Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

“異常”に慣れすぎて、異常が異常でなくなるのが怖い

北の将軍様の所に台風が直撃して欲しいなどと不埒な事を思っていたら、台風は逸れて中国を襲ったらしい。。。

そして、異常気象はアジアだけでなくヨーロッパにも。。。

【ベルリン=黒沢潤】欧州全域でここ数日間、猛暑が続いている。気温が40度を超える地域もあり、18日までに少なくとも6人が死亡する事態となっている。
 オランダ東部のニーメゲン地方では同日、4日間のウオーキング大会に参加していた2人が暑さのため急死した。気温が41・5度まで上がったスペイン北西部のオレンセでも、屋外を歩いていた44歳の男性が死亡したほか、南部ムルシアでも1人が亡くなった。フランス南西部ボルドーでは、80歳代の高齢者2人が自宅や病院で相次いで死亡した。
 18日にこの夏一番の酷暑を記録したばかりの英国では19日も気温が上昇し、観測史上最高の38度台後半を記録すると予想されている。
 保健当局はすでに特別警報を発し、猛暑に対する注意を呼びかけている。
 英紙によれば、ロンドン市の地下鉄構内は18日、“かまど”状態になり、約47度にまで急上昇した。ロンドン市長は、世界最古の同地下鉄が故障して途中でストップした場合、暑さのため「深刻なほどの犠牲者が出る」との懸念を示した。
 イタリア各地でも、過去30年間で最大級の干魃(かんばつ)が起きている。北部ミラノや中部ローマでは市民のため、急遽(きゅうきょ)、エアコン設備付きの特別施設が開放された。
 ドイツの気象専門家によれば、ドイツ国内でも20日、気温がこの夏最高を記録すると予想され、同国内の7月全体の平均気温は過去100年間の中で最も高くなる可能性が強いという。
 2003年の猛暑では、フランスだけで約1万5000人、欧州全体で約3万人が死亡した。冷房施設が少なかったことが主な原因で、熱波が欧州大陸全域を覆う今年の夏も、警戒が強まっている。
(産経新聞) - 7月20日8時2分更新


ヨーロッパで40度はキツイだろうなぁ。。。

2003年、パリを旅行した。
私が行った時は、最高気温が25~28度ぐらいだった。
それでも、「今年は猛暑」と言われていた。
本当に暑かった。。。
でも、私が帰国したその日から連日35度以上になったのよね。。。

でもね、北海道もそうなんだけど、そもそも涼しい場所ではエアコンの設備はない。
家屋も夏の暑さを念頭に置いたものではなく、冬の寒さを念頭に置いたもので、熱が逃げるのではなく熱が篭るように出来ている。
数年前に北海道で暑さに負けて養鶏場の鶏が大量に死んじゃった事があったけど、冷房設備のない中の40度だなんて、慣れていない人には死を意味するよね。。。

日本でも、この1日か2日の降水量が例年の1年分を超える処もあるらしい。
この異常気象はどうしちゃったんだろうね。
“異常”に慣れすぎて、異常が異常でなくなるのが怖い。


日本でも、この集中豪雨で各地に被害が出ている。
被災された方には、心よりお見舞い申し上げる。

メモだけでは真意は量りかねるけど。。。

今朝の日経新聞のスクープ。
いつもは新聞を持って出勤するのだけど、今日は持たずに出た。
電車の中で他の人が読んでいる新聞の見出しを見て、ちょっとビックリ。


昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ

 昭和天皇が1988年、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に強い不快感を示し、「だから私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」と、当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)に語っていたことが19日、日本経済新聞が入手した富田氏のメモで分かった。昭和天皇は1978年のA級戦犯合祀以降、参拝しなかったが、理由は明らかにしていなかった。昭和天皇の闘病生活などに関する記述もあり、史料としての歴史的価値も高い。 (07:00)


私は、靖国神社へのA級戦犯の合祀には賛成していない。
サンフランシスコ条約で日本は東京裁判を無条件で受け入れるとしている。
だったら、A級戦犯に第2次世界大戦の戦争責任を認め、受け入れる事だと思っているから。

ただ、私が賛成しない事と、中国や韓国が日本の首相の靖国参拝に文句を言うのは別の次元の話だと思っている。
だって、彼らは日本から何かを引き出すための政治的な駆け引きに使っているだけだからね。


そういう前提を持っている私としても、このニュースにはちょっとビックリ。

言葉が途切れ途切れのメモだけでは昭和天皇の真意は量りかねるけど、思うに、
「東京裁判で有罪となったA級戦犯が合祀だれているだけでいるだけでなく、(ご自身が)本当の“戦犯”だと思っている2人もが合祀されている現状では、自分が参拝をするのは適当ではない」
「(三木)首相が参拝しただけで公人としての参拝か私人としての参拝かが取りざたさる現状下で、戦争責任を認めている天皇自身が参拝する事がこののち政治的に利用される可能性があるので好ましくない」
という処ではないかと思う。
実際、昭和天皇が最後に参拝して3年後に合祀が行われたのだから、合祀だけが原因ではないと思うのよね。。。

ご自分の発言が政治的に利用される事に慎重だった昭和天皇は、この発言・メモが政治的に利用される事の方がお嫌なんじゃないのかなぁ。。。

ちょっと不埒。。。(^_^;

週末の旅行中に安保理での非難決議が全会一致で決まった。
中露に歩み寄った内容だとは言え、安保理参加メンバーが全会一致で北朝鮮のミサイルを国際平和を乱すものという共通認識を示せたのは良かったと思う。
願わくばもう少し早く決議してほしかったのと、北朝鮮に痛みを知らせる為にも強制力のあるものであってほしかったな。


同じく旅行中にサンクトペテルブルグでのサミットも終わった。
夕べ帰宅して、夜のニュースを見ようと思ったら、純ちゃんが記者会見をするところだった。

G8サミットの対北メッセージは大きな成果、追加措置も検討=官房長官

 [東京 18日 ロイター] 安倍官房長官は閣議後の記者会見で、17日に閉幕した主要8カ国(G8)による首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)で、北朝鮮に向けて明確なメッセージを出すことができたことは大きな成果だとの考えを示した。同時に、北朝鮮に対し改正外為法などによる追加制裁措置の検討に入ったことを明らかにした。
 安倍官房長官は、G8議長総括の中で、北朝鮮のミサイル発射をめぐり国連安保理が全会一致で採択した非難決議の支持を盛り込んだことを評価。G8では初めて拉致問題に言及され、北朝鮮に問題解決を促すなど「明確なメッセージを送ることができたのは大きな成果だ」と強調した。
 また「(日本は)国際社会の力強い支持を得ているとの手応えを感じている」とし「今後も国際社会の連携を維持しながら、対話と圧力という基本方針のもと、問題解決に向け最大限の努力をしていく」と述べた。
 政府は国連安保理決議を受け、改正外為法などによる新たな制裁措置の検討に着手した。官房長官は「国際社会と連携しつつミサイルや核兵器などの不拡散のため、輸出管理に係る措置を厳格に行うとともに、金融資産の移転規制に関する必要な措置を適切に実施していくため、関係省庁間の作業に着手した」と述べた。
 今後は「大量破壊兵器に関するモノ、カネ両面について規制制裁を行っていくことになる」としている。
(ロイター) - 7月18日13時20分更新

純ちゃんの話を聞いている時には、余りに当たり障りのない内容で、「然したる成果は無かったのね~」と思ったのだけど、意外に成果があったらしい。
今朝の新聞によると、サミットでは安保理決議で決着が付いた感のあった北朝鮮問題に関して、直前に訪問した中東の問題に触れながらもミサイルや拉致問題を議長声明に組み込めるよう議論の流れを作ったらしい。
北朝鮮のミサイル発射は、9月までが任期の純ちゃんにイイ花道を残した感じね。

だけど日本にとってはこれからが問題。
中国も匙を投げる程、コントロール不能の駄々っ子北朝鮮と渡り合って、日本の安全保障と拉致問題の解決を図っていかなければならないのだものね。
巷で次の総理大臣に晋三クンの人気が高いのも、その辺だよね。。。
康夫クンだと北朝鮮との問題は解決できそうもないけど、晋三クンなら何かしらの突破口を開いてくれそうな感じがするものね。
そういう意味では、ミサイル発射は北朝鮮はもっとも総理にしたくなった人を総理にしてしまうという皮肉な結果になりそうね。

それにしても、相変わらず姿を見せない金正日。
いったい何処にいるのかしらね。
いっそ台風が北朝鮮を直撃して金正日の住んでいる所を破壊してしまえばいいのに。。。
って、ちょっと不埒だったかしら?。。。(^_^;







Continue reading

アメリカと中露、同じ事をしているのね。

今朝の日経朝刊(13版)の「北朝鮮への非難決議」の記事の横は、イスラエルのレバノン空爆の記事だった。

方やミサイル発射への非難を安保理で可決するための交渉。
ミサイル発射が「国際平和への脅威」との文言を入れる入れないで、中露が拒否権を使わずに済ませる方向を模索しているという記事。
国際平和への脅威であれば国連憲章7章に規定される制裁の可否が違ってくるから、北朝鮮を巡っての利害が正反対の国家間でのせめぎあいがあるのは仕方がない。
でも、ミサイル発射が国際平和への脅威であるならば、他国への空爆は?
勿論戦争当事者の2国間での事だけど、何度も停戦と会戦を繰り返す国に国連はもっと強く出てもいいんじゃないの?と素朴な疑問。


米国、イスラエルのガザ侵攻を非難する国連安保理決議案に拒否権行使

 [国連 13日 ロイター] 米国は13日、アラブ諸国を代表してカタールが国連安全保障理事会に提出したイスラエル軍のガザ侵攻を非難する決議案の採決に拒否権を行使した。
 採決は、賛成10─反対1。米国が反対したほか、英国、デンマーク、ペルー、スロバキアの4カ国が棄権し、採択されずに終わった。
 ボルトン米国連大使は、米国が拒否権を行使した理由として、決議案は「時期を失しており、時勢に遅れている」と判断したため、と説明した。
(ロイター) - 7月14日10時5分更新


時期を失しているねぇ。。。
まさに今空爆があっているのに?

 北朝鮮の制裁決議案に中国が拒否権行使を明言し、安保理常任理事国5カ国の特権である拒否権への関心が高まる中、大国が国益のためには拒否権行使をためらわないことが改めて示された形だ。
(毎日新聞)

まぁ、そういわれても仕方ないよね。
アメリカがこれだから、中露も北朝鮮をのさばらせられるって事。
同じ穴の何とかだものね。


そろそろ第2次世界大戦の戦勝国連合の枠組みとは別の、国際協調組織が必要なのかもね。
どんな組織を作っても、各国が自国の利益を元に行動するのは変わらないけど、少なくとも過去の戦勝国に“拒否権”を与えるのは考えないとね。
拒否権そのものの存在も必要ないと思うけど、秩序維持の為に必要だといのであれば国際社会、国際平和への“貢献度”が高い国が持つべきだわ。

利上げる喜ぶのは、ある意味“勝ち組”の人たちだよね(笑)

蒸し暑い。。。(>_<)
出来るなら、私の周りだけでも除湿して欲しい。
パーソナル除湿器で歩く私の周りを除湿してくれる機械があったら、直ぐにでも買うかも。。。
今日も気温が33度もあっただけでなく、湿度も。。。今日はサウナより汗かいたよ。。。(^^ゞ


さて、いよいよゼロ金利が解除されるらしい。
今朝の新聞では、「明日にも」との事。

でもねぇ。。。
1億、10億、100億の預金がある人ならいざ知らず、0.001%が0.1%に、金利が100倍増えて嬉しい人ってどの位いる?
100万円預けての年間利子が10円から1000円になる。
確かに貰える金額は増えるけど。。。

対銀行で考えるなら、一般の人は預金金利と借り入れ利子(銀行にとっては貸出金利)の差し引きで損得を考えると思う。
預金金利が上がる前から貸出金利は上昇し始めていた。
で、さらに預金金利が上がれば貸出金利はより上昇すると見るのがスジだろう。


新聞記事もそうだけど、多くの人が預金金利にしか目が向かないのが私には不思議でしょうがない。
今般金利が0.1%に上がったとして、預金者にとって本当にお得?

多くの預金者は、預金口座のある銀行を使って銀行間の振込みを行う。
銀行に口座を持っている人で、1年間に他行口座への振込みを3回以上する人が何人いるのだろう?
銀行に口座を持っている人で、1年間に時間外に預金を引き出す人が何人いるのだろう?
“何人居るのだろう?”と書けば、そういった人が少ないように感じるかもしれないけど、預金者の殆どはそういった経験をしていると思うし、その“何人”は預金者の殆どじゃないのかなぁ。。。

銀行に100万円の預金をしている人が、1年間に他行への振込みや時間外取引を10回以上したならば、預金金利の利上げは手数料で相殺されてなくなってしまう。
日銀がプライムレートを上げるのは政策上“当たり前”だとは思うけど、今年の3月期に銀行は軒並み(最高)利益を更新しているのだから、銀行は預金金利の利上げより手数料の割引を考えて欲しいものだわ。
金利の利上げより手数料の割引の方がよっぽど預金者への見返りは大きいのだから。。。

それでも、「手数料を取られるのだから、せめて金利を上げて欲しい」と言う人が多いのに驚く。
現代の金融事情では、預金者にとって本当に“利”があるのは、預金金利の利上げではなく、手数料の無料化(あるいは割引)。
100万預けて、1年で1万円以上の利子がつくというのならともかく、金利が限りなくゼロに近い中での100倍程度の利上げは多くの預金者に利益はない。

多くの家庭では、預金より借入金が上回る。
となると、預金金利が上がる事を歓迎するという事は、利子収入は増えなくてもいいけど、借り入れ金利(利息)はこれまでより多く支払いますと言っているに等しい。
これって、借り入れはしているけど、実は銀行に寄付出来る程お金が余っている家庭が多いという事かな?(笑)


日本の家庭の、昨年度の預貯金の平均は995万円らしい。
これは郵便貯金も含まれているけど、仮にすべて」を銀合の普通預金に預けているとしたら、時間外取引(平日18時から19時の引き出し)を100回、19時以降なら1年に50回弱の取引をしたらならば金利と手数料の差っぴきがゼロになる。
1年に50回って、月に2回。
私は月に2回以上の取引をしているけど、多くの家庭はそんなにしていないのかな?
だからその程度の利上げが嬉しいのかな?

って、平均は平均。
仮にその銀行に100万円の預金しかないなら、1ヶ月に1回、時間外取引をしたら、今回の利上げ分は吹っ飛んでしまう。
平均以下の私は、ちっとも嬉しくない。
銀行との取引って預金がなければ出来ないのだから、金利を上げるより手数料を割り引いてくれた方が預金者にはお得度が高いと思うのだけど、そんな低貯蓄者は実は少ないらしい。
利上げを喜ぶ人って事は、1000万円程度の預金ではなく少なくとも数億円の預金があるんだね。。。
ペイオフ時代にそんなに銀行預金があるなんて、羨ましい限りだわ(^^)
預金金利と借入金の差が3000万円近い(当然借り入れの方が大きい)私の基準で考えちゃいけないね(^^ゞ
利上げを喜ぶという世の中の多くは、預貯金額が平均を大きく超える大口預金者って事だものね。。。

銀行には預金金利の引き上げより先に手数料の引き下げをして欲しいと思うのは預金の少ない貧乏人が思うことで、世の中の多くの人はそうは思わない。
お金が余っているって事なんだね。。。(^^ゞ
格差社会でいう、“勝ち組”が多いって事なのね。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top