Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

感染患者は何を犯したの?

2日続けて外出したのが祟ったのか、今日は気力が湧かず。。。(^_^;
本当はクローゼットの掃除(整理)をしたかったのに、なんだかずっとテレビの前に居た。


見るともなしに見ていたテレビのニュースで、成田空港に帰国した女性が新型インフルエンザに感染している疑いがあるとのニュース。

成田到着の40代日本人女性が「A型」陽性 5月4日19時2分配信 産経新聞

 新型インフルエンザ問題で、厚生労働省は4日、午後3時45分に米ロサンゼルスから成田空港に到着した旅客便に乗っていた40代の女性が、インフルエンザの簡易検査でA型に陽性反応が出たと発表した。
 新型インフルエンザに感染している可能性もあるため、女性は感染症指定医療機関に搬送され、遺伝子診断「PCR」を実施している。
 厚労省によると、航空便はアメリカン航空169便と日本航空5015便の共同運航便。女性はラスベガスに滞在していたというが、期間は調査中。熱はないが、のどの痛みやせきの症状があるという。 
 女性の近くに座っていた乗客や乗員計39人のうち、30人は空港内の宿泊施設に待機している。
最終更新:5月4日19時39分


人間に免疫のない感染症への感染の疑いがあるから“とりあえず隔離”するのは当然だとしても、患者さんをあたかも“犯罪者”のように黒い布で顔を隠しながら誘導する姿に違和感を感じる。
新型インフルエンザへの感染ではなかった場合の、今後の日常生活を考えての措置だとは思うけど、感染の有無を確認した後の彼女の日常生活を考えるならばその姿を映す事そのものがNGでしょう。
「感染者が居た」という事実だけを坦々と報道すればよいのでは?

顔を隠しただけのテレビ映像は、ご近所さんも含めて近しい人ならば彼女を特定できそうな感じだもの。
運悪く病気に感染しただけで、犯罪者ではないのに、この扱いは気の毒。
嘗てのHIVの様に、(感染していたとしたら)完治した後でも患者さんがご近所を歩けなくなってしまうかもしれないと思うの私だけ?
少なくとも、厚生労働省とマスコミは、彼女の“今後の生活”は、目の前の新しい感染症の前には意味を持たないように見える。

なんだか、見ていてイヤな気分になったテレビニュースだったな。。。






Continue reading

試算の根拠に意味があるのか?

??なんかヘンな記事だ。
政府(厚生労働省)が厚生年金給付額の試算をするなんてヘンだし、大体試算の根拠って何?
何処の企業を例にとって計算しているの?
1社や数社の試算が全体を語るものでもないのに、何を試算するの?
厚生年金給付の試算結果で国民年金の積立額が枯渇するという結論って何?

厚生年金積立金、31年度に枯渇=過去10年の経済指標で試算-厚労省 5月1日23時20分配信 時事通信

 厚生労働省は1日、物価上昇率などの経済指標が過去10年の平均値で推移した場合、2031年度に厚生年金の積立金が枯渇するとの試算をまとめた。民主党の要求を受け作成した。
 同省が2月に公表した公的年金の財政検証では、物価上昇率1.0%、賃金上昇率2.5%、運用利回り4.1%などを前提に最も可能性が高いとする「基本ケース」を試算。現役世代の平均手取り収入に対する厚生年金の給付水準(所得代替率)は、将来にわたり政府保証の50%台を維持できるとした。
 しかし、民主党は「試算の前提が甘い」と批判し、過去10年と20年の物価上昇率、賃金上昇率、運用利回りの平均値を用い再計算するよう求めていた。
 厚労省によると、過去10年の平均値である物価上昇率マイナス0.2%、賃金上昇率マイナス0.7%、運用利回り1.5%を前提とした場合、09年度末に約144兆円ある厚生年金の積立金は31年度に枯渇し、実質的に年金制度は破綻(はたん)するとしている。過去20年を見た場合は、50年度に国民年金の積立金が底を突く見通しだ。 
最終更新:5月1日23時30分

と、思ったら、正解はこっちだったのね。

「年金は31年度に破綻」マイナス1%成長で厚労省試算」 5月1日22時18分配信 読売新聞

 厚生労働省は1日、実質経済成長率が今後長期にわたってマイナス1%前後で推移すれば、公的年金は積立金が枯渇して制度が破綻(はたん)するという試算結果をまとめた。
 試算では、物価上昇率、名目賃金上昇率、積立金の名目運用利回りが、今後それぞれ過去10年間の実績値の平均(マイナス0・2%、マイナス0・7%、1・5%)のまま推移し、実質経済成長率がマイナス1・2%の状態が続くと想定。
 このケースでは積立金が2031年度に底をつき、年金給付の財源が足りなくなることがわかった。
最終更新:5月1日22時18分


時事通信社(の記者)が、年金の仕組みを知らないだけだったのね。
って、言うか、厚生年金と国民年金の区別も付かないような会社(記者)が年金について語るな!と思うよ。
そんなんんだから、政党の提灯持ち記事しか書けないんだね。
マスコミが政治家に踊らされるなんて、存在意義すら疑われるよ。


この試算にどんな意味があるのだろうか?
経済が今後31年間にも渡ってマイナス成長するだなんて、何を考えているのだろうか?
民主党が政権を取ったら、そんな経済運営をするつもりなのか?
と、ちょっと思ってしまったよ。。。(^_^;

仮に31年間(+過去の10年で合わせて41年)も経済がマイナス成長を続けるなら、公的年金の財源だけでなく、国家予算が破綻する。
民主党が政権を担当する意欲がある政党なら、そちらを心配した方がいいんじゃないの?
そんな国になってしまったら、日本から国民が逃げ出して人口が今の1/10000以下になってしまっていたりして。
そうなると、却って公的年金の財源は守られるているかもしれないね(苦笑)

変わる事を期待!

テレビのニュース速報で“当選確実”が流された。

名古屋市長選、河村たかし氏の初当選確実」 4月26日20時3分配信 読売新聞

 主要政党の相乗り体制が崩れ、32年ぶりに国政の与野党が激突した名古屋市長選は26日、投開票され、無所属で新人の前衆院議員・河村たかし氏(60)(民主推薦)の初当選が確実な情勢になった。

 同市長選には河村氏のほかに、自民党愛知県連、公明党県本部が支持した元中部経済産業局長・細川昌彦氏(54)、愛知県商工団体連合会会長・太田義郎氏(65)(共産推薦)、アルバイト・黒田克明氏(36)の無所属新人3人が立候補していた。

 河村氏は「市民税の10%減税」を柱に、市長の退職金廃止、給与引き下げなどの行財政改革を主張。衆院愛知1区で5回当選の高い知名度と、自転車を中心とした独自の街頭活動で終始、優位に戦いを進めた。

 地方選で苦杯が続いていた民主党は、同市長選を次期衆院選の前哨戦と位置づけ、菅代表代行や鳩山幹事長ら党幹部が名古屋入りし、「名古屋から政権交代への流れをつくろう」と訴えた。
最終更新:4月26日20時3分


この結果、民主党も一安心?
それとも、今の民主党とある意味、一線を画している河村君の当選じゃ、喜べない?
って言うか、政党が支持されたというより、個人の人気が勝ったという感じの結果だものねぇ。。。


市長選に出るというニュースを聞いた時、河村君はとうとう民主党を見限った?と思った人って、私の他にもいると思う。
民主党だって心ある人が多いけど、最近の民主党の迷走を見、東国原知事や橋下知事、松沢知事をみていると“地方で首長になった方が発言力がある”と思えるようになってきたのかもしれない。
私個人としては、自民党だって決して良くないのだから、民主党が選択肢となりうるような政党となって欲しいと思う。
でも、心ある人たちの流出が見える民主党は、今一度“ガラガラポン”とならなるのかな?
いや、ある意味、私もそれを期待している。

騒ぎすぎ

今日もテレビでは剛クンの話題一色なのね。


草なぎさん釈放「大人として恥ずかしい」
4月25日7時57分配信 産経新聞

 アイドルグループ「SMAP」のメンバー、草なぎ剛(くさなぎ・つよし)容疑者(34)の公然わいせつ事件で、東京区検は24日午後、逃亡や証拠隠滅のおそれがないとして草なぎ容疑者を釈放した。草なぎさんは同日夜、都内で会見し、「たくさんお酒を飲んでわけがわからなくなってしまい、大人として恥ずかしい行動を起こしてしまいました。本当に申し訳ありません」と、はっきりとした口調で反省の弁を述べた。今後は同区検が在宅のまま捜査を続け、最終的な刑事処分を決める方針だ。

   ◇

 東京都港区にある所属レコード会社「ビクターエンタテインメント」で午後9時から開かれた草なぎさん(34)の会見。国内外の報道関係者約350人が詰めかけた。細身のダークスーツにネクタイ姿の草なぎさんは、会場入り口で深々と頭を下げ、無数のフラッシュを浴びながら席に着くと、始めにファンやSMAPのメンバーに謝罪した。
 会見に同席したジャニーズ事務所の顧問弁護士によると、草なぎさんは22日は休日で夕方まで埼玉県内の実家にいたが、午後9時ごろ港区内の自宅近くの居酒屋に行った。閉店後も、店の経営者や従業員の40代の女性と一緒に酒を飲み続けたという。さらに、バーに移動して飲んだとみられるが、本人の記憶は定かでないという。
 「ビールを5杯ぐらい、焼酎を3杯ぐらいまでは記憶がある。意識が回復したときは警察にいたが、まだ酔っていたので、夢なのか現実なのかわからず、気分がふわふわしている感じだった。留置施設で睡眠をとったら回復し、大変なことをしたと実感しました」。草なぎさんは釈放までをこう振り返った。

 ▽メンバーに電話
 釈放後、メンバー一人ひとりに電話で連絡。「本当に迷惑を掛けたので、『ごめんなさい』と話した。みんな僕の体のことを気遣ってくれて、僕の言葉もしっかり聞いてくれた。『後のことはみんなで考えるから大丈夫』と言ってくれた」と感謝した。
 草なぎさんは会見中、終始うつむき加減で、うつろな表情。一点を見つめ、時折言葉を詰まらせながら質問に答えた。
 SMAPの中でも酒好きとして知られていた草なぎさん。「もともとお酒が好きだった。これまでにも自分がわからなくなるほど飲むことはあったが、外で服を脱いだのは初めてだった」という。
 メンバーからも日ごろから酒を飲み過ぎないよう忠告されていたが、「きちんと受け止められていなかった。SMAPの一員という自覚はあるが、楽しかったので、いつもより飲み過ぎてしまった。自分の弱さだと思う」と反省の言葉を口にした。

 ▽しばらく“禁酒”
 事件の発端になった酒との付き合い方については「今はまったく飲む気持ちはない。もっと成長し大人として飲める日が来れば、楽しく飲めると思う」と、しばらく“禁酒”することを誓った。
 人気アイドルグループのメンバーであるストレスやプレッシャーについては「ありません」と明確に否定。芸能活動は当面自粛するが、「つらいです。すぐにでもSMAPに戻りたいが、やっぱり反省しないといけない。いつも応援してくれるファンの気持ちや期待を裏切ってしまい、本当に申し訳なく思っている」と話した。

   ◇

 公然わいせつ容疑で逮捕されたSMAPメンバーの呼称を「容疑者」から「さん」に切り替えます。釈放され、起訴の公算が小さいことを考慮したためです。ただし、記事の初出のみ、「容疑者」としました。
最終更新:4月25日7時57分


もっとも、今日の話題は、“逮捕”ではなく“謝罪会見”なのだけどね。

で、これまで“容疑者”と呼称してたのを、“さん”に変えたことについて違和感を感じていたら、産経新聞の記事で説明があった。
“釈放”された事と、“起訴の公算が小さい”事は一意ではないとは思うけど、とりあえず納得。
でも、多分に剛クンがジャニーズ事務所の所属タレントだという事が大きいのだとは思うけどね。


ところで、この件に関する色々な人の反応、面白いなぁ。。。
「(CM打ち切りなど)これほどの社会的制裁は大きすぎる」と言うものが大半なのだろうな。
他には、「地デジのCMの差し替えは私たちの税金にも関わる事なので説明責任がある」と、邦夫君と剛クンのどちらに肩入れするものか判らないコメントもチラホラ。
私は私自身がお酒も飲むので、日本的な酔っ払いに寛容な文化を適用してもイイのでは?と思う(^^ゞ

確かに剛クンがした事は地域住民には迷惑だったろし“恐怖”も与えただろうから逮捕、拘留は当然だとは思うものの、(芸能人だとは言え)仕事を取り上げる程の事でもないように思う。
公園で裸になっていた事で彼の“清潔なイメージ”がなくなったという人もいるけど、「脱いだ衣服はきちんと畳まれて置かれていた」というニュースを聞くと彼の“几帳面さ”が窺えてそれほど“不潔な”イメージもない。
謝罪会見を見る限りでも、“真面目すぎ”て損をするタイプに見える。
(って、これはイメージ戦略に乗せられているだけかも。。。(笑 )

まぁ、いずれにしても、“騒ぎすぎ”なんだね。






Continue reading

社会の縮図

今日のテレビの話題は、清水由貴子さんの自殺とSMAPの剛クンの逮捕。

剛クンの逮捕のニュースは、通勤帰りの電車の中で他の人が読んでいる夕刊紙のTOP見出しで知った。
新聞の見出しだから内容はよく解らなかったので、携帯でニュースを探していると“家宅捜査”の文字。
もしかして麻薬?だなんて思った。
後でニュース記事を読んで酔っ払って公園で裸になったと知って、“なんだ”と思った。
酔っ払って近隣住民に迷惑を掛けたのだからそれは悪い。
でも、“酔っ払い”に掛ける言葉として、鳩山大臣の“最低の人間”とは言いすぎだろうと思う。
寧ろ、鳩山大臣に対して“何様?”と思ってしまうよ。


私が気になったのは清水由貴子さんの自殺の方。

在宅介護者4人に1人「軽い鬱」 老老介護は3割「死にたい」 4月22日23時18分配信 産経新聞

 施設に頼らず、自宅で高齢者の面倒をみる在宅介護。「親孝行」や「家族思い」に見えるが、介護者本人はさまざまな問題や悩みを抱えているのが現実だ。
 厚生労働省の研究班が平成18年にまとめた報告書によると、在宅介護者の4人に1人が軽い鬱(うつ)。さらに、介護者の年齢が50歳前後の場合で約2割、65歳以上のいわゆる「老老介護」では約3割が「死にたい」とまで考える状態にあるという。報告書では「介護によって介護者が新たな病になれば、社会の向上や経済的コスト軽減には至らない」と指摘している。
 介護保険事業では、市区町村に最低1つの「地域包括支援センター」が設けられ、介護者が孤立しないように専門家が相談・調整する体制がとられている。しかし、急速に進む高齢化に、体制整備が追いつかない面もあるのが現実だ。
 清水由貴子さんの自殺に厚労省老健局のある職員は「孝行娘がこんなことになっちゃうのでは…。すべてを1人で抱え込んでしまったのだろうか」と話した。
 自らの介護経験を『介護現場は、なぜ辛いのか』(新潮社、5月刊予定)にまとめた作家の本岡類さんは「要介護者の症状がある程度進んだら、施設を利用するなどプロに任せるべきだ。訪問介護や、施設の短期間利用など、いろいろな方法がある。食事から排泄(はいせつ)までを家族が抱え込むのはとても無理だ」と指摘。「親孝行をきまじめにしたがゆえに、清水さんが自殺に追い込まれたのであれば悲劇だ」と話す。
最終更新:4月22日23時18分


私も妹も仕事を持っていて、収入が途絶えれば介護もできない状況にあるので、両親には介護は必要になったら施設に入ってもらうしかないよと言っている。
言われた両親にして見れは“なんとドライな娘”と思っただろうと思う。
でも、それが現実で、私たちが介護の為に仕事を辞めたら、誰一人命をつなぐ事はできない。
下手をすれば全員で心中か餓死しかないから。

仮に生活保護を受けながらでも介護ができる状況であったとしても、結果があまり変わらないかもしれないと思わされるのがこの記事。
嘗て、「介護は自宅で家族がするものだ」と言った静香ちゃんは、この現状をどう捉えるのだろうか?
無神経過ぎて、こんな記事なんて目には止まらないのかな?

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top