Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

苛々する。。。もしかして、ピントがずれているのは私? (-_-;

所謂“造反議員”の復党と裏腹に、この時期に落ち度のあった新人議員へのお仕置きが決定したらしい。
でもね。。。

<無断欠席>片山、佐藤両議員を処分 自民・国対委員会


自民党の坂本剛二国対筆頭副委員長は4日、国会内で記者会見し、先月29日の衆院経済産業委員会を無断欠席した片山さつき、佐藤ゆかり両衆院議員に対し、国会対策委員会が同日付で経産委員会の委員差し替えなどを柱とする処分を決定したことを明らかにした。国対委による処分は異例。
 処分はこのほか▽国会開会中の海外渡航を1年間禁止する▽新人を対象にした国対委の法案説明などへの出席を来年3月末まで停止する――ことも盛り込み、厳しい内容となった。
 坂本氏は「採決欠席は重大な反党行為だ。他の議員への影響も考えた」と説明した。また、佐藤氏は先月10日、関税暫定措置法(1日に成立)を採決した財務金融委員会も無断欠席していたことが判明。国対委で財金委員会の委員差し替えも検討している。【米村耕一】
(毎日新聞) - 12月4日19時26分更新


委員会の採決を欠席するのと本会議で党議拘束を無視して党議とは“反対”の投票をするのと、どちらがより重大な“反党行為”なのか解らないけど、片や政党交付金が下りる前に復党を果たし、片や委員差し替え。
なんだかバランスを欠いた裁定のように見える。
自民党幹部は“造反議員”の復党に“再チャレンジ”なんて浮かれているけど、逆に言うとこれって新人イジメに見えるよ。
今まで委員会の法案採決に無断欠席した議員なんて数知れずだし、委員会どころか本会議だって欠席する与野党の議員はいくばくか。。。
野党議員に至っては、“党”そのものが“議員の本分”を無視する状況(採決拒否の欠席)で、採決出席が“議員の本分”だなんて新人議員には言い難いんじゃないの?(苦笑)

でもね、私だって、先輩がしているからと言って何でもしてもいいとは思わないのよ。
そういう意味では、議員の本分である法案採決に欠席するなんて。。。と思うけど、片や、党本部がしている事は。。。って感じだものね。
そんな中での処分って、処分した方をあまりいいイメージでは捉えられないよね。
これじゃ、“批判反らし”にもならないよ。


しかしなぁ。。。
  ▽国会開会中の海外渡航を1年間禁止する
  ▽新人を対象にした国対委の法案説明などへの出席を来年3月末まで停止する
これが処分???
国会開会中の海外渡航にどれほどの意味があるのか解らないけど。。。(^_^;
委員会の出席や本会議への絶対出席を考えたら国会開会中の海外渡航なんて、本来誰も出来ないないんじゃないの???
それをこの2人に限るの?
ってことは他の人は委員会や本会議への欠席も可な訳?

それに、国対委の法案説明なんて、新人にこそ必要なんじゃないの???
新人のこの2人が重要性を充分認識していなかったから、“平気”で無断欠席したんじゃないの?
本人たちは“平気”ではないと言うかもしれないけど、明らかに、他の案件の方が重要性、優先度が高かった訳でしょ?
どちらかというと、他の議員の3倍位の時間と密度で法案の説明をしなければならないんじゃいの?
いや、処罰であるならば、寧ろ“時間を(他の議員の)3倍(以上)取って説明”するぐらいの“矯正”が必要なのでは?

なんて考えると、この処分ってなんだかピントが外れているような気がするのだけど、ピントがずれているのは私なのかなぁ。。。?(-_-;


この件に関する一連の報道では、こんなこんな報道がなされている。
<自民復党>造反組に配慮 政党交付金、企業献金などで (毎日新聞) - 12月5日0時57分更新
復党批判「甘んじて受ける」=当選2回議員と懇談-安倍首相 (時事通信) - 12月4日17時0分更新
<参院選>中川幹事長の「公認候補見直し」発言に青木氏反発 (毎日新聞) - 12月5日22時34分更新

特に3番目の記事に腹が立つ。

<参院選>中川幹事長の「公認候補見直し」発言に青木氏反発

(前略)
一方、中川氏は復党問題で「首相の意向」を最大限に利用し、青木氏らの要求をはねつけた。参院幹部は「党内の不満は根強く、『中川包囲網』ができつつある。首相に忠誠を尽くさないと、もたない」と語る。専権事項である候補者選定に衆院側が手を突っ込むことへの嫌悪感も加わり、衆参の対立は激化しそうな気配さえある。【中澤雄大】
(毎日新聞) - 12月5日22時34分更新

候補者の選任を、既存議員の専権事項というその参院幹部の根性をを叩き直したい。
いや、別にいいけどね。。。その候補者を落とせばいいだけだから。
っていうか、“落としたい議員を選ぶ”事を有権者の専権事項にしたいなぁ。

今の公職選挙法下では、幹雄君や虎之助君を“選んで”落とす法はない。
私は選挙区の選挙民でもないし、比例代表の名簿順を選ぶ立場にもないのがもどかしい。
せめて、“落選させたい議員”を選べる選挙だったら。。。と思う事がしばしばあるのよね。。。
他にも落としたい議員は沢山あるけど、この2人だけは絶対に議員で居てほしくない。

“落としたい人を選べる選挙”を推進してくれる人が居たら、迷わず投票しちゃうんだけどな。。。
って、流石にそんな事はないか。。。(^^ゞ
でも、次の公職選挙法改革の際には、“落とす”選挙を考えて欲しいと心底思う。
“落ちなかった”人たちの集まりでは、与党がどの党になっても、そんな選挙改革はしてくれないと思うけど。。。

よき時代の日本。。。

テレビで「ALWAYS 三丁目の夕日」を見た。
映画ってずっとテレビの前に居なければならないから、平日にテレビで放映される映画を観ることは殆どない。
でも今日は何となく、「観たいな」と思って、お風呂も入らず、食後の片付けもせずテレビの前に陣どった(苦笑)

観てみて、この映画が流行った理由が解るような気がした。
って、あくまでも“気がした”だけ。


##ストーリー

昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残った経験がありながら、今は少年誌に冒険小説を投稿する日々。ある日茶川は、淡い思いを抱く飲み屋のおかみ、ヒロミに頼まれ、身寄りのない少年、淳之介を預かることに。


東京タワー(の建設の進み具合)が時間の流れを象徴する。
舞台となる夕日町三丁目は、東京タワーとの位置関係から浜松町辺り?と思ったりしたのだけど、違うかな?
でも、浜松町の駅の近くには戦後暫くして建てられたような建物がいくつかある。
再開発でなくなりつつあるのが残念だけど。。。

昭和33年と言えば私が生まれる前。
だけど、映画に出てくる風景は私が子供の頃の昭和40年代前半にも未だ在ったものだった。
横浜のラーメン博物館もそうだけど昭和30年代を想定した演出のものが多いのは、その時代が戦争が終わって“平和”を実感し、車や冷蔵庫、テレビなどが少しずつ手に届くようになってきて、“明日への夢”と共に生活の豊かさを実感し始めた時代なんだろうな。

記憶にある私の家では、(昭和41年生れの妹が生まれるる前だったから昭和40年頃だったかな。。。)車も洗濯機もあった。
氷冷蔵庫を見た記憶はあるけど、電気冷蔵庫の記憶が強い。
テレビは近所では早かった方だったかな。
父が長期出張で留守にしている間、母と私で父の叔父の家に遊びに行っている間に泥棒に入られた。
その時私が気にしたのは、「テレビは?」だった事を覚えている。
冷蔵庫や洗濯機も当時としては高級品だったのに、何故かテレビの足だけが戻ってこなかった。
映画で一平が夜になっても帰ってこなかった時、お母さんである薬師丸ひろ子が「テレビや冷蔵庫を余所の家より早く買った(持った)から(誘拐されたのかも)。。。」と焦るシーンが身に染みる。
3歳の私が三輪車(そういえば、当時は三輪自動車も“三輪車”と言っていた。。。)で遠出して自力で帰ってこられなくなって、暗くなってどこかのおじさん(母は知っている人で近所の人だったらしい)に連れらて帰った時、自分の目の届く処から居なくなった私を母はこんな風に心配したのだろうか?
って、3歳じゃそんなに遠くには出られないか(笑)


昭和40年代になって父の転勤で移り住んだ北海道では、まだ蒸気機関車が走っていた。
当時は、内地ではもう蒸気機関車は走っていなかったと思う。
街灯の多くは裸電球で、未だ舗装はされている道は少なく、殆どが土が踏み固められただけの道だった。
雨が降るとところどころ水溜りが出来るような道。
当時でも車は走っていたので、ぬかるむ場所には砂利が撒かれていた。
家も狭く、当時“文化住宅”と言われた流行の家では4畳半2間か、4畳半と6畳の居室が付く2LDKだったように思う。
鈴木オートに六子が来た時に奥さんである薬師丸ひろ子が「部屋は6畳よ」と誇らしげに言ったのがよく解る。
官舎住まいの私なんて高校生だった昭和50年代になっても自分の部屋は3畳だったけど、それでも当時中学生だった妹は両親と同じ部屋だったぐらいだから自分の部屋が貰えるだけ贅沢だったもの。
そういえば、中学生の頃は地方の城下町に住んでいたから、昔は大きな商家だったような家の友人達が自分の部屋が6畳だの8畳だの言うのが羨ましかったかも。
もっと子供の頃はお風呂のない家に住んでいた事もあったけど、お風呂屋さんが開いて直ぐの時間に母と手を繋いでお風呂屋さんに行ったのも懐かしい思い出だったりする。

この映画を観たある程度以上の年齢の人が“古きよき時代”を懐かしむのが解る気がするよ。


“夕日”は“落日”とも言い、日が落ちる(=没落する)事をも言う。
今と比べれば決して豊かではなかったけど、その頃は“豊かさ”と“平和”を“幸せ”と実感できた時代だったのだと思う。
この時代の夕日は、落日ではなく明日の日の出の前哨だったのだろう。
だから夕日が希望への祈りであるのだろう。
でも、豊かさに慣れきった今の時代には、平和ですら“不満”と思う人が居る。
そういう人にはどう感じるものなのかは解らないけど、日本が最悪の落日を迎える事無く、明日の日の出を穏やかに迎えられるように、明日の日の出が希望に満ちたものであるようにと祈る姿をこの映画に見たのは、最近の私の精神状態のせいね。。。(-_-;


Continue reading

結果を甘んじて受けるのが自己責任

自民党が所謂“造反議員”の復党を認めるらしい。
まったくもぉ。。。虎之介君も幹夫君も次の選挙で落ちるといいわ。
自分の選挙が危ういからといって造反議員の支援をアテにするなんて、ベテラン議員が聞いて呆れるわ。
議員は使い捨てというのは、この人たちにこそ肝に銘じて欲しいものだ。

今回の復党問題で自民党の支持が減ってもそれは虎之介君と幹夫君の責任だからね。
って、きっと彼らは晋三クンの責任であって、自分たちの責任だとは露とも思わないだろうけどね。


「民営化反対とは言っていない」復党4人が弁明会見


 自民党は28日午前、郵政民営化に反対し、同党を離党した造反組のうち、堀内光雄・元自民党総務会長ら無所属衆院議員11人の復党を審査する党紀委員会(笹川尭委員長)を12月4日に開くことを決めた。

 早ければ、同日の委員会で復党が正式決定する。誓約書を出さなかった平沼赳夫・元経済産業相については、復党願を受理せず、預かることになった。

 復党する11人のうち、堀内、古屋圭司、山口俊一、森山裕の4氏は28日午前、国会内で記者会見した。堀内氏は、「温かい気持ちをもって、首相に復党のゴーサインを出してもらい、感謝の気持ちでいっぱいだ。基本的に郵政民営化に反対ではなく、選挙期間中の会見、公報でも反対とはひと言も言っていない。賛成だ」と強調した。山口氏も「民営化自体は反対ではない。衆院選でも党内手続きがあまりに乱暴だったということを論争した」と語った。
(読売新聞) - 11月28日14時37分更新


それにしてもなぁ。。。
「反対とは言っていない」だなんて、どの口が言うのだか。
あぁ、口では言っていないって事ね。
口で言わなくても、反対票を投じれば反対したってことでしょ。
それが原因で先の衆議院選があったのだから、衆議院選の選挙運動中に言葉にしなかったからってそれが言い訳になるのか?

自民党もお金(=政党交付金)目当て議員なんて相手にしなきゃいいのに。。。
復党させるにしても来年の1月2日以降でいいじゃん。
そうすれば、彼らだって党の意思に反旗を翻した結果を受け止めるハズよね。
って言うか、政治家なのだから、全ての結果を受け止めてこそ なんじゃないの?

新世代???

「引退した人を訪ねるべきではない」金鍾泌氏が苦言

【ソウル23日聯合】自民連総裁を務めた金鍾泌(キム・ジョンピル)氏が、バーシュボウ駐韓米大使と会談した席で「引退した人を訪ねていくべきはない」との考えを示した。22日にソウル市内のホテルで開かれた講演の際に述べたもので、16日にバーシュボウ大使と会ったことに触れ、「何のために身を引いている人を訪ねていくのか」と述べたことを明らかにした。その上で、「そのようなことはすべきではなく、大使の仕事はそのようなものではない」との考えを伝えたという。これは金大中(キム・デジュン)前大統領を念頭にした発言とみられる。バーシュボウ大使は6月、訪朝予定だった金前大統領のもとを訪れている。
 一方、この日の講演では盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領をはじめとする「386世代」と呼ばれる層に対しても苦言を呈し、年間輸出額3000億ドル達成の道を開いたのも、戦力不足を解消したのも先人たちであり、盧武鉉氏たちではないと述べた。また、北朝鮮の核実験と関連した盧大統領の一連の発言についても触れ、「(盧大統領は)北朝鮮から来た人なのかわからない。最高責任者がちんぷんかんぷんなことを言うから夜も眠れない」と批判した。さらに「386世代」には独立運動のときの精神も、植民地解放当時の精神もなく、朝鮮戦争の惨状も知らない人たちだと断言した。
(YONHAP NEWS) - 11月23日9時54分更新


私は、金大中氏を評価しないまでも、よく解らない政治家だと思っている。
でも、少なくとも、対北朝鮮政策は、日本人と私としては評価できない。
それが韓国でも評価されないことは、最近の報道をみるとよく解る。

金大中という名前を聞いたのは、多分、彼が日本で誘拐されたから。
それまで、韓国の政治家の名前なんて知らなかった。
後に大統領になるような政治家であったとしても。。。

韓国の今の太陽政策は盧武鉉のオリジナルではない。
金大中の政策を後継しただけ。
金大中は、日本での事件とその背景にあったもので韓国の人に受け入れられたらしい。
でもねぇ。。。
この人の政策って。。。

北朝鮮への太陽政策は韓国国民の意思だった訳だから、それについて言うのは控えよう。。。(苦笑)
さてね、386世代って、これはCPUの?
いや。。。盧武鉉がそんな若い世代だとは思わないけど、パソコンを使いこなす世代をそういうのかな?
日本でも、日本がこれまで歩んできた道を知ろうともしない世代はあるけど、韓国にとっては独立運動や植民地解放を知らなかったり(これは日本で言う戦後世代)、朝鮮戦争(日本で言うと安保世代に近い?)というのが政治家としてのある種の“ハードル”なのかな?と思わされた。。。


大リーグ予備校?

<桑田真澄>メジャー複数からオファー 感謝集いで明かす


 巨人を退団し、メジャー挑戦を表明している桑田真澄投手(38)は、東京ドームで行われた巨人のファン感謝イベントに参加。今後について、メジャーの複数球団から非公式のオファーを受けていることを明かし、「複数の球団から選べる立場になったので、自分にどこの球団が合っているか、代理人を付けるかどうかなど慎重に決めたい」と話した。
 退団セレモニーでは「たくさんの人たちに支えられながら、全力で自分自身と戦い、このエースナンバーを守ってきました。18番、桑田真澄の野球は心の野球です。今はただ感謝の気持ちしかありません」とあいさつ。3万6000人を超えるファンからは拍手と声援が送られた。
 紅白戦では主砲の李スンヨプと対決。内角低めの直球で3球三振に仕留め、21年間着続けた巨人のユニホームで最後を飾った。【田中義郎】
2006年11月23日(木) 21時12分 毎日新聞 更新

桑田って、投げられるの?
日本でも投げる機会は少なかったように思うのだけど、メジャーで投げられるの?


桑田の事情はちょっと違うけど、最近メジャーに移籍する選手が多い。
FAは選手の権利だから仕方ないと思うけど、ポスティングでの移籍にはなんだか違和感を感じるなぁ。


「ゴジラ松井やイチローが居た日本のプロ野球のNo.1投手を幾らで買う?」

ポスティングって、球団が選手を売って儲けるシステムに見える。
日本のプロ野球って、大リーグのファームか“予備校”にでもなったのだろうか?
ポスティングで移籍する選手も、日本の球団を大リーグへの予備校と考えているように見える。

これはプロ野球の現状を知らないから言える事なのかもしれないけど、見ていて気持ちのいいものではない。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top