Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

ルールや法を運用次第でどうにでもなると思う事が間違い。

今日はこのニュースで喧しい。

<特待制度>実施386校、7971人 公立は1校 高野連氏

5月3日20時22分配信 毎日新聞

 日本高校野球連盟は3日、日本学生野球憲章違反となる特待制度の全国調査の最終結果を発表した。軟式を含めた延べ4768校の加盟校中、制度を実施していたのは計376校、適用部員は7971人に上った。軟式で違反の8校はいずれも硬式と同一校で、延べチーム数は384校。また、同窓会組織からの奨学金を部員が受け取っていた福岡市立福翔が、公立校で唯一の違反となった。高知県だけは違反校がなかった。
 最新の統計によると、加盟私立校は硬式が784校で、48%が野球を理由とした特待制度を実施。学費免除などを受けていた選手は、学校長の指導で5月中の試合出場を差し止められる。
 日本高野連は今後、各都道府県高野連の役員を務める私立校校長を集めて「特待生問題検討私学部会」を発足させ、幅広い意見を募って学生憲章に抵触しない特待制度の明確な基準作りに着手する。24日に第1回会合を開き、11月下旬の全国理事会、評議員会までに提言をまとめる予定。
 憲章違反の申告をした学校は、都道府県別では福岡が最も多く27校(804人)で▽愛知26校(514人)▽東京20校(214人)▽千葉18校(210人)▽埼玉県17校(266人)の順。日本高野連の田名部和裕参事は「学生憲章は尊重するが、運用の仕方に問題があった。今後明確な基準を作りたい」と語った。【滝口隆司】

最終更新:5月3日21時17分

個人的には何故スポーツ特待生が問題になるのか解らない。
野球を初めとするスポーツだって“教育”の一環であるハズなのに、高野連は学業が出来る子供の“優待”は認めるけど“野球”に才能のある子供の才能を伸ばす支援はNGだといっているのよね?
だったら、高野連は甲子園を初めとする野球の大会を運営するのを辞めれば?
極端な話、甲子園の大会がなければ野球のスポーツ特待生制度なんてダレもしなくなるよ。


そもそもこれって、西武球団が学生に金銭供与した事が問題だったんじゃないの?
それがいつの間にプロ球団から学生への金銭供与については語られなくなって、高校生の“スポーツ特待生”が槍玉に挙げられている。
なんだか、もっと汚いものを隠すためのスケープゴートにされている感じね。
って、この学生憲章ってプロ球団からの金銭供与で問題になった“大学生”にはまったく適用されない“憲法”であって、高野連が今更動くような筋のものではない。
憲章そのものは80年近く前にできたものらしいけど、少なくとも私が高校に行っていたような30年近く前には学費その他で優遇を受ける“スポーツ特待生”は厳然としてあったし、それは野球選手に重点的に適用されていた。
例えばある地域ではバドミントンとハンドボールが就職するには有利なスポーツと言われている。
その地域では他の県に比べれば高校にバドミントン部とハンドボール部が多く、地元企業もバドミントンとハンドボールに力を入れている企業が多い。
就職で有利となれば、学校もバドミントンとハンドボールで有名な選手を入学させたい。
そんな地域では、中学時代にバドミントンかハンドボール部に所属していて技能優秀な選手は、公立高校においては学費といった経済以外の部分で“優遇”をしていた。
そんな地域でも野球は特別に優遇されていた。
今、大リーグで活躍している某選手だってその地域のスポーツ特待生だったから、彼はバドミントンやハンドボールの選手と比較しても学費は大幅に免除されていたと容易に想像できる。
逆に、「スポーツ特待生」という制度がなければ、その大リーガーは生まれていなかったかもしれない。

スポーツである以上“ルールを守る”事は当然大事だけど、30年以上も放置してきたという事は(政治家が憲法や法律を“解釈”どうとでも運用するように)高野連がそれを容認していたという事なんでしょ?
自分たちが学生の時には“スポーツ特待”を受けた人たちが、今更“ルールを厳正に”だなんていっても説得力はないし、ルールを厳正に運用する事を放置してきた人たちが今更“ルールを厳正に運用する”と言った処で説得力はない。
高野連のいう事に説得力がないからこそ、今回の措置(って、未だ裁定されたわけじゃないけど。。。)に賛否の“否”の意見が多いのでしょう?

もし誰かの保身の為に今の学生が犠牲になるのだとしたら、これ以上に“(教育上の)悪弊害”はないね。

って言うか。。。引用記事の最後の1行に一番納得が行かないのよね。。。
“ルール”は運用次第でどうにでもなるものはなく、ルールを運用する人がルールは運用次第でどうとにでもなると思っているのが“問題”なのだと思うけど?


でも高校に入学する前の中学生が“スポーツ特待”と言う形で“将来”を縛られる事も可哀想だとも思うのよね。
私の中学時代のクラブの先輩はスポーツ特待である高校に入った。
その後、怪我をしてその競技を続ける事が出来なくなった。
競技会で結果を残す事を“ノルマ”とされているスポーツ特待生だったので、そのスポーツが出来なくなって学校を辞めざるをえなくなった。
18歳という、普通であれば高校を卒業する年齢になって、学校を辞めて改めて学校に入りなおさなくてはならなくなった。
そういう意味では、スポーツ特待生という制度も、必ずしも学生にHappyな制度ではないのよね。

その先輩は家庭の事情で公立の職業高校に進学する予定だったので、実際の進学先となった学校からの支援がなければ(私立の)高校に入ってまでそのスポーツを続ける予定はなかった。
そういう意味では、スポーツ特待生制度って、経済的な理由で才能を伸ばす機会を失う学生を救う制度だともいえる。
これって民主党を初めとする“改革派”がお好きな“格差是正”に貢献しているといえるよね?
だったら民主党は高野連にもっとプレッシャーをかけてもいいのでは?(笑)
あぁ、旧社会党系というか、“何でも平等”主義者には、才能のある人だけが才能を伸ばす機会を与えられるのは“格差”で怪しからん事だったね(苦笑)
まぁ、そんな戯言はともかく、スポーツ特待生制度が経済的な理由で才能を伸ばせない子供を助ける事になるのであれば、それはある意味“社会貢献”になるのでは?と思うよ。




Continue reading

酔っ払いのたわごと

今日3つ目のエントリ。。。
既に酔っ払いのたわごととなっています。。。(^_^;
故に、明日になったら、大幅にエントリを書き換えているかもしれません。。。m(__)m


65歳時点での厚生年金試算、2051年度には37万円?

4月27日0時27分配信 読売新聞

 厚生労働省は26日、昨年公表された新しい人口推計に基づき、65歳になった時点で受け取れる標準的な厚生年金の給付額の暫定試算を初めて公表した。

 試算は、夫がサラリーマンで妻は専業主婦という世帯の給付額について、2006年度に夫妻ともに65歳、60歳、50歳、40歳、30歳、20歳という六つのパターンごとに示した。

 12年度以降の物価上昇率は年率1%、賃金上昇率は年率2・5%、運用利回りは年率4・1%と仮定している。

 この結果、標準的な試算では、06年度に夫妻ともに65歳なら、給付額は06年度に月22万7000円。これが、06年度に60歳の夫妻は「(65歳となる)11年度に月23万5000円」、50歳なら「21年度に月24万5000円」、40歳なら「31年度に月27万8000円」、30歳なら「41年度に月32万2000円」、20歳なら「51年度に月37万3000円」を受け取れる、とした。

最終更新:4月27日0時27分


アルコールに冒された脳では、この記事の言わんとすることが理解できません。。。(^_^;

公的年金は、私企業(保険会社)の(個人)年金と違ってその支給額は物価スライドが前提となっている。
今の物価水準で夫婦2とも65歳以上の人の世帯に22万7千円支給されているとして、2011年に夫婦2人とも65歳の世帯への支給は23万5千円、今の20歳が65歳になる2051年度の試算が37万3千円というだけでしょ?
何処に問題があるの?
物価スライドがある故に現在のまま試算すると民間の個人年金と比べて“お得”という結果が出たことが“不満”とも思われるような印象を受けるのは、私が今酔っ払っているからだろうね。。。
民間の“年金加入は不利”の大合唱と反する結果だから控えめに、そしてやや批判的なトーンでの報道なのかしら?(笑)

“個人年金”や“貯蓄”は物価スライドがない。
あえて言うならば“株式投資”が物価スライドに近い。
今30歳の人が“公的年金は元がとれない”と今現在も年金を需給している人がその子供たちに間違った教えをしている。
年金は“保険”なのだから、元が取れるか取れないかはケースバイケース。
老齢年金受給年齢以前に障害者となった場合は障害者年金と言う形で年金を受給できるから、20歳になって年金に加入して1ヶ月で不幸にして障害者となってそのご40年生きたとしたらたった1ヶ月の納付で600ヶ月の受給を受ける。
これって元が取れる以上に“お得”よね。

また、20年後の物価が今の1000倍にインフレしたら、個人年金(契約によって違いがある)や預貯金は実質1/1000の価値に目減りする。
今の10000円のものが20年後には10円の価値しかなく22万7千円ではガムの1つも買うことはできないけど、公的年金であれば(細かい計算は無視して単純計算すると)2億2700万円の現金給付を受ける事になる。
まぁ、20年後の日本が、10数年前のイタリアの様な超インフレに見舞われなければそんな計算は成り立たないけど、それもイタリアでの1000倍なんて生易しくないインフレを見たら全く“現実的ではない”とも言えないよね。。。(苦笑)


で、元に戻るけど、この記事の要旨は?

モラル。。。レス。。。(-_-;

ここ数日、晋三クンの私的有識者懇談会の設置に関してのニュースが喧しい。

解釈変更による容認は問題=集団的自衛権の行使-自民・山崎、谷垣氏

4月26日17時1分配信 時事通信

 自民党の山崎拓前副総裁は26日昼、山崎派総会であいさつし、政府が集団的自衛権行使の個別事例を研究する有識者懇談会を設置したことについて「解釈改憲、政権によって政策が変わることになれば、憲法の土台が揺らぐ。解釈で集団的自衛権行使を取り扱うことは非常に問題がある」と述べ、憲法解釈の変更によって行使を認めることは問題との立場を示した。
 谷垣禎一前財務相も谷垣派総会で「解釈の変更によって行うべきではない」と同様の考えを示すとともに、「安倍晋三首相好みの人を集めたのではないか」と指摘し、メンバーの人選に疑問を呈した。

最終更新:4月26日17時22分


エロ拓は私も嫌いだけど、


解釈改憲、政権によって政策が変わることになれば、憲法の土台が揺らぐ。解釈で集団的自衛権行使を取り扱うことは非常に問題がある

この部分に限れば、この意見は真っ当なんじゃなだろうかと思う。

憲法なんて“解釈でどうにでもなる”というものではない。
政権の(私的な)“解釈”でどうにかなるものであれば、政権が変わる度に“法律”を変えなければならないものね。
そうではなくて、憲法は法の上にあって、法の根本なのでしょう?
であれば、政権の“都合”によって解釈を変えるべきではないと思う。
ただ、私は制定から半世紀以上経っている今の憲法は現代日本の置かれている状況を考えたら現実的ではないと思うので、憲法、特に戦争放棄を謳った9条は直ぐにでも変えるべきだと思っているけどね。
私の中では、憲法は“変える”べきであって“解釈”云々で都合よく使うべきではないと思っている。
それは法を作る人間のモラルだとも思うけど?


エロ拓、偶にはまともな事を言うなぁな。。。と思ったら、またバッテン。。。
やっぱりエロ拓や谷垣クンは、「日本を侵略したい勢力の回し者だったのね」と思ってしまう(苦笑)

<中教審会長>「道徳教育と歴史教育は不要」

4月26日20時54分配信 毎日新聞

 中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の山崎正和会長は26日、東京都千代田区の日本記者クラブで講演と記者会見を行い、個人的な見解と強調した上で、小中学校での道徳教育と歴史教育は不必要との考えを示した。さらに、政府の教育再生会議が論議している道徳の教科への格上げにも否定的な見解を述べた。

最終更新:4月26日20時54分

日本人のモラルの低下が言われて久しい。
“モラル”を(教科として)教える必要がないというのはどういう“心”なのかしらね?
エロ拓の様な“モラルレス”の日本人を量産したいという事なのかしら?

まさか、この期に及んでそれはないよね?(苦笑)

何のための採決?

ったくもう。。。!!!

<民主案に「賛成」>森、小泉氏、ダイエット論議に熱中し

4月26日19時51分配信 毎日新聞

 26日の衆院本会議で、自民党の森喜朗元首相と小泉純一郎前首相がダイエット論議に熱中のあまり、民主党提出法案に「賛成」してしまうハプニングがあった。民主党議員から「ありがとう」との声が飛ぶ一方、与党席には苦笑いが広がった。
 両氏は隣同士で議場最後列に陣取る。「体重が100キロを切った」と森氏が今年始めから取り組んだダイエットの成果を披露したところ、小泉氏は「私は初めて60キロを超えた。森さんの肉がこっちに来た」と応じた。
 2人で笑い合っていたところ、河野洋平衆院議長が採決を宣言。2人は政府案と勘違いしてあわてて起立したが、実は政府提出の雇用対策法改正案に対する民主党の対案だった。
 衆院事務局によると、起立採決は事前に会派としての賛否を決めるため、記録上は自民党は民主案に全員が反対となる。民主案は否決され、その直後に可決された政府案の採決で、2人は再び起立した。【野口武則】

最終更新:4月26日19時51分


私が怒っているのは、ほぼご隠居となった“過去の”人の失態ではなくて、起立採決は事前に会派としての賛否を決めるため、記録上は自民党は民主案に全員が反対となる。の部分。
だって、これって、採決はその場の議論の結果ではなく、会派の所属議員数で予め解っているという事でしょ?
だったらなぜ起立採決するの?

本会議ならば与党立法や政府案に与党が反対する事はない。
党議拘束がかけられていないとしても、ほぼ“拘束”に近い意味で“賛成”を強いられるから。
まして事前に会派で賛否が決まっているというのならば、何故議員全員が出て採決を採る必要があるの?
議論の過程だって新聞などのメディアで“一語一句漏らさず公開される”という訳でもないのにのだからなんだか時間の無駄って感じがするよ。
何のための採決なのかしらね???
そもそも会派での賛否で法案が採決されるならば質疑応答の全てが国民に開示されれば済む事であって、特に質問のない地方議員は本会議の採決の場に居る必要はないんじゃないの?と思ってしまう。
(そうであれば、ネットが進んだ社会では議員宿舎って東京に必要ないかも?と思ったりね 苦笑)

っていうか!!!
そもそも何故“事前に会派としての賛否”を決める必要があるの???と思うけど。。。?
仮にこの2人が本心から政府案に反対で民主党案に賛成だとしても、この2票は無視されてしまうという事よね?
何故?

“公の場”での無駄な時間と無駄な手続きって、私の脳を沸騰させるイイ燃料だわ(^_^;

「あなたは何をしますか(出来ますか)?」が問われていると思うのよね。。。

今日も朝からこんなニュースが。。。

<強姦>特急内で暴行、容疑の36歳再逮捕 乗客沈黙

4月21日19時55分配信 毎日新聞

 大阪府警淀川署は21日、JR北陸線の富山発大阪行きの特急「サンダーバード」の車内で昨年8月、大阪市内の会社員の女性(当時21歳)に暴行したとして、滋賀県湖南市石部南、解体工、植園貴光被告(36)を強姦(ごうかん)容疑で再逮捕した。当時、同じ車両には約40人の乗客がおり、一部の乗客は異変に気付いたものの、植園容疑者にすごまれ、制止できなかったという。植園容疑者は、昨年12月にも同様に車内や駅構内で女性に暴行したとして今年1月、滋賀県警に逮捕され、強姦罪などで現在公判中。
 調べでは、植園容疑者は、昨年8月3日午後9時20分ごろ、福井駅を出発した直後に、6両目の前方から2、3列目にいた女性の隣に座り、「逃げると殺す」「ストーカーして一生付きまとってやる」などと脅し、繰り返し女性の下半身を触るなどしたという。さらに、京都駅出発後の午後10時半ごろから約30分間にわたり、車内のトイレに連れ込み、暴行した疑い。女性は車両前方のトイレに連れて行かれる途中、声を上げられず泣いていたが、付近の乗客は植園容疑者に「何をジロジロ見ているんだ」などと怒鳴られ、車掌に通報もできなかったという。
 植園容疑者は昨年12月21日、JR湖西線の普通電車内で女性(同27歳)に暴行し、さらに大津市のJR雄琴駅で電車を降り、同駅のトイレに女子大学生(同20歳)を連れ込み、暴行したとされる。
 JR西日本によると、同社の大半の車両には連結部付近に通報ブザーをつけているほか、トイレにも体調悪化などに備えたブザーを設置。いずれも車掌に連絡が届くようになっている。また、特急など停車駅間が長い列車の場合、車掌の車内巡回を励行しているという。同社広報部は「引き続き車掌の見回りなどを強化し、乗客の安全確保、防犯対策に努めていきたい。事件を目撃したら通報ブザーを活用してほしい」と話している。【鵜塚健】

最終更新:4月22日1時35分

ニュースそのものは土曜日に配信されていたのね。

しかしなぁ。。。
最近、性犯罪が起きるたびに思う事は、性犯罪の刑量が何故こんなに少ないのか?という事。
再犯率の高い性犯罪の量刑は去勢などの、“再犯”を起こさせないための方策なのでは?と思う。
それは被害者とこれから被害に遭うかもしれない人の人権を護るためであって、ひいては再犯予備軍者に犯罪を犯させないと言う意味で再犯予備者の人権をも護ることになると思うのだけど?


今朝のワイドショーでは「同乗した乗客が何故通報しなかったか?」と言っていた。
でもねぇ。。。それはかなり難しいと思うよ。

1つには、事件の起きた車両が自由席だったという事。
後で伝えられたニュースによると自由席車両でも車掌が巡回していると言っていたけど、少なくとも私が知る限り新幹線やJRの特急の自由席車両には車掌は回ってこない。
指定席車両であっても駅間が30分~1時間ぐらいの距離では車掌は回ってこない事が多い。
寧ろ、車掌が回ってくるほうが珍しい。
そういう意味では、この特急電車で「乗客が、巡回している車掌にめぐり合うことって少ないのでは?」と思うよ。

更に自由席車両では、自分の席からみて車掌がいる場所へは、犯行が行われたトイレの前を通らなければならい。
犯行が行われている場所の前を(平然と)通って車掌に連絡に行ける勇気のある人ってどの位いるのだろう?
いや、その前に犯行が行われている近くを通る事を避ける人の方が多いような気がするよ。
こういう犯罪では犯行が行われている場所を通るのを避けるというのは2つの意味があって、「関わりたくない為に(見て見ぬ振りをする)」という事もあるけど、被害者のことを考えて敢えて知らぬ振りをするという感覚の人もいるだろう。
質問を変えるならば、「あなたは、殺人が行われている前を(被害者に“直接的に”手を差し伸べることをなにもせずに)通れますか?」と聞かれたら、「いいえ、そこを通らないようにする」と答える人が多いように思うという事。
此処を読む“あなた”はどう答えますか?
通報をする為であれば、今まさに犯罪行為が行われている場所を通れますか?


“見てみぬ振り”が許される事だとは思えないし、“そこに犯罪があるのに見てみぬ振りをするのは怪しからん”と言うのは確かに正しいのだけど、人は“正しい”事だけが行動の動機ではないのは仕方のないこと。
まして今回のように犯人に脅されて(=凄まれて)自分の身の危険を感じる状況では、人は必ずしも“正しい”事だけを出来る訳ではないと思うし、出来なかった人を責める事はできないと思う。

もう1つは、犯人がターゲットにした被害者の座った席がトイレに近い、車両では“前方”から2、3列目だという事。
これって、その“犯罪”を見ている人って数人に限られるのよね。
まして乗車率が50%にも満たない車両で隣り合わせて座っている人を同行者と思わない人ってどの位いるだろうか?普通は同行者だと思うと思うよ。
同行者であれば例え連れの女性が泣いていたとしても、痴話げんかだと思う事が多いんじゃないだろうか?
必ずしも性犯罪が行われていると判断でき難い状況で“痴話げんかなんだからジロジロ見るな”とでも言われたとしたら、女性が男性に触られて嫌がっている状況を“犯罪”と判断して警察に通報するのか?と思う。
私も通報まではしないかも。。。と思ったりするもの。。。(^_^;)

犯罪だと解った後で色々言うのは簡単だけど、自分がその場に居たらそれを“犯罪”だと判断して通報したかと言えば自信がないという事ね。


それに、その犯罪が行われた頃って、携帯からの(局番なしの)110番って出来なかったと思う。
今でこそ携帯からでも局番なしで“110”のプッシュで警察に電話がかけられるけど、当時は携帯からだと市外局番と市内局番を入れて“0110”を押さなければ警察には繋がらなかったと思う。(←思うだけで、正確ではない)
仮にそうであったならば、高速で移動する車内で、車両の位置を市外局番と市内局番を把握して警察に連絡できた人ってどの位いるのだろう?

そんな物理的、心理的なハードルを考えたら、周りに居た人を非難するのを難しいと思うのよね。。。


でも!!!
以前から思う事なんだけど、少なくとも、こういう性犯罪の“再犯”は防げるのでは?と思う。

性犯罪って、再犯率が90%近い。
となれば、性犯罪者が(短期間の懲役を済ませて)“そのまま”世間をウロウロしているのが間違いだと思うよ。
そういう意味で、性犯罪者は世に放たれるべきではないと思う。
それでも、刑務所で性犯罪者を一生“飼う”訳にも行かないのは解る。
であれば、その“性犯罪者”を去勢でもなんでもして“性犯罪を起こさせない”工夫が要るのでは?

くしくも今日は統一地方選挙の時期が終ったばかり。
いつだったかの選挙では“性犯罪者”への“重罰”を謳った政党があったけど、その政党も今ではそんな“マニフェスト”は忘れてしまったらしい。
でも有権者の半数以上を占める女性と女の子を持つ父親は“少なくとも”それを忘れてはいけないと思うよ。
“人”が安心して住める社会の為には、そういう性犯罪者を野放しにしてはいけないし、そういう犯罪者に“社会復帰を推奨”する政策を謳う政党には投票してはいけない。
そういう政党を是認する事は、そういう犯罪を是認するに等しいし、そういう犯罪者と同じ罪を犯しているに等しいのだから。。。


って、こんな大上段に語る今日はお酒が過ぎたかな。。。(^_^;

Continue reading

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top