Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

古い自民党の具現化

所詮、古い自民党を具現化している政治家なんだもの。。。


<小沢一郎代表>資金管理団体に家賃収入…規正法違反の疑い

10月9日3時8分配信 毎日新聞

 民主党の小沢一郎代表の資金管理団体「陸山(りくざん)会」が、政治資金で購入したマンションをコンサルタント会社や財団法人に貸し、家賃収入を得ていたことが分かった。陸山会は、10件を超える不動産を政治資金で取得していることが問題化したが、「不動産による資産運用」が表面化するのは初めて。政治資金規正法は預金や国債以外の資金運用を禁止しており、総務省は一般論としながら、「家賃収入は法違反の疑いがある」と指摘している。【杉本修作】
 陸山会の政治資金収支報告書などによると、陸山会は東京都港区のマンション「プライム赤坂」の一室を所有。ここにコンサルタント会社「エスエー・コンサルティング」が入居。同様に千代田区麹町のマンション「グラン・アクス麹町」に所有する一室に外務省、経済産業省などが所管する財団法人「国際草の根交流センター」が入居する。各部屋の登記簿上の所有名義は小沢氏になっている。
 エスエー社は02年1月から、交流センターは04年10月から入居し、それぞれ毎月7万円と20万円の家賃を陸山会に支払っていた。その総額は06年末までに計約1000万円に上る。エスエー社は9月末ごろ転居し、現在は入居していない。
 政治資金規正法では、政治団体による資金の運用について、預貯金、国債や政府保証債券、元本保証のある金融機関への信託以外は認められていない。総務省は「政治資金は国民の浄財。資金で購入した不動産を家賃を取って貸すのは同法が禁止する資産運用にあたる疑いがある」と指摘する。
 ◇「無償こそ問題」…小沢氏の事務所反論
 小沢氏の事務所は「うちとしては、政治資金の運用という認識はない。コンサルタント会社は、小沢氏の政策立案を請け負っている。財団法人は小沢氏が設立にかかわり理事を務めている」と、いずれも小沢氏の政治活動に密接にかかわっていると主張し、「無償で貸す方が問題」と反論している。
 陸山会は総額約10億円で、都内や盛岡市、仙台市などにマンション、土地などを購入し、登記簿上は、すべて小沢氏名義になっている。今年1月、これらの不動産を事務所費で購入していることが問題になったが、小沢氏は領収書などを公開した上で、「秘書の住まいとして活用しており、個人資産ではない」と説明。政界引退または死亡後は「後進の支援」や「日米・日中の草の根交流基金」に陸山会の資産を充てると表明している。
 小沢氏の不動産取得問題を受け、今年6月に政治資金規正法が改正され、資金管理団体は取得済みの不動産を除き、新たに土地、建物を所有することが禁止された。
 ◇収益あれば「運用」
 岩井奉信日本大教授(政治学)の話 小沢氏は賃貸を「運用」に当たらないと解釈しているのではないか。しかし、実際に収益が上がっている以上、今回のケースは不動産運用に当たると思う。不動産が個人に帰属するものであれば、収益には税がかかるが、この点でも疑問がある。法律のすき間を縫っているとも受け止められ、今後はあらゆる事態を想定し、先手を打って法改正をする必要がある。

最終更新:10月9日3時9分


>「無償こそ問題」…小沢氏の事務所反論
??
“無償”以前に、政治資金管理団体が余分な不動産を持つことの方が問題。
政治家というのは生涯の仕事ではなく、ましてや世襲でもない。
4年、いやもっと短い期間に選挙の洗礼を浴びて職を失う可能性だってある。
そんな政治家の政治活動を支援する“団体”が不動産資産を持つことが“正しい”のか?
不動産を取得する前に、もっと有効な使い方があるハズでは?
不動産を貸し出して利益を得る事も勿論問題だけど、不動産を持つことだって問題でしょ?

仮に不動産取得を是としてもそれは当人の政治活動に使われるべきであって、家賃というような“収入”を得るモノではない。
家賃を課して他人に貸す事で利益を得るならばそれは“資産運用”となり違法に他ならない。
仮に利益が無いととしたら、“政治資金”を“政治目的”以外の支出に使った事になって、これもよろしくない。
いずれにしても、政治資金を私物化しているに過ぎないのだけど?
これって、これまでに話題になったどの政治屋より悪質なんだけど?

どちらに転んでも明確に“違法”なのだから、こういうものはさっさと立件するに限るね。
政治資金も“資産運用”の元手にするのであればしっかり訴追を受けることを明確に知らしめる必要があると思うよ。
一郎クンが官公庁に顔が利くだとか、某宗教団体の後ろ盾あるだとかは関係なくね。

魚を食べる

妊婦さんは魚を食べましょう=水銀リスクより効能大きい-米団体

10月5日16時0分配信 時事通信

 【シリコンバレー4日時事】米小児科学会や政府系の疾病管理センターなどで構成される母子の健康増進団体「HMHB」は4日、妊婦や授乳育児中の母親は週340グラム以上の魚を食べるべきだと推奨する報告書を発表した。水銀含有を恐れる連邦政府は魚食抑制を指導してきたが、同団体は真っ向から異議を申し立てた。
 同団体は、イワシやサバ、マグロ、サケに多く含まれる栄養素「オメガ3脂肪酸」が赤ちゃんの脳の発育に不可欠と説明。早産を減らし、母親の産後うつ病対策にも有効だと強調した。米国の肉食中心の食事では、同脂肪酸が不足しがちという。



そういえば、母が私を妊娠したとき、茨城県の当時住んでいた貸家の大家さんが「子供がお腹に居るのなら」と毎日近くの川で釣ってきたフナや鯉を食べていたという話を思い出す。
「子供の為に」と貰った魚だったけど、実際は父のお酒の肴になったらしい。
そういう意味では、生まれる前は親孝行だった?(笑)

その後、母はは私をお腹に抱えながら静岡県や福岡県と短期間の父の転勤に同行し、私が生まれたのは福岡のある街。
福岡ではどんな魚を食べていたのか知らないけど、記憶の中には鯖が印象深いかな。
両親に言わせると、私を初めて“猫”だと思ったのは、両親が目を離したスキに両親の夕ご飯のメインディッシュだった塩焼き鮭を2切れとも食べてしまった事らしい。
そのときの私は、1歳になるかならないかの、やっと伝い歩きが出来る程度の月齢だった。
でも、赤ん坊がいきなり魚を食べる訳はなく、記憶にない頃から両親が食べさせていたのだろうと思うし、当然両親も食べていたのだと思う。

私が乳幼児の頃は九州の一般家庭では生の魚を食する事は少なく、干物や酢締めが多かったのかも。
鰯の干物(めざし)なんかも多かったかも。
めざしやシシャモのような小魚って、骨も食べるのが普通だったね。
そういう意味では、私が生まれた頃って、案外子供の成長にイイ食生活をしていたのかな。

“案外”と言うのは、私が生まれる前後は、母乳より粉ミルクの方が“栄養が多い”と言われて、自然の食品が否定され始めた頃だったのよね。。。







って言うか。。。
アメリカ人が魚を食べ始めると日本人への“割り当て”が少なくなるじゃん。。。(>_<)

言ったからには。。。

今日はニュースクリップだけ。


生保不払い、910億円=4月報告の2.5倍に-ずさんな態勢浮き彫り

10月5日21時1分配信 時事通信

 金融庁から保険金不払いに関する調査報告を命じられた生命保険会社38社のうち24社は5日、2001年度から5年間分の調査結果を発表した。38社累計の不払いは確定しただけで約120万件、910億円に達し、4月中間報告時点の44万件、359億円に比べ金額は2.5倍に膨らんだ。現在調査中の会社もあり、全体の不払いはさらに拡大する見通しだ。
 損害保険業界では自動車保険などで約400億円の不払いが判明したが、生保の不払いもこれを大きく上回る規模に達し、保険業界のずさんな支払い態勢が改めて浮き彫りとなった。 


金融庁のオダイジンンのミッチーJr.が「請求しなければ払わないというのは、違うんじゃないの?」というようなコメントを言っていた。
確か、年金も「請求しなければ受給できない」よね。。。?
仮に年金も金融庁の配下に入ったら、「請求しなくても」受給できるようになるのかしら?


<自民>古賀選対委員長、過半数維持できねば議員辞職

10月5日22時6分配信 毎日新聞

 自民党の古賀誠選対委員長は5日、京都市内であった郵政造反落選組の元同党衆院議員会合であいさつし、次期衆院選について「自ら政治家としての退路を断つ決意で(選対委員長)を仰せつかった。27年の政治活動の総決算として、この職をまっとうする」と述べ、与党で過半数を維持できなければ議員辞職する考えを示した。

最終更新:10月5日22時6分

ほう、早く辞めてくれ。
選挙の結果を待つまでもないからさ。


政策を変えなければいけない時期なんじゃないのかなぁ?

国会がやっと始まったと言っていいのかな?
康夫クンの首相の所信表明演説があった。

<福田首相>初の所信表明 格差是正に重点

10月1日14時37分配信 毎日新聞

 福田康夫首相は1日午後、衆参両院本会議で就任後初の所信表明演説を行った。首相は「政治と行政に対する信頼を取り戻すことが喫緊の課題」としたうえで、参院の与野党勢力逆転を踏まえ「野党と重要な政策課題について誠意をもって話し合う」対話重視の姿勢を強調した。小泉内閣以来の構造改革路線を継承しつつ、格差問題に「一つ一つきちんと処方せんを講じる」きめ細かな対応を約束。外交ではインド洋での海上自衛隊の給油活動の継続と北朝鮮問題の早急な解決を喫緊の課題と位置付け、日朝国交正常化に「最大限の努力」を払う意向を表明した。

(中略)

 構造改革路線について「方向性は変えない」としながらも、格差の「実態から決して目をそらさない」とも説明。「生じた問題に一つ一つきちんと処方せんを講じていくことに全力を注ぐ」と強調。具体的には(1)ばらまきでない地方再生(2)高齢者や小規模農家が農業に取り組める環境作り――などを示した。こうした施策を進める理念として「自立と共生」を掲げ地方にも自助努力を求め、「希望と安心」の国づくりを目標として打ち出した。
 社会保障制度の整備に必要な財源に関しては「本格的な議論を進め、消費税を含む税体系の抜本的改革を実現させる」と表明したが、具体的日程には言及しなかった。
 一方、首相はテロ対策特別措置法に基づく支援活動の継続について「国民や国会によく説明し、理解をいただくよう全力を尽くす」と表明。また、北朝鮮の非核化に向け国際的な連携を強化、「すべての拉致被害者の一刻も早い帰国を実現し、『不幸な過去』を清算して日朝国交正常化を図る」と過去の清算問題にも言及し、対北朝鮮強硬路線の修正をにじませた。「日米同盟の強化とアジア外交の推進」に「共鳴」との表現を用い、アジア外交を積極的に進める姿勢を示した。【中田卓二】

最終更新:10月1日17時19分


ダレからも批判されないような卒のない演説だったのかな?(苦笑)
だけど、なんだか気に入らないのよね。。。(^_^;
都市部が元気になることが地方活性化に繋がるなんて言っている康夫クンの地方政策が見えない。

今“地方を切り捨てない”と言っている人たちって、現状を維持する事を目標にしているように見えるけど、本当にそれでいいの?と思う。
高齢化・人口減少が見えている状況での地方政策って、これまでとは違ったものになるのが当たり前。
人口拡大の時代には危機管理の意味もあって中央集約ではなく地方拡散への政策が当然だった。
これからの人口減少時代には、社会コストがかさむ地方拡散政策を採っていていいのだろうか?
狭い都市部に人を詰め込む必要はないと思うけど、住民同士が顔をあわせにくいような“隣と遠い”という様な環境に住まわせるのはどうかと思う。
今は未だそんな実感はないのかもしれないけど、あと20年もして日本の人口が半分になったら、地方の過疎地域では隣の家まで歩いて10分以上なんて事だってありうる。
若い人の中には、隣の人の顔が見えないような人里離れたような場所に住むことを“豊かさ”と捉える人もいるかもしれないけど、高齢者にとっては決して幸せな事ではない。

人を土地に縛り付けるような農業政策、農地政策にしても然り。
働き手が減り、また高齢化して働き手の体力を考えたら、今の農地政策だって必ずしもベターだとは言えない。
もしかしたら農地の所有者の再編成(?)も必要かもしれない。
農業に携わりたい人、携われる人へのハードルを下げ、農地を手放したい人へのハードルも下げる必要がある。
20年前と違って、これからは“大きな土地”があっても必ずしも住宅や工業団地の開発にはならないのだから、農地利用に関しても規制を縮小、緩和して、人の移動へのハードルを下げた方が、かえって地方が活性化するような気がするな。。。

世間知らずという“罪”

今日も寒い1日。
こんな寒く雨まで降っている日には外に出るのも億劫だ。
外に出るのが体調改善の第1の方策だと言われても、外に出る気にはなれない。

食事も冷蔵庫にあるもので済ましたい。。。
なんて思っていたら、彼氏からの電話。
「車がなくなったんだから、歩いて痩せろ~。
 歩いて10分もかからないような駅前のスーパーまでの買い物に車を使っていたから痩せなかったのだから、これからは痩せられるぞ。」
だって。
フン!、そんな訳ないじゃん。億劫になって出なくなるだけなんだから(-_-;

「20キロ痩せたら会ってやる」なんて調子に乗っていうから、「え”~」と言ったら、「そうだな。。。COOちゃんの性格だと痩せられないな。」だって。
「どんな性格?」と聞いたら、「“まっ、いいか。出来ないんだからしょうがない”っていうんだろ?」と言う。
確かに。。。(^_^;)
良くご存知で。。。(^^ゞ
これで、この冬は引きこもり生活決定だね(^_^;)


さてさて。。。
引きこもった日はテレビを見るぐらいしかすることはない。
って、本当はする事はいっぱいあるのだけど、家事すらする気になれないのテレビをみてウダウダと過ごしている。
そんな感じでテレビを見ていたら、某相撲部屋へのリンチ(致死)疑惑が取り沙汰されている。

正直言って、「また相撲協会ですか?」と言う感じなんだけど。。。
人が1人亡くなった“事件”で責任者が不問付される理由は何もない。
ダレが何をした結果、人を死亡に至らしめたのかをはっきりさせる必要がある。
その上で、しかるべき人が責任を取るなり、刑に服するなりの対応があるはず。
“国技”と呼ばれるスポーツであっても、その点に“聖域”はないハズよね。

って言うか、ビール瓶で殴ったり、金属バットで殴ったりすることが“死”に繋がると思わないその感覚、無知さは既に犯罪ものだと思うけど?

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top