Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

病は初期のウチに治療しないと

世界中に大騒ぎを起こして、アメリカの金融安定化法案が成立した。

米金融安定化法が成立…下院、大差で可決 10月4日2時35分配信 読売新聞

 【ワシントン=矢田俊彦】米下院は3日午後(日本時間4日未明)、上院が1日可決した緊急経済安定化法案(金融安定化法案)の修正法案を賛成263、反対171の賛成多数で可決した。
 下院は9月29日の採決では否決したが、上院が預金者保護の充実など修正を加えたため、今回は可決に転じた。ブッシュ大統領が3日署名し、法律は成立した。最大7000億ドル(約74兆円)の公的資金で金融機関から不良資産を買い取り、金融安定化を図る政策がようやく動き出す。
 法案可決を受けて、ブッシュ大統領は「(米金融の中心地である)ウォール街の危機が世界の危機に広がるのを阻止するため、大胆に行動した。米国が世界経済の指導的役割を果たし続けることを世界に示した」との声明を発表した。
 同法案をめぐっては、国民から「税金による金融機関の救済」との批判が高まったことを受け、下院が9月29日の採決で賛成205、反対228の反対多数で否決した。同日のニューヨーク株式市場が過去最大の下げ幅を記録するなど、世界の金融市場に衝撃が走った。
 これを受けて、上院が1日、米連邦預金保険公社(FDIC)の預金保険の上限を現行の10万ドル(約1050万円)から25万ドル(約2625万円)へ引き上げるなど預金者保護を充実させた修正法案を可決。下院でも、再度の法案否決は世界的な経済危機を引き起こしかねないとの考えが広がった上、ブッシュ大統領が前回否決した議員に対し賛成するよう説得したため、58人が反対から賛成に回った。
 成立した金融安定化法は、米国発の金融危機を食い止めるのが狙いだ。具体的には、金融機関から不良資産を買い取り、財務状況を健全化させる。買い取りのスケジュールは決まっていないが、市場では「早くても11月後半以降」(アナリスト)との見方が強い。
 不良資産買い取りの見返りとして、対象金融機関の株式取得権を政府が取得するなど、国民負担の軽減策も盛り込んだ。

最終更新:10月4日14時12分


って、大差で可決するなら、最初から可決しておけばいいのに。。。
“対策”には、タイミングが大事なのよ。


金融安定化法案が可決しても、NYの株価は下げた。
要するに、今回可決された金融安定化法案では、アメリカの金融は安定しないと評価された訳だ。


今日は彼氏が遊びに来た。
2人でテレビを見ながら、あ~でもない、こ~でもない(笑)

やはり、不良債権の買取に税金を使うだけでは、アメリカの金融は安定しない。
第一、不良債権の買取に対する機動力だって欠けているし。

彼氏は、「ウォーレン・バフェットが言うように、資本注入しないとダメだ」という。
そういえば、イギリスもドイツも、銀行をいくつか国有化したよね。
ジャンク債にお化粧して優良債券のように見せかけた金融機関の責任追求は必要だとしても、出血多量で瀕死の人に輸血を行うようにアメリカの金融機関には“資本”が必要。
「銀行だけ税金で倒産を免れるのは面白くない」と言うような感情論は置いておかないと、回りまわって自分が職を失うかもしれない。
国民の多くが税金を負担できなくなってからでは、支援策だって打つことは出来ない。
病は初期のウチに治療しないと、手遅れになってからでは遅いのだよ。。

常連さんが通うお店が美味しい ~美味しさ、満足度と、料金のバランスが評価の基

今日のランチは上司クンに連れられて、同僚ちゃんと一緒に「イル ギオットーネ」へ。
会社の人と一緒だったのでお料理の写真を撮ることは出来なかったけど、昼間からずいぶん贅沢なお食事だった。

イル ギオットーネは予約が取り難いお店らしいけど、ランチだと前日でも予約が取れるらしい。
ただ、予約すると3500(税別)のコース以上を予約しないといけないらしく、それを不憫に思ったのか今日は上司クンの奢り。
本人と同僚ちゃんと私、都合3人分だから1万円を越えるランチ。
上司クンも出費だったね。


3500円のランチコースは7品(?)
・本日の付きだし:冬瓜のスープ(?)
  冬瓜の皮に近い緑の残る部分を摩り下ろして出汁で溶いたもの。
  ガラスの涼しげな器に盛り付けてあって、トッピングは海ぶどう、しその花などで華やか。
・魚介類を使った1品
  鱸(だったかな? (^^ゞ)の白身魚をパートと呼ばれる薄いパイ生地(というか、生春巻きの皮のようなもの)に包んで油で焼いたもの。
  ベビーリーフと紫キャベツのサラダに、酸味のあるドレッシングとしょうがのジュレが添えてある。
・本日のパスタ料理
  トマトソースベースのラグーで、パスタはブカティーニ。
  大きなお皿に小さめに盛ってあって、“お上品”な感じ。
・本日の肉料理
  岩手産のハーブ豚のローストにジャガイモのピュレ、ボルチーニ茸が添えてある。
・おすすめデザート
  イチジクの温かいケーキとミルクのジェラート。
他にコーヒーとパンで7品。

味は薄味で、“イタリアン”を期待する人には物足りないかも。
“イタリアン”と言うよりは、“和食”に近い。
量(ポーション)は、どのお皿も少な目。
パンは、長い方が4cm、短い方が1.5cm、厚みが1cm程度のフランスパンのように気泡が沢山あるパンが1切れと、グリッシーニを長さ2cm程度に縮めたパンが1欠片だけ。
私には充分だったけど、男性にはちょっと物足りないかも。

でも、見た目の美しさは流石。
ただ、未だ“夏”バージョンなのか、前菜とお魚のお皿はガラスの食器だった。
京都から進出している、和食の感覚を取り入れたお店にしては、季節感への配慮はイマイチか?
それとも、10月の声を聞いたとは言え、昼間はまだそれなりに暑いので、暑さへの配慮か?
いやいや、こういう場所であれば、“季節の先取り”が一般的なのでは?

もう1点気になるのは、休日のランチならいいけど、お昼休みに食べるランチとしては、お皿とお皿の間に時間がかかりすぎることかな。
まぁ、こういうお店は、2時間近くかけてランチを摂れるような優雅な身分でないと来てはいけないのかもしれないね。

なんて、ご馳走してもらった身で、不満が多すぎ?(^_^;






夕食は、彼氏とデートで八重洲のお寿司屋さんへ。
“お任せ”で頼んだら、私たちの好物ばかり。
板さん、すっかり私たちの好物を把握したらしい(^^)

マグロ(トロ)とクエ

最初はビンチョウマグロのトロと白身魚のクエ。
マグロは山葵とお醤油、クエはポン酢醤油で頂く。

タコ

次にタコとイカ。
タコはお塩で頂く。
彼氏がタコやイカのお刺身が大好きなんだよね。

アワビ

続いてアワビ。
柔らかいのに歯ごたえがあって、美味しい。

鯵

鯵は身がしっかりしていて、新鮮さを感じる。
こういう切り方もあるんだね。
って、ウチで買うような鯵だと、到底、味で敵わないけど。。。(^_^;
(って、口に出したら、“(素人とプロを)比べる方が失礼”って言われそうだから、内緒♪)
鯵はしょうが醤油で頂くので、お膳代わりのお盆に醤油皿が乗り切れなくなってきた(笑)

岩牡蠣

牡蠣が好きな私の為に彼氏が頼んでくれた岩牡蠣。
ぷりぷりして美味しい。
彼氏も思わず手を出していたよ(^^)

ブリ大根

次に出てきたのはブリ大根。
ブリといっても目玉の部分。
板さんに「コラーゲンですよ~」って言われた(^^)
勿論、私も魚の目玉は大好き♪
魚の目玉を食べる人には、花粉症の人が少ないらしいよ。
因みに私も、花粉症はない。


イカの炙り

続いて出てきたのが、イカの炙り。
これも彼氏的にはウェルカムの食材。

?白身の魚
コハダ

白身の魚(なんだかった、忘れた。。。(^^ゞ )の握りが出て、コハダの握りを頼んだ。

気が付くと、周りに座っているお客さんは、前回や、前々回で見かけた顔ばかり。
このお店は常連さんが多いんだね。
これだけ食べて、お酒も2人で1升近く呑んで、15000円でおつりが来る。
毎回思うけど、コストパフォーマンスのいいお店だね。
って、私が払う訳じゃないけど。。。(^^ゞ
でも、常連さんが足しげく通えるお店って、安くて美味しいお店なんだよね~(^^)




Continue reading

まぁ。。。妥当かな。

当然だろう。


麻生首相、解散時期「今考えず」=補正予算、6、7両日に質疑男
10月2日19時7分配信 時事通信

 麻生太郎首相は2日夜、衆院解散・総選挙について「いついつのころに解散しようと今、考えていることはない」と記者団に述べ、民主党が求める早期解散に否定的な考えを表明した。同時に、世界的な金融危機の広がりを踏まえ、総合経済対策を盛り込んだ2008年度補正予算案の成立に全力を挙げる方針を改めて示した。首相発言を受け、11月上旬の投開票が有力だった衆院選日程は先送りされるとの見方が、政府・与党内でさらに強まりそうだ。
 一方、与野党は同日の衆院予算委員会理事会で、6、7両日に委員会を開き、補正予算案を審議することで合意した。
 首相は2日夜、解散に関する記者団の質問に対し、「補正予算(案)は成立させる」と言明。新テロ対策特別措置法改正案と、消費者庁設置関連法案の成立にも意欲を示した。その上で、解散は補正予算成立が前提となるかとの質問に、「解散の『か』の字をわたしから聞いた人はいない。いろいろ頭の中で整理しているところで、いついつのころに解散しようと今、考えていることはない」と語った。 
最終更新:10月2日22時15分


選挙の洗礼なしに3代も首相が代わると言うのは異例だし、決して良いことではないとは思うけど、今のような(世界)経済情勢の中で解散して政治の空白を作るのはありえない。
解散は、補正予算の成立後だってどうかと思う、補正予算の補正予算が成立してからの解散でいいんじゃないの?(苦笑)


しかし、太郎ちゃんも、経済担当大臣の馨ちゃんも、現在の金融危機が大きな世界“恐慌”の前兆だとは感じていない。
彼らが考える“総合経済対策”には若干の不安もあるけど、他の政党も“経済オンチ”だから実効的な政策の立案は望めない。
だったら、政治の空白は、もう少し先延ばしにするのが妥当かな。

20年前の日本を見るようだ

朝のニュースで、「金融安定化法案」の否決と共に、NYの株式取引市場が大暴落したこと知った。
え?
ええ??
この局面で否決?
経済オンチが国会議員の多くを占める日本ならイザ知らず、これまで日本の経済5流ぶりに“経済政策のサジェスチョン”をしてきたアメリカの議会がこの局面で「金融安定化法案」を否決??

9月半ばのリーマン破綻の後、AIGも破綻か?と言ったときに、ブッシュ政権が「金融安定化」の為に税金をつぎ込む方針が打ち出された事によって、アメリカの金融市場が“大人しく”なった。
それなのに、“金融機関の救済のために税金を使うことはまかりならぬ”とは、20年前の日本のようだね。

今回の金融安定化法案の否決については、選挙が近い下院議員が地元の“声”を聞いた結果だと報道するむきもある。
アメリカは日本の“失われた20年”(一般的には10年と言われているけど、実質は17~19年)と同じ過ちを歩むつもりなのか?

日本は、金融機関の救済の為に税金をつぎ込むことを躊躇したために、2~3年で終わるハズだった金融恐慌が20年近く続いた。
金融機関の救済は、1つの金融機関を延命するためのものではなく、その金融機関に“信用”を保証されている多くの企業を救う。
金融機関の経営危機の全てに税金をつぎ込んだ救済をせよとまでは思わないけど、すべき救済を見極めるの“政治”ではないかと思うよ。

最近の日本は有権者が“個人”の利害だけを優先するので“政治”が後退しているけど、アメリカも有権者の顔色だけを見て“政治決断”をしない政治家が増えるようだと、政治の先進国ではなくなってしまいそうだね。








まぁ、アメリカもこのままでいい筈はないのだから、早晩起動修正されるだろうけど、その“空白”期間がどの程度続くのかをウォッチしないとね。。。

李下に冠を正さないのが、政治家の素養

このニュースを聞いた当初は、この発言の何が問題なのか解らなかった。


成田反対派は「ごね得」=日教組批判も-発言後に撤回・国交相
9月25日21時50分配信 時事通信

 中山成彬国土交通相は25日、報道各社のインタビューで、成田空港反対派の住民について「ごね得」などと批判した。自身がかつて文部科学相在任中、全国学力テスト導入を提唱した理由に関しても「日教組の強いところは学力が低いと思ったから」と発言。いずれも撤回したが、関係者の反発を招きそうだ。
 中山国交相は、反対派住民との対立が続く成田空港について「ごね得というか、戦後教育が悪かった。公共の精神というか公のために自分を犠牲にしてでもという(気持ち)がなく、自分さえ良ければ(いい)という風潮で、拡張ができなかったのは残念」と語った。
 日教組をめぐってはほかにも、教員採用をめぐる大分県教育委員会の汚職事件を引き合いに「日教組の子どもは成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力が低い」と述べた。 
最終更新:9月25日23時16分


私自身も、成田空港という、世界に名立たると言うか、類をを見ない“しょぼい”国際空港を作らざるを得なかったのは、ごねる事で“利権”を得ようとした人が居たからだと、思っているから。
ハッキリ言って、成田空港はその“しょぼさ”故に“日本の恥”でしかない空港で、千葉県が雇用やその他の税収目的に成田空港を維持したいのは解るけど、乗客の利便性や“国益”を考えたら、現在の成田空港ならば、寧ろ無い方が国益の為には良い位。
成田が“反対派住民”のためにこれ以上の整備を望めないなら、羽田空港を日本の第一の玄関として拡充した方が良いと思う。
なにより、成田空港の“しょぼさ”の原因は、一重に(「ゴネて少しでも遅く売った方がカネになる」と扇動された)住民の“ゴネ”であって、言い換えれば“国益を損ねたのは一部の住民の(利益を狙った)ゴネ”が主因。

同じく、日教組も。
ただ、日教組の組織員の子供が、成績の如何に関わらず教師になれるかと言えば、そうではない。
でも、“子供に勉強させるのは可哀相”という日教組が力を持っている県の教育レベルが低いのは、傾向としては見て取れる。
というか、“学校は子供に勉強を強いる場所ではない。テストの成績で測れるような勉強をさせるのは悪”と(当時、高校生だった)私の前で言った日教組職員が教える学校の“学力”が高いはずがないと思うよ。
彼らは、教師は勉強をさせるモノではないと言っていたし、「勉強したいならば学校ではなく塾に行けばイイ」と、言い換えれば“学校は勉強を教える場ではない”と公然とい言っていたのが日教組だった。
跳ねっ返りに私は、「じゃ、学校って、何のためにあるの?」と、思ったけど、大学に入るための内申書に傷をつけない為に、学校では勉強もそこそこに過ごしていた(苦笑)

学校では成績の悪い人に合わせた授業をするので、定期テストで“取りたい点数”を取るのは簡単だった。
内申書で(5段階評価で)4.5点以上を取るのであれば、定期テストで90点を取ればいい。
でも、テストはクラスで1番理解の遅い人が(限りなく100点近い)80点以上を取る事を目標に設問されている。
クラスで1番理解が遅かった訳ではない私が、そういうテストで100点近い点数を取るのは簡単で、逆に言うならそんな教育は、何処で“手を抜こう”と思うような“不遜”な生徒を作っただけだった。
高校生の私は転校生だった事もあって、通っていた学校では“教えなくても”(学校としての)進学率を上げる生徒であったから、高校では“勉強をしなくても(校内では)“成績優秀”な生徒だったからね。
“成績優秀”といっても学校の中だけで、行く大学が決まった後に転校前の高校の友人と会った時に「なんでそんな(学力レベルの低い)大学に行くの?」と不思議がられたのだけどね。。。(^_^;

で、私が進学した大学に対する評価の違いって、そのまま“日教組”の“強さ”の違いと一致する。
転校前の学校は日教組組員が殆ど居ない学校(県)で、子供の学力向上にかなり力を入れていた。
ところが、転校後の学校は日教組がかなり強い学校だったから“(無理強いして)勉強させるのは悪”という学校だった。
前者は1~100番位はテストの度に変化するので、100番位ならハーバードやスタンフォードはムリでも東京大学には入学できた。
(ハーバードやスタンフォードは、大学が指定する“それなり”の高校を出ないと入学できないので、私が行った高校からの入学はムリでした 苦笑)
一方の私が転校した先の高校では、学校は勉強をする場所ではなかったので(?)、学校で1番の成績をとった学生が現役で東大に受かった時には大騒ぎだった。
って言うか、騒ぐぐらいなら、最初から“勉強させない”なんて言わずに勉強させれば良かったのにね(苦笑)

話はかなり逸れてしまったけど、成田空港の問題にしても日教組の問題にしても、中山大臣の発言は“まさしく!”。


民主党や社会党は支持母体や出身母体が日教組だったりするので、日教組批判は受け入れられないのだろう。
(そういう意味では厚生労働省の年金記録にかかるサボタージュも近いものがあると思うのだけど、これに関しては“責任”の所在が政府だから与党自民党の責任に転嫁できているのね。)
でも、“言葉狩り”は下品なだけだと思うけど?

ただ、野党が下品だというだけでもいけない。
大臣になったのならその言動は揚げ足を取られることを前提としなければならない。
そういう意味では、中山大臣は配慮が足りなかったのだと思う。
日本が“単一民族”というのも発言の前後関係をみると“日本人が排他的”という理由を端的に表現しようとしたものの様に思える。
でも、少なくとも、大臣になったのであれば他人に“(自分の)意図しない解釈をされない”配慮ができて当たり前で、そういう配慮をできない人を大臣に選ぶべきではないと思う。
何事にも、“李下に冠を正さない”のが、政治家としての最低限の心得だと思うから、発言の何が悪いのかを理解できない私でも中山大臣の罷免・更迭には反対しないな。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top