Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

信じられない不注意さ。。。

此処を読んでくださる方からのメールで、こんな面白い事件が報道されているとお教えいただいた。

NTTデータ社員PCからWinnyで情報流出 理研の遺伝子データも

 NTTデータは9月13日、社員の自宅PCからWinnyを通じて個人情報などが流出したと発表した。社内外の172人分の連絡先や、理化学研究所との共同研究に関連する患者144人分の疾患関連SNP(一塩基多型)データなどが含まれていた。

 NTTデータによると、流出したのは社外146人と社員26人の自宅連絡先や、社外との複数の共同研究プロジェクトの技術資料計431件。

 理研によると、うち業務情報100ファイルが理研に関連し、開発中のプログラムとシステム構成に関する情報とSNP集計データ、特定集団のSNP相関解析データが含まれていた。理研は「遺伝子情報と個人情報を特定できないよう匿名化する仕組みを構築しており、データに個人名などが直接明記されているわけではない」としている。

 流出元の社員は理研の遺伝子多型センターで2003年10月から今年3月までほぼ常駐して共同研究に参加していた。自宅作業のためデータを小型ストレージに記録して持ち帰り、WinnyをインストールしたPCに保存。その後Winnyウイルスに感染し、情報が流出した。

 NTTデータは情報流出を防止するため、USBメモリなどの使用を制限するシステムの全社導入や私物PCの業務利用の禁止などの対策を実施してきたが、「にもかかわらず本件のような事態を引き起こしたことを厳粛に受け止める」として情報管理をさらに徹底するという。

 理研は流出元社員の行動について、「理研の情報セキュリティに関する定めに違反していたこと、共同研究契約書の機密保持契約に違反していたことが認められる」としている。

http://www.itmedia.co.jp/news/
(ITmediaニュース) - 9月13日19時35分更新

メールを貰う前に私もこの記事をネットで読んでいて、実はちょっとビックリして、消化不良を起こしていたのよね。。。(^_^;


報道された記事を読んだだけではよく判らなかったけど、理化学研究所の発表によるとNTTデータの社員は在宅勤務をするためにデータを持ち出していたようね。

理化学研究所のHPのプレスリリースにある4点の「NTTデータにおける情報流出の原因と契約違反等」に理化学研究所とNTTデータとの間に機密保持契約に違反とある。
4点の内のどれが契約違反なのか判らないけど。。。
先ず考えられるのは在宅勤務をしたのが契約違反、次に業務終了後にデータを返却しなかったのが契約違反、そして業務で使用するPCにwinnyが入っていた事が契約違反。
この内の1点なのか全てなのか。。。?


部署によって差はあるとは思うけど、NTTデータはセキュリティにはかなり神経を使った会社であることは確か。
USBメモリなどの持ち運びの出来る記憶媒体の使用は勿論不可だし、ネットワークへの接続にも制限がありメールも送信先に制限がある。
発注元の会社からデータを預かる際も、データを記録した媒体を入れたケースを(手錠などで)身体に直接結びつける部署もある。

そういったセキュリティの一々を考えると、会社としてどんなに制度を整えても発注元との関係で抜け穴が出来てしまったのだろうと思う。
なんといっても、在宅勤務を“許可”されていたなんて、私には信じられない事だもの。
システムを開発するのに在宅勤務をすることはあっても、その場合のテストデータはあくまでもテストデータであって、実データを使う事はない。
もし、どうしても実データを使わなければならない場合は、客先である理化学研究所の所内で作業するのが普通だと思う。
理化学研究所の業務内容を考えれば特に、機密性の高い実データを持ち出して作業するなんて事は考えられない。

在宅勤務をするのであれば自宅であっても仕事用のPCとプライベート利用のPCを分けるのは当然として、仕事で利用するPCにwinnyを入れるという不注意は当該社員が責められるべきものだとは思う。
でも、きわめてセンシティブな機密情報を扱うのであればそもそも在宅勤務の可否についても議論の余地があったのじゃないかと思う。


私の仕事の専門フィールドである「金融機関」ならば、システムを開発する場合は在宅勤務はない。
あっても、せいぜいメールを自宅で確認して業務上の判断を行う程度。
開発作業やテスト、データ分析を自宅に持ち帰るってする事は考えられない。
開発作業を協力会社が自社に持ち帰る事すら稀だもの。
開発センターは、開発用PCは専用ネットワークにしか接続できないのが普通。
インターネットに接続できるPCは限られるか、開発用PCとは別に業務用PCを用意される。
さらにPCにインストールされているソフトは監視サーバで監視されているのが一般的で、業務用のPCにwinnyなどをインストールしているなんて考えられない。。。

“業務”を外に持ち出したり、業務用PCの監視を怠ったという意味では、NTTデータ、理化学研究所共に不注意だったと思う。
どちらか一方の責任ではないと思うな。
それにしても、これだけwinnyによるデータ流出事件がおきているのに、winnyを不用意に使う社員も、PCに入っているソフトを監視しない会社も後を絶たない感じね。
最近は社員が勝手にソフトを入れられないように、HDDが無いPCも出たりしているけど余り普及しないものね。
自分の会社が重大事件を起こすまで懲りないのだろうね。

日本には「他山の石」という有難い言葉があるのにね。。。
って、「他山の石」を「(自分には関係のない)他人事」と解釈する人が多いのだから、仕方ないか(-_-;

家でゴロゴロしながら女性の話題なぞ。。。

今日はマンションの防災設備の点検。
自宅内の火災違法知器、ガス漏れ検知器とベランダの避難梯子の点検と掃除があるかので、1日家でお留守番(?)。
少し前、友人にガス漏れ検知器に有効期限がある事を聞いていたので確認したら、(全く覚えていないのだけど)1年半前に取り替えてあったらしい。
私のように何も知らない人って、なんでも管理会社が手配してくれるマンションって便利ね。


暇に任せてネットをうろうろ。
本当はHPをなんとかしたかったのにね。。。(^^ゞ

そんな中気になったニュースのクリップ。

40歳以上の出産2万人超=47年ぶり、35歳以上の3割は初産-厚労省

 昨年1年間に40歳以上で出産した女性は2万0348人で、1958年以降47年ぶりに2万人を超えたことが8日、厚生労働省の人口動態統計(確定数)で分かった。「高齢出産」といわれる35歳以上の出産は全体の16%に上り、うち第1子出産が3人に1人という状況だ。
 厚労省統計情報部は「女性の社会進出に伴う晩婚化と出産医療の進歩が背景にある」と分析している。 
(時事通信) - 9月8日22時1分更新

ちょっと前まで35歳を越えると高齢出産と言われていたけど、少なくとも母子手帳にマル高と書かれなくなったと聞いていてから私の友人でも40歳を過ぎて子供を産む人が出てきた。
20代の頃に子供を産んでその子たちの子育ての手が離れて再び子育ての喜びを味わいたいと2人目や3人目、時は4人目の子供を産むケースや、結婚して何年も子供ができなくて結婚20年近くたったて諦めた頃に子供が出来るケース、40歳を過ぎての出来ちゃった結婚もある。
私の友人のケースを見ると晩婚化だけが子供が遅い理由ではなく、40代になってやっと精神的、金銭的な余裕が出来るのも遅い子供が出来る理由の一つかもしれないと思う。
勿論出産医療の進歩も高齢出産のリスクへの不安を少なくしているだろうけど、女性自身の体力も今の40代は昔の40代とは違うのかもしれないな。

あぁ、でも私の友人には、自分自身がお母さんが40代になって生まれた子もいる。
お父さんが戦犯として入っていた巣鴨プリズンから出てきてから出来たという人もいて、その人のお母さんも45歳で友人を生んだと言っていたな。
そうそう、私の母も祖母が40歳を過ぎて出来た子だった。。。
初産というのは少なかったかもしれないけど、40代で子供を産むのは今に始まった事ではないのね。。。

一方で女性の身体が妊娠しにくくもなってもいる。
不妊医療の進歩や法整備も、所謂不妊症の女性の子供を持てる可能性が広がったとも言えるんじゃないかな。


【こぼれ話】やせすぎモデルはファッションショーへの出演禁止=マドリード


【マドリード8日】8日付のスペイン日刊紙ABCによると、極端にやせすぎのファッションモデルは若い女性に誤ったメッセージを伝える可能性があるとして、マドリードで今月開催されるファッションショーでは、やせすぎモデルの出演を禁止した。
 マドリード市はこのほど、昨年の同ショーに出演したモデルの約3分の1について、体重が少なすぎるとの理由で今回の出演を断った。市当局は保健機関と協力してモデル向けに最低限の肥満度指数(体重と身長の割合)を提示することにしている。
 ABCによれば、ファッションショーにこうした規制が課されたのは初めてという。ただ、最近バルセロナで開催されたウエディングドレスの展示会で、ドレスサイズが38(英国では10、米国では8)未満のモデルの出演を禁止した例があるという。昨年のファッションショーでは、モデルが太れば仕事に差し支えると主張してひと悶着(もんちゃく)起こしている。
 ファッションショーの主催者側は、モデルへの規制によって一般の人たちがファッション、とりわけファッションショーを拒食症の増加と結びつけて考えないよう望むとし、ショー開催を控えて気をもんでいる。同ショーは9月18日から22日まで開かれる。
(時事通信) - 9月9日10時8分更新

少し前、痩せすぎのファッションモデルが若い女性に謝ったメッセージを伝えると誰かが非難しているというニュースを聞いた。
その時はあまり気に留めなかったけど、いよいよ痩せすぎのモデルが表に出れなくなったらしい。

確かに若い女性は痩せすぎ体型を理想とする事が多い。
モデルさんへの憧れだけが理由だとは思わないけど、「モデルになれる」という口説き文句に騙されて犯罪に巻き込まれる若い女性も多いからモデルさんへの規制は効果があるかもね。

若い女性の“痩せすぎ”願望による健康被害も深刻だものね。。。
若い頃の過度のダイエットが女性の不妊の一因にもなっているというから、その辺りの啓蒙も必要だよね。

でもなぁ。。。
いくら痩せすぎのモデルさんがNGだとしても、私のように太ったモデルさんはいないだろうな。。。(^^ゞ
休みの日にゴロゴロとネットをうろついているだけじゃくて、せめてストレッチぐらいしないとね。。。
彼氏にまた「20キロ痩せないと会ってやらない」って言われちゃったわ。。。(^_^;

街の魅力

最も「魅力的な市」、第1位は札幌市!

株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、社長:田中章雄)では、2006年8月に国内全779市を対象にした認知度や魅力度、イメージなど全 103項目からなる「地域ブランド調査2006市版」を実施し、全国の消費者2万4536人から回答を得ました。その結果、全国でもっとも魅力的な市は札幌市(60.5点)となりました。また2位は神戸市(58.0点)、3位は函館市と横浜市(57.6点)、5位は京都市(56.3点)となりました(いずれも100点満点)。

<概 要>
 「地域ブランド調査2006市版」は、市のブランド力を“見える化”し、地域ブランド戦略の指標として活用できるようにブランド総合研究所が今年はじめて実施したものです。全国の男女を対象に8月にインターネットで実施し、24,536人から回答を得ました(一人の回答者に20市について応えてもらったため、一つの市についての回答者数は平均で約640人)。また、集計に当たっては年齢、居住地、性別を基準に実際の人口の縮図となるように再算出しました(ウエイトバック集計)。

 全国779市を調査対象に、市の認知度、魅力度、情報接触度、市のイメージ(親しみなど16項目)、情報経路別の接触度(旅番組など14項目)、観光経験&意欲、居住経験&意欲、産品の購入経験&意欲、観光イメージ(町並みがきれいなど16項目)など全103項目について徹底的に調査したものです。なお、この調査は今後も毎年継続的に実施する予定です。 (詳細は http://tiiki.jp/survey2006/ を参照)


ランキング上位10都市に札幌、函館、富良野、小樽と北海道の街が4つ入っている。
北海道の街に限らず、上位に入っているのは観光都市が多い。
私も、上位20都市は全て行った事があるもの。

神戸や函館、横浜、長崎は“異国情緒”をウリにした観光都市だし、京都、鎌倉、金沢、奈良は“古都”をウリにした観光都市。
やっぱり、そういう観光都市ってイメージもイイし、魅力的だよね。
それに何より知名度があるものね。

県庁所在地がトップにならない県が多いというのも解るな。
千葉市だって圏外だものねぇ。。。(笑)
私は千葉市は住みよい街だと思うけど、住んでいない人にアピールする魅力は少ないような。。。
知名度と言っても、マリンスタジアムと(東京の人に判る人がいるかもしれない)幕張メッセぐらいしかないしなぁ。。。
あぁ、そうそう風太君のいる動物園も千葉市にあるんだけど。。。(笑)

でもなぁ。。。川崎よりランキングが下なのは、なんだか解せないなぁ。。。(笑)
川崎に住んでいる人には申し訳ないけど、川崎より千葉の方がイメージがイイと思っていたのよね(^_^;)
って言うか、私が川崎に住んでいないから、川崎って海浜地区の工業地帯のイメージしかない。
車で横浜に行く途中に見える景色ね。
あと、JR川崎駅から京浜急行の川崎駅の間の雑とした雰囲気。
って、千葉もJR千葉駅から程近い栄町なんて町もあるから、似たようなものか。
まぁ、でも、他所の人が大勢来ると、この住みやすさも失われるかもしれないから、今のままがいいのかもしれない。。。なんて負け惜しみを言ってみる(笑)





Continue reading

お慶び申し上げる   でも、先送りはNG

今朝1番のニュースと言えば、親王殿下のご誕生。

親王殿下のご誕生は心からお祝い申し上げるし、親王殿下の心身ともにお健やかなご成長をお祈り申し上げる。


宮内庁筋の種々の反応から男子誕生とは予想されていたけど、本当に男の子がお生まれになって天皇家も暫し安泰ね。
って、一部マスコミでは7時台に「男子ご誕生」のテロップを流したらしい。
宮内庁から口止めされていただろうに、今後宮内庁への出入り禁止にならきゃイイね。

それにしても、マスコミって皇室典範を知らな過ぎる。。。
今日の親王殿下のご誕生で皇族が23人と報じたマスコミがどれだけあったのか。。。
天皇陛下は“皇族”ではないから、皇族は皇后陛下以下22人が正解。
正しく伝えたのは産経系列ぐらいだったんじゃないかな。。。

オマケに、「男の子ご出産」と報じるマスコミ。。。
Webの朝日新聞は「男の子を出産」と報じていたね。
皇家にお生まれになった男子は、東宮殿下で無い限り「親王殿下」と呼ぶのが正しい。
名前の無い新宮様なら「新宮さま」と呼ぶのも間違いではないけど、男女を呼び分けるなら「親王」が正しい。
一般人ならともかく、マスコミなら日本語を正しく使いなさいと思う。
って、法律で定められている呼称も正しく使えないのがマスコミなのよね。。。
でも、最近喧しい皇室典範について云々するのなら、皇室典範に定められている呼称ぐらいは正しく使えないとねぇ。。。
皇室典範について云々する資格は無いと思うわ。


それにしても、親王殿下ご誕生が契機になって室典範改正への議論が下火になるのは惜しい。
せっかく皇統の後継者となる親王殿下がお生まれになって、皇室典範の議論の時間的余裕ができたのに、“先送り”で無為に時間を過ごすのは惜しい。
この時間的猶予を有効に使って、実のある議論をすべき時なのだと思うのだけどなぁ。。。

親王殿下がお生まれになった事で、今此処で女性・女系天皇を論じるのは憚られる。
でも、あくまで男系天皇に拘るというのも、センチメンタル過ぎると思うよ。

男系天皇を支持する人たちは、今の皇室典範改正で“旧宮家”となった方々の宮家復活や旧宮家から現宮家へ御養子をと言う。
でも、旧皇室典範で宮家であって、現皇室典範で皇籍離脱した旧宮家を見ると、こんな感じ。

  伏見宮家
    皇籍離脱当時当主は第24代博明王。以後男子は出生していない。
    (現在は女子のみ)
  閑院宮家
    絶家。
  山階宮家
    絶家。
    旧皇室典範上臣籍になる分家あり。
  梨本宮家
    現当主は養子の徳彦氏で後継者なし。
  北白川宮家
    現当主は5代目。以後男子の出生はなし。
  久邇宮家
    現当主に未婚の男子後継者2人あり(2人とも40代)。
    (旧皇室典範では、1人は臣籍になる)
  賀陽宮家
    現当主後、男子の出生はなし。
    旧皇室典範上臣籍になる分家に男子あり。
  東伏見宮家
    絶家。
  竹田宮家
    現当主に未婚の男子後継者あり(30代)。
    旧皇室典範上臣籍になる分家にも男子あり。
  朝香宮家
    現当主には子女なし。
  東久邇宮家
    現当主氏に長男後継者(既婚)あり。

すでに、厳密な意味での“旧宮家”だけでは、男系天皇を維持できないのは明白。
現皇太子と後継順位第2位の秋篠宮より若い男子は新宮を入れても3人。
未婚の男性にまで皇統継承者の範囲を広げても桂宮を入れて6人増えるだけ。
この未婚の6人の配偶者になる女性に男子出生の望みを託したところで、未婚の男性6人中3人の年齢を考えると今後男子を持つ可能性がある男性皇族は、新宮の他に3人いるかいないか。。。

となると、旧皇室典範で「臣籍降下」となった所謂元華族の方々の皇籍復帰が必要となる。
でもね、その場合、何処まで広げるのか?
新憲法施行の1947年5月3日時点で皇族だった方々の子孫までを旧宮家とする?
それとも、旧皇室典範で“華族”となった方々の子孫まで広げる?

でもねぇ。。。
そもそも明治期以降の宮家って、明治天皇のご息女の嫁ぎ先確保の為に創設されたものが多い。
この辺をちゃんと考えないと、“旧宮家”を有り難がったとしても、それは必ずしも男系の継承にはならないよ。
明治天皇のご息女の嫁ぎ先としての宮家と言うのは、下手をすると女系の近親度でしか皇統との血の近さを語れなくなる可能性もある。
そもそも男系での後継者の資格があっても、後継順位を決める決め手が“女系”根拠にせざるを得ないという事ね。


男のお子様が誕生して、皇家の跡継ぎ問題が先送りできると思ったら大間違いだよ。
現代医学では幼くして夭逝することはないだろうから取り合えず40年は先送りできるだろうけど、40年後には確実に解決しなければならない問題になる。
その時に「時間切れ」で議論を終えてしまわないためにも、今から議論を尽くす必要があると思うよ。
少なくとも、今後皇家の後継となる秋篠宮家のプリンセスがお嫁入りする前には決めないと。。。







今朝の電車。
遅い出社の私は、親王殿下ご誕生のニュースが報道された後に電車に乗った。
途中から乗ってきたご婦人たちの会話。

「男の子が生まれたから、天皇はあっちの系譜になるのね。。。」
「美智子様はどう思われているのかしらね。。。」

そうなのよね。。。

出生や出産にスキャンダラスな噂の付きまとう秋篠宮家が天皇家の後継になることに、
感覚的に“嫌”と感じる女性は多いよね。。。

って、私もその一人なんだけどさ(^^ゞ






更に、人工授精で男女の産み分けが可能だったのに、あえて男子を産まなかった皇太子ご夫妻のお気持ち考えると、皇室は本質的に女系天皇を容認されていたのではないかと思うよ。
女系天皇が世論に受け入れられなかったから、男子を儲けることにしたとか。。。

後継を指名できないお家というのも、ある意味お気の毒。。。

パパの敵は私にとっても敵? パパっと散って欲しい?

真紀子チャンが民主党の研修会でまたぶち上げたらしい。。。

「安倍氏は線香花火、小泉氏は4尺玉」真紀子氏が酷評

 田中真紀子・元外相は4日、静岡県函南町で開かれた民主党議員グループの研修会で講演し、安倍官房長官について、「線香花火がパッとついたかと思ったら、すぐに落ちてしまうことに国民は気付くだろう」と述べ、ひ弱だと酷評した。

 小泉首相についても、「4尺玉の花火。音に驚かされ、政治が変わると思って外に飛び出したら、大きな花火も消えていた」と、華やかなだけで成果を挙げなかったと切り捨てた。
(読売新聞) - 9月4日23時48分更新

この人って、自民党のというか、旧福田派の悪口を言うと話題になるね。
って言うか、女性ととしても国会議員としても、全く評価できないのよね。。。

品の無い悪口を言って笑いを取る事が政治家としての話術だと勘違いしている処があって、応援演説でも研修会でも講演会でも常に誰の悪口を言っている。
冷静な“批判”ではなく、単なる“悪口”になってしまっているのがこの人の浅さかな。。。
って、これも充分“悪口”だね(^^ゞ


華やかなのは音だけで成果が無かった純ちゃんと言うけど、声の大きな真紀子チャンはどんな成果を上げたの?
外務大臣時代に、中国から純ちゃんに靖国神社に参拝させるなと“厳命”されただけでしょ?

晋三クンは「火がついたかと思ったらパッと落ちる線香花火」って。。。
線香花火にもならなかった貴女は?と言いたくなってしまう。。。

外務大臣でありながら、「海外出張はイヤ」と言い、アメリカと日本の国防上の機密事項を他国に漏らし、日本やアメリカの防衛戦略を他国の大臣の前で批判する。
とても良識ある日本の政治家とは思えない。
貴女の姿は、“誰を代弁しているの?”と国民に疑問を感じさせたよ。

未だに「パパの敵は私にとっても敵?」と思いたくなるようなセリフしかいえない、真紀子チャン。
パパの敵の旧福田派だけど、パパの敵に成り下がった「自民党」を変えてくれるならと純ちゃんにすがったら裏切られたと言う感じなのかしら?
それでも、「パパ」を踏襲せず仇敵に成り下がったはずの一郎クンに擦り寄る姿は美しくない。

政治的信条も理念も何も無いこの人が、未だに人気のある国会議員である事に疑問を感じるわ。
ある意味女性的な感覚のかもしれないけど、「パパの敵(旧福田派)は、私の敵」だけでは国政は動かないよ。
悪口でリップサービスする前にする事があるでしょう?
そう、貴女の政策は?
政治家なら、政策で戦いましょうね。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top