Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

期待しているのだけどなぁ。。。

シンキロウ君のKYはともかくとして、次に“政変”(?)の起きるのは町村派?


自民党 消費増税了承…確執深まる町村派
月23日0時59分配信 毎日新聞
 自民党財務金融部会が22日、09年度税制改正関連法案を了承したことで党内の「消費税政局」はひとまず回避されたが、その調整の過程で最大派閥・町村派の確執が改めて浮き彫りになった。中川秀直元幹事長が最後まで「11年度の消費税増税」に難色を示した結果、麻生政権を支える森喜朗元首相、町村信孝前官房長官との関係は完全に冷え込んだ。町村派は今後、分裂含みの運営が続くことになる。【高山祐、近藤大介】
 消費税問題の決着を受けた22日の町村派総会で、代表世話人の中川氏は「しっかりと議論してよかった。本当に全党一丸となっていける」と強調。続いてあいさつした同じく代表世話人の町村氏も「戦線が統一できて非常によかった」と応じ、「協調体制」を演出した。しかし、同派最高顧問の森氏は最後まで姿を見せず、派内の溝の深さは隠しようもなかった。
 町村氏と中川氏は、これまでも何度か総会でさや当てを演じてきた。町村派は、両氏に谷川秀善参院議員を加えた代表世話人3人による集団指導体制で、互いの主導権争いも背景にあった。
 税制関連法案の付則問題が浮上すると、派閥の分裂を危惧(きぐ)した安倍晋三元首相が、両氏に妥協を持ちかけた。21日夜には河村建夫官房長官を通じて中川氏を説得。中川氏もぎりぎりで「(法律の実施時期を分ける)2段階方式なら構わない」と軟化した。
 しかし、派内での中川氏の孤立化は徐々に進んでいる。民主党の中堅・若手と連携した「新党構想」を描くなど、中川氏は政界再編志向が強い。昨年9月の自民党総裁選では、小池百合子元防衛相を担ぎ出した。派閥の分裂につながりかねない中川氏の行動に森氏が激怒し、以後は事実上、没交渉状態だ。
 中川氏は今年、「新しい旗の下で再結集する」と発言し、麻生政権と距離を置く姿勢を鮮明にした。消費税問題もその一環だが、森氏は周辺に「新しい旗を立てること自体が政権の足を引っ張る。派閥代表としてすべき行為ではない」と語り、不快感を隠さない。
 こうした派内の状況に、中山泰秀衆院議員は22日、記者団に「とにかくケンカをやめてほしい。有権者は若手に文句を言う。我々が困る」と嘆いた。
最終更新:1月23日0時59分


少なくとも秀クンと町村君の政局運営に対する考え方は全く違うように思う。
政局だけでなく、政策も違うとなれば、同じ“派閥”でいる意味はなくなってしまう。
少なくとも“最大派閥所属”という意味はあっても、既に政策の進め方に違いある集団はいずれ袂を分かつしかない。

自民党の分裂と、民主党右派を含めた政界再編があと数回起きて、適正な(というか、志を同じくする)政策集団が固まるのを期待しているのだけどな。

短時間職員?

う~ん。。。
これって、社会から求められている就労形態なのかな?


<総務省>研究会が「短時間職員」活用求める」
1月23日22時14分配信 毎日新聞

 総務省の「地方公務員の短時間勤務の在り方に関する研究会」(座長・高橋滋一橋大大学院教授)は23日、3~5年間と任期が限られている「任期付短時間勤務職員制度」を有効活用するよう求める報告書をまとめた。現行法では対象外とされている消費生活相談員などに制度を適用することで、優秀な人材が確保でき、サービスの向上につながるとしている。これを受け、総務省は具体的な法改正を検討する方針。
最終更新:1月23日22時14分


非正規社員の雇用問題が言われている昨今、任期が限られる「任期付短時間勤務職員制度」が本当に社会的に求められている就労形態なのか疑問に思う。
多くの人に求められない就労形態であるならば、“優秀な人材”を確保する事は難しいだろう。
単に、就労機会の無い人のセーフティーネットに過ぎない。
寧ろ、“セーフティネット”の側面を強調したほうがいいのでは?と思う。


どんな政策・施策であっても、目的を摩り替えるような説明をする施策には反発を感じてしまう。
其処にどんな意図を隠しているのか?と思えてしまうから。。。

アメリカ大統領への狂騒

アメリカのオバマ大統領就任の話題で持ちきり。。。

20日(日本時間21日)、行われたオバマ米大統領の就任演説の要旨は以下の通り。(ワシントン支局)

 「われわれは危機のさなかにある。米国は、暴力と憎悪の根深いネットワークに対する戦争を遂行中だ。また、一部の者の欲望と無責任さの結果であると同時に、われわれ全体が厳しい決断を下し、国家を新たな時代に備えることに失敗したことにより、経済は激しく弱化している。さらには、米国も衰退は不可避であり、次の世代は視点を下げねばならないという、自信喪失もみられる。
 私は本日、こういった挑戦は現実であり、簡単に短期間で解決できるものではないと言いたい。しかし、アメリカよ、これを知って欲しい。これら(の問題)は応えられるのだ」
 「問題は、政府が大き過ぎるか小さ過ぎるかではなく、政府が機能するか否かだ。市場(経済)が善か悪かも問題ではない。米国経済の成功は、GDPの量ではなく、富の広がりに依存してきた。防衛に関しても、安全保障と理想のどちらかを選択するというのは虚偽だ。最も繁栄している首都から、私の父が生まれた小村まで、アメリカはどの国に対しても、どの男性、女性、子供に対しても友人であり、われわれがもう一度(世界を)リードする用意があることを知ってほしい」
 「米国のパッチワークの伝統は強さであり、弱みではない。われわれはキリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ヒンズー教、そして無神論者の国だ。そして、南北戦争や人種分離のつらい経験を経てきたからこそ、憎悪をいつの日か乗り越えられると信じている。
 イスラム世界とは、相互の利益と相互の敬意に基づいた新たな道を見つける。貧しい国々の人たちには、農場が富み、浄水が流れるよう一緒に働くよう約束する。また、われわれと同じく富んでいる国には、国境外で苦しんでいる人々に無関心でいることはもうできないと言いたい」
 「政府ができ、せねばならないことはあるが、究極ではこの国が頼るのは、米国の人々の誠実さと決意しかない。われわれが立ち向かう挑戦は新しいものかもしれないが、成功がかかっている価値観-勤勉、正直さ、勇気、フェアプレイ、忍耐、好奇心、忠誠と愛国心-は変わらない」
 「われわれが現在、必要としているのは『責任』の新たな時代である」

アメリカに対して思うのは、アメリカの独りよがりでない“責任”の取り方をして欲しいという1点。
そして、“景気対策”の手段のために“戦争”を使わないで欲しいと言うこと。

この2点でアメリカは、世界から嫌われているのだと思う。
アメリカに端を発する憎悪の連鎖は、アメリカの独りよがりの正義にある。
そのあたりを自覚した政策を以って“アメリカの責任”を果たしてくれれば、世界はアメリカに対して門を閉ざす事はないだろう。
オバマ氏は、マイノリティ出身という事で、政策運営面での苦労があるだろう事は予測できる。
でも、是非、自身の主張を曲げずに政策を遂行して言って欲しいと思うよ。








<オバマ大統領>演説原稿はスタバで書かれた!若干27歳の執筆者に注目―中国紙
1月21日17時17分配信 Record China

20日正午(現地時間)、米民主党のバラク・オバマ氏が第44代大統領に就任、見事な就任演説を披露した。その原稿を共同執筆したのは、若干27歳の若者だったという。写真は中国の書店で平積みになっているオバマ米大統領の関連書籍。
2009年1月20日正午(現地時間)、米民主党のバラク・オバマ氏が第44代大統領への就任を宣誓し、世界中のメディアがこれを報道する中、中国国営通信社・新華社も21日早朝、就任演説の内容を報じた。記事中では、カナダ紙「ナショナル・ポスト」の記事を引用しながら「ホワイトハウス史上最年少のスピーチライター」についても触れている。このほどの就任演説は、オバマ新大統領と若干27歳のライターが共同で執筆したものだったのだ。
オバマ新大統領の主任スピーチライターを務めるジョン・ファヴロー氏は現在27歳。マサチューセッツ州の大学・the College of the Holy Cross卒業後にスピーチライターとしてデビューし、23歳でオバマ氏のライターに抜擢される。その出会いは、4年前の民主党大会の舞台裏で、ファヴロー氏がオバマ氏の演説原稿の誤りを指摘したことからだという。
演説の名手として知られるオバマ氏だが、これは平易な語彙を用い、一文を短く区切ることで、誰にでもわかりやすい内容に仕立てたファヴロー氏の筆に拠るところも大きいと言えよう。感動を与えるスピーチを書くコツについて、同氏は「オバマ氏になりきって書くことです。彼の身振り、発声、抑揚なども考慮しながら」と語り、オバマ氏の著書「マイ・ドリーム―バラク・オバマ自伝」を肌身離さず持ち歩いていたことも明かした。
大統領選が開始してからの18か月間、彼はしばしば徹夜で原稿に対峙することとなった。エスプレッソを片手に、時にはコンピューターゲームで気晴らしをしながら、平均すると毎日午前3時まで責務に取り組んだという。今回の就任演説に際しては、オバマ氏と数時間のミーティングを経た後、数週間をかけて歴代大統領の就任演説やその批評をたぐり、最終的にはコーヒーチェーン店・スターバックスの店内で初稿を仕上げたという。(翻訳・編集/愛玉)
最終更新:1月21日17時17分

オバマ氏の演説を聞いていると、短い、印象的なフレーズがあることで「劇場型」といわれた純ちゃんの演説と通じるのもを感じる。
それを演出したのが、若干27歳のライターだという事にびっくりさせられる。
勿論、オバマ氏本人の言葉が中心なのだろうけど。。。ねぇ。。。

才能って、年齢に関係なく、発揮できる場所で発揮されるのだと、改めて思う。

頑張って!

先週末の彼氏とのデートの翌日はセンター試験の日だった。
彼氏の息子クンは今年が大学受験の年で、センター試験を受けたらしい。
イマドキは、私立大学でも受験の前提としてセンター試験の受験が必要なのね。

そして、私にとってはたった1人の甥っ子は今年が高校受験。
入学試験というものを甘く考えている甥っ子クンが何処の高校に入学できるのかわからない。
何処かに引っかかってくれればイイのだけど。。。

幕張メッセでマンモス入試 3300人受験 千葉・市川中 1月20日20時24分配信 産経新聞

一斉に行われた千葉県内の私立中学校の入学試験=千葉市美浜区の幕張メッセ(早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)
 千葉県内の私立中学校の入学試験が20日始まり、全国最大規模の約3300人が受験した市川中学校(市川市本北方、古賀正一校長)の入学試験が、千葉市美浜区の幕張メッセ国際展示場で行われた。
 幕張メッセでの入試は6年目。保護者らを含めて約7000人がJR海浜幕張駅から長い列をつくり、同校職員が対応に追われた。
 「受験生全員が同じ条件でできるよう会場準備には細心の注意を払っている」と及川秀二副校長は話す。職員約30人がイベント業者らとともに、19日夕から20日午前2時ごろまでかけて会場を準備。机の状態を一つずつ確認し、広い会場に看板を設置してマンモス入試に備えたという。
最終更新:1月20日20時38分


それにしても、千葉県の中学なのに全国最大規模の入学試験なのね。
少なくとも、市川中学が東京にあまたある私立中学と比べて、“殊更”優秀な学校だとは聞いていない。
東京には、市川中学より優秀な中学がいくらでもある。
という事は、千葉には優秀な中学がないという事なのか?それとも、手ごろな中学がないという事か?





オバマ氏、就任演説「国民の結束」「責任の時代」呼びかけ 1月20日21時45分配信 産経新聞

 【ワシントン=有元隆志】米国のオバマ新大統領は20日の就任演説で、「責任の時代」を呼びかける。政府、国民が結束してそれぞれの責務を果たさなければ、イラク、アフガニスタンでの2つの戦争に加え、金融危機、景気後退に直面している厳しい状況を克服できないとの危機感が背景にはある。大統領選を通じて人種、党派の壁を乗り越えて国民の団結を訴え、熱狂的な支持を集めたオバマ氏だが、就任直後から試練を迎えることになる。
 「責任」に重きをおいたのは、同じ民主党のケネディ元大統領が1961年の就任演説で、「国があなたのために何をしてくれるかを尋ねるのではなく、あなたが国のために何ができるかを尋ねてほしい」と訴えたのを意識したとみられている。
 オバマ氏は19日の集会でも「政府としてやるべきことはやるが、政府がやれることには限りがある」と述べ、改革実行には国民の協力が不可欠との考えを示している。
 オバマ氏は就任後、まず政府の「責任」を目にみえる形で示すため、イラクからの16カ月以内の米軍戦闘部隊の撤退指示や、キューバのグアンタナモ米軍基地内にあるテロ容疑者収容所閉鎖の大統領令を出すことにしている。
 大統領選では指導者としての経験不足を批判されてきただけに、言葉だけでなく実行力があることを内外に示す効果も狙っているようだ。
 共和党大統領候補だったマケイン上院議員と比べ、党派を超えた取り組みに欠けているとの指摘もあったが、就任前日の19日にはマケイン氏らとの夕食会を開いたほか、保守派コラムニストとも夕食を共にしながら懇談するなど、超党派の取り組みをアピールしている。
 ただ、アフガンに米軍を増派しても、ただちに効果は上がらないとみられる。景気後退も長期化の様相を示すなど、オバマ氏を取り巻く情勢は容易ではない。16年ぶりに7・2%まで上昇した失業率がさらに増え続けるような事態になれば、期待は失望に変わりかねない。
 オバマ氏としては、国民の協力を求めながら、300万人の雇用創出を柱とする景気対策の早期実現を図ることで、危機からの脱却を図りたい考えだ。
最終更新:1月20日21時49分

アメリカが“責任”を自覚する事は喜ばしい。
“責任”と対に“義務”があることを自覚してくれれば、更に喜ばしい。
アメリカには、まずは、世界を戦争に導いた責任を取って欲しい。
イラクだけでなく、中東への責任もきっちりと取って欲しいよ。

We are One

新アメリカ大統領の就任直前の今日のテレビはオバマ氏一色。
今日はシカゴからNYに移動したらしい。
演説したのは何処なのかは知らないけど、彼が肌の色だけでなく性的嗜好を含めて差別をしない「We are One」と言った事で日本のマスコミは大騒ぎ。
まぁ、日本の宰相は、自身の始めての国政選挙で有権者に向けた第1声が「下々の皆さん」だった人だから、その“差”が際立つのだろう(苦笑)


私自身は、オバマ氏の発言より、タイガー・ウッズ選手の発言の方が印象に残る。
アメリカの汚点の1つとも言えるベトナム戦争へ軍人として参加した父を持つウッズ選手が、職業軍人への偏見を辞めて欲しいという訴えが心に染みる。
というのも、日本では“自衛官”という職業軍人とその家族への差別を身近で見ているから。
差別とは、肌の色だけでなく、職業にもある。
私は、何人も教育を受ける権利がある日本で、“権利”に殊更敏感な“教師”が、職業軍人の家族に“(職業軍人の家族である)君たちには教育を受ける権利はない”と言ってのける現場に遭遇している。

戦争って軍人が悪くて起こすいわけではないのに、“国を守る”(=国民の生活を守る)という職業軍人への偏見には、私には理解できないものがある。
それでも、それは現実として存在する。
職業に貴賎は無いとは言え、もっとも尊敬されてしかるべき職業の人を貶める国民が居る。
そんな現実を明言したウッズ選手には拍手を送りたい。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top