Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

奇跡なのか、人知の賜物なのか

昨日は体調がイマイチで、起きたのはお昼前。
起き上がる直前にテレビを点けたら報道されていたのは、この地震のニュース。
丁度、輪島の警察から、この地震で死亡者が出たとのニュースを放送していた。
正直言って、地震の大きさを考えたら死者が1人だなんてありえなくて、「これから被害者数が増えるのだろうな」と思った。

「死者1人」は奇跡に近い=発生時間や少ない雪など要因-能登地震

3月26日20時1分配信 時事通信

 地震被災地を視察した金沢大大学院自然科学科の村田晶助手(地震工学)は26日、地震規模と人的被害の数を比較し、「死者が1人にとどまったのは奇跡に近い。十数人いてもおかしくなかった」と話した。
 また、今回の地震の特徴として、「地震の規模の割に、ライフラインの被害が少なかった」と指摘。特に大規模な停電が起きなかったことについては、「電気は度重なる災害で復旧のノウハウができていたのだろう」と分析している。
 被害が少なかった理由として、(1)地震発生が火を使う時間帯ではなく、火災が起こらなかった(2)今年は雪が少なく、建物の倒壊が少なくて済んだ(3)高齢化率は高いが、元気な人が多い-などを挙げた。 

最終更新:3月26日20時1分


そうだね。
でも、色々な条件がプラスに重なったとしても、これだけの地震で人的被害が比較的少ないのは驚異的な事だよ。
この地域って今まで地震は殆どなかったハズだから地震慣れはしていないだろうし、震源地は最近話題になっている北陸電力の志賀原子力発電所の直ぐ近くなのだから、原子力発電所の被災による2次被害だってありうるもの。

そう考えたら。。。
被災者はお気の毒だと思っているし、こんな表現をするのは不謹慎で申し訳ないと思うのだど、震災直後の被害がこのくらいで収まったのは奇跡に近いと思う。
そして、この“奇跡”を起こしたのって、地域の人たちや行政の防災意識や、地域がお互いを助け合う“ご近所”感覚の賜物なんだろうと思うよ。


しかしなぁ。。。
出来て間もない能登有料道路の惨状は目に余る。
地盤の弱いところにムリして道路を作った結果なのだろうけど、復旧時にはもう少し考えた方がよさそうだよね。。。


しかしなぁ。。。×2

<能登半島地震>小説「ゼロの焦点」舞台の断崖崩落

3月26日21時14分配信 毎日新聞

 能登半島地震で、国定公園の景勝地「能登金剛」内のヤセの断崖が崩落していたことが26日、分かった。住民から役場に通報があり、職員が確認した。ヤセの断崖は松本清張の推理小説「ゼロの焦点」の舞台にもなった景勝地。年間約12万人が訪れる。地震で高さ約35メートル、幅約10メートルにわたって崩れ落ちた。

最終更新:3月26日21時14分

丁度2年前のこの時期、友人との恒例の春の旅行で能登に行った。
その時、ヤセの断崖にも寄ったのよね。
岩盤の風化の関係で当時もがけ崩れの危険性が高いといわれていたヤセの断崖だったけど、今回の地震でも崩落しているのね。
“ヤセの断崖”と呼ばれる場所はそんなに広い場所ではなかったから、幅10mにも渡って崩落したのだったら景観も変わったのかなぁ。。。


全然関係ないけど、その旅行の最中、九州で福岡県西方沖地震があったのよね。。。
福岡県のこの辺りも地震の経験は殆どない土地だったと思う。
九州にも北海道にも北陸にも住んだことはあるけど、私の実感では東京は地震が日常茶飯事にあるけど、それ以外の場所では殆ど経験した事はない。
北海道に居た頃は、十勝沖地震があったけど、私が住んでいたのは揺れはしたけど震源地からは離れていたしね。。。
でも、阪神大震災もそうだけど、地震の経験の少ない場所で大きな地震が起きている実態を考えると、日本には地震の無い場所は無いと、改めて思う。

評価は出来る。。。けど。。。

お役所の重要発表って、休日の明け方にすることが多い。
今回もまた。。。

<タミフル事故>「関係は否定的」見解を撤回 厚労省次官

3月22日21時10分配信 毎日新聞

 厚生労働省の辻哲夫・事務次官は22日の定例会見で、インフルエンザ治療薬「タミフル」の服用と飛び降りなどの異常行動との因果関係について、従来の「否定的」との見解を事実上撤回し、「虚心に原因を調査したい」として、白紙に戻す考えを示した。転落と飛び降りが死亡事例以外にも15件あることが判明し、「重大な問題」との認識を新たにしたという。これまで異常行動の内容を十分に分析していなかったことになり、厚労省の認識不足に批判が集まりそうだ。
 辻事務次官は10代へのタミフル処方を原則禁止したことに関し「(服用後の異常行動を)非常に重く受け止め、極めて重大な問題と考えている。可能な限りの措置を取りたい」と話した。さらに副作用情報として企業などから厚労省に報告がある中で、飛び降りなどの異常行動について徹底的に調査をすると明言。有識者による審議会に検証を依頼する一方、広く情報を公開していく方針を明らかにした。
 タミフル服用後の10代の死亡事例は04年以降で計5件。辻事務次官は「死亡事例は認識していた」としながらも、20日までに分かった死亡事例以外の15件(うち10代は11件)は「知らなかった」と釈明。社会問題化しているにもかかわらず、異常行動の内容を分析していなかったことを明らかにした。また、同省の黒川達夫・大臣官房審議官も会見し、死亡事例以外を調査しなかった点について「他の薬の副作用情報が多かった」と弁明。一連の対応に問題はなかったとの立場を強調した。
 厚労省によると、タミフルの副作用報告総数は01年の発売以降、1763件(20日現在)という。【玉木達也】

最終更新:3月22日23時40分


因果関係は認められないと言っていた厚生労働省が因果関係を認めた事には意義を感じる。
“遅い”と言う人は多いだろうし、正直言って私も“遅い”とは思うが、これまでの薬害エイズや肝炎の対処に比べればかなり早い。
“遅すぎ”になる前の判断は評価できると思う。
更に、因果関係についての検証の不備も認めたのだから、それなりに評価できる。
ただ、“検証の不備”について“自覚”したのであれば、タミフルだけでなくこれまでに認可してる他の薬品についても見直しをして欲しいものだと思うのよね。


それにしても、何故“10代”なのだろう?
会社の同僚クンの家族が丁度今インフルエンザに罹って、10歳を超えたお子さんにはタミフルは処方されなかったけど、8歳のお子さんにはタミフルが処方されたとか。
子供の身体の大きさ(や薬の効き具合)は年齢では測れないと思うのだけど、本当に“10歳”で一律に切ってしまうのがいいのかなぁ。。。?

お気楽日本マスコミのニュースの優先順位

東京でソメイヨシノ開花宣言。
夜のニュースは、開花宣言の話題で持ちきり。

ニュースでは気象庁の担当官が靖国神社の標準木を観察するのに付いて、彼からの開花宣言を待ち構えている様子が伝えられる。
私は至って標準的な日本人なので桜の開花のニュースは嬉しい。
でも、東京の桜の開花が最重要事項では無いだろうに、どこもTOPは東京の桜の開花ニュースばかりで、此処まで大騒ぎされると、正直言って鼻白む。
というか、報道機関ならば、今日という日に伝える事は他にあるハズだと思うのよね。。。


今日は、あの忌まわしい地下鉄サリン事件から12年を経過した日。
同じ年にあった阪神大震災もそうだけど、“風化させてはならない”事件の起きた日なのに、ニュース報道の扱いは小さい。
テレビや新聞で名前が出ていない人の中にも未だ地下鉄に乗るのに躊躇があると言う人が幾人もいるというのに、“風化させてはならない”といいながら意識下で1番風化しているのはマスコミの中なのではないかと思うのよね。。。






Continue reading

相変わらず、考察なし。。。

今日も、ニュースクリップばかり。
気になるニュースはあっても、相変わらず、疑問に思った事を調べたり、裏付けを取ったりする時間的、精神的余裕がないのよね。。。


「水道水飲む人いない」発言を撤回=誤解与えたと松岡農水相

3月14日21時1分配信 時事通信

 松岡利勝農水相は14日午後の参院予算委員会で、自らの資金管理団体の光熱水費問題に絡み「水道水を飲む人はほとんどいない」とした発言について「誤解を与えたのなら訂正することはやぶさかではない」と撤回した。民主党の蓮舫、主浜了の両氏が「水道水を飲む人に配慮を欠く」などと追及したのに答えた。
 松岡氏は「最近では、ペットボトルの水を買って飲む方が相当多くに達している、という意味で申し上げた」と釈明した。これについて感想を求められた柳沢伯夫厚生労働相は「水道水は安心して飲んでいただけるものだ」と語った。 

最終更新:3月14日21時1分


水道水を呑む人が居ないなんて、よく言ったものだと思ったのだけどね。。。
千葉の水道水が不味いのは有名だけど、ある地方の水道水は、日本で「ミネラル水」と呼ばれる水の採取場と同じところの水で、そこの水道水は下手なペットボトル飲料水よりよっぽど美味しい。
寧ろ、農水相なら水道水を飲めるような環境にするべく方策を考える立場では?
何も環境保全は環境庁や厚労省の専売ではなく、農業肥料の利用も含めて農水省も少なからず関わりがあると思うのだけど?






ボルト脱落、前輪格納扉開かず=アーム操作に影響-全日空機胴体着陸・事故調

3月14日20時1分配信 時事通信

 大阪(伊丹)発高知行き全日空1603便ボンバルディアDHC8-400型機(乗客乗員60人)の前輪が下りず、高知空港に胴体着陸した事故で、前輪格納部分の開閉扉を動かすアーム付近のボルト1本が脱落し、ボルト周囲の金属製部品が飛び出てアーム部が動かなくなり、扉も開かなくなっていたことが14 日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調べで分かった。
 当時、前輪は通常の操作でも、緊急時用の手動レバーによる操作でも、下りていなかった。事故調は、ボルトが脱落した原因について、さらに調査を進める。 

最終更新:3月14日20時31分

昨日、彼氏と電話で話している時にこの話題になった。
なんでも、彼氏の娘ちゃんがこの着陸シーンをリアルタイムで見ていたらしく、夕食時の話題だったとか。

しかし、機長の冷静な判断のもと、状態を乗客に知らせるアナウンスがしっかりなされた事が機内の無用な混乱を回避したとか。
情報を隠すことが“無用な心配をさせない”事ではなく、情報を公開することが“無用な心配をさせない”事に繋がるのだと、改めて思う。
経験豊富な機長さんだったらしいけど、good jobだったね。


っていうか。。。
私とのデートには多くの場合仕事が優先されるのに、用事があって夕方過ぎに彼氏の職場近くに来た娘ちゃんとのデートにいそいそと仕事を切り上げる彼氏にちょっとヤキモチ(^_^;






桜開花予想、気象庁が謝罪・訂正…静岡市は21日に

3月14日21時35分配信 読売新聞

 気象庁は14日、桜(ソメイヨシノ)の第1回開花予想(7日)で、全国で最も早い開花を予想していた静岡市のほか、東京、高松市、松山市の計4地点について、計算ミスから、本来より3~9日早い予想日を発表してしまったとして謝罪し、訂正した。

 そのうえで第2回開花予想を発表、56地点のうち40地点で第1回予想よりも1~6日遅れるとした。

 第2回予想で、最も早く咲くと見られるのは静岡市、福岡市の21日で、平年よりそれぞれ7、5日早い。横浜市が22日、東京と名古屋市が23日と続き、平年より5~6日早いとしている。

 同庁によると、第1回の予想後、週間予報よりも実際の気温が低かったことなどから、大半の地点で予想日を遅らせた。ただ、これまでの高温の影響は残り、開花が平年よりも早い地点が多くなる見込みは変わらないという。

最終更新:3月14日21時35分

計算ミスだなんていわなくても、「今年は暖冬だったから、そう予想した」と言えばいいのに。
どんな計算をするのかは解らないけど、今年のような暖冬だったら、多くの人が「今年の桜は早い」と予想したはず。
それが、半月早いのか、10日早いのか、1週間早いのかは別として。
もっとも、気象庁の桜の開花予想に関しては、今年の冷え込みが少ないのを懸念した民間の気象予報士たちは「早すぎる」といっていたらしいね。

雪国育ちの私と彼氏は、「暖冬の年は雪が遅く降る」と思っているので、3月中に雪が降る事を疑ってはいなくて、雪国だけでなく東京だって3月~4月上旬に雪が降ると信じているくらいだもの、このまま春が来るには早いよね。。。






Continue reading

プレシャー。。。?

最近、ニュースクリップばかり。
気になるニュースはあっても、考える時間的、精神的余裕がないのよね。。。
で、ちょこちょこっと思った事を書くだけで、疑問に思った事を調べたり、裏付けをしらべたりしていない。
こんな風にクリップだけ溜まっても、スクラップになるだけだね。。。(^_^;


「お疲れの背景に皇室の課題」=皇后さま静養で宮内庁長官

3月8日19時1分配信 時事通信

 宮内庁の羽毛田信吾長官は8日の定例記者会見で、腸壁出血などで静養される皇后さまの「精神的な疲れ」について、「週刊誌の記事の元になる皇室をめぐるいろいろな課題もあり、天皇陛下も大変心を痛められ、おそばにいる皇后陛下も心を痛められたのではないか」と述べ、皇室をめぐる課題が背景にあるとの見方を示した。課題の具体的な内容については言及を避けた。 

最終更新:3月8日19時1分

この報道に関しては、何となく両陛下と東宮家との“確執”をイメージさせる報道が多い。
巷の井戸端では、東宮家との“確執”ではなく、東宮家への“思い入れ”と秋篠宮家への“わだかまり”を言う声もある。
でも、私は、身近に「民間出身の人間を(皇后)陛下と呼ぶことに抵抗を感じる」という人がある事が一番のストレスではないかと思うのだけどな。。。
美智子妃は、皇后になられた後も、皇室では“平民出身の異端者”として苦労されているという事なんじゃないだろうか。
宮内庁も配慮が足りなすぎると思うよ。
宮様だって、皇后陛下を敬うべき立場にあると思うのだけどねぇ。。。


SNS の「あしあと」残るのが気になる約65%~SNS 利用に関する調査

3月8日14時5分配信 japan.internet.com

昨年、So-net SNS は、いわゆる「あしあと」=訪問履歴が付かない「忍び足機能」を 追加 した。SNS ユーザーは、この「あしあと」をどのように感じているのだろうか。
インターネットコム株式会社 と 株式会社クロス・マーケティング は、「SNSのコミュニケーションに関する調査」を行い、「あしあと」を中心に SNS におけるコミュニケーションの実態を探った。
調査対象は、10代~50代の SNS ユーザー300人。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別は、10代20.0%、20代20.0%、30代20.0%、40代20.0%、50代20.0%。
まずは、自分のページの「あしあと」に関して見てみよう。利用している SNS において、登録している「友だち(フレンド)」がいるという286人に「自分のページの訪問履歴(あしあと)を気にしますか」との質問を行った。
「とても気になる」は14.0%(40人)と1割を超えている。「ある程度気になる」は48.6%(139人)と半数近くに上っており、合計すると62.6%が自分のページに他人が残す「あしあと」を気にしているのがわかった。
「あまり気にならない」24.8%(71人)と「まったく気にならない」9.8%(28人)の合計は34.6%であり、気にするユーザーが圧倒的に多いようだ。

では、自分が他人のページにつけてしまう「あしあと」はどうだろうか。上記の質問で「訪問履歴の機能がない」「訪問履歴の機能がわからない」と答えた回答者を除いた278人に「他人のページを訪問する際に、相手のページに訪問履歴(あしあと)が残ってしまうことは気になりますか」と聞いた。
「とても気になる」は20.5%(57人)と、自分のページの場合を大きく超えている。母数に若干の違いはあるが、人数で見ると「あしあと」がついてしまうのをとても気にするユーザーのほうが17人多い。
「ある程度気になる」は46.0%(128人)で、合計すると66.5%が相手のページに「あしあと」がつくことを気にしているという結果だ。

このように多くの SNS ユーザーが気にしてしまう「あしあと」だが、意図的につけることによって、挨拶の代わりにするという使い方もある。日記にコメントを残す時間がないときや、いいコメントが思い浮かばない場合でも、相手のページに「あしあと」を残すことで、「見たよ」とのメッセージを伝えることができるというわけだ。
同じく訪問履歴機能のある SNS を利用する278人に「訪問履歴(あしあと)を挨拶やコメントの代わりに使用すること(あなたのページを訪ねましたよという印のように)はありますか」との質問を行った。
「よく利用する」との回答は6.8%(19人)と1割に満たないが、「たまに使用する」との回答は27.7%(77人)で、この「あしあと挨拶」の利用者は3割程度存在していると見ることができる。
また「使用したことはある」との回答も21.6%(60人)あり、「あしあと挨拶」の利用経験者の合計は56.1%と半数を超えている。

訪問先に「あしあと」がついてしまうのを気にする反面、自分のページに誰が訪れたのかも気になるし、挨拶としてわざとつけるようなこともある。SNS の「あしあと」は、言葉を使わないにもかかわらず、重要なコミュニケーションツールとなっているようだ。


調査協力: 株式会社クロス・マーケティング )

最終更新:3月8日18時17分

気になると言えば気になるし、気にならないと言えば気にならない。。。
って、どっちやねん!と言われそうだね(笑)

自分の所に来てくれた人は、時々チェックする。
コメントはなくても、「見てくれたのね~(^^)」と思う。
コメントをもらえれば嬉しいし、コメントが無ければその人にとって興味のない記事だったのね(^_^;と思う。
まぁ、ここのblogは時事ネタを肴に文句を言っている事が多いから、「また、下らない事を言っているよ~」と思う人も多いだろうしね(^^;

翻って、自分がつける足跡は?と思うと、相手によるかな。。。
“足跡を気にする”と公言している人で、SNSなどで日記の公開を制限している人の所に足跡を残すのは躊躇する。
っていうか、極力足を踏み入れないように気を使っている。
というのは、「足跡を気にする」+「日記の公開を制限している」は、「自分の気に入った人しか足跡を付けてくれるな」という意味だと思うから。

とは言いつつも。。。

実は私も、いくつか登録しているSNSの中で1つだけ日記の公開を制限しているSNSがある。
で、そのSNSで足跡を気にしているか?と聞かれると殆ど気にはしていないのよね。。。
なぜなら、そこでは日記の公開を制限しているから(記は読まれても問題ない人にしか公開していないから)、足跡を気にする必要はないのだもの。
そういう意味では、自分がしている事と、相手に思う事が矛盾しているね(^_^;

じゃ、足跡を残す事と、足跡を残してコメントを書いてくれない事のどちらを気にするかと言えば、足跡があってコメントが無い方が気になる。
ちょっと危ない記事を書いたときなどは、記事を読んで気を悪くしたのかしら?と思う事も多いのよね。
といいつつ、自分が足跡を残したものの全てにコメントをするか?と言われれば、コメントをしないのでお互い様なんだけどね。。。(笑)
まして、“足跡を残したからコメントの替わり”なんて思いも寄らなかった。

blogのアクセス件数が極端に多いと何故なのかを解析してみたりするけど、SNSではそんな事はしない。寧ろ、「あの人はログインしているのに私の所には足跡をつけていない」とトラブルになったりしないの?
そんなこんなを考えると、SNSの“足跡機能”って罪よね。。。(苦笑)

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top