Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

合格数なんて何の意味があるのか?

私の住むマンションの1室が売りに出ている。
此処は売りに出ても滅多に広告には出ないのだけど、この部屋は部屋数が少ない事と低層階だから広告に出たのかな?
広告には、このマンションの居住者が通う小学校と中学校の名前が書いてあって、“○○校区”と謳っている。
確かに、この小学校やこの中学校に通うためにこの校区内に転居する人が多いから、売り文句にはなるよね。。。


今日の朝のワイドショーはどのチャンネルでもこのニュースばかり。

<大学受験>1人で「73人分」合格 大阪の私立高

7月20日23時51分配信 毎日新聞

 大阪市住吉区の私立大阪学芸高校(近藤永校長、1424人)が06年度の大学入試で、受験料など約140万円を負担したうえ、成績優秀な男子生徒1人に「関関同立」と呼ばれる関西の有名4私立大学の延べ計73学部・学科を受けさせていたことが分かった。生徒側には受験料とは別に5万円も贈っており、「合格実績の水増しを図った」との批判も出ている。
 同校によると、生徒は理系で成績トップだった。国公立大を志望し、関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)の計5学科の一般入試も希望していた。この他に学校側が持ちかけ、大学入試センター試験の結果だけで合否が決まる入試で文系を含む計68学部・学科に大量出願。すべて合格した。生徒は結局、志望していた公立大に合格し、進学した。
 同校には「進学奨学金」制度があり、関関同立などの受験者については、模試の成績上位20人程度の受験料を全額負担している。さらに、合格数によっては “激励金”を保護者名義の口座に送金しており、この生徒側には5万円を贈った。同校はホームページで「平成18年度関関同立144名合格」とPRしたが、合格者数は延べ人数で、半数以上はこの生徒の実績で、実数は33人という。
 近藤校長は「こんなに合格するとは夢にも思わなかった。あくまで生徒の確実な進学のバックアップのためだが、73という数字は事実だから合格実績を高めるためと思われても仕方ない」と不適切さを認めた。今年度は異常な出願数にならないよう是正したという。
 文部科学省私学行政課は「生徒の志望と関係なく名義を借り、学校が受験料を負担したことは道義的に問題だが、禁じる法的根拠はない」としている。大阪府私学課は「1人の生徒が上げた実績を、あたかも多くの生徒の実績のように示すことは不適切」としており、校長会などを通じ、府内の私立高に注意を呼びかける。
 大阪学芸高は1903年創立の成器商業が前身で、74年に成器高校となり、96年から現在の校名になった。【田辺一城、林田七恵】

最終更新:7月21日1時24分


正直、「この子、凄いね」と言うのが感想。
センター試験の成績がかなり良かったのだろうけど、1人で文系・理系を取り混ぜて73もの学部・学科に合格するのだものね。
その上で、自分が希望する大学の学科も合格しているって、凄い事だと思うよ。

学校については言う言葉もない。
こんな実態が明らかにされたら、来年の志願者は激減するかもね。
それも自業自得と言えるのだろうね。


この話を聞いて思い出した事が1つ。
私が1年間だけ通った高校は、県下でも有名な進学校だった。
中学で浪人して高校に入ってくる人は居ても、高校で浪人する人は殆ど居ないような学校だった。
そんな学校でも有名(偏差値の高い)大学への合格者数が気になるらしくて、京都大学への受験を希望していた生徒を説得して東大受験させた事があった。
今でいうセンター試験、当時は「共通1次」と言われていた試験で、自己採点で日本で1番だった。
東大でも当然受かる成績ではあったけど、彼女の希望は京都大学だったのに。。。
既に津田塾に受かっていた彼女は、東大に合格したものの東大には行かずに津田塾に行った。
大学卒業後の彼女は英語の教師になった。
京都大学での志望は法学だったと記憶している。
少なくとも教育学部や英文科ではなかった。
彼女がどう納得したのかは判らないけど、端から見ると、彼女は高校の宣伝の為に人生設計を狂わされたように見える。
学校がそんな事をしていいのだろうか?
学校にそんな権利があるのか?
そんな事を考えると、冒頭の記事にあった生徒が希望の大学に進学できたことが何よりだと思う。

でもねぇ。。。
通っている(出身者を含む)生徒が有名(偏差値の高い)大学に多く合格しているからといって、そこに入った子供の全てが希望する大学に合格するわけでもないのに、親って何故そんなものに縋ろうとするのだろうね?
千葉に移ってきて私が通った高校も県下では有名な進学校だったけど、転入初日に学校から「現役で大学に合格できるとは思わないで下さい」と言われた。
そこに居る教師たちはリベラルというのか今風の「受験のような競争をさせるなんて、子供が可哀想」という教師が多くて受験という“競争で他者に打ち勝つ”教育はなされなかった。
もっとも、生徒の当たり前の質問に答えられないような教師が多かったから、「試験で他者より1点でも多く取る」なんて教育は出来なかったのかもしれない。
受験校を絞る為に自分の学力を知るための全国規の“模試”すら「授業外で試験を受けさせるなんて、可哀想」と受けさせないのだから、生徒は予備校や塾、その他自分で探して学外の試験を受けていた。
合格者数の多い学校といっても、そうやって自分で努力した学生だけが現役で大学に合格していたのが実態なんだよね。

どんなに大学への合格者数が多い高校でも、学校に通うだけでは現役では(志望校い)合格しない。
合格者数の大半がその高校の卒業生というだけの“浪人生”で、実質は予備校が教育している。
そんな実態を考えると、大学への合格数なんて何の意味があるのかと思うのよね。。。

そのハードルは?

地震が起きた当日の東電の発表を「眉唾」だと感じたのは、発表の数時間後。

<中越沖地震>柏崎刈羽原発に50件のトラブル 東電発表

7月13日13時20分配信 毎日新聞

 東京電力は17日、新潟県中越沖地震の影響で、柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)に50件のトラブルが起きていると発表した。同日午後までに確認できた件数で、さらに増える見通し。消火用の水を送る配管が5カ所で損傷し、消火が十分にできない状態になっていた。これとは別に、同原発7号機からは、微量だが通常は出ない種類の放射性ヨウ素などが大気に放出されたことが確認された。地震への多数の弱点が露呈し、原発の耐震指針見直しを求める声が高まりそうだ。
 同社によると、17日午後1時ごろ、7号機の「主排気筒」の排気から、放射性のヨウ素やコバルトなどが検出された。放出量は、原発の敷地境界のすぐそばに人がいた場合に、一般人の年間放射線被ばく限度の1000万分の1の放射線を受ける程度。だが、これらの元素は通常、放出されないはずのもので、地震による異常が原因の可能性があるという。
 消火用配管は、耐震上の重要度が最低の「Cクラス」で、耐震性は高くなかった。16日の火災では、消火用水の水圧が低く、発電所員らによる消火がうまくいかなかったが、配管の損傷が原因だった可能性がある。
 また、原発で使ったネジなど、低レベルの放射性廃棄物を納めたドラム缶約2万2000本のうち、少なくとも約100本が地震で転倒し、数本のふたが開いていた。ドラム缶を納めた貯蔵庫の床からは、微量の放射性物質が検出された。外部への流出はなかった。
 さらに、1号機から5号機で、原子炉内の空気などをフィルターで浄化した後で大気中に排出する「主排気筒」につながるダクトが、それぞれずれていた。ずれの位置はすべて中の空気がフィルターで浄化された後で、環境に大きな影響はないとみられる。
 耐震設計での軽視が、火災発生や消火の遅れを招いた可能性について、東電は「今後データを集め、消火用配管などを耐震上どう扱うべきか検討したい」と話している。
 トラブル多発について経済産業省原子力安全・保安院は「原発全体の確認を終え、それぞれの詳細な評価をしたうえで、今後の対策に生かしていきたい」としている。【高木昭午】

(後略)

最終更新:7月17日23時18分


地震の直後は東電も実態を把握していなかったのかもしれない。
それでも、そもそも柏崎の原発が耐震性に対する見積もりの甘いなかで設計されている事は3年前の震災で検証済みのハズ。
それなのに、今回の地震で直ぐに“被害”を把握できなかったのは何故だろう?
放射能漏れなどの2次災害は当然第1義的に心配したけど、前回の災害を糧とした対策を怠った東電には怒りを感じるよ。

今日のニュースでは、柏崎の原発の運転を前面停止になる事を伝えた上で、柏崎の原発が運転できないと、この夏の電力不足が懸念されるという。

電力会社が営利企業体である以上、“電気をどんどん使ってね”というのもアリだとは思う。
でも、“供給できないから節約してね”は違うような気がする。
そりゃ、地球温暖化なんかを考えたら節電は是だけど、それを供給する側が言うのはなんだか違う気がするのよね。
って、それはタバコにも言える事なんだけどね。。。(^_^;


企業での電力使用には電力会社だけに頼るのではなく、企業が自ら電力を生産する体制を整えられつつある。
翻って、個人での電力使用はどうなのだろう?
マンションなどで屋上や壁面にビオトープを作るのが提唱されているけど、使用電力削減だけでなく家庭での電力生産だってもっと考えた方がいいのかも。
戸建家庭だけでなく、マンションなどでも太陽光発電や風力発電、或いは夏場の家庭から排出されるエアコンの熱を利用した発電って出来ないのかなぁ。。。?
って、頭のイイ人はとっくに考えている事なんだろうけど、私の周りでは実用化はされていない。
こういう“発電”の実用化へのハードルって何なんだろうね。。。?

何故今頃?

通勤の帰り、駅のエレベータが「使用中止」になっていた。
2、3日前、男子高校生がエレベータで遊んでいてドアが閉まらなくなったのを見たので、その影響かしら?と思ったのだけど、どうも違ったらしい。


<エレベーター>フジテック製の使用中止広がる

7月13日13時20分配信 毎日新聞

 フジテック製エレベーターのかご枠などの鋼材強度が基準値の3分の2しかなかった問題で、鉄道各社が13日、駅構内などに設置した同社製エレベーターの使用中止を相次いで決めるなど、影響が広がっている。JR東日本の7駅14台などで一時的な使用中止を決定、JR西日本は73駅142台の速度を通常より遅くする。

最終更新:7月13日13時20分


何故今頃こんな話が出て来るんだろうか?
他の記事ではフジテック社は2年前に強度不足の鋼材を使っていた事を知っていたというし、マンションの耐震偽造やシンドラー社のエレベータ事故の問題の時に見直しして発表していれば良かったのに。
メーカーへの安全管理責任への信頼性が揺るぎ、以前より更に安全管理義務要請が高くなって居るときに情報隠しをしたって、何もいい事ないのに。

しかしなぁ。。。
マスコミから伝えられる事だけで判断する限り、JFE側が分が悪い。
仮にフジテック側からの要請だとしても、実態と違う注文書で納入していたり、フジテックの印の無い契約書を持ち出しても、フジテックからの要請だったという証拠にはならない。
契約をはっきりさせないというのは商社としての商慣習もあるのだろうけど、それって、事が起きた場合は商社が責任を被るという事でしょ?






Continue reading

本当に日本を悪くしたのは貴方たち(苦笑)

中川幹事長脅迫で元小学校教諭を逮捕「日本の政治悪くしている」

7月12日16時16分配信 産経新聞

 自民党の中川秀直幹事長(63)に「殺すぞ」「刺すぞ」などという電子メールを数回にわたって送り付けたとして、警視庁捜査1課などは12日、脅迫容疑で茨城県城里町の元公立小学校教諭、山口栄容疑者(64)を逮捕した。
 調べによると、山口容疑者は6月27日から29日までの間に、中川幹事長のホームページの問い合わせ欄に「殺すぞ」「襲撃するぞ」「選挙期間中、身辺に気をつけろ」といった内容の文書を数通送りつけた疑い。文書は差出人欄に歴史上の人物を含むすべて違う名前で、文頭にはいずれも「中川秀直君へ」と記載、いずれも違うアドレスから送信していた。
 山口容疑者は調べに対して容疑を認めており、「安倍首相や中川幹事長が日本の政治を悪くしていると思い、頭にきて送った」と供述しているという。

最終更新:7月12日18時20分


こんなバカな人間が教師をやっているんだから、子供を安心して学校に任せられないと思うよ。
こんなバカな教師が、「日本の政治を悪くしている」んだと思うよ。
この人、小学校の教師だった時、子供に「法を犯してはいけない」だとか、「他人を(言葉や暴力で)脅すことはいけない事」、犯罪だとは教えなかったんだろうね。
こういう教師に児童教育を受けなければならなかった子供たちが気の毒だわ。


まぁね。。。
日教組にとっての“住みよい日本”と自民党にとっての“住みよい日本”が全く基準が違うから、そう思いたくなるも解らなくはない。
公務員の人員削減や教育改革をしようだなんていいだしている自民党は、日教組にとっては目の上のタンコブ以上のものなんだろうね。
日教組が戦後60年以上かけてここまで壊した日本の教育に今更手を入れられたら困るものね。

ただ、秀直クンって自民党でもどちらかというと、日教組が応援する野党の某党に近い感覚の持ち主なんだよね。
「左の方に懐を深くする自民党でありたい。そういう安倍自民党を作っていきたい」と講演会で言うくらいだものね(苦笑)
そういう人を狙って脅迫するなんてね。
まぁ、多分、秀直クンが自身の著書で(地方)公務員の数や給料の高さを批判しているから“公務員の敵”だと思っているのかもしれない。
でも、日教組への認識の甘い秀直クンも、これで少しはこんな教師(の集まり)に日本の教育を任せておけないと自覚したかも(苦笑)


自民党が目指す国の姿は日教組が目指したものではないかもしれない。
でも、自分が目指すものだけがイイ訳ではないことを教えるのも教師の仕事だよね?
っていうか、私に言わせれば“政治”ではなく、本当に日本を悪くしたのは、日教組と自治労なんだけどな。。。

モラルハザードの元になるのでは?

今朝の朝刊に年金未納企業の従業員の年金給付についての記事が載っていた。
この年金記録の問題が浮上した後でも、政府は未納企業の従業員へな年金給付しない方針でいた。
未納企業に勤めていた人には気の毒だけど、実態として年金に加入していなかったのだからそれは1つの考え方だと思う。
でも、今朝の記事では、未納企業の従業員へも年金を給付すると書いてあった。
支払いの原資は、未納企業から徴収するか、未納企業が既に会社を畳んでいる場合は旧経営者から徴収するらしい。
現在は企業の納付に関しても“時効”があるけど、この件にかんしては時効を外すらしい。
それでも、どちらからも取れない場合は“見舞金”として税金から支出すると。


今だって、従業員からは年金保険料を徴収するものの、年金に未加入の企業も多いのにそうんな事を許していいの?
何も知らずに未納企業に勤めていた人は本当にお気の毒だと思う。
でも、企業経営者が逃げたら税金で補填するというのは、企業経営者の逃げ得を許して、モラルハザードの元になるのでは?と思ったりする。
せめて、企業経営者は財産差押えの上、終身刑にするぐらいの罰があってもいいのでは?

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top