Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

呆れた。。。頑張るのはどっち?

呆れてモノも言えない。


柳沢厚労相 女性を「出産する機械」とも例える発言

1月28日10時34分配信 毎日新聞

 柳沢伯夫厚生労働相は27日、松江市で開かれた自民党県議の集会で講演した。講演は年金・福祉・医療問題に関するもので、出席者によると、柳沢厚労相は少子化対策に言及する中で「15から50歳の女性の数は決まっている。生む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」などと述べたという。少子化対策にかかわる閣僚による、女性を「出産する機械」とも例える発言だけに、今後批判を強く受けそうだ。

最終更新:1月28日10時34分

こんな事を言うのが「厚生労働大臣」様だったとはね。。。
所管大臣すらがこんな認識だから、女性は“今”を“子供を産める環境にない”と判断しているのかもしれない。


総理としては若すぎる晋三クンは(「老、高、青」だったかな?)“年寄りも大臣にしてあげるよ”と言ってこういう人を大臣にしたけど、適材適所を見誤ったね。
伯ちゃんは金融関係の大臣であれば“適所”だったかもしれないけど、少子化を見据えての厚生労働大臣としては不適正だったね。
あとは出来るだけ早く更迭する事だね。

しかしなぁ。。。
厚生労働省は女性であれば子供を産めると思っているのだろうけど、現実には産みたいのに産めない女性も多い。
子供を持ちたくてももてない女性に対してはなんの施策もないのに、女性にだけ「頑張ってもらうしかない」というのは余りにも無責任。
先ず、自分たちの“無策”を改めるべきでは?






更に。。。

子供が増えることを、若い世代の人口が増える事を単純に“将来の年金を担う人を増やす”事として捉えているのも、厚生労働省。
そういう意味では、大臣1人の問題ではなく、厚生労働省そのものが、同じ体質なんだろうね。

産めるのに産みたくない女性は、「私は、貴方たちの失政の穴埋めに子供を産むわけではない」と体感しているのかもしれない。
また、産みたくても産めない女性は、本人の意思とは別の、“生物”としての“身体”が、子孫をそういう利己主義な人を“生かす”ために子供を産むのを拒否しているのかもしれない。

だとしたら、子供の数が増えないのは「厚生省の頑張りが足りないから」だよね。

“今と違う”だけじゃないよね?

いよいよ引き篭もり。。。

昨日は大寒。
寒いはずだわ。
って、昨日は遅くまでベッドから出られずにいたお陰で、初雪を見ることはできなかったけど(^_^;)

で、今日も引き篭もり状態。
家に居る間はなんともないのに、夕方、イザ夕食の買い物に出ようとしたら、また身体が嫌がる。
こんな調子で明日は会社にいけるのだろうか。。。


で、この記事も私の引き篭もりは全く関係ない(笑)


<宮崎知事選>そのまんま東氏が初当選

1月21日21時12分配信 毎日新聞

 宮崎県の官製談合事件で逮捕された前知事の安藤忠恕(ただひろ)被告(65)の辞職に伴う出直し知事選は21日投開票され、無所属新人の元タレント、そのまんま東氏(49)=本名・東国原(ひがしこくばる)英夫=が初当選した。高い知名度を生かし、事件を受けた行政・政治不信を背景に、前林野庁長官の川村秀三郎氏(57)や元経済産業省課長の持永哲志氏(46)ら4氏を振り切った。県民は行政・政治経験のない東氏に県政刷新を託し、事件で指摘された官民の癒着や「しがらみ」との決別を強く求めた。
 事件では競売入札妨害罪で起訴された安藤前知事を含め、県幹部7人が逮捕された。新人5人が立候補した知事選では入札制度の改善や県政刷新のあり方が争点となった。
 同県都城市出身の東氏は「しがらみのない政治ができるのは自分だけ」と主張し、同級生らが草の根運動を展開。「宮崎のセールスマンとなって全国に売り込む」と訴えた。一方で、出馬表明時に芸能界からの引退を宣言し、選挙中はタレント仲間の応援は求めず、観光振興や防災対策などを訴え、支持を集めた。
 昨年末に林野庁長官を辞職し、出馬を表明した川村氏は「県民党」を標ぼう。農林業の振興などを主張したが、出遅れが最後まで響いた。
 元経産省課長の持永氏は自民、公明両党の推薦を受けて組織選挙を展開したが、川村氏の出馬で保守が分裂し、共倒れの形となった。官製談合事件を受けた世論の厳しさから建設業界などの動きは鈍く、無党派層などの支持が行政・政治経験のない東氏を押し上げる結果になった。共産党県委員長の津島忠勝氏(61)と、元高校教諭の武田信弘氏(52)は支持を広げられなかった。【中尾祐児】

最終更新:1月21日22時51分


しがらみのない人を知事にねぇ。。。

この人の政治家転身についてはかなり以前から言われていた。
タレントが政治家になる事は必ずしも悪い事だとは言わない。
でも、家族でさえ彼が政治家になる事を嫌がっていた。
その理由は何だったのだろう?と今になって気になる。
もしかして、家族の判断が一番正しいのでは?とも思ったりする。

まぁ、先ずは、彼の手腕を見守るのみなのだけど、“今と違う”だけで政治家になろうとしたのではないことだけを祈る。
既得権益を否定しただけなら、新たな利権が生まれるだけなのだから。。。

報道機関の“創作”番組

最近、引き篭り気味。
外に出ようとすると、身体が嫌がる。。。(-_-;

今朝は体調がイマイチで起き上がれなかった。
それでもお昼過ぎには若干持ち直したので、夕方からの飲み会に出るつもりで居た。
グズグズとはっきりしない体調に、シャワーを浴びれば少しはすっきりするかと、熱いシャワーを浴びて出かける仕度をしはじめた。
そうこうしているウチに、また身体が外出を嫌がり始めた。
お化粧が終って外出の仕度があらかた終る頃には、トイレに篭らなければならないほど。。。(-_-;
そのうち熱も出始めて、いよいよ身体が外出を嫌がっているらしい。

ドタキャンで申し訳ないけど、出かけなければならないギリギリの時間になって今日の幹事さんに欠席の連絡をいれる。
と、それから1時間もしないうちに持ち直してしまう私の身体って何なのだろう?
別に今日の外出先がイヤだったのではなくて、会社に出る時も、夕食の買い物に行くのでさえそんな状態なのだから困り者。
今日は家で夕食を食べないつもりだったから家には食材もなくて、その夕食の買い物ですら同じ症状が出るのだから、ちょっと重症?(-_-;


私の引き篭りとは全然関係ないけど。。。

<あるある大事典>「納豆ダイエット」はねつ造 関西テレビ

1月20日19時17分配信 毎日新聞

 関西テレビ(大阪市北区)は20日、今月7日にフジテレビ系で全国放送したテレビ番組「発掘!あるある大事典2」で、事実とは異なる内容が含まれていたと発表した。「納豆を食べるとダイエットができる」との内容だったが、研究者のコメントや被験者の検査データをねつ造していた。同テレビは社内に調査委員会を設け、原因の究明を行うとともに過去の放送分についても検証を行い、番組を継続するかどうかを含めて検討する。また、21日午後9時から放送予定だった同番組は、テーマは納豆ではないが放送を休止し、後ろの番組の「スタメン」を1時間前倒しし、冒頭で一連の経緯を説明する。
 同テレビによると、(1)被験者がやせたことを示すのに別人の写真を使用(2)米の大学教授の発言の日本語訳の一部をねつ造(3)被験者の一部の中性脂肪値が正常値になったとしたが、測定せず(4)納豆を朝2パックまとめて食べた場合と、朝晩1パックずつ食べた場合の比較で、被験者の血中イソフラボン濃度の結果をねつ造(5)被験者の血中のDHEA(ホルモンの一種)量検査のデータをねつ造、また、許可を得ずグラフを引用――していたことが分かった。
 千草宗一郎社長は「報道機関でもある放送局として、視聴者の信頼を裏切ることになった。誠に申し訳ない」と謝罪した。
 同番組は関西テレビの社員2人と番組制作会社「日本テレワーク」の4人がプロデューサーを務め、テレワーク社の取締役1人がコンプライアンス(法令順守)担当者になっていた。実際の取材は孫請けを含む9チームの番組制作スタッフが行っていたが、どのチームが担当していたかについては「調査中」として明らかにしなかった。
 今回の問題は、「週刊朝日」の取材をきっかけに同テレビが調査を行い、明らかになった。
 健康ブームを背景に健康をテーマにした番組は増える傾向にある。「納豆」の回でも全国の小売店で一時納豆の売り切れが相次ぐなど、社会現象となった。そんな中で起こった今回の不祥事で、改めて放送倫理のあり方が問われそうだ。【北林靖彦】

最終更新:1月20日22時59分


お正月明けあからスーパーに納豆がないのは認識していた。
“あるある~”も見てはいるものの、この日の“あるある~”は見ていなかった。
ただ、私はお餅には納豆を挟んで食べるので、お正月明けに納豆が店になくて今だ鏡開きしたお餅を食べていないのよね(笑)

そんな処にこんなニュース。

でもなぁ。。。

確かに、テレビの情報番組に踊らされる方もどうかと思うけど、そのテレビ番組を作る側のモラルは?と思ってしまう。
今回の納豆騒動に関しては、一部流通業者が放送前に情報を掴んでいて買占めに走ったという噂も聞かれた。
「次回の“あるある~”で納豆が取り上げられるから、相当数の納豆を確保するように」って事なのかしら?
製造側にしてみれば、「次回の“あるある~”で納豆が取り上げられるから、納豆の製造にいそしむように」って?
って、製造ラインは沿う簡単に増やせないものね。。。
でも、そんな中での番組捏造となると、この“あるある~”という番組そのものが業者と癒着しているのでは?とかんぐってしまうよ。
スーパーなどの業者が“売りたいもの”を“あるある~”や“○○~”で“健康やダイエットに良い”と言えば、消費者が殺到するのだものね。

今回の事件(?)は、テレビのいう事を鵜呑みにする消費者には警鐘を鳴らしたのね。
って、いうか、騙される消費者に責任がないとは言わないけど、テレビも奢っているんじゃないのかなぁ。。。?
この放送局って、ホリエモンに買収されそうになった時、「報道機関が~」って言っていなかった?
これがその「報道機関」のする事だとしたら、この“報道機関”の報道する事の全てを信用できなくなるよ。。。

って、私は、中東関係で安藤さんが同時通訳するニュース以外は、この局のニュースは“創作”だと思っているから、関係ないけどね(笑)

1.17

毎年、「もう○年なのね」と思うけど、私にとってはまだまだ記憶に新しい阪神大震災からもう12年。
日本が地震が多い国だとは言え、たった12年では、忘れてしまうのは早いなと思うのだけど。。。


「命を大切に」の思い込め=語り継ぐ「1.17」-阪神大震災から12年

1月17日7時1分配信 時事通信

 6434人が犠牲になった阪神大震災から12年となる17日、兵庫県内の各地では、さまざまな追悼行事が営まれ、がれきの中から復興を遂げた街は鎮魂の祈りに包まれた。住民たちは「かけがえのない命を大切に」という思いを胸に、体験を語り継ぐ決意を新たにした。
 大切な人を失った肉親や友人の悲しみの記憶は、いまだに鮮明だ。神戸市中央区の東遊園地では、今年も早朝から、市民団体と市による追悼の集いが開かれた。
 「1・17」の数字をかたどって並んだ竹灯籠(とうろう)のろうそくは6610本。震災による心労や病気が遠因となって亡くなった人を犠牲者に加えた数で、昨年より15本増えた。 

最終更新:1月17日7時1分


関東大震災の9月1日が防災の日となっているように、阪神大震災も防災の日として9月の防災の日と併せて身の回りの防災チェックをする日にすればいいのにと思う。
なんて言う私は、普段は忘れているけど、年に2回のこのタイミングでささやかな見直しをしている。(つもり (^^; )
っていっても、乾パン類のチェックをしているだけなんだけどね(^^ゞ


数年前、ある役所の防災担当者と地震災害について話した事があった。
彼らは阪神大震災の被害を「危機への備えをしていない事が被害を大きくした」と言った。

そうね。。。
あの地域では、それまで大きな地震はなかった。
そして、それを以って「関東大震災のような大きな震災は起きない。地震があっても被害は少ない。」と言っていたのは行政だった。
そしてまた、それまでの日本では直下型の地震がなかったから、初めての直下型の地震への備えができていなかったのは、それこそ行政だった。

別に行政だけを非難するつもりはない。
でも、過去に経験がないし、行政が“危険は少ない”と言えば、個々人の備えがそれなりになるのは人情だろう。
そこに踏み込んで“備え”を促すのが行政の仕事である訳で、だからこそ私と話したその人たちの任務が出来たのでしょう。
と、その時は、話のニュアンスで、何となく、相手が、災害への備えをしていない住民を非難しているように聞こえたから、カチンと来て思わず反論したのよね。
実際は、相手に住民を非難する意図は全くなかったのかもしれないけどね(^_^;)


災害の大きさの予測をすることは難しい。
先ごろの北海道の津波のように、「避難勧告が出たけど、結果は避難するほどでもなかった」という事も良くある。
でも、災害には常に最悪の被害を予測して対応するのがスジで、そういう災害対策の仕事をする人たちの努力が“いい意味で”徒労に終るのが望ましいのよね。


あぁ。。。
また、なんだかまとまりが無くなってしまったわ(^_^;)


モラルのなくなった企業。。。

とうとうと言うか、やっとというか、不二家の社長が辞任の意思表示をしたらしい。
でもなぁ。。。

今朝のワイドショーによると、この謝罪&社長辞任会見の中で健康被害についての質問があって、その時の回答としては「身体の弱い幼児がお腹を壊す程度」と言ったらしい。
ネットで記事を探したけど、探し方が悪かったのか見当たらなかった。
あったのはこの程度の記事。


不二家 腹痛やおう吐を訴える苦情数件 問題発覚後

1月14日17時12分配信 毎日新聞

不二家 腹痛やおう吐を訴える苦情数件 問題発覚後

拡大写真

11日の会見で発表された内部資料。「消費期限切れ原料の使用がマスコミに発覚すれば、雪印乳業の二の舞となることは避けられない」と書かれている=佐々木順一写す

 不二家の洋菓子を昨年11月に関東地方で購入し食べたという消費者から、腹痛やおう吐などの健康被害を訴える苦情が同社に数件寄せられていることが13日、分かった。15日に開く記者会見で公表する予定。苦情があったのは、いずれも、不二家が問題を公表した今月11日以降。「健康被害」の時期から時間が経過しているため同社は、「因果関係を証明できない」と話している。
 不二家は、問い合わせに応じるための「お客様サービス室」を設置した。問い合わせ総数は数千件に上るが、その中で、「おかしな味がした」「食べた後、下痢や腹痛を起こした」などの声が複数寄せられたという。
 同社は健康被害の報告を精査しているが、中にはいたずらとみられる電話もあるといい、「昨年の話なので事実関係の確認ができず、健康被害に関しては謝罪するなどの措置も取れない」(同社幹部)と話している。時間が経過したのは、不二家が問題の公表を遅らせたためで、早期に顧客対応をとらなかった同社の姿勢があらためて批判されそうだ。【三沢耕平】

最終更新:1月14日17時12分


事件が発覚してからの苦情なので、その全てを“確かに健康被害である”とは言い難いのかもしれない。
でも、例えそれが“気分的な”モノであっても、また“そう言えばあの時体調を崩したのはこれが原因?”と思ったモノだとしても、それは真摯に受け止めないとねぇ。。。
それを、“幼児がお腹を壊す程度”と言ったのでは、消費者には受け入れられないと思うよ。
まして、不二家が売るものには幼児が食べるものの多いのだから。


っていうか、この記者会見には雪印の社長の「私は寝ていない」発言に通じるものを感じるのよね。
モラルのない企業(事業)が繁栄した試はないのに。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top