Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

身内には大甘なんだね

昨日、友人のblogを読んで興味があったのだけど、今日yahooのニュースを読んでいたらこんな記事を見かけた(苦笑)


「変態ニュース」毎日新聞3ページに渡り謝罪 外部の警告放置「深刻な失態、痛恨の極み」

7月20日10時45分配信 J-CASTニュース

  毎日新聞社は2008年7月20日、同社の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」で過去に配信した記事に「低俗すぎる」との批判が相次いだことを受け、同日付けの紙面と同紙のインターネットサイトに検証記事を掲載した。「何度もあった外部からの警告も放置していました。いずれも深刻な失態であり、痛恨の極みです」と述べ、謝罪している。

■「性的な話題を取り上げるとユーザーの反応がよかった」

 7月20日付けの毎日新聞では、1面、22、23面に「お詫び」と内部調査結果を掲載、ウェブサイトでも同様の記事が掲載されている。問題となった記事を執筆していた外国人記者は、同サイトの「編集長」としてサイトを統括しており、チェック機能が働いていなかったことや、外部からの指摘が07年10月から寄せられていたのにもかかわらず、放置していたことが明らかにされた。
 J-CASTニュースの2008年6月20日の記事「毎日新聞英語版サイト 『変態ニュース』を世界発信」でも報じた通り、「Mainichi Daily News」の「WaiWai」というコーナーでは、「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」といった内容の記事を過去に配信。毎日新聞の検証記事では、「いずれも事実の裏づけもないまま翻訳して記事化していた」としている。「WaiWai」では、週刊誌などで書かれた内容を紹介するかたちをとっていたが、07年7月に配信した「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターでその内実が明らかに」という記事では、防衛省について「真珠湾攻撃と南京大虐殺で世界に名を知らしめた政府省庁」という表現を加筆したケースがあった。同社は、「WaiWai」で利用した雑誌の発行元の出版社と対応を協議しているという。
 「変態ニュース」が長年にわたり配信された背景について、同紙は「担当記者が性的な話題をおもしろがることを心配する声もあった」と明かしている。外国人記者は同サイトに関心が集まることを意識しており、「母国での就職難のため来日した。仕事を失うことに恐怖感があり、MDN(編注:Mainichi Daily News)を閉鎖する言い訳を誰にも与えたくない」などと述べた。また「性的な話題を取り上げるとユーザーの反応がよかったので、そういう話題を取り上げた」のだという。

■「不適切」「誤解を生む」といった指摘も放置

 取り上げた雑誌記事との照合もほとんど行われず、ほとんどの記事が外国人スタッフのあいだで完結。国内外から寄せられていた「不適切」「誤解を生む」といった指摘も放置された。
 同紙は「不適切な記事を掲載し続けたことは報道機関として許されないことでした。日本についての誤った情報、品性を欠く性的な話題など、国内外に発信するにはふさわしくない内容でした」として謝罪している。

 同社が設置した第三者委員会の委員・吉永みち子氏は、毎日新聞がこの問題にからんで「誹謗中傷の書き込みには法的措置を取る方針だ」と発表したことについても触れ、「まず謝罪すべき段階に、自分も被害者だと言ってしまうのでは納得を得られない」と同紙紙面上で述べている。
 同社は、総合メディア事業局長だった渡辺良行常務らを7月20日付けで追加処分し、新編集長の下で9月からニュース中心のサイトに刷新するとしている。

最終更新:7月20日12時25分


毎日新聞も“売らんかなのタブロイド紙”であったという事なんだろうね。
それは、“社員がやったこと”と軽んじて措置を講じなかった事に尽きる。
“報道”を掲げる新聞社としては適切ではない記事を掲載していると知りながら何ヶ月もほったらかしにしていたという事は、社として“認めていた”という事になる。
このyahooの記事へ食品偽装を行った会社と比較したコメントにもあるように、本来なら社長(新聞社では“社主”というのか?)が弾劾されるような事象なのだけど、同じマスコミ相手だとどこの新聞社も弾劾はしないのね。
まぁ、消費者、ユーザとしては、弾劾しない他のマスコミの“同じ穴の狢”と思うだけだけど、これでは営業面での“偽装”の報道やマスコミによる弾劾によって潰された会社の社員達には納得できないものがあるのじゃないだろうか?

行政官僚を始めとする一般の公務員や国会や地方議会議員(特別公務員)は、他人に付け込まれるような事をしてはいけないと思うけど、それを弾劾するマスコミだって付け込まれるような事をすべきではないと思うよ。
経営者が責任を認めて進退を決するのが妥当なんじゃないの?
少なくとも、そのくらいの気概がないと、企業や行政の不正を言い募っても説得力はないと思うよ。








まぁ、個人的には、“毎日新聞なら(そういった事もしかねない)ねぇ。。。”と思わなくもないけどね(苦笑)
マスコミとは言っても、毎日新聞自身、自分たちを5流以下のミニコミだと思っているのだろうと思う。
だから「WaiWai」も社会的影響力はないと踏んでいたとしか思えない。
おまけに“捏造”が得意な某テレビ局の関連新聞社だしね。。。
でも、いずれにしても、こんなに“恥ずかしい”事をしたのだから、社長以下辞任するのが筋だと思うよ。
直接の責任者や社長の数ヶ月の減給程度じゃ、多分、誰誰も納得しない。

って言うか、こんな体たらくでは、毎日新聞は「解体後の年金機構(正式名称は。。。?)に社会保険庁で懲戒処分を受けた人が就職できない」事に賛成はできないね。
社会保険庁職員であるならば当然懲戒解雇処分を受けるべき人にも“大甘”処分なのだから、解雇にならない処分の対象者を(年金機構で採用できないのならば)“毎日新聞社で積極的に採用します”と広告を打つべきだね(苦笑)

誰が焚きつけるているのかな?

今日は朝から竹島問題。
毎朝見てるワイドショーでも竹島問題に関する新聞各社の社説を比較して解説していた。


朝日VS産経・読売 竹島「解説書」問題で立場分かれる
7月15日19時35分配信 J-CASTニュース

朝日VS産経・読売 竹島「解説書」問題で立場分かれる

各紙の主張は分かれている
 日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名: 独島)の問題が再燃している。文部科学省が中学社会科の新学習指導要領の解説書に竹島問題を初めて登場させることになり、竹島を実効支配している韓国側が猛反発しているのだ。一方、「固有の領土」という表現を避けるなど、外交的配慮も見られた。この対応に、産経・読売は反発しているが、朝日新聞は「島の領有は韓国ナショナリズムのゆるがせにできない柱」と、立ち位置が少々異なるようだ。

■朝日新聞は韓国ナショナリズムに理解
 文部科学省は2008年7月14日、08年3月に改訂された学習指導要領の解説書を公表した。中学社会科向けの解説書には、これまでにも北方領土問題についての記述はあったが、「北方領土と同様に我が国の領土・領域について理解を深めさせる」などと初めて竹島問題についての記述が登場。一方、「固有の領土」との表現は避け、韓国側への配慮も見せた。
 それでも韓国側は猛反発しており、李明博大統領が「深い失望と遺憾の意を表明せざるを得ない」とのコメントを発表し、駐日大使の一時帰国を決めた。ソウルの日本大使館前では抗議デモも行われている。
 こんな状況に対して、各紙の社説(08年7月15日)を見ると、大きく評価が割れている。日本側の「配慮」に反発したのが、産経・読売の両紙。
 読売新聞は「『竹島』明記は遅いぐらいだ」と題して、竹島問題が解説書に登場したことは妥当との見方を示しながらも、「外交的配慮」については、
  「外交上の配慮と、主権国家として歴史や領土を次世代に正しく伝えていくこととは、次元が異なる」
と批判的だ。
 産経新聞は、さらにラディカルで、1面に「禍根残す『外交配慮』」と題して編集長の署名入りのコラムを掲載。社説でも
  「竹島が日本固有の領土であることがはっきりと書かれておらず、大いに不満が残る」
とした上で、「外交的配慮」については、
  「日本の公教育の将来に禍根を残したといえる」
と改めて批判した。
 立ち位置が大幅に異なるのが、朝日新聞だ。結論こそ
  「互いに主張し、違いがあればあることを認め合ったうえで、冷静に打開を図る。それ以外にない」
と結ばれているものの、
  「日本が竹島を島根県に編入した1905年は、日本が韓国から外交権を奪い、併合への道筋を開いた年だ。竹島は、日本による植民地支配の象徴とされている。韓国の人たちは『独島』と呼び、『独島、われらが土地』という唱歌で子どもの頃から愛国心を培ってきた。島の領有は韓国ナショナリズムのゆるがせにできない柱なのだ」
と、韓国側の事情や心情に理解を示している。

■毎日・日経は「冷静な対応を」との主張
 一方、毎日・日経は、「冷静な対応を」との主張を前面に押し出している。
 毎日新聞は
  「一朝一夕には解決が難しい問題で大切な日韓関係を逆戻りさせては何の得にもならない」
とし、日経新聞は
  「先行き見えぬ朝鮮半島情勢」と題して、半島情勢全般について論じる中で「竹島は日本の領土である」
としながらも
  「竹島を巡る対立を大きな政治問題にしないよう、日韓政府の努力を望みたい。日韓対立の激化は北朝鮮を喜ばすだけである」
として、事態の沈静化を求めている。
 ブロック紙に目を転ずると、河北新報(仙台市)は、
  「心配なのは歴史教科書や靖国問題のように両国のナショナリズムに火がつき、ぎくしゃくした日韓関係が再燃することだ」
とした上で、日経同様に「日韓の対立は北朝鮮を利するだけ」との見方だ。

最終更新:7月15日20時55分


朝日新聞は、日本のナショナリズムには激しい拒絶反応を起こすのに、韓国のナショナリズムには寛容なのね。
まぁ、朝日新聞は日本の新聞ではないからね(苦笑)
基本的に“反日思想”の新聞なのだから、まるで韓国の新聞社であるかのようにこの程度のことは言ってのけるだろうな。
竹島に関しては、北朝鮮様も韓国と同様の見解だから、朝日新聞も書き易いのだろうね。

産経は新聞の立ち位置を考えると当然の反応というか当然の社説なのだろうけど、最近左傾化が見られる読売新聞はちょっと意外だった。
でも、真っ当だと思うよ。
教育と外交とは別だし、昨日も書いたように、学校教育では“日本”の事をもっと教えなければ、将来の日本はないよ。


それにしても、韓国や中国の政府が学校教育で日本との領土問題をどのように教えているかなんて、私たち多くの国民はしらない。
なのに、韓国や中国って日本の事をよく知って、よく反応する。
ダレが火をつけているのだろうね。
もしかして、“靖国”を“問題”として火をつけた朝日新聞が焚きつけていたりしてね。。。

漫画って。。。

テレビを見ていたら、夜のワイドショーで“coolJpan”を紹介していた。

ん?“coolJpan”?

パリではJapanExpoが開催されているらしい。
街の書店では日本の漫画コーナー(MANGA)があって、更にSHONEN、SHOJO、SEINENという区分けがあるとか。
少年も少女も成年も日本語だよね。


日本の漫画が受けるのは“文字”ではなく“絵”でキャラクターの感情を表現できる事らしい。
識字率の高い日本で生まれた“漫画”が、日本より識字率の低い国の漫画より文字が少ないというのが私には面白く感じた。
もっとも、定められた数の少ない“絵”で感情の動きを表現できるというのは作家の感受性、表現力の豊かさの表れなんだろうな。


って言うか、アメリカの漫画は絵がキレイではないから、見る気にはならないよ。。。
そういえばフランスの漫画って見たことないな。。。(^_^;

日本領土内の島の数はいくつ?

何故、今、また話題になったのか。。。?
最近、新聞を読んでいないから、世の話題からずれているのか?私(^_^;

竹島明記で駐日大使「召還」へ=「深い失望と遺憾」-韓国大統領 7月14日17時8分配信 時事通信

 【ソウル14日時事】韓国の李明博大統領は14日、日本が中学校社会科の新学習指導要領解説書で竹島(韓国名・独島)を「領土」と表現したことについて、「深い失望と遺憾を表明せざるを得ない」と強い不快感を表明、「断固として厳重な対応」を取るよう指示した。これを受け、韓国政府は権哲賢駐日大使を一時帰国させ、事実上召還することを決めた。
 李大統領が2月に就任して以来、改善が期待された日韓関係だが、竹島問題を契機に再び暗転する可能性が出てきた。 
最終更新:7月14日20時46分


まぁ、これは韓国サイドの言い分だから、「李大統領が就任して、改善が期待された日韓関係」となるのだろうけど、日韓関係って本当に修復する可能性が1%でもあるのか?
多分、無いんじゃないの?

正直言って、私は反韓の教育なんて1度も受けた事はない。
(反中教育も受けたことはないけど。。(^_^; )
でも、韓国というか、北朝鮮も含めて朝鮮人は“油断すると何でも盗む”民族だと、最近は思っているよ。

韓国は、もう何世紀も前に朝鮮人自身が“竹島は朝鮮のものではない”と認めた竹島を、今頃になって韓国の領土だと言って侵略している。
おまけに、“対馬も韓国領土”だなんて言い出す始末で、はっきり言って、他人のものと自分の物の区別がつかない無法者でしかない。
そういう意味では、韓国は国際社会から葬り去られるべき国というしかないお粗末な国だと思うな。
このまま放っておくと、九州も韓国領土と言いかねないよね。


韓国は、日本の国土だと(朝鮮人以外の)万国に認められている竹島を不法占拠して“実効支配”だなんて言っているけど、それは“侵略”でしか無いわけで、本来的には国防の軍隊である自衛隊が出動して対応しなければならない状況にあるのよ。
日本政府が自衛隊を出動せずにいるのは、単純に(おバカさんな国である)韓国に対する思いやり?(笑)
それは、相手を“まともな話を出来ない国”と思っていなければ出来ない事。
そういう意味では、日本が韓国の不法占拠に対して大騒ぎしない事を“(対等以前であって)1人前に扱ってもらえていない”と韓国は恥ずべき事なのかもしれないね。
勿論、韓国が真っ当な感覚(センス)を持っていればということで、真っ当な感覚を持ち合わせていないのであれば端からみれば“厚顔無恥”であっても本人たちは得意げなのかもしれない。
まぁ、恥ずかしい事を平然とするのが韓国政府ならではなんだろうね。
もし韓国政府が、日本が竹島を領土とすることに信念を持って異論があるなら、国際司法裁判所に提訴すべきよね。
それが出来ないのは、国際法に違反して実効支配していると自覚しているからでしょ?
正当ではないと自覚しつつも反日でしか国民の求心力を得られない韓国政府というのは、かなり情けないね。


竹島記述は当然=民主・鳩山幹事長
7月14日21時28分配信 時事通信

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は14日、中学校社会科の新学習指導要領解説書に竹島をわが国の領土と明記したことに関し、都内で記者団に「(日韓両国で)互いに研究していきながら、冷静に判断することが大事だ。わたしどもはわが国の領土と信じているわけだから、明記は当然ではないか」と語った。 
最終更新:7月14日21時31分

ゆっぴぃが言うことは尤もな事。
これまで、日本の領土がどの範囲なのかを教えていなかった事の方が大問題。
私の同僚ちゃんなんて、“日本は4つの島で出来ている国”という認識しかない。
学校でちゃんと教えないと、そんな人がどんどん増えるよ。
自分の国、国土の実態をもっときちんと教えるべきだと思う。
少なくとも、日本がどれだけ領土の侵害を受けているかを子供たちが知らなければ、将来の日本は本当に4つの島、最悪1つの島しかないかも知れないもの。

空港そのものが本当に必要?

日本航空の路線・営業の見直しが進んでいる。
先日は福島空港からの完全撤退も報道されていた。
北海道出身で栃木県に住む知り合いが帰省するのに福島空港を利用していたけど、これからは羽田まで出てこないといけないのね。
福島空港から北海道に出る便は週に数本しかないから羽田の方が自由度や利便性が高いのだけど、空港まで出る時間と、空港の駐車場の利用料金の問題で福島空港の方が使いやすかったらしい。
利用者にとっては、お客さんの少ない空港というのも、ある部分で使い勝手がよかったりするのよね。

とはいえ、営利企業体としては“利用者が少ない”のは歓迎できない事。
採算が取れないのであれば、撤退もやむなしか。。。
そういえば数年前1度だけ使った関西国際空港は閑散としていた。
私が利用したのは国内線だったけど、国内線も国際線も殆ど人が居なかった。
飛行機は東京便だったのでそれなりに席は埋まっていたし、器が大きすぎるとはいっても、あの閑散とした様子にはびっくりした。
関空も採算が取れないんじゃないかなと思った。


<日本航空>関空-ロンドン線も廃止へ 燃料高騰で見直し国
7月8日23時9分配信 毎日新聞

7月10日18時42分配信 毎日新聞

 日本航空(JAL)は10日、関西国際空港と英ロンドン・ヒースロー空港を結ぶ路線(1日1往復)について今年度内の廃止を検討していることを明らかにした。燃料価格高騰に伴う運航路線見直しの一環。全日本空輸(ANA)も00年に関西発着の欧州路線を廃止しており、JALの撤退で関西発着の国内航空会社の欧州路線は姿を消す。

 国内線では中部国際空港と福岡空港を結ぶ路線(1日4往復)も年度内に廃止する方向が固まった。小牧-福岡(1日5往復)は存続する。福島と関西、伊丹、那覇を結ぶ3路線も廃止される見通し。【太田圭介】
最終更新:7月10日19時54分


燃料高って言い訳?
航空会社は燃料が値上がりした分は、「サーチャージ」と言って別料金として徴収しいてるじゃん。
あ、そもそも高い航空料金にサーチャージが上乗せさせられたら、更に国際競争力がなくなってしまうということかな?(^_^;


航空会社の国際競争力とは別に、日本の空港って高いんだよね。
成田空港も同様なのだけど、建設にコストのかかった最近の(大きな)国際空港は航空会社にとって利用料が高い。
それは当然航空運賃という形で利用者の負担に跳ね返ってくる訳だ。
利用者にとっても不利益となるような高コストの空港って本当に必要なのか?
関空のように騒音問題があって海上に作らなければならないのなら、最初から作る必要はなかったんじゃないかな。
少なくとも大阪の人にとっては空港って“迷惑な存在”だった訳で、必要がないのに造られる“迷惑料”がそのコストに跳ね返っているに過ぎない。。
空港が必要だったのは、空港建設という公共事業をつくりだせた政治家だけだっで、本来必要なかったものならば今コストをかけて壊してもイイんじゃないの?
案外、壊してしまった方が、近隣住民にも利用者にも嬉しかったりするのかもしれない。。。(^_^;


このままだと港湾使用料、港湾荷役の人件費などで高コストになってしまって船が逃げてしまった船舶運輸の二の舞だね。
だって、今でも、海外っから直接日本に入ってくるより、ソウルから日本国内に入ってくるルートの方が便利で安くなってしまいかねないもの。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top