Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

同盟解消も視野に入れている?

朝、目覚めてびっぴりしたのは、ブッシュ君が北朝鮮への制裁解除を決めたとか。
おまけに、その決定を日本に知らせたのが、発表の30分前だったとか。
この決定って、アメリカは日本との“同盟”を解消したと言う事でない?


北朝鮮への制裁解除の前に、アメリカはインドとの“核開発”に関する協定を結んだ。
要するに、核拡散に“容認”という姿勢をとった。
そして、次は北朝鮮が核を保持することの事実上の容認。
アメリカは、北朝鮮は核の放棄について何等客観的な“検証”をすることなく、“核を保持するテロ国家”とのレッテルを剥いだ。

日本としては、北朝鮮の核兵器保持も問題だけど、それ以上に問題なのは“拉致問題”。
拉致に対して何等解決を見出せない現状で、アメリカが北朝鮮を“テロ国家”の認定を解除する事は、拉致問題を北朝鮮との最大問題とする日本との同盟関係を軽視しているもの。
「アメリカ(と言うか、ブッシュは)日本との同盟を解消したいと希望していると」解釈するべきなんじゃないの?
日本政府もそのくらい強硬な申し入れをしても良いと思う。

私が太郎ちゃんに期待しているのは、企業経営者として斜陽産業の企業を立て直した実績と共に、北朝鮮やアメリカの“理不尽”へ多少なりとも“異”を唱えられる“タカ派”な部分なのだけどな。。。

オープンな情報開示が望まれるね

今日はNY市場で前日比で934ポイントもの株価下落を招いたアメリカ発の金融危機に対する考察を書くつもりだったのに(?)、夕方入ってきたニュースに驚かされて、“金融危機”が吹き飛んでしまった(^^ゞ

夕方入ってきたニュースというのは、所謂“ロス疑惑”の三浦(元)被告がロサンゼルスの拘置所で自殺したというもの。

一時不再理という原則があって、日本で妻殺害の疑惑には“無罪”になった三浦被告が、日本にはない「共謀罪」でアメリカで裁かれるというので世間の興味の的となった。
マスコミの報道の影響で素人目になんとなく“有罪”と思われる(元)被告が関係する事件が、アメリカでの新たな証拠を元にどう真相解明されていくのかという事に興味があった。
しかし、(元)被告が死んでしまったのでは“真相解明”はされないことになってしまう。

ここで問題になるのは、アメリカの司法当局が彼を死なせて事が、真相究明がされないばかりではなく、アメリカへは、“安易に”犯人を引き渡せないという事。
“引渡協定”によって、アメリカの刑法に抵触する“犯人”を日本がアメリカに引き渡した途端に、アメリカで“裁判を受けずに”犯人を殺してしまう事になりかねない事が問題。
それって、何事も“真相究明”しないことになる。
要するに“アメリカにとって都合の悪い犯罪者”が“裁判を経ずに殺される”危険があるという事。

そういった(アメリカ司法省に対する)“疑惑”を払拭するために、この件に関しては、これまで以上のオープンな情報開示がされることを望むね。


自分( or あなた)には関係ない?

帰宅したら、巨人がセ・リーグ優勝したと、テレビが言っている。。。(苦笑)
阪神ファンとしては、リーグ戦の早い時期での阪神の“マジック”点灯には素直に喜べないでいたけど、こんな結末は予想しては居なかった。。。(>_<)






さて、アメリカ発の“金融恐慌”の予兆の前に、大和(やまと)保険が破綻した。
“3連休前の金曜日に注意”というセオリー通りに金融機関である大和保険が破綻したので、マスコミは“世界恐慌が日本に波及した”と言うような論調で報道するだろう。
でも、それは“ちょっと違う”よね。。。

大和保険は、今回の金融危機で倒産した訳ではなく、これまでの通常“経営”で9月の決算を超えられなった。
これまで株価の含み益でなんとか持ちこたえていたけど、経営実態の悪い会社が(含み益を吐き出しても持ちこたえられずに)倒産した。
9月末の決算を超えられなかったという事は、“今”ではなく“9月末”の株価でさえ評価損が大きかったのじゃないかな。
これは、ここ1ヶ月の株価低迷による“倒産”ではないのだから、混同してはいけないと思う。


しかし、それにしても、この株価って何なのでしょう???
こんなに下がったら、“株式投資”をしていない人の貯蓄も目減りしちゃうよ。。。

ネットでは“株価下落で影響を受けるのは株式投資をしている“お金持ち”だけの事で、“庶民”にはなんの影響もない”と、言う人が居る。
私の周りには、流石にそんな事をいう人は居ないけど、世の中には“株式投資はお金持ちのすること”と思っている人がまだまだ多く居るという事なのだろうね。

でも、年金を受けずに“生活保護”を受ける人は影響が“少ない”かもしれないけど、現在年金を受けている人や将来“年金”を受けるつもりの人には、株式市況は少なからず影響がある。

10数年前は運用に制限があったのでそうでもないけど、最近の年金はその一部を株式投資で運用するようになっている。
ここ数日にの株価下落で年金の資金(=原資)もかなり目減りしただろう。
その目減りの割合が2割だとしたら、年金受給者に支払われる年金が2割減るか、その支払いを補うために我々保険料納付者か、(原資不足に対応して)納税者がその2割分を補填するしかない。
要するに、株価下落は、広い意味で国民(すべからく)があらゆる意味で“収入”減になるのよね。。。
年金原資の収入源が年金支出減にシンクロするならば誰も“マイナス”にはならないけど、支出が物価連動を維持するのであれば年金支出は今後も増えるばかりなのだから年金資金を補わなければならないので保険料負担者の負担割合が大きくなって(負担者としては)収入源だし、年金資金が支出を賄いきれないのであれば至急が減らされることになるので受給者にとって“収入減”だよね。

おまけに、企業の“投資”心理が冷え込めば、来々春の採用に影響を及ぼす。
若者が就職できない状況を作ることになれば、その親御さんたちは(彼らの負担は表には出ていないけど)更に負担増だろう。
もっとも、いい年齢になった子供を親御さんが保護育成しているのはある意味問題なのだけど、こういう人が社会に溢れても表に出ていないので社会は“困っている”とは捉えられていないのよね。。。


なんて、酔っ払いのたわごとで、話が拡散してしまったけど。。。
このところの株価下落を“我が家は株式投資なんてしていないから、関係ないわ 株価下落なんて富裕層だけの問題でしょ”なんて言う人が多いけど、富裕層ではない層に打撃が大きいと思うのは少数派ではないと思うし、“私は関係”なんて言っている人こそが“関係大有り”だったりすると思うよ。








Continue reading

イカレタ感覚

テレビを見ていたら、韓国で北朝鮮が経営する“北朝鮮レストラン”が流行っているとのニュース。
北朝鮮レストランは同胞である韓国人の郷愁をさそうものらしい。
北朝鮮は、自らの国際犯罪を償う(謝罪すらする)ことなく、被害者の中で最も(心情的に近いと)同情してくれる相手を“便利”に使って、自らの罪を逃げようとしているように見える。
同情してもられば本人は気持ちいいかもしれないけど、多くの同情しない見物人からは“非常識”と笑われるだけ。
まぁ、北朝鮮は井戸の中からでない蛙だから、それでもいいのだろうね。

頭のイカレタ人物が国家元首(と正式には言っていないけど。。。)になっている国家って、“国”がすることもヘンだね。




Continue reading

正念場

株価が下げ止まらない。

今朝は、取引所が開いたと共に株価が下がり始めた。
職場にあるある市況ボードの点滅するたびに、数字が減っていく。
ブラックマンデー、ブラックトュースデイの時の株価ボードはこういう感じだったのか?

今朝のニュースでNYの株価が終値で1万ドルを切ったと聞いた。
NYが終わってすぐにある東京はNYの影響を受けやすいのは確かだけど、下げるときは本当に1/100コピーで同じ道をたどる。
東京の取引所というか、日本の経済はアメリカに左右されると世界中が思っているのね。。。

太郎ちゃん、首相就任早々に大きな判断と見識が求められて大変ね。
民主党も、いつまでも“解散”を言っていると、政権担当能力を疑われる。
日本経済だけでなく、日本の政治も正念場だね。

Continue reading

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top