Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

小姑は、嫁には目の上のタンコブ?

聖子氏ウハウハ、ゆかり氏グラグラ…復党反対派が造反組!?

 郵政民営化法案に反対し自民党を離党した造反組の復党問題で、現職議員の先行復党に向けた動きが週明けから本格化する。元郵政相の野田聖子氏VS佐藤ゆかり氏による「女の戦い」が激化する岐阜1区を始め、各選挙区はピリピリムード。党内でも反対派は「政権に打撃を与えかねない」と警鐘を鳴らせば、落選組は「安倍首相にお仕えしたい」と今後の復党に期待をのぞかせる。小泉政治の“負の遺産”に揺れる自民党のお家騒動に改めて注目してみた。
 「何のために私はここに来たの? という感じではないでしょうか」ある地元関係者は、ゆかり氏の今の心境をこう推測した。「ほかにもっと楽な選挙区はいくらでもあったのに、落下傘でここに来た結果が、これですから…」
 昨年9月の衆院選で岐阜1区に刺客として投入され、造反クイーンの野田氏と激突したゆかり氏。小選挙区では野田氏に敗れたものの、比例代表で復活し、野田派が根強い地元に浸透するため奮闘してきた。
 ところが、ここにきて野田氏の復党はほぼ確実な流れに。10月に中川秀直幹事長が岐阜入りし造反組の復党を「検討したとか、考えてるとか一切ない!」と叫んだのも今となっては、ただのその場しのぎだった。
 野田氏とのコスタリカ方式など共存の方法はある。しかし、もともと野田氏支持だったのにもかかわらず、党の方針に従いゆかり氏側についた市議や県議らにとっては受け入れがたいようだ。「この1年は何だったのかということになる。その人たちが一番、つらい思いをしています」(別の関係者)。
 “マドンナ対立”の激化はすでに、来春に統一地方選挙を控える地方議員らを直撃。10月下旬、選挙区支部会合で支部長のゆかり氏は「反党行為があった」などとして、野田派県議2人の県連への公認申請を見送った。野田派が幹部を占める岐阜市連はこれに反発。泥沼化している。
 この間、ゆかり氏は暗闘に打ち込むあまりか、秘書らに「守秘義務誓約書」なるものに著名、押印させるなど強権を過酷に発動。激務や不信感から今夏までに秘書らが6人も事務所を去るなど、正念場に向けて足元は揺らいでいる。
 一方、野田氏サイドはウハウハ。後援会組織は岐阜市内を網羅し、村瀬恒治会長は「自民党の支部数より数が多いのでは」と胸を張る。「自分の選挙を考えると、野田氏側につくのが当然」と話す地元議員もいる。
 「岐阜に嫁ぐつもりで」とは、選挙時のゆかり氏の殺し文句。果たして本当に嫁になれるのだろうか。
 【郵政造反組の復党問題】昨年7月の衆院本会議での郵政民営化関連法案採決で反対票を投じ、同10月に自民党から離党勧告を受け、離党を余儀なくされた衆院議員らの復党を認めるかどうかの問題。昨年の衆院選では、小泉前首相は「造反組」を公認せず、「刺客」と呼ばれる対立候補を擁立した。造反組は無所属で27人が立候補し、13人が当選、14人が落選した。今回、復党を希望しているのは現職組が12人、落選組が10人前後。来年の参院選をにらみ、今年9月に安倍首相就任後、動きが本格化。造反組から平沼元経産相が「窓口」となり、党執行部と交渉している。一方で、この選挙で刺客として造反組と戦った「小泉チルドレン」などが反発しており、波乱含みとなっている。
(スポーツ報知) - 11月20日11時34分更新


小姑は嫁には、目の上のタンコブ?

というか、個人的に聖子ちゃんは好きになれない。
この人も、自分の信念を主張する割りには、その信念は容易に揺らぐ。
そんな簡単に揺らぐ“信念”と言うものに、どのぐらい信頼が置けるのか?と思ってしまう。。。

30代で郵政大臣になって、将来の女性総理と言われた。
その経験が“郵政”民営化に反対を投じさせたのかもしれないけど、2回目の採決ではあっさり“賛成”。
賛成するに当たって、どんな説明があったのか?
彼女自身は郵政民営化に反対する事で無所属で戦わざるずをえなかった選挙で自民党の候補者に勝った。
そういう意味では、彼女を選んだ選挙民は、彼女が郵政民営化に反対する事を支持したのでは?
なのに、参議院から衆議院に回付された審議の決議では、民営化法案に賛成する事でその“支持”をあっさり裏切った。
こういう人って、本当に信頼できる政治家なのか?
少なくとも、政治家と地元の利権が繋がっていない地域では、彼女の行為を選挙民に対する“裏切り”だと感じるよ。

“信念”と地元選挙区の“事情”を自身の都合で使い分ける?
それは、傍目には必ずしも有権者の意思を示してはいない。
そういう人って、今後も有権者を裏切るのよね?と思ってしまう。
まぁ、利権で繋がっている人たちとの事前の了解があるのだろうから、地元ではそうも問題にはならないのかもしれないけどね。。。


でも、人気ばかりが高くて信念の薄い政治家が美形故に人気を保っている。
そんな小姑がいる選挙区に“お嫁にいった”ゆかりチャンは苦労するね。
まぁ、彼女も一筋縄ではいかない強かさはあるとは思うけど、相手がもう1枚も2枚も上手だものねぇ。。。

そうは言っても、郵政民営化選挙からそう日にちもたっていないこの時期では、所謂造反議員の復帰は認められないよ。
勿論、自民党の党本部にも“反対”のメールは送ったけど、このところ入ってくる情報を聞く限り復党は時間の流れなのかなぁ。。。


受験料まで価格破壊?

<大学受験料>割引導入の大学増加、早大も参入

 「大学全入時代」の到来を迎え、各大学が受験生の確保に躍起となる中、受験料の割引制度を導入する大学が増えている。早稲田大学(東京都新宿区)が来年度入試で初めて導入するほか、拓殖大学(文京区)は1回よりも2回受けた方が受験料が安いという新制度を設ける。大手予備校によると、全国の大学の半数近くが割引制度を取り入れているという。一方、「そもそも受験料自体が高い」との声もあり、価格破壊はさらに進みそうだ。
 早大は来年度の5学部の入試で割引制度を初めて導入する。一般入試に加え、大学センター試験の成績を加味した入試を併願する場合、一般3万5000円とセンター3万円で計6万5000円となるところを、1万円割り引いて計5万5000円(スポーツ科学部は6万円が5万円に)とする。早大広報室は「これまで1回の試験で2回分の受験料を取っていたが、受験生の負担が大きいと考えた」と話す。
(以下略)

(毎日新聞) - 11月17日15時13分更新

大学の受験料って高いのね。。。
私の頃で2万円だったから、20年で1.5倍かぁ。。。
ここ20年の物価の推移を考えたら、突出して高い感じね。
まぁ、これまでは受験する側の競争ばかりが激しくて、大学は座して待っているだけでよかったから、こんな殿様商売が出来たのね。

それにしても、この料金体系って何?と思ってしまうわ。
早稲田はともかく、拓大の受験料の割引体系は解り難い。
1回の受験だと35,000円、2回受けると30,000円と1回の受験より5,000円安い。
それが、3回の受験になると40,000円と、2回に1万円の加算。
それは受験回数が多いほど安くなるというわけでもなさそうだ。
これはどういう計算で導き出した受験料体系なんだろうね。

大学って、以前は、授業料もさる事ながら受験料でかなり儲けていると言われていた。
これからは、受験料で儲けるより、学校の質を維持する事にしたのか?
記事にはそう書いているけど、本当?
合格するまで何度も受験せよというのは、○○大学というブランドが欲しい学生を集めるだけでしょ。
本当に質の良い学生なら、何度も受験せずとも1回で決まってしまうもの。
多くの私立大学は推薦入学制度を持っている。
だったら、質の良い学生は推薦で早く決まってしまうんじゃないの?
国公立の大学と併願している子供がどの位いるのかしらないけど、周りで話を聞くと推薦で早々に進学先を決めてしまう人が多いように見えるものね。

それより、1回でも多く受験してもらう事だけが目的のように見える。
同じ記事の最後に予備校の河合塾が、塾の試験に比べると大学の受験料は高すぎるといっている。
試験そのもののコストは予備校も大学もそう変わらないだろうから、確かにそうなんだろうな。
回数を受けてもらって、その受験回数で割った受験料が5000円を超えたら大学には利益になるというところなんだろうな。


何か勘違いしていない?

「国営放送持てば…」民放連会長、放送命令を批判

菅総務相がNHKに対し、拉致問題を短波ラジオ国際放送で重点的に扱うよう命令したことについて、日本民間放送連盟(民放連)の広瀬道貞会長(テレビ朝日会長)は16日の定例記者会見で、「(米国のように)政府が『ボイス・オブ・ジャパン』みたいな国営放送を持てばいい」と述べ、批判的な見解を示した。

 今回の拉致命令放送について、広瀬会長は「(政府が)なし崩しに影響力を発揮するのが、長い目で見て一番まずい」と指摘。「(総務相の諮問を受けた)電波監理審議会が『命令放送は必要ない』と言うべきだった。法制度が妥当かどうかを含めて考えるべきだ」と述べた。

 一方、地上デジタル放送用の受信機の普及台数が2003年の放送開始以来、わずか1400万台にとどまっていることにも触れ、「アナログテレビの普及台数は約1億台。(地上デジタル放送に切り替わる)2011年までに、アナログのように1億台に達するのはとても無理だろう」との見通しを説明。デジタル用受信機の増産、価格の低廉化を求めた。
(読売新聞) - 11月16日22時32分更新

民放連って、何か勘違いしていない?

よく解らないのだけど、法律で設置が決まっていて、その運営資金も法律で国民からの徴収が義務付けられている放送局って国営放送なのでは?
少なくとも民法ではないと思うのだけど?

他の民間放送局に“命令”したのであれば、反発も頷ける。
でも、NHKに対する政府からの“命令”はある意味まっとうだと思うよ。
逆に、NHKが、政府からの命令を厭うのあれば、政府から独立すべき。
その運営資金も、「“放送法”から離れて独自に調達しなさい。」と言うべきなんじゃないかな。

都市部に住んでいる人は、地方の“馬車”馬。。。

自民党が先の郵政民営化法案採決での所謂“造反議員”の復党に動いているという。

う~ん。。。
何だかなぁ。。。
自民党が“造反議員”の復党を認める最大の理由は、次の参議院選挙での勝利。
でもねぇ。。。
“造反議員”って、党の方針に反した人でしょ?
党の政策としてAを選択しようとした時に、自分の利害と反するからとそれを反対した人たち。
云わば、政党政治を否定した人たちなんだよね。
そんな人たちを復党させるという事は、自民党は“党の方針”や“党の政策の推進”を捨てると言うに等しい。
党が方針を決めても、個人の裁量で反対票を投じる事を認めることだものね。
これでは、いくら自民党が“公約”だの“マニフェスト”だのと言っても、それに賛成するか否かは候補者自身の判断に任されるという事で、“党公認”というだけでは選挙時の投票の判断材料にはならないという事。

でもさぁ。。。これって、政党政治の否定だと思うよ。
議会制民主主義にあって、自民党が政党政治を否定するのであれば、自民党は与党である理由がなくなると思わない?
候補者が採決に当たって賛成するか反対するかは、党の判断ではなく個人の判断に任されるという事なのだから、“与党”の政策は法案は、国会の場で与党党員によって否決される可能性を含んでいる。
そういう意味で、“造反議員”の復党は自己否定に等しいと思うよ。

私はこれまで春風会のお手伝いをした事もあったけど、もし自民党が“造反議員”の復党を認めるのであれば次の参議院選挙では自民党を支持する事はできないな。
まぁ、自民党は都市部の支持より地方の支持が欲しいのだから、私のこんな意見なんて痛くも痒くもないだろうけどね(苦笑)

政治家ってよく「地方を切り捨ててはいけない」と言うけど、実態としては都市部を平気で切り捨てるよね。
政治家って、地方に流れる“交付金”を誰が払っている税金が原資だと思っているのだろうね(恕)
地方交付税として都市部で納付された税金が地方に流れる事を考えたら、都市部の票の重みを地方の2倍にしてもバチは当たらないとすら思うのだけどな。


ちょっと話は飛ぶけど、日本って“弱者”をウリにする人が結局は強い。
政治も、そういった人や団体のご機嫌取りに流れていて、“弱者”は利権にすらなっているのだものね。
こうやって、都市部に住んでいる人は永遠に地方や自称弱者の“馬車”馬になるのかしらね。。。(^_^;

今年も解禁

ボージョレ解禁、試飲なしでも真夜中のにぎわい


 仏・ボージョレ地方で今秋、収穫したブドウで作った新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、きょう16日、解禁された。

 24時間営業店舗を展開するスーパー大手のイオンでは、全国の約130店舗で、深夜0時から販売を開始。各店舗は、この日を待ちわびたワイン愛好家らでにぎわったが、同社では飲酒運転が社会問題化するなか、例年行っていた店頭での試飲を中止した。

 解禁を祝うイベントが行われた、千葉県習志野市の「ジャスコ津田沼店」の売り場には、試飲会の中止を伝えるポスターのほか、飲酒運転撲滅を訴えるパネルが掲げられていた。
(読売新聞) - 11月16日0時55分更新

会社の帰りに近所のスーパーに寄ったら、お酒売り場に台が出ていて「催事準備中」との張り紙があった。
なんとなく、ボージョレ・ヌーボーの季節だなぁ。。。と思ったのだけど、よく考えると、去年は既にワインが並んでいたような。
勿論、販売はしていなかったけど、ワインは並んでいて、後は時間を待つだけという状態だった。
なのに、今年は未だ商品は並んでいなかったので、それが何となく違和感を感じた。

飲酒運転撲滅の為に、このスーパーでも今年のイベントは控えめなのかしら?(笑)


   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top