Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

もっと食べようよ

なんとなく解るなぁ。。。


<食料品>「外国産より国産品を購入」が89% 内閣府調査
11月15日17時55分配信 毎日新聞

 内閣府は15日、「食料・農業・農村の役割に関する世論調査」の結果を発表した。食料品を購入する際に国産品と外国産のどちらを選ぶかという質問に対し、国産品との回答が同様の質問をした00年調査比7.1ポイント増の89.0%に上った。
 国産品を選択する理由(複数回答)は「安全性」が最も多い9割弱に達しており、中国製冷凍ギョーザによる中毒事件などを受け、輸入食品への不安が大きくなっていることがうかがえた。
 「とくにこだわらない」は10.1%(00年調査比6.4ポイント減)、輸入品は0.5%(同0.1ポイント増)だった。
 調査は全国の成人男女5000人を対象に個別面接方式で9月に実施、3144人から回答を得た。回収率62.9%。同種の調査は87年に始め、今回が7回目となる。
 将来の食料輸入に関する質問では、93.4%が「不安がある」と回答。理由(複数回答)は「国際情勢の変化で輸入が減ったり止まる可能性がある」が55.8%で最も多く、国際的な穀物や原油の高騰が国内の食品の値上げにはねかえった最近の事情を反映した結果となった。【木下訓明】
最終更新:11月15日21時7分


私の母や、子供を持つ妹も口にするものには国産品を使うようにしているらしい。
以前は無頓着だった私も、ここ10年ほどは国産品を食べるようにしている。
アメリカは勿論、中国産も、どんな育て方をしたのか?他国と比べて厳しい部分もある日本の規制に則っているのか?が気になったから。
同じレタスを買っても、買うお店によって持ち方が違うことに気が付いたのが10年前。
それまでは1つのスーパーでしか買い物をしていなかったので知らなかったけど、ある時期に2箇所のスーパーで買うようになって、スーパーによって野菜の“持ち”に違いがあるのが解った。
野菜の“持ち”には見切り品を多く売っているスーパー、新鮮な品を多く打っているスーパーでも違うのだろうけど、生育や収穫後の線状に使う薬品によって違うと聞いてからは、やはり国内(産地が近い)場所で育てられたものを買うようになった。


そう言えば、以前一緒に仕事をしていた人は、北京出張の際には日本から飲料水を持っていっていた。
5日間の出張なら6Lの水を日本から持参する。
出張は1週間を超えることもあったから、持参する水の量も相当になる。
食事にも相当気を使っていて、充分加熱した肉は食べてもウナギなど川の魚は絶対に食べなかった。
その頃は、正直「そんなに気を使わなくても」と思ったけど、今になってみればその位気を使っても足りなかったかもしれないと思う。

勿論、中国産だけが云々というつもりはない。
彼氏はアメリカ産の食品は口にしないから、私も自然に影響されているもの。

寧ろ、こうやって国産品の消費が高まれば国産品の生産が高まるかもしれないとの期待があるのよ。
とはいえ、生産コストだけでなく流通コストによって価格が吊り上げられている国産品が安価に流通するという訳には行かないのだろうね。。。

あら趣旨替え?(笑)

あら、とうとう謝っちゃったのね(苦笑)


兵庫知事 「チャンス」発言を公式に謝罪 撤回の意向も
11月13日13時46分配信 毎日新聞

 兵庫県の井戸敏三知事は13日、「関東大震災が起きればチャンスになる」と発言した問題について県庁で記者会見し、「誤解を与え、混乱を生じさせた。心からおわびする」と公式に謝罪した。「取り消せるものなら取り消したい」と、発言撤回の意向も示した。
 井戸知事は「不用意に『チャンス』という言葉を使い、不適切だったと深く反省している」と謝罪。「近畿知事会や関東のみなさんに心配をかけた」と述べた。辞任については「(阪神大震災の)復旧復興に全力で当たってきたという自負がある。そのような主張は理解できない」と否定した。【川口裕之、吉川雄策】

最終更新:11月13日13時46分


「チャンス」発言の後も「(発言の)何が悪いのか解らない」と言っていたのにね。
大体、他人の不幸を自らの飛躍の“チャンス”と公の場で言ってしまう見識のない人だから、何が悪いのか解らないのも当然だと思うけどね。
こういう首長さんは、自ら辞任しなくても、次回の選挙では当選しないんじゃないかな。
次の選挙が何時あるのか知らないけど、それまでの間、せいぜい兵庫県民に尽くしてね。

論点が違わない?


田母神氏の論文について賛否両論があるだと思う。
そして、ある年齢以上の自衛隊員の中には彼と同じように考える人も多いのではないかと思う。
更に、私自身も彼の考え方に大きく頷くものもある。

でも、それを“ある立場”を以って“表現”するのは“李下に冠を正す”に等しく、適切ではないと思う。
彼が“全くの私人”という立場で考え方を表明するのであれば問題ないと考えるけど、「某氏某」さんが語るのではなく“航空幕僚長の田母神俊雄”が語る論文では“政治的発言”であると問題視されても致し方ないと思うよ。


ただね。。。
それを“文民統制の観点から問題”と言うのは違うんじゃないの?

“文民統制”って、“軍事関係者が自らの政治思想に沿って行動することを監視するシステム”であって、軍事関係者が自らの意見を表明することを阻止(制限)することではない。
寧ろ、政権によって軍事関係者の政治思想を統制(コントロール)することを“文民統制”と考えるならば、その方が“危険”。

景気は民衆の“雰囲気”によって政権政党が代わろうとする“2大政党制”が目の前に見えているのに、軍事関係者は政権政党が変わる度に自身の“思想”を変えなければならないのか?

そうではないでしょ?
政治思想がどうであれ、(軍事的に)責任ある立場の人が他国から誤解を受けない為に“思想を公にすることを控える”良識が必要なのであって、政権によって思想を統制される事が必要なのではない。
そういう意味で、“シビリアンコントロール”云々の議論は違うと思うのだけど?
シビリアンコントロールを云々するのであれば、こういう思想の持ち主が思想に偏った軍事行動を起こさないように監視することがその本質なんじゃないのかな?


もう1つ言うならば、防衛省は“近代(戦争)史”を“研究”している。
その研究の中では、中華事変から太平洋に繋がる歴史観に関して田母神氏と同様の結論を導き出している。
それは防衛省という枠での“軍事関係者の研究の成果”ではなく、軍部出展の文書という部分を全く排除するという観点からの考察からも同様の見解が導き出されているのよ。
そういう意味では、玉沢徳一郎元防衛庁長官が言うように「稚拙な知識で論文を書いている」訳ではない。
寧ろ、「全て日本軍部が悪い」というステレオタイプの判断を行う玉沢氏の方が「稚拙な知識」と言われても仕方ない。
単に中国に阿っただけの「村山談話」なんて議論の発端にもならないのに、そんな「村山談話」を印籠にする売国マスコミは論外だけど、そんな「稚拙な談話」を後生大事にする日本政府もどうかと思うな。
って言うか、こんな国辱的な発言は“さっさと撤回しろ!”と思うのよね。。。(^_^;





Continue reading

町おこしの“ご当地”自慢メニュー

決して“グルメ”ではない私は、どちらかと言うとB級といわれる地域の食べ物が好き。
今年の夏休みで行った黒石からも「黒石汁焼きそば」をこの久留米の「B1グランプリ」にエントリしているらしい。

久留米と言えば、九州ラーメンの発祥の地。
あぁ。。。多くの東京の人が思う九州ラーメンって博多の長浜ラーメンだったりするのだけど、長浜を始めとする博多のラーメンは、九州の多くの人にとっては“九州ラーメン”ではなく、久留米のラーメンが九州ラーメンの元祖らしい。
私の両親も、北海道に居た頃に食べた札幌ラーメンは「ラーメンに似て非なるもの」で、千葉に来て食べた「博多ラーメン」は「札幌ラーメンより、ラーメンに似ているけどちょっと違う」ものだったらしい。
彼らにとっては、久留米ラーメンこそが“ラーメン”らしい。
子供の頃の味ってそんなものなのか?とも思うけど、こういう“ご当地”もののグルメが紹介されて全国区になれば、私の両親のように出身地を遠くはなれて場所に住む人にとっても嬉しいものになるのだと思うな。


<B級グルメ>町おこしを 「食の方言」に意外性 そのお味は…
11月11日16時26分配信 毎日新聞

 B級ご当地グルメで町おこしをしようという動きが活発になってきている。全国的に有名になった富士宮やきそばや八戸のせんべい汁など地元の人に愛されている料理24品が結集した「B1グランプリ」が福岡県久留米市でこのほど開かれた。今熱い視線が注がれているB級グルメ、そのお味は--。【小川節子】

 「B級グルメが地方を救う」(集英社新書)の著書がある新潟大学法学部教授の田村秀さんによると、B級グルメとは「安くておいしい、その地域ならではの個性的な料理」。さらに「よそゆきの味でなく、普段のおもてなしの料理。暮らしに根付き、家庭の食卓に頻繁にのぼるものが多い」と説明する。
 地方経済の冷え込みは厳しく、商店街にも空き店舗が目立つ。こうした中、「食で地域を活性化しよう」という試みが、00年ごろから全国で行われるようになってきた。自治体の格差問題を長年研究し続けてきた田村さんは、地域の人に愛されてきたB級グルメこそが地方を元気にすると、着目してきた。
 現在、ご当地グルメは100品以上あり、各地でさまざまなイベントが行われている。その中で全国規模の人気を誇るのがB級グルメフェスティバル「B1グランプリ」。
 同グランプリは06年、青森県八戸市の「八戸せんべい汁研究所」が、B級グルメで町おこしをしていた9団体に声をかけて八戸市で初めて開催。これを契機に「B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」(通称愛Bリーグ)が結成され、翌年6月には静岡県富士宮市で2回目を開いた。
 3回目となる今回は、久留米市内の3カ所の公園を会場に2日間で20万人が来場。全国各地から人が訪れる一大フェスティバルに成長した。
 愛Bリーグ副会長で、久留米市で町づくり運動を進めている豆津橋渡さんは「B級グルメは食の方言。久留米の人は特に意識することもない普段の食事でも、よその人からは意外性がありおいしいと思うものが多い」と話す。

 ■何でも「やきとり」
 今回、久留米のB級ご当地グルメとして登場したのは「やきとり」。同市内には焼き鳥屋が約200軒あり、全国的にも一、二を争う。鶏肉はもちろん、豚肉や牛肉、内臓、魚介類、野菜など、くしにさして焼いたものなら何でも「やきとり」と呼ぶ。このため各店とも品数が多く、80種類以上のメニューがある店も。
 九州を代表する豚骨ラーメンも久留米が発祥の地だ。このほか、もちもちした食感が特徴の「筑後うどん」などもご当地グルメとして知られている。
 当日は午前10時のオープン時から食券を買い求める人の列ができ人気の店では、昼前に売り切れがでるほど。
 スタ
ート時から出展している「八戸せんべい汁研究所」の田村暢英さんは、「せんべい汁が有名になり、八戸の知名度そのものが上がった」と話す。八戸市内では180軒の店がメニューにのせ、都内でも10軒以上で食べられる。今後はみそ汁の具や鍋物の締めとして全国に売り出していきたいという。
 黒はんぺんで有名になった「静岡おでん」も、これを目あてに訪れる観光客が増えてきた。今年地元で開かれた「おでんフェスタ」には約30万人が来場する人気だ。「静岡おでんの会」副会長の藤嶋悦郎さんは「牛すじでとる黒いスープも黒いはんぺんも、地元の人間は当たり前だと思っていた。こんなに話題になるとは」と笑顔を見せる。
 B級ご当地グルメを一過性の人気に終わらせず、根付かせる条件として田村秀さんは「地域おこしのリーダーがいて、味に個性があり、地元の人に愛されている」。この3点が必要だと話している。
最終更新:11月11日16時30分


そういえば、静岡おでんはこのB1グランプリから全国区になったんだっけ?

大学に入って最初に知り合った友人が静岡の出身だった。
彼女からは静岡おでんを始めとして、色々な食べ物を教わった。
おでんは、彼女と一緒に食べに行った渋谷の居酒屋さんのおでんを見て「これはおでんではない」という話で盛り上がって食べさせてもらった。
こんにゃくやはんぺんが真っ黒なツユに浸かったおでんにはビックリ。
どちらかというと関西風の出汁の色の薄いおでんを食べていた私にとって、関東のおでんでも汁の色が濃いと思っていたのに、彼女が持ってきたのはそれ以上だった。
正直言って、「塩辛そうで食べたくない」というのがファーストインプレッション(^_^;

彼女から教わった(私にとって)珍しい食べ物といえば、茹でた落花生。
本当は千葉でも落花生を茹でるらしいのだけど、純粋な関東人(?)ではない両親を持つ私には、落花生は炒るものであって、茹でて食べるなんてしらない食べ方だった。


今回のB1グランプリでは出展されてはいないけど、地方の「ご当地グルメ」として有名なのは長崎のトルコライスや佐世保の佐世保バーガーなのかな?
あまり知られてはいないけど、金沢のハントンライスもご当地グルメというのかな。
南北に長く、また日本海と太平洋というような潮の流れも温度も大きく違う海に囲まれた日本という国では、地域によって色々な食文化が育まれている。
焼きそばやおでんの競演というだけでなく、もっと色々な食文化が発信されれば面白いだろうな。
そういった食品を東京で食べれられれば食の楽しみも広がるし、またご当地へ行く楽しみも増えるというもの。

ケチ?エコ?どう評価する?

食べ残しねぇ。。。

広がる?「ドギーバッグ」 海外では当然も…食中毒恐れ、日本は消極的 11月7日12時44分配信 産経新聞

 レストランなど飲食店で、食べ残した料理の「持ち帰りサービス」を実施するところが増えてきた。9月には「ドギーバッグ」と呼ばれる専用容器も発売され、食品廃棄物の削減に向けた取り組みとして注目が高まっている。海外では当たり前とされる「食べ残しの持ち帰り」だが、食中毒の恐れから日本では拒否する店も少なくない。果たして普及は進むのか?(中曽根聖子)

 ≪もったいない≫
 「お持ち帰りになりますか?」
 東京・広尾にあるイタリア料理店「オステリア ルッカ」。ここでは、スタッフが客の食べ残し具合を見ながら声をかけ、サラダや肉、魚料理などを専用の容器に詰めてくれる無料サービスが女性客らに好評だ。声をかけた人のほぼ9割が持ち帰り、自分で容器を持参する常連も増えたという。
 「世界中に飢餓で苦しむ子供がいるのに、食べ残しを捨てるのはもったいない。以前から、店で何かできないかと考えていた」
 桝谷周一郎シェフは、サービスを開始したいきさつをこう説明する。

 ≪恥ずかしい…≫
 同店で利用する容器は、デザイン雑貨のレアック・ジャパン(東京都港区)が手がける折りたたみ式「ドギーバッグ」(大小2個で1セット、819円)。プラスチック製まな板などに使われるポリプロピレンで作られており、洗って繰り返し使えるのが特徴だ。9月から、全国の東急ハンズや通販サイトが取り扱いを開始し、同社は年間500万セットの販売を見込む。
 宮沢勲社長によると、海外のレストランでは食べ残しを持ち帰る習慣は当たり前。特に1人分の量が多い米国では「犬の餌にする」という意味で名付けられた「Doggie bag(ドギーバッグ)」がどの店にも置かれているという。
 「日本ではもったいないと思っても、恥ずかしくて言い出せない人も多い。ドギーバッグの導入に前向きな自治体や商店街もあるので、将来的には実施店が一目で分かるマークを掲げ、持ち帰り運動を定着させていきたい」と語る。
 農林水産省によると、日本の食料自給率は40%にとどまる一方、外食産業による食品廃棄物は年間約300万トンに上る。食べ残しを減らす取り組みが各地で始まっており、「おいしいふくい食べきり運動」を展開する福井県では、ホテルや飲食店など約50店舗が持ち帰り用容器を提供している。

 ≪自己責任≫
 ただ、日本では客が持ち帰りを希望しても断る店は少なくない。欧米と違い夏場は高温多湿で、食べ物が腐りやすいという懸念があるからだ。外食チェーンが加盟する日本フードサービス協会では「持ち帰った後でお客さまがいつ、どんな状態で食べるのか、店側は責任が持てない。食中毒などの事故があればチェーン全体の問題になりかねず、積極的に導入するのは難しい」とみる。
 とはいえ、米国に本社を置く「アウトバックステーキハウスジャパン」のように、東京や大阪など全国の店舗で持ち帰り無料サービスを実施するチェーン店もある。容器に日付を記入し、「お早めにお召し上がりください」と声をかけるなど、衛生面に細心の注意を払っている。
 米国生活が長い同社マーケティング・ディレクターの虎見弥生さんは「お持ち帰りはお客さまの自己責任が前提。トラブルは一度もない」ときっぱり。
 日本にも持ち帰り文化が定着するかどうかは、むしろ消費者一人一人の意識にかかっていると言えそうだ。

最終更新:11月7日15時4分


なんでも「不都合が起きる事を教えてくれなかった相手が悪い」というアメリカでも、食品の持ち帰りって“常識”なのかな?
私個人としては客の自己責任で持ち帰らせるのも良いと思うが、日本ではアメリカの自己中な処を(悪い)“見本”として、こういう食品を持ち帰らせると店側がどんな“被害”を蒙るのか判らないと思うらしい。


以前、ある飲み会で、ある女性が飲み会で出されて余っていたお料理をパック詰めして持ち帰ろうとした時、その場にいた男性たちが「主婦ってあつかましいな」と言った事があった。
“あつかましい”から持ち帰るのではなく、“捨てるのが勿体無い”から持ち帰るのだろうと思う。
それでも、“捨てる”のを“美”とする人たちには判らない価値観なんだろうな。
エコが言われ、“勿体無い”が肯定的な価値観となりつつある今では、あのときの男性たちは宴会のお料理を持ち帰る人をどう評価するのだろうか?

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top