲げられたことについて、藤崎教授は「サービスが受けにくくなる中、『自立』と言われることは、最終的には自分たちで何とかしてくれというプレッシャーになる」と指摘した。
 さらに、法改正以降のホームヘルプサービスでは、身体介護の利用は増えているものの、生活援助はかなり利用が減少しているほか、自治体によるサービス提供の判断も、特に同居家族がいる場合に厳しくなっていると述べた。サービスが抑制される中で、介護職員やケアマネジャーなどの現場の反発も強まっているという。
 介護保険も「自立支援」制度としての性格が強まり、当初の目標だった家族負担の軽減が遠のくとともに、高齢者と家族のそれぞれの権利を重視する発想が希薄になり、自立への努力が求められているとした。
 藤崎教授は、介護保険制度が円滑に機能するには家族介護がなければならないという現状を確認した上で、家族介護を正当に評価する必要があるとしたほか、今後の課題として、介護を受ける人とその家族が安心して生活できることが保障され、誰もが介護「すること」「されること」を当たり前ととらえることが必要としている。

■介護のために、半日休めれば…
 後半は、講演会の参加者が「働きながらの介護」「娘の介護」「息子の介護」という3つのグループに分かれて自らの介護の状況などを話し合い、各グループが意見を発表した。
 「働きながらの介護」グループでは、仕事をしながら介護を続けることで、介護に行き詰ったときは仕事が救いになり、仕事がうまくいかないときは介護が気持ちの穴を埋めてくれるという意見があったという。
 また、仕事と介護の両立は難しく、介護のために仕事を辞めざるを得ない状況もあるかもしれないが、生計を立てていくためにも、仕事を辞めないで介護を続けていきたいとの表明や、介護をする人の具合が悪くなったときでも、仕事を半日休むことは難しいことから、職場の理解を得たいという話もあった。
 女性の介護者が集まった「娘の介護」グループでは、介護を行う家族は、プロであるケアマネジャーや看護師、地域包括支援センターなどと連携する重要性を確認した。
 また、家族の中でも介護サービスの選択で意見が分かれることもあるが、ケアマネジャーが家族の意見を聞きながら、介護を受ける本人にとって一番よい選択肢を見極めてほしいという要望もあった。
 男性の介護者が集まった「息子の介護」グループでは、仕事を続けたいという思いを残しながら、介護のために辞めざるを得ないことはつらかったという話があった。
 男性が介護をする場合、介護に一生懸命になり過ぎることがあるため、周囲から「介護サービスを利用した方がいい」というアドバイスをもらうが、逆に利用したことで非常に疲れたという経験を語った人もいた。
 各グループに共通して、最初はどこに相談してよいのか分からなかったという意見が出たほか、地域にある支援の力を利用する大切さが話し合われた。
最終更新:6月5日17時47分


“介護は家庭でするものと古来から決まっている”と政治家が叫んだ結果できた介護保険制度。
病院や専門家ではなく、介護を家庭で負担するように設計した介護保険制度も、そろそろ見直しの時期になったのでは?

子育てとちがって、介護は数十年に及ぶケースもある。
子育てならば、高校や大学への入学や卒業を契機として“終わり”と判断できるので“終わり”が見えるけど、介護の場合は要介護者が亡くなるまで続くので“終わり”が見えない辛さがある。
介護される対象者は余命が宣言されているような人たちではなく、生まれたばかりの赤ん坊だっている。
更に、介護している間に、介護をする側にも“介護”が必要になるケースもある。
更に×2、介護される対象者より介護者の方が先に亡くなるケースもある。
家庭に介護するものがいない様なこんな場合ですら、介護保険製は“介護は家庭で”というのか?
専門家であるケア・マネージャーでさえ、「これでは介護支援にはなりえない」という介護保険制度を見直さなければ、それこそ家庭が不幸になる。


世間は、老人介護の経験がある舛添クンが大臣になった事で介護に対する政策が少しでも進むことを期待したのだけど、舛添クンは年金問題に振り回されていて“期待“の“介護”面での活躍が出来ていない。
彼が本来期待された事柄に注力出来ないのは、無茶野党クンたちの対応と厚生省の過去の清算で已む無しとしても、弱々しい声を上げる事も困難な要介護者をかかえる世帯の声を拾って欲しいものだと思うよ。
声は弱々しくても、切実なのだから。。。


ところで、“子供は社会の宝”なのに老人を多く含む要介護者は“社会の宝”ではないのは、何故なんだろうね?
これまでの日本を作った方々を社会全体で看ようという考え方が介護保険制度にないのは、何故なのだろう?
まるで、健康ではない老人は社会のお荷物と言いたいかのような。。。

それはマズイでしょ

はい、私も批判します。

逮捕の京都教育大生を採用 保護者会で批判相次ぐ

6月4日23時56分配信 産経新聞

 京都教育大の学生6人が女子学生(20)に性的暴行を加えたとして逮捕された事件で、集団準強姦容疑で逮捕された原田淳平容疑者(21)を市立小の臨時の学童保育指導員として採用していた茨木市教委が4日夜、同小の保護者会で事情説明を行った。保護者からは市の対応に非難の声が相次いだ。
 説明には約30人の保護者が集まった。市教委で原田容疑者の採用選考を行った父の原田茂樹青少年課長は出席せず、上司の竹林巧生涯学習部長が説明を担当。「課長は息子が無期停学処分を受けたことは知っていたが、理由を調べずに採用してしまった」などと経緯を述べた。
 これに対し、保護者からは「理由を聞かないのはありえない」「不利な情報に目をつぶる縁故採用だ」といった声が上がったほか、市教委が原田容疑者の逮捕を把握していたにもかかわらず、公表していなかったことにも批判の声があがったという。
 竹林部長は「批判を真摯(しんし)に受け止め、採用方法の改善を進めたい」としている。
最終更新:6月4日23時56分


採用された学生が性犯罪者だったという事実を隠したかもしれないと言う前に、応募者に肉親・血縁者がいるのに、件の課長を採用の担当官にしたという事。
その1点で、この採用はあり得ないでしょう?
“民間”であれば、将来の利益の為に縁故採用もありうるけど、“公”にそんな対応はあってはいけないと思うよ。

百歩、イヤ1万歩譲って、“犯罪者だから公で職を与えるしかない”と言うのであっても、(再現性の高い性犯罪者を就かせる職場としては)少なくとも“教育者”の端くれとしての採用はマズイでしょう。


って言うか。。。
息子の無期限停学の理由を聞かずにスルーしてしまう親って信じられない。
息子の犯罪を知らない事をイマドキの“過保護でありながら無関心な親”にありがちな対応だとしても、少なくとも教育に関わる立場ならば息子の、少なくとも採用に関わる立場ならば採用対象者の、停学理由ぐらい聞くのが普通では?
少なくとも、職務に責任を感じ、その重要性を認識している人ならば。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top