Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

被害者の怒りを受け止める覚悟があってこそよね?

ここ数日、blogを更新していないのにアクセスがあるのはこの裁判に対する関心のせい。


「聞くに堪えない3日間」=元少年から見下ろされた-遺族の本村さん・母子殺害

6月28日19時31分配信 時事通信

 山口県光市の母子殺害事件で、広島高裁で開かれた差し戻し控訴審の公判終了後、遺族の会社員本村洋さん(31)は28日、広島市内で記者会見した。元少年の被告(26)の口から殺意と乱暴目的を否認する言葉が次々と出たことに「聞くに堪えない3日間。あまりにも身勝手な主張が多く、亡くなった者への尊厳のかけらも見えなかった」と語気を強めた。
 本村さんは3日間の法廷に、亡き妻と娘の遺影を胸に臨んだ。この日、被告が退廷する間際、事件後に初めて目が合ったという。「鋭い目でにらみ付けられた。遺族を見下ろされた。きょうほど憤りを感じたことはない」と深い怒りをあらわにした。 

最終更新:6月28日21時8分


本村さんって、若いのに苦労人だね。
普通、この年齢の人ならば、こんなに冷静な対応はムリだと思うよ。
裁判というか、被告とその弁護団の不誠実に慣れてしまっているから、普通なら「ちゃぶ台をひっくり返す」程の怒りをこんなに抑えて表現できているんだよね。
こういう風に対応せざるを得なくなったことを鑑みると、本当に本村さんをお気の毒に思う。

“人権派”の弁護士は被告、加害者の人権をよく話題に上げるけど、この本村さんのように(加害者やその弁護団に)虐げられた被害者の人権を話題にする人権派弁護士が居ないのは何故だろう?
弁護士にとって、被害者やその家族には“人権”は無いのだろうか?
嘗て、死刑反対を標榜した弁護士が自らの妻を殺害去れた時から死刑賛成派に転じた事があったけど、勉学にいそしむあまり“人”の気持ちを何処かに置き忘れてしまっていて、“経験していないから”解らないのだろうか?

イヤ、本当に“人権”を考えるならば、加害者のウソや言い逃れをシャットダウンし、加害者が事件の真実を明らかにする事と本村さんを初めとする被害者に謝罪する環境を作るのがスジなんじゃないの?

“被害者の人権”や“被害家族の人権”の軽視するような、偏った“人権派”弁護士は“加害者至上主義”と看板を掲げればイイと思う。
その方が、被害者も被害者の周りの人間も“怒り”の持って行き先があるから。
そして、加害者の人権を過剰に掲げる弁護士は、加害者の替わりに被害者に怒りを引き受けるべきよね。
勿論、その覚悟があるからこそ、あんないい加減な弁論をするのだろうから、今更言うまでもないのだろうけね。。。(苦笑)

今更。。。だけど、今こそ効果がありそうな。。。(笑)

年年金安心ダイヤルが繋がり難いと言われた頃、何故、全加入者に「確認のお願い」通知をしないのか疑問だった。
いや、2月に晋三クンが否定したとしても、2月と今じゃ状況も違うし、社保庁の“記録”に不信があって「自分の年金記録を知りたい」と思う加入者は格段に多いと思うよ。
社会保険庁だって、電話オペレーターを増やすより、通知を出すシステム手当てをする方がよっぽどコストも安いと思うし。
って、オペレータ増員はフリーターの雇用対策だっけ?


全加入者に履歴通知=年金記録漏れ対策で来年度-社保庁

6月28日17時1分配信 時事通信

 社会保険庁は28日、全加入者に年1回、年金保険料の納付実績を通知する「ねんきん定期便」が2008年度に本格スタートするのに合わせて、同年度に全加入者に対し、具体的な加入履歴を送付する方針を固めた。履歴には国民年金、厚生年金など加入した制度の種類や、サラリーマンの場合は会社名なども含まれる。記録漏れ問題に対応し、国民の不安を払しょくするのが狙い。
 ねんきん定期便は、毎年1回、加入者の誕生月に、保険料の納付月数などの実績を通知する仕組み。さらに加入者が35歳、45歳、58歳を迎える時には、具体的な加入履歴を通知することとしており、今年3月から一部先行実施している。
 具体的な履歴がこれらの年齢時に送付されてくれば、加入者は記録漏れがないかどうか自らチェックすることが可能。ただ、与党などから「全加入者に対して早期に履歴を送付し、不安解消を図るべきだ」との声が強まっていることもあり、同庁は08年度、年齢にかかわらずに加入履歴を送付し、不備がないかどうかいったんチェックしてもらうことにした。
 これに関連して自民党の中川秀直幹事長は同日、山梨県昭和町での講演で「来年12月までに加入履歴を通知すべきだ。そういう取り組みをしてほしいと政府に申し上げている。やる方向だ」と述べた。 

最終更新:6月28日23時1分

私、この5月に45歳になったのだけど「ねんきん定期便」が来ないという事は、先行実施している“一部”には入らなかったって事?
という事は、58歳まで(完全な)年金履歴を知ることは出来ないって事?
転職経験も多く、厚生年金と国民年金と出入りしている私。。。一応年金手帳は見ているから厚生年金の記録は確認しているけど、国民年金の記録には不信感イッパイ。
だって、未だ納入期限が来ていない月の国民年金納付の案内に「納入期限過ぎによる無効」って書かれた事があるんだよね。
そういう経緯があるから、国民年金の加入履歴は記録を全く信用できない。
おまけに諸事情でこの期間の国民年金への加入記録が年金手帳には通常の記録ではないしね(^_^;


年金の記録と言えば、名前の誤読が原因で不明になっているものが多いとか?
誤読ねぇ。。。
私の父は、その昔、銀行その他で名前を正確に読まれる事はマズ無かった。
言ってみれば誤読が前提という事。
最近は子供に凝った名前を付ける親が多いから、益々誤読が多くなっていたりする?
まぁ、父は年金給付可能な年齢までは1つの年金に加入していたし、最初の職を辞した後(で年金給付を受けた後)に入った年金も今はもらえているらしいから問題はないだろうと思う。
一方、母は名前がカタカナ交じり(っていうか、“名”の殆どがカナ)であるにも関わらず、誤読される事もしばしば。
“カナ”を誤読?と思う人も居るかもしれないけど、縦書きが多かった頃には、“ハム”というカナ文字を漢字の“公”と読む人もあったのだから、カナの名前だからといって安心は出来ない。
まして、母の場合は勤めた会社が倒産したり、任意加入の国民年金に入っていたり、制度が変わって2号被保険者になったりしているのだから、データ抜けがあっても不思議ではない。
(って、実際、あって既に手続き済みだけど。。。(^_^; )


まして(×2)、年金基礎番号をコンピュータに登録したときのデータ票の起票者は学生アルバイトだったというのだから、益々安心できない。
私は、大学生の頃、企業向けの研修を行う会社で「顧客台帳」の管理を担当していた。
「顧客台帳」の管理といえば大層な仕事のように思えるけど、研修生が所属する会社をキーにして研修生を「顧客台帳」に記録するというのが仕事。
その頃はコンピュータに入力するのも「顧客台帳」を印刷してくれるのも別の会社に(今で言う)アウトソーズしていたから、私はオペレータさんが入力するためのデータ票の起票と、印刷されてきた「台帳」を元の台帳に貼り付けるだけ。
「台帳」の印刷費用が高かったので全件印刷は半年に1回なので、企業毎にソートされて印刷されている手持ちの台帳に、研修生単位に出力される「更新リスト」を切り張りしていていた。
なんせ、今では考えられないようなチンケなワープロが1台300万円もして、研修資料を作る私は和文タイプを駆使していた頃の話だからね(笑)

ある時、「全農連」と書かれた(研修の)「申込票」があって、既に“全国農業協同組合連合会(JA全農)”は顧客台帳に登録があったにも関わらず、私は「新規客」としてデータ票を起票したことがあった。
私の管理者である担当の女性は、「この団体が“新規客”であるハズがない」と私に「全国農業協同組合連合会」のページを指した。
“新規”と“更新”ではデータ入力料金が違うから、当然チェックされるよね(^_^;
大学の2年生で世間知らずだった私は、「全農連」と「全国農業協同組合連合会」が同じものだとは知らなかった(思わなかった)のよ。

私が特別モノ知らずだったのか?
いや、大学生のアルバイトなんて、程度の差はあれそんなものだと思う。
後は、それなりの担当者(職員)がチェックしているかどうかの違いだと思う。
自治労(=社会主義者)にガチガチに保護された(現)社会保険庁の職員が責任感を持ってチェックしていたか否かの違いだよね。
もっとも、彼らだって、自分の“腹の痛まない”仕事に、どの程度厳密なチェックが出来たか?というと、それを期待するのはムリなんだよね。。。
なんせ、自治労(=社会主義者)に「仕事に責任感を持つ必要は無い」と“教育”された人たちだからね(苦笑)

だったら、国民の“年金に対するチェック”意識が高い今こそ、「各自でチェックしてね~」が社保庁にとっても年金の被保険者である私たちにとっても唯一無二に有効な確認手段だね。
社保庁を助ける云々より、私たちが自分の年金を護る唯一有効な確認手段なんだよね。


あぁ。。。
社会主義者の人は、“未記入”が発覚すると社保庁の人の仕事が増えるから、チェックを控えてね~(笑)

恩は何処に返す? どうやって返す?

ふるさと納税ねぇ。。。

松沢Vs東国原で都市・地方が火花=ふるさと納税で両知事が意見-総務省研

6月27日21時1分配信 時事通信

 個人住民税(地方税)の一部を生まれ故郷などに納める「ふるさと納税」の導入を検討する総務省の研究会(座長・島田晴雄千葉商科大学長)は27日、神奈川県の松沢成文、宮崎県の東国原英夫の両県知事を招いて意見を聴いた。税収減につながる都市部の松沢知事が「導入は不可能」と切り捨てると、地方代表の東国原知事は「地方あっての都市。ふるさとを思う気持ちの実現を」と訴えるなど、両者が激しく火花を散らした。 

最終更新:6月27日21時1分


これって、菅総務大臣の参議院選に向けての「地方重視政策」のポーズでしょ?
こういうものに引っ張り出される地方自治体の知事さんもお気の毒ね。

菅大臣が、ふるさと納税について「高校卒業まで育ててもらった地方へ恩返しをしてもいい」と言っているのを聞いた事があるけど、高校卒業して大学、大学院と何年も税金を払わずにいる子供が都会でお世話になっている事の恩返しを地方在住の“親”はするのか?
恩返しの「ふるさと納税」を考えるなら、「(子供が)お世話になっています納税」も当然ありよね?
都会から地方への1方通行じゃなくて、双方向ともキチンと話題にしてよね。

ニュースステーションでは過疎化の地域の医療問題を取り上げていたらしい。
でもさ、人口1000人当たりの医師の数って、地方と都市部でそんなに違いがあるの?
老人医療は勿論、少子化の影響で東京では小児科はおろか産科でさえ医師が不足している。
子供を増やさなきゃいけないと言いながら、地方の老人医療にばかりフォーカスが向くのは何故?
東京なんて小学校ですら足りない地域があるのよ?
地方のご老人が、「将来の年金負担者」の為に、或いは「現在の年金負担者」に感謝して都会に納税してくれるのかしら?

地方と都会の電話の「通話料」を均一にするために都会の人が負担している「ユニバーサル料金」も地方へ配慮した一種税金だよね。
って、「ユニバーサル料金」は公路料金であっても、お上に払っているわけではないけど。。。(笑)


大体さぁ~。。
政府や行政でかかる費用を削減するなら、人が地方に拡散するのではなく中央集中が好ましいんだよ。
人が出来るだけ近くに住んでいる方が行政コストは安い。
そういう意味では、今の政権は“拡散”ではなく“集中”に政策を舵取りしている。
そんな中、選挙対策のリップサービスだとしても、地方重視政策なんて時代に逆行した政策なんだよね。。。
そういう政策を出している時点で、政策が一環していないと与党に対して×を付ける有権者だって少なくないと思うよ。





っていうか、交付税も削られて益々貧しい行政サービスを甘受しなければならない都市生活のことももっと考えてよね。。。
人口当たりの納税者の割合って、地方の方が絶対多いはずなんだから。。。






そういえば、電話料金だけじゃなくて、マクドナルドのハンバーガーも都市部料金と地方料金では違って都会料金の方が高いらしいね。
マクドナルドのハンバーガーは滅多に食べないけど、都会が住みにくくなると、益々「田舎暮らし」が流行るんだろうな。。。

総務省や政府与党は、勿論、その後の増加行政コストの算出だって済んでいるはずよね?
その目論見をキチンと提示して欲しいわ。





っていうか(×2)
地方税は行政サービスの対価なのだから、住んでいない場所に税金を払うのは基本的に間違っている。
育ててもらった地域に恩返しをしたいのであれば、“税金”ではなく“寄付”をすればいいい。
行政はそういった“寄付”行為の推進をすべきであって、、税金の払い場所を弄るのではなく地方自治体を初めとして公共機関に対する“寄付”を損金として課税対象から外す事を考えるべきだと思うわ。

これを納得できる人がいるのか???

佐原からの帰りは下道。
高速ではなく一般道を使って帰ることにする。
千葉までほぼ2時間の予想をしたのだけど、成田山入り口の渋滞につかまって3時間弱かかってしまった。

行きつけのSPAの会員の期限が今日までだからSPAにも寄ってみようか、と思いながらも、SPAに寄るのは若干“面倒”とも思う。
逡巡しながら車を走らせているのだけど、選んだ道はなんとなくSPAの方向。
そのままSPAに行き、着いたのは17時少し前。


むーーーーー(-_-;

受付をすると、会員の期限が切れていると言う。
会員を更新するか、ビジター料金で入るかと聞かれた。

会員証
(って、わざわざ会社名を解るようにボカす私の性格の悪さ (^_^; )

って言うか、この会員証を見て、6/24の今日、会員の期限が切れていると思う人は何人いるかしら?
この会社の関係者以外は居ないと思うけど?
日本語で普通に読むと、今日の6/24は未だ会員のハズだものね。


「期限は今日迄ですよね?」
と確認したら、
「期限は今日迄ですが、会員資格があるのはここに書いてある日付の前日迄です。」
だって。

この会員証の何処にそんな事が書いているあるのかは解らないけど、会員資格は会員証に書かれている“有効期限”の前日までしか有効ではないらしい。
少しではなく、かな~~~りムッとしたわ。

少し前からこのSPAが提供するサービスに疑問があったから、今回は会員の更新をする気はなかった。
偶々、今日が期限の最終日だったから行く気になっただけ。

有効期限が切れていて会員資格が無いと聞いて、思わずムッとして、
「会員の更新はしません。今日は帰ります。」
と言って出てきちゃったけど、そもそも最近はその程度の施設だったね。
っていうか、何度経験しても、気分の悪い施設だわ。
正直言って、この会社のHPにBBSがあったらこの鬱憤を苦情として直接書き込みたい気分(苦笑)
って言うか、サービス業なのに、こんな程度のサービス提供しか出来ない会社には怒りを感じるのよね。。。

怒りのついでに、「こんな、いい加減な客あしらいをするから倒産するのよ!!!」と思ったりする。
そう、このSPAは民事再生法適用中で、2年前に倒産して今は未だ再建中なのよ。
ここの最近のサービスを見ると一時的な割引サービスでお客さんが来たとしても、リピータは離れるよ。。。
と思っている上でのこの対応だものね。
これでは倒産するのも頷けると思ってしまうわ。


そういえば、つい先日は渋谷でも客(の安全)を軽視したSPA施設があったね。
SPAは、健康ブームや“癒し”ブームで追い風を受けている産業だけど、追い風にいい気になって客を軽視すると直ぐに逆風に煽られるよ。
そもそもSPAだって“水”商売だしね。

私はこのSPAにはもう2度と行く気はない。
客あしらいがこんなにいい加減な会社ではどんな事故が起きるか解らないもの。
SPAという本来リラックス空間で、緊張と不快感を強いられるのはゴメンだものね。

冤罪と匿名と名誉回復と

なんだかなぁ。。。


証人申請却下に怒り=無実男性、「5年間長かった」-富山冤罪事件

6月20日19時1分配信 時事通信

 女性暴行事件で誤認逮捕され、服役後に無実と判明した男性(40)は20日、再審初公判終了後、富山市内で記者会見し、弁護側が求めた取調官の証人尋問が却下されたことについて、「採用されると思っていた。怒り心頭に思う」と話し、「日本の裁判のやり方が昔のままで非常に残念だ」と批判した。
 男性は約5年ぶりに法廷に立ったことについて「同じ法廷なのでいい気分はしなかった」と感想を述べた。また、これまでの5年間について「非常に長かった。言葉に表せない思いでいっぱいだった」と胸中を明かした。 

最終更新:6月20日22時1分


この裁判官達は、何のために取調官の証人尋問を却下したのだろう?

冤罪事件に関しては、最近では志布志の事件が有名だけど、それだけではない。
そういう意味では、今後の冤罪を少しでも少なくするためにも、どういう取調べをした結果冤罪に結びついたのか(って、冤罪って最初から“罪”を作っているのだら、原因と結果が逆か。。。(^_^; )
でも、冤罪を作れば警察も検察もこうやって“責められる”という前例を作れば冤罪も少しは減るかもしれないのに、検察・警察を護っただけの結果になってしまったのが残念だね。
“冤罪”は、最終的には“判断”した裁判所の責任であって、証拠を精査しなかった検察や、証拠や自白を捏造した警察の責任ではない と言ったに等しいよね。
今回の件で、どんなに“証拠”のありそうな事件でも、警察が証拠を捏造したかもしれないし、検察がその捏造を認めたかもしれないし、裁判所はその捏造の責任を負うという構図が出来たと、国民に思われても仕方ないよね。
だって、“捏造”の過程に裁判所自らが“蓋”をしてしまったのだからね。

そうそう、ついでに言わせて貰うならば、この男性に支払う“慰謝料”(正式名称は忘れた (^_^; )は私が払った税金の一部から払われるのだから、この裁判官は彼を“無罪”というならばその根拠を明確に私(たち納税者)に示す義務もあるのよ。
その“義務”を怠るならば、この男性に支払う“慰謝料”は裁判官たちで負担するのかしら?

なんて、冗談はさておき。。。だよね。。。
テレビのニュースで、この男性が匿名なのは何故?
多分、本人の希望なのだろうとは思いたい。

でも、彼が“犯人”だった時には実名報道されているんだよね?
なのに、“冤罪”(=無実)と解った時には匿名?
それじゃ、その男性の“名誉”は回復されないんじゃないの?

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top