Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

星座の浪漫

高松塚天文図で「未知の星座」 35年ぶり発見捕

11月30日21時45分配信 産経新聞

 高松塚古墳(奈良県明日香村)の石室天井に描かれた天文図について、文化庁は30日、新たに8個分の星の痕跡が見つかったと発表した。「未知の星座」の可能性が高く、昭和47年に壁画が見つかって以来、35年ぶりの新発見となった。高松塚の天文図には描かれていないと考えられていた「北斗七星」などの可能性もあり、同庁はさらに調査を進める方針。
 この日、東京都内で開かれた高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会で報告された。
 天文図の星は直径1センチの金箔(きんぱく)で表現され、これまで125個分を確認。北極を中心に、四方に各7個の星座が規則正しく配置していると考えられてきた。
 石室解体後、修復施設で石材を調べたところ、星座「奎(けい)宿」と北極の間に星4個分の金箔の一部や痕跡を発見。合わせて「箕(き)宿」の近くに1個分、「翼宿」の近くに3個分の星の痕跡も見つかった。
 宮島一彦・同志社大学教授(東アジア天文学史)によると、箕宿は今回の発見ですべての星がそろい、奎宿近くの4個の星については北斗七星ではなく「勾陳(こうちん)」などの星座とも考えられるが不明という。宮島教授は「新たな星の発見によって、かえって天文図の規則性が崩れることになり、一気に謎が深まった」と指摘する。
 一方、飛鳥美人像などで確認された下描きの痕跡は、北壁の四神像「玄武」など計6カ所にのぼることも分かった。

最終更新:11月30日21時45分


高松塚古墳の壁画が発見されたのは小学生の頃だった。
かなりセンセーショナルな報道の仕方に、「これって凄いことなのかも?」と思った記憶がある。

ただその頃は余り疑問に思わなかったけど、大人になるにつれ疑問が湧いてきた。
何故、西洋で認識されていた“星座”が極東の日本で“星座”として認識されるのが不思議になってきた。
でも多分“星座”の形は違うのだろうなと、今は思う。
それでも一晩中位置が変わらない北極星だけは、“絶対”なのだろうな。。。

北極星を中心にした星座が北斗七星や大熊座と同じではないにしても、北極星を中心とする星の並びが“星座”として日本でも認識されていたのは確かなんだよね。
古代の日本人に“星座”と言う感覚があったのが不思議で、また嬉しい。
まぁ、古代だと言っても、当時の日本は既に文明国だった隋や唐と交流があったのだから西洋の文化が入っていたとしても不思議でもないか(^^ゞ


それにしても。。。
北斗七星が古代の日本で描かれていたとしたら、それはそれでかなり浪漫を掻き立てる。
そして、現代日本では空が明るすぎてなかなか見つけ難い星だけど、北極星が北半球の何処の地域に住む人にとっても重要な星だったのは確かだったのだと改めて思う。

あぁ。。。勘違い(^_^;

常軌逸した「おねだり妻」 守屋前次官夫婦で逮捕

11月28日16時21分配信 産経新聞

常軌逸した「おねだり妻」 守屋前次官夫婦で逮捕

守屋前次官の前に、ずきんにマスクをした女性がタクシーに乗り込んだ。妻とみられる=東京都新宿区矢来町、28日午前10時
 高級クラブでつけ回し、ブランド品のプレゼント…。前防衛事務次官、守屋武昌容疑者(63)の妻、幸子容疑者(56)が「身分なき共犯」として、夫とともに収賄容疑で逮捕された。妻が収賄罪の共犯として立件されるのは異例だが、山田洋行元専務、宮崎元伸容疑者(69)への“おねだり”は常軌を逸していた。「防衛省の天皇」と呼ばれた夫を尻に敷きながら、求め続けた接待漬け。「逆・夫唱婦随」のたかりぶりは刑事責任を問われることになった。

 幸子容疑者はノンキャリア職員として防衛省に入り、守屋容疑者と知り合って結婚した。
 守屋容疑者の中学・高校の先輩は「幸子さんは武昌と正反対に運動神経がよくて、とても明るい。武昌は幸子さんに引っ張られたんじゃないか。普通は妻が夫の行動をいさめるもんだけど、いっしょにやってたらスキャンダルになるよな」と話した。

 12年前からゴルフを始め、11年前から宮崎容疑者から過剰なゴルフ接待を受けていた守屋容疑者。もともとは幸子容疑者がゴルフ好きで、その腕前はハンデキャップでシングルクラスだったという。

 守屋容疑者をゴルフに誘ったのも幸子容疑者。上達の遅い守屋容疑者がいらだつと、「坊や、カッカしないの!」と子供扱いする場面も。守屋容疑者が官房長に就任し、偽名でゴルフをするようになると、幸子容疑者は旧姓と明るい子という意味を合わせた「松本明子」と名乗っていた。

 守屋容疑者が公務で多忙なときは幸子容疑者だけが宮崎容疑者とゴルフをすることも多く、「宮崎容疑者は幸子容疑者のお守り役だった。幸子容疑者をまるで守屋容疑者本人のように接待していた」(山田洋行関係者)。

 幸子容疑者への接待はゴルフにとどまらない。すし、中華、フレンチ、イタリアン…。幸子容疑者が「きょうはふぐを食べに行きましょう」と宮崎容疑者に率先してたかることもあった。また、高級クラブに友人7、8人を連れてカラオケに興じ、請求書を山田洋行に送るようクラブオーナーに指示。公然とつけ回しをしていた。

 さらに、贈り物のおねだりも。たとえば、宮崎容疑者がフランス出張する際は、フランス製の化粧品やアクセサリーの名前を挙げ、「ほしいのよねえ」と冗談交じりに語りかけ、実際にプレゼントしてもらったという。

 防衛省内には課長級以上の夫人が集まる親睦団体「美鳩会」があるが、幸子容疑者は守屋容疑者の出世に合わせ発言力が増し、守屋容疑者が次官時代は「女帝」として権勢をふるっていた。

 山田洋行関係者は「幸子容疑者は夫に輪をかけて宮崎容疑者にたかっていた。守屋容疑者は恐妻家だったので、何も言えなかったのだろう」と指摘している。

最終更新:11月28日19時18分


職場での地位や役職をプライベートの場に持ち込むビジネスマンも多いけど、夫の職場での役職を自分の地位や価値だと勘違いする妻も少なくないらしいね。
夫が「防衛事務次官」だとしても、自分が「防衛事務次官」だと言うわけではないのにね。。。(^_^;


父は転勤族で住まいは職場から貸与されたものだった。
私が高校3年生になって父が単身赴任するまでは私たちもその“職場から貸与された”家に住んでいた。
そこは、まぁ、大きな会社の社宅のような場所だったから、周り中が父と同じ職場の人の家族だった。
其処にも当然職場の人間関係が持ち込まれる訳で、部下の妻は上司の妻のご機嫌を損ねないような付き合いが求められたようだった。
上司の妻も部下の妻も人間だから、自分たちの人間関係が悪くなった時に夫の職場での立場に影響を与えないようにと気を使うのはある意味当然なんだろうと思う。

でもね。。。
職場外の人間に対して夫の役職を笠に来て物を言ったりおねだりするのはどうなのかな?
夫も常識から外れていると思うけど、妻も一緒になって常識から外れる事で夫の足を引っ張るのもどうなのかなぁ。。。


ビジネスとは“存在価値”

夕方、彼氏からこのニュースへの憤りのメールが来た。

<シューマイ>崎陽軒が製造・販売停止 原材料表示不適切で

11月28日13時13分配信 毎日新聞

<シューマイ>崎陽軒が製造・販売停止 原材料表示不適切で

原材料の誤表示が明らかになり、会見する崎陽軒の川田利明専務(中央)ら=横浜市中区で2007年11月28日午後3時半、野口由紀撮影
 横浜名物のシューマイの原材料表示が不適切だったとして、老舗の「崎陽軒」(本社・横浜市西区)が28日、製造・販売を停止したことが分かった。

 同社によると、「昔ながらのシウマイ」など9種類21品目で、本来、原材料の表示は使用重量の多い順に記載しなればならないのに、タマネギよりも少ない「ホタテ貝柱」を上から2番目に表示するなどしていた。JAS(日本農林規格)法違反の疑いがあるという。【山下修毅】

最終更新:11月28日22時12分


いや。。。私の責任じゃないんだけど。。。(^^ゞ

っていうか、この程度なら、最近の表示偽装に比べると“許せる範囲”だと思ってしまうのが、怖いね。
これだって、れっきとした法令違反なのにね。。。


此処のところ、赤福、船場吉兆に始まってマクドナルドや、ディズニーアンバサダーホテルなどの表示偽装が次々と明らかになっている。

表示に頼らず、消費者が賢くならなければならないのは解る。
でも、加工食品なんて、腐っていない限りは、消費者はその善し悪しを判断できない。
製造者が示す表示を見て判断するしかない。
それがルールに則ってないのであれば、消費者は判断出来ないよ。。。
情報が開示されてこその“自己責任”なんじゃないの???


大学の時、何の授業だったかで「ビジネスとは、モノに付加価値を与える事」と教わった。
付加価値とは顧客に利益を与える事であって、少なくとも顧客を騙すことではない。
顧客との間で「win-win」である事がビジネスであって、顧客を騙すことで利益を得ようとするならばそれは“ビジネス”ではなく“詐欺”でしかない。
そして詐欺や騙しはいずれ顧客に発覚してその存在を失うしかない。

直接関係がないとは言えグループ会社がここ最近の“詐欺”に加担している状況では説得力が薄いけど、京都吉兆の主人が語る「存在価値」を忘れた企業が多いと言う事なんだな。。。
京都吉兆の秘密?

文化財なんじゃないの?

【紅葉落葉】床染める赤 幻想に浸る

11月26日16時48分配信 産経新聞

 丹念に磨き上げた黒い床が色付いている。表面をなぞるように目をこらすと、赤く幻想的に浮かび上がる。床の微妙な凹凸が紅葉の形と色をよりあいまいにさせ、悠然とした趣を引き立てている。

 床紅葉(ゆかもみじ)。京都市左京区の名刹(めいさつ)、実相院で、客殿の床に反射して映り込む紅葉の名前だ。

 外を見るとまだ緑。床は、その上の色付いたモミジをうっすらと映しているのだ。ピークには床一面が真っ赤に染まり、参拝客らは静かに見つめて幻想に浸る。

 「かがんで見るより、立ったまま遠目から眺めた方が直接見える紅葉との対比を楽しめます」と実相院の責任役員、岩谷千寿子さん(55)は言う。

 実は、床に映る紅葉を見いだしたのは一人の参拝客。「床紅葉」としてホームページで取り上げたところ評判になり、全国から観光客が訪れるようになったという。

  ■寺の期待担い赤み増す

 今でこそ全国的な知名度を誇る床紅葉だが、実相院はこれまで、長い「雌伏の時」を送ってきた。

 実相院は1229(寛喜元)年に、藤原兼基の子、静基によって、現在の同市北区の紫野付近に創建された。度重なる戦火で焼失したが、足利義昭の孫、義尊が寺に入り復興。江戸時代初期には後陽成天皇の下で文化的にも繁栄を遂げ、その後後西天皇の子、義延親王が門跡となった。

 かつての栄華を伝える寺宝も数多い。後陽成天皇が記した「紙本墨書仮名文字遣」(重要文化財)や、江戸時代に狩野派の絵師が描いたふすま絵124枚なども残されている。現在の客殿は1721(享保6)年、東山天皇の中宮だった承秋門院の旧殿を大宮御所(同市上京区)から移築したとされ、江戸時代の御所建築を現代に伝える貴重な文化財だ。

 岩谷さんは話す。「ふすまの菊の紋などを見ると、本当に江戸時代は御所だったんだな、と感じる。建物の雰囲気もほかの門跡さんとは違うとよく言われます」

 しかし、華やかな歴史と比べ、寺は長年にわたり苦しい所帯を強いられている。事実、一歩境内に足を踏み入れると、かつて貴人を迎えた御車寄せや、拝観の玄関には物々しい鉄骨や木の支柱が目につく。築約300年を経過した客殿は、ふすまの間にすき間ができるなど、建物の傾きが目立ち始めている。

 「お金を借りて建物を維持しているのが現状です。後世のために修復をしなければならないと考えているのですが…」と岩谷さん。

 理由は、ふすまや客殿がいまだ文化財指定を受けておらず、檀家(だんか)もいないためだ。現在は参拝客に寄付を募ることで、修復への道を探る日々を過ごしている。

 「ありがたいことに床紅葉のおかげで、ここ数年は多くの方が帰り際に寄付をくださいます。『突破口』といってもいいかもしれませんね」

 客殿の床は、人に知られぬまま毎年、紅葉を映していたに違いない。今は、秋の深まりとともに、寺の期待を担って赤みを増していく。(文・森川潤)

最終更新:11月26日16時48分


京都好きの私は、当然、実相院にも行ったことはある。
調べてみたら、2003年の11月だからもう4年も前の事になるのだけど。。。(^^ゞ

門跡寺院だけあって、立派なお寺だった。
実相院には手紙を初めとして貴重な資料も勿論あるのだけど、そんなに大きくないけれど3つあるお庭だってすばらしい。
その内の1つのお庭の紅葉が黒く光る床に反射するのが「床紅葉」

実相院床紅葉1

実相院床紅葉2


この床紅葉は天気が良い日でないと観られないらしい。
私が訪れた日の天気は不安定だったけれど、この時は計ったように天気が良かった。
それでも室内ですした写真はこの程度で、その日の紅葉の美しさは写しきれてはいない。

お寺が設定している拝観“順路”を進むと、最後に出会うのがこの“蹴鞠の庭”。

実相院蹴鞠の庭

枯山水のこちらのお庭は少し雨がそぼ降る日の方がしっとりと美しいらしい。
この日は天気が良く変わる日で、私が客間の床紅葉を観て、寺宝を拝見している間に雨が降り出した。
この時間帯にはちょうど雨が降り出していたお陰でどちらも丁度良い“日加減”で観ることが出来たのよね。


この実相院が、仁和寺に負けない重厚さと上品さのあるお寺なのに、国からの文化財指定がない事が理由で修復がままならないのは残念。
個人的には、好きなお寺に観光客が多いのは好まないけど、観光客が増える事で一般に認知されてお寺の維持管理に寄与するのであれば、多くの人に訪れてほしいなと思う。


って、いうか、こういう寺院は文化財として“指定”してもバチは当たらないと思うのだけどね。。。

休みが増えると女性の負担が増える?

連休増、女性がより否定的=秋のGW、6割が反対-中央調査社

11月22日16時1分配信 時事通信

 男性よりも女性の方が連休の増加に否定的-。世論調査機関の中央調査社(東京)が22日公表した祝日に関する調査で、こんな結果が出た。同社は「女性は休みが増えても、家事が増えるからではないか」としている。
 調査結果によると、祝日を月曜日に移して3連休にする「ハッピーマンデー」について、男性は「好ましい」が54%で「好ましくない」に15ポイント差を付けたのに対し、女性は「好ましくない」が45%と「好ましい」を1ポイント上回った。
 秋の祝日を11月上旬にまとめる「秋の大型連休」構想については、全体の63%が「取り入れない方が良い」と回答。男女とも否定意見が肯定意見を上回ったが、両者の差は男性が22ポイントだったのに対し、女性は44ポイントもの開きがあった。
 年間の祝日の日数については、全体の73%が「今のままで良い」と回答した。
 調査は10月、全国の20歳以上の男女を対象に戸別訪問を行い、1347人が回答した。 

最終更新:11月22日17時21分


この記事で気になったのは、

> 同社は「女性は休みが増えても、家事が増えるからではないか」としている。

の部分。


どこかのリゾート施設のテレビCMで、夫が定年退職して家にずっと居るようになると妻の負担が増えるから妻をねぎらう為にリゾートへ出かけようと言うようなCMが流れていた。
私はこのCMがとってもキライ。
何故、夫が家にずっといたら妻の(家事)負担が増えるの?
夫って家にいたら何もしなくてよい存在?
夫が仕事をしている時なら専業主婦の妻が多くの家事をする事はあっても、仕事もしないで家にいるなら家事ぐらいしなさいよと思う。
お客さんじゃないのだから。
この調査の結果の分析で「女性は休みが増えると家事が増える」と分析している人もきっと奥さんに家事を押し付けているのだろうな。

まぁ、私の周りの男性を見ても、独身時代は独り暮らしをしていたのだから最低限の家事はできるだろうに、結婚したとたんに家事能力がなくなってしまう人も少なくないものね。。。




Continue reading

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top