Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

闇夜は、汚物を隠せるか?

丸の内ではすっかりクリスマスの準備が始まっている。
私の職場のビルも商業フロアに大きなツリーが出ているが、丸ビルのツリーは見事だねぇ。。。

丸ビル・クリスマスツリー

丸ビル・クリスマスツリー

画像は遠くて解らないけど、大小の金色のボールの他に白く光っているのは白いドライフラワー。
ドライフラワーのような素材でも光がガラスに映って光が倍増する感じね。

丸ビルから外に出ると、丸の内仲通りも冬のイルミネーション。
これも一応クリスマスターゲットらしいけど、こちらは2月中旬まで光っているので、クリスマス催事とは言えないよね(笑)

丸の内仲通りイルミネーション

丸の内ブリックスクエア

こちらはブリックスクエアのイルミネーション。
ちょっと地味だけど、ここは中庭だから、これでも充分な感じ。

しかし。。。
丸の内の仲通りは整然と整備された街ではあるけど、夜はまた違った美しさがあるね。
それは、きっと"夜の闇"が、美しさの為に必要なものしか見せていないからなのだろうな。






さてさてこちらは。。。

夜の闇も隠しきれない程の"闇"があるらしい。
"闇"でも隠せない"闇"と言うのも変な言い回しだね(^^ゞ


<鳩山首相献金問題>与野党の国対委員長らから説明求める声

11月29日20時19分配信 毎日新聞

 鳩山由紀夫首相の偽装献金問題を巡り、与野党の国対委員長らから29日のNHKの討論番組で、説明を求める声などが相次いだ。自民党の川崎二郎国対委員長は「国会でしっかり議論すべきだ」と要求。与党内からも、社民党の近藤正道参院国対委員長が「(首相の説明は)十分と思ってないので、説明責任を果たしてほしい」と注文をつけた。
 共産党の穀田恵二国対委員長は「(国民が)1円、2円で苦しんでいる時に、『1億だ、9億だ』という話が飛び交う政治であっていいのか」と厳しく批判し、国会での集中審議を求めた。これに対し、民主党の山岡賢次国対委員長は「当面は(国民)生活を守ることが先だ」と述べるにとどめた。
 30日に会期末を迎える臨時国会の会期延長について、山岡氏は「できるだけ短期間にしたい」と述べ、来月上旬までの小幅延長にとどめたい考えを示した。川崎氏はデフレ対策の集中審議や党首討論などの開催が必要として、12月18日までの延長を求めた。
 これに関連し、自民党の大島理森幹事長は29日、山形市内で記者団に、(1)法案の十分な審議(2)党首討論(3)衆院予算委員会での集中審議--が今国会で実現しない場合「われわれは断固たる態度を考える」と述べ審議欠席も辞さない姿勢を示した。30日午前の与野党協議を踏まえ最終判断する。
 一方、民主党の輿石東参院議員会長は29日、甲府市内で記者会見し、「予算が通らないと国民生活はアウトだ。首相の献金問題などは、次期通常国会でやってもらえればいい」と述べ、献金問題の集中審議や党首討論は見送る考えを強調した。【近藤大介、木下訓明】
最終更新:11月29日20時19分



「捜査踏まえ国民に説明」=鳩山首相、辞任を否定-偽装献金

11月30日15時42分配信 時事通信

 鳩山由紀夫首相は30日午後の参院本会議で、自らの偽装献金問題について「検察による全容解明がされた暁には、その結果を踏まえ、改めて国民に説明すべきだと考えている」と述べ、東京地検の捜査が一段落した段階で、国民向けに説明する考えを明らかにした。自民党の秋元司氏らへの答弁。
 秋元氏は、首相側が実母から多額の資金提供を受けていたことを取り上げ、「貸付金でなく生前贈与だ。脱税との批判は免れない。違法子ども手当だ」と批判。「潔く責任を取ることだ」と、進退をただした。
 これに対し、首相は「国民から負託された政府、内閣の使命を果たしながら、私に対する司法判断を待ち、その結果に基づき、首相としての使命を果たしたい」と語り、現時点では辞任する考えがないことを強調した。
 首相は偽装献金の原資について「私の個人資産だと信じていた」と説明した上で、実母からの提供資金が使われたとの指摘には「全く知らず、元会計実務担当者からも母親からも何も聞いていなかった」と述べた。 
最終更新:11月30日17時27分


野党からは当然のように首相の説明を求められる。
ご自身も野党党首時代はお経のように「説明責任を果たせ」と与党に向かって叫んでいた鳩山首相は逃げを打つらしい。
野党党首時代に「(民主党幹部への政治資金規正法違反の捜査は)政権政党による国策捜査だ」と、政権が刑事事件の捜査に関与できると確信していたゆっぴぃクンは、圧力をかければ捜査当局は引くと楽観的だね。
そこまで舐められて、捜査当局は引くつもりがあるのか?
寧ろ、ここで存在感を示さないと!(笑)


一方のゆっぴぃクンは?と言えば、「往生際が悪い」の一言しかない のではありませんか?
"夜の闇"では、貴方の"闇"を隠すことは出来ないよ。

ミラクルショット?

普段はゴルフの試合なんて滅多に見ないけど、今年は女子も男子も賞金王(女王)争いが面白い、っていうか、そういうマスコミの宣伝に乗せられて、ゴルフの試合をテレビで見る事が多い。
今日も女子のトーナメントを見ていたが、横峯さくらちゃんのミラクルショットには感心した。
一方のヒロインの諸見里しのぶちゃんはプレッシャーに負けたのか、要所でのミスショットが命取りになってしまって残念。
本人は安易なショットをしたつもりではなかったのかもしれないけど、傍目には安易なショットによるミスに見えた。
賞金女王に限らず、年間を通してもTOPになるには、要所要所でミスがないだけでなく、今日のさくらちゃんのようなミラクルと思えるショットが必要なのかもしれないね。。。






<鳩山首相>円高や株安対策 補正予算に盛り込むよう指示

11月29日21時29分配信 毎日新聞

 鳩山由紀夫首相は29日、菅直人副総理兼国家戦略担当相、藤井裕久財務相らを首相公邸に呼び、急激な円高、株安に対応した緊急経済対策を09年度第2次補正予算案に盛り込むよう指示した。2次補正の規模は、1次補正予算の執行を凍結して確保した2.7兆円程度にする方針だったが、経済環境の悪化を受け、膨らむ可能性が強まった。
 会合には、平野博文官房長官、仙谷由人行政刷新担当相らも出席。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ政府系不動産開発会社の資金繰り難を契機とした金融不安「ドバイショック」で、1ドル=84円台まで円相場が急騰、日経平均株価も9000円割れ寸前まで急落したことを受け、4時間にわたって対応を協議した。
 鳩山首相は「(雇用、環境、景気の3Kに重点を置いて検討している今の)経済対策だけで十分なのか」と指摘。さらに「30日の(為替、株式)マーケットがどう反応していくのか。きちっと見てほしい」と述べ、週明けの市場動向を踏まえた上で、追加対策の実施を最終判断する意向を示した。
 同時に鳩山首相は「財政規律を守る」とした10年度当初予算編成の基本方針についても「しっかりやるように」と指示した。平野官房長官は会合後、10年度の国債発行額を44兆円以下に抑える方針について、「基本的に(政府内で、守るという考えを)共有化している」と語った。鳩山首相は12月1日にも、日銀の白川方明総裁と会談し、経済情勢や財政・金融政策運営について意見交換する。
 2次補正を巡っては、連立を組む国民新党が11兆円の予算規模を主張。一方、菅氏や藤井氏は2.7兆円規模に抑える方針を示している。【坂井隆之】
最終更新:11月29日21時37分


う~ん。。。
今月12日のオバマとの会談で「経済には問題はない」からと、話題にも取り上げられない経済オンチの首相と、ふた昔の経済常識しか持ち合わせていない時代遅れの財務大臣、そして経済ど素人の国家戦略大臣。。。この3人でどんな有効な経済政策、施策が打ち出せるのか疑問だ。
でもまぁ、素人故に、常識人では思いつかないミラクルショットが打ち出せるかもしれないね(^_^;






首相偽装献金 母の資金提供「贈与」認定なら納税4億円超

11月29日7時56分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金問題で、鳩山氏側が実母(87)から5年間に提供された9億円について、東京地検特捜部が税法上の「贈与」と認定する方向で捜査を進めていることが28日、関係者への取材で分かった。実母側の関係者は特捜部の参考人聴取に対し、「鳩山氏本人への貸付金だった」と説明しているとされるが、貸し付けの実体がないことが判明。贈与と認定されれば、鳩山氏に贈与税4億円余りの納税義務が生じる。

 関係者によると、同会の会計事務担当だった元公設第1秘書は、懇話会の資金が不足するたびに鳩山氏ら親族の資産管理会社「六幸商会」の鳩山氏の口座から現金を引き出していた。一方で10年以上前から、実母からも資金提供を受けており、平成16~20年までの5年間では毎年1億8千万円、総額は9億円に上った。このうち数千万円が懇話会に流れ、偽装献金の原資になっていたとされる

 この資金について、実母側の関係者は特捜部の事情聴取に「実母から鳩山氏本人への貸付金」と説明しているという。しかし、鳩山氏と実母の間では利息や返済計画などを定めた借用書がなかったほか、返済したことを示す証拠もなく、貸し付け実体がないという。
 このため、特捜部は実母からの資金提供が鳩山氏本人への贈与との見方を強めている。鳩山氏への贈与とみなされた場合、鳩山氏には最大で4億3600万円の贈与税の支払い義務があり、鳩山氏は修正申告する必要性が生じる。
 税務に詳しい関係者によると、親子間の金銭貸借契約では、利息や返済方法について取り決めた借用書など契約の合理性を証明する資料や、返済している証拠がない場合、貸付金だと主張しても贈与とみなされ、課税対象になる。悪質な贈与税逃れと判断されれば、相続税法違反(贈与税の脱税)となる可能性もある。
 ただ、実母関係者の説明には貸し付けの相手方について、あいまいな部分があるという。仮に実母側が「懇話会への貸付金だった」と主張すれば、その貸し付けの裏付けもないことから、懇話会への寄付になる。その場合、実母は年間の寄付の上限を150万円と定めた政治資金規正法の量的制限に違反する可能性がある。
 特捜部は実母側の説明を踏まえながら、資金提供の実態を詳しく調べる。
最終更新:11月29日9時28分


親子間の貸付が税務署に認められる事は少ない。
親子間だと返済の約束が"口約束"になってしまって、書類が残る事が少ないから。
そんな事、会計士でもなく税理士でもない私でも知っているのに、9億円ものお母さんから息子に対する贈与を「貸し付けである」と釈明するなんて何を考えているのだろう?
そんな事を言わすなんて、ゆっぴぃも、ゆっぴぃのお母さんもマトモな税理士を雇っていないのか?

野党時代には事ある後とに「説明責任を果たしていない」と与党を責めていた民主党とゆっぴぃクン。
民主党はともかく、ゆっぴぃクンは一体イツになったら説明責任を果たすつもりなのだろうか?
それとも何か?
夢の中で説明をしたとか、宇宙語で説明したとか、摩訶不思議な事を言い出すつもりなのか???
いづれにしても、申告漏れによる脱税を行っている事は確か。
こちらはミラクルなしに、しっかりと払って欲しいものだ。
かなり悪質であることも確かなのだから、追徴課税もしっかりと課して欲しいものだね。
少しでも国庫に寄与すべく。

"政治家"が頓珍漢な言葉を発するたびに日本のGDPが数%づつ下がるという図式

テレビでは相変わらず"事業仕分け"の報道ばかり。
正直言って、いい加減飽きた。


で、そんな中で目を惹いたのは、連坊委員が防衛庁に対して「(備品や装備を)何故、国産でないといけないのか?」と聞いている映像。

。。。。

貴女は政治家であって家計を預かる主婦ではないのだから、何でも"安ければよい"と言うのは余りにも安易だよ。

1つには、国防に関する装備品には、"戦時"を想定しなければならない。
安い中国製の装備品を導入したとして、中国と日本が戦闘状態になったとしたら、その装備品は何処で調達するつもりなのか?
そういう意味では、戦闘機だって本来は国産すべきなのだよ。

第2に、国の機関が安い外国製品に流されて国内産業をないがしろにすることをどう考えるのか?
日本では"ハコモノ"と呼ばれる公共事業が、アメリカで国防省が、国の産業を支えてきた。
国が、国家予算で、国内製品を消費しないで、どうやって国内産業をした支えするつもりなのか?
自民党による"ハコモノ"行政を批判する人だって、その多くはその"ハコモノ"行政によって食べているのだよ。
だからといって"ハコモノ"行政を全て肯定するつもりはないけど、単純な批判と削減は本当に国益か?
コストと投資を区別・判別できない彼らは本当に政治家なのか?
さすがに"企業は(存在が)悪"という民主党らしいといえば、らしいが。。。

しかし君らがそうやって国内産業を潰す政策を打ち出すから、国内景気が縮退して税収も減るのだよ。
民主党が考えもなしに打ち立てたマニフェストを実現できない事には文句はないが、税収が2割も縮小するほどに国内景気と国内産業が縮退するのは我慢ならない。
やっぱり、「国内産業を潰して雇用を減らす その結果日本の国力を衰退させる」事が事業仕分けの目的だったのか?
極論すると、"政治"を知らない"政治家"が頓珍漢な言葉を発するたびに日本のGDPが数%づつ下がるという図式だ(苦笑)

事業仕分けメンバーは連坊氏のようなお馬鹿さんのパフォーマンスを指を食わえて見ているのではなく、もう少し政治家としての意志を表現できる人材が居ないのか?
日本国民はイツまでこんな茶番につき合わされなければならないのか?
国民の"受け"という部分で小泉政権を模倣してはいるが、実態は空っぽのパフォーマンス。
この程度のパフォーマンスであれば、事業仕分けそのものがムダ以外のなにものでもないと思うけど?
少なくとも、今後100年の日本の経済成長を阻害するつもりの政治(?)パフォーマンスなんて害悪でしかない。


下降気味だった鳩山政権の支持率が事業仕分けによって回復基調にあるというが、それは連日マスコミに出ている"初めての催し"が珍しいからに過ぎないでしょ?
「予算編成の議論を公にしている」と、事業仕分けを評価するマスコミも居ないわけではない。
でも、この事業仕分けは予算編成そのものではないし、予算編成に強制力はない。
"予算編成の可視化"という表現そのものは、民主党と民主党を支えたいマスコミの詭弁にすぎない。
しかし、そろそろマスコミも目が覚めるだろう。
優柔不断氏をTOPに据えてる民主党は何をする力も無いことに、誰もが気がつく。
て、そうなれば一気に支持率も低下するだろうけど、そのときのマスコミの対応が見ものだね。

事業仕分けの効果

「絶品グルメ王決定戦」というテレビ番組で「カレーのアルバ」が出てくるとは思わなかった。
高校生の頃、何度か行った事がある。
本店は高校より中学校の方が近かったけど、飲食店に入る事が禁じられていたので同じ学区内にあるお店には行ったことがなかった。
あのお店のカレーは、子供の頃食べていた「家庭のカレー」とは違うカレールーと、カレーライスのお皿に一緒に乗っている千切りキャベツが特徴。
カツがカレーに乗っているのは珍しくもないけど、千切りキャベツまでがご飯に乗っているのは珍しいのではないかと思う。
しかし、「カレーのアルバ」って秋葉原にあるとは知らなかった。
今度探して行ってみようかな。
って、こうやってテレビで話題になることが広告になるんだね。






防衛庁の広報施設運営費に対して、事業仕分け委員は「民間のテーマパークには、家族で出かければ数万円かかるにも関わらずリピーターがある」と、多分ディズニーリゾートを引き合いに出して"有料化すべき"という議論をしていた。
全世界的に有名なテーマパークと、その存在意義を広報するための政府系施設を一緒に並べて議論するのは少々乱暴だと思うのは私だけだろうか?

引き合いに出されたテーマパークは広告費を年間何十億と使って(大衆の)興味を惹いた結果、家族で数万円使ってでも"行きたい"と思わせる営利団体の事業である。
一方、そもそも自衛隊への理解を深めるために、ある意味自衛隊への興味を惹くための広告である施設の費用だ。
これを"人を呼ぶ施設"と言う観点で議論するのが間違っている。
施設の開放そのものが"広告"なのだから、そこに費用をかけるのは仕方ない。
その意義を比較もせずに、テーマパークは有料でも客が集まるのだから、広告施設を有料で公開すべきというのは的外れなおバカな議論でしかない。

だいたい、連坊議員は国会議員になって何度この施設を訪れた事があるというのか?
この仕分けの為に朝霞にある広報施設を訪れて、ご自身が遊んで楽しかったとしても、これまでそこに興味があったのか?
そこにそれがあることを知らない人、そもそも自衛隊に興味のない人にとっては、わざわざお金を払ってまで行く価値のあるテーマパークだというのか?
そこにそれがあることを知らしめるための広告費をいくら計上すれば、浦安にあるテーマパークのような賑わいを見せる事ができるというのか?


今更だけど、事業仕分けの様子が連日テレビで放映されるのは良いことだね。
民主党国会議員のバカさ加減が良く見えるものね。

ふがいなさの指摘も難しいよね

【事業仕分け】最先端科学技術が次々削減 「科学技術立国」どこへ

11月17日22時17分配信 産経新聞

 行政刷新会議による事業仕分けの第1ラウンドでは、次世代スーパーコンピューターやロケット開発などの最先端科学技術を「無駄」と認定するケースが続いた。仕分け作業はほぼ財政論に終始し、科学技術立国として、種をまき育てるという議論に踏み込むことはほとんどなかった。
 17日の事業仕分けでは、文部科学省所管で官民共同で開発が進められてきた中型ロケット「GX」(概算要求額58億円)が俎上に載せられた。
 「ロケット開発自体、ビジネスになる見通しが立っていないのに税金を使うのはどうか」
 統括役である民主党の枝野幸男元政調会長がこう切り出すと、「米国、欧州、中国が成功したら日本のロケットは海外に売れなくなる」と、ビジネスとして将来性がないとする意見が相次ぎ、GXロケット計画は「廃止」、液化天然ガス(LNG)を使った新型エンジン開発も来年度予算計上が見送られた。
 LNGエンジンは長期間の運用が可能で、軌道間輸送機や惑星探査機に適する。世界でも日本が最先端を走り、「中国の宇宙開発をにらみ、優位性を確保することが日本の技術安全保障になる」(防衛省筋)との擁護論もある。しかし、仕分け作業でこうした観点の議論はなかった。
 13日のスパコンに関する仕分け作業でも「世界一を目指す理由は何か。2位では駄目か」(蓮舫参院議員)との発言が優位となり、開発事業費を「事実上の凍結」。開発主体の理化学研究所理事長でノーベル化学賞受賞者の野依(のより)良治氏を「(スパコンなしで)科学技術創造立国はありえない」と憤慨させた。
 文部科学省の担当者は「中止すれば日本は最先端コンピューターをつくる技術を失い、1、2年の遅れが致命傷になる。国際競争は一度下りたら復帰することは困難だ」と危機感をあらわにする。スパコン開発は科学研究やジェットエンジン開発などで必須のコンピューター・シミュレーションの発達に影響するため、米国は不況下でも開発予算を増額、中国も最高性能の国産スパコン開発を国家戦略に位置付けているという。
 科学技術予算の削減について、鳩山由紀夫首相は17日夕、「科学技術は将来にかかわる知的財産で、すぐに結果が出るものではない。予算が本当に役立っているのかとの思いもある。両方を考えなければならない」と述べた。
最終更新:11月23日0時26分

事業仕分けに在り方をみても解るように、民主党は将来なんて見ていない。
将来をみないのだから、科学技術のような時間のかかる研究や開発事業、さらに"教育"のような事業は全てムダな事に映っているのだろう。
そんな人・政党を相手に「立国方針は何処に?」と言った処で詮は無い。

私は将来を見据えて今判断を下すことが"政治"だと考えているが、民主党や民主党を支持する人たち(マスコミを含む)は"今"の利益を求めているに過ぎない。
今の利益のために将来への貯蓄を食いつぶす事に何の異論もないのだからね。
それでいて、"決断"すべきことに関しては将来に先送りする。
モラトリアム世代の典型的な思考様式だね。


マスコミにしても、ネットで配信されるニュースには民主党のふがいなさを指摘する論調もあるけど、テレビは全く。。。
まぁ、せっかく"革命"を起こしてまでも造りたかった政権だもの、そうそう批判はできないさね。。。(^_^;

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top