Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

参加する事の意識と意義

連休3日目の今日は成人の日。

「お金なくても思い出に」=財政再建中、「手作り成人式」-北海道夕張

1月7日20時1分配信 時事通信

 数百億円に上る債務が発覚し、財政再建団体入りを決めた北海道夕張市の市民会館で7日、成人式が開かれた。市の歳出見直しに伴い、例年開催費として補助されていた60万円もゼロに。「お金がなくても、思い出に残る成人式を」。実行委員会の呼び掛けに、全国から230万円を超える募金が集まり、「手作り成人式」が実現した。 

最終更新:1月7日20時1分


夕張市の成人式の“予算”については昨年から言われていた。
昨日視察した太蔵君がそれを知らなかったのは、“親代わり”の武部君の顔を潰した(武部君も知らなかったと思うけど。。。)だけでなく、自身の“世間無知”を現したという点でも政治家としては減点要素だね。

それにしても夕張市の対応には疑問が多い。
財政再建都市となるとそんなに縛りが大きいのか? と思わされる。
何故、純粋の市民の為の行事や観光収入が見込まれる事業への支出が制限を受けるのか?
市への収入の観点では、かえって収入阻害要素になるような“縛り”が多いように思えるのだけど?


それでも、テレビで見る限り、夕張市の成人祭はイイ催しだったね。
成人祭への市からの予算が付かないと初めて聞いた時には“何故?”と思ったけど、予算がないことでこんな風な成人祭が出来たことは、実行委員や成人祭に参加した彼らにとってはかけがえのない思い出になったのではなかろうか。
いや、そうあって欲しいと部外者のオバサンは願っている。


ふと、高校3年生の学園祭を思い出した。
別に予算に制約があった訳ではないのだけど、私たちは“自分たちが作る”と従来のルールを無視した。
“自分たちが作るルール”が必ずしも正しくはない。
でも、自分たちで考え、結論を出し、折衝したルールの下での“行事”は、それに携わった人には意義のある事だと思う。
私にとっては高校3年間にはそれぞれそれなりの思い出があるけど、3年生の時の学園祭の思い出はかなり重いものになっている。
20数年経った今でも、懐かしい“かけがえのない”思い出になっている。

いやそんなに大袈裟な話ではなく、当事者である彼らに“参加意識”があれば、ここ数年言われるような成人式での“騒ぎ”はより少なくなると思うのだけどね。。。。

数日前からのバカバカしい話

赤坂議員宿舎 入居敬遠で定員割れ? 気になる低家賃批判 1月4日17時13分配信 毎日新聞

 建て替え中の衆院赤坂議員宿舎(東京都港区)の完成を春に控え、若手議員を中心に入居を見送る動きが広がっている。国会に近い都心の一等地で、民間の5分の1と言われる低家賃が「議員特権」批判を浴びているためだ。民間マンションを借りるのを検討したり、あえて古い別の議員宿舎に移る議員もおり、衆院議員480人のうち300人が入居可能な同宿舎が定員割れになる可能性も出てきた。
 赤坂宿舎は地上28階・地下2階建て、全室3LDK(約82平方メートル)の高層マンション。民間の相場で月45万円はすると言われる家賃が月約9万2000円に設定され、テレビのワイドショーなどで批判を浴びている。
 「地元に帰ると『先生はよもやあの宿舎には入りませんよね』と言われる」。こう語る民主党の三谷光男氏(比例中国)は入居を見送る意向。広島の自宅と東京を毎日往復するわけにもいかず、ワンルームマンションの賃貸契約を考えている。同党の安住淳氏(宮城5区)のように、東京近郊に中古マンションを購入する議員も現れ始めた。
 民主党議員が入居を避ければ、自民党議員も有権者の目が気になる。テレビなどで赤坂宿舎批判を展開している民主党の河村たかし氏に一昨年の衆院選愛知1区で敗れた自民党の篠田陽介氏(比例東海)は「基本的には毎日、地元に新幹線で帰る。必要な時はビジネスホテルに泊まる方が安上がりだ」と入居しないことを明言する。
 さらに自民党内では家賃の値上げ案も浮上。森喜朗元首相が先月20日、同党議員のパーティーで「高く値段を取る方がいい。9万円なんてバカなことをするからみんなに怒られる」と打ち上げ、党改革実行本部で議論することになった。
 赤坂宿舎が忌避される一方、築年数が古く家賃が5万円台の九段宿舎(東京都千代田区)の人気が上昇。「ここなら批判されない」と、赤坂宿舎の完成とともに廃止される高輪、青山両宿舎(共に港区)からの転居者が相次ぎ、満室状態になる珍現象も起きている。
 宿舎は、地方選出議員にとって東京での生活拠点。地元との二重生活でコストがかかるのも確かで、豪華宿舎批判への対応に頭を痛める若手からは「都内に家を持つ世襲議員や金持ちしか国会議員になれなくなる」(民主党議員)と嘆きの声も漏れる。【米村耕一、山田夢留】

最終更新:1月4日17時13分

数日前からのバカバカしい話。
地方から来ている議員の宿舎の立地条件と家賃を一般の賃貸住宅と比較して“優遇”と言う。
こういうバカバカしい事を言うのが都会の恵まれたマスコミ人だから、可笑しさが過ぎるというもの。
この話を聞いて即、“国会議員は優遇されている”、“赤坂宿舎撤廃、もしくは家賃を実勢価格に”と騒ぐおバカさんが居るのもお笑い草だよね。

一般的に通勤圏内と言われる地域からの選出議員や、東京都区内選出議員が入るのであればいざ知らず、地方議員が入る宿舎の家賃が安す過ぎる?

確かに赤坂という場所で、月額9万円の賃貸料は安いだろう。
でも、そこに住む人たちって、例え国会議員だとしても、地方に生活の基盤を持って出てきて来ている人たちなんだよね。
都会に生活の基盤がある人にとっては、赤坂に住む事は“贅沢”な事なのかもしれない。
でも、地方の一般企業に勤める人が東京に単身赴任になったとき、会社からあてがわれた社宅が赤坂だったとして、それは“嬉しい”事?
家賃が9万円でも住みたい場所?
それこそ、通えるならば新幹線通勤でもしたと思う議員が多いんじゃないの?
ある議員が批判を受ける都内の宿舎に入居するより新幹線や飛行機で通勤した方がマシだと言っていたわ。
強いて言えば、赴任先近くに宿舎がある事は“ありがたい”と思うだろう。
そういう意味では、地方選出で宿舎に入る議員にとっては、赤坂の宿舎って職場が近い以外の何のメリットもないんじゃないの?

国会議員さんというのは国家公務員。
そういう意味では、国の税金で彼が東京に滞在する費用を賄う。
その費用が高ろうが安かろうが、国民が国税で負担するのよね。
普段政府の“地方切捨て”を糾弾する“都会のマスコミ人”は、それが気に食わないのかしら?
だったら、議員宿舎の低家賃を是正する記事には、地方選出議員の東京滞在費を“(議員を選出した)地方が負担せよ”とでも言ってみたら?
地方選出国会議員の、月当り50万円ほどになる東京滞在の家賃負担プラス、生活にかかる光熱費、交通費を選出選挙区が負担せよとね。
或いは、新幹線や飛行機通勤の通勤費用を選出選挙区に負担せよとね。
それを試算して“負担せよ”と言われた時の“地方”の反発はいかほどかしら?
地方からの選出故に地方が負担しなければならないのは法の下の平等か?と言われれるだろうね。
それこそ“地方切捨て”に繋がるのでは?


いやいや、少々茶化し過ぎたかな(^^ゞ
でも、マスコミやそれに踊らされた人が地方選出議員の東京滞在費が“安い”と気に入らないとしても、その“増分”はそのまま“国費負担”に通じる。
という事は、“直接的”に現金が出る財布が違うだけで、実質は同じ国費という私たちの財布から出るのよね。

批判する人にとっての、そこの違いは何なんだろう?
寧ろ私は、この程度の指摘しか出来ないマスコミって存在価値があるの?と思うのだどなぁ。。。
多分、多くの人がマスコミを“有りがた迷惑”な存在と感じるのでは?と思ってしまう。

マスコミは、もう少し突っ込みどころを精査しようよ。
なんでもかんでも、“公務員が得している”だけでは、説得力ないと思うよ。
そんあ幼稚な論法に引っかかるのは、思考力の乏しい人だけになっちゃうよ。。。
それとも、地元には掘っ立て小屋程度の事務所しか“基盤”を持たず、家族ともども生活の基盤を東京に置いている地方選出議員を“是”とするのかしらね?(苦笑)

アメリカも罪だよなぁ。。。

死刑執行「最高の贈り物」「性急」…中東の反応複雑 12月30日21時33分配信 読売新聞

 【カイロ=岡本道郎】イラク元大統領フセインの死刑執行が、巡礼明けの犠牲祭入りと重なった中東アラブ世界は、中東を幾多の混乱に陥れた独裁者の最期を複雑な表情で受け止めた。

 1990年、フセインのイラク軍の侵攻を受け、半年間にわたり占領されたクウェートは、公式には、サバハ社会問題労働相が「死刑執行はイラクの国内問題」と淡々とした声明を発表したが、アジミ元情報相はロイター通信に対し、「人道に対する犠牲祭最高の贈り物だ」と歓迎。一方、イラク戦争回避に尽力したアラブ首長国連邦(UAE)の政府高官はAFP通信に対し、「イラクの兄弟が苦しみのページを過去のものとして、暴力をやめ、国民融和に向かうことを望む」と語った。

最終更新:12月30日21時33分


フセイン元大統領が処刑されたらしい。

確かに圧制を強いたのかもしれない。
それでも、国民でない者による裁判って、どうなのだろう?

部外者が、ある人を「指導者としてふさわしくない」と思ったとしても、国民が「指導者とする」事に賛成であるならば他国が口出しをすることではない。
金正日が指導者として不適格者であっても、北朝鮮国内からの声もないのに日本やアメリカが体制崩壊の為に戦争を仕掛ける事は良くない。
同じように、フセインがイラクの民衆を虐げているとしても、イラク国内でフセインのリコールを目的としたクーデターが起きた訳でもなければ、イラクの誰かがアメリカにフセインを大統領から引きずり下ろす事を依頼した訳ではない。
アメリカは、アメリカの都合でフセインを大統領にし、アメリカの都合に合わなくなったから大統領を罷免したに過ぎない。

私は決してフセインを支持するものではないけど、ある意味フセインもアメリカに翻弄された犠牲者だと思うよ。
アメリカがイラクに介入している限りは、イラク国内に“平和”や“国民融和”なんてないんじゃないかな。。。
アメリカも罪だよなぁ。。。

すばやい対応にちょっとビックリ

日興株、監理ポストに=上場廃止基準に抵触の可能性-東証


12月18日17時1分配信 時事通信

 東京証券取引所は18日、不適切な会計処理で証券取引等監視委員会の調査を受けた日興コーディアルグループの株式を、上場廃止の恐れがある監理ポストに同日付で割り当てたと発表した。日興の行為が、上場廃止基準の「虚偽記載」に抵触する可能性があると判断した。
 証券会社株式の監理ポスト入りは、合併に伴う場合などを除くと1997年に破綻(はたん)した山一証券以来。東証は「虚偽記載を理由にしたケースは聞いたことがない」としている。 

最終更新:12月18日19時1分


夕方、このニュースを聞いたときビックリした。
日興コーディアルグループの決算が正常ではないという事は、数日前からのニュースで知ってはいた。
でも、いきなり監理ポストに入るとは思わなかった。
東証自身が言うように、「虚偽記載を理由にした」監理ポスト入りは聞いた事がなかったから。
あぁ。。。そういえば、livedoorは虚偽記載が監理ポスト入りの引き金にはなったね。


それにしても、日興コーディアル証券も大胆だね。
同じ事象を、(書類上の)利益を底上げする要因になる方は積極的に計上して、もう一方の(書類上の)利益を押し下げる方には計上しないなんて。。。
これを「適正」と判断する監査法人は、株主にとっては迷惑だかけど企業にとってはありがたいね。
っていうか、この監査法人と監査人を永久除名した方がいいのでは?と思ってしまうよ。

因みに、ここの監査法人はカネボウの粉飾決算に加担した(旧)中央青山監査法人。今のみすず監査法人。
金融庁も監査法人に対する制裁を検討しているようだけど、株主が自己防衛を考えるならば、みすず監査法人が監査する企業の決算は信用しないほうがいいかもしれない。
この監査法人は監査能力はなく、依頼企業よりの監査所見を出すらしいから。




Continue reading

カキとノロ?

今朝のメールで、彼氏がお腹の調子が悪くて「ノロウィルスかしら?」と言って来たのはこれだったのね。。。

ノロウイルスとばっちりでカキ急落


 ノロウイルスが原因と思われる感染性胃腸炎が全国に広がる中、冬の味覚の代表格カキの売り上げが大幅に落ち込んでいることが17日、分かった。カキの内臓部分がノロウイルスの感染源とみる説が風評となり、広島、宮城、北海道など全国の生産業者は「カキからの感染なんぞない」と悲鳴を上げている。東京・築地市場でも1キロ当たり卸値が4日間で約27%もダウンしている。

 鍋具材で人気のカキの売り上げがここ数日間で急落している。東京中央卸売市場の築地場内では、むき身カキの卸値(1キロ当たり)が今月1日は2100円だった。順調に値は伸びて12日には2730円まで上昇。しかし12日からノロウイルス感染被害が大きく報じられてから“右肩下がり”に。16日には12月に入って初めて2000円を割って1995円。下落率は26・9%になった。

 「広島かき」をブランド化している広島県漁協のカキ直販担当は「これから値が上がるはずだったのに。年明けからが本格化するが、お歳暮のキャンセルが続出し、漁協直売分だけでも2割減」と頭を抱えた。同漁協では18日、緊急対策会議を開く予定だ。

 カキがやり玉に挙げられているのは、内臓部分にノロウイルスが含まれるという説があるためだ。ノロウイルスは人間の腸内に入ると、ウイルスが増殖されてしまう。ノロウイルスに感染した人間から出された物質が、下水などを経由してカキの生息海域に流れ込み、内臓に蓄積されてしまうためと考えられている。

 宮城県の松島漁協も反論する。毎月2度、直営処理場6カ所では、水とカキの県保健所による検査を受ける。その結果を待って、合格が出てから作業は再開される。「ノロウイルスが原因で営業停止処分を受けたことはない。カキは安全なのかという問い合わせがたくさんくる。風評被害もいいところだ」と怒る。

 北海道のオホーツク海沿岸の加工業者も今月に入ってから販売量が半減とガタ落ち。道食品衛生課によると今年道内で発生したノロウイルスを原因とする食中毒は23件発生(16日現在)しているが「カキを食して感染した例はゼロです。すべて人から人への感染と思われます。少なくともカキが原因とは思えない」と分析している。

[2006年12月18日8時53分 紙面から]


土曜日、日曜日に牡蠣をたべたらしい。
で、今日の月曜日にお腹を壊ので、ノロウィルスかも。。。と言っている。
会社には行けたらしいけど、朝もお昼も抜いたと言って、夜の電話の時はかなりふらふらだったらしい。

でも、電話の時にはお腹も落ち着いていて、私が先週牡蠣三昧だった話をしたら、「そんな食べ方もいいなぁ」と言っていた。
先週の私は、お友達の実家である北のフードソムリエから殻付きの牡蠣を1キロ(24個)買って食べ続けた。
食べ続けたというと苦行のようだけど、全然そんな事はなくて美味しく嬉しい日々でした。
で、食べたのは生牡蠣から始まって、焼き牡蠣、蒸し牡蠣、グラタンとさまざま。


生牡蠣
20061211夕食 殻付き牡蠣

蒸し牡蠣
20061212夕食 土鍋酒蒸し牡蠣

焼き牡蠣。。。焼き加減が甘くて生牡蠣との区別が付かない?(^_^;
20061212夕食 焼き牡蠣

牡蠣のカクテルソース
20061213夕食 牡蠣のカクテルソース

牡蠣のグラタン
20061213夕食 牡蠣のグラタン


そんな話をしたら、蒸し牡蠣をシャンパンで蒸したら立派なフレンチだよ~なんて言う彼氏。
彼氏は和食党で、それでも麺食いだからパスタは食べるけどソースたっぷりのフレンチは苦手な人。
そんな人からの「フレンチ」(=フランス料理)だよなんて言葉はちょっと意外。
その時、ウチにはワインが赤ワインしかなくてワイン蒸しは考えられなかったけど、シャンパンなら2本あったからシャパン蒸しもよかったかもね。。。


まぁ、何はともあれ、彼氏がウィルス性の胃腸炎でなくて安心したよ。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top