Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

自民党の壊れ具合が面白い?(^_^;

いよいよ?(笑)

<中川秀元幹事長>「麻生首相で解散困難」 2月20日20時49分配信 毎日新聞

自民党町村派の総会であいさつする中川秀直元幹事長=東京都内のホテルで2009年2月5日、塩入正夫撮影
 自民党の中川秀直元幹事長は20日、テレビ東京の情報番組収録で麻生太郎首相による衆院解散について「全部(の自民党議員)に当たっているわけではないが、(首相を支持する議員は)少なくなったんではないか」と述べ、困難との見方を示した。また中川氏は番組終了後、記者団に「05年衆院選の内閣支持率や政党支持率は4割程度あった。今はそこまで行っていない。だからそういう(麻生首相の下では選挙は戦えないという)声が広がっているのではないか」と強調した。
 中川氏は19日に、自身が会長を務める社会保障制度改革の議連も再開。町村派での降格人事後、同派総会を欠席し、脱派閥志向を強めており、小泉純一郎元首相の麻生首相批判も追い風に、反転攻勢に動き出した。
 中川氏は、現在発売中の「中央公論」3月号の対談で、自身の共鳴者の数を問われ「国会議員では100人くらいはいる」と語るなど、改革派を結集した新たな議連発足を目指している。20日も記者団から「ポスト麻生」として党総裁選に出馬する意向を問われると、「身を捨てて努力していく」と含みを残した。
 一方、中川氏がよりどころとする小泉氏は18日、給付金の財源を確保する08年度第2次補正予算関連法案を再議決する際、衆院本会議を欠席する意向を表明。05年衆院選で初当選した「小泉チルドレン」の一人である中川泰宏自民党衆院議員は20日の党代議士会で、衆院再可決について「国民から預かった3分の2の議席だ。無理やりしたら、(国民を)あほにしたことになる」と批判した。中川秀直氏は給付金導入には賛成の構えで「反麻生」の動きがまとまりにかけるのも事実だ。【近藤大介】
最終更新:2月20日23時19分


<中川秀元幹事長>「麻生支持議員減った」
2月20日20時49分配信 毎日新聞

自民党町村派の総会であいさつする中川秀直元幹事長=東京都内のホテルで2009年2月5日、塩入正夫撮影
 自民党の中川秀直元幹事長は20日、テレビ東京の情報番組収録で「(麻生太郎首相が)経済対策と改革をどう進めるかで、選挙時期も、誰の下での選挙かも変わる」と述べ、改革の取り組み次第では首相が退陣し、新首相の下で次期衆院選が行われる可能性があるとの見方を示した。その上で「(首相を支持する議員は)少なくなったんではないか」と述べた。
 中川氏は19日に、自身が会長を務める社会保障制度改革の議連も再開。町村派での降格人事後、同派総会を欠席し、脱派閥志向を強めており、小泉純一郎元首相の麻生首相批判も追い風に、反転攻勢に動き出した。
 中川氏は、現在発売中の「中央公論」3月号の対談で、自身の共鳴者の数を問われ「国会議員では100人くらいはいる」と語るなど、改革派を結集した新たな議連発足を目指している。20日も記者団から「ポスト麻生」として党総裁選に出馬する意向を問われると、「まだ言うべき時じゃない。身を捨てて努力していく」と含みを残した。
 一方、中川氏がよりどころとする小泉氏は18日、給付金の財源を確保する08年度第2次補正予算関連法案を再議決する際、衆院本会議を欠席する意向を表明。05年衆院選で初当選した「小泉チルドレン」の一人である中川泰宏自民党衆院議員は20日の党代議士会で、衆院再可決について「国民から預かった3分の2の議席だ。無理やりしたら、(国民を)あほにしたことになる」と批判した。ただ、中川秀直氏は給付金導入には賛成の構えで「反麻生」の動きがまとまりに欠けるのも事実だ。【近藤大介】
最終更新:2月21日0時31分


太郎チャンで解散できないとしたら、太郎チャンを9月まで“維持”するか太郎チャン以外の人を総裁にして選挙に出るか。
自民党としては、衆議院議員の任期満了まで現状を維持して、総選挙直前に総裁を挿げ替えるというパターンを目論んでいるのだろうな。
個人的には総選挙の前に総裁を選出すべきだと思うけど、どうせ選挙で負けるのだったら負けた後に総裁を決めるのも自民党的にはアリなのかもしれないと思う。

でもな。。。
前の総選挙は、太郎チャンの言う通り「郵政民営化にYesか?Noか?」と聞いた選挙に過ぎなくて、民営化の手続きや“郵政民営化”以外の政策論争は全くなされず、判断材料に乏しい“判り難い”(=選び難い)選挙だった。
それまで選挙に興味の無かった人には課題を与えられて(この課題に)“Yesか?Noか?”と聞かれただけの“判りやすい”選挙だと感じた人も多かったみたいだけど、そうではなかったよね。。。
で、郵政民営化だけに特化して“Yesか?Noか?”と聞かれた人が“Yes”と答えたのだから、郵政民営化に必ずしも賛成していない太郎チャンがこれ(2/3議席)を使うのは“違う”という(純ちゃんの)議論も出てくるのだろう。
まして、これを他の政策に使ってイイというのは、自民党が国民から背かれる益々の原因になると思う。

さてさて、純ちゃんと近いところで“改革”を考える秀クンには、今の麻生内閣や今の町村派は我慢がならないだろう。
どちらも純ちゃんの“改革”を否定しているのだからね。
それでも秀クンは給付金には賛成なのだね。
でも、秀クンの本音にしてみれば、“改革”によって得た2/3議席を“改革を後退”させる政策の為に使うのは“筋が違う”のだと思うよ。
(秀クンは給付金には賛成らしいので置いておいて)秀クンではない方の中川君の言葉で言うならば「国民をあほにする」という事なのだろう。
そりゃそうだと、私も思う。


次の自民党総裁は町村クン辺りなのだろうか?
そうなれば、秀クンはどういう行動を取るのだろう?
総裁になって派閥から離れる町村クンの後を継いで町村派の派閥会長になって自民党最大派閥の中川派を作る?
それとも保守的過ぎるシンキロウ君が後見を退かない町村派に見切りをつけて、純ちゃんの改革を是とする百合子チャングループを取り込んで新しい派閥を作って総裁戦に出る?
勿論、後者の可能性が高い。

でも、もし新しい派閥を作るのであれば、民主党右派を取り込んで新しい政党を作るのもアリだと思うよ。
ただ、新しい政党を作ったとしたら百合子チャンが付いてくるかどうかは判らないけどね(^_^;

400年後退しちゃた日本。。。

今日は日本テレビの「日本史サスペンス」を観た。
最近は日本史ブームなのか、“日本史”を題材にするテレビ番組が多い。
でも、話題には目新しいものはなく、既に言われている事が多いのよね。。。
例えば、水戸光国は全国漫遊はしていなかったけど、助さん、角さんは実在のモデルがあったとかね。

今日は、「水戸黄門がビーフステーキを食べた」と言っていた。
水戸光国といえば、ラーメンやチーズを日本で始めて食べた人として知られているが、チーズは聖徳太子も食べていたようだから水戸光国が始めてではなさそうだ。
で、肉食を禁じていた江戸時代でも、「彦根藩主の井伊直弼が、それまで水戸藩に贈っていた(近江)牛を幕府の禁令を盾にして贈らなかった事が桜田門外の変の原因」だともいわれている位、肉食も浸透していた。
少なくとも、彦根藩と水戸藩では肉食が浸透していたのだから、健啖家で知られる水戸光国が肉食をしていても不思議はない。

意外というか、全く知識がなかったのは、「松尾芭蕉の随行の曾良が水戸黄門だった?」という事。
確かに曾良の言動を考えると、水戸光国でなくても、相当に社会的地位のある人だという事が窺える。
それにしても、「奥の細道」という芭蕉の東北~北陸旅行って、その頃でもあり得ないような“大旅行”だったのね。。。






グルメといえば、日本の一般家庭に西洋料理を紹介したのが「きょうの料理」だった。

少子化で材料2人分に、「きょうの料理」44年ぶり変更 2月18日18時57分配信 読売新聞

 少子化でレシピの「目安」も半分に--。NHKは18日、教育テレビの長寿番組「きょうの料理」で紹介している「目安となる材料の量」を、3月30日放送回から、4人分から2人分に変更すると発表した。
 「きょうの-」は1957年11月にスタート。当初は5人分が「目安」だったが、核家族化の進行に伴い、1965年4月から4人分に減らした。だが、2005年の国勢調査によると、1世帯の平均人数は2・55人に落ち込み、今後も減少が予想されること、番組テキストの読者アンケートでも2人分を望む声が多かったことから、44年ぶりの変更に踏み切ったという。
 制作を担当するNHKエデュケーショナルは「廃棄される食物が多い中、食べ物を大切にする姿勢も示したかった」と話している。一度に多めの量を作ったほうがおいしい料理や、大人数で食卓を囲んでほしいテーマでは、今後も4人分より多い量で紹介していくという。
最終更新:2月18日18時57分

1人暮らしの私は料理番組を見ても半分の2人分の量で作る。
私の場合は、1食は夕食、残りの1食は翌日のお弁当のおかずになるから。
勿論、お弁当のおかずにならないようなメニューの場合は1/4で作るよ。
わざわざテレビで紹介する分量を変更しなくても、ふつーの人なら自分で割り算できると思うけど、単純な割り算では美味しくならないという事なのか?

更に疑問に思うのは、今でも政府的には標準世帯の家族人員数を4人としている現状で、NHKが“標準”を2人分にするのか?という事。
少子化を反映するのであれば3人分だし~
って言うか、夫婦2人に子供なしか、親1人子供1人を想定しているのって、不自然でない?
それでなくても、食事って人数が多いほど美味しく感じられるものなのに。。。






<日露首脳会談>4島返還放棄は歴史的汚点…北大名誉教授
2月18日22時21分配信 毎日新聞

◇木村汎・北大名誉教授の話
 日露首脳会談でロシア側が提案した「独創的なアプローチによる領土問題解決」に同意した日本は、「4島返還」という従来の立場を捨てたといえる。
 ロシア側の狙いは、2島でも4島でもない「2島(歯舞、色丹)プラスα」による解決であり、αの部分は共同開発などを想定している。残る2島(国後、択捉)が返ってこなければ、日本にとってプラスどころか「マイナス2島」になる。麻生氏は島の「面積分割」による解決に言及したことがあり、ロシア側から「スキがある人物」と思われたのではないか。4島以外の解決はないと、なぜ側近たちが首相を制しなかったのか。
 日本は第二次大戦後、サハリン(南樺太の主権)を犠牲にしている。そのサハリンに行って今回のような妥協をしたのは致命的な後退であり、日露交渉史の大きな汚点になる。【聞き手・杉尾直哉】
最終更新:2月18日23時29分

太郎チャンが4島返還を本当に放棄したのか否かは判らない。
でも、それまでビザなしで北方領土に行けていた人たちがビザ無しには渡れなくなった現実を考えて、これに異を唱えない首相もおかしい。
これでは日本の領土を捨てた(ロシアに無条件で譲った)と言われても反論しようがない。
日本の国土を守れない人は、政治家を名乗る資格はないよ。
政治とは、国民の生活と国土を守る事が第一義の命題なのだから。。。

日本経済の推進力。。。

今となってはURLも判らなくなっているのだけど、2、3日前に、ホンダのインサイトが当たる懸賞サイトがあった。
インサイトなら欲しいなぁ。。。と、思いながらも応募しなかったので、当たる事はない。。。(>_<)

ホンダ「インサイト」発売11日で早くも1万台突破し、株価も上昇 2月17日20時0分配信 MONEYzine

 ホンダは、6日に発売した新型ハイブリッド車「インサイト」の受注が1万台を超えたことを明らかにした。月間販売目標である5000台の2倍が発売わずか11日で売れ、「好調な滑り出しとなった」と同社は今後さらなる販売台数の伸びに期待を寄せている。
 世界市場が冷え込むなかにあっても環境対応車は強かった。低燃費が売りのインサイトは最低価格を190万円以下に設定している。トヨタ自動車の主力ハイブリッド車「プリウス」が最低価格233万円なので、ハイブリッド車の購入を考える消費者に対し、この低価格が大きなアピールとなっているようだ。現状のペースを維持すれば、受注は2月の販売が1万5000台を突破し、今月の登録車の販売ランキングで首位になる可能性もある。
 またインサイトの販売好調は同社の株価をも押し上げた。17日の東京株式市場では「インサイト販売好調」の報道が投資家に好感し、日経平均株価が前日比 104円安と下落するなか、ホンダ株は反発。前日比35円高まで上昇する場面もあり、最終的に前日比25円高の2225円と堅調さが目立った。
 今年5月にはトヨタから新型プリウスが発売予定だが、同車は燃費性能や機能の向上にともなって販売価格も200万円台半ばまで上昇するとみられる。不景気のなか価格に敏感な消費者が増えており、これまでハイブリッド車のフラグシップモデルとしての地位を築いてきたプリウスだが、インサイトの好調が続けば、ハイブリッド業界の勢力図にも変化が生じる可能性がある。
最終更新:2月17日20時0分

環境への配慮が言われる中、インサイトはイイと思うよ。
夏の旅行でプリウスの燃費の良さというか、ガソリン消費量の少なさを考えると、消費者がハイブリッド車を選択するのは解る。
それでも、記事でも書かれているように、ハイブリッド車ってプリウスだけでなくアコードだってガソリン車と比べると割高。
燃料費でpeyできると解ってはいても、イザ買うとなるとちょっと躊躇してしまう。。。(^^ゞ
そういう意味で、ハイブリッド車として意外に安いインサイトは嬉しい車だよ。
私も欲しいと思う(^^)

そして、車が売れるようになれば、経済も多少は上向くかな?






与謝野経財相、1人で「経済3閣僚」大丈夫?
2月17日21時39分配信 読売新聞

辞令交付のため、首相官邸に入る与謝野経済財政相=小林武仁撮影
 先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後の記者会見での失態に端を発した中川財務・金融相の辞任騒動で、麻生政権の経済運営に対する信頼は深く傷ついた。
 急激な景気悪化が進む中で、2009年度予算の成立や追加景気対策の策定などでの迅速な対応が求められている。だが、野党が一段と攻勢を強めることが必至な上に、与謝野経済財政相が1人で経済3閣僚の仕事を担う無理な体制にも不安が伴う。
 中川氏の辞任について政府内には「これでG7での失態を追及する動きが収まり、国会での予算審議が前進する」(財務省幹部)との見方が出ている。経済界からも「経済をこれ以上悪化させないため予算を確実に通す。そうした中での辞任は、妥当な判断、必要な判断だった」(経済同友会の桜井正光代表幹事)との声が聞かれた。
最終更新:2月17日21時39分

財務相が経済財政担当と金融担当を兼務?
太郎チャンったら、“経済”を担当する大臣を一まとめに考えちゃった?
ちょっと短絡過ぎない?(苦笑)
っていうか、3つの役所を1人の大臣が兼任するなら、役所を3つに分ける必要はない。
もしかして、これも太郎チャンによる、純ちゃんの“行政改革”に対する抵抗?


「経済の落ち込みはわれわれの予想を超えている」 「戦後最大の経済危機」という馨ちゃん。
確かに予想を超えたのだろう。。。昨年9月のリーマン破綻の際は、「日本経済には大きな影響はない」と言ったのだから、馨ちゃんの“想像力”と言うか“経済通”の程度が解るというもの。
こういう人に日本の経済の推進と検査を任せていいのだろうか?
って言うか、PlanとActionとCheckを同じ人間に任せるというのも、一般的にはあり得ないと思うよ。。。

過去の栄光を追うのではなく、今のベストを尽くすのが成功を左右する?

今日といっても、殆ど昨日、日が変わったばかりの頃に観た「4大陸選手権のエキシビジョン」。
キム・ヨナ選手のエキジビよかったな。
競技会での“勝つため”(点を稼げる)演技ではなく、伸び伸びとしたスケーティングが良かった。
こういうスケーティングをみると、この人には本当に才能があるのだと思う。
真央ちゃんと共に、フェギュアスケートの申し子と言って過言ではでない。
また、成長期の日々変化する身体にスケーティングが付いていかなかった事もあっただろうに、上手に年齢を重ねた選手だと思う。
2人に共通するのは、過去の記憶に頼って現実を見ないのではなく、現実を見た上でパーフェクトを目指して最善を尽くすという姿勢なのだと思う。
未だ若いのに立派だよ。






元五輪体操の岡崎容疑者逮捕=覚せい剤所持の現行犯-警視庁
2月16日21時42分配信 時事通信

 覚せい剤を所持していたとして、警視庁野方署は16日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、住所不詳、元五輪女子体操選手の中島(旧姓岡崎)聡子容疑者(48)を逮捕した。「私の物です」と容疑を認めているという。
 中島容疑者は過去にも同法や大麻取締法違反容疑で逮捕され、有罪判決を受けた。同署は使用容疑についても調べる方針。
 調べによると、同容疑者は同日午前3時20分ごろ、東京都中野区新井の路上で、運転していた乗用車の後部座席のすき間に、覚せい剤が入った小さなポリ袋8個を所持していた。
 同日午前2時半ごろ、野方署員が交差点で方向指示器を出さずに右折した車を発見。運転していた同容疑者に職務質問したところ、不審な様子があったため任意同行を求め、車内の覚せい剤を発見した。
 同容疑者は1976年のモントリオール五輪に体操選手として出場し、その後タレントとしてテレビなどで活躍した。 
最終更新:2月17日0時21分

この人の大麻所持って、初めてじゃないような気がする。
大麻所持ではないとしても、この人がニュースになるのは元体操選手としてではなくこういう事件でだけだったような気がする。
16歳でオリンピックに出たあと、過去の栄光だけ観てきたのだろうか?


岡崎聡子選手の2歳年下の妹と同じ歳の私は、中学生の体操競技会の全国大会で東京都代表であった妹の応援に来ていた聡子選手に会った。
私は県代表になった選手のマネージャーという付き添いとして、大会に行っていた。
前の年にオリンピックに出ていた選手を見て、思わずメモ帳を差し出してサインをねだった(^^ゞ
「(貴女も)頑張ってね」と言ってくれたかわいらしい笑顔を思い出す。
あの時はオーラがあったなぁ。
そういえば、あの時もらったサインは何処にいったのだろう?

融通を利かせてこその存在価値

冬の札幌は寒かろう。。。

住まい失った労働者に「駆け込み寺」…札幌の本願寺に 2月15日9時39分配信 読売新聞

 連合北海道(高柳薫会長)は14日、解雇や雇い止めで住居を失った労働者向けに、本願寺札幌別院(札幌市中央区)に臨時宿舎「さっぽろ駆け込み寺」を開設した。
 初日は、本州で働いていた男性2人が訪れ、入居手続きを行った。
 苫小牧出身の男性(50)は昨年6月に派遣会社から解雇通知を受けた。「9月末からバスターミナルで寝泊まりし、寒さでとても厳しかった。住所がないと面接も受けられなかった。畳の上に座るだけでもうれしい」と話していた。
 寝泊まりする場所は29畳の広間で、布団付き。食事や入浴等は自分で手配する。定員は20人で、最大60日間の滞在ができる。4月末まで開設する。
最終更新:2月15日9時39分

“住所が無くては仕事が決まらない”とは良く聞く言葉。
また、今、国会で審議されている定額給付金も(支給の細目がわからないので断定はできないけど)“住所”がなければ貰えない可能性がある。
そういう意味では、60日間であっても“住所”あるのはありがたい事なのだろう。


ところで、ウチの近所では、処分予定でダレも住んでいない公務員住宅や、100戸以上あるのに4、5戸しか住んでいないダレもが知っている大手企業の社宅がある。
社宅は難しい面もあるだろうけど、公務員住宅なんて取り壊しまでの数ヶ月を住処を失った人に貸してもいいんじゃないの?と思う。
“官”って、こういう時に融通が利かなくて困るんだけど、こういう“緊急時”に融通が利かないと存在価値がないような気がするけどな。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top