Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

意外に知られていないけど、始まった大きな動き

昨日から株券電子化に関わるシステムの一部が稼動した。
昨日は康夫クンの総理辞任ニュースが衝撃的でマスコミに取り上げられる事はなかったけど、これって意外に大きな事なのよ。


ほふり、株主情報の一元管理を行うシステムが一部稼働
9月2日8時34分配信 日刊工業新聞

 証券保管振替機構(ほふり)は1日、09年1月の株券電子化に向けて、名寄せなど株主情報の一元管理を行う「加入者情報システム」を同日付で一部稼働させたと発表した。今回一元管理するのは、ほふりが今年4月末時点で名寄せした1500万人分の株主データ。
 ほふりでは今後、今年5月以降に新規口座開設や住所変更、名義変更を行った株主データを更新する。10月下旬のシステム全面稼働までに、株主確定の基準日に、当該企業の株主情報を通知する総株主通知を株主名簿管理人経由で発行会社に送付できる体制を整える。
 また、証券決済制度改革推進センターは株券電子化に関する相談窓口「株券電子化コールセンター」にフリーダイヤル(0120・77・0915)を追加した。
最終更新:9月2日8時34分


新聞記事によると今回のシステム稼動を「試験稼動」と書いている所もあるけど、試験稼動というより、事前整備のための一部稼動で実質的に本格稼動が開始したと言っていいんじゃないだろうか。


日経新聞でも記事が掲載されていた(日経は今回の稼動は試験稼動と書いてあった)から、多くの人も今回のシステム対応の内容を知る事になっただろう。
株券の電子化では、証券保管振替機構(通称:ほふり)が上場株式の株主の情報を管理する
今の“保振”のシステムでは、株主の氏名や住所は株券を預けている証券会社から信託銀行に届け出ている。
今後は、証券会社からほふりへ届けた後、ほふりで取りまとめて信託銀行に届け出る。
いくつかの証券会社に口座をもっている株主が、住所変更の届けを忘れたりして証券会社によって届けている住所などが違うと、ほふりから証券会社に問い合わせがあって、証券会社から「あなたがウチの証券会社届けている住所と他の証券会社に届けてういる住所が違っている」という連絡が株主に来ることになる。
この仕組みをしらないと、株主は「他の証券会社に届けている住所と違うなんて、何で判ったの???」と事になって、「個人情報の漏洩?」なんて事にもなりかねない。
そのときになって慌てないように、株主さんたちはこの「株券電子化」の仕組みをしっかり知っておかないとね。
まだまだ、「株券がなくなる」という事しかしらない人が多いから。






Continue reading

また、投げ出し?

帰宅したら、ビデオの録画が回っていた。
そうそう、(間違って)予約はしていたけど、あまり見るつもりもない番組だった。
録画予約を切ろうと思ってテレビを点けたら、何だかヘンな番組が。。。
ヘンというか、予想していなかった番組が録画されている(苦笑)
なんでも、康夫クンが辞任表明をした為の特別番組だった。


福田首相が退陣表明、官邸で緊急記者会見
9月1日21時38分配信 読売新聞

 福田康夫首相(72)は1日午後9時半から、首相官邸で緊急記者会見を行い、退陣する意向を明らかにした。
 首相は、8月1日に内閣改造に踏み切ったが、内閣支持率の低迷から抜け出せず、政権浮揚の展望が開けなかった。来年9月の衆院議員の任期満了まで約1年となり、民主党が対決姿勢を強める中、次期臨時国会の召集前に人心を一新して、今後の政局に備える必要があると判断した。
 自民党は近く総裁選を行い、後継総裁を選出する。麻生幹事長が立候補すると見られる。対抗馬として、小池百合子・元防衛相や谷垣国土交通相を推す声もある。
 首相は記者会見で、辞任を決断した理由について、「新しい布陣のもとに政策の実現を図っていかなければならないと判断し、辞任を決断した」と述べた。
 この時期に辞任を表明した理由については、次期臨時国会召集を間近に控えていることを指摘し、「今が政治空白を作らない一番いい時期と判断した。臨時国会が順調にいくためには、私がやるより、ほかの方がやっていた方がよりよくなるのではないか」と説明した。辞任の意向を固めた時期については「先週末に最終的な決断をした」と明かした。
 記者会見に先立ち、首相は1日夕、首相官邸に自民党の麻生幹事長を呼び、約1時間にわたって会談した。会談には、途中から町村官房長官も加わった。首相は、席上、麻生、町村両氏に辞意を伝えた。
 首相は8月29日に総合経済対策をまとめ、9月12日に臨時国会を召集し、補正予算案を提出する構えを見せていた。
 臨時国会では、新テロ対策特別措置法改正案や消費者庁の設置法案を成立させることに意欲を見せるとともに、衆院解散・総選挙の時期については、できるだけ先延ばしする意向を示していた。
 しかし、来年夏の東京都議選に集中したい公明党・創価学会からは、年明けの衆院解散・総選挙を求める圧力が強まっていた。与党内には、支持率の低い首相のもとで衆院選を戦うのは難しいとの声が広がっていた。
 首相は昨年9月、安倍前首相の退陣を受けて就任し、安倍改造内閣の17人の閣僚のうち、13人を再任した。政権発足当初から、民主党が参院で第1党を占める「ねじれ国会」が足かせとなり、政策面で実績を上げられずに苦しんだ。
 昨年11月には、民主党の小沢代表と会談し、自民、民主両党による連立政権構想を協議したが頓挫。民主党が対決姿勢を強める中、今年6月には参院で戦後初の首相に対する問責決議が可決された。
 首相は今年7月に、北海道洞爺湖サミットの議長を務め、8月初めに、政権発足以来初めての内閣改造を断行し、自前の内閣で政権浮揚を目指した。しかし、その後も支持率の低迷が続いていた。
最終更新:9月1日22時8分


どうせ辞めるなら解散すればよかったのに。。。


解散しても政局の打開は見込めない。
でも、負けて責任を取って辞職するのであれば、次の自民党総裁には傷は無い。
それを今この時期に衆議院の解散なしに総理総裁を辞めるのは、民主党の代表選挙と比較して自民党の総裁選の方が世間的な“優位性”が保てると思ったからなのか?


個人的には、ここで解散して公明党との関係を断ち切るのは自民党にプラスになると思っている。
最近は自民党と公明党の関係がギクシャクしていた。
公明党も、ここらで民主党と組んだ方が美味しいと思っている節があった。
公明党は“衆議院”ではキャスティングボードを握っていると自認しているから、ここらで民主党に恩を売るのもよさそうだものね。
まして一郎クンは、自党の公認候補を差し置いて公明党の候補の応援(企業廻り)をするような“党首”だから、公明党にとってはすこぶる都合がよいものね。
自民党は寧ろ、基本的な部分、政策の底辺で相容れない宗教政党と連立与党を組む事にはムリがあり、マイナスにしかならない。
そういう意味では、今度の解散で自民党が負けるとしても、それはそれで自民党にとっては悪くないことなんじゃないかなと思っている。
でも、そんな事を言うと、またバカの一つ覚えのように「COOさんは自民党信奉者」などという理解度の低い人が出てきたりするのよね(苦笑)
私は決して自民党信奉者ではないけど、社民党、共産党、公明党は政権担当能力の欠片もないとおもっているし、民主党は欠片ぐらいはあるけど今の民主党では自公連立政権以上に党内の意見の乖離が大きすぎて現状では政権は担えないと思っている。
さらに、私は、民主党では、公明党、社民党と連立を組んでも、政権を担えないのは見えていると思う。
そういう意味では、現状では自民党に政権を任せるしか選択肢がないと思っているけど、公明党とはなるべく早く離れて欲しいと思っている。

でも、民主党支持者が夢を見たいのなら、見せてあげてもいいんじゃないかなと最近は思うようになってきた。
私自身は積極的に民主党を支持する気はさらさら無いけど、今の格差社会で多少たりとも“勝ち組”の人たちまで“負け組み”に引きずり込む“底辺でみんな一緒”の政治がどれ程“良い事”なのかは、民主党支持者や反自民の人たちだってたった2、3ヶ月で解るだろう。
彼らが“理想”の勘違いを“身にしみる”のなら、短期間であればそれも“アリ”かなと思えてきたのよね。。。


とはいえ、やはり私は日本がこれ以上停滞するのは我慢はできないな。
そういう意味では、今回の康夫クンの辞め方はイタダケナイと思うよ。
前の(純ちゃんが総理大臣だったときの)内閣官房長官を辞任したときと同じように、「面倒なことばかりがあって辞め時を探っていたら、丁度良い辞め時があったと」いう感じに見える。
康夫クンは記者の「人ごとのように見える」という投げかけに対して、「私は自分自身を客観的に見る事ができる。あなたと違って。」と答えていたけど、客観的に見えすぎて“自分自身の事”と捕らえる事が出来なかったのでは?と思ってしまうよ。
今、総理を辞めることは、日本のためにも、自民党のためにも、自分自身の政治生命にとっても、メリットは薄いと思うよ。
かろうじて自民党にメリットがあるとしたら、民主党が“無投票”で党首を選んだ事と比べて、党首選に絡んで自民党に注目が集まる事だけ。
それでも、善朗クンの様な目立ちたがりのヘンなオジサンがしゃしゃり出てきたりしたら台無しになってしまうから、結構賭けだよねぇ。。。





8月2日に改造したばかりの内閣の閣僚たちも梯子を外された思いだろうな。
そんな中、次期総裁に出そうだとマスコミが予想するのが百合子ちゃん、聖子ちゃん、太郎チャン。
他には、直政クンや町村君も色気あり?
でもねぇ。。。太郎チャン以外が出ても、自民党の浮力にはなりえない。
特に直政クンや百合子ちゃん、聖子ちゃんは、未だ以前の“ケチ”が落ちていないからねぇ。。。


歴史的に、政治的な“危機”には偉大な宰相が出るといわれるけど、候補に挙がるような面子を見ると、日本はまだまだ“危機”ではないのか?(苦笑)






Continue reading

異星人のお姫サマ

本当にお騒がせなお姫様だこと。。。(苦笑)


姫の離党騒動、菅代表代行が火消し
8月31日8時1分配信 スポーツ報知

 民主党の姫井由美子参院議員(49)の離党撤回から一夜明けた30日、批判の絶えない地元・岡山の“火消し”に菅直人代表代行が直接乗り込むことが分かった。
 東京でドタキャン騒動を起こした姫井氏はこの日、岡山へ。当選直後の不倫疑惑に始まり、自伝出版、離党騒動など姫井氏に対し地元県連は総スカン状態だ。
 菅氏は妻の伸子さんが岡山県出身。長男の源太郎さんが03年、05年の総選挙で岡山1区から出馬した。前県連会長の江田五月参院議長は盟友であることなどから31日、仲介のため岡山入りする。
 姫井氏はこの日、ドタキャンの舞台裏を明かした。29日昼過ぎ、新党「改革クラブ」の結党会見に向かおうとする姫井氏を菅氏が迎えに来たという。「それから謝罪会見まで、菅さんら3人とある場所に6時間近くずっといました。会見直前には小沢(一郎)代表から『よく離党を踏みとどまってくれた。救われた』というメッセージが届いて涙が止まらなかった」と姫井氏。「菅さんが岡山、鳩山幹事長が党内、輿石参院会長が参院を『責任を持って(批判を)おさめる』と言ってくれた」と振り返った。
 一方で、そでにした新党への心配も。「新幹線に乗ったら、ほかの客が持ってた新聞で改革クラブが『まぬけ4人衆』扱いされていた。かわいそう」。新党の渡辺秀央代表にはまだ連絡していない。「電話したらつながらなかった。怖いなあ。怒ってるだろうなあ」と恐れるが今後、会う予定はないという。
最終更新:8月31日8時1分


コノ人って、本当に軽はずみな人なんだね。
いい歳して、年齢なりの“大人の判断”の出来ない人と言うか。。。

直人君に半ば監禁状態にあって新党結党会見に間に合わなかった。
半ばという修飾飾をつけたとは言え“監禁”と言うのは言いすぎかもしれない。
ヒメにも何らかのメリットがあったからこそ留まったのだろうから。
そして、その“留まった”事に対して一郎クンから“お礼の”電話をもらい、更に後のケアは直人クンと興石クンが面倒を見てくれるという、ヒメには至れり尽くせりの待遇に勘違いなユメでも見たのかな?
ただ、面倒を見てくれると言っても、次の選挙には党公認の指名はないだろうけどねぇ。。。
寧ろ、こんなに軽はずみな人を“公認”してしまったら、民主党そのものが“政党”としての責任を問われるものね。


> 「新幹線に乗ったら、ほかの客が持ってた新聞で改革クラブが『まぬけ4人衆』扱いされていた。かわいそう」。
> 新党の渡辺秀央代表にはまだ連絡していない。
> 「電話したらつながらなかった。怖いなあ。怒ってるだろうなあ」と恐れるが今後、会う予定はないという。

の下りに至っては、小学生以下だと思うよ。
これでも、49歳なんだよね。。。
こういう人が“大人”であったり、“政治家”であったりすることは、国の大きな損失だと思うし、いい歳して自分がしでかした事に対してこんな感想しか持たない大人を作ってしまったこれまでの日本の教育の間違をまざまざと見せられた思いよ。

少なくとも、自らの行動に責任を持つべきだと自覚している人は、「かわいそう」だとか、「怖いなぁ、怒っているだろうな」とか「会う予定はない」だとか言う?
自ら出向いて相手に直接キチンとと謝るのがスジでしょ。
「自分勝手な事をして他人を怒らせてしまったから、その相手に会うのはよそう」なんて思うのはまともな社会人のすることではないよね?
このおヒメ様には、とっとと、他の星で暮らして欲しいと思うよ。
少なくとも、2度と“政治家”として世の中に出てきて欲しくないよ。

祭りが終わった

夕べはwowwowでサザンのライブが放映される。
楽しみだった。

高校生の頃、友人が夏休みにliveに行った話しを聞いて羨ましかった。
ちょっと大人びた友人だったな。
彼女の大人びた雰囲気に憧れもあって、余計に羨ましかったのかな(笑)

楽しみしていたliveだけど、結局録画予約したことに安心してしまったらしく、放送を見る前に寝ちゃったよ(^_^;


昨日は朝からマラソン。
予想通りワンジル選手が勝った。
駅伝好きの私は、彼を高校生の頃から見ているから、なんとなく日本人が勝ったような気分になってしまった(笑)
それにしても、かなり早いタイムにびっくり。

そして、オリンピックも終わった。
それにしても、北京オリンピックって成功だったのか?
私には成功したとは思えない。
確かに、国を挙げての行事を執り行ったという点では成功したのかもしれないけど、とても“平和の祭典”と言えるようには思えない。

マラソン競技では、沿道には50センチ間隔位に観客を向いた警官が立ち、更に5m間隔位で兵士が立っている。
“平和の祭典”に兵士程似つかわしくないものはない。
まるで大規模な反政府デモの取り締まりの様だ。
事前に安全確保のために日本人は決められた場所でしか応援してはいけないらしいという噂は聞いていたけど、観客の安全を守るために軍隊が出なければならないなんて、どんな治安状況?と思うよ。
まぁ、もっとも、中国人はスポーツの声援だって“殺せ!”と言うらしいから、その位しないとどんな不祥事が起きるか判らないと政府が判断するのも無理からぬ事なのだろうな。
しかし、そんな文化度の低い所でこういう大会をする意図が解らない。
中国政府がどうこうというより、少なくともIOCは北京でオリンピックを開催したことを“成功”とは思って欲しくないな。

言論封鎖?

民主党って、人材が居ないのか?
いや、本当は、人材は豊富なはずなのに、機能していないのだろうな。


<民主党代表選>小沢無投票3選へ 野田、枝野氏が出馬断念
8月22日21時54分配信 毎日新聞

 民主党代表選(9月8日告示、同21日投開票)は22日、小沢一郎代表が無投票で3選されることが確実な情勢となった。立候補を検討していた野田佳彦広報委員長が出馬断念、枝野幸男元政調会長が事実上の立候補見送りを表明し、動向が注目されていた有力候補全員の不出馬が確定したためだ。
 野田氏は同日午前、記者団に対し「総合的に判断し、戦う状況にはない」と断念を明言。これを受けて枝野氏は同日午後、国会内で記者団に「(私自身出馬に)前向きでないことは間違いない。私は野田氏を応援し、私自身が当事者になり得る代表選は終わったと思っていた」と述べた。
 他の有力候補では岡田克也、前原誠司両副代表が既に不出馬を明言。他の議員が代表選立候補に必要な国会議員20人の推薦人を確保するのは困難で、小沢氏の対抗馬擁立は事実上不可能になった。
 小沢氏の無投票3選が確実となったことについて、鳩山由紀夫幹事長は22日の会見で「無投票となれば、小沢代表が政権を取った時こういう日本を作り上げるというメッセージを国民の皆さんに示す必要がある」と述べ、小沢氏が月内にも予想される正式立候補表明の際、「政権構想」を発表するとの見通しを明らかにした。
 小沢氏3選は9月8日の告示で確定するが、正式に選出されるのは同21日の臨時党大会となる。【田中成之】
最終更新:8月23日0時9分


今度もまた一郎クンが党首になるらしい。
それも無投票で。

民主党は、政権を取るつもりのある政党なのか?
これまで何度もそれは感じていたけど、今また改めて思う。

一郎クンは、今の民主党が自民党を批判するときに良く使う“政治家ではなく政治屋”というフレーズをそのまま体現している政治家だと思う。
一郎クンは自分にとって実入りのある土建と農政には“ばら撒き”方向で口を挟むけど、外交は“国連”至上主義の政治家だよね。

でも、国連って日本国を敵国としている、日本とイタリア、ドイツに対抗するための組織で、第2次世界大戦が終わって60年以上も経った今でも、日本やその他の国に対する“敵国条項”は生きている。
日本を敵国視している組織に擦り寄る事を外交の至上だという政治思想って、本当に日本の(為になる)政治か?と思う。
私はそろそろ日本にも、“敵国条項を撤回してくれ”と言えるような“豪腕”な政治家が出て欲しいとは思うけど、いつまでも“連合国の奴隷”で居ることを好む政治家を欲しいとは思わない。

更に、一郎クンは、“票を取るため”なら何でもするという政治家で、その政策には“政治家としての”ポリシーが感じられない。
政治家だったら、吉田茂、岸伸介両元首相の様に、その時は有権者に批判されようとも50年、100年将来の日本にとって“あの時決断してよかった”と思える、思われる政治判断をして欲しいものだと思うけど、彼は目先の“甘い水”の嗅ぎ分けの鋭さしかしない。
そんな政治屋を党首に選ぶ党員の不見識も問題だとは思うけど、政党に所属する議員の不甲斐なさも大きな問題だね。
って、民主党の支持者が目先の(自分の為の)利益しか論点にしないのだから、政党も育たないのかもしれない。


それにしても、(とりあえず)政権を狙う政党の党首選びに“議論がない”のは寂しい事だな。
特に、自民党と比べて党内に意見の差(乖離)が大きい民主党だからこそ、今後の政党運営についてキチンと“公開討議”をして欲しいものだと思う。
そうでなければ、日本にはいつまでたっても二大政党制なんて出来ようもない。
二大政党制を実現するためには、民主党が少しでも“政権を任せられうる政党”でなければならいもの。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top