Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

なんか狂っている。。。?

今日はニュースクリップだけ。

小学校301時間、中学360時間増=主要教科-新指導要領の審議まとめ・中教審

10月30日18時2分配信 時事通信

 学習指導要領の改定作業を進めている中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の教育課程部会は30日、改定に関する「審議のまとめ」で、国語や算数・数学、理科など主要教科の授業時間数を小学校で301時間、中学校で360時間増やすことを決めた。現行と比べ、小学校約10%、中学校で約12%増。「ゆとり教育」と授業時間削減の反省点を挙げ、学習内容も拡充する。
 1980年度以降、減少を続けた授業時間は約30年ぶりに増加へ転じ、「総合的な学習の時間」を削減して、ゆとり教育からの路線転換が図られる。
 中教審は来年1月をめどに、文科相に答申するが、今回のまとめとほぼ同じ内容となる見込み。文科省は今年度内に改定指導要領を告示し、2011年度から実施する予定。 

最終更新:10月30日20時1分

新指導要領では、これまでより“総合学習”の時間が大きく削られている。
学力増強の為の授業時間を確保するためというのがその理由なのだけど、学力の低下は“総合学習”が原因だったのか?
“ゆとり教育”と言って、学校教師が教える時間を減らし、時間が減ったのを理由に“教える”品質を確保しなかったのが原因では?
“教える”品質を確保する術を失った教師から教わるのでは、このまま時間数だけ増やしても子供の学力は伸びないと思うな。


富士通もゴルフ接待 守屋前防衛事務次官

10月30日8時1分配信 産経新聞

 山田洋行元専務らから接待を受けていた守屋武昌前防衛事務次官が、「富士通」(東京都港区)元幹部(64)からも長年にわたりゴルフ接待を受けていたことが29日、わかった。関係業者とのゴルフを禁じた自衛隊員倫理規程の施行後も7回プレーし、富士通の社員らの名前でプレーしていたという。

 富士通によると、ゴルフ接待していたのは、富士通子会社で電子機器メンテナンス会社「富士通特機システム」(川崎市)の顧問。富士通在籍中の昭和63年から平成11年までに年1、2回ペースで接待。平成12年4月に同規程が施行されたが、富士通特機システムの社長に就任した13年7月から16年9月にも計7回、東京近郊で一緒にプレーしたという。

 1回のプレー代は約2万5000円で、プレー後の飲食代も富士通側が全額負担し、守屋前次官を自宅からゴルフ場まで社用車で送迎していた。

 富士通の社内調査に対し、顧問は「守屋氏に口利きなどの仕事を頼んだことはない」と説明しているという。

最終更新:10月30日9時53分

富士通と言えば、防衛庁のシステムを請け負っている大手のSIerの1つ。
情報漏えい事件を起こしているからこれは既に秘密でもなんでもない。

しかしなぁ。。。
そんな会社でさえ事務次官を“接待”しているのだから、他の重工系の○防企業だって軒並み接待しているんじゃないの?
未だ暫く“接待”問題が出てきそうな予感。。。(^_^;

新時代の駅中

東京駅の中に今日オープンしたGranStaへ行った。
“行った”と言っても、通勤で使っている駅なのだから通っただけで、わざわざ行った訳ではない。
それにしても、お惣菜、駅弁とイートインの食品店、スタントバーがあるだけなのにものすごい人出。
どのお店も、「最後尾はここです」の看板が立っている。
みんな新しいモノが好きなのね。

GranStaはStoneゾーンとWoodゾーンに分かれている。
そのネーミングの通り、床や壁面のインテリア(と言うのかな?)を設えてあって駅の中というのを忘れさせる雰囲気。
地下だけあって電車の通る音もしないし、デパートの地下のようだわ。
中に1店舗だけ雰囲気の違う店がある。
どうもここがALL Aboutが出しているイベントの特別店舗らしい。
中央付近が十字になっていて、片側が待ち合わせスペースというのかベンチが並ぶスペースで、反対側がコインロッカーのスペース。
路線の関係で私がここを使うことは滅多にないだろうけど、旅行で東京に来る人、東京から出かける人には便利だと思う。

丸の内から八重洲へ東京駅を抜ける地下道に作られたGranStaの八重洲側の終着地点に銀の鈴が飾られている。
記憶にあるものと違うなと思ったら、今回新しく作られたものらしい。
銀の鈴としては4代目なのだとか。

4代目銀の鈴

足元を見ると地図が描かれている。

GranSta床

ちょっと古い表記を見て江戸時代の古地図?と思ったら、どうももう少し新しそう。
町割りを見ると明治や大正でもなさそうな。。。
表記を見るとなんとなく戦前かなとも思う。
いつの時代のものなんだろうか?

盗人に負い銭か?盗人猛々しいか?

<金大中事件>韓国が報告書 KCIAの組織的犯行認める

10月24日11時31分配信 毎日新聞

 【ソウル堀山明子】韓国野党のリーダーだった金大中(キムデジュン)氏(後に大統領)が73年8月に東京都内のホテルから拉致された事件について韓国国家情報院の真相調査委員会は24日、当時の国家情報機関・韓国中央情報部(KCIA、現在の国家情報院)の組織的な犯行だったとする報告書を発表した。韓国政府の諮問機関がKCIAの事件関与を認めたのは初めて。日本政府は(1)主権侵害に対する公式な対応(2)捜査当局による関係者の聴取--を求める立場だが、韓国政府当局者は「調査委報告は政府見解ではない」と主権侵害認定には慎重な姿勢を示しており、外交問題化する可能性が出てきた。

 金大中氏の広報秘書官は24日、論評を発表し、報告書について「真相究明のためにそれなりに努力したと評価する」と述べる一方、「結論で優柔不断な立場を見せている」として遺憾の意を表明。また、日本政府は犯罪の証拠があるのに捜査を放棄し、韓国政府も隠ぺいしたと指摘、両国政府がともに「国民と世界に大きな過誤を犯した」と非難した。

 事件直後、拉致現場からKCIA所属とされる金東雲(キムドンウン)在日韓国大使館1等書記官(当時)の指紋が検出された。しかし、韓国政府はKCIAの関与を全面否定したため、2度にわたる日韓両政府の政治決着を経て金書記官は不起訴処分となり、韓国側捜査が打ち切られた。KCIAの関与を認めた報告書は政治決着の前提を覆すことになる。

 調査委は、事件に関与したKCIA職員ら27人を対象に、健康上の理由や死亡者を除く11人から事情聴取。金元書記官からも事件への直接関与を認める供述を得た。

 報告書は、李厚洛(イフラク)KCIA部長(当時)が「拉致工作を指示したことは疑いの余地がない」と断定。朴正煕(パクチョンヒ)大統領(同)の直接指示を裏付ける証拠はないが、「指示した可能性は排除できず、少なくとも暗黙の了解があった」との判断を示した。目的は、初めは殺害工作として推進されたが、状況変化により拉致目的に変った可能性があると指摘した。

 調査委は報告書で、韓国政府が被害者の金大中に対し、公式謝罪と名誉回復の措置が必要との見解を示した。一方、日本の主権侵害に対する謝罪には触れず、むしろ日本政府が韓国政府との政治決着を通じ「真相究明ができない結果を招いた」と遺憾を表明した。

 韓国政府高官は24日、毎日新聞に「調査委報告の次元で終わらせ、外交問題化にしたくない」と述べており、主権侵害認定と日本政府への謝罪をめぐり日韓政府間の攻防が予想される。

 調査委員会は04年11月、2年任期(後に1年延長)の官民合同の内部調査組織として発足。過去の政権の不正を追及する盧武鉉(ノムヒョン)大統領の歴史清算事業の一環で、大韓航空機爆破事件(87年)など6件の公安事件も調査した。盧政権は金大中事件に関する外交文書も06年2月から3回公開し、金元書記官の不起訴処分は日本政府側の妥協案だったことを示す日韓政府高官会談議事録など、日韓政治決着に至る交渉経緯を明らかにした。

最終更新:10月24日13時35分


金大中事件があったのは私が小学生の時。
金大中事件は、小学生も知っている、当時の日本を騒がせた事件であるのは確か。
金大中元大統領が日本に入国した経緯、いつの間にか出国して韓国で保護された事実を考えて、当時の小学生でも韓国政府の関与は想像できた。
まぁ、尤も、私が当時読んでいた子供向け新聞は毎日新聞系のものだったから、毎日新聞に誘導されたのかもしれないけどね(笑)


韓国政府のこの発表に関しては当時の当事者には色々な思いがあるだろうな。
金大中事件:「いいかげんに終わらせるな」…佐々氏ら


 初代内閣安全保障室長・佐々淳行さん(76)は当時、警察庁外事課長。「今ものどにトゲがささったまま」だという。国会でも頻繁に取り上げられ、佐々さんが答弁した回数は240回に上る。
 「実は、金大中氏が日本に入国していることすら知らなかった」。佐々さんは言う。理由は金大中氏が日本側の警備を断ったためとされるが、発生当初は「KCIAと日本の警察が共謀して誘拐した」とさえ言われ、拉致を防げなかった警察は批判された。
 「だからこそ、事件をいいかげんに終わらせてほしくない。警察は妥協していないという姿勢を示したほうがいい」と悔しさを隠さない。

金大中元大統領は1993年に来日した際に警視庁の事情聴取に応じ、被害届を提出している。
犯人が日本国内に居なかった状況では、この事件は未だ時効にはなっていない。

一方、

<金大中事件>韓国、世論対応に苦慮

10月25日3時2分配信 毎日新聞

 【ソウル堀山明子】韓国青瓦台(大統領官邸)の千皓宣(チョンホソン)報道官は24日、73年の金大中(キムデジュン)氏拉致事件を韓国中央情報部(KCIA)の組織的犯行と断定した韓国国家情報院の真相調査委員会報告書について「社会的な議論が起きて、青瓦台が立場表明する問題があれば明らかにする」と述べ、日本政府への抗議は韓国国内世論を見守りながら、慎重に検討する姿勢を明らかにした。金大中氏本人や市民団体から政治決着を図った日本政府に対する責任論が浮上しており、主権侵害に対する謝罪には慎重になっている。

 千報道官は警察庁や国防省でも過去の事件の真相調査が進んでいることに触れ、「各機関がそれぞれの判断でやっていることで、発表内容にいちいち青瓦台が論評するのは望ましくない」と述べた。政府諮問機関の判断に対し、韓国政府が措置を講じる必要はないという二重基準といえる。

 日韓の外交当局は、報告書発表時の対応について、(1)発表と同時に柳明桓(ユミョンファン)駐日大使が説明し日本政府は抗議(2)月内に本国訓令を受け、柳大使が高村正彦外相に対し公式謝罪--という「2段階方式」で主権侵害問題を実務的に処理するシナリオを模索していた。主権侵害の事実を認めれば国際法上、公式謝罪は不可避との共通認識が外交当局間にはあった。

 ところが、民主化運動活動家らが加わる調査委には「日本政府も事件後の隠ぺいに加担した責任があり、韓国政府が謝罪する必要はない」(調査委メンバー)との認識が強い。報告書には日本政府への遺憾表明も盛り込まれたため、謝罪を促す圧力にはならなかった。

 公式に謝罪するシナリオは発表前夜まで模索されたが、最終的には金前大統領が事件の幕引きを望んでいないことが確認され、青瓦台は謝罪に慎重になったとみられる。

 金前大統領側が24日発表した論評は、日韓両政府の責任を指摘。金前大統領の救援運動をしてきた「拉致事件真相糾明のための市民の会」(代表・韓勝憲(ハンスンホン)弁護士)は「真相を隠ぺいした日本政府は、被害者と韓国国民に謝罪すべきだ」と訴える声明を出しており、韓国世論が日本政府への謝罪論に向かう雰囲気は醸成されていない。

最終更新:10月25日3時2分


韓国が日本に謝りたくないのは解った。
謝りたくないが為に色々理屈と、理屈の“根拠”を練った事も解った。
でも、韓国政府の対面を保つために、日本政府が主権侵害に関わる韓国政府の犯罪を深く追求しなかったのを逆手に取って「日本政府も隠蔽に加担した」とはどうなのだろう?と思う。
日本は韓国という飼い犬に手を噛まれたのか?
いや、“飼い犬”と言うのは韓国に失礼ね。

日本政府は実質的に“盗人に負い銭をやった”のかもしれないけど、追い銭をやったつもりのない善意の日本としては韓国を“盗人猛々しい”と感じるだけ。

つくづく思うのは、「韓国も北朝鮮とあまり違いはないのね」の一言だわ。

李下に冠を正し、瓜田で靴を直す人たち 。。。(^_^;

「李下に冠を正さず、瓜田に靴を直さず」
高校生の漢文の授業で教わった言葉。
官吏向けの孔子の言葉だったと思うけど、「無実であっても疑われる事をするな」という意味であると教わった記憶がある。


防衛商社「山田洋行」 元専務、特別背任の疑い 地検聴取 守屋前次官と関係」

10月19日8時1分配信 産経新聞

 老舗防衛専門商社「山田洋行」(東京都港区)から独立した元専務(69)らのグループが、山田洋行在職時に不透明な会計操作を行い、不正支出を行っていた疑いがあることが18日、関係者の話で分かった。山田洋行は、元専務らが新たに設立した防衛専門商社「日本ミライズ」(同)の幹部らに対し、計約15億円の損害賠償を求める民事訴訟も起こしている。東京地検特捜部も一連の経緯に着目しており、特別背任の疑いで、すでにミライズ社の幹部ら関係者から事情を聴いたもようだ。

 関係者によると、元専務は山田洋行在職時に、米国の防衛重機メーカーや旧防衛庁(現防衛省)に対する営業活動や政界工作で中心的な役割を担っていた。守屋武昌前防衛事務次官ら防衛省幹部とも近い関係にあり、十数年にわたり、ゴルフや飲食接待を行っていたという。不正支出の一部はこうした接待の原資になった疑いもあるという。

 山田洋行は昭和44年、不動産会社の一部門から独立する形で設立。防衛専門商社として航空分野での業績を大きく伸ばし15年ほど前から米国の大手軍需メーカーから代理店指名を受けるようになった。現在では、大手商社やメーカーがひしめく防衛産業の中でも、大きな地位を占めている。

 しかし昨年6月、元専務が退社し、9月に同社社員数十人とともにミライズ社を設立。関係者によると、その後、ミライズ社幹部が、山田洋行在職中に不透明な会計操作を行い、不正支出を行っていた疑いが判明したという。

 山田洋行は、航空自衛隊次期輸送機(CX)の新型エンジン納入をめぐって、代理店契約を結んでいた米国ゼネラルエレクトリック(GE)社などを担当する社員らがミライズ社に多数移籍したことから、「違法な手段でCXエンジンの取引先を奪おうとした」などとして猛反発。昨年10月と今年2月までに元専務らミライズ社員を相手取り計15億円の損害賠償を求め東京地裁に提訴し、移籍した一部元社員の退職金の返還を求める訴訟を起こしている。

 特捜部では、元専務らが山田洋行に在籍していた時点で、関連会社の合併などをめぐって不正な会計処理を行った疑いがあるとみて、両社の幹部からすでに事情聴取を行ったもようだ。

最終更新:10月19日8時1分


今は未だ断定は出来ないようだけど、瓜田で靴を直すのではなく瓜を盗んでしまったと断定できそうだ。
そして、今「靴を直したのでは?」と言われているのが、初代の防衛省大臣で、守屋元事務次官が部下として使えていた久間クン。
どっちもどっちだね。。。

本来なら、久間クンこそが守屋元事務次官を糾すべきなのに、自らも接待を受けたのだものね。
未だ「接待を受けた」と明確には言わないけど、「詳細を覚えていないけど、お金を出していないことは確か」と言っているのだから、接待を受けたのは間違いないと認めていると同義だよね。
って言うか、「覚えていない」のに「お金を払っていないのは確か」と言うのは、いつも「お金を払っていない」って事?
国会議員がそんな事していてイイんだっけ?
久間クンって失言癖だけじゃなくて、モラルレスな人だったのね。

舐められている

またぞろ耐震偽造の話題が出てきた。

偽装発覚の建築士、改ざん「神奈川県で数件ある」

10月20日20時38分配信 読売新聞

 横浜市西区のマンションの構造計算書を改ざんした「藤建事務所」(埼玉県八潮市)の遠藤孝・1級建築士(60)が20日、偽装発覚後に初めて報道陣の取材に応じ、同様の改ざんについて、「神奈川県で数件ある」と明らかにした。

 遠藤建築士はさらに、「国土交通省などの調査で、他県でも出てくるかもしれないが記憶にない。調査結果を待ってほしい」と話した。

 また、改ざんの動機について、「改正建築基準法施行(今年6月)の時点で構造計算が終わっていないと、計算をやり直さなければならなかった。それを避けたかった」と説明。「着工前に計算し直して(構造計算書を)差し替えるつもりだったが、すぐに発覚してしまった」と話し、「大変なご迷惑をおかけし、本当に申し訳ない」と謝罪した。

最終更新:10月20日20時38分

昼間、彼氏から新聞記事を引用したメールが送られてきて、私の母校もこの建築士が設計した建物があるらしいことを知った。
今回問題になっているような今年6月に設計したような建物ではないけど、横浜市が調査に入っていて安全が確認されるまで使用禁止になるらしい。
学生にとっても、学校にとっても迷惑な話だよ。まったくぅ。


それにしても、姉歯元設計士による耐震偽装が問題になった後の耐震偽装って、“悪質”も度が過ぎるというものじゃないの?
世間や、検査機関って、そこまで舐められているのね。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top