Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

そろそろ、綻びが見え始めた?

あらら。。。
いよいよ、国賊の真価発揮?(苦笑)


「拉致はカネで」…危うさ露呈「小沢首相」、ささやかれる総・代分離論
3月2日8時2分配信 産経新聞

 2月上旬、都内で開かれた民主党議員と支持者による会合。党代表、小沢一郎が発した言葉に会場は一瞬凍りついた。
 「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」
 日本人の人権と日本の主権を蹂躙(じゅうりん)した北朝鮮の犯罪をカネで決着させる-。あまりにもドライな小沢発言は、当然のごとく、箝口(かんこう)令が敷かれた。
 外交・安全保障をめぐる小沢の「危うさ」が露呈し始めている。
 2月24日、記者団に「米海軍第7艦隊で米国の極東の存在は十分だ」と語り、波紋を広げた。「対等の日米同盟」を土台に、日本の防衛力増強を志向すると受け取れる発言の真意を、側近は「安保論議を活性化させようとして投じた一石だ」と代弁する。だが、党内にも「先を見据えない、浅はかな言葉だ」(幹部)との批判が出ている。
 「民主党に国民は不安も抱いている」。1月18日、民主党大会で国民新党代表、綿貫民輔はこう指摘した。民主党が政権に王手をかけたいま、小沢が唐突に繰り出す持論は、野党の足並みも乱している。
 小沢はどんな「政権のかたち」を描いているのか。
 麻生内閣の支持率が超低空飛行を続ける中、次期衆院選で民主党が単独過半数(241)を獲得するとの観測が強まっているが、小沢は単独政権を選択できない。参院の過半数(122)まで届かず、統一会派を組む国民新党、新党日本のほか、社民党や無所属議員との協力が、少なくとも来年夏の参院選までは不可欠だからだ。
 「どれだけ民主党が次期衆院選で勝っても、国民新党や社民党と連立しないと自民党にやられるぞ」
 2月20日、小沢は都内の個人事務所を訪ねてきた国民新党代表代行、亀井静香にこう助言され「分かっている」とうなずいた。野党3党による連立の政権公約策定についても、小沢は「選挙がもう少し近づいてからだ」と答えた。
 しかし、連立政権の行く手は容易ではない。とりわけ社民党とは憲法や安保などの基本政策をめぐる溝が深い。社民党がソマリア沖への自衛艦派遣に反対したため、民主党が態度を決めきれないのが好例だ。「旧社会党の右派が抜けた残党の社民党はよりたちが悪い」と民主党保守系議員は警戒する。
 綿貫、亀井ら「うるさ型」が率いる国民新党も一筋縄ではいかない。
 「来年の参院選で単独過半数をとれば、そこから本格的な民主党政治が始まる」。民主党副代表、岡田克也が2月23日の講演でこう述べたのも、社民、国民新両党を牽制(けんせい)するためだった。

 ■細川連立が教訓
 昨年8月、小沢は細川連立政権時代に、たもとを分かった元官房長官の武村正義と東京駅前のホテルでフランス料理をともにした。
 「なぜ殿様(細川護煕元首相)は、8カ月で辞めちゃったんだろうか」
 ワインを口にしながらたずねる小沢に、武村は「よくわかりません」と答えただけだった。
 武村と会食した小沢の狙いは、首相官邸で細川の傍らにいた武村から、細川の真意を探りたかったのだと小沢の周辺はいう。
 「当初予算を2回組めば政権は安定する」「3年間政権を維持すれば自民党と官僚内閣制はつぶれる」…。
 小沢は、新政権を安定軌道に乗せるための持論を周囲に漏らしてきた。自民党単独政権に終止符を打たせた細川連立政権が短命に終わった教訓を、迫る「大勝負」に生かしたい小沢の思いが見て取れる。

 ■自民解体の踏み台
 もっとも側近議員は、「小沢は政権の枠組みについてフリーハンドを握っていたいようだ」と語る。党内には「民主党が選挙に強い小沢氏の『顔』を使い、小沢氏が民主党の『数』を利用している関係だ」(中堅)という声も漏れる。
 周辺は、小沢の戦略をレーニンの「2段階革命論」とダブらせる。「小沢は次期衆院選での政権交代を第1段階とし、想定される来年夏の参院選と衆院選とのダブル選後を第2段階と考えているのではないか」
 自民党解体を究極の政治課題とする小沢には、「民主党政権も踏み台でしかない」(民主党中堅)のかもしれない。

 ■浮足立つ議員
 「大蔵(財務省)も目ざといな。おれのところによく来るようになった」
 小沢は昨年12月、広島市内で地元の連合幹部と懇談した際に、上機嫌でこう語った。財務省だけではない。経済産業、外務両省など霞が関が民主党幹部への接近を強め「政権交代シフト」を敷きつつある。
 霞が関では、100人以上の議員を政府に送り込むショック療法で政治主導の確立を唱える「小沢政権」への警戒とともに「民主党はくみしやすい」との声も漏れる。若手・中堅は政策の理解度が高いだけに、役人と融和する「『新・族議員』が増えるはず」と財務省関係者はささやく。
 「小沢さんは私に好きなポストを選べと言ってくれている」
 党内に即戦力が乏しいのも事実だ。東海地方選出の幹部は最近、地元支持者との会合でこう語っているという。政権交代前夜のムードに酔って浮足立っている議員も少なくない。
 小沢は主要閣僚に民間人を多用し、衆院解散直後に閣僚名簿をサプライズ公表する構想を温めている。党幹部は「民間人の経済閣僚候補の一人は昨秋から内諾を得ている」と明かす。

 ■健康不安なお
 「あんたは性格がよくないし、人相もよくない。だが、いまの日本の先頭に立つのはあなたしかいない」
 1月5日、小沢は都内で会食した亀井静香に、首相就任への覚悟を求められ、うなずいた。小沢も「選挙で勝った政党の党首が首相になるのは当たり前」と明言している。しかし、「小沢は首相にならない」という疑念は消えない。
 木綿の豆腐とワカメのみそ汁…。都内の閑静な住宅街にたたずむ小沢邸の朝の食卓には、低カロリーで消化のよいメニューが並ぶ。昼食は党本部などで、夫人の手作りのおにぎりを口にする。2月23日夜の参院民主党幹部との会合でも、天ぷらにはしをつけなかった。別の場では、トンカツをほおばる同席者を「うまそうだな」とうらやんだ。
 小沢は平成3年に狭心症で入院して以来、健康管理に余念がない。周辺によると、日課の早朝の30分ほどの散歩の際には、かつて愛犬とともに速足で歩いていたが、いまは心臓に負担をかけないために犬は留守番だ。約2時間の昼寝を欠かさず、アルコールも1日に日本酒を3合までに控えるよう心がけている。

 ■院政が本音か
 健康不安説に加え、国会に縛られたがらない性分もある。小沢は今国会の召集日(1月5日)から2月末まで11回開かれた衆院本会議のうち4回欠席した。首相の施政方針演説に対する代表質問もしなかった。
 「予算委員会で7時間もいすに座るなんて無理だろう。小沢は苦痛なポストはさっさと投げ出し、院政を敷きたいのが本音だ」。周辺はこう打ち明ける。小沢自身も「議会制民主主義を日本に定着させ、国民の生活を安定させる政治を実現したら、私の役目は終わりだ」と語ったことがある。
 循環器系の専門医である多比良医院院長、多比良清はこう指摘する。「食事制限などを考えると、今も狭心症の疑いがある。そうならば、首相の激務に耐えるのは厳しいかもしれない」
 代表以外の議員が首相に就任する「総(総理)・代(代表)分離論」も党内でささやかれ始めた。「小沢は自民党をぶち壊すことが最優先で、首相ポストには恋々としないだろう」と党中堅。皮肉なことに政権交代が実現した瞬間に「ポスト小沢」レースの号砲が鳴るのは確実だ。(敬称略)
最終更新:3月2日17時54分


> 自民党解体を究極の政治課題とする小沢
要するに、自民党を解体する事だけが目的で、政権を取ることは一郎クンの目的ではない?
だから、党首であっても、政治家としての常識的な見識がなくてもOKだと思っているって事?

しかし、こんな不見識で、国を、国民をないがしろにするような人を党代表、党の“顔”として掲げる政党を本気で選べというのか?

40代の若さで党幹事長に抜擢された後、(幹事長の分際で)党の総裁候補を面接した一郎クン。
その後の自民党の彼への反発が彼に“自民党憎し”の動機になっているのかもしれない。
でも、政策も政治理念もなく、タダ“壊す”事を目的をした政治活動では、政権は取れない。
以前の自民党同様、また民主党の面々が一郎クンに反旗を翻す日も近いかもしれないね。

何故、「党の見解ではない」と?


小沢代表の第7艦隊発言、民主「党の見解でない」と釈明
3月1日22時6分配信 読売新聞

 民主党の小沢代表が「米国の極東でのプレゼンス(存在)は米海軍第7艦隊で十分」などと発言したことについて、民主党幹部は1日、テレビ番組で釈明に追われた。
 山岡賢次国会対策委員長はNHKの番組で「小沢氏とクリントン米国務長官の会談で『戦後は大きく変わったので、何をなすべきか検討し、両国納得の上で、日本がやるべきことは責任を果たしていく』という話があった。その一例として、米国が納得して日本が役割を果たした時には、そういう(第7艦隊で十分との)姿もあるかもしれないということだ」と説明。その上で、「あたかも民主党の結論であるかのごとく論じられているが、これからの話だ」と述べ、党の公式見解ではないことを強調した。
最終更新:3月1日22時6分


党の見解ではない ねぇ。。。

でも、民主党って、ある意味一郎クンの独裁を認めるんじゃなかったっけ?(苦笑)
党代表が党代表でいる間は彼の政治的見解に党員皆従うんじゃなかったけ?

だとすれば、一郎クンが防衛・外交オンチであったとしても、一郎クンの「米国の極東でのプレゼンス(存在)は米海軍第7艦隊で十分」は党の結論と同義なんじゃないかな。
まぁ、少なくとも、世の中を知らない人、世界情勢を知らない人、日本の置かれている現実を知らない人が党首であって、民主党が政権を取った暁にはそんな政策がまかり通るという事なのでしょ?

まぁ、健康に不安のある一郎クンを選挙終了同時に党代表から引きずり下ろすつもりなら、“党の見解ではない”発言もわからなくもないけどね(苦笑)

政策通ねぇ。。。?

う、うぅ~~ん。。。


「ポスト麻生」に急上昇 与謝野馨とはどんな人物なのか
2月23日19時25分配信 J-CASTニュース

 麻生太郎内閣の支持率が1ケタ台になる調査結果も出て、首相の求心力が極端に低下しているなか、「ポスト麻生」として急上昇しているのが財務・金融・経済財政相の与謝野馨氏だ。パフォーマンス型の麻生首相の後は、「職人気質の与謝野氏がいい」という期待感があるそうだ。与謝野氏とはどんな人物なのか。

■麻生首相の9%を押さえ17%でトップ
 日本経済新聞が09年2月23日付けの紙面で発表したアンケート「これからの首相適任は」によると、与謝野氏は09年1月の調査よりも支持率が7ポイント上昇し9%に。自民党支持層に限れば小泉元首相の12%、麻生首相の9%を押さえ17%でトップになった。「週刊ポスト」(09年3月6日号)では、与謝野暫定政権や、「舛添総裁・与謝野暫定総理」などを論じている。西日本新聞(09年2月21日)では、同紙記者の「予想」という形で、自民党内ではポスト麻生は与謝野氏で一致した、という情報が出たとし、
  「『パフォーマンス型の麻生氏の後は、職人気質の与謝野氏がいい』という党内の期待感は少なくない」
と与謝野待望論を書いている。
 小泉純一郎元首相は03年の総選挙のときに
、  「前回の総選挙で与謝野さんが当選していたら、小泉ではなく、与謝野首相になっていたかもしれない」
と評価したことがある。
 永田町きっての政策通として知られ、自らも「政策の職人」をアピール。08年9月に行われた自民党総裁選では麻生首相に敗れたものの、結果は2位。この時の出馬表明では、真実を国民に語り理解してもらう努力をするのが政治の責任だとし、
  「改革を進めることは大事だが、優しさやあたたかさが必要。この国の豊かさを維持し、年金や医療を守り抜き、日本をいい社会として後の世代に渡したい」
 などと話していた。

■祖父母は歌人の与謝野鉄幹・晶子夫妻

 与謝野氏は1938年8月22日生まれで、祖父母は歌人の与謝野鉄幹・晶子夫妻。父の秀氏が外交官だったことから、子供時代は中国やエジプト、英国で過ごした。麻布高校から東京大学に進み、民間企業へ就職後、中曽根康弘元首相の秘書を経て政界入りした。06年には、咽頭(いんとう)がんの手術をしたこともあって、健康面で不安があるとされていた。消費税率引き上げには意欲的で、07年11月の講演で、
  「消費税(増税)なしでもやっていける、という人は物事を知らない」
 などと発言し物議を醸した。

■財務・金融・経済財政相を独占、事実上「与謝野内閣」
 急浮上した与謝野氏待望論について、政治評論家の森田実さんはJ-CASTニュースの取材に対し、政府が経済問題を政策の重点に掲げているいま、与謝野氏が財務・金融・経済財政相を独占している現状を
  「これは事実上の『与謝野内閣』といっていい」
と説明する。待望論が出た背景は、政策のゲタを与謝野氏に預けた以上、麻生首相が再び主導権を握るのではなく「与謝野政権」を続けてもらった方が「遙かにまし」で、麻生首相の度重なるおかしな言動や、中川昭一前財務・金融相の辞任騒動で誰もが現政権にうんざり。「麻生以外なら誰でもいい」という空気が充満した結果なのだという。
 そして、与謝野氏が仮に首相になったとしても、総選挙で自民党は勝てない、と明言する。世界的不況の中での消費税率アップ発言。健康面でも不安。さらに「何とも暗い感じがして、それを嫌がる人もいる」。森田さんは、内閣総辞職は早ければ09年5月と読む。しかしながら今の自民党は断末魔状態。これを打破するためには、若く新鮮な首相候補を担ぎ出し、世代交代を明確に示す必要性があるが、実現は難しいとみている。
最終更新:2月23日20時6分


先見性がない人で、ご自身の得意分野でも“オンチ”ぶりを発揮しちゃう人なのに、待望論???
となると、自民党には人材が居ないという事なんだろうね。。。


確かに、古いタイプの“政策通”であることは認める。
でも、今のこの時点での経済見通しも、経済政策も、それほど“通”だと見えるものはない。

そういえば。。。
馨ちゃんの持論は消費税増税で、景気対策のための消費税減税には消極的。
で、今の消費税減税についても、「イギリスでは消費税減税をしても、消費は拡大しなかった」と言って、消極的な姿勢。
イギリスの政策の結果を引き合いに出す当りが、“政策通”だと言ってもらえるのだろうね。

でも、貯蓄より消費になれた世代が多くを占める今の日本で、お金を“給付”するのと、消費する度に“お得感”を感じられる消費税軽減とでは、どちらに効果があると考えるだろうか?
今、お金を給付しても、それはローンの返済に回るだけで、消費には回らないんじゃないの?と考えるのは私だけだろうか?
そして、今、ローン返済というお金の使い方と、消費というお金の使い方のどちらが、日本経済の活性化につながるのだろうか?
他国で“効果がなかった”事をあげつらって政策に消極的になるのが“政策通”だとは思わないけどな。

うれしいニュース

うれしいニュースだ。
私は全く関係者ではないけど(笑)


米アカデミー賞 「おくりびと」「つみきのいえ」同時受賞」
2月23日23時36分配信 毎日新聞

 【ロサンゼルス吉富裕倫】米映画界最大の祭典、第81回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)の発表・授賞式が22日(日本時間23日)に行われ、滝田洋二郎監督(53)の「おくりびと」が外国語映画賞に選ばれた。56年度(29回)に同賞が独立した賞になって以来、日本作品が受賞したのは初めて。また、加藤久仁生(くにお)監督(31)の「つみきのいえ」が短編アニメーション賞に選ばれた。日本人監督作品の同賞受賞は初めて。
 日本作品のアカデミー賞受賞は02年度(75回)に「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)が長編アニメーション賞を受賞して以来、6年ぶりとなる。
 「おくりびと」は、チェロ奏者から納棺師に転職した主人公が死者を装う仕事の中で家族のきずなを再確認していく物語。毎日映画コンクール日本映画大賞やモントリオール世界映画祭グランプリを受賞するなど、国内外で高い評価を受けてきた。
 外国語映画賞のプレゼンターが「Departures」と「おくりびと」の英語タイトルを告げたのを受け、壇に上がった滝田監督は「これが私にとって新しい旅立ちになる」と語った。
 外国語映画賞が名誉賞の一部だった時代、日本映画は「羅生門」(51年度、黒澤明監督)、「地獄門」(54年度、衣笠貞之助監督)、「宮本武蔵」(55年度、稲垣浩監督)の3作品が同賞を獲得。だが、その後は03年度まで11回ノミネートされながら、いずれも受賞を逃していた。
 「つみきのいえ」は水没していく家に住む1人暮らしの老人を描いた約12分のアニメーション。フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭グランプリなどを受賞していた。
 加藤監督はオスカー像を手に「とても重い。ありがとう、アニメ」と言って喜びを表した。
最終更新:2月23日23時36分


どちらの作品も見ていない。
「おくりびと」は観たいと思っていたけど、観られなかったのよね。
一方、「つみきのいえ」は全く知らなかった。。。(^^ゞ


「おくりびと」はもっくんの企画だったらしいね。
日本人でも“職業”として認知しているひとが多くないかもしれない、そんな地味な題材を海外の人がどう評価したのか、是非聞いてみたいと思う。
日本での報道は、審査委員の評価基準というよりも、ただただ“受賞の喜び”だけを報道するのには物足りなさを感じる。

ところで、「つみきのいえ」は何処で観られるのかしら?

Continue reading

田舎ぐらしだけが“豊か”なのではなく。。。

この筆者の世代で“田舎暮らし”に憧れのある人が多いらしい。

田舎暮らしと東京生活の違いって? 老夫婦が浮き彫りにした「豊かさ」 2009/2/22

<テレビウォッチ>NHKの特集ドラマ「お買い物」。ナレーションでもよく知られた久米明と渡辺美佐子が老夫婦役を演じた。昨2008年に第52回岸田國士戯曲賞を受賞した前田司郎が、初の本格テレビドラマ脚本に挑んだ、というのが売りだった。
田舎暮らしのおじいちゃんのもとに、大好きだった中古カメラの見本市の案内が届く。以前持っていたが売ってしまったのだ。そこで見本市がある東京へ久しぶりに行きたくなる。おばあちゃんは最初反対するが、結局2人で行くことになる。女の子の孫が東京に居るので呼び出して一緒に行動する。そして 2人は新婚旅行のことを思い出し、当時行った東京駅などを訪れる、とまあゆったりした展開だ。
自分たち年寄りからすると、身につまされるというか、そうそう、あるある、という場面が多くてとても共感できた。もの忘れしたり、いろいろ失敗したりする訳だ、年を取ると。そうした場面が上手に描かれていた。老夫婦が自分たちで栽培しているキューリやカブで糠漬けつくってそれでご飯を食べてるような田舎暮らしと、賑やかな東京とを対比して、豊かさって何だろう、幸せとは、と肩肘張らず、自然体で問いかけてくるドラマだった。時間をどう使うのか、優雅な時間とは、といろいろ考えさせられた。とても目のつけ所がいいつくりだった。
久米と渡辺の演技もとても良かった。まあ、若い人が見て楽しい、というものではなかったろうが、とてもきめ細かくつくられた作品だった。BANANAが担当した音楽の方も、音の挿入の仕方が面白いと思った。意表をつく新鮮さがあった。

アレとソレ 田舎暮らしは 天国だ


私の両親が住んでいるのは東京から電車で40分程度の場所。
電車に乗っている時間は少なくても、本数が少ないので、必ずしも便利な場所ではないが。。。


いつだったか、母が年を取ったら東京の近くに住みたいと言った事があった。
“東京”ではなく“東京の近く”に。
田舎育ちの彼女は東京都心の生活は“考えられない”くて、美術館などが多くある東京にも気軽に行けて、マンション暮らしであっても庭で簡単な家庭菜園をできる程度の場所が良いと言っていた。
父は土いじりができる場所が良いので田舎暮らしでも良いのだけど、病院通いをしなければならないので、病院通いに便の良い場所が理想。
そういう訳で、今、2人が住んでいる場所は、それぞれにとって“理想に近い”のだろうと思う。

2人を見て思うのは、楽しみが必ずしも“土いじり”だけではない大人が、東京の気ぜわしさに巻き込まれず、それでも美術鑑賞や映画鑑賞といった楽しみを制限せず、それでも病院通いも苦ではない場所というのが、高齢者の理想の生活の場所なのでは?と思う。
趣味や楽しみに制約を受けずに、身体を労う事ができる環境がよいのだと思う。

高齢者に住みよい場所が必ずしも“田舎”ではなく、便利な都会と程よい距離感のある場所なのではないだろうか?
その“程よさ”は人によって違うのだろうけど、父のように医療水準の高い専門家がいる病院を数件掛け持ちして受診しなければならない立場では、田舎暮らしは必ずしも住みよいものではないと思うな。
勿論、都会の気ぜわしさは、高齢者には負担でしかないだろうけど。。。




Continue reading

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top