Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

信念も理念も、その欠片すら見られない

よく解らないけど。。。


馬淵副大臣「公共交通機関を意識してない」...高速道路1000円

10月26日22時49分配信 レスポンス

高速道路の段階的無料化実現の可能性が高まるとともに、他の交通機関でも値下げの動きが始まった。
JR東海とJR西日本は、10月31日から年末年始にかけて、東海、山陽新幹線の割引を実施する。正規運賃より最大でグリーン車が27.7%、普通車指定席が23.1%安くなる。回数券購入でもほとんど割引がなかった東海道新幹線では、異例中の出来事だ。
JR2社が21日にこのことを発表すると、26日、今度は国土交通省は高速道路の年始5日間連続上限1000円の割引が実施の方針を打ち出した。高速料金の最終的な決定は、方針を受けた高速道路会社が判断するため、完全な決定事項ではないが、国交省の方針は国民からよほどの異論が出ない限り覆ることはない。さながら交通機関の値下げ競争が始まった感がある。
しかし、会見に臨んだ馬淵国交副大臣は「公共交通機関への影響については、現在検討中であり、この方針で公共交通機関への影響を判断したわけではない」と明言。
あくまでも物流と乗用車利用の渋滞が重なることを避けることが一義的な目的で、段階的無料化前の社会実験施策についても「検討中のことであり(年始の方針のような)視点が社会実験に影響を及ぼすかどうかは、また別の判断だ」とした。
《レスポンス 中島みなみ》
最終更新:10月26日22時49分


CO2の排出量を大幅に削減するという政権が、国民の公共交通機関利用を意識しないというのは何故?
いや、この記事は、民主党が「国民の公共交通機関利用と意識していないと」直接的に言っている訳ではないけどね。
ただ、稼ぎ時の連休に"高速道路を積極的に使う"政策を掲げるという事は、公共交通機関の息の根を止める事になりかねない。

自民党、麻生政権が掲げた"休日の高速道路利用、一率1000円"によって、離島からの通勤、通学に利用されるフェリーが存続の危機に陥っている。
平日の通勤、通学が利用のメインとなるフェリーでも、休日の高速道路利用1000円が経営に影響を及ぼしているのだよ。
そんな状況を考えると、高速道路の低料金化や無料化は、既存の公共交通機関の経営を圧迫することは、火を見るより明らか。
公共交通にも理解が深いと言われる馬渕議員が「公共交通機関を意識しての政策ではない」と、お正月期間の高速道路利用料金一律1000円化を言うのは、裏を返せば「公共交通機関が潰れ様が何しようが関係ない」と言えなかったからの詭弁ではないのか?と思うのが普通の感覚。





他国の、一般的に言う「民主党」とは違って、限りなく大きな政府を志向する日本の民主党政権は、公共交通機関でさえ民業ではなく国営企業にしたいのかもしれない。
しかしこういった政策は、革命でも改革でもなく、保守そのものではないのか?
それも、かなり"悪い"意味で"保守的"。

せっかく"民主党"という名の政党が政権を取ったのだからもう少し革新的な政策が出てくることを期待するのだけど、日本の民主党政権では革新的な政策が出てくるのは期待できないのかな?(^_^;
すくなくとも、政策に信念や理念が見られれば評価の遡上に上るかとおもうけど、そんなものの欠片すら見られず、低所得層の中でも特にワガママな層への阿りだけが政策というのはどうなのだろう???

国会議員ではなく、国会での議決票でしかない民主党衆議院議員

民主党の衆議院議員は、国会での議決票でしかないものね。。。
それも、一郎クンが目指す"政治"実現のための駒。


行き場失う「議員立法」 小沢氏が原則禁止、肝炎法案も不透明

10月23日8時3分配信 産経新聞

 民主党内で「議員立法」が行き場をなくしている。議員立法は国会議員が自らの信念を形にできる大きなチャンスであり、立法府の重要な役割の1つだ。しかし、小沢一郎幹事長ら執行部が政府・与党の一元化を実現するため議員立法を原則禁止したせいで、立法プロセスが確立できていないのだ。民主党は野党時代、議員立法で存在感を示しただけに、政府の役職に就かなかった議員の不満は募る一方だ。(斉藤太郎、水内茂幸)
 「臨時国会では肝炎の法案もやってください。自民党にもお願いしてきました」。民主党国対幹部の1人は19日、福田衣里子衆院議員の一言に頭を抱えた。福田氏は元薬害肝炎九州原告団代表。被害者として肝炎対策を訴えてきた。
 福田氏の"暴走"に国対幹部が困るのも無理はない。与野党で水面下の調整が進む肝炎対策基本法案について、民主党内には、議員立法で行いにくい事情があるからだ。
 混乱のもとは9月18日、小沢幹事長名で民主党議員に送られた政府・与党一元化を求めるペーパーだ。政策調査会を廃止し、「一般行政に関する議論と決定は、政府で行う」と明記。議員立法は選挙など議員活動にかかわるテーマに限定した。
 民主党は野党時代、政策分野ごとの部門会議で議員が協議し、「次の内閣」で法案提出を決めてきた。今でも政府提出法案に関しては各省政策会議という議論の場がある。しかし、議員立法についてどのような党内論議を経て意見集約を図るかの答えを、小沢氏は示していない。
 党内で国会の委員会ごとに政策を議論する「運用会議」設置案が浮上したが、小沢氏は「必要ない。一元化の意味がなくなる」と却下。一部議員は、国会の委員会ごとに任意の「研究会」を開き、討議の場とすることを模索しているが、小沢氏の「一喝」を恐れ、動きは鈍い。
 「選挙に負けたら政府もヘチマもない。政府は政策で国民の信頼を得るように努め、政府に入っていない者は草の根でがんばる。それに尽きる」
 小沢氏は19日の記者会見で、こう強調した。しかし、議員立法という仕事を奪われた与党議員は「議員になった意味がない」(中堅)とぼやく。議員立法の原則禁止に対しては、小沢氏に近い平野貞夫元参院議員でさえ、「国会議員の基本権である立法権を自縛する」と批判しており、民主党にとって大きな課題となりそうだ。
最終更新:10月23日8時3分


一郎クンは影でゆっぴぃに圧力を掛ければ何でもできる。
しかし、一般議員はそうは行かない。
行政刷新会議での"事業仕分け"ですら(数多く居る)1年生議員は参加できず、彼ら自身は何の為に、何をしたくて議員になったのか?疑問を持つことだろう。
福田衣里子議員など、目的意識を持って議員になった人ほど虚しさが募るのではないだろうか?
彼女は次の選挙では違う政党から立候補していたりして。

人を人として見ないこんな政党が本当に「人に優しい政治」なんて出来るのだろうか?
というか、民主党が本心から「人に優しい政治」など目指しているとは思っていないけどね(苦笑)


人に優しくないといえば、こちらは誰に優しいつもりの政策なのだろうか?
沖縄の人は既に腹を括っている。
今更蒸し返すことが「人に優しい」とは思えない。
時間を掛けることが政治的な"ムダ"ではないだろうか?


鳩山首相が岡田外相を批判 「お言葉」発言で

10月24日22時46分配信 産経新聞

 【フアヒン(タイ中部)=佐々木美恵】鳩山由紀夫首相は24日夕(日本時間同日夜)、岡田克也外相が国会の開会式での天皇陛下のお言葉の見直しを検討するよう宮内庁に求めたことについて、「陛下のお気持ちを推し量ることはできない。コメントすべきでなかった」と批判した。滞在先のフアヒンで同行記者団に語った。岡田氏は23日の閣僚懇談会で、「陛下の思いが少しは入ったお言葉がいただける工夫を考えてほしい」などと語った。
 首相はまた、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、岡田氏が在日米軍嘉手納基地への統合案が望ましいと表明したことについて、「政治主導なので閣僚が自分の意見を述べることはあってもいい。最終的にはわたしが決める。その後に一つにまとめればいい」と述べた。
 最終判断する時期に関しては「選択肢を調査しているから、それなりに時間がかかる」と強調。また「オバマ大統領が来るということで急がなければいけないとは思わない」とし、11月12日までに結論をまとめることには慎重な考えを重ねて示した。東アジア共同体構想の枠組みについては「米国を排除するつもりはない」と述べた。
最終更新:10月24日22時46分


最後は私が決めるって、民主党の中でゆぴっぃクンの決定権てあるんだっけ?
ゆっぴぃっクンが議長を務め、自身が委員に激励の言葉を掛けた行政刷新会議での"事業仕分け"ですら1時間で頓挫したんじゃなかった?
ゆぴっぃクンに出来ることといえば、時間切れになるまで放置する事だけか?
そうか、そういう意味で結論に時間を掛けると言っているのか。
アメリカがそう悠長に待ってくれるとは思わないけど?

調子に乗りすぎて、脱線?

克也クンの発言が議論を呼んでいるらしい。

臨時国会開会式 陛下の思い入ったお言葉頂く工夫を...外相

10月23日15時23分配信 毎日新聞

首相官邸に入る岡田克也外相=2009年10月23日午前9時26分、藤井太郎撮影
 岡田克也外相は23日午前の閣僚懇談会で、26日に召集される臨時国会開会式での天皇陛下のお言葉について、「大きな災害があった後の1回を除いてすべて同じごあいさつを頂いている。陛下の思いが少しは入ったお言葉を頂くような工夫ができないものか考えてもらいたい」と述べた。岡田氏が記者団に明らかにした。
 岡田氏の発言は、お言葉について「前例踏襲」を続ける宮内庁の対応を改めるよう求めたもので、「脱官僚」をアピールする狙いがある。
最終更新:10月23日15時23分


天皇に対して"お言葉"に注文をつけるのは不遜だというのが、批判の言葉らしい。

でも、どうなのだろう?
天皇には政治的な意味のある発言は一切許されず、国会開会式での天皇の"お言葉"も国事行為に準ずるものとして閣議決定されるもの。
天皇に対して克也クンが意見を言ったとしても、閣議で反対されればそれまで。
寧ろ、閣内不一致が顕著なゆっぴぃ内閣において、閣僚の一人が"もう少し意味のある言葉を考えよう"と他の閣僚に呼びかけただけなのでは?と思う。
そうであれば、私は特に問題のある発言だとは思わないな。
どうせ閣内では強制力もなにもない、単なる独り言なのだろうから(苦笑)






ところで、ゆっぴぃ内閣は閣僚のスタンドプレーが目に余る。
特に目立つのは静香ちゃんだけど、この克也クンも大臣になった嬉しさの余りなのか?調子に乗ったかの言動が目に余る。

<米統合参謀議長>核先制不使用に反対 「柔軟性が低下」

10月23日19時45分配信 毎日新聞
 訪日中のマレン米統合参謀本部議長は23日、東京都内の米国大使館で会見し、岡田克也外相が米側に求めていく考えを示している「核兵器の先制不使用」について、「(核戦力の)柔軟性が劇的に低下し、(アジア太平洋)地域にさまざまなリスクを発生させかねない」と述べ、反対する立場を明確にした。また、岡田外相が進める「日米核密約」調査に関連し「彼の立場は理解できるが、慎重に行動すべきだ」と述べた。日本の「非核三原則」のうち「持ち込ませず」の順守を求める議論が持ち上がるのを懸念した発言だ。【杉尾直哉】
最終更新:10月23日19時45分


これが小学生の子供がいう言葉ならわからなくないけど、外務大臣の言葉だというからビックリ。
売国の徒である民主党が、「日本の為にアメリカが核兵器を使用する必要はない」というは想定の範囲内であっても、アメリカの国防の為にアメリカが核兵器を使用することに注文をつけると思わなかった。

日本の閣僚になったら、アメリカの国防にも口出しできると思っているのか?
民主党がそこまで勘違いする政党だとは思わなかった。
そして、仮にも党首経験者がこんな"世の中を知らない"発言をするとは思っても見なかった。

あぁ、そうか。
克也クンは、日本に呆れたアメリカが日本を見放すことを望んでの発言か。


「嘉手納が望ましい、県外考えられぬ」普天間移設先で岡田外相

10月23日19時14分配信 産経新聞

岡田外相は23日の会見で、普天間飛行場の移設先について、米軍嘉手納基地への統合が望ましいとの考えを明らかにした。
会見で岡田氏は「私は嘉手納だと思っている。結果として沖縄県の負担を減らすことになるようにしたい」と語った。
また、岡田氏は「県外移設がベターだが、時間をかけていい問題ではない。県外移設は事実上考えられない」とも述べた。
最終更新:10月23日19時14分

普天間は県外移設が民主党の選挙公約だと思っていたけど、違ったのかな?
でも、ゆっぴぃクンは未だに県外移設に固執していないか?
あぁ、ここでも克也クンは「私は嘉手納だと思っている」と言っているんだったね。
あくまでも私案であって、独り言だったね。


しかし。。。
自民党政権に対してはどんな小さな発言であっても閣僚の発言の揚げ足を取って「閣内不一致」と首相の責任を追及していた、自分たちの政権では閣内不一致はOKなんだね。
これまでの「閣内不一致」コールはなんだったのか?と思うよ。
ゆっぴぃクンは自分で「軽んじられているとは思わない」と言っているらしいが、これでは、閣僚の発言が信頼できなかったり、首相の指導力に不安があるだけでなく、民主党の党としての発言をも信用できないものになったと思うよ。

秋の丸の内

今日の昼食は、今日から始まる「丸の内ガーデニングショー」を見たくて新丸ビルへ。
って、リサーチが良くなかったのだけど、ガーデニングショーって丸の内仲通りの大手町方向は丸ビルがエンドで、新丸ビルはハロウィンのハンギングバスケットくらいしかない(^^ゞ

ハロウィンハンギング 






昼食を終えて外にでると、新丸ビルの出口近くに駐輪場があった。

コミュニティサイクル

「なんだろう?」と思っていたら、これがコミュニティ・サイクルの「エコポート」というものだったらしい。
コミュニティサイク」といって、ここ丸の内で自転車の無人貸出しシステムの社会実証実験をしている。
コミュニティ・サイクルは環境に優しく健康にも良い自転車を使って、丸の内、有楽町、大手町を移動できるようにと考えられた、これまでとはちょっと雰囲気の違う「レンタサイクル」。
最大の違いは、自転車を返す場所は必ずしも借りた場所でなくてよく、自分の都合の良いエコポートで返せばよいという事。
エコポートは有楽町電気ビル、丸ビル、新丸ビル、大手町センタービルにある。
初回登録料として1,000円を支払って、ICカードを入手し、利用料金は最初の30分は無料、以降10分ごとに100円、3時間以降は5分ごとに100円と、借りる時間が長くなるほど料金が割り高になる仕組み。
借りるときにエコポートでICカードをかざす事で駐輪場の鍵が解除され、返却時も同様にICカードを利用し、料金はクレジットカードで決済される。

使い方としては、たとえば丸の内の勤務先から有楽町昼食に行ったりするのに便利かな。
丸の内で自転車を借り、有楽町まで移動して有楽町のエコポートで自転車を返却、ランチを食べてから再び自転車を借りて有楽町から丸の内まで帰ってくるなんてよさそう。
移動時間は歩くより短縮され、しかも移動にかかる料金が無料にだもの。
実証実験は、10月2日から11月30日まで。

茶番。。。

あらら。。。
脱官僚を掲げる政党が、自らの政党の顔が嘗て官僚依存の政権を作り、その後に悪しき前例を作ったときの当事者を"民営化見直し"対象の日本郵政の社長に据えるのか。。。?



郵政社長に斎藤元大蔵次官 亀井担当相、官僚OB「問題ない」

10月21日15時51分配信 産経新聞

 辞任表明した日本郵政の西川善文社長(71)の後任について、亀井静香郵政改革担当相は21日、会見し、西川氏の後任の新社長に、旧大蔵省の元事務次官で東京金融取引所社長の斎藤次郎氏(73)を充てる人事を発表した。日本郵政グループのかじ取りは官僚OBの手に委ねられることになった。近く開催される臨時株主総会などを経て正式に就任する。政治主導を打ち出す鳩山政権が、日本郵政の社長ポストを民から官に移したことで批判が出る可能性がある。
 亀井氏は起用理由について「郵政の在り方について、ほぼ同じ意見を持っている。新しい事業を生み出せる人」と評価。民間出身者でなく、官僚OBを社長に充てることに対しては、「大蔵次官だったのは10年以上昔の話。特に問題はない。『役人をやったら悪いやつだ』というのはおかしい」と述べた。
 今回の人事について亀井氏は鳩山由紀夫首相、小沢一郎民主党幹事長をはじめ、誰にも相談せず、鳩山首相にも21日になって初めて伝えたという。
 政府は小泉政権が進めた郵政民営化見直しの基本方針をすでに決定。斎藤氏には亀井氏が20日夜に電話で日本郵政社長への就任を要請し、斎藤氏は21日朝に就任を承諾したという。
 日本郵政の指名委員会で承認の手続きをとる。
 斎藤氏は東大卒。昭和34年に大蔵省(現財務省)に入省。小沢氏が自民党の竹下登政権で官房副長官を務めていたころから20年来の付き合いで、平成5年に小沢氏主導で実現した細川連立政権時代に大蔵事務次官を務めた。
 6年には小沢氏らと連携し、「国民福祉税構想」を打ち出したが、与党や世論の反発で実現しなかった。大蔵省の接待不祥事で次官を通例より1カ月早く退任した。
 斎藤氏は今後、郵政3事業(郵便、貯金、簡易保険)の郵便局での一体的利用や、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険が提供する貯金と簡易保険を全国一律でサービスできる体制づくりに取り組む。だが、貯金・保険の両事業には「民業圧迫」との批判が絶えず、ゆうちょ銀行は資金運用先の8割が国債。こうした金融事業を抱える日本郵政のトップに元大蔵次官が就任することに対し、金融界からは「一段の肥大化を招く」と懸念する声も上がっている。
                   ◇
【プロフィル】斎藤次郎
 さいとう・じろう 東大卒。昭和34年大蔵省(現財務省)。主計局長などを経て、平成5年6月から7年5月まで事務次官を務めた。12年5月から東京金融先物取引所理事長。株式会社への改組や社名変更などを経て、東京金融取引所社長を務めている。
最終更新:10月21日16時17分


昨日、帰宅してテレビを点けると静香ちゃんの得意満面の顔が映し出されていた。
静香ちゃんのご面相は鑑賞用ではないとは思うものの、この"得意満面"の笑顔は何なのか?と違和感を感じた。

ほぉ。。。。
噂には漏れ聞いていたけど、本当に斉藤次郎氏を日本郵政の社長にするとは恐れ入った。


民主党が自民党への最大の攻材料は「官僚依存」。
その「官僚依存」の道を作ったのが、ゆっぴぃクンが官房副長官だった細川内閣。
当時のゆぴっぃクンはこの辺りには全くタッチさせてもらえなかったので、「(与党幹事長だった)小沢一郎クンが実質的な権力を握っていた細川政権」というのが正しい表現かな。
ま、要するに、小沢-斉藤ラインが、「官僚>政治」という世界を作った。
その"官僚支配"の当事者を日本郵政の社長にするというのは、日本郵政は官僚が支配する事と、日本郵政の官僚の天下り先とするという事への意思表示なのだね?


<平野官房長官>「天下りと違う」 日本郵政社長人事で

10月21日12時15分配信 毎日新聞

 平野博文官房長官は21日午前の記者会見で、「閣議決定した郵政事業見直しの基本方針に基づいて見直しができる人物ということで選ばれた。国民新党との郵政見直しの合意を着実に遂行いただける人選だ」と述べた。
 民主党は日本銀行総裁への元大蔵事務次官起用に「天下り人事だ」と反対した経緯があるが、官僚出身の斎藤氏が就任することについて「今回の人事がイコール天下りだという理屈にはならない。(日銀人事と)比較するのは少し違うのではないか。財政と金融(分離)という部分で違う」と説明した。
最終更新:10月21日12時15分


次郎クンの経歴は、これまでの(国会)承認人事で民主党が"天下り"だとか"渡り"と言ってた典型的なもの。
これを「天下りとは違う」とは、どの口で言うのだろうか?
って、民主党の首脳は二枚舌どころか10枚以上の舌を持っているから、どの"舌"というべき?(苦笑)


自民党の大島クンが、次郎クンの日本郵政社長内定について「昨年の日銀総裁人事で『財務省出身だからいけない』という強烈な民主党の抵抗にあったことを考えると、一貫性があるのかという思いがした」と述べ、官僚出身者の社長起用に強い疑問を示したと報道されている。
そりゃそうだ。
日銀の総裁、副総裁の人事では、人物の"能力"を問うことなく"閣僚出身"という1点で民主党は反対したのだから。


ゆっぴぃクンはこの人事に関して、「能力のある方なら認めるべきという結論に達した」と言っている。
また、「もう既に、大蔵省を辞めて14年経たれてますから、14年経った方を、やっぱりこれ『脱官僚だからダメだ』と言うのかという思いがありますし、その間に東京金融取引所など民間でも働かれておられる方」と言っている。

これって、2つの点で、大きな問題がある。
最大の1つは、ゆっぴぃクンは自ら確かめる事なく、これまで「官僚=能力はない」と短絡的な判断をしてきたという事。
と同時に、日銀総裁を国会承認できなかった事で被った、日本経済の停滞という被害はゆっぴぃクンを始めとする"政治"を理解しない情緒的な政治家によってもたらされたという事に改めて怒りを感じる。
この点に関して私は、日本国民は民主党に損害賠償請求をすべきだと思う程の怒りを感じるよ。

もう1点は、官僚OBを"官僚OB"としない基準が、"渡り"で勤務した"職歴の長さ"に依存すると言う点。
官僚を辞めて14年経った事を理由に、"元官僚ではない"というのはどうなのだろう?
歴々、官僚OBが勤める(一応、民間企業となっている会社の社長)職を14年もの間渡り歩いた事によって"元官僚"という肩書きが消えるというのはどういう論理なのか?
おおよそ、民主党の独自論理だと思うが、この日本郵政の人事は、マニフェストや選挙公約にあった「"天下り"と"渡り"の根絶」との整合性がないと言うのが、民主党シンパ以外の一般的な国民の判断だろう。







っていうか、ぶっちゃけ、「一郎クンの仲良しの"斉藤次郎"氏を社長に据えたら民主党は満足するだろう」という事なんだよね?
元官僚は、"渡り"を重ねて十数年経てば"元官僚であっても優秀な人材"というお墨付きを与えられるって事だよね?
日本が官僚に依存するようになったのも一郎クンの意思。
一郎クンの"お友達"が官僚を卒業したので、彼らをイツまでも官僚OBと呼ばせない施策をするのも一郎クンの意思。
言い換えると、官僚OBを"官僚OBとしての賞味期限"を決めるのも一郎クンの意思って事?
一郎クンを支持できない私には、今回の人事も見るに耐えない茶番だね。。。


今回の決定に際して、次郎クンを「長い付き合いだから(社長就任もOK!)」といったらしい静香ちゃんの公私混同具合は"目に余る"以上のものを感じるけど、静香ちゃんはそもそも政治家としては問題の外だからね(^_^;

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top