Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

都心でイースター島を見た(笑)

丸ビルが5周年記念だとかで、丸ビル界隈は8/31~10/31まで色々なイベントが執り行われている。
その中の1つに、「日本・チリ修好110周年記念事業として、モアイ像が丸ビルに展示されているので、会社の帰りに寄って見た。

モアイ像1モアイ像2モアイ像3

個人的に雰囲気があると感じる後姿を2枚載せてみる(笑)


モアイ像ってもっと大きなものだと思っていたけど、展示されているものは高さ3m、重さ6tと、思い描いていたものよりやや小ぶり。
おまけに“目”があって、さらに違和感。。。
モアイ像の後ろに展示されていた布製のパネル(?)を見ると、この像は最近になって作られたものだとか。
で、“目”は“モアイ像”に霊力を付与するために珊瑚で作るものだとか。
勉強になるね。。。(^^;


東京駅の地下コンコースでモアイ像展示のポスターを見たときには、「あのモアイ像をどうやって東京まで運ぶの?」と思った。

学生時代を渋谷で過ごした私には渋谷駅にある「新島モアイ像」が“モアイ像”の記憶の原点。
新島にある“モアイ像”はイースター島にある“モアイ像”に通じるというのが、最初の知識。
その後、“モアイ像”とは“彫像”の事で、特定の“像”を指すものではないと知った。
ただ、渋谷の駅前にある“モアイ像”は“顔”の部分しかないのに3m弱の大きさ。
ポスターで見る限り、“頭”だけでなく“胴”もあるその姿に大きさはどれほど?と思ったりした。
とは言え、Marucubeに置ける程度だから、高さが30mを超えるものではないのは解る。
でもある程度の大きさは期待して見たから、案外小さかった。
って、3mだから30mを期待したら、1/10だものね(笑)

さてさて。。。
“モアイ像”の後ろにあったパネルを読む(実は、時間軸とは逆の流れで読んでいたらしい。。。)と、このモアイ像は「文化復元」と言うか、“環境破壊の前線”であるイースター島にあって未だ“原住民”の信仰を維持している人たちがいるのを知った人が信仰の対象としての“モアイ像”を作成したのだと説明があった。
最後の文章に「地球をイースター島にさるのか?」とあった。
訳文だったから、「地球をイースター島にするのか?」か「地球はイースター島にされるのか?」となる処なのだろう。
どちらにしても“気になる”文章ではある。
文章の流れでは、イースター島を“環境破壊”の代名詞のように捉えられるのだもの。
寡聞にして、イースター島を“昔ながらの伝統的な文化を守っている島(民族)”だと思っていたので、イースター島が“環境破壊の前線”にあるとは思っても見なかった。

さらに(逆を追って)パネルを読むと、折角“力争い”の収束方法を見つけたのに、17世紀にオランダ海軍提督のヤコブ・ロッゲフェーンがイースター島を発見し、その後18世紀から19世紀にかけて島民は奴隷としてヨーロッパに出て、19世紀にまた戻ってきたもののその時はヨーロッパから天然痘などの病気を島に持ち込んだ事によって(推定)1万5千人居た島民が111人まで減ったとか。
次(それ以前)のパネルでは、島には争いが絶えず、最後には竈の煮炊きにも“木”ではなく草が使われたとあった。
???
意味が解らん。。。

解らないまま更に遡ると、9世紀にポリネシア人がイースター島に辿りついた頃の島は木々が溢れる島だったらしい。
基本的に海洋民族であるポリネシア人は木を切って丸太船を作るし、煮炊きの槙にした。
さらに部族間の争いの中で“焼き討ち”のような事もあって、“木”が損なわれたのだという。
“木”がなければ“水”も不足し、地中に“水”を蓄えて置くことができなければその他の植物も育たないので食料にも燃料にも困る結果になる。
折りしもエルニーニョ現象で海での漁もままならず、島民は飢餓に直面したことによって生き残りの為に部族間の力争いが勃発したとか。
う~ん。。。
確かに、現代の“温暖化”が辿るといわれている道筋に似ているかも。。。
もう1つ前に遡ると、イースター島にたどり着いたポリネシア人が信仰の対象として石の像を作ったのがモアイ像の始まりだとか。
あぁ、そうか。
だから新島にも“モアイ像”あるんだ!
って、遡らずに、順を追って読めよ!って感じだよね。。。(^^ゞ

生活環境の良い島に移り住んだ人たちは、漁や生活全般の神様の代理として像を作ったのが“モアイ像”で、資源の浪費をした民族は島の自然環境を破壊して、しまいにはより高度な文明をもつ民族の奴隷になり、民族として絶滅の危機に瀕した。
というのがストーリーらしい。
となると、先の「地球をイースター島にさるのか?」は「地球をイースター島にするのか?」なんだろうな。


今日のパネルで面白かったのは、パリにこの「モアイ像」を展示した際にヨーロッパ人に「このモアイ像は“本物”ですか?」と聞かれた事。
パネルには、続いて「西洋人には過去が歴史で、島の人には今が歴史だ」と書いてあったけど、私は少々違う意見を持つ。
いや、この人のいう事も感覚的には理解できる。
でも、このモアイ像が“信仰の対象”だという事を考えたら、それは宗教と信仰の違いなのだと思う。

偶像崇拝しないクリスチャンには“モアイ像”とはイースター島にある6~9世紀に作られた“建築物”に過ぎず、この時代でも残っているという“古さ”と“保存状態”に“文化的な価値”があるだけ。
一方、“信仰の対象”を“像”という形で具現化する事で頒布をもする東洋人にはどれも“本物”としての価値がある。
例えば、“仏像”と言った時、一般的な日本人なら奈良の大仏も鎌倉の大仏も近所お寺にある仏像も“仏像”であって“信仰の対象”になりうる。
極端に言えば、自宅の仏壇にある“仏様”を見て、「この仏様は本物の仏像?」という疑問を持つ人は殆ど居ないと思う。
建築物としての“文化遺産”じゃないからと言って、自宅の仏壇にある“仏様”を“ニセモノ”という人は殆どいないと思う。
そういう意味では、信仰の対象にあった“像”に対する意識って、クリスチャンが多い西洋人と偶像でも崇拝する東洋人では大きく違うのだろうな。

そういう文化、宗教、信仰といった側面から離れた今日の示唆は、広い宇宙の中では孤島に過ぎない“地球”の中で資源の浪費と資源確保の為の争いをする事は、同じように狭い孤島の中で資源の浪費と資源確保の為の争い端を発して滅亡の危機に曝された島(=イースター島)の二の舞になるというもの。
対策の為に何をせよという具体的な示唆はなかったものの、100年以上前に今の地球を示唆する現象があったことが興味深い。
私たちって、地球が生まれて以降のどの“地球時間”に過ごした生命体より文明が進み知識があるように錯覚しているけど、100年ちょっと前の、どちらかというと私たちが“原始文化”と呼ぶような人たちの歴史や経験にも学んでいないという事なのよね。。。
なんだか、かな~~~り、ショックを受けた。


でも×2
面白い事に、イースター島って、キリスト教の復活祭であるイースターの日に発見された事からこの名前で呼ばれるのよね。
言い換えれば、島の名前は“復活”を意味するという事。
これまでの辿った道を考えるとかなり意味のある名前を持つ島の、今後の復活にも興味があるわ。

Continue reading

台風雑感

昨夜の六本木も台風の影響がチラホラ見えたけど、今日は流石に台風本番の感じ。
帰って点けたテレビでも台風情報を流していた。


夕方前に彼氏から「風と雨に弱い路線の人は早く帰りなさい」とのメール。
その時点では未だ電車は動いていたけど、如何せん首都圏で1番風と雨に弱い路線。
いつ止まっても不思議はない。
20年近く前は直属の上司だったけど今は直属ではない上司クンにも、「早く帰りなさい」と言われてしまった。
実際、今日の会議のいくつかは“台風”を理由に予定より早く切り上げるものが多かった。


日頃の行いが悪いのか、こんな日に限って仕事が終らない。
今日中に終らせないといけないので、多少焦る。
直属の上司クンは「全部あなたに押し付けるようで悪いね」と言いながら、いつもより早い時間に帰っていった。
まぁ、彼に「ちょと教えて」と数分に1度、数十分に渡って仕事を中断される事を考えたら先に帰ってもらった方がかなり気が楽で仕事も捗る。
それでも、「押し付けている」という意識はあるのね?と、ちょっとだけ思ったり。
まぁ、実際は全て私が引き受けているのだけど、彼の仕事だけでは客先に出せないし、彼の仕事への手直しに架かる時間を考えると急ぐ仕事は私がしないと間に合わないので仕方ない。
「押し付けて悪い」と思う気持ちだけ、ありがたく受け取った。
って、部下の私が生意気すぎだな(^^;


20時半ごろに東京駅で電車に乗ると、意外に空いていた。
そうだよね。。。
17時時点で間引き運転が始まっていたのだから、この路線を使う人はとっくに帰っている。
こんな時間に電車に乗る人の方が珍しいよ(-_-;

でも、電車は間引きで、さらに徐行運転しているものの、比較的滞りなく帰れた。
空いていたお陰で座れたし。
さらに、出発ギリギリの電車に乗ったお陰で座れた席も端っこではなく、端から2番目。
この“端じゃない”というのがミソで、今日のような台風の日は端っこに乗ると電車が停まって扉が開くたびに雨が降り込むのよ。
2番目の私でさえ濡れたぐらいだもの。。。

地元の駅に着く頃には風は止んでいた。
らっき~
傘があれば濡れずに済む。
とりあえず足はびしょ濡れだけど、上半身は濡れずに済んだ。
この天気と状況を考えればこれでもラッキー。
家に帰るとほぼ同時に彼氏から「濡れずに、ちゃんと帰ったか~?」とメールが来た。
「適度に濡れて、いい女になったよ~」と返しておいた(^^)
日頃の行いがいいから、そんなに濡れずに、いいタイミングで帰れたさ♪





それにしても、こんな時にビニール傘を使っている人って案外多い。
こういう風の強い日はビニール傘や折りたたみ傘って弱くて使い物にならない。
普通の傘なら耐えられる風でも、ビニール傘や折りたたみ傘では耐えられない事が多い。
それでもビニール傘より折りたたみ傘の方が若干強いのだけどね。

で、なんでこんな日に(壊れて)ゴミになる確率が非常に高いビニール傘を使う人が多いのだろう?と不思議に思う。
多分、「どうせ壊れるなら、捨てても惜しくないビニール傘の方が諦めが付く」と言うのだろうけど、普通の傘なら壊れない可能性の方が高いのにね。

そういうのって、最近流行りの“エコ”に逆行している。
って、安直に“使い捨て”物件を使おうとする気持ちには“エコ”の概念はないか。。。(^_^;
と、駅や道端に無造作に捨てられているビニール傘の残骸をみると思うのよね。。。

どういう心情なのだろう?

<アフガン拉致>人質解放の見返りは病院建設? 韓国紙報道」

9月3日17時58分配信 毎日新聞

 【ソウル中島哲夫】韓国紙・文化日報は3日、アフガニスタンで旧支配勢力タリバンの人質にされた韓国人一行の解放を実現するため韓国政府がタリバン側への支援として5カ所に小規模病院を建設する約束をしていたと報じた。
 同紙によると、事件に詳しい韓国政府消息筋が「テロ集団に現金は渡せない。代わりに病院を建てると口頭で約束した」と証言した。建設場所はアフガン南部のパキスタンとの国境地帯で、事実上、カルザイ政権の支配が及ばない地域。地元の部族長らが病院建設を要求したという。
 韓国政府とタリバンが人質解放に合意した直接交渉にはインドネシア外交官が同席した。同消息筋によると、この外交官がインドネシア政府を代表する形で口頭約束の保証人となった。米国にも事前に特使を送り、承諾を得たという。
 しかし別の韓国政府関係者は同紙に対し、「他国の交戦地域での病院建設は現実的に不可能。そんな合意があったという話も聞いていない」と否定したという。

最終更新:9月3日17時58分

韓国が否定したとしても、多くの人は「韓国はテロリストにお金を払った」と思っていると思う。
そして、それは「苦々しい」という感情とともに。

韓国は、嘗て北の将軍様会うために数億ドルもの資金提供を北朝鮮にしている。
テロリストの親分に“会う”為だけにお金を払う国だもの、人質解放にお金を払っても不思議はない。
ん?
そうだった、韓国は韓国人拉致被害者には何ら対策を打っていないんだっけ。。。?
となると、親分に“会う”事より“人質解放”の方が、国家としては格下の事件なのか。。。(苦笑)


そんな中、ネットでこんなニュースも配信されている。

<人質解放>先解放の2人会見「出国前遺書作成した」」

9月4日19時52分配信 YONHAP NEWS

<人質解放>先解放の2人会見「出国前遺書作成した」

拡大写真

笑顔を見せるキム・ジナさん(右)とキム・ギョンジャさん=4日、安養(聯合)
【安養4日聯合】アフガニスタンで武装勢力タリバンにより拉致され、先月13日に最初に解放されたキム・ギョンジャさんとキム・ジナさんの2人が4日、アフガンでの宣教活動に出発する前、遺書を書いていたことを明らかにした。2人は現在、後から解放された19人とともに京畿道安養市の病院で入院治療を受けている。同日病院内のホールで記者会見を開いた。

 2人はアフガンに出発する直前、「より意味のある人生を生きよう」という意味で教会プログラムの一環として遺書を作成し、教会側に提出したという。自発的に書いたものであり、チーム員の半数以上は書いていないと説明した。遺書を書いた上で宣教活動に向かうのが通例なのかとの質問に対しては、「(遺書を書くのは)今回が初めてだったのでよく分からない」と答えた。

 これに関連しセムムル教会関係者は、チーム員23人のうち、チーム長を務めていた故ペ・ヒョンギュ牧師を除き9人が遺書を作成しており、教会事務室でペ牧師が保管していたと説明した。

 しかし、アフガンで23人が拉致された当時、教会側はチーム員らの遺書作成について「そうした事実はない」と否定していた。

 またキム・ギョンジャさん、キム・ジナさんの2人は、拉致されていた当時も会話をしているように装い祈りを捧げるなど、信仰生活を続けていたなど、当時の様子を紹介した。小さな声だったのでタリバンには知られることはなく、タリバン側が不快感を示したこともなかったという。

 またキム・ジナさんは、ノートに記した拉致日誌を公開した。解放されるものと信じ、拉致されている間に考えていたことを書き留めておきたかったと話し、どのように移動したかなどを書き記したが、手紙など私的な内容が多いため、詳しい内容はすぐには公開できないとした。数字などを書くとすべて取り上げられたため、数字もすべてハングルで書くなどして記録したという。

 2人が国内メディアと会見を行うのは、解放以来これが初めて。健康状態はかなり回復したように見受けられ、時折笑顔を見せるなど終始リラックスしたようすで受け答えた。

最終更新:9月4日19時52分


彼らは、テロリストの人質になったり、戦闘の被害にあったりなどで今回のアフガニスタン入りに“死”を覚悟していたのか?
事件当初に公開された出国時の写真を見ると、とてもそんな覚悟があったようには見えないけど。
でも、仮にその覚悟があったのなら、カメラの前で「助けてくれ」等と言わずに「助けは無用」といえばよかったのにと思う。

私自身はそんなに信仰に篤いわけではないので、命をかける程の信仰心はない。
また、親が存命中に命をかける必要があるようなボランティアをする気もない。
でも、使命感があって、命を懸けて活動をしているのであれば、今回の事件で「助けて欲しい」とカメラの前で言った事は、国や、世界中のクリスチャンに迷惑をかける行為以外の何者でもないという事を自覚しているはずだよね。
助かった今、笑顔を見せながらメディアにでるその心情が理解できない。。。

見てなくて残念


橋下弁護士を提訴=テレビで「懲戒を扇動」-光市母子殺害差し戻し審で・広島

月3日17時31分配信 時事通信

 大阪弁護士会所属の橋下徹弁護士がテレビ番組で、山口県光市母子殺害事件の差し戻し控訴審の被告(26)弁護団に対する懲戒請求を扇動したとして、このうち今枝仁弁護士ら4人が3日、橋下弁護士を相手に、1人当たり300万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁に起こした。
 訴状などによると、橋下弁護士は5月27日に西日本を中心に放送された民放番組の中で、同弁護団の弁護活動に触れ、「もし許せないって思うんだったら、一斉に弁護士会に対して懲戒請求掛けてもらいたい」などと発言し、視聴者を扇動した。
 差し戻し審の弁護団に対する懲戒請求はそれまで1件もなかったが、放映後、今枝弁護士ら4人それぞれに300件を超える請求が広島弁護士会に届いた。このため、弁明書や資料の提出などの負担を強いられ、弁護活動に不当な重圧を受けたなどと主張している。 

最終更新:9月3日20時2分


橋下徹弁護士が出ていたテレビ番組を見ていなかった事を残念に思う。

ある事件に対して一般市民の感覚で「許せない」と思う弁護活動があったとして、その行いに対して「懲戒請求」が出来ると知っている人はどの位いるのだろう?
今回の件でも300人どころではなくかなり多くの人が「許せない」と思っているはずで、その多くの人が弁護士に対する「懲戒請求」なんて対応策を知らないのでは?
こういう「許せない」という意思に対して、「橋下弁護士」を相手に損害賠償訴訟を起こすことは声を出さなかった人たちの怒りに火を点けるだけだと思う。
まぁ、弁護士という職業は他人の権利を代弁する職業ではある訳で、こういう対応もいたし方ないのかな?と思う部分がないとは言えないよ。

でも、客観的にみて、今枝弁護士はこの「300件を越える請求」を真摯に受け止めるべきだと思うな。

っていうか、「こいつら纏めて弁護士資格を剥奪しろ!」というのがホンネ(^_^;

「かかりつけ医」の問題

先週の通院は久しぶりだった。
ずっと行けなくて、前回の通院から3ヶ月以上経っていた。
改めて手続きをすると、「紹介状が無い場合の200床以上の病床のある病院への初診には特別な初診料が必要」と言う。
この“初診”の中には前回の診察から3ヶ月以上経っているものも含まれるとか。

以前に罹っていたときは初診時に別の医師からの「紹介状」があったのでこの規定は免除されていて、こんな規定がある事に気が付かなかった。
って、そもそも、この制度って入院施設のない病院を「かかり付け医」として、「かかり付け医」が対応できない場合に大きな病院を利用せよという法律に基づいている。
趣旨としては理解できるけど、一律括られてもねぇ。。。という思いもあったりして。。。

私が罹っているのは婦人科。
「産婦人科」を謳っている病院では婦人科を見てくれる医院もあるけど、もう少し専門的だったり、進行の具合によっては手術しなければならない場合は、少し大きな病院を紹介される。
私は今の所手術の必要はないけど、少なくとも半年周期では検診を受けなければならない。
となると、体調に特に不安がある場合は1ヶ月に1回程度に通う事はあっても、体調に不安が無い場合は半年は通わない。
そもそもがこの病院に回された身で、私としてはこの病院を“かかり付け”だと思うから診察を受けにいくのだけど、病院側では“かかり付け”ではないといっているという事なんだよね。
なんだか、納得できないなぁ。。。
だったら、近所病院でも「大病院に回すことなく」診てくれればいいのに。。。


と、思っていたらこんなニュース。

<救急車事故>搬送中の妊婦流産 大阪

8月29日11時58分配信 毎日新聞

 29日午前5時10分ごろ、大阪府高槻市富田丘町の国道171号交差点で、妊娠中の奈良県橿原市の女性(36)を搬送中の救急車と軽乗用車が出合い頭に接触した。搬送先の高槻市の病院で、胎児の死亡が確認された。女性は119番から車中で約1時間半も受け入れ先が決まらず、橿原市から約41キロも離れた高槻市の病院へ運ばれる途中だった。昨年8月には、奈良県の妊婦が転送先が見つからずに容体を悪化させて死亡しており、救急体制の不備が浮き彫りになった。
 府警高槻署の調べでは、軽乗用車は大阪府茨木市の自営業の男性(51)が運転。他にけが人はなかった。同署は、事故と流産の関連を捜査している。
 女性は同日午前2時44分ごろ、橿原市内のスーパーマーケットで買い物中、「下腹部が痛い」と訴え、同居の男性を介して119番通報した。奈良県の橿原消防署(中和広域消防組合)の救急隊員は同県立医科大に受け入れを要請したが、「手術中のため不可能」と回答された。このため、同消防署は大阪府内の産婦人科などに要請したがいずれも「処置中」などを理由に断られ、10施設目(連絡は延べ12回目)の高槻市の病院に決まったのは同4時19分だった。かかりつけの医者はいなかったらしい。
 高槻市消防本部によると、女性は妊娠20週目だったとみられるという。
 橿原消防署などによると、女性は搬送中の午前5時ごろ、救急車内で破水を起し、その約10分後に事故に巻き込まれた。病院に着いたのは、通報から約3時間後の同5時46分だった。
 同消防署予防課は「事故による容体の変化は見られなかった。流産との関連は警察の捜査に委ねたい」と話している。
 昨年8月には、奈良県の大淀町立大淀病院で、分娩(ぶんべん)中に意識不明になった妊婦が転送を同県と大阪府内の19病院に断られた末、約60キロ離れた国立循環器病センター(大阪府吹田市)に運ばれ、約1週間後に死亡した。これを受け、国は今年度中に、総合周産期母子医療センターを整備することとしていたが、奈良県など4県で困難な状況に陥っている。
 奈良県では、緊急に高度な治療を要する妊婦を県外の病院に転送する比率が、04年で約37%に上り、全国最悪のレベルだった。母体・胎児の集中治療管理室(MFICU)を備えている病院も、県立医科大学付属病院(橿原市)と県立奈良病院(奈良市)の2カ所だけ。
 奈良県は未整備だった「総合周産期母子医療センター」を来年5月に設置。母体や新生児の救急搬送に対応する予定だった。

最終更新:8月29日13時12分


救急医療や周産期医療に関する意見については他の人に任せるとして、この事件を知って思ったのは妊娠24週(7ヶ月、引用の記事とは数値が違うけど後に24週と判明したらしい)の妊婦に“かかり付け医”が居ない事への不思議さ。
妊婦さんなら、私より頻繁に“定期健診”に行っているハズで、“前回の検診から3ヶ月以上経ったから”と“かかり付け医”である事を断られる事もないだろう。
となると、初めから病院に通っていなかった?という事。
どういう事情があって“かかり付け医”がいなかったのかは解らないけど、その理由が彼女が住む、或いは職場の近くの地域に産科医がいなかったのであれば、救急医療の問題以上に問題だと思う。
また、彼女が経済的な理由で医者にかかれなかったとしたら、それも救急医療以上の問題だと思うのだけどな。

でも、こういう事って、世間的にそれほど“派手”ではないから、救急医療の不備だけがクローズアップされるのだろうな。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top