Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

当事者意識以前に“礼儀すら知らない”市長への反感

休日の朝のオジサマ向けワイドショーで橋本府知事の“涙のお願い”が取り上げられていた。


<橋下大阪府知事>涙のお願い、波紋呼ぶ…財政再建策み

4月18日22時3分配信 毎日新聞

 市町村への補助金削減を盛り込んだ大阪府の財政再建策について、橋下徹・大阪府知事と府内の市町村長が対立している。大阪市内で17日にあった意見交換会では、市町村長から反論が相次ぎ、橋下知事は涙を見せて理解を求めた。この「知事の涙」を巡り、市長らを批判する抗議の電話やメールが各市役所に殺到している。「知事をいじめるな」との趣旨だが、一方で「感情に流されて議論がかすむのは危険」との指摘も出ている。

 17日の協議で、43市町村長(2市は代理)は「阿修羅(あしゅら)のごとくまず内部で血を流す覚悟を」「白紙に戻せ」などと厳しい言葉で知事に再考を求めた。これに対し、橋下知事は「大阪を立ち直らせたい。協力お願いします」と、目を赤くし、声を上ずらせて訴え、その模様が新聞やテレビで報道された。

 怒気を込めて撤回を迫った枚方市の竹内脩市長には、メールや電話で60件以上の抗議が寄せられた。「若い知事をいじめるな」などの内容。「恥を知れ」「もう投票しない」との意見もあった。

 「こっちが泣きたいぐらいだ」と感想を述べた倉田薫市長の池田市役所の電話は、業務開始から鳴りっぱなし。「上からの目線で知事に意見しているのはおかしい」などの内容で、関東方面からの電話も多かったという。

 一方、橋下知事は18日、報道陣に「昨日の涙を悔し涙ととられることは不本意。それで私を応援してもらってもよくない」と話し、「プレスの皆さんには、うそ泣きということにしておいて」とけむに巻いた。

 問題の再建策は、知事直轄の改革プロジェクトチームが庁内での折衝をせずに作成した財政再建プログラム試案。大幅な歳出減を盛り込んだ1100億円の収支改善を示した。市町村長は既に予算が組まれていることを理由に「改革には協力するが、今年度は無理」との立場を取っている。【石川隆宣】

 ▽大嶽秀夫・同志社女子大教授(政治学)の話 以前、田中真紀子元外相の悔し涙が話題になったが、涙は男の武器にもなったのか、という印象だ。それが問題への理解へと進めばいいが、ふるまいだけが強調され、振り回されるようになっては危険だ。メディアが流す情緒的な映像が政治に影響を及ぼす傾向が強くなっている。

最終更新:4月18日22時47分


府知事のお願いもビジネスの場としてはそぐわないとは思うものの、府知事に対して“考え直せ”と命令口調で言った某市長にも違和感を感じる。
違和感以上に、その威圧的な態度に、ある種、“盗人猛々しい”的な感じを受けた。
大阪の某市の市長というのは、そんなにエライのか?
橋本府知事を擁護するつもり全くないけど、財政再建に対する府知事の要請に対して威圧的な命令で“あんたは間違っている、考え直せ”というのであれば、自分が率先して、というか府や国に依存しない自治体の財政再建と景気対策を実施してみなさいと思う。
地方自治体の首長が、自治体の財政健全化の為の提案に対して、何の対案もなく“あんたの考えはおかしい”と言うだけで言いのか?
他人の提案に対して反対を言うのは簡単だけど、それが許されるのは“責任のない立場”の人だけ。
責任のある立場の人が、何の考えも持たずに、他人の、それも補助を施してくれる相手の政策を闇雲に反対する立場ではないと思うけど?
今回の市井の人の反応というのは、そんな“礼儀すら知らない”市長への反感、違和感だったのではないかと思う。


最近話題になっている入学金未納による入学式出席拒否問題。
千葉県でもそういう学校があったらしいが、公立高校における授業料を含めた入学金の“未納”は全国で317件あってそのウチの310件は大阪府に集中しているらしい。
失業率日本一と言う大阪という地の経済状況もその背景にはあるだろうけど、首長が率先して「私の状況が悪いのは私の責任ではなく、あなたの援助がないから」という姿勢が反映しているのかもしれないなと思ってしまったよ。。。(^_^;
大阪の首長さんたちには、ご自分たちの危機感のなさ、無責任さが大阪府民の生活を悪化させていると自覚するところから始めて欲しいものだわ。

歪な社会

テレビのワイドショーで容疑者の母親が「ウチの息子だけが悪いとは限らない。(行方不明になっている)女性の側にも落ち度がある。」と言っていた。

“被害者にも落ち度があって、被害に遭った”という言い方に納得がいかないものを感じたのだけど、こういう事を言いたかったのか?


女性監禁 携帯で「薬物やろう」 容疑者サイトに書き込み

4月19日17時30分配信 毎日新聞

 東京都江戸川区の無職、石田佳奈子さん(19)が車内に監禁され行方不明になっている事件で、逮捕された塩野直樹容疑者(26)の誘い文句は「覚せい剤を一緒に楽しまないか」という内容の携帯電話サイトへの書き込みだった。他の女性にも同様の手口で接触を繰り返していたという。若者に広がる薬物汚染の背景を探った。

 携帯のパネル。黒い画面の上で黄色く光る文字が短いメッセージを伝える。

 「冷たいの、ほしい」「エス押します(売ります)。1G30000。P付き」

 「冷たいの」「エス」は覚せい剤、Pは注射器(ポンプ)を指し、1グラム3万円で売るという書き込みだ。こんな「広告」が1日数件掲載され、警察などの目をくぐり抜けるため隠語でやり取りする。薬物売買の新たな形態として定着し、中心は未成年者を含む若い世代だ。

 薬物犯罪の裁判を数多く手がける小森栄弁護士は「人づてで売り主を見つけた昔と比べ、ネットが薬物への垣根を低くした」と話す。対面より抵抗が少なく、購入していた側が売りさばく側に回るケースも多いという。

 「以前なら、薬物は暴力団と結びつき、怖いというイメージがあった。それが薄れ、興味本位で手を出す若者が増えた」とみるのは、薬物依存症の患者を診察している赤城高原ホスピタル(群馬県)の竹村道夫院長。錠剤や吸い込みなど、注射以外の使用情報が広まったことも影響しているという。

 取り締まる側には有効な手立てがない。財団法人インターネット協会(港区)が運営し、違法・有害情報の通報を受けるインターネット・ホットラインセンターには07年、1199件の薬物関連情報が寄せられた。内容は警察に知らせ、プロバイダーに削除などを要請している。

 だが、書き込みは他人名義の携帯からがほとんどで、通報を受けて検挙に至った薬物事案は07年でゼロ。国分明男センター長は「プロバイダーの多くは削除要請に応じるが、一つつぶしたら、三つ四つ立ち上がっている。もぐらたたきだ」と嘆く。【林哲平、武内亮】

最終更新:4月19日18時8分


詳しい事実はこれから明らかにされるのだろうけど、確かに犯罪行為を前提として対面したのであれば現在は行方不明で「覚せい剤を打たれた」と言っているという女性にも“落ち度”はあるだろう。

でもなぁ。。。
“加害者”側の母親が、詳しい事実が明らかになる前に「ウチの息子だけが悪いわけではない」というのは世間的に受け入れられないだろうな。
ある意味、そういう環境で育ったから善悪の判断がつかなかったのではないか?とう言う印象を世間に与えるだけのように思う。
加害者側の親としては犯罪行為に飛び込んだ“被害者”を“悪い”と言いたい気持ちは解らなくもないけど、その前に“犯罪行為に誘った”自分の息子の“悪さ”への謝罪があってしかるべきなんじゃないの?と思った人も多いと思う。

犯罪者より、被害者や犯罪者に利用された第三者が責めらるような社会って歪だと思うのだけどな。。。


主催者に危機感がなさ過ぎるよ。。。

聖火リレーって何のためにあるのだろう?

善光寺が出発地を辞退=「チベット弾圧」理由に-ルート変更へ・長野聖火リレー

4月18日13時12分配信 時事通信

 長野市で26日に開催される北京五輪の聖火リレーで、出発式が行われる予定だった善光寺は18日、リレーの出発地を辞退する考えを市に伝えた。市はこれを受け、ルートを変更することを決めた。チベット問題への抗議から、聖火リレーは世界各地で計画変更や混乱が続いており、長野でも開催日を目前に控え、コースが見直されることになった。
 長野市役所に同日午前、善光寺幹部らが訪れ辞退を申し入れた。
 理由について、記者会見した善光寺事務局の若麻績信昭寺務総長は「チベットの宗教指導者が立ち上がり、それに対し弾圧しているので、仏教の寺として考えた」とし、文化財や一般信者の安全上の問題に加え、チベット問題が理由であることを明らかにした。
 辞退は同日午前の特別会議で決まったといい、善光寺の総意だとした。
 住職の1人は18日朝、取材に対し「われわれはチベット人と同じ仏教徒との気持ちが強かった」と話した。
 長野市は新ルートについて「週明けでは間に合わない」としており、早急に検討し土日にも決めたい考え。「できる限り変更のない形で考えたい」としている。 

最終更新:4月18日16時25分


小学3年生の時、札幌オリンピックの聖火リレーコース沿いにあった小学校に通っていたお陰で、聖火リレーが小学校の前を通る時には授業が中断されてリレーを見に出かけた。
子供だった当時は聖火リレーを観にいきたかった訳ではなく、多分教師の“滅多に見られない聖火リレーを見せてあげよう”という心遣いだったのだと思う。

でもね。。。
子供心には、何のために外に出たのかも解らず、ただ日の丸の小旗を振って人が走るのを見ていたに過ぎない。
それも“人”が私の前を通るのは、ホンの一瞬。

その頃の私は、オリンピックの意義すら知らない子供だった。。。(^^;
でも、それから30年以上を過ぎても“聖火リレー”の意義を見出せない。
“オリンピック”の意義を“宣伝”しなければならなかった時代ならイザ知らず、オリンピックが4年に1度のスポーツ産業の大品評会になっている今どきのオリンピックに“聖火リレー”の“宣伝”は不要。
であるなら、“聖火リレー”にどんな意義があるのだろう?と思う。

中国の人権侵害問題やチベット問題に目を瞑って開催される事になった今回のオリンピックにおいて、開催直前や開会式直後など色々なタイミングで“中国国内”での反発活動やそれに対する強権発動は想像に難くない。
中国国内、特に北京で開催されるオリンピックであるならば、オリンピック関連行事の数々に、中国が“反民主的”な国家である事を表現する“反発行動”があるのは想像できる事でしょ。
これを想像できないとしたら、それは余程の“お気楽”か中国の民主化政策の詭弁に騙されているのかのどちらかでしょ?
少なくとも“中国”でオリンピックを開催する事を決めたのであればIOCが“聖火リレーの中止”か、聖火リレーで起こりうる反発への対処を考えるべきでしょ。

オリンピックは奇麗事でないことは周知でしょ?
オリンピックは政治と商業に左右されている事は周知でしょ?
だったら、そういうオリンピックを主催するIOCが負う責任は“奇麗事”ではないでしょ?
なにのIOCったら危機感がなさ過ぎるよ。


くだらない政党、政治家が牛耳る日本の不幸。。。

参議院でまた日銀の人事案が不同意になったらしい。
不同意になったのは、前財務省財務官で今は一橋大大学院教授の渡辺博史氏の副総裁。
民主党が相変わらず「財務省出身者はまかりならん」と言ったらしい。
一見、「不同意なることが解っていて、何故自民党は財務省出身者に拘るのか」とも思われそうだけど、今回は事前に自民党と民主党の幹事会で了承された人事。
“話し合い”の場で了承された人事を、鶴ならぬ一郎クンの(天の)一声で覆ってしまうなんて、民主党はどういう党なのか?
国際会議の場に政府高官で出てきても唯一無二の決定を持つ将軍様が首を縦に振らないので何も決められない半島の北側にある国と殆ど同じだね。
民主党が政権を取ったら、日本は一郎クンの独裁国家になってしまうのだろうか。。。?








それにしても、民主党って人選びの時に、人の所属してきた組織の経歴だけが重要なのだろうか?
実績や手腕などは考慮に入らないのだろうか?

参議院民主党が政府の日銀人事案に反対する事を決めた時、前の民主党代表だった前原クンが「役人経験者を一切認めないというのでは、民主党が政権を取った時に人事が出来なくなる」といったらしいが、まさしくその通りだね。
まぁ、もっとも、民主党をみていると、責任政党として政権を取るなんてつもりはまったく感じられないけどね。


それにしても×2
G7を前にして、金融の責任者が不在という不面目だけは回避できてよかったよ。


“胡散臭い”モノで無いことを祈る

新年度になって1週間。
テレビのワイドショーやニュースショーでは、「新年度からどう変わる」という切り口の報道が多くなされている。

でもね。。。

何度聞いても、イマイチよく解っていないのが「メタボ検診」。
いや、色々な“ショー”で説明してくれているんのだろうから、“仕組み”や“運用形態”を良く解らないと思うのは頭の悪い私1人なのだろうと思う。

で、これはどういう人が対象なのだろう?
って、基本的過ぎる疑問。。。(^_^;
一応40歳から74歳が対象者だと言われているけど、これは国民健康保険に入っている人も企業等の健康保険組合に入っている人も、そういった人たちの配偶者も対象なんだよね。。。?
で、そうなるとどうやって検診を受けるの?
大きな健保では、毎年の健康診断程度の年齢に達した人の検査項目を追加して“メタボ検診”を行うのだろう。
でも、中小企業が加入する“連合体”が主体の健保では、毎年の健康診断でさえ厳密には行っていない例が多いし、どの診断メニューを受けるのかは受診者の選択によるのだから“メタボ検診”への強制力も薄いだろう。
国保の人たちは更に。。。

って言うか、個人的には健保の健康診断(現状のもの)との違いが解らないのよね。。。
確かに、健保の健康診断では皮下脂肪や内臓脂肪を計測している訳ではないけど、少なくとも私が入っている健保の健康診断では“成人病検診”という項目がある。
成人病予備軍の早期発見の為の検査だと聞いているその“成人病検診”と“メタボ検診”との棲み分けが解らない。
で、この“成人病検診”には強制力はないけど、“メタボ検診”には強制力があるの?

また、私の健保では、検診では詳細までの診断はせずに“疑いがある”と言って2次検診を受けさせられる。
指定機関で受診すれば2次検診も費用は健保が負担してくれるのだけど、その結果は“(個人負担の)有料”で聞きに行かなければならい。
通常の健康診断は結果を会社へ通知してくれるが、2次検診の結果は会社への通知ではなく個人への面接通知らしい。。。
検診(というか、検査)から結果の通知までが“2次検診”だと思うのだけど、医療機関の台所事情のせいなのか中途半端な費用負担(請求)になっている。
この辺りは、“メタボ検診”ではどうなっているのだろう???

国が旗を振る事業で、仕組みと費用負担がすっきりと理解できないものには“胡散臭い”モノが多い。
この“メタボ検診”が業者や医師会との癒着の結果の“胡散臭い”モノで無いことを祈るわ。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top