Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

クリップ2題

今日は、ニュースクリップだけ。

<中高年山岳遭難>登頂目的に落とし穴 基本軽視に問題

 山で遭難する中高年が後を絶たない。死者・行方不明者の約9割が40歳以上だ。背景に何があるのか【藤原章生】
 警察庁などによると、今年夏山での遭難(7、8月)による死者・行方不明者は41人で、38人が40歳以上。10月7日からの3連休には長野県だけで計6人が死亡、すべて50歳以上だった。05年の遭難は10年前より約5割増の1684件(死者・行方不明者273人)。うち1372件(同244人)が40歳以上だ。
 「登山の本来の目的は下山。それが一番難しい」と名古屋市の登山家で医師、原眞さん(70)は話す。山登りには人の性格が表れるとみる原さんは「最近、目立つのは目的の固定化。頂上に登ることしか考えず、吹雪などの過酷な場面に直面すると、下山の判断も、考える力もなくす」と指摘。判断力は経験で養うものだが、基本を身に着けずに、登山を続ける人が増えるばかりという。
(後略)
(毎日新聞) - 11月2日13時8分更新

あらら。。。40歳以上が中高年の定義なのね。。。(>_<)
という事は私も中高年(^_^;

山に登るのが流行だね。
日頃から山に登るための訓練していくのではなく、日頃の運動不足解消のと言うかちょっとしたハイキング感覚で行く人が多い。
結果、遭難して、多くの人に迷惑をかける。

山に限らず、海だって同じ。
自然を甘くみた人が自然からしっぺ返しを受けるのだから、自業自得。
そんな人が遭難しても、捜索する必要なんてないと思う。
軽装で山に登ったり、自分の体調を考慮しないで山に登るような人は、山で遭難する事が目的のようなものでしょ。
仮に遭難し死んだとしても本望だろう。
彼らにとって遭難することは予想外なのかもしれないけど、大きな目で見ればそれは必然。
望んで遭難しに行ったに等しい。
だったらせめて登る前に、「仮に遭難しても探さないで」と一筆入れて欲しいぐらいだとさえ思う。
遭難した人探す人たちは命がけ。
不注意で死に行った人に殺させたくない。
趣味で登った山の遭難者の探索で命を失いかねない事故を起こした身内を持つ身の私は、安易に山に登って事故を起こす人には優しくなれない。


正しい日本食味わって…海外のレストランに認証制度

農林水産省は2日、海外の日本食レストランへの認証制度を来年度に導入すると発表した。

農水省によると、海外にある日本食レストランは欧米を中心に約2万店を数えるが、和食とはかけ離れたメニューの料理を出す店も少なくないという。

和風の調理法や接客にきちんと取り組んでいる店に日本政府の「お墨付き」を与えることで、正しい日本食に親しんでもらえるようにする。こうした自国料理の認証制度は、タイやイタリアも導入している。

認定の条件などを検討するため、今月上旬に有識者会議(座長=小倉和夫・国際交流基金理事長)を発足させる。会議では、<1>日本食の定義<2>対象とする国や都市<3>日本産食材の使用割合<4>調理方法や接客技術の具体的な基準――などを検討し、来年2月までに結論をまとめる予定だ。
(読売新聞) - 11月2日19時17分更新


数年前パリに行った時、「Japanese Restaurant」と書かれた店が泊まったホテルの近くにあった。
メニューを見たら、お寿司と焼肉の店だった。
真っ赤にな色をした焼肉に「日式」と漢字でコメントがあったのを見て、思わず苦笑。
「日本風」を「日式」と書くのは日本人ではない。
中国人(韓国でもそうかくのかな?)だろうと思うから、お寿司も多分“日本風”なんだろうなと思ったものだ。

もう20年近く前の昭和63年にロンドンに行った時、ハロッズで買った「お寿司」を思い出した。
見た目は日本で食べる太巻きに似ていた。
多少具材は違っていても、具材をお米のご飯と海苔で巻いたものであることには違いない。
でも味は。。。

ご飯が期待した味ではなかった。
甘酸っぱいご飯ではあったのだけど、使われている酢が米酢ではなくワインビネガーだった。
はっきり言って「不味い」と思った。
まぁ、海外で食べる日本食だから多少は仕方はないとしても、これを「日本食」だと思われたくないと思ったものだ。
多少は現地の人の舌にあわせた味付けは仕方がないとしても、もう少し日本食らしい日本食を食べて欲しいと思った。

今朝のテレビでは、この件について「狙いは日本の農産物の売り出し」と言っていた。
政府が日本の産物を売るためのTOPセールスをするのは何ら悪くない。
例えば東京のJAから輸入したものを使ってなければ認めないと言うような特定の企業や団体に肩入れして売り込むのであれば問題だけど、国が日本の産物を売り込むのは当然の事だと思うよ。
まぁとにかく、海外に住む人が“テキトー”な味のものを食べて日本食を誤解するより、“日本の味”を知って貰うのはいい事だと思う。

世間知らず政党

日経の投資・財務面に「一目均衡」という署名コラムがある。
昨日の記事を引用できないかとネットで探したけど見つからなかった。。。

曰く、「民主党の管直人代表代行が株式の譲渡益に対する税制について、『20%、場合によっては30%に上げるべきだ』と言った。株式の譲渡益への課税強化を民主党の格差是正施策の柱にするというのだが、何か勘違いしていなか」と。

全くだ。
ちょっと前、共産党の志位委員長が「所得税を下げて、法人税を上げろ」と言っていたが、直人クンの発言に通じるものがある。
どちらも、「税」を知らずに弄んでいるだけ。

課税強化は、ある部分「規制」の意味を持つ。
例えば、法人税。
日本は法人負担の税金のある部分を見ると、世界でもTOPクラスの税率になっている。
それは日本で「法人を持つこと」を規制・制限し、ある時期、日本へ進出するよりシンガポールやマレーシアへ法人の基盤を置く外資が増えた。
「外資が来ない事はイイ事」という人も居るけど、それだけではなく日本から逃げ出した日本の法人も多くあった。
日本で法人税率が下がって戻ってはきているが、税率が上がればコストの高い日本から逃げ出す法人もでるだろうね。
利益を出す法人が減るという事は、すなわち法人税からの税収も減る。
法人税だけではない。
働く場が失われるのだから、所得税収だって勿論へる。
所得を得る機会が失われるのだから、消費税収入も勿論減る。
いや、消費税収入が減るだけではなく、所得を得る機会が少なくなるという事は。。。

共産党は労働者の働く場を奪う結果になる事も考えずに、労働者の耳に優しそうな事を言ったに過ぎない。
でも、共産党は政権を取れるような見識のない政党だから仕方ない、と言う人もあるかもしれない。
でも、直人クンが言っている事も50歩100歩。

1990年にバブルが弾けたのは、89年に導入された譲渡益課税が原因。
「株式の譲渡益が非課税なのは金持ち優遇」という論理からだった。
(以前は、株式の売買にかかる税金は、有価証券取引税という名で、税率も低かった)
当時の株式取引は金持ちだけのものではなく、一般個人の取引もかなり多かった。
だから、決して金持ち優遇という訳ではなかったのだけどね。。。
で、課税の結果、個人投資家の多くが株式市場から去った。
そして、大蔵省(当時)の目論見はハズレ、譲渡益税の税収は伸びず、有価証券取引税を下回った。
譲渡益税に関わらず、税金というのは、税率を上げると税収は減り、税率が低い方が税収は増える。

直人クンが株式の譲渡益税課税強化すべきだと言ったのは、90年代のバブル崩壊を再現したいのかな?
せっかく株価が持ち直して、企業年金や各種基金も取り崩しを止めて、積み立てを増せるようになった。
価が下がったら、また基金を取り崩さなければならなくなって、補填の為に税金をつぎ込まなければならなくなる。
今でさえ、「団塊世代がみな退職して年金を受給するようになったら」、現役世代は今より1人当たり10万円の負担増だといっているのに、どれだけ増えるのかね?
そんな状況になったら、景気に左右される消費税では年金や社会福祉関連支出を賄う事はできなくなるだろう。
そうなったら、稼げる人は海外に逃げ出すだろうから、国内に残った人の収入格差は(底辺辺りで)差がなくなるかもしれない。
民主党ってそういう世の中を期待しているのか?
もう少し、“税”と“人の行動”の相関関係を考えてモノをいって欲しいものだ。

何で、日本には、政権交代可能な野党が育たないのだろう???
昨日まで与党に居た人でも、野党になった途端にこの体たらく。
“野党”と言う立場が、人を(こういう風に)変えてしまうか?
なんて、こんな事を書くと、短絡的な人は「COOちゃんは自民党が好き」だと思うのだろうね(苦笑)
私は今の与党をも決してイイとは思わない。
公明党は与党でも評価できないんだよね。。。
そして、自民党は民主党よりいくらかマシと思う程度。
でもね、民主党の「世間知らず」を見るにつけ、民主党への政権交代は遠いと思うわ。

1人負け?

<公取委>ソフトバンクの「0円」広告を景表法違反で調査

 ソフトバンクモバイルが携帯電話の新料金プランを「通話料、メール代0円」と広告宣伝していることについて、公正取引委員会が景品表示法違反(有利誤認)の疑いもあるとして調査していることが30日分かった。
 ソフトバンクは、自社間の通話やメールが無料になる新料金プランを23日に発表し、26日から「¥0」と表示する広告宣伝を展開。これに対し、NTTドコモの中村維夫社長は27日の会見で「広告でゼロ円を強調するが、さまざまな条件が小さく書いてある。フェアなやり方か」と批判している。KDDI(au)も「基本料70%引きの2880円が続けば、実態のない定価9600円に対する大幅な割引価格となり、不当表示の可能性がある」と分析。公取委はこうした指摘を受けて、実態調査に入っている。【小島昇】
(毎日新聞) - 10月31日8時52分更新

っていうか。。。何だかね。。。

通信業界の料金なんて、ほぼ許認可制。
「0円」で通話ができるなんて、コスト積み上げ方式で料金を認可する総務省が許可する訳がない。
であれば、通話料以外で、或いは種々の制約の下で実質「0円」にならない事は、公正取引委員会ならわかりきっている事。
なのに、広告が出た直後ではなく、「0円」の広告が一人歩きして後に調査が入るのかな?


まぁ。。。こんな結果になっているぐらいだから、消費者ってSBが思うほど流されやすい訳ではなく結構シビアなのだろうけどね。。。


「au」独り勝ち、約8万件増加 番号ポータビリティ制度

 事業者を変えても携帯電話の電話番号を継続して使用できる番号ポータビリティー(MNP)の加入者移動状況が30日明らかになった。スタート後6日たった29日現在の加入者の移動状況は、KDDIの「au」が約8万加入増加した一方、NTTドコモは約6万、ソフトバンクモバイルは約2万の加入減となり、auの一人勝ちとなった。

 関係筋によると、6日間の増加分と減少分を相殺した純増減は、auが8万600件の増加だったのに対し、NTTドコモは6万件減少、注目されたソフトバンクも、ふたを開けると2万400件の減少だった。

 auはドコモ、ソフトバンクの両方から顧客を奪い取った。一方で、ソフトバンクとドコモの間では、ドコモが3000件ながら顧客を奪った。

 8月末に冬モデルを発表し、MNPスタート時の機種を充実させるなど準備万端で臨んだauが、まずは優勢なスタートを切った。ただ、ソフトバンクのシステム障害の影響で今後の流動化も予想される。
(フジサンケイ ビジネスアイ) - 10月31日14時50分更新

SBって、大騒ぎした割りにはユーザを減らしちゃったのね。
エンターテイメント分野で人気のあるauが1人勝ちするのは以前から言われていたのだけど、SBが「予想外」の料金設定しても惑わされる事なくauを選択した人が多かったらしい。
これって、SBのシステム障害だけが原因ではなく、それ以前にサービスに不満を持っていた人が多いという事。
yahooBBの時もそうだったけど、「安かろう悪かろう」じゃユーザはつかないと思う。
って、yahooBBはその後にユーザがついたから懲りる訳ないか。。。(^_^;

でもなぁ。。。
SBの一人相撲が他社の料金を下げるのはwelcomeだけど、携帯電話はそんな動きにはなりそうもないしなぁ。。。

無責任とも言える、悪い見本。。。

履修漏れの高校校長自殺=説明会後、29日に不明-山中で首つる・茨城

 30日午後4時5分ごろ、茨城県大子町左貫の山林で、県立佐竹高校(常陸太田市)の高久裕一郎校長(58)が木の枝に掛けたロープに首をつった状態で死亡しているのを、県警大子署員が見つけた。遺体のそばにあった封筒に遺書らしきものが入っており、同署は自殺とみている。同校では履修漏れが発覚し、校長は対応に追われていたといい、同署は自殺の動機を調べている。
 調べでは、高久校長は29日午後3時ごろに外出。30日朝になっても帰宅しないため、家族が同日正午に捜索願を出していた。遺体が見つかった山林は、常陸太田市の自宅から約2キロ離れており、入り口には校長の車が止めてあった。
 佐竹高校では、3年生の生徒80人が本来履修すべき世界史と理科を履修していなかったことが発覚。高久校長は27日、生徒に説明をしていた。教頭によると、校長は説明会の終了後、疲れた様子で、30日に予定されていた保護者説明会について、「(気が)重い」と話していたという。 
(時事通信) - 10月31日0時0分更新


死者に鞭打つ様で、こんな事を書くのは憚られるのだけど。。。

受験を控えた生徒を不安に陥れている最中に、学校の責任者が死ぬというのはどういう事?
命の大切さを子供に教えなければならない立場の人が、死を選ぶのはどういう事?
余りに無責任過ぎない?
なんだか、“敵前逃亡”な感じを受けるのだけど?


ご本人は、「責任を取った」つもりなのかもしれないけど、彼が死を選んだとて、生徒たちの不安や負担は何も解消しない。
学校の、教育現場の責任者ならば、生徒の不安を取り除くのが先決で、生徒を無事卒業させるか、無事卒業させる道筋をつけてから自分の身の振り方を考えるのがスジなんじゃないかなぁ。。。

これじゃ、生徒たちへの“悪い見本”にしかならないよ。。。

小さな違和感?大きな心配。。。(^_^;)

ずっと右の鼻腔に違和感を感じていた。
ここ数日、風邪(?)をひいたお陰で、鼻が少し楽になった。
このところの体調不良と共に、鼻の違和感が無くなった。
そして、右の耳下にあったリンパ腺の腫れが少し治まった。
未だ本格的に治まった訳じゃないけど、腫れはかなり小さくなったし、くしゃみも減った。
このクシャミ、今年の2月頃から続いていただけに、ちょっと気分が軽くなったよ(笑)
それに、耳下のリンパ腺の腫れが無くなれば、顔も少しは小さくなるしね(笑)


さてさて、(って、全然関係なのだけど、)神奈川と大阪の衆議院の統一補選で自民党が勝ったらしい。
選挙に強いと言われて党首になっている一郎クンとしてはかなり痛手かもしれないけど、最近は都市部では自民党の方が強いのかもしれないと思わざるを得ない。
というか、一郎クンと晋三クンを比べるのなら、旧来の自民党と社会党の悪い部分だけを引き継いだ一郎クンより、自民党の“新しい”部分を体現しているかのような晋三クンの方が所謂“無党派層”には“受け”易いだろうと思う。
“無党派層に阿った”(つもり)の一郎クンはちょっとショックがあるだろうけど、世の中そんなモン。
民主党に対しては、結構シビアに見ていると思うよ。


って言うか、北朝鮮がこんなに不可思議振りを発揮している時に、「中露も核実験しているのだから(北朝鮮に制裁をするのに躊躇する)」だとか、「(政治理念は無視して)反自民でなければ推薦できない」だとか言っているのが、民主党を「政権を取るに値しない政党」と評価させているのでしょう。

でも、自民党だって安泰ではない。
どちらも公明党の“応援”が無ければ当選しない。
今回の選挙は“与党”としての自民党には追い風かもしれないけど、純粋自民党には決して追い風ではなかったようだよね。
自民東亜h、晋三クンが総理総裁になっての初めての選挙で“プリンス”に傷がつかなかったと安堵するのではなく、せっかく“プリンス”が総理総裁なのだから公明党の応援が無くても勝てる党を作らないとね。。。


でもこれで、郵政造反みの応援がなくても参議院選挙を戦えるかな?
個人的には、造反組の復党には反対なんだよね。。。(-_-;
造反組の復党って一見小さな“シコリ”かもしれないけど、ずっと気になると思うよ。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top