Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

信じらんな~い

え~~~(^_^;

【世論調査】7割以上が「竹島は日本の領土」「領有権主張すべき」 8月4日19時18分配信 産経新聞

 日本と韓国が領有権を主張している日本海の竹島について聞いたところ、「日本の領土だと思う」と回答した人は73.7%と7割を超えた。男性40、50歳代と女性50歳代では8割を超えた。「日本政府はもっと強く領有権を主張すべきだと思う」とする回答も、75.0%と高かった。米国の地名委員会(BGN)が竹島の帰属先をブッシュ大統領の命令で「韓国」に戻したことを受けて、竹島が日本の領土であることを改めて強く求める機運が高まっていることをのぞかせた。

 また、アフガニスタンでのアメリカなどの軍事行動を後方支援する新テロ特措法延長については、「反対」が53.0%と半数を超え、「賛成」の32.3%を上回った。自民党支持層の48.5%と5割近くが「賛成」としたが、民主党、共産党、社民党支持層の6割以上が「反対」とした。
最終更新:8月4日19時18分

誰に聞いたのか(=対象にしたのか)判らないけど、竹島を日本の領土だと思っていない人が27%近く居るのね。
一瞬、調査対象に韓国人も含めたのかと思ったよ。
って、日本に居る韓国人も調査対象に含まれているとは思うけど。。。

でも、単純に換算し、国民の1/4以上の人が竹島を日本の領土だとは思っていないということになる。
多すぎる。。。
北方領土についても最近の子供たちの関心は薄いようだけど、これってちゃんとした教育がなされていないからなんだよね。
この前から領土問題に関する教育について他国から云々言われて政府は弱腰になっているけど、こんな現状を見るともう少しキチンと教育した方がいいんじゃないの?と思う。


「風刺」とは「(遠まわしの)批判」ではないのか???

なんだかな。。。

「死に神」コラムで朝日が謝罪 掲載1カ月余で問題終結 8月1日18時36分配信 産経新聞

 朝日新聞が夕刊1面コラム「素粒子」で法相として計13人の死刑執行を指揮した鳩山邦夫氏を「死に神」と表記した問題で、朝日新聞社は1日、質問を受けていた「全国犯罪被害者の会」(あすの会)に、「適切さを欠いた表現だった」などと文書で回答した。あすの会は「謝罪と受け止めている」としており、コラム掲載から1カ月余りを経て、問題は終結することになった。

 あすの会はこれまで、6月25日のほか、計3回質問状を送り、死に神の意味を問いただしてきた。朝日は3度目の回答で「(鳩山氏の)執行命令を批判するつもりはなく、13人の死刑が多いと言っているのではありません」とコラムの趣旨を説明。その上で「犯罪被害者遺族をはじめ多くの方々からのご批判を踏まえたとき、適切さを欠いた表現だったと言わざるを得ない」と謝罪した。

 今回の回答に対し、あすの会代表幹事の岡村勲弁護士は「しっかりとした回答をしていただいた。今回で決着としたい」と述べた。
最終更新:8月1日18時57分

本当の問題終結したのか?

> 「(鳩山氏の)執行命令を批判するつもりはなく、13人の死刑が多いと言っているのではありません」とコラムの趣旨を説明。

??
朝日新聞はこのコラムに対して、当初「死刑執行命令の多さをチクリと風刺した」と言っていたのではないのか?
“死刑執行命令の多さを風刺”とは、イコール、“死刑執行命令の多さ”を“批判した”と言うのが一般的な解釈だよね?
これをどう解釈すれば、“死刑執行命令を批判する意図はなく”、“死刑執行数が多いとは言っていなかった”となるのか?
少なくとも、(大学受験の)全国模試レベルで偏差値50以上を取る子供(=ごく普通に日本語を解釈できる子供)は、このコラムを“法務大臣の死刑執行数の多さを批判したもの”だと解釈するだろう。
実際、1ヶ月前までの朝日新聞はそう“弁明”していたから、私に言わせれば今回のコメントは“詭弁”にもなっていない。
そういう意味では“前言撤回”とも言えるし、“前言撤回”なら“謝罪”とも受け取れる。
でも、ここまで詭弁を弄した朝日新聞は、本当にこのコメントを“謝罪”の意図で言ったのか?
一見謝罪とは見えない最後のコメントが、とう謝罪の意図、意志を伝えるものか、あるいは言葉を弄ぶ人種の詭弁なのか?


天声人語を始め朝日新聞のコラムは大学の入試に用いられる事が多い。
朝日新聞には、そもそものコラム以上にその後のコメント文の一語一句について“どう解釈すべき”だったかを是非解説して欲しいものだ。
大学入試の解説本で、その解釈がされるのだろうか???
それにしても、これから受験用の“日本語”を学ぶ子供たちは、ある意味、“大人”の詭弁に付き合わされて可哀想だな。

信頼感のない政府だよね。。。

帰宅したらテレビのニュースは当然内閣改造の話題がトップ。

う~ん。。。
なんだかパッとしないと言うか、何で渡辺よっしーが留任しなかったのかな?
福田色?
って言うか、新任大臣が多いものの代わり映えのしない面々で面白身のないのが福田色なのか?
太郎ちゃんを幹事長にしたのって、困った時の○頼みのようで、これも福田色?
あぁ、太郎ちゃんは(福田色ではなく)サプライズなんだっけ?

驚きという意味では、聖子ちゃんと恭子さんがサプライズだよ。
聖子ちゃんの起用は行政改革をやめたという意思表示?
此処へきて行政改革を止めるというのは、ある意味驚きでしかない。

恭子さんは、最近、政府への不信感を顕わにしている拉致被害者の会への人気取り?
康夫君って本当は北朝鮮が好きなんだと思っていたけど?(苦笑)


「竹島は無主の島」で韓国大騒ぎ 米、韓国の主張を拒否
7月28日18時42分配信 産経新聞

 【ソウル=黒田勝弘】竹島(韓国名・独島)問題で反日・愛国ムードが高潮している韓国で、今度は米政府機関の「地名委員会(BGN)」が島に対する韓国の領有権主張を退けていることが判明し、大騒ぎになっている。BGNの公式資料によると、島の名称は中立的な「リアンクール岩礁」を基準とし、領有権については「主権未確定」としている。

 韓国のマスコミはこのことを連日、大々的に報じ、韓国政府の対応不足を激しく批判。同時に「この背景には日本政府の執拗な工作がある」と日本非難を展開している。韓国政府は緊急対策会議を開き、在米大使館を通じ経緯の把握に乗り出すとともに、米側に韓国の立場を伝達するよう指示。さらに各国での実情調査も進めるという。

 「リアンクール岩礁」は19世紀にこの島を“発見”したフランス捕鯨船の名称からきたもので、海外の文献にしばしば登場する。BGN資料には「竹島」や「独島」などいくつかの名称も“別名”として記載されているが、韓国マスコミは「独島」より前に「竹島」が紹介されていることにも不満が強い。

 BGNは、領有権が対立しているという客観的な事実にのっとり中立的な措置を取ったものとみられる。しかし韓国では政府、マスコミをはじめ官民挙げて「あの島はわが国固有のもので紛争の対象ではない」という建前と思い込みが強いため、今回のような国際社会の“中立的態度”にも極度に反発する結果となっている。
最終更新:7月28日18時42分

昨日だったか、アメリカの地名委員会が一度「主権未確定」とした竹島を韓国の猛抗議を受けて主権国を韓国と改めたというニュースを読んだ。
日本は主権国が未確定でも抗議すべきなのに、主権国が韓国となっても抗議しない。
少なくとも、日本の国土を他国奪われていても文句を言えないような人たちを閣僚にしたらダメだよ。
特に外務大臣にしてはいけない。
って言うか、何で外務省ってこういう情報をチェックしないのだろう?
竹島を韓国にやってもイイと思っているのか?

国土でこれじゃ、人(国民)だって守ってもらえないと思うのが普通。
拉致問題担当相をおいても、政府には拉致問題を真剣に考えてもらえないと国民が考えるのはあたりまえ。
信頼感のない政府だよね。。。

土用の丑の日

夜中、耳元で「震度6だって」という声を感じた。
目が覚めて辺りを見ても誰も居ない。って当然。
テレビを点けると、本当に震度6の地震速報が流れている。
いや、ビックリ。

それにしても、最近、地震が多い。
鰻ばかり騒がれるから鯰が拗ねたのか?と思うほど。
なんて、そんな不謹慎な事は言っていられないね。
でも、今回の地震は、地震の規模が大きかったのに人的被害がなかったのは良かった。
聞くところによると備えがしっかりしていたかららしい。
やはり、備えが大事なのね。


さて、今日は土用の丑の日。
夕方母から「今日は鰻を食べる日です」というメールが来た。
??と思ってメールを読むと、鰻の差し入れをしてくれたらしい。
今年は例年以上に鰻が高かったから、私が買っていないかもしれないと思ったのかな?


「土用の丑」関係者ら悲喜こもごも
7月22日21時7分配信 毎日新聞

7月24日12時0分配信 産経新聞

 24日は「土用の丑(うし)の日」。1年で最もウナギがよく売れる時期だが、中国産ウナギの産地偽装事件を起こした水産物関連会社の地元、神戸や徳島では小売店が「国産」や「安全性」を強調して売り上げにつなげようと躍起だ。一方、老舗のウナギ店では長年の安心感から品切れとなり、「1本だけでも買わせて」という声も上がっている。
 中国産ウナギを「三河一色産」として販売していた水産物輸入販売会社「魚秀」が拠点を置く徳島県。県内を中心に約35店舗を展開する「キョーエイ」(徳島市)では、6月の事件発覚後ウナギの売り上げが10~15%減少した。
 しかし、丑の日に向けて例年と同じ約2万匹の国産ウナギを仕入れた。「徳島は事件の“おひざ元”。影響はあるが、ここ(土用の丑)で売らないと」と担当者はいう。売り場には「国産にこだわっています」というポップを置いた。
 また、偽装ウナギを販売していた「神港魚類」の本社がある神戸市などで約150店舗を展開する「コープこうべ」(神戸市)でも今年の土用の丑の売り上げが昨年の85%にとどまると予測。昨年は1日で約6500万円を売り上げたが、今年は仕入れ量を控えた。
 関西スーパー(兵庫県伊丹市)でも今月に入り、ウナギの売り上げが昨年同時期比の4割減という。
 偽装事件による消費者離れに追い打ちをかけるのが価格の高騰。「日本養鰻漁業協同組合連合会」(静岡県)によると、ここ数年、稚魚の不漁もあり国産ウナギの相場は1キロあたり2000~2650円と、昨年同時期に比べ3~5割高くなっている。
 各小売店での販売価格も軒並み値上がりし、コープこうべの主力商品は、前年比1~2割高の1280円。関西スーパーでも、昨年980円だった商品を1180円で販売している。
 一方、偽装の影響を受けず、大盛況の店もある。創業50年の木津卸売市場(大阪市浪速区)のウナギ店、川上商店は三河一色産ウナギを使用しているが、24日は早朝から100人以上の客が訪れた。値段はやや値上がりしたものの、この日までに予約や注文が殺到し、1本1200~1300円のウナギは数千本売れた。客足に追いつかず、商品が品薄になるものもあったという。訪れた男性客(64)は「何十年と毎年来ているので、三河産と聞いても怖くない」という。
 従業員の畑成美さん(44)は「事件で問題になっているのは冷凍食品。うちは生のものを使っているから大丈夫。今日は例年と同じ盛況ぶりで安心している」と話した。
最終更新:7月22日23時30分


毎年この日の鰻は高いのだけど、今年は特に高いような気がする。
スーパーに並ぶ宮崎産、鹿児島産、愛知産の鰻は1300円。
普段は1000円だから、3割アップ。
そんなに高いなら、別に今日じゃなくてもいいやと思ってしまう。

鰻が高いのは、もともと稚魚が少なくなっている所に、中国産の鰻を消費者が敬遠することによる品薄。
中国産だから食べたくないという人は、中国産しかないなら土用でも鰻を食べなくてもイイと思うんじゃないかな。
そんなに大騒ぎしなくてもよさそう。

っていうか、消費者はそうでも、販売業者はこの日が1大イベント。
この日に売れなければ。。。という感じなんだろうね。
国産鰻が仕入れられなければ、死活問題なんだろうな。
そういえば、職場近くの鰻屋さんも大盛況だった。

今年は土用の丑の日は2回。
次の丑の日もこうやって大騒ぎをするのだろうか?

思いつきで安易に言って欲しくない

今日は東証のシステム障害で取引が止まった。

東証 システム障害 プログラムミスが原因」 7月22日21時7分配信 毎日新聞

 東京証券取引所は22日、システム障害によるデリバティブ(金融派生商品)取引の一時停止について、連休中に更新したソフトのプログラムミスが原因であることを明らかにした。東証では今年2、3月にもシステム障害が起きており、投資家の不信感が強まるのは必至。相次ぐトラブルを重く見た金融庁は改善状況などの報告を命じる方針だ。
 一時停止したのは株式や国債の先物、オプション取引で、取引状況などの情報を市場参加者に送信する処理速度を速めるために更新したソフトにプログラムミスがあった。新ソフトは本来2万種類の銘柄に対応できるはずだったが、実際には88種類分しか処理できない設定となっており、処理能力を超えた。
 東証は午前9時21分に取引を停止。その後、新ソフトを更新前の古いソフトに戻して午後1時45分に取引を再開した。19、20日に稼働テストを行ったが、プログラムミスは判明しなかった。
 会見した東証の鈴木義伯(よしのり)常務は「迷惑をかけ反省している」と陳謝し、体制改善や社内処分を検討する考えを表明。システムを開発した富士通については「実損が出れば損害賠償請求を検討する」と述べた。斉藤惇社長も「速やかに再発防止策をまとめ実行し、市場関係者に迷惑をかけないよう努力を続ける」とのコメントを出した。
 東証はこれまで国際競争力の強化に向け、欧米やアジアの証券取引所との提携戦略を進め、上場商品の拡充策なども打ち出してきたが、相次ぐシステム障害は投資家の東証離れにつながりかねない。市場関係者の間では「国際的な評判が落ちる」との批判が強まっている。
 渡辺喜美金融担当相は22日の会見で、「以前にもトラブルが起きているのに、なぜこうなるのか。きちんと原因を究明し、再発防止を徹底してもらう」と述べた。【野原大輔、永井大介】

最終更新:7月22日23時30分


プログラムの入れ替えが原因でシステムがストップするような障害が起きる事がある。
何故、今日のようなタイミングで大きな入れ替えをするのだろう?と思う。
だけど、よく考えると、20,000種類の銘柄に対応できるはずが、88って?テストしなかったのか?
システム開発を仕事とするものには、俄かには信じられないミスなんだけど。。。

っていうか、実はシステムの戻しが拙かったのかも?と思ったり。。。
この連休は、株券電子化に絡んで、証券業界だけでなく銀行も含めた関係者を巻き込んだ大規模なテストがあったから、中には本番のマシンに株券電子化対応のプログラムを入れてテストをしその後に本来のプログラムに戻している所もある。
もちろん、東証だってそのテストに参加している。
東証がどのようなテスト環境でテストを行ったのかは判らないけど、もしかしたらその戻しでヘマをした可能性だって充分考えられる。
もっとも、戻した後に確認をしているだろうから、そんな筈ないか。

株券電子化準備遅れ? 実施日の先送りを求める声 7月20日19時5分配信 J-CASTニュース

 上場企業の株券を電子化する「株券電子化」が、2009年1月の実施まで半年を切った。日本証券業協会、金融庁、株券を管理・保管する証券保管振替機構(ほふり)は、投資家に株券の早期預け入れを呼び掛けている。電子化には、証券会社と「ほふり」をシステムで結ぶ必要もあるが、準備は遅れがちで証券業界からは早くも実施日の先送りを求める声が出ており、スムーズに電子化が実現できるかどうかは未知数だ。

■証券会社によって温度差のようなものがある
 株券電子化によって、株主名、銘柄、株数などのデータは、ほふりが記録、管理することになる。このため、証券会社は、ほふりとシステムを結ぶ必要があるが、日証協は証券会社の準備の遅れを否定しない。日証協の安東俊夫会長は6月の会見で、「危機感は非常に持っている。証券会社によって温度差のようなものがあるからだ」と危機感をあらわにした。
 業界関係者によると、ほふりと結ぶシステム対応は、大手証券会社は自社で対応できるが、問題なのは地場証券などの中小証券。システム対応は大和総研などの計算会社に委託するのが一般的だが、「準備が遅れ、実施日に間に合わない中小証券は多いのではないか」という見方が、証券業界ではじわじわと広がっている。「電子化実施直後に、システム不備で売買ができなく中小証券も出てくるのでは」との懸念もある。
 このような状況に、日証協は「電子化は全国一斉にスタートするもの。1社たりとも遅れがあってはならない」と、証券会社に発破を掛けるが、証券業界の中では、「来年1月に電子化というスケジュールを先延ばしにするしかない」という声も出始めている。

■システム対応大幅に遅れた証券会社に立ち入り検査?
 一方、金融庁も電子化を重要課題と受け止めている。電子化に向けた準備が滞った証券会社に対し、厳しい対応を取る姿勢を示しており、システム対応が大幅に遅れた証券会社には、証券取引等監視委員会とも協力して立ち入り検査を行い、市場の混乱を最小限に抑えることも検討中という。同庁には、「電子化で、みずほ銀行のシステムドラブルのような混乱が起きたら証券市場が築き上げてきた信頼は損なわれる」という危機感が強まっているという。
 業界トップに立つ安東会長にとっても、円滑に電子化を実現できるかが問われている。安東会長は「システムなどでさまざまな問題が起こらないとも限らない。緊張感を高めて取り組んでいくことに尽きる」と述べ、自らの対応も含めて気を引き締める。証券市場にとって大きな山場と言われる電子化が迫る中、関係者の努力と苦悩は続きそうだ。
最終更新:7月20日19時5分


これって、大和総研の中小証券会社向けのシステム開発が遅れているといっているのか?
大和総研のシステム開発が遅れているという話は聞いた事はないけど。。。
確かに大手証券会社と違って、中小証券会社はこういった制度改正に不利な部分は否めない。
証券会社としての“業務”は大手証券会社が実質的に設計しているから、大手証券会社はかなり早い段階からシステムの設計に着手できる。
でも、大和総研が大和證券の関連会社であるように、計算会社のいくつかは大手証券会社の関連会社になっている。
だから、どこの計算会社でも来年の1月に間に合わない程にシステム対応が遅れているとは聞いていない。
実際、機構が“先行稼動”と言っている部分は9月に稼動する訳だし。

最近株券電子化が話題になっている事で、金融機関のシステム障害に目が行きやすいのだろうか。
でも、実際問題として、1月の稼動を先延ばしにされた方が証券業界は大混乱になるんじゃないかな。
株券電子化は関係する業界の範囲は広い。
スケジュールを変える事はより大きな混乱をきたす。
先延ばしなんて思いつきは言って欲しくないなぁ。。。

Continue reading

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top