Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

書きたい事がたくさんありすぎて。。。(^_^;

今日は書きたい事がたくさんありすぎて、書ききれない。。。
後で書きたして独立したエントリーにするかもしれないけど、今日のところはとりあえずニュースクリップとメモだけ。


安倍首相らの違法献金指摘=補助金交付の団体が寄付-参院予算委で共産党

3月7日21時1分配信 時事通信

 安倍晋三首相ら閣僚3人の政党支部が、国が補助金を交付した医療法人などから政治献金を受けていたことが7日、分かった。同日の参院予算委員会で共産党の井上哲士議員が指摘した。国の補助金を受けた企業・団体の政治献金を禁止した政治資金規正法に違反する疑いがある。
 井上議員によると、安倍首相が代表を務める自民党支部(山口県)に2005年12月、「医仁会武田総合病院」が12万円を献金。同病院には同年3月、国の補助金2108万円の交付が決定していた。
 また、伊吹文明文科相の秘書が会計責任者を務める支部(京都市)は同年8月、「全国社会保険協会連合会」「社会保険京都病院」から計20万円の献金を受けたが、いずれも同年3月以降、国の補助金交付が決まっていた。久間章生防衛相の支部(長崎県諫早市)も、補助金が交付された「祥仁会西諫早病院」から献金を受けていた。 

最終更新:3月7日21時1分

なんだかなぁ。。。
から思っているけど、晋三クンってホント脇が甘い。
お坊ちゃまで鷹揚過ぎるというのかな。。。

足を引っ張ろうする人が多くいる世界にあって、自分の身の回りだけでなく、閣僚の身の回りも、李下に冠を正すことがあってはいけないのよ。
晋三クンの場合は2世、3世の議員が多い中にあってもプリンス中のプリンスと目されていたのだから、足を引っ張ろうと狙っている人は他の人より断然多いのだから。

しかし、何で医療法人に国庫補助金があるのだろう?
医療関係者からは補助金をもらっても経営は苦しいと言われるのだろうけど、病院の主収入である診療報酬だって厚生省の匙加減に近く、病院経営が成り立つような報酬が規定されている。
今は名前の挙がっている医療法人がどういう名目で補助金をもらっているのか調べていないのでこんな事を言ってはいけないのだろうけど、産科などの医師が極端に不足している分野へのてこ入れの為の補助金でないのだとしたら、何故補助金を交付しているのかを明らかにしたほうがイイと思うな。


協議中断は日本に責任=拉致で「荒唐無稽な論理」-総連機関紙

3月7日20時0分配信 時事通信

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙、朝鮮新報(電子版)は7日、ハノイで同日開幕した日朝国交正常化をめぐる作業部会で、日本代表団が拉致問題と関連し、「荒唐無稽(むけい)な論理を主張し、平壌宣言の精神を歪曲(わいきょく)する言動もはばからなかった」と主張、日本の「強硬姿勢」で協議が中断したと強調した。ハノイ発で伝えた。 

最終更新:3月7日21時1分

北朝鮮は何故この場に出てきたのだろうね。
「北朝鮮の態度が硬化するのは日本に責任がある」という言い訳作りのつもりなのだろうけど、余りに見え透いていて、効果の程は期待できないんじゃないの?
とりあえず、北朝鮮は日本からの経済制裁を解く必要はないと言っていると理解しました。
これで日本が、「朝鮮労働党の幹部経験のない亡命者を受け入れるが、朝鮮労働党幹部と幹部に助力した者は無条件で拉致実行犯として日本国内法において極刑に処す」とでも言ったとしたら、どんな反応を示したかしら?
北朝鮮でも朝鮮労働党幹部は今の北朝鮮の現状と、自身が外国に出るメリットを秤にかけられる程度には外国を知っている。
彼らの退路を断たないと、金正日の恐怖政治を終らせることは出来ないのかもしれない。。。


桜開花、もうすぐ=静岡13日、東京は18日-記録的暖冬の影響・気象庁

3月7日14時31分配信 時事通信

 気象庁は7日、九州から関東、北陸地方までの桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。記録的な暖冬の影響を受け、東日本・西日本の多くの地点で平年より早まる見込み。最も早い静岡は15日早い13日、次いで高松、松山が17日。いずれも1953年の統計開始後では最も早い予想となっている。東京は2番目に早い18日。 

最終更新:3月7日16時32分

ウチの近所ではもうとっくに桜が咲いている。
でも、この桜は所謂“開花宣言”に使われる桜ではないのよね。
開花宣言に使われるソメイヨシノって、個体差が少なくて、一つ咲くと、他の個体の木の花も一斉に咲くらしいのよね。

いつだったか、3月の20日前後に東京で開花宣言された事があった。
その年は、4月の初めから海外出張が入っていたから、3月中に満開の桜が見られてラッキーと思った。
その次の年は、3月中に開花宣言はあったけど、3月の最後の週末にお花見の宴会を企画したら、花はまだまだだった。
開花しても直ぐに満開になるとは限らないけど、ここ最近は開花は早くなりつつあるねぇ。

それにしても、平年より2週間以上も早かったら、桜もビックリするよね~


日興、4月に上場廃止へ…東証、週末にも決定 

3月7日10時56分配信 読売新聞

 東京証券取引所は6日、大手証券の日興コーディアルグループを上場廃止とする方向で最終調整に入った。早ければ週末にも最終決定する。

 前経営陣らが組織的に行った利益水増しが悪質で、市場に重大な影響を与えたと判断した模様だ。すでに日興株は、上場廃止となる可能性を投資家に知らせる監理ポストに入っている。決定後、日興株は整理ポストに移され、4月に上場廃止になる見通し。日興は6日、米シティグループの傘下に入ると正式発表しており、上場廃止となっても投資家などへの影響は小さいと見られる。上場廃止でも日興の証券業務は継続され、顧客の資産も保全される。

 東証は上場廃止の是非を判断するための詰めの作業を続けている。〈1〉不正な利益水増しが組織的に行われ、前経営陣の一部も関与した〈2〉水増し額も多額にのぼる――ことが東証の上場廃止基準に抵触との判断を強めている。

最終更新:3月7日10時56分

日興コーディアルで働いている人には申し訳ないけど、至って当然の措置だと思うよ。
証券売買・投資市場の機能の一端を担っている立場にある者が、投資家が投資するための基本開示情報の信頼性を毀損したのだから。
市場関係者が市場の信頼性を損なう行為を行ったのだから、退場願うのは当然でしょう。
って、日興コーディアルの会計監査をしたのも瑞穂監査法人。
この監査法人って、瑞穂(=日本)なんて名前を付けるのもおこがましい感じね。
みずほ監査法人は、早晩、監査業務から撤退するらしいから、これ以上は言わないけど。。。


今日の職場での上司クンの言葉。
「日興コーディアルが、“お客様の資産については法に基づいて分別管理しているので保全されています”って言っているけど、法令順守違反で上場廃止になる会社が“法に基づいて”って信用できるわけないよね~」

まさしく。


周知が足りないんじゃないのかなぁ。。。

春で大学進学や就職で親元を離れる人を目当てにしているのか、最近テレビが安い。
少し前までは、地デジ未対応のアナログテレビが投売りされていたのだけど、最近は地デジ対応の液晶テレビが安い。
液晶だからそう大きい訳ではないけど27インチ程度で6万円を切る。
半年前と比べるとかなり安くなって、お買い得感、お手頃感もある。
これを見たら、アナログテレビから買い換えてもいい様な気分になってしまう。


<地上デジタル>07年以降、アナログテレビ大量排出へ 

3月6日19時51分配信 毎日新聞

 2011年の地上デジタル放送開始で受信できなくなるアナログのブラウン管テレビ約5000万台が07年以降、家電ごみとして排出されるとの推計が6日、中央環境審議会と産業構造審議会で報告された。11年前後にはこれに加え年間排出量の2倍近い1500万台が一気に排出されるおそれもあり、対策を検討していくことになった。
 報告したのは、メーカーでつくる「電子情報技術産業協会」。毎年のブラウン管テレビ、液晶テレビ、プラズマディスプレーの出荷実績を基に推計。ブラウン管テレビから液晶テレビへの買い替えが進み、07年以降、ブラウン管テレビを中心に年間1000万台程度が排出されるとした。06年に約8580万台あるアナログテレビは、11年に約3500万台に減るという。
 一方、アナログテレビは専用チューナーを使えば地上デジタル放送を視聴可能。同協会は約3500万台のうち約2000万台はチューナーを利用するとみているが、残りの約1500万台はチューナーを利用するかどうか見通しが立たず、11年前後に一気にごみとして排出されるおそれがあるという。【山本建】

最終更新:3月6日22時5分


罪だよなぁ。。。
使えるものを“使えなくなる”と煽った結果だもの。。。

アナログテレビの大量排出というか大量廃棄が進むのは、家電量販店で地デジ対応がお手頃価格になった事に加えて、先般から民放連がアナログテレビではテレビ放送をまったく視聴できなくなるかのような宣伝をしてきたのが原因の一つ。
私の両親なども、今のテレビが“ただの箱になってしまう”と勘違いしていたものね。

引用した記事にもあるように、今使っているアナログテレビでも地デジ用の専用チューナーを使えば地デジ放送を視聴可能になる。
でも、これまで、家電業界は、そのことを積極的には言ってこなかった。
さらに、地デジ対応のテレビが6万円そこそこで買えるのに、チューナーが5万円弱もするとなると、新しいテレビに買い換えようという気になるのは至って普通の事。

でもね。。。
例えばCATVの人なんかは、慌ててチューナーを買う必要はないかもしれない。
私が住むマンションでは、電波障害でアナログ放送が入らないのでCATVが入っている。
今のまま地デジ対応のテレビやチューナーを接続すればそのまま地デジ放送を見られるし、CATVの契約をしている人であれば契約を変えて必要に応じてCATVのチューナを変えれば地デジ放送を見られる。
未だ使用可能なテレビを持っているのならチューナを買うという選択肢もあるけど、CATVを視聴している家庭ではCATVの契約を変えるだけで済むかもしれない。
そういった情報って、意外に知らされていないんじゃないのかなぁ。。。?

“テレビが観られなくなる”と殊更に脅かすだけじゃなく、対応方法のメニューをもっと周知してくれればいいのにねぇ。。。





Continue reading

今日は思考能力が無いらしい。。。(^_^;

今日は思考能力が無いらしい。。。(^_^;
なので、ニュースクリップだけ。


沖縄県知事、尖閣諸島視察…13日に自衛隊機で

3月5日21時24分配信 読売新聞

 沖縄県の仲井真弘多知事が、中国や台湾も領有権を主張している同県石垣市・尖閣諸島を自衛隊機で視察することになった。

 今月13日を予定している。沖縄県知事が尖閣諸島を視察するのは初めてという。

 実情把握と、在日米軍に提供している射爆場の視察が目的。民間航空機で行けないことから、県が航空自衛隊に協力を求めていた。

 尖閣諸島は魚釣島など5島で構成され、うち久場島と大正島が射爆場になっている。同諸島周辺の大陸棚に石油資源が埋蔵されている可能性があるとの調査結果が1969年、公表された後、中国、台湾が領有権を主張した。東シナ海の天然ガス田開発を巡っても、同諸島北側海域での日中共同開発案が浮上している。

最終更新:3月5日21時24分


事実を伝えているのだろうけど、読売新聞のこの見出しは何を言いたいのだろう?と思ってしまう。
どういう意図のもと、「・・・自衛隊機で」と足しているのだろう?

民間機で行けないとして、業務上視察の必要があるのであれば自衛隊機で行くというのも選択肢の一つだろう。
チャーター機で行けと言いたいのかもしれないけど、在日米軍の訓練施設として提供している土地のある場所にいくのであれば、自衛隊機で行く方が米軍にも余計な心配をさせずに済むのでは?






慰安婦問題 米決議案採択でも 首相「謝罪しない」

3月5日15時57分配信 産経新聞

 安倍晋三首相は5日午前の参院予算委員会で、米下院に提出された慰安婦問題をめぐる対日非難決議案について、「決議案は客観的事実に基づいていない。決議があっても謝罪することはない」と述べ、決議案に強い不快感を示した。

 また、首相は、慰安婦問題を謝罪した平成5年の「河野洋平官房長官談話」について「基本的に継承していく」と明言。その上で「官憲が家に乗り込んで人さらいのように連れて行くような強制性はなかった」と述べ、狭義の強制性を重ねて否定。米下院の公聴会で証言した元慰安婦の証言についても「裏付けのある証言はない」と述べた。

 民主党の小川敏夫参院幹事長への答弁。小川氏が「きちんと謝罪しないと、日本が戦争に対する反省をしていないと受け取られる」と主張したのに対し、首相は「戦後60年の日本の歩みは高く評価されてきた。小川氏は日本の歩みを貶(おとし)めようとしている」と強く反発。「小川氏は決議案が正しいと思っているのか」と切り返す場面もあった。

最終更新:3月5日15時57分

実は、今日は体調不良で会社をお休みしていた。
お昼過ぎ、テレビを点けたら国会中継を放映していて、ちょうど晋三クンが「小川さんは日本の歩みを貶めようとしている」と言っている所だった。
小川クンは一瞬言葉に詰まって、顔を真っ赤にしながら「私がどう貶めようとしているのか」と反撃しようとしいた処で、テレビを消しちゃったから続きは見ていないのだけどね。
ヤジウマ的にはもっと見たい処だけど、今の体調で他人が言い争っている姿をみる気にはなれなかった。
見ているだけでも、体力を使うんだもの。。。(苦笑)

で、何故、アメリカの下院に非難決議されて謝罪しなければならないの?
イギリスやフランス、或いは南アフリカの議会に同じように非難決議されるたびに日本は謝罪するの?
で、誰に?
日本軍に強制的に連れ去れらて従軍慰安婦になったというのは、客観的な証拠もなく、韓国人の従軍慰安婦“本人”の証言だけの“事件”なのに、“被害”遭ったといっている本人ではない第三国の非難決議で、誰に謝罪するの?


いや。。。戦争中の事で後ろめたい事があって謝りたいなら、小川クンが個人的にアメリカの下院まで出向いて謝罪するのはかまわないけど、少なくとも日本の国会議員という立場から離れてから謝罪してね。

って、いうか、この手の、他人に言われるがまま、自らの正当性を全く省みずに“謝罪”をしたがる人って信用できないんだけど。。。
個人的には、中国に媚びたい河野洋平君の談話なんて尊重する必要だってないと思うもの。
他人と付き合う時に“自分”を持たずに只媚びるだけの人を信用できないと同じように、主張も持たずに只媚びる為だけに“謝罪”を繰り返す国は信用されないと思うよ。






浅野氏、出馬を正式表明へ=6日に記者会見-都知事選

3月5日21時1分配信 時事通信

 4月8日投開票の東京都知事選への立候補の意向を示していた前宮城県知事で慶応大教授の浅野史郎氏(59)は6日、東京都庁で記者会見し、正式に出馬表明する。浅野氏は政党の推薦を受けない方針だが、独自候補擁立が難航していた民主党は、推薦せずに実質的に支援する考えだ。 

最終更新:3月5日21時1分

浅野前宮城県知事は、先週は都知事選には出る気はない素振りだったのにね。
先週彼氏と話しているときに、彼氏が「でも、出たい気満々に見えるよ」といっていた。
本当に、「出たい気満々」だったのね。

今のところ、浅野氏が都知事になって何をしたいのかは判らない。
でも、都知事は他の地方自治体の首長とは違って、日本の首都に責任を持つ知事なのよね。
それって、日本国民に対しても大きな責任を負うことになる。
その辺りを解っての行動なのだろうか?
売名の為なら立候補しないほうがいいと思うけど。。。


ところで、今回の都知事選は共産党以外は“推薦”候補は居ないのね。
候補者選びで内紛を起こしている民主党は情けないと思ったけど、推薦を辞退された自民党もある意味情けないね。
というか、地方自治に政党なんて関係ないという事なんだろうね。
ただ、地盤を持たない無党派の知事って、なかなか思うことが出来ないのも確かなんだよね。
慎太郎君は実績があるから“地盤を持たない”とは言わないけど、他の黒川氏や浅野氏が“無党派”で知事職を務めるのは難しいように思うな。
政党に推薦されると有権者が離れる恐れがあり、政党の支持がなければ都政(県政)運営がおぼつかないなんて、候補者も悩ましいね。


二の舞、三の舞、いや四の舞になってしまうよ。。。

昨日の株価の下げについてもう少し書こうかと、昨日は思っていた。
でも、今日も株価は下げてしまって、私の予想とちょっと違う動きをしたので、てにおはと誤字脱字を直しただけでお茶を濁してしまった(笑)


<タミフル>転落死、厚労省が徹底調査へ

3月1日20時50分配信 毎日新聞

 インフルエンザ治療薬の「タミフル」(一般名オセルタミビル)を服用後に中学生が先月、相次いでマンションから転落死した問題で、厚生労働省は1日、徹底調査する方針を明らかにした。
 定例会見で辻哲夫事務次官は「転落死が立て続けに起き驚いている」とした。現在、同省研究班が実施中の調査では、対象を約1万人(前回は約2800人)に広げ、異常行動などを時間帯ごとに細かく分析できるようにしており、タミフルと異常行動との因果関係を調べていく予定。
 同省はインフルエンザにかかった未成年者が異常行動を取るおそれがあるとして、タミフル服用の有無にかかわらず、発症後少なくとも2日間は保護者が付き添うよう注意喚起している。また、伊吹文明文部科学相も1日の衆院予算委員会で、インフルエンザにかかった児童・生徒が自宅療養する場合、保護者に注意を促すよう、都道府県教育委員会などに通知したことを明らかにした。【北川仁士】

最終更新:3月1日20時50分



最近「タフミル」という薬の名前をよく聞く。
私は薬にはまったく詳しくないので、この薬がなんの薬なのかもしらなかった(^^ゞ
インフルエンザの特効薬だったのね。

それにしても。。。
タフミルを服用した中学生が相次いで事故死しているというのに、厚生労働省は未だに因果関係は認められないと言っているらしい。
アメリカではもう20年近く前に“因果関係”を指摘されているのに、日本でもこう度々事例が挙がっているtというのに、何故そう頑なに“因果関係”を否定するのか?
「関係があるかもしれないから、処方、服用には充分注意をするように」と言えないのか?
「関係がある」と断定しなくても、今の段階では「可能性がある」と言うだけでもいいんじゃないの?
余りに頑なに否定すると、裏になにかあるのでは?と穿った見方をしたくなっちゃうよ。。。


タフミルそのものは、インフルエンザにはかなり有効な薬らしい。
事故が起きているのも、今のところは歳若い子供のようだ。
年齢と事故との関係は良くわからないけど、成人ならばそう危険もなさそうだ。

薬なんて、どんな人にもすべからく同じように効き目があるという訳ではないし、症状や患者によって効き具合が違うのは当たり前なのだから、こういう人には副作用の心配なく効果も高くて、べつのこういう人には危険があると言うようなものがあってもイイと思う。
これが、「一度認めてしまったものだから」と薬の危険性を認めないのだとしたら、薬害エイズやある種の肝炎、サリドマイドの二の舞、三の舞、いや四の舞になってしまうよ。。。

“強さ”をなくしたら、支持は得られないよ。。。

安倍内閣 不支持41%、支持36% 毎日新聞世論調査

2月26日17時10分配信 毎日新聞

 毎日新聞は24、25の両日、全国世論調査(電話)を実施した。安倍晋三内閣の支持率は1月の前回調査から4ポイント減の36%、不支持は5ポイント増の41%で、昨年9月の発足以来、初めて支持と不支持が逆転した。高い支持傾向を示してきた女性も支持36%(前回比7ポイント減)、不支持37%(同8ポイント増)と不支持が上回った。柳沢伯夫厚生労働相の「産む機械」発言などへの対応で、安倍首相が指導力を発揮できていないとの評価が支持率続落の背景にあるとみられる。
 26日で発足5カ月を迎える安倍内閣。発足時に67%と高水準だった支持率は、5カ月で31ポイントという大幅ダウンとなった。
 現在と同じ調査方法になった小渕恵三内閣以降では、森喜朗内閣、小泉純一郎内閣は発足5カ月で支持率を落とした。しかし、下落幅は森内閣が20ポイント(40%→20%)、小泉内閣が4ポイント(85%→81%)で、安倍内閣の31ポイント減は際立っている。
 また、小泉内閣では、不支持が支持を上回ったのは04年12月の自衛隊のイラク派遣延長決定時など3回あったが、支持率の最低は37%。安倍内閣はすでにその水準を下回ることになった。
 不支持の理由は、「首相の指導力に期待できないから」が49%(前回比7ポイント増)で最多で、「首相は経験不足で頼りないから」21%、「首相の政策に反対だから」19%と続いた。政権発足時は24%にとどまった「指導力に期待できない」との回答は調査のたびに増加、世論が首相の指導力に不満を感じていることが浮かんだ。
 支持率下落の理由を四つの選択肢で尋ねたところ、(1)「閣僚の相次ぐ失言」38%(2)「格差問題への対応」24%(3)「政治とカネ問題への対応」18%(4)「首相本人の言動」14%--の順だった。
 柳沢厚労相を辞任させなかった首相の対応に対しては「辞めさせるべきだった」が59%で、「妥当な判断だ」の36%を大きく上回った。自民党内に待望論が出ている早期の内閣改造に対しては「すべきだ」が70%で、「すべきでない」は23%にとどまった。
 政党支持率は自民党が1ポイント増の26%。民主13%、公明4%、「支持政党はない」と答えた無党派層49%は、前回と変わらなかった。【古本陽荘】

最終更新:2月26日17時10分

今朝の日経新聞でも、安倍内閣の支持率がTOP記事だった。
支持率を下落ポイント数で計って過去の首相と比較するのが適当なのか否かは判らない。
ただ、今の所、純ちゃんより支持が低く、善朗君よりはマシだと思うだけ。
そういう意味では、発足時から支持の低かった善朗君と比較して、支持率の低下率では晋三クンの方が低いというのは違う気がする。


支持が下がったのは判るな。
首相になってからの晋三クンって、姿が見えない感じなんだもの。
代わりに閣僚の失言ばかりが取り沙汰されて、偶に見える晋三クンったら失言閣僚の擁護ばかり、これじゃ支持のしようがない。
晋三クンが首相としてしたかった事が出来ているのか、進捗しているのか、そういった事がなにも解らないんだもの。

東国原宮崎県知事(そのまんま東)が「マスコミは対立軸をつくるのが好き」と言っていたけど、対立軸の報道の仕方一つでここまで印象が違うのかと、晋三クンと純ちゃんを比べて思う。
純ちゃんの時は、内閣内も含めて純ちゃんが四面楚歌な雰囲気をマスコミが伝えていた。
晋三クンの場合は、若い首相を舐めてかかる閣僚(=対立軸)と、後見人に援護(?)され、守られる首相という雰囲気。
まるで、“ひ弱なお坊ちゃん”を強調するかのような報道なのよね。

今の日本って、“強い”リーダーを求めているのに、報道される姿はその対極にある。
これじゃ、支持される訳がない。
そもそも晋三クンの株が上がったのって、純ちゃんが始めて平壌に行った時に、北朝鮮ののらりくらりの交渉に席を蹴って立とうとした“姿”にあった。
その“強さ”こそが晋三クンに期待された姿だったのだもの、今マスコミで報道される晋三クンの姿にはガッカリするという人が多いと思うよ。
こんなひ弱な首相は要らないと思う人が多くても不思議はないと思うよ。

若すぎて、先輩たちに気を遣うのは仕方がないとしても、閣僚たちに言うべき事は言う、決めるべき事は決める姿を見せて欲しい。
衛藤君の復党問題では“首相の強権”を使ったようだけど、「仲良しクラブ」の拡張だけに“強さ”を発揮するのは違うような気がするよ。
晋三クンだって、“首相”という立場に名誉を求めたのではなく、実現したい政策があったからこそ首相になりたかったのでしょう?
しっかり、したい政策を実行しないとね。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top