Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

もう、時期は来ているというか、過ぎているのでは?

それは、とっとと。。。


民主抵抗なら解散も=補正提出表明、成立に全力-11年度健全化は困難・麻生首相
3月31日18時3分配信 時事通信

 麻生太郎首相は31日午後、2009年度予算成立を受け首相官邸で記者会見した。首相は経済再生に向け、09年度補正予算案と関連法案を今国会に提出し成立を図る方針を正式に表明。その上で、衆院解散の時期に関し「補正予算(と関連法案)に反対というなら60日間を要してでもやるのか、打ち切ってこれがわれわれの案として選挙をするべきか、そのときの状況で判断する」と述べ、民主党など野党が参院で審議を引き延ばした場合には解散で対抗することもあり得るとの考えを明らかにした。
 政府・与党は補正予算と関連法案を5月の連休前後に提出する方針。関連法案の成立を確実にするには、憲法の「60日ルール」規定を適用した衆院での再可決を想定する必要があるが、6月3日までの会期の大幅延長を迫られる。首相が補正成立前の解散の可能性に言及したのは、小沢一郎代表の公設秘書の違法献金事件で動揺が続く民主党を揺さぶる狙いもあるとみられる。
 会見で首相は、政府・与党に指示した追加経済対策の裏付けとなる補正予算案について「出す以上は速やかに成立するように最大限努力したい」と強調。追加対策の一環として、内需拡大のため贈与税の減免を積極的に検討する姿勢を重ねて示した。
 また、補正の財源として赤字国債の追加発行を検討することを踏まえ、11年度にプライマリーバランス(基礎的財政収支)を黒字化する財政健全化目標について「極めて厳しい状況になっているのは否めない事実だ」と指摘した。このほか、海賊対処法案や消費者庁設置法案などの重要法案の成立にも強い意欲を示した。 
最終更新:3月31日23時4分


千葉県の県知事選を国政選挙に見立てて“勝てる”と思ったのなら、早計過ぎる。

でも、民意を問う事なく総理総裁が決められて3代目。
そろそろ“選挙”をせねば、いつまでも“民意の洗礼を受けていない”との謗りを受け続ける。
“潔く”とまでは言わないけど、そろそろ選挙をしなければ、国会運営もままならないんじゃないのかなぁ。。。

少なくとも、野党の口を封じ込めるだけの説得力もないよ。


しかし、減税の延長措置を含めて、“与党の出す法案は全て反対”という政党が、まともに“国民生活第一”を考えているとは考えにくいなぁ。。。
寧ろ、国民生活を“混乱させるのが第一(目的)”なんだろうな。
それを“与党の責任”に摩り替える事で、自らが政権を取れると勘違いしているのだろうけど、それって、国民にとって一番の“背任”行為だと思うのだけどなぁ。。。

青春のシンボルは、爽やかイメージなのかな?(笑)

今日も中々外に出る気になれなかったのだけど、選挙には行かないとね。


今日は千葉県に県知事選挙。
候補者の多くが“無所属”だったけど、自民が支持する候補者、民主が支持する候補者、そして共産党と、実質的に“公認”という政党がある中、本当に無所属だった森田健作氏が当選した。
森田健作氏の場合、国会議員当時は自民党から出ていたけど、その後他の候補者に公認を差し替えられた。
千葉の知事選でも前回も今回も自民党は他の候補者を“ほぼ”公認している。
そういう意味では、地方政治に“政党は不要”と言われているような気がするよ。

民主党が推す候補を抑えての当選だったので、先の西松建設の献金問題に対する民意という見方もあるのだろう。
でも、どうだろう???
民主党が推す候補者は“企業経営者”だという事を前面に押し出していた。
私は、候補者を“民主党が推している”からという理由ではなく、太郎チャンを見ていて企業経営者が必ずしもリーダーシップを取れないのが行政なのかな?と思ったので、今回は民間の企業経営者でもなく、評論家でもなく、“政治家”経験者を選んだ。
千葉県の他の有権者がどういう理由で誰を選んだのかは知らないけど、今回は選挙戦が全く盛り上がらなかったので、候補者に対するイメージで投票した人が多かったのではないか?と思う。
例えば、私のように。
そのイメージは、他県のタレント知事が県産品のPRに成功していたり、たった1年で11年来の赤字を解消したりする実績を見てのイメージかもしれない。
そしてまた、“利権”を背負った人や、“利権”を背負っているというイメージを感じさせる人、“素人なのに吼えるだけ”の人ではないイメージを選んだのだろうね。

世論が今回の選挙結果を“民意”と言ったとしても、“カネのなる木”を手放したくない人はこの結果を“民意”とは認めないだろうな。
そして、“国民が自民党を壊す事を期待している”とか言って居座るのだろうな。
まさしく独りよがりのKY。






Continue reading

後に“歴史の七不思議”となるか?(^_^;

。。。
言葉尻を捕らえるならば“暴言”に近いとは思うが慎太郎君の言いたい事は解る。
でも、時事通信社の言いたい事には“異”がある。

「間近に落ちた方が国民に緊張感」=北朝鮮ミサイルで-石原都知事 3月27日17時40分配信 時事通信

 東京都の石原慎太郎知事は27日の定例記者会見で、北朝鮮が弾道ミサイルの発射準備をしていることに関連し、「こんなことを言うと怒られるかもしれないが、変なものが(日本の)間近に落ちるなんてことがあった方が、日本人は危機感というか、緊張感を持つんじゃないかな」と述べた。
 その上で、「(日本人は)まあ大丈夫だ、まあ大丈夫だ(という意識)で来たわけだから」と話した。外国からの攻撃などに対する国民の危機意識の薄さを指摘したとみられるが、批判も出そうだ。
最終更新:3月27日17時42分

時事通信社が配信するニュースだから“~が、批判も出そうだ”という事になるのだろうな。

でも、時事通信社と思想をほぼ同じくする瑞穂チャンだって、“迎撃するのは反対”。
まぁ、彼女にしてみれば、北朝鮮が打ち上げるのは“人工衛星”だと信奉する上に、仮に日本を攻撃するミサイルだとしても“迎撃して他国に被害を与えてはいけない”。
とても日本国民の生命、財産、領土を守る為に存在する国会議員とは思えない言動を国会で行うのだからお粗末極まりない。
といっても、こんな議員を選んだのは日本国民自身なのだから、日本人そのものが“自分に生命や財産を他国の侵略からを守りたい”とは思っていないのかもしれない(^_^;
しかし、現在“日本国民”である私としては、国民の“生命の安全”を日本の政治家が守る気がないままでは、日本国民でいるのは心もとない。。。(^_^;

そういう意味では、慎太郎君の“危機感”を“批判がでそう”と煽るより、瑞穂チャンのような不見識は発言に対して“批判する”真の報道機関が少ないのが日本国民にとっての不幸だと思うよ。





09年度予算が成立、政府は補正編成作業に着手へ 3月27日17時46分配信 ロイター

 3月27日、2009年度予算が成立、政府は補正編成作業に着手へ。写真は都内で。昨年11月撮影(2009年 ロイター)
 [東京 27日 ロイター] 衆院と参院で議決が異なった2009年度予算案は27日午後、両院協議会でも意見がまとまらず、衆院の優越を明記した憲法の規定によって成立した。
 これに伴って政府が2009年度補正予算を編成する環境が整うことになり、麻生太郎首相は近く補正編成を指示する見通しだ。
 先立って行われた参院本会議では、09年度予算案および関連法案を民主党などの反対多数で否決していた。その後に開かれた両院協議会での調整も不調に終わり、すでに可決している衆院の議決が優先されることとなった。
 09年度予算案は、「景気対策優先」を掲げる麻生首相の方針の下、一般歳出も51兆7310億円に膨らんだ。一方、厳しい経済情勢を反映し、税収は08年度に比べて約7兆5000億円減の46兆1030億円にとどまる見通しで、この結果、新規国債発行額は33兆2940億円と4年ぶりに30兆円の大台を突破する。
 世界的な経済・金融危機を背景に実体経済が悪化を続ける中で、麻生首相は13日に与党に対して追加経済対策の検討を指示。政府も「経済危機克服のための有識者会合」で広く意見を聞いてきた。09年度予算案の成立で、政府は具体的に09年度補正予算の編成作業に着手することになる。
最終更新:3月27日17時46分


国会も、国民の置かれている現状のやその本質を理解することなく、ただただ“(与党に)反対”すれば“存在価値がある”と感違いしている野党という名の政党が跋扈しているので難しいだろうなぁ。。。


それにしても、今の日本で“政治を停滞させること”のみを目的とする政党と北朝鮮に媚びることを至上命題とする政党が跋扈する事が、後の日本で“歴史の七不思議”に数えられるんじゃないだろうか?






Continue reading

法を犯してもイイと?

テレビを観ていたら、「ハイブリット車」に対する減税が報道されていた。
なんでも、200万円の車で、現行14万円超の税金がゼロとか。
内訳は、取得税9万円と車検時の重量税らしい。
同時期に課される税金ではないものを一緒に語られるのはなんとなく違和感があるけど、“総額”という意味では間違いではないから、まぁイイか。
そういえば、今は車を持っていないので正確にはしらないけど、毎年かかる自動車税も“エコカー”には減税があったよね?


税金とは全然関係ないけど。。。


日体大が大麻事件で会見、選手46人を無期限活動停止処分
3月26日21時44分配信 読売新聞

 日体大陸上部の合宿所(横浜市青葉区)を舞台にした大麻取締法違反事件を受け、同大の落合卓四郎学長らが26日、東京都内で記者会見し、同部に所属していた3年生の男子学生(今月5日付で退学処分)が合宿所のベランダで栽培した大麻を吸引していたことを明かし、今月3日から5日間、陸上部を活動停止としたほか、選手計46人を無期限活動停止処分としていたことを発表した。
 一方、退学処分となった学生の部屋から偽札数枚が見つかったことについては、同じ部屋の2年生男子学生が同部コーチに対し「悪用するつもりはなかった」などと釈明しているといい、25日から自宅謹慎としている。同大は「捜査を待って処分を検討する」としている。
最終更新:3月26日21時44分


日本大学って「日本法律専門学校」がその前身だったよね?
今や学部・学科が沢山あるにしても、学校として“法律”を得意とするのであれば、学校関係者だって“法”が「使わなければよい」と言っていないのは知っているよね?


「悪用するつもりはなかった」から犯罪性がないとでも?
大学生なら偽造紙幣を“作った”事が犯罪だと知っているよね?
そんな事すら知らないのが日大生なの?
日大生って、その程度の社会常識しか持ち合わせていないの?
それとも、社会常識がないのは陸上部だけ?

日大陸上部といえば箱根駅伝を初め、日本の学生陸上競技会ではそれなりの影響力を持つ集団であることは確か。
人によっては、“たかが陸上競技の選手が”などと言うかもしれない。
でも、陸上競技であっても、選手の姿や成績に影響を受ける青少年は少なくない。
青少年に影響を与えるという事は、社会全体に影響を与えているといっても間違いではないでしょ?

今更“連帯責任”だなどとは言わないけど、少なくともそれなりに社会に影響を与える立場であれば“社会常識がない”人を部員にすべきではないよ。
法的に処分が難しい“大麻所持”では有罪にならない限りたった5日間ぐらいの謹慎処分になってしまうのかもしれないけど、少なくとも“紙幣偽造”では5日の謹慎では軽すぎるんじゃないの?
“良識ある社会人”を社会に送り出す事を社会的責任とする大学の処分としては、“(5日間の)謹慎処分”とは甘すぎるよ。








っていうか、私も含めて、法を知らない人って多いよね。。。(^_^;

“アンフェア”でも勝てなかったオーナー国

本当におめでとう。

WBC連覇 日本代表が凱旋 成田空港に大勢のファン 3月25日21時30分配信 毎日新聞

帰国し、出迎えたファンに手を振るWBC日本代表の原監督。後方には林家ペーさん(ピンクの服)の姿も=成田空港で2009年3月25日午後8時42分、武市公孝撮影
 米国各地で23日(日本時間24日)まで行われた野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で大会2連覇を果たした日本代表が25日夜、チャーター機で成田空港に到着した。
 イチロー外野手(マリナーズ)や2大会連続最優秀選手(MVP)に輝いた松坂大輔投手(レッドソックス)ら大リーグ所属選手は米国に残ったが、原辰徳監督(巨人)をはじめとする国内球団所属の23選手らが凱旋(がいせん)。世界一に輝いた選手たちを祝福しようと、空港に詰め掛けた約1200人(成田国際空港会社調べ)のファンに迎えられた。
 午後8時40分過ぎ、原監督を先頭に岩隈久志投手(楽天)、ダルビッシュ有投手(日本ハム)、青木宣親外野手(ヤクルト)ら一行が到着ロビーに姿を現すと、待ちかねていたファンの間から大歓声と拍手が起こり、一斉にカメラのフラッシュがたかれた。ファンからの「おめでとう」「よくやった」などの声に、選手たちは笑顔で応えていた。
最終更新:3月26日3時25分


日本もアメリカもオリンピックとは違う選手構成で望んだWBC。
アメリカを含むベースボール界のオリンピックとWBCへの価値観への違いが解るというもの。
そうは言っても、決勝戦は面白い試合だったね。
私は9回と10回しか見ていないけど、それでも“手に汗を握る”試合、そのものだった。
しかし、“熱しやすい”国民性発揮?(^^ゞ


それにしても、日本は9回試合して、内5回が韓国戦。
これって、本当に“ワールド”と言えるのか?
日本と韓国がイヤというほど戦ったら世界一が決まるの?
キューバやアメリカは“世界一”を決めるお飾りでいいの?

まぁ、アメリカは自分が決めたルールなのだから“お飾り”になりたかったのかもしれない(?)けど、少なくともキューバは違うでしょう。
自国が勝つ事に形振りかまわなかったアメリカは本当に“失礼”な国ではあるけど、自国が“コケ”になっただけでなくキューバまで巻き添えにした感じね。
これでば、アメリカが“フェアな国ではない”のがスポーツだけなのか否かについて、他国が不審感を持ってもしかたないよ。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top