Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

他に何があったのか。。。?

初めてこの記事を知った時には、ビックリしたよ。
課題を出さない学生に“留年宣告”した結果、学生が自殺したのは教師の責任なの?と思ったから。

「留年通告」ゼミ生自殺、高崎経済大准教授を懲戒免職

4月10日0時9分配信 読売新聞

 群馬県高崎市の市立高崎経済大学の女子学生(20)が1月に自殺し、大学は9日、ゼミで教えていた経済学部の男性准教授(38)が「理不尽で教育的配慮を欠いた留年通告をした」などとして同日付で懲戒免職処分にした。

 大学によると、女子学生はゼミに2006年9月から参加するはずだったが、自主的に早めて6月ごろから参加。准教授は8月にゼミ学生に課題を出し、12月に提出していない女子学生ら3人に、「1月15日までに課題を出さないと即留年」というメールを送った。自殺当日となった同15日には、未提出の2人のうち女子学生だけに催促のメールを送っていた。

 課題は、アダム・スミスの重商主義批判の論点を説明させるなど10の設問から五つを選んでリポートするのと、新聞社説10本の要約とそれについてのコメントをまとめるという内容。大学側は「大学院生並みの厳しい課題。ある課題がこなせなかったというだけで即留年というのもおかしい」としている。また、准教授は、他の学生に対しても人格を否定するような暴言やセクハラ発言などがあったという。

最終更新:4月10日0時9分

この事件を知ったのは毎日新聞の記事だった。
毎日新聞の記事では留年宣告以外の事は書かれていなかったので、自殺した学生には申し訳ないけど「課題を出さないという落ち度があるのだから留年したのは自分が悪いんじゃないの?」と感じた。
でも、読売の記事を読むと問題は“留年宣告”だけではなかった事が覗える。

処分された准教授は、日頃の指導に問題があったようね。
単に留年宣告が自殺の引き金になった事だけが処分の対象ではなさそうだよ。
セクハラ、パワハラ、学生の人格を否定するような言葉を使っては指導なんて出来ない。
そういう意味では、この准教授は教育者としては不向きなのだと思う。
自殺した女子学生も留年宣告された事だけが自殺の原因ではなく、この准教授に辛い目に遭わされていたのかもしれない。
自殺した原因のはっきりした事は判らないけど。。。
大学の教授や准教授は教育者と言う立場だけでなく研究者という側面もあるのだから、この人が准教授で居る事とこの人が教育者として向いているのか否かは必ずしも一致はしない。
でも、学生が死を考えるほどの“嫌がらせ”をしたのであれば学生と接する場に居続けるのは適切ではないし、大学側も対応を考えるのは当たり前だろうと思う。

それにしても、大学の言い分はオカシイと感じるなぁ。。。
アダム・スミスの重商主義批判の論点の説明や新聞の要約なんて課題がそんなに難しいもの?
大学生と大学院生で学力にそんなに違いがあるもの?
個人的には大学生と大学院生では“学力”ではなく“考察力”に違いがあるのだと思っている。
アダム・スミスの重商主義批判に自分の考察を加えて論評するというのであればその出来栄えに大学生と大学院生で違いがあると思うけど、他人の書いた文章の要約なんて大学生が出来なければその方がおかしいんじゃないの?
それとも、高崎経済大学ってそんなに学力レベルの低い学生を受け入れているって事?
大学側が学生のレベル感をそんな風に思っているなんて、寧ろそこで学ぶ学生が可哀想だと思うわ。


それと、全然関係ないけど。。。
この前、喫茶店で隣のテーブルに座っていたお客さんの話を聞くともなしに聞いていたら“准教授”という言葉が出てきて、“准教授”って何だろう?と思っていたのよね。
私が学生の頃はそんな言葉は無かったなぁ。。。なんて思っていたら、今年の4月から、以前は助教授と呼ばれていた人たちを准教授と呼ぶようになったのね。
知らなかったわ(^^ゞ

人は夢を見たかった

統一地方選挙の前半戦の開票速報が出て、当選確実が出だした。
一言で言うなら、「現職強し」なんだろうね。

でも、東京都知事選に限って言うならば、“現職”云々より“順当”だと感じる。
私は勿論都知事選には選挙権はないけど、日本の首都である東京の都知事って、ある部分で首相に近いものがあると思っているから、都知事選には興味がある。
そして、“都知事がある意味日本の首相に近い”という意味では、都知事選の結果は“強い”リーダーシップと実績への評価だったんじゃないかなと思う。

って言うか、他の候補者のインパクトが弱かったしね(苦笑)
他の候補者もそれぞれに知名度はあるけど、(失礼だけど)政治家としては“キワモノ”に近い印象を受ける人も居た。
彼らは現都知事の政策にピンポイントで反対するだけで、大きな政策的なビジョンは示しておらず“政策”面でのインパクトが弱かったと思う。
浅野前宮城県知事は政治家としての知名度は高く、政策もそれなりに訴えたようだけど、こちらも政策面でのインパクトは現都知事に比べると弱かったように思う。
でも何よりも、彼の場合は、宮城県知事時代の“功績”にも賛否両論ある上、インパクトや知名度以前に、「立候補しない」と言い続けていたのにある瞬間に手のひらを返したように立候補を宣言した辺りに、有権者が“信用できない人”というイメージを持ったんじゃないかぁ。


なんて、色々なことを言ってみても、私は、石原都知事の当選の大きな要因は“夢”を語ったという事に尽きるような気がする。
最近の邦画に限らず昭和30年代を懐かしむ人が多いのは、昭和30年代って人が“夢”を持っていた時代だからだと思うのよね。
“夢”を語って、“夢”を見た時代を懐かしんでいる。
そんな人たちの中には、(もう一度)“夢を見たい”と思っている人も少なくはないと思うのよね。

オリンピックだけが“夢”だとは思わないけど、他の候補者にはない“夢を見よう”という石原現都知事の訴えが有権者の心に響いたんじゃないかなぁ。。。

Continue reading

失言、次々。。。

今朝は、昨日の就任式がらみで埼玉県、愛知県、そして東国原知事の宮崎県の県知事による“失言”話でワイドショーが盛り上がっている。

昨日は埼玉県も酷いと思ったけど、愛知県も酷いね。
宮崎県知事は“お笑い”を取りたかったようだけど、こちらも“場をわきまえていない”。
まぁ、最近はいい年になっても“場をわきまえない”人が多いから、知事だけを責めるのはある意味酷なのかもしれないけど、彼らはそれなりに立場もあるし、政治家は“言葉が命”だから失言を批判されても仕方がないよね。。。


それにしてもなぁ。。。

埼玉県の上田知事は、「 “人殺し”という表現は不味かったけど、“殺傷”なら適切だった」と釈明(?)したとか。
これって、少しでも釈明になっているのかなぁ。。。?
私には、“全く反省がない”としか思えないのだけど?

宮崎県の東国原知事は、「“高度”な表現(だったかな?)」と言ったそうな。
ビートたけしのギャグであれば、それは“高度”なギャグと言えなくもない。
でも、同じ北野武と言う人が言ったとしても、映画監督の“北野武”という人が同じ事を言ったら、多少の世間の非難を浴びると思うよ。
それを、県知事という立場の人が言ってしまう事が“不適切”なのであって、その表現は“高度”でもなんでもなく、“サイテー”の一言に尽きると思う。

“人”の“本質”は変えられなくても、場にそぐう発言をするのが“大人”であって、知事という立場の人はそういう“大人”性を求められていると思うんだけどなぁ。。。

首長としての自覚はあるのだろうか?

今日から新年度の処が多いのか、今日は電車で“新入社員”風の人を何人か見かけた。
最近は就職活動も早くから始まっているから、どっちかな?と思ったのだけど、一緒にいる人と研修の話をしている辺り新入社員なのかな?

そんな今日、こんな記事。。。

自衛官が「人殺しの練習」=上田埼玉知事、式辞で発言

4月2日19時33分配信 時事通信

 埼玉県の上田清司知事は2日、さいたま市内で開かれた県新規採用職員就任式の式辞で、「自衛官の人は大変ですよ。分かりやすく言えば、いつも平和を守るために人殺しの練習をしている」と発言した。さらに「だから、われわれは『偉い』と言って、(自衛官を)ほめ称えなくてはいけない。頑張れ、頑張れと」と述べた。
 同知事は警察官にも言及し、「県民の生命や財産を守るという崇高な使命の下に、どうかすると人を疑ったり人を痛めつける練習をしなくてはいけない」とし、「(県職員は)そういう類と違って多くの方に喜びを与え、感謝され、自分もその喜びを感じることができる素晴らしい仕事」と続けた。 

最終更新:4月2日19時33分

なんだかな。。。

時事通信が伝えているというのが何となく意図を感じたりもするのだけど、本当にこのままの言葉で“祝辞”を述べたのだとしたら、埼玉県知事の“程度”が知れるというもの。。。

これって、非武装宣言に近いくらいおバカな発言だと思うのだけどな。
自衛官を、「平和を守るため」という前置きをしたとしても「人殺しの練習をしている」と表現するのはどうなの?
人はインパクトの強い言葉を覚える傾向があるのだから、これを聞いて「平和を守るため」という言葉を忘れる人は多いだろうけど、自衛官は「人殺しの練習をしている」という言葉を忘れない人も同じくらい多いと思うよ。

70年近く戦争を経験しない国で、自衛隊が“国民の平和と生活を守っている”と思わない人は多いとしても、ひとたび災害があれば自衛隊に災害派遣の出動を要請する立場にある県知事が言う言葉ではないと思うし、まして北海道の次に自衛隊員数が多い埼玉県の知事がいう言葉かしら?
そういう意味では、、上田清司という人を“県知事”にした有権者の中には自衛官も少なくないだろうし。。。
そういう人にも唾を吐きかけたという事なんだろうね。

警察に関しては、言う言葉も見当たらない。
立場上、県知事は埼玉県警のTOPになるのよね?
この人は、警察官への訓示でも「君たちは、人を疑ったり人を痛めつける練習をしなくてはいけない職業で、可哀想だ」とでもいうのかしら?
って、多分、言うのだろうね。
そうでなければ“辻褄”が合わないものね。
中々な“ご立派”な祝辞だね(苦笑)

こういった言葉の数々って、日頃からそう思っているからこその“言葉”なのだろう。。。
ただ、それって、ある意味、県知事が自分自身の“仕事”をも貶めていると思うのだけど?


更に言うなら、公務員が「多くの方に喜びを与え、感謝され」る仕事だというのは、ある意味では正しいけど、ある意味では間違っているよ。
公務員は、本来なら人が嫌がる事をするのが仕事なのよ。
人が喜ぶ仕事なら他にもする人はいるだろうし、誰もがしたがらない仕事(“したがからない”という意味では“採算に合わない”も含まれるけど。。。)をするのが公務員なのよ。
公務員の仕事の本質は、本来“必要だけど誰もしたがらない事”をするのであって、他人からの“感謝”を求める仕事ではない。
勿論、心優しい人からは、「人が嫌がる仕事をしてくれて有り難い」と感謝してもらえるかもしれない。
でも、感謝を得難いのが公務員の仕事の“本質”で、また、公務員の仕事は税金で賄われているのだから「不満は持たれても感謝はされ難い」というのがその本質だと思うのよ。
ある意味、公務員に向けられる“感謝”の対価が税金そのものなのだから、納税者の公務員に対する“評価”は一般のサービス業に向けられるものよりシビアだと思うよ。
まぁ、そういう意味では、自衛官も警察官も同類と言えなくはないけどねぇ。。。
でも、命を引き換えに任務を遂行している公務員と命を懸けている訳ではない公務員では自ずと評価が違う。
私は、“当然”に、県職員より命を引き換えに任務を遂行している公務員を評価し感謝するよ。
その辺をとっ散らかって、公務員が感謝を表向きに求めて仕事をする(感謝されるべき仕事だと)と言うのであればそれは違うと思うし、そういう気持ちで仕事をしているのであれば“税金ドロボー”と言われても致し方ない仕事の仕方をしているかも?と思うよ。


でも、こういう勘違いした文官選民意識のある人がTOPでいるというのは、埼玉県にとってどうなのだろうね。。。?
この“祝辞”を聞いて辞めたくなった職員さんが居たりしてね。。。(苦笑)

ニュース色々 今日も怒ったり、感心したり。。。

今日はニュースクリップ5連荘。。。(^_^;


資料配布ミスで異例の法案成立先送り…雇用保険法改正

3月29日19時56分配信 読売新聞

 29日の参院本会議で成立する予定だった雇用保険法改正案を巡り、厚生労働省が28日夜に「29日に成立した」と明記した資料を関連議員に誤って配布したため、野党側が反発し、29日の法案採決が先送りされた。

 法案成立は4月中旬にずれ込む見通しだ。柳沢厚生労働相は29日の参院厚労委員会で、ミスを認めて陳謝し、自らを含めた関係者を処分する考えを表明した。

 成立後に配る予定の資料を1日前に配ったと見られる。野党側は「法案の成立を決めるのは国会であり、国会軽視だ」と反発した。

 改正案は、失業率の改善などに伴い、2007年度から労使折半の雇用保険料を1・6%から1・2%へと引き下げるもの。法案の成立ずれ込みにより、4月からの保険料引き下げは実施できない。ただ、厚労省によると、保険料の徴収は5月20日が期限で、実務上の支障はないという。

最終更新:3月29日19時56分


ほう。。。
野党って、民主党、社民党、共産党だよね?
労働者の味方のはずの、この3党が労働者の利益になるこの法律の成立を、自らの面子の為に拒否したのね?
今朝も駅前で“世界平和と労働者の権利を守る政党”と街頭演説してた政党もこの中にあるけど、労働者の権利は政党の利益の前には“軽視”或いは“無視”なのね。
これら野党が労働者の権利や格差社会に貢献すると“本気で信じている”人もいるというのに、これはある種裏切り行為だと思うのだけど?(苦笑)








行方不明者ゼロ「高齢者マップ」威力 能登地震の輪島・門前町

 ■4時間後には全員の所在を確認

 能登半島地震で震度6強を記録した石川県輪島市門前町は全壊44棟、半壊96棟と最大の被害に見舞われたが、倒壊家屋による死者はなく、行方不明者もゼロだった。高齢化率約47%の町が地震発生から数時間ですべての高齢者の状況を把握し、重傷4人、軽傷11人と人的被害を最小限に食い止められた理由は、町独自の「高齢者マップ」の存在にあった。本格的な高齢化社会への突入を控え、災害対策の大きなヒントになりそうだ。

 門前町がマップを作製した契機は、平成7年の阪神大震災で相次いだ高齢者の孤独死だった。石川県は同年、全市町村に各地区ごとの「高齢者等要援護者マップ」の作製を通達。県の要請は「1人暮らし」「夫婦のみ」など家族構成を○や△などの記号で分けるというものだったが、当時、旧門前町(合併後、輪島市)健康福祉課長だった佐藤千賀子さん(59)が「一目でわかるように」と地図上の各戸を生活状況に応じて色分けすることにした。

 「寝たきりの高齢者」「1人暮らしの高齢者」「高齢者夫婦」などをそれぞれピンク、黄、緑で塗り分けている。

 町は約7800人のうち65歳以上の高齢者が約3700人で、高齢化率は約47%。全国平均を大きく上回る。このため、町内の民生委員が毎年末に調査、更新してマップの精度を上げている。町と民生委員が同じマップを保有することで連携も取りやすい。

 25日午前の地震発生直後、輪島市役所門前支所が町内全8地区の民生委員らに災害時対応の優先電話で高齢者らの所在確認を依頼。民生委員らはこのマップを活用して町内の高齢者宅を戸別訪問し、体調や家の損壊程度を確認しながら公民館などの避難所に誘導した。支所にも次々と情報があがり、発生から約4時間20分後の午後2時には高齢者全員の状況が把握できた。

 実際にマップを手に高齢者の確認をした道下(とうげ)地区の民生委員、徳山忠志さん(65)は「頭の中でも近隣の高齢者を把握しているつもりだが、マップがあると、今回のような緊急時でも照らし合わせながら確実に確認できる安心感があった」と話す。徳山さんは地区内の約40戸の高齢者宅すべてを約1時間で確認した。

 実際の活用について、佐藤さんは「これまでにも毎年、台風などがくるたびに何度も実験していたため、今回の『本番』でも素早い対応が可能になったのではないか」と分析する。

 県の通達が出た7年当時は他の市町村も高齢者マップを作製したが、最近の個人情報保護の流れでいつの間にか廃止されたという。旧門前町では過去に高齢者の孤独死が3件相次いだため、独自で続けていたマップ作りが今回の地震で威力を発揮、被害を食い止めた。

最終更新:3月29日8時0分

石川県の他の土地の“訓練”で、同じ人数の高齢者の所在確認に4時間以上かかった事を考えると、高齢者の比率が高い地域でこんな短時間で所在確認が出来たことは賞賛に値すると思うよ。
早い時期に“不明”がはっきりすれば、救出活動も早いものね。


個人情報保護って、何なんだろう?と思う事がよくある。
こういう人命に関わる事でも“個人情報”に躊躇して充分な対策を取れない一方、私の職場なんかでは顔写真付きのIDカードを首からぶら下げて雑居ビル内を闊歩している。
私の職場では顔写真と大きく名前が書かれたIDカードを首からぶら下げなければならないのだけど、その職場は雑居ビルにあるので職場と全く関係なく食事や買い物の為にこのビルに寄った人にも勤務する会社(=客先)と所属する会社、と自分の“名前”を教えているのよね。。。
流石に住所まではぶら下げていないけど、これでもかなりの個人情報よね。。。
そんな個人情報は垂れ流しなのに、命を助けるための(個人)情報は“法律”の壁があって開示されないなんて、本末転倒な感じがするのは私だけじゃないと思うけど?








<強風>関東甲信越 列車運休相次ぐ

3月29日12時11分配信 毎日新聞

 29日午前の関東甲信越地方は、日本海側を西から東へ通過する低気圧に吹き込む強い南風の影響で、列車の運休が相次いだ。横浜地方気象台によると、横浜市で午前8時50分ごろ最大瞬間風速22.5メートルを記録した。
 JR東日本によると、東海道線では午前10時、神奈川県内の根府川橋りょうの風速計が規制値(風速25メートル)を超えたため、小田原―熱海間で運転を見合わせた。35分後に運転を再開したが、普通電車の上下2本が運休し、東京発伊豆急下田行きの特急「踊り子105号」など3本が遅れ、約2000人に影響した。
 千葉県内でも利根川橋りょうの風速計が規制値を超え、鹿島線の佐原―鹿島神宮間で午前9時35分から運転を見合わせた。新潟県内でも沿線の風速計が規制値を超え、越後線の吉田―内野間で午前6時過ぎから約4時間、運転を取りやめた。信越線でも午前9時55分から、長岡―見附間で運休した。

最終更新:3月29日12時11分

運休はしなかったけど、私が通勤に使う電車も今朝は徐行運転。
今日は朝からエンドユーザとの打ち合わせがあって、いつもより早く出社するつもりだったのに、いつもより遅れた(-_-;
打ち合わせの開始時間には間に合ったけど、お客さんには私が打ち合わせに出られるのか否かを心配させたらしい。
鉄道会社(私の場合はJR)は、私のお客さんに謝って欲しいよね。。。


全然関係ないけど、今日は気温が高かっただけに桜もほろほろと咲き始めた。
今晩も風が強いみたいだけど、咲いて1日で桜が散ってしまうなんて事はないよね。。。








<赤坂議員宿舎>3分の1以上も空室 格安批判で敬遠ぐ

3月29日3時5分配信 毎日新聞

 新築された衆院赤坂議員宿舎(東京都港区)の入居予定者が総戸数300戸を大きく下回り、3分の1以上は空室のまま4月の入居が始まる見通しだ。「格安家賃の豪華宿舎」と批判が強く、野党を中心に辞退・保留者が続出しているためだ。
 同宿舎は国会に近い都心の一等地に建てられた地上28階・地下2階建ての高層マンション。3LDK約82平方メートルの家賃は月約9万2000円で、民間相場の約5分の1といわれる。
 所属議員数に応じ71戸が割り当てられた民主党は、鳩山由紀夫幹事長が27日、入居希望者43人と発表したが、28日に40人へ下方修正。共産党(割り当て6戸)は「未定」と様子見の構えで、社民党(同4戸)の入居希望者はゼロ。国民新党(同2戸)は入居しない。
 入居資格は、東京23区内に自宅がなく、取り壊される宿舎に住んでいること。自民党(同191戸)の対象者は約140人、民主党も54人で、過剰な割り当て戸数も大幅定員割れの要因だ。
 自民党は入居予定者数について「公表できない」としているが、「対象者の8~9割は入居の意思を示している」(国対幹部)ことから120人前後が入居するとみられる。公明党(同19戸)は対象者17人全員が入居予定。それでも空室は100戸を上回る見通しだ。【山田夢留】

最終更新:3月29日3時5分

バッカじゃない???

でもねぇ。。セキュリティの問題があるから、「資格のある人が入りたくないのなら一般人に貸しなさい」とも言えない。
って言うか、家賃を決めたのが行政だとしても、それを(実質)承認しているのは誰?
今、“(家賃が安すぎて)入居したくないと言っている人たちだよね?

家賃が“安すぎる”というのであれば、それぞれが“適正”だと思う家賃を払えばイイだけのことだと思うけど?
9万円が安すぎて“不満”(?)なのであれば、周りの路線価(って、家賃でもいうのか? (^_^; )を払えばいいし、それ以上に価値があると思えば規定家賃の10倍でも20倍でも好きなだけ払えばいいじゃん。
あとは、どの議員が幾ら払ったのかを明確にして、そして払った“剰余家賃”を“寄付”としない立法をすればいいだけのこと。
空き家にするより、ずっと国庫の為になると思うよ。
そうでなけば、“割り当て制”にして、割り当てられた人が入居しない場合は、規定の10000倍の家賃を払うとかね(苦笑)
いずれにしても、国の施設を遊ばせるのは勿体無いし、そもそもその施設を必要だと思った人たちが“有効”に使うべきだし、家賃が“安すぎて不満”だというのであれば払いたいだけ払わせれば?

個人的には、国会議員がそれなりに“仕事”をするのであれば、赤坂で82平米のマンションの家賃が月間9万円であろうが安いとは全く思わない。
だいたい、その宿舎の家賃を月100万円にしたところで、その家賃って私たちの税金で払うのでしょう?
だったら、100万円だろうが9万円だろうが大して変わらないもの。
寧ろ、100万円より9万円の方が、税負担が少なくて嬉しかったりする(笑)
この税負担って、今の制度では地方より都市生活者の方が負担が大きいのだから、都市生活者の私たちがもっと文句を言ってもいいよね。
私なんて、地方議員が入居しないのであればその国庫収入の減少分を、議員の出身地方の地方税で負担すべきだと思うくらいだもの。

でもまぁ、とりあえず、赤坂宿舎は政党に比例配分して、入居しない部屋の家賃は政党助成金から差し引くという事で手を打ちましょう(笑)
それであれば、我々納税者の負担もいくらか少ないでしょう。
そうなると困るのは“庶民の味方"を標榜する民主党、社民党、共産党だろうけど、それもイイよね。
そういう不誠実な政党は、その“不誠実さ”を政党助成金への罰則という意味もあるだろうし、“いいカッコしぃ”代金としての“罰金”を取ってもいいと思うもの。









「黒毛和牛」に交雑種混ぜる、叙々苑に改善指示

3月29日0時30分配信 読売新聞

 黒毛和牛と表示して販売した牛肉に交雑種の牛肉を混ぜるなどしたとして、農林水産省は28日、焼き肉レストランを経営する「叙々苑」(東京都港区)に対し、日本農林規格(JAS)法に基づき不適正表示の改善や再発防止を指示した。

 同省によると、叙々苑は2004年11月から今月上旬にかけて、インターネットや店頭カタログで「うまさ極上黒毛和牛」と表示して売った焼き肉セット(2442セット)の計1540キロ・グラムの牛肉のうち、422キロ・グラムを交雑種など黒毛和牛以外にしたり、もも肉を「ロース」と表示したりした。

 叙々苑は「表示の認識や確認が不足していた。農水省の指示に従い、改善に取り組む」としている。

最終更新:3月29日0時30分

今日の夕食はビックリするような大きさの“国産黒毛和牛”のステーキ。

20070329夕食 ステーキ

彼氏から電話があった時、「どうしたの?声がヘンだよ」といわれちゃった。
実は、単に、噛み切れなかったお肉が口の中に残っていただけ(^_^;)
彼氏に「口の中にステーキのお肉が詰まっている」と言ったら、「叙々苑の黒毛和牛か?」と言われちゃったよ(^_^;

今日のお肉はパッケージには“サーロイン”と書いてあったけど、どうかな。。。?
国産は確かかもしれないけど、“黒毛和牛”も“サーロイン”もかなり怪しい。。。


私に限らず、“黒毛和牛”なのか“交雑種”なのか、食べて判別できる人ってどの位いるのだろう?
私なんて、高級牛肉のサシの入ったお肉は脂っこ過ぎるので苦手で、かえって安いサシの少ない肉の方が好き。
そうなると、肉の“高級度”が解るかどうかなんて、怪しいもの(^_^;)

只ね。。。
お店が、“高級和牛”を売り物にしているなら、消費者を裏切ったらイカンよ。
お店が“どうせ解らないだろう”と思っても解る人だって多く居るのだから、バレちゃった時に言い訳ができなくなるからね。
そして、消費者だって、“バカ”にされたままでは済まさないもの。
これまで何度も消費者を“バカに”した企業の“結果”は報道されているハズなのにね。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top