Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

不思議

ふ~ん。。。
こういう戦法もあるのね。。。って感じ(^_^;

見せしめ懲罰と批判=社・国民新

6月19日21時2分配信 時事通信

 社民党の福島瑞穂党首は19日、国会内で記者団に対し、衆院本会議で民主党の内山晃氏に対する登院停止30日間の懲罰動議が議決されたことについて「(衆院厚生労働委員会で)強行採決した側に問題があるにもかかわらず、それに刃向かった人間は見せしめにする。自己中心的な政治、暴走政治としか言いようがない」と与党の対応を批判した。
 国民新党の亀井久興幹事長も記者団に「こういう処分を与党が多数の力で押し切ることが認められれば、恐怖政治につながっていく」と指摘した。 

最終更新:6月19日21時2分

実は私は内山代議士とは面識がある。
会って話しをしたのはもう3年も前の事だけど、社会保険労務士でもある内山代議士は初対面の私に年金に関する自身の著作の購入を依頼したのよね。。。
なんて事はどうでもいいけど、内山代議士に色々喋られて困るのは、本当は民主党なんじゃないの?
あたかも自民党が党利の為に強行採決で登院停止にしたようだけど、彼が登院停止になって本当にラッキーなのは旧社会党を擁する民主党だよね?(苦笑)
これが“政治の世界”だとしたら、政治不信の元凶は誰か?という事になりそうなんだけど。。。?(笑)


それにしても、晋三クン率いる自民党は情けないね。
晋三クンやその取り巻きの“若さ”が裏目に出て、“一見”老獪な一郎クンの術中に嵌った感じだね。
政治の世界で相手の術中に嵌ってしまうのは、それはそのまま“政治的手腕”を問われても仕方のない事。
そういう意味では、年金問題は元は旧社会党の労働者保護政策に譲歩した(一郎クンが率いた当時の)自民党の失策だとしても、その時のウラを知っている今現在の民主党(執行部)に責められる立場に立たれてしまったと言うだけで、今の自民党執行部は×だよ。
政治能力を疑われても仕方がないよね。
そういう意味では、晋三クンは“若さ”故の“青さ”だけで“政治力”は足りないと言えるのだろうね。


それにしてもなぁ。。。
1997年の年金基礎番号が設定された当時、年金加入者には社会保険庁から「あなたの年金記録はこれで正しいですか?」という確認があった。
「違っている(異議がある)ならば返信して欲しい」と言うメッセージと共に。
私は大学生の時には年金に加入していなかった(20歳以上は加入の義務はあったが学生は免除の条項もあった)ので、社会人になってからの記録が記されていたから“OK”とした。
だから、今問題になっている人たちはその時に異議を申し立てなかった人のはずだよね。
でも、最近の“中に浮いてる年金記録が5000万件もある”というニュースを聞いて、「その時確認しなかった人が5000万人も居るのね~」と単純に思っていた。
って言っても、5000万人って日本の人口の約半数で、当時の年金加入者数から推察するに殆どの人が間違って記録されているという事で、それは信じられない数字だよね(^_^;
確認の連絡が来ていたのだから多くの人は確認していたハズで5000万件という数字が眉唾だと思ったら、こんなニュース。

<年金問題>基礎番号導入後、統合作業を1年半放置

6月19日21時52分配信 毎日新聞

 年金記録の不明問題を巡り、社会保険庁が基礎年金番号導入後の97年3月、加入者から番号通知の返信はがきを916万枚受け取りながら、98年10月まで統合作業をしていなかったことが分かった。被保険者全員を基礎年金番号記録でまとめるとしながら、統合作業が初期から遅れたことが、約5000万件に上る不明記録が残った一因となった疑いが出てきた。
 19日の参院厚生労働委員会で辻泰弘議員(民主)が指摘した。社保庁によると、同庁は97年1月に1億150万人に基礎年金番号を設定し、郵送で事前に通知した。うち受給権者を除いた約7000万人に97年2月を締め切りに返信を求め、同3月時点で916万件の回答があった。ところが同庁が、同じ人の持つ国民年金や厚生年金の別番号の記録を整理し、まとめる作業を始めたのは98年10月6日からだった。
 しかし、受給権者を除いたうえ、返信した人の中でも55歳以上の人は照合の対象とはしなかった。辻議員は、これらが原因で多くの記録が現在も不明のまま残った可能性があると指摘。柳沢伯夫厚労相は「916万以外についてもなるべく統合するため(氏名、性別、生年月日の)3条件の一致する人を見つけるなどしていた。無駄な時間を費やしていたのではない」と述べた。【野倉恵】

最終更新:6月19日21時52分

これって、異議を申し立てた人の記録すら確認されなかったって事よね?
これも社会党の“労働者保護”の名の元の“サボタージュ”の“成果”なのかしら?

こういう公務員の不適切労働を見聞きする毎に、戦後日本にはびっこった“社会主義思想”の“負の遺産”を思う。
スト権を持たない事の引き換えに民間企業では考えれらない(劣悪な)労働生産性を是とし、民間企業では考えられない(上等な)労働環境を得る事を当然とした思想が何故に公務員にだけ定着したのか?
って、公務員は“利潤を追求していない”からなんだけど、資本民主主義が政治命題だった日本で公務員に極端な社会主義が定着した不思議を思うわ。。。
そしてそれが今の、社会主義者たちからの“(政治的な)追求の的になっている逆説”も不思議に思う。。。

詐欺の土壌。。。

昨日、コムスンの不正請求(申請)のニュースを初めて知った時には、そんなに驚きはしなかった。
何故だかグッドウィルグループにいいイメージがなくて、グッドウィルグループが介護事業に参入した時は大きな違和感を感じていたから。
だって、この会社って“利益”が大事な会社に思えていたのだもの。

でも、厚生省から今後3年間のコムスンへの介護事業展開を認めない(事業所の新設と更新を認めない)と言う裁定が出た時、マスコミ各社の論評は「コムスンは怪しからんけど、介護事業所が実質なくなるのは被介護者とその人を介護している家族にしわ寄せがいく」と言うもの。
その論調がややグッドウィルグループ擁護見えて、あまり気持ちのよいものではなかった。
確かに、現在ある2081の事業所が、来年度には1424事業所に、2011年には426事業所になるのだから利用者にしわ寄せが行くと考えるのは自然。
コムスン以外に充実した介護を行える事業者が無いという地域からの不安の声が多く聞こえる。

でもなぁ。。。
本来、介護事業者に占めるコムスンの割合が少なければ、コムスンの事業が縮小されてもそんなに影響はないでしょ。
利用者はよりより事業者に乗り換えればいいだけなのだから。
利用者が事業者を乗り換えられないほど、事業者の絶対数が少ないのが問題なんじゃないかなぁ。。。
そもそも、競争がないと言うところに、不正の土壌があるのよね。


お役所って、新しい事業を始める時って、“認可制”にすることが多い。
認可制にするという事は、お役所がその事業者の“善”を保証するという事。
一方、事業者側にとっては、新規参入者を排除できることによって、其処にある“旨み”を既得権のある少数で分け合える旨みがある。
お役所だって、業界に旨みをもたらすキックバックを受けるという旨みがあるしね。
そう考えると、この“認可制”というのが、不正の温床でしょ?

認可制なんかにせずに、登録制にして行政はその監査(不正のチェック)に責任を負うというスタイルにすればいいのに。
“悪”はあるハズで、いかに“悪”を見落とさないかを行政の仕事とすればいいだけの事。
行政の仕事は今より増えるかもしれないけど、登録制にすることによって事業者が増えて競争原理が働く。
競争原理が働けば、「安いけどサービスはイマイチ」、「サービスはいいけど高い」という棲み分けが自然に出来てくるでしょ。
あとは、利用者の選択なのだから。
って、“介護”に関しては、介護を受ける人が取捨選択するというのは難しいもので、家族や周りの判断が必要になるのだけどね。。。


あぁ。。。
それにしても、コムスンが関連会社に営業譲渡するというのは、なんだかな。
コムスンにもグッドウィルグループにも反省が全く感じられないというか。。。
勿論、被介護者にとって介護事業者が居なくなる痛手は大きいと理解はしているけど、それでも関連会社、グループ会社への譲渡ではこれまでと何ら変わらず、被介護者が介護事業者による“詐欺”に遭うだけだと思う。
今回は行政が積極的に乗り出して、それこそ第3セクター方式でも、コムスンからの介護士やケアマネージャーを受け入れた介護事業所を作ってもいいんじゃないかなぁ。。。と思う。
勿論、第3セクというのは一時避難であって、将来は民間事業所として独立する前提にしなければならないと思うけどね。
今は、介護事業者の“経営者”(=親会社、グループ会社)今のものから完全に切り離した上で、介護が継続できるような方策を行政は考える必要があると思うな。

風が吹けば。。。じゃなくて温暖化で食べられなくなるもの。。。

一昨日、昨日と、日本でうどんに使われる小麦粉の95%を輸入するオーストラリアが干ばつで小麦が生産できないというニュースを見た。
今日は、大豆の生産業者がとうもろこしの生産に転作して、大豆が不足しているというニュース。
どちらも環境問題に大きく関係した将来の食料問題なのだけど。。。う~~ん。


オーストラリアの干ばつは、地球温暖化の影響らしい。
温暖化によって上昇した気流がオーストラリアの西海岸あたりで下降気流になって、高気圧となるらとか。
その高気圧の影響で、去年、今年と殆ど雨が降らない状況だとか。
テレビに出ていた小麦農家は日本に輸出する小麦を専門に作っている農家だったけど、去年は作付けが出来ずに炭鉱に出稼ぎに出ていたとか。
今年は多少の期待を持って作付けをしたという。

先ず、オーストラリアがこれほど酷い干ばつに見舞われている事を全くしらなかった。
知らなかったのは、多分、興味が無かったのだよね(^_^;
まさか、日本のうどんに使われる小麦粉の殆どがオーストラリアから輸入されているとはしらなかったからと、いい訳してもいい訳にならないね。
95%というか“殆ど”と言って差し支えないのだと思うのだけど、讃岐うどんは基本的に讃岐の小麦を使っているものしか“讃岐うどん”を呼称してはいけないというし、そうは言いながらも香川県で賄っている小麦の殆どは群馬県産なんだよね。
で、群馬県もおきりこみや水沢うどんなどうどんの生産地。
名物と自称するぐらいだから、その小麦は地元産なんだと思っていた。
そういう意味では、シマダヤやまるちゃんなどの大手の製麺会社のうどんは当然輸入小麦を使っているとは思っていたけど、その多くが“アメリカ”だと誤認していた(^_^;
そっか、エネルギーを使いすぎると、うどんも食べられなくなるのね。。。
って、このままオーストラリアの干ばつが続くと、来年や再来年にはうどんは“高嶺の花”的な食べ物になるのかもしれないよね。。。
チームマイナス6%運動をもっと推進しないとねと思う。


でもなぁ。。。
もう1つの話題には、?

大豆不足は、環境問題、エネルギー問題に関連して最近流行のバイオエタノールの作成に使用されるとうもろこしを作るために大豆の生産農家が減っているのが原因。
エネルギー問題が環境問題に大きく関連するのは解るけど、バイオエタノールの生産の為に本来人間が食べる植物性の食物を使うのはどうなの?と思う。
なんだか本末転倒している気がするのは私だけ?

って、きっと私だけなんだろうな。。。(^_^;
環境問題に高度な意識を持っている人は、人間が穀物を食べられなくて餓死しようが、人間が食料としている動物を飼育できなかろうが、本来地球上に人間が多すぎるのがいけないと思っているのだろうね。
でも、私は、環境問題は、地球上の人間以外の動物の生態系も含めて、人間もが“生きていく”ための方策だと思っているから、人間が食べるものを根こそぎエネルギーにしてしまうのは違う気がするのよ。

まぁ、日本人ほど大豆を食べる人種が少ないという事なんだろうね。
今日のテレビでは“豆腐”が問題視されていたけど、大豆と言う観点では納豆もそうだし、お味噌やお醤油といった調味料や湯葉や黄な粉など日本には大豆製品が多い。
最近では、女性ホルモンと同じような働きをするといわれて、とみに消費量が増えているような気がする。
でも、鯨やマグロなどのように西洋人にとって重要な食材でないものは、他の民族にとって重要な“食材”であっても簡単に“工業製品”にされてしまう。
それも、資金力をつかって根こそぎ。
テレビでは、オーストラリアの小麦生産農家が去年も今年も収入は殆ど無いと言っていたのに対して、アメリカやアジアのとうもろこし農家は去年の収入は例年の2倍以上あったとか。。。
日本人って、“資金力をつかって根こそぎ”なんていう行為をあまり好まないので、“全くない”とは言わないけど西洋人ほど極端ではないからそんな発想は少ない。
それで大豆の必要量の生産を農家に頼むことすらできずにいる。
っていうか、足元を見られて、「大豆かとうもろこしか儲かる方を作る」といわれているのに、資金をつぎ込めずに居る。
資金をつぎ込めないのは日本人の気質の問題だけでなく、長いデフレで原材料にそれほどの資金をつぎ込めないのも原因のひとつではあるのだけどね。。。


でも、それで本当にいいの?
これまでの環境問題の多くはその西洋人の“根こそぎ”行動様式と、自分たちの使いたい部分しか使わないという贅沢(偏りがもたらしたものでしょ。
こんな偏りを続けていて“(地球)環境”がよくなるとは思えないんだな。
環境問題なんていうのは、要は“バランス”の問題だと思うのだけどなぁ。。。


っていうか、偏った行動様式が顕著なあの国民とあの国民が地球以外の星に移住してくれれば、地球環境は安泰と密かに思っていたりすんだけどな(苦笑)

どっちもどっち。本当に実態を知っている?

年金の支給漏れに対応する年金時効撤廃法案や社会保険庁改革法案の審議、採決で国会が喧しい。
というか、いつものように、選挙に絡むパフォーマンスなんだけどね。

選挙に絡むパフォーマンスと言う意味では、野党がやや有利?
有権者に受けそうな状況展開が出来ているような気がする。
って、気がするだけだけどね(-_-;


委員会での審議日数僅か1日の年金支給漏れ問題に関しては、今日の党首討論で一郎クンが晋三クンに「政府の責任」を認めるのか否かを迫っていたようね。
今、野党だと、安直に「政府に責任がある」と言えるから、国会対策の面でも選挙対策の面でも楽でイイわね。
この問題が起きた当初の政府・与党の責任者の1人に名を連ねていたのはダレでしたっけ?(苦笑)
一郎クンは与党自民党の幹事長だったし、直人クンは厚生省の大臣じゃなかったっけ?
当時の与党幹部が他党に逃げた場合の“政府=”の右側に来るのは誰なんだろうね?
もしかしたら、今の与党って、今や野党の幹部に“逃げて”しまった人たちの尻拭いをしているだけ?

社会保険庁の改革法案についても同じ事。
“この法案では社会保険庁の改革なんて出来ない”だなんて民主党は言っているけど、本心は違うでしょ?
社会保険庁の職員が公務員という立場を失う事は、民主党の支持母体が弱体化される事になるから認めたくないだけでしょ?
民主党や社会党を支持する自称“改革派”の市民は良く公務員の非効率を問題視するけど、民主党や社会党は公務員の労組(自治労)などを大きな支持母体としている。
公務員が非効率な仕事振りで多くの人員を必要とするという事は民主党や社会党の支持母体を大きくすることに繋がる。
言い方を変えれば、改革をされると困るのは民主党や社会党なのよね。
だからこそ、民主党じゃ選挙前に社会保険庁改革法案が国会を通っては困るのよ。
そういう背景を知って自らの利益の為に民主党を支援する人もいれば、そういう背景を知らずに“改革”の文字に躍らされて民主党を支持する人もいる。
でも、そういう意味では、後者は後で民主党を支持した事を後悔するかもね。
って、もしかしたら一生気が付かないか。。。(^_^;


さてさて、年金の支給漏れ問題に関しては問題が大きすぎて1日の審議では、審議が尽くせないという意見には賛成。
5000万件といわれる、支払い先が不明になってる年金を正当な受給者に支払うのは当然だとしても。。。

先ず、いかにして納付証明をするか?
“領収証”が1番確実な証明なのだろうけど、私自身、国民年金を支払っていたある時期のうちの数ヶ月の“領収証”を持っていない。
なぜなら、確定申告の際に添付したから。
国民年金をずっと払い続けている人や、銀行引き落としにしている人がどういう事務処理をしているのか知らない。
私の場合は、勤めていた会社を退職して国民年金に加入して、別の会社に勤めた為に再び厚生年金に加入している。
その国民年金の保険料が確定申告(私の場合は会社の年末調整)で控除対象になったのだけど、11月に納付証明たる控除証明書が送られてきた。
これが10月までに納付したものしか“証明”してくれていない(当然)ので、その後に納付したもの(私の場合2か月分)は領収書を添付して年末調整をしたので、この分の領収書は手元にはない。
この領収書を出せといわれたらどうしようかしら?
おまけに、この年金保険料は滞納していて、納付期限ギリギリ(本来の納付期限の2年後)に納付したから、本来年金を納付しなければならない年の控除対象にもなっていないから、役所の記録からもその年の国民年金納付金額の数字を掴む事は出来ない。
この場合、2か月分の納付証明はダレがしてくれるのかしら?
こういう受給者は、今の与党案ではどう救ってくれるのかしら?

もう1つ、深刻な問題がある。
今は従業員を雇用する“会社”は厚生年金に加入しなければならない。
(以前は従業員5人以上だった時期もあるけどね。)
ところが、加入義務のあるのに厚生年金に加入していない法人が多くある。
そういった法人であっても、厚生年金への未加入を従業員に説明して従業員が国民年金に入っていれば問題ない。
でも、従業員からは厚生年金保険料を徴収しながら厚生年金に加入していない事業主も多く居る。
そういった法人の従業員は、給与明細上は年金保険料を徴収されているのに、実際は年金未加入なのよね。
事業主が従業員にその事実を明かさない限り解らないので、従業員は年金をもらえると期待して手続きに行ったら“未加入”だと宣告される事になる。
こういう人たちは、本人たちは加入しているつもりだし、社会保険料は(事業主がネコババしているにしても)源泉徴収されているのだから当然「私には権利がある」というよね。
ただ、年金支給側から見ると年金保険料を納付していないのに支払う事は出来ない。
今日の一郎クンの党首質問を聞いていると、こういう人にも支払うといっているように聞こえるのだけど、こういうケースには民主党案(?)ではどう対応するのかしら?

夜のワイドショーで見た委員会審議では、「年金受給者は困っているんですよ」という野次が聞こえたけど、それを言った人だって、本当にこういう実態を知っているとは思えないんだけどな。


さて、私の会社はちゃんと厚生年金に加入しているのかしら?という人は社会保険事務所で確認できるらしいですよ。

死者に鞭打つ。。。

松岡農水大臣が自殺した。
亡くなった松岡大臣の冥福を祈る。


死者に鞭打つのはいただけないと思うものの、今回の自殺には“何かを語りたくないため”の死という印象がぬぐえない。
刑事訴訟を受けるかももしれない“談合疑惑”をもたれている大臣という立場であれば、生きて弁明なり真実なりを語る義務があったのでは?と思う。。。


って言うか。。。
この“事件”に関する慎太郎君のコメントにちょっとカチン(^_^;
「(談合疑惑は別として、)自殺するなんて、彼はサムライだったのだと思う」。。。

“サムライ”だったら、何も弁明することなく“命を粗末”にすることが“是”なの?
“死ぬ事で責任を果たそうとする”姿勢って、“美しい日本”の閣僚としてもどうかと思うけど、“大人”として子供の教育の為にいい事ですか?
疑惑の最中で自ら命を絶つことは、従来の日本では身の潔白を証明する“潔さ”や“美徳”だったかもしれないけど、今の日本では“悪”でしかない。
命を絶つことで“口を噤む”のではなく、生きて“証言”することが大臣や国会議員としての最後の“正義”と思うのだけどなぁ。。。


松岡元大臣については“法”に触れる部分を検察や東京特捜部が充分な検証をするのだと思う。
ただ、一般市民としては、彼がどんな不正に関わったのか?と言う事と、どんな“権力”を発動したのか?という事を是非はっきりさせて欲しいと思う。






2007/5/29追記
 酔っ払って書いた文章って、やはりヘンだね(^_^;
 という事で、文意は変えていませんが、文章には手を加えました。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top