Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

親が責任を果たしていない見本


大毅、丸刈りで会見も無言で去る…内藤への謝罪なし

10月17日17時43分配信 スポーツ報知

 世界タイトルマッチで悪質な反則を繰り返し1年間のライセンス停止処分を受けたボクシングの亀田大毅(18)=協栄=が17日、父の史郎トレーナー(42)、協栄ジムの金平会長とともに東京都内の日本ボクシングコミッション(JBC)事務局で試合後初めて記者会見。しかし大毅、史郎トレーナーからチャンピオンの内藤大助(33)=宮田=へ明確な謝罪はなかった。亀田父子は会見に先立ちJBCに陳謝した。

 頭を丸めて会見場に現れた大毅はずっと下を向いたまま。会見では金平会長がまず謝罪し、続いて史郎トレーナーが「ご迷惑をかけてすみません。これから一歩一歩やっていきますので。よろしくお願いいたします」とあいさつ。続いて大毅が現在の心境について発言を促されたが、大毅は下を向いて黙ったまま頭を数度横に振っただけ。この後すぐに大毅は退出、ひと言も発することなく2分足らずで会見場を後にした。

 代わって史郎トレーナーは、大毅が前夜自発的に頭を剃って会見に臨んだと説明。「家でもずっとあの(黙った)状態です。みんなの前に出てしゃべられへんでも、態度でわかってもらおうという気持ちです」と話した。 

 史郎トレーナーは質問者を時折にらみつけ、内藤への謝罪については「日を改めて考えている」と述べるにとどめ、会見はわずか10分程度で打ち切られた。

 内藤大助「ああいう態度の亀田親子を見るのは初めて。落ち込んでるなと思った。ぼくの18歳の時なんてもっともっとガキだった。亀田君はこれからもっともっと強くなるし、大人として成長すると思います。(タマを打てと言ったとされる件についても)済んだことですから。処分は出ましたし、僕もいいたいことを言ったし。直接来てくれるならボクもちゃんとした態度で会いたい。今度会うときには『この間はお疲れさま!』みたいな感じで普通に話せたらいいと思います」


最終更新:10月17日22時46分


スポーツニュースでこの映像を見た。
なんだか、本当に謝る気があるの?と言う感じ。

私は“ビックマウス”の亀田一家は嫌い。
それもあって、先週の試合は“負けたら面白いだろうな”と思っていた。
実際負けたら、“ビックマウス”は何処へやら。
いきなりこんなに憔悴してしまうの?
憔悴は“処分”が原因かもしれないけど、処分されるような事をしたのは自分たちでしょ?
亀田父は処分を受けたあとも「大毅の処分は重すぎる」だなんて言っていたけど、相応の事をしたのでは?

私は試合もリアルでは見ていない。
後でスポーツニュースの映像で見ただけ。
そういう映像だから反則が強調されるのは仕方ないとしても、あの試合はとても“ボクシング”とは思えない試合だった。
スポーツはルールの下に行われるから面白いのであって、ルール無視ではスポーツではない。
格闘系のスポーツでルールが無視されるのであれば、単なるケンカに過ぎない。
大衆の眼前で行われたのは荒くれ者一家のルールを無視したケンカであって、あれをスポーツだとかボクシングだとか言うのはスポーツやボクシングに対する冒涜だと思う。
そういう意味では、次男への処罰は当然・相当だと思うし、長男の処分・処罰は甘すぎるぐらいだと思うよ。

しかし。。。
彼らは処分・処罰を受けたぐらいじゃ解らないだろうね。
今日の“謝罪会見”でも、試合相手の内藤選手に対する謝罪は一言もなく、当事者である次男は一言も発していない。
亀田父が次男へ発言を促すような言葉を言ったらしいが、私が見た映像では「退席しなさい。居るのが辛いのだろう。」という言葉を聞いた。
謝罪の場が“居やすい”ハズはなく、針の筵に座るような辛い思いをするのが当たり前。
それを「居づらいだろうから此処に居なくて良い」と言うのは、親として、指導者としてどうなのだろうね?
親子ともども反省の色がないと世間に判断されてもしかたないよね。
こんなんじゃ、これからの社会生活においても、世間に“居づらい”状況が続くかもしれない。
下手をすると、社会復帰だって出来なくなるかもしれないよ。
親だったら、指導者だったら、子供にそういう状況を作らない為にも、本人の口から対戦相手である内藤選手とファンに謝罪の言葉を言わせるべきだったと思うな。
なんだか、親が責任を果たしていない見本のような会見だったな。

使われないシステムを作って、結局某SIerが儲かるだけなんじゃないの?

「社会保障カード」に年金手帳・保険証など統合へ…厚労省

10月15日20時28分配信 読売新聞

 厚生労働省は15日、政府が2011年度中の導入を目指す「社会保障カード(仮称)」について、年金手帳や健康保険証、介護保険証などを統合したカードとすることなどを明記した概要を公表した。

 国民に1枚ずつ配布される同カードは、集積回路(IC)を搭載し、自宅パソコンを利用して年金記録や診療報酬明細書(レセプト)を閲覧することが可能になる、としている。

 厚労省は、有識者らによる「社会保障カード(仮称)の在り方に関する検討会」(座長=大山永昭東京工大教授)に概要を提示した。概要は同カードについて、「将来的な用途拡大を妨げない」として、生活保護や雇用保険などでの利用を検討するとした。運転免許証を持たない高齢者らのために、希望すれば、カードに顔写真を添付し、身分証明書とすることも認める、とした。

最終更新:10月15日20時28分


厚労省のシステムって、某SIerが一手に引き受けている。
だからという訳ではないけど(って、“だから”と言っているけど (苦笑 )、イマイチ信用できないのよね。。。
システムの作り自体やセキュリティへの配慮を信用できない上に、運用する人たちもイマイチ信用できないのよね。。。
だって、年金手帳、健康保険証、介護保険証って、直接的には市町村にある地方自治体が窓口業務を請け負っているんだよ?
年金記録を興味本位で閲覧して外部漏洩したり、年金保険料を横領したりしたりした“実績”のある人たちが運用するんだよ?
この後、何もかも1枚のカードに情報が集約されるようになると、益々こういう人たちの“興味”が広がり、“犯罪”の範囲も広がるという事よね?

悪ふざけは此処までとしても、こういうシステムが本当に利用されるようになるのかなぁ?
住基ネット・住基カードもどれだけ利用されているのかな?
“セキュリティ”を理由に、(PCでの)利用者に新たな機器を購入させたり、面倒な認証手続きが必要だったりする、使いにくいシステムが出来るだけなんじゃないかなぁ。。。
利用者が使いにくいシステムが出来ても利用する人はいなくて、パスポートのオンライン申請のように使われないまま廃棄されるだけのような気がする。
結局儲かるのは某SIerだけで、国民は損失を被るだけのような気がする。。。

理解に苦しむ。。。

う~ん。。。なんだかなぁ。。。


<児童手当>母子家庭の削減凍結、低所得世帯のみ…自公方針

10月14日3時5分配信 毎日新聞

 自民、公明両党は福田内閣発足に伴い、格差問題に取り組む目玉政策の一つとして、母子家庭に対する児童扶養手当削減を凍結することで合意していたが、対象を低所得世帯に限る方向になった。厚生労働省の06年度調査で、母子家庭の経済環境が改善していることが分かり、一律な削減凍結は難しくなったためだ。自公合意の削減凍結は約160億円規模だったが、数億から数十億円程度にしぼむ。データに基づかない政策合意が早くも後退することになる。
 児童扶養手当は、離婚などで母子家庭の生活が激変しないよう、所得に応じて、世帯当たり月額9850~4万1720円(児童1人の場合)を支給する制度。社会保障費抑制策で、08年4月からは5年以上受給している世帯について、支給額を最大で半分まで削減することが決まっていた。今年3月末時点の受給者は95万5844人。
 削減の凍結は、9月の福田内閣発足時、公明党が「政権が代わったことを実感してもらえる」(幹部)政策の一つとして自民党に提案。両党は9月下旬「凍結について早急に結論を得て措置する」ことで合意した。
 ところが、厚労省が昨秋、約2000世帯を対象に実施し、約1500世帯が回答した調査の速報値で、母子家庭の母親の就業率は84.5%と、03年度の前回調査から1.5ポイント上昇。平均年収も213万円と前回を1万円上回った。雇用形態では常用雇用者が前回の39.2%から42.5%に増えている。景気回復の影響とみられる。
 ただし、改善傾向が見られても、全世帯の平均所得を100とした場合の母子家庭の所得は37.8にとどまるなど、置かれている状況が厳しいことに変わりはない。【坂口裕彦】

最終更新:10月14日3時7分



私の周りを見ても離婚経験者がかなり多いから、一昔前に比べて離婚により母子家庭の絶対数はかなり増えているのだと思う。
そういう意味では、母子家庭への補助金への社会負担が大きくなっている事も理解できる。
そういった意味では凍結削減の動きがあるのは仕方ないとは思う。

でもなぁ。。。
この記事だけ見ていると、年収が213万円になったから「経済状態が良くなった」と判断される訳?
前回調査と比べ1万円しか増えていないのに?
年収が212万円だと補助金が必要な所得で、213万円だと補助の削減が可能な所得と言うの?
その根拠は?

全世帯の平均所得の4割にも満たない所得なのに?

年収が議員歳費の1月分の半分にも満たないのに?

この現状を見て、何処をどう押したら“経済状態が改善した”という判断になるのか、理解に苦しむ。


自治権って何?

自治権って何?

年金横領で社保庁が告発、大崎市側は不快感表明

10月13日0時53分配信 読売新聞

 市区町村の職員が国民年金保険料を横領していた問題で、宮城社会保険事務局は12日、2000年度に約28万円を着服し懲戒免職処分になった宮城県大崎市(旧田尻町)の30歳代の元男性職員について、業務上横領の疑いで宮城県警古川署に告発した。

 公訴時効(7年)にかかっていない9市町のうち、社会保険庁が告発したのは初めて。社会的制裁を受けているなどとして告発しなかった大崎市側は「自治権の侵害」と不快感を示している。元職員は00年11月から01年3月、窓口で徴収した保険料10人分計28万100円を着服したとして、同年8月に懲戒免職処分になっていた。

 9市町の横領については舛添厚生労働相が告発を求めたのに対し、大崎市を含む8市町が告発しない方針を表明。舛添厚労相は「自治体が告発しない場合、社会保険庁として告発する」との方針を示していた。

最終更新:10月13日0時53分


仕事の帰りの電車の中で携帯電話に配信されるニュースを見て、この件を知った。
大崎市の言う「社会的制裁」とは何を言うのか知らない。
大崎市が「着服金が弁済された」事を理由として告発しない方針だった事は知っている。
まさか弁済した事を「社会的制裁」と言う訳ではないよね?

ところで、地方自治体の職員が犯罪行為を行った場合、被害者が犯罪を告発する事は“自治権の侵害”なのだろうか?
地方自治体の職員は、他人のお金を盗んだ場合でも、盗みが発覚した後に弁済すれば“自治権”とやらに守られるというのか?
法律・制度上の問題があったとしても、いわば社会保険庁から“事務委託”を受けているに過ぎない地方自治体(職員)が、当然社会保険庁へ納めるべき保険料を横領しているのだから“自治権”も何もないと思うけどなぁ。。。
もしかして、“自治権”の中には“犯罪者を秘匿する”という“権利”もあるのかしらん?

理念の無い人たち。。。


今日もニュースクリップ


時津海が現役引退し師匠継承、時津風部屋の存続決まる

10月9日14時45分配信 読売新聞

 大相撲の時津風部屋宿舎で序ノ口力士がけいこ中に急死した問題で、元時津風親方(元小結双津竜・本名山本順一)が解雇され、師匠が不在となっていた時津風部屋の存続が9日、決定した。

 幕内時津海(33)が現役引退届を提出、年寄「時津風」の襲名と部屋継承が日本相撲協会の理事会で承認された。

 騒動に揺れた名門部屋は消滅を免れ、新体制で再出発する。

 この問題では当初、時津風部屋を消滅させる案も検討されたが、「名門部屋をなくすのは忍びない」という意見が多く、存続の方向で調整していた。師匠が解雇される異例の事態のため、相撲協会は9日午後4時までに、継承者を届けるように、部屋の関係者に指示していた。時津海は、時津風前理事長(元大関豊山)と同じ東農大出身。西前頭7枚目の秋場所は、5勝10敗で負け越していた。

最終更新:10月9日14時45分



年寄名跡はかなりの大金で売買されると聞いている。
こんなに早く、しかも幕内力士が取得できるなんて。。。相撲協会って何んでもアリなのね。
理念のない団体は早々に退場願うに限るね。





「観光収益悪化」と旧藩主、大分・中津城を3億円売却計画

10月9日19時12分配信 読売新聞

 お城売ります――。大分県中津市の観光名所で「日本三大水城」とも称される中津城を、所有する旧藩主・奥平家の関連会社「中津勧業」(中津市)が、収益悪化を理由に売却を計画、対応策を巡り、市民の間で議論がわき起こっている。

 同社が手放すと、城がレジャー施設などになる恐れがあるため、地元の文化団体は市に買収を要求。一方、「財政難なのに買収するべきではない」との批判も多い。打開策を見つけようと、市はホームページ(HP)や市報で市民の意見を募る考えだが、「賛否二分の現状では集約できないのでは」と募集できないでいる。

 中津勧業は奥平家19代当主の奥平政幸さん(50)が社長を務める。中津城と土地の売却話が表面化したのは7月末。福岡市の不動産会社のHPに「3億2000万円」で売却する旨の広告が出た。市が問い合わせたところ、中津勧業側は「維持費が入場料などの収入を上回っている。最低でも3億円で売りたい」と返答したという。

最終更新:10月9日19時12分



こちらも、天晴れ。。。(なぐらい理念の無い人たち。。。)

持ち主が維持費を賄えない事を理由に資産を手放すのは理解できる。
でもなぁ。。。
その資産が国民的な価値のあるものならば、譲渡先は経済効果で測ることはできないと思う。
そういう意味では(価格については判断できないけど)文化団体や市に買収を要求するのは頷けるというもの。

それにしても、市民に(財政難を理由に)買収に反対という意見が多いというのが解らない。
市民はお城を観光資源としてその利益を受けていないのだろうか?
仮に、お城が民間のマンションに化けたとして、市民はなんの減益もないのだろうか?
価格については再考の余地があるとしても、お城を“城”として観光資源とする事の効果と失うことの“効果”のどちらが大きいのだろうか?


   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top