Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

能天気すぎる。。。(^_^;

日銀総裁が空席になる公算が高くなってきた。

先週の武藤氏の不同意を受けて出した新人事案が国際協力銀行総裁の田波耕治氏。
田波氏も先の武藤氏同様、旧大蔵事務次官。
武藤氏を「財務省事務次官の経験が怪しからん」と言った民主党に対して、旧大蔵事務次官の田波氏を提案するなんて康夫っちやるなぁ~(苦笑)
康夫っちは、福井総裁の任期切れの前に日銀総裁を確定する気があるのか?ないのか?。。。

一方の民主党も、「財務(大蔵)事務次官の経験が全て」と言うような判断基準でいいのなか?
「新日銀総裁に田波氏を」という速報を受けての民主党の反応は「田波氏は武藤氏と同じ経歴を持ち、党としては難しいとの判断がある。国際金融もこなせないのではないか」(鳩山由紀夫幹事長)だった。
経歴だけが全てか?と言う以前に、“経歴”を言うなら、1996年7月から内閣官房で内政審議室長を務め、2005年4月からの日銀審議委員を勤めている。
経済統計が専門というか得意分野で、経歴から住宅市場や不動産バブルの分析にも精通している。
実際、アメリカのサブプライムローン問題発生後は、米経済への影響の深刻さを国内の専門家の中でもいち早く指摘していた。
そういう“政策通”の人物を、「旧大蔵事務次官だったから」という理由で否認するのはどうなのか?と思う。
単に「“反対”のための“反対”」に過ぎないと思われても仕方がない。

実際、“民主党の反応”が報じられた直後の私の職場のオジサマたちの会話は、
「民主党って、本当に政権を取る気があるのかなぁ?」
「そりゃ、当然ないだろう。」
「首相も日銀総裁も国民投票にすればいいのになぁ。」
「ついでに、野党第1党の民主党の党首も国民投票で選びたいなぁ。」
と。
康夫っちの政治オンチ、経済オンチぶりにも呆れ気味ではあるけど、民主党の責任感の無さへも呆れ気味。

与党党首も野党第1党も、こんなゆる~い感じに政治姿勢だというのは、日本が“平和”って事なのか?。。。(^_^;
っていうか、今の国際情勢、国際経済情勢を考えたら、日本の政治って“能天気”過ぎないか?(恕)

要するに“格差是正”の為の利益再配分に過ぎない

東京都議会では「新銀行東京」への追加出資案でもめている。
昨日は徹夜で審議が行われたらしい。
って、徹夜仕事なんて私にはちょくちょくある事だから、徹夜ゆえに“大変ね”とは思わないけどね(笑)


しかし。。。
「新銀行東京」って、そもそものビジネスモデルが銀行として“儲ける”ものではない。
寧ろ、経営破綻が近い企業に対しての“資金援助”が主目的で、簡単に言うなら“(格差批判をかわすための)バラ巻き”機関でしょ。
そもそもが、儲かっているところから税金をと“吸収して”儲かっていない企業へ資金を“再配分”するための機関だったでしょ?

新銀行東京の設立目的で営業方針である「他の金融機関では融資を受けられないような(不良債権になりうる)企業へ無担保で融資する」というのは、融資先が破綻するのは当然“折込済み”のハズ。
融資先が不良債権となって経営破たんしたとしても、新銀行東京の融資そのものは融資先企業への“(延命)支援”だったハズでしょ?
そういう企業へ“延命措置”をするのがそもそもの設立趣旨だったのでしょう?
そういう意味では、新銀行東京という銀行は民主党や社民党、共産党がいう“弱者支援”の為の(融資)機関だと思っていたよ。
そんな“銀行”なんて“儲ける”企業であるはずもなく、ただただ弱者に資金援助するための(資金つぎ込みの)公的機関だと思っていたけど?

私は新銀行東京をそういう“機関”として捉えてきたから、今頃になって“税金を赤字企業につぎ込む事に(説明)責任を取れ”という論調に違和感を感じる。
そもそもが赤字覚悟(当然)で、生き死にの瀬戸際にある“企業を救う”為に作られた銀行。
“銀行”とは名ばかりで、資金(=税金)を垂れ流しにするための“機関”だったハスでしょ?
それがある年月を過ぎて(援助・分配)資金が枯渇したからといって、枯渇した原因を追究されるのはオカシイんじゃないの?
最初から“既存銀行に見捨てられた(破綻間際の)企業に支援・融資する”と言っていたわけだから、融資の回収は二の次で破綻企業を1日でも延命できることに存在意義があるのだと思っていたし、東京都議会もそれを前提に銀行の設立(融資)に同意していたのだと思っていたよ。
今頃、慎太郎君の責任を云々するのは、ある意味議会による都知事への責任転嫁に過ぎないと思うよ。
そもそも、“弱者救済”の(美)名の元に、そういう“資金援助団体”を設立させた事(それを承認した機関・議会)に責任があるんじゃないのかなぁ。。。
そうでなければ、そういった“機関”を潰すための“条件”を予め決めなかった行政や議会の責任だと思うけど?


この件で、都知事である慎太郎君だけを非難するマスコミにも辟易。
マスコミだって少なからずこの銀行のコンセプトには設立当初から疑問を持っていたハズ。
それなのに、その頃の“反対”より今の“反対”の方が論調が強いのは気のせいかしら?

少なくともこの件に関しては、こんな銀行の設立を都議会が許したことは“都民の意思”なのだから、今更部外者が非難することではないと思う。
この件に限って言えば、東京が日本の首都という意味で“国民全体に関係がある”というような事案ではなく、都民が利益の再配分と弱者救済に対する慎太郎君の手法に納得していればいい事だからね。
それこそ、“全国版”のテレビニュースでトップ記事になるような事案ではないと思うよ。

行き過ぎだよ。。。

円が高騰している。
いくらアメリカ経済が弱いからといって、1ドル99円は日本の経済の実態を表しているとは言えない。
まぁ、事実、ユーロなど、対ドル以外はさほど高い訳ではないのだけどね。


仕事柄、外国為替を目にする事が多い。
外国の商品を得意とする私は、システムのテストをする場合でも為替を入力する事が多い。
テスト結果をエンドユーザに提出する事が多いので、為替なんかも単なる“数値”ではなくそれらしい数値を入力しなければならない。

少し前(って、どの位前?って感じなんだけど。。。(^_^; )まで、ドルには“123円”を使っていた。
今年に入って110円、105円、103円とどんどん高くなって、いつの間にか99円。
私が知る限り20年近く前に84円まで行った事があるけど、それでも99円は行き過ぎだよ。。。


そう言えば。。。
もう15年位前になるかな。
あるシステムを作るのに、為替の誤入力チェックをどうしようかという話になった。
当時、為替はかなり乱高下していて、前日比○%というようなチェックでは追いつかない感じだった。
ただ、少なくとも前日の倍や半額になることはないから、上200%を超えない、下は50%を切らないというチェックでも現実に追いつけるか?と言う感じだった。

当時のコンピュータシステムは、データの個々に対してデータの“大きさ”を定義する必要があった。
為替に関するデータ項目は300円が上限値だと思っていたので、「整数部は3桁」と定義してユーザを話をした事があった。
その時のユーザは私より一回り年上だった。
「今は100円台を超える事は少ないけど、以前は(1外貨が)900円を越えた通貨があったから取り合えず1000円まで入力できるようにして欲しい。」と言われた。
1ドルが360円の頃に900円台だった通貨(ポンド)があると知ってビックリした。
円が高くなって、何故だかそんな昔の事を思い出した。


最近、思い出話が多いのは私の精神状態が“疲れて”いるのか、単に“老化”したのか。。。(^_^;
“ただただ昔を懐かしむだけ”の老人にだけは成りたくないとは思っているのだけどねぇ。。。


“政局”の名の下に“日本”を壊す野党。。。

参議院で日銀総裁・副総裁の3人の人事案の内、武藤総裁と伊藤副総裁の2人の人事案が承認されなかった。
日銀理事の人事案という事案の関係から野党が代案を出す必要は勿論ないのだけど、だからといって闇雲に“反対”するのが“野党の仕事”だとは思わないけどなぁ。。。
今回の“不同意”は、少なくとも海外からは「日本の民主党は、日本が置かれている国際的な役割を理解していない」と評価されるんじゃないかな。


民主党の鳩山幹事長は「国民にとって、日銀総裁の空席はよろしくないとの判断はわれわれもしている」と言ったらしい。
その上で、「(総裁任期が切れる)19日までに(後任総裁を)決めたいということで政府・与党がまったく策がないという話になったときに党首会談を100%固辞するつもりはない」なって言ってみたりするけど、別の場所では直嶋政調会長が「同意人事は政党同士で話し合って決めるものではない。あくまでも内閣が国会に提案し、国会が判断するもの」なんていってみたりする。
民主党の本心は何処にあるのかね?というか、民主党は“反対”の為の反対をしなければならないのだから“政党同士の話し合い”なんて持っての外でしょ(苦笑)
しかし、民主党の“存在意義”って反対の為の反対をする事ではないと思うし、それをする事で自らの存在意義を貶めていると思うのだけどねぇ。。。


民主党が“反対の為の反対”をするならと言う事で、一方の与党といえば、「参院が(人事に)拒否権を持つ事態は法の不備だ」(公明党北側幹事長)と、国会同意人事も“衆院の優越”を認めるよう制度見直しを提言している。

実は、民主党はかなり以前から武藤“総裁”には反対していた。
確か、一郎クンが党首を投げ出した騒動があった頃には顕著だったし、それ以前の武藤氏が副総裁になる頃から民主党というか一郎クンは、武藤氏が財務省出身と言う経歴から「日銀の独立性・中立性が保てる保障が無い」なんて言っていた。
でももう5年も武藤氏は日銀の副総裁だった訳で、その間の5年もの間、藤氏故に日銀が財務省からの独立性を保てなかったという事案があるのか?
寧ろ、このまま行くと日銀を初めとする衆参同意人事は「政治からの独立性を保たない」になりそうだよね。
それが日本の為になることなのか否か。。。“政権担当能力のある責任政党”であれば当然解る事だよね。

本当は民主党の幹部が日銀総裁をめぐって“反対の反対”をする事の意味を一番よく知っているハズで、民主党の動きは日本を独立国家として世界から“相手にされない国”に導こうとしているのだろうと思えるし、与党が“ねじれ”国会の運営に手をこまねいている間に民主党は着々とその“目的”を果たしていると言えね。
英エコノミスト誌は既に2月末に「世界第2位の経済が未だに怯えている-政治が問題なのだ」と日本を評している。
記事では「政治の混迷で自民党内の古い勢力の影響力が増し、かつては改革派とみられていた民主党の小沢一郎代表は今や古いタイプの自民党のボスのようだ」と書いている。
改革を行うべき日本にとって、民主党が改革にブレーキをかけ政治を停滞させる最も頭の痛い存在であって、世界から見ても(日本を期待はずれの存在にする)“痛い”存在と書かれている訳だ。
尤も、こんな事、外国のジャーナリストに言われなくても、良識ある日本人ならみんなとっくに気が付いて居る事なんだけどね。。。(^_^;


世界からも日本国内からも信用されなくなった日本の経済は低迷を続けている。
日経平均は此処暫く12000円台から抜け出せずにいる。
市場では「サブプライム問題の直接的な損失が少ないにもかかわらず日本の株価が欧米などより大きく下落しているのは、世界経済の変調に危機感の薄い政治も影響している」と言われているらしい。
確かに、これが世界における日本の政治への評価そのもので、政治が経済の足を引っ張っている証左。。。(-_-;

どちらがおトク?(苦笑)

経済的に困窮している訳ではない人の年金滞納が35%。
これが大きすぎる数字なのか、意外に少ない数字なのか、受け取り方も人それぞれなんだろうね。


<国民年金>滞納者25% 「経済的に困難」65%も

3月10日20時8分配信 毎日新聞

 社会保険庁は10日、自営業者らが対象の国民年金の保険料納付状況などを調べた「05年国民年金被保険者実態調査」の結果をまとめた。免除者らを除く保険料滞納者は全加入者1896万3000人の25.4%にあたる481万9000人で、02年前回調査より7.2ポイント(155万2000人)増。滞納理由のトップは「経済的に支払いが困難」の65.6%だが、「年金制度の将来が不安・信用できない」も14.8%を占めた。

 滞納者とは過去2年間の納付義務がある月に一度も保険料を払っていない人。年々増えており99年比45%増。年齢別では25~29歳層の滞納率が最も高く、38%となっている。02年度に免除を受ける年収基準を厳しくしたため全額免除者が70万人減って滞納に転じたことや、年金不信の広がり、低所得者の増加などが滞納者数を押し上げたとみられる。

 納付者の年間平均所得が158万2000円なのに対し、滞納者は104万6000円。ただ、納付者の43.3%は所得が50万円未満。一方、滞納者のうち50万円未満の所得の人は48.6%で、両者の間に極端な差はなかった。滞納者の46.7%は生命保険に、7.5%は民間の個人年金に加入しており、両方に入っている人も6.1%いた。

 調査は3年に1度実施し、抽出調査を基に全体数を推計している。国民年金保険料に関しては、納付月数で計算する「未納率」(05年度は32.9%)が一般的だが、滞納率は不払い者の数で計算する。

最終更新:3月10日22時47分


私は、未納者の数値より、年収50万円以下で納付している人の数の多さにビックリ。
年収50万円と言うなら多くは学生なのかもしれない。
それでもちゃんと払っている人が納付者全体の半数近くいるというのは、彼らの親御さんがかなりしっかり育て居るからなのだろうと思う。
逆にそれなりに収入があっても義務すら果たさない人もかなりいるからね。

知り合いの中には、自分の子供には「将来の年金なんて期待できないのだから、あなたは年金を納付しなくてもイイ」という人に、自分の将来の年金が減る事に不満を言う人が多く居るもの。

でもねぇ。。。
年金って貯蓄ではなく世代間扶助の制度なのだから、「将来もらえないかもしれないから今も払わない」ではなく、「今、払わなければ、自分の親がもらえない」のよ。
寧ろ、子供が年金を納付して居ない親御さんの年金を減らした方が年金の納付率があがるような気がするよ。
だって、自分ひとりで両親を扶養するより、年金を納付した方が安上がりだもの。
月々1万4千円(今年度)を払って両親(夫婦世帯)が月に13万円ちょっとの年金をもらえるのなら、自分が両親の生活費の全てを負担して扶養するより安上がりでしょ。
イマドキ、どんな貯蓄も1ヶ月で10倍にはならないよ。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top