Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

寸借詐欺 のようなもの。。。

小杉衆院議員の妻が自己破産、負債総額14億円


12月14日21時38分配信 読売新聞

 自民党衆院議員の小杉隆・元文相(71)(東京5区)の妻(69)が、投資に失敗するなどして、東京地裁に自己破産を申し立て、同地裁は14日、破産手続きを開始する決定をした。

 破産管財人によると、負債総額は約14億5700万円、債権者は個人を中心に約260人。

 妻の代理人の弁護士によると、妻は1993年ごろ、小杉議員の秘書(当時)から紹介され、エステ店経営会社に総額1億8000万円を投資したが、同社は間もなく倒産。その後も投資を続けたが、2002年ごろには、ヤミ金融業者から年利120%の借金もし、返済が行き詰まった。

 ヤミ金融からの借り入れは3業者程度で、残高は1業者につき数千万円。妻は「秘書の給与が払えない」などと言って、小杉議員の支援者らから借金を繰り返していたという。

最終更新:12月14日21時38分


小杉議員の会見を聞いていたら、「妻のしたことで、自分は関係ない」と言っていた。
なんかね、不祥事が発覚したときの議員さんのセリフの「秘書がやったことだから。。。」に似ているセリフね。

それにしても、自己破産しなければならないほど奥さんが借金を背負っているのに、「知らなかった」って?
よしんば知らなかったとしても、奥さんが「議員の為にお金が必要」だと後援会の人から借りたのだったら道義的な責任はあるよね。
この奥さんにお金を返した人は奥さんではなく小杉議員に貸したのだし、ました他人が借りたのではなく一緒に生活している奥さんが借りたのだものねぇ。。。


法的に自己破産者が選挙権や被選挙権を失うものではないけれど、債権者には小杉議員の被選挙権を停止して欲しいだろうな。。。
って、勿論、次の選挙では有権者からそっぽを向かれるだろうけどねぇ。。

しかし自己破産が即借金の免責に繋がるものではない。
報道で見る限り、なんだか寸借詐欺のようなこの件では、借金の免責は許しちゃいけないような気がするよ。
まして、ご本人は“法”を決める代議士なのだから。。。

見せしめ裁判?

ウィニー開発者に有罪=罰金150万円-著作権侵害ほう助・京都地裁


12月13日11時1分配信 時事通信

 ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を開発し、ゲームソフトや映画の違法コピーを容易にしたとして、著作権法違反ほう助の罪に問われた元東大助手金子勇被告(36)の判決公判が13日、京都地裁で開かれた。氷室真裁判長は「ウィニー利用者が著作権者の利益を侵害するだろうことを、同被告は明確に認識、容認していた」と認定。罰金150万円(求刑懲役1年)の有罪判決を言い渡した。
 ファイル交換ソフト開発者の刑事責任が問われたのは国内で初めて。判決はソフトの新技術開発や利用をめぐる議論にも影響を与えそうだ。金子被告は控訴する。 

最終更新:12月13日14時0分

なんだかなぁ。。。

判決は、WinnyがP2Pファイル共有ソフトだから著作権を侵害するといっている。
でも、Winnyって道具なんだよね。
ある目的の為に使う事も出来るといって、道具を作った人をほう助罪ととして有罪にする事には違和感を感じるなぁ。

著作権という事であれば、昔のカセットテープ、今ならCDやDVDというメディアを作っている人だって、それが著作権の侵害に使われうると知っているはずだよね?
そういう意味では、そういう人たちも訴えられれば“有罪”って事だよね?
もっとも、著作権の侵害を言う人たちは、そういうメディアによって著作物の販売をしている訳だから訴えるハズはないけどね(笑)

道具は作った人の想像を超える使い方をすることがある。
でも、例えば包丁を作っている人の全てが包丁が殺人の凶器に使われている事を知らない訳ではないだろうし、荷造りロープを作っている人の全てが人が荷造りロープで首を絞められて死ぬ人が居る事を知らない訳ではないだろう。
道具というのは作った側ではなく、使う側に責任があるんじゃないの?

使う人が匿名だからと、名前の判る人を吊し上げての裁判・判決って、見せしめ要素が強くてなんだかイヤだな。

ならば、正当性と客観性のある名前を考えて欲しい

<病院名訴訟>「乳腺」は使用不可 最高裁が上告棄却


 乳がんの専門医がいるのに医療法の広告規制で病院名に「乳腺」という文字を使うことを認められなかった横浜市の医療法人が、市の不認可処分取り消しを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(横尾和子裁判長)は7日、原告側の上告を棄却した。原告側は「規制は表現の自由や営業の自由を保障した憲法に反する」と主張したが、判決は「誇大広告で国民が適切な医療を受ける機会を失うおそれがある」としてマッサージ師らの広告規制を合憲とした判例(61年)を引用して退けた。
 原告は01年と02年に病院名を「よこはま乳腺と胃腸の病院」に変更する認可を申請。市は体の部位を示す「乳腺」が診療科名に当たると判断し、医療法施行令で広告が認められた27種類の診療科名に該当しないことから不認可としていた。7日の判決で、不認可を適法として請求を棄却した1、2審判決が確定した。
 病院は現在、乳腺の2文字分を空白にした「よこはま  と胃腸の病院」の名前で認可を受け、空白を残したままの看板を掲げている。ただし、厚生労働省は「インターネットは利用者が自分の意思でアクセスするため、不特定多数の人への広告ではない」との見解を示しており、病院はホームページでは病院名に乳腺の文字を入れている。【木戸哲】
(毎日新聞) - 12月7日15時12分更新


ネットでこの裁判の記事を見ただけでは、この裁判官が「乳腺科」という言葉から想像される何を想定して「誇大広告」と言うのかは解らない。
解らないから言ってしまうけど、専門医を探し難い状況下で“誇大”と考えられる部分と“隠されている”部分のどちらが社会的影響が大きいと言うのだろう?

乳がんが社会問題になっている、というか、ネットや各種メディアで早期発見のキャンペーンに上がるほど、「治るのに早期発見されない病気」になっている。
企業で健康診断を行うような産業医では、科外なのに「乳がん検診」を進めるポスターを見る。
そんな状況でも、乳がんを的確に診断してくれる病院を探すのは難しい。

早期発見が大事だとは言え、何処に行けばいいの?
でも、意外にもその専門医を探すのは、容易ではない。
そもそも、お乳を診せる診療科は?
一般的には、婦人科か外科に行くのだろうけど、婦人科も外科も実は専門医ではない。
本当は乳腺科が専門になる。


しかしなぁ。。。
厚生労働省の言い分も面白い。
厚生労働省は「乳腺科」と言う広告は認めないけど、ホームページで掲げるのはOKだと言っているらしい。
ホームページが自分の意思でアクセスするものだから“(不特定多数への)広告”ではないと言う判断らしい。
だとすると、NTTの「タウンページ」への広告は広告でない?
タウンページだって、利用者は自分の意思でページを開くよね?
って言うか、法整備の不備を言葉のアヤでごまかしているだけだよね。


産経新聞の記事を掲載するiza!では、

病院名に「乳腺」ダメ 最高裁棄却で確定


(前略)
 判決理由で横尾裁判長は「医療法などは患者の適切な医療を受ける機会を確保することを目的として、医業などに関して一般的に広告できる診療科名を、客観性や正確性を維持することが可能なものに限定したと解される」と指摘。その上で、「『乳腺』を一般的に広告できる診療科名として定めなかった医療法などの規定は憲法違反に当たらない」と判示した。
(iza!) - 12/07 14:03更新


乳腺という言葉に正確性や客観性が無いと裁判官が判断したらしいけど、何をもって正確ではないと?
“正確”ってどういう事?
専門医が居る事を知らしめる広告が認められないことを正当とするの?

医療に関しては情報不足が多いから、その隠匿って好きになれない。
この記事に私が反応するのは、そういう理由からなのかなぁ。。。?


母は、今の私より2歳若い42歳、私が中学3年生の時に乳がんの手術をした。
もう27年前になる。
その頃でも乳がんは治る癌だと言われていた。

母は、胸のシコリは気になるものの、2年程、ほったらかしにしていた。
癌だとは思っていなかったし、当時の事だから、お乳を診せる診療科なんて思いも付かなかっただろう。
当時住んでいた地方にある2つの大学が共に癌医療では日本でTOPの研究水準だった事もあって、地方都市の市立病院でもそれなりの医師が居たのが幸した。。
お陰で手遅れ寸前だった母も無事生還した。

でもね。。。母は偶々助かったのかもしれない。
乳がんでは、行くべき病院を知らずに手遅れになっている人が多い。
そんな事を考えると、どういう客観的な正当性を持って“乳腺科”が診療科名としてふさわしくないのか、はっきり示して欲しいと思う。
その上で、乳がんの専門医が居る事を知らしめる診療科を考えて欲しいと思うのは私だけじゃないと思う。
医療のような専門的な知識が必要な分野なのに誰にでも身近に必要な事柄って、もう少し情報を解り易く公開してもいいと思うのだけどな。。。
何も、神秘だけが医療の正当性という訳じゃあるまいし。。。

Continue reading

リセット法

<いじめ>転校制を保護者8割知らず 文科省落ち度認める


 政府の規制改革・民間開放推進会議は5日、文部科学省と公開討論会を行った。文科省が3月にいじめを理由に転校できる制度改正をおこなったことを、保護者の8割が知らなかったことが同会議の調査で判明したことについて、文科省は「大変遺憾。不徹底な点は反省し、指導・助言に努めたい」と落ち度を認めた。
(毎日新聞) - 12月5日22時15分更新


転校って、苛められる不安もあるけど、ある意味リセットできるメリットもある。

私は小学校と高校で転校した。
小学校で転校する前は、とてもドン臭くて走るのも遅かった。
体育が苦手で、体育の授業ではスケート以外は自信がなかった。
(スピードスケートの競技は得意だった)

小学校4年の夏に転校した。
それまでプールには数える程(10回未満)しか入った事は無かったし、生来の運動オンチで水泳は全くダメ。
それが、夏休み中の登校日に登校した事をきっかけに、学校のプールに通うようになった。
知り合いなんていないけど、イヤ居ないから吹っ切れたのかもしれないけど、水に浮くことも出来なかったのが泳げるようになった。

いや。。。
それ以前に、鉄棒の逆上がりが出来ない私に、跳び箱を飛べない私に、逆上がりを教えてくれて、跳び箱の飛び方を教えてくれた級友が居た。
名前は40年近く経った今でも覚えているし、先日、あるテレビ番組でその級友の実家が出ていたのを見て級友が出ていなかと画面を探したのを覚えている。
“やればできる”を教えてくれた友人がいたからこそなのかもしれないけど、それまでドン臭くて何も出来なかったのが水泳も25m泳げるし、鉄棒で逆上がりも出来る。
何より、走るのが速くなった。
それまで、徒競走で8人走っても6位ぐらいにしかなれなかったのが、2位や1位を取れるようになった。
何だか、人生をリセットしたような気分だった。
その後の中学でも陸上部に誘われたぐらいだから、転校した先の小学校がとりわけドン臭かった訳でもない。
中学と高校(転校前も、転校した千葉でも)では学年で1番走るのが速かったから、確かに“リセット”されたのだと思う。

子供って、自信を持てば、それまで以上の能力を発揮する。
それが根拠の無い自信であっても。。。
私の転校は、まさしくその“根拠の無い”自信だったのだと思う。


転校したことによって、或いは転校生の面倒を見たことによって、“イジメ”に繋がった事もある。
でも、逆にそれまでをリセットして“自信”を持つことが出来たのも否めない。
転校することも、問題の一つの解決方法になる。
私が学生だった頃にはそう簡単には転校は出来なかったけど、今は理由が明確であれば転校が可能らしい。

最近の子供は、“死”が人生のリセットで、死んでもよみがえると思っている子供が多いらしいというアンケート結果を先日見た。

でもね。
“死”はリセットではなく、ゲームセット。
復活は出来ない。
そうであれば、“転校”という“リセット”手段を有効に使おうよ と思う。
この手段の有効性をもっと広く知らしめないとね。

典型的な詐欺パターン

<近未来通信>「230カ国カバー」は虚偽 海外稼動はゼロ


 IP電話会社「近未来通信」(東京都中央区)が投資家にPRしていた海外24カ所の中継局は、実際には全く稼働していなかったことが分かった。「格安料金で230カ国をカバー」などと世界規模の通信事業を確立したように装っており、詐欺容疑で捜査している警視庁捜査2課は、投資を募るための悪質な虚偽宣伝とみて追及する。
 近未来通信が、投資家らに配布していたパンフレットによると、同社は99年12月に海外初のIP電話中継局をロサンゼルスに開設。その後、ハワイ、ロンドン、シンガポール、シドニー、北京、パリなどを加え、海外計24カ所に中継局を開設した。パンフレットには、中継局が置かれているという高層ビルの写真が地球の図とともに並べられ、世界的な展開を強調していた。
 また、「中継局のネットワークを利用することで、格安な料金設定を可能にした」「発着信エリアは海外230カ国をカバー」と記載し、海外でも格安な通話料金が可能になったように、成功ぶりをアピールしていた。
 ところが、総務省が11月27日、国内にある同社の中継局2カ所を立ち入り検査したところ、計数十台のサーバーのうち2台しか稼働していないことを確認。このため、国内外すべてのサーバーの稼働状況を報告するよう同社に求めた。その結果、同社が国内に持つサーバー1389台のうち、稼働していたのは、わずか7台。海外に至っては、1077台のうち、稼働はゼロだったという。「230カ国をカバー」しているはずの、24中継局はすべて機能していなかったことになる。
 同社は、投資家を信用させるため、観光旅行を兼ねた海外中継局の見学会を催していたとされるが、その時だけ稼働しているサーバーを用意していた可能性がある。
 海外のサーバーが稼働していなかったことについて同社は「KDDIなど他社に使用料を払って回線を借りていた」と総務省に釈明した。しかし同省は「そもそも海外に自前のサーバーがあることも確認できていない」と話している。【石丸整】
(毎日新聞) - 12月5日16時21分更新


被害者はお気の毒だけど、正直言ってなんでこんな話に投資をするのかなぁ。。。というのがホンネ。

先日、彼氏とも話していたのだけど、何故この事業(計画)を見て“儲かる”と思えるのだろう?と思う。
新聞に載っていた勧誘記事を見ても、私には儲かる(収益を上げられる)ビジネスモデルが見出せなかったのよね。。。
と思ったから私は“出資”をしなかった訳だけど、世の中にはこういう話に出資する人が大勢いるのだものね。
出資した人たちはこの事業モデルの何を信じて出資したのか?と私は思うけど、きっと訳も判らずに“収益がある”という言葉に乗っかったのね。。。

でもまぁ。。。私や彼氏に言わせると、この投資勧誘には典型的な(経済=出資)詐欺のパターンが随所に見られる。
って、こんな儲け話を聞いて“胡散臭い”と思うのは、かなり“ケチ”な人なのかもしれないけどね。。。(苦笑)
多くの人には、こんないい話には乗らないのがおバカさんと言われるのかもしれない。。。

でもね、上手い話には落とし穴があるのが往々で、落とし穴がある事を不安に思わずにいてその穴をを見つけられない人が儲け話の経済詐欺に引っかかる。
そんなに甘い儲け話はないって事よね。。。


   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top