Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

いつになったら。。。

エレベーター事故 9基で制御プログラムミス シ社が発表

 東京都港区のマンションで都立高2年、市川大輔(ひろすけ)君(16)がエレベーターに挟まれて死亡した事故に絡み、製造元の「シンドラーエレベータ」(江東区)は16日、国内のエレベーター9基の制御プログラムにミスがあり、操作によって扉が開いたまま昇降する欠陥があることを明らかにした。この欠陥は、93年に発覚していたが、再設定するなどのずさんな作業で設置されたままだった。
 死亡事故のエレベーターに、このプログラムは使われていないため、同社は「死亡事故との関係はない」と否定している。欠陥のある9基はすべて17日にまでに改修するという。
 問題があったのは同社が国内で91~93年に製造したもので、この間、同一の制御プログラムを搭載した49基を出荷したが、扉が開いたまま「かご」が昇降する欠陥が一部で起きていることが93年に分かった。
 欠陥は、扉が閉まった瞬間から0.25秒以内に「開」ボタンを押した場合、扉が開いた状態でかごが昇降を始める。モーターに作動指令の電気信号を誤って伝えるプログラムミスで、93年中に49基すべてを正常なプログラムへ交換した。
 ところが同社は、49基のうち東京都八王子市、豊島区、名古屋市、静岡県沼津市にある計6基で、その後に行った別の修理の際にミスのあるプログラムを誤って再設定。49基とは別に、千葉県浦安市と神奈川県相模原市の計3基は、93年にプログラムミスのまま誤って出荷した。
 ミスのあった9基のうち、八王子市、名古屋市、浦安市では、実際にエレベーターの扉が開いたまま昇降するトラブルが既に判明。また同社はこれら3カ所の設置時期を96~97年と発表していたが、93年に訂正した。 東京都港区のマンションで都立高2年、市川大輔(ひろすけ)君(16)がエレベーターに挟まれて死亡した事故に絡み、製造元の「シンドラーエレベータ」(江東区)は16日、国内のエレベーター9基の制御プログラムにミスがあり、操作によって扉が開いたまま昇降する欠陥があることを明らかにした。この欠陥は、93年に発覚していたが、再設定するなどのずさんな作業で設置されたままだった。
 死亡事故のエレベーターに、このプログラムは使われていないため、同社は「死亡事故との関係はない」と否定している。欠陥のある9基はすべて17日にまでに改修するという。
 問題があったのは同社が国内で91~93年に製造したもので、この間、同一の制御プログラムを搭載した49基を出荷したが、扉が開いたまま「かご」が昇降する欠陥が一部で起きていることが93年に分かった。
 欠陥は、扉が閉まった瞬間から0.25秒以内に「開」ボタンを押した場合、扉が開いた状態でかごが昇降を始める。モーターに作動指令の電気信号を誤って伝えるプログラムミスで、93年中に49基すべてを正常なプログラムへ交換した。
 ところが同社は、49基のうち東京都八王子市、豊島区、名古屋市、静岡県沼津市にある計6基で、その後に行った別の修理の際にミスのあるプログラムを誤って再設定。49基とは別に、千葉県浦安市と神奈川県相模原市の計3基は、93年にプログラムミスのまま誤って出荷した。
 ミスのあった9基のうち、八王子市、名古屋市、浦安市では、実際にエレベーターの扉が開いたまま昇降するトラブルが既に判明。また同社はこれら3カ所の設置時期を96~97年と発表していたが、93年に訂正した。(後略)【長谷川豊】
(毎日新聞) - 6月17日10時15分更新


当初、シンドラー社にミスはないとしていたのに、自社のミスを認めたのは評価できるとしても、それでも後にこういうコメント出すのであれば、事故が起きた直後に「シンドラー社の責任ではない」とするようなコメントを出したのはやはり許せないな。

会社の同僚チャンが今回プログラムミスが発覚したマンションに住んでいる。
住人としては、安心してエレベータに乗ることはできない。
かといって、14階建てのマンションで、上階であればあるほど、身の危険を感じてもエレベータを通貨ってしまうのだろうね。
健康な人でも14階まで上がるのはキツイのに、お年寄りや心臓に負担をかけられない人は階段で上がるのはムリだもの。。。


プログラムのミスはプログラムを入れ替えれば即日にでも直す事は可能。
今回の件では、既に判っていて、修正後のプログラムもあるのに、不具合のプログラムを設定しているものだものね。
でも、そもそも今回の事故が起きた原因はまだ確認されていないのよね。。。?
いつになったら、原因がはっきりするのかしら。。。?


遠い、改憲への道のり

臨時国会での成立も困難か 継続審議の国民投票法案

 憲法改正手続きを定めた国民投票法案は15日、与党案と民主党案がそれぞれ衆院憲法調査特別委員会で審議入りしたものの、継続審議となり本格的な論議は次期国会以降に先送りとなった。与党は「秋の臨時国会での成立を期す」考えだが、民主党は十分な審議を主張。早期の成立は困難だとの見方が早くも強まっている。
 「既に50時間以上の審議や論点整理をやってきた。次の国会での審議で、両法案の相違点が一致するという成果を得ることを強く願っている」
 15日の審議で自民党の保岡興治理事は臨時国会での修正合意や成立に強い意欲をにじませた。
(共同通信) - 6月15日19時30分更新


民主主義って、議論をして少数意見も取り入れはするけど、最終的には数の論理で決める手法だよね。
先の衆議院選で自民党が圧倒的多数をとったのに、長く懸案だった国民投票法案を可決する事が出来ないのは何故?
何も、数の理論で強行突破しろとは言わないけど、審議に時間が掛かりすぎているように思う。

これも、圧倒的多数の罠?
此処で数を頼みに強硬な事をすれば、批判が大きいと考えて遠慮している?


私は改憲派なので、先の選挙で自民党が数を取った時、「これでやっと改憲の道が出来た」と思ったのだけど、改憲への道はまだ遠そうね。。。

益々、純ちゃんの道具だね。。。


ゼロ金利維持を決定 株安などで日銀会合

 日銀は15日の政策委員会・金融政策決定会合で、現行のゼロ金利政策を当面維持することを全員一致で決めた。景気は着実に回復しているものの、このところの大幅な株価下落などの影響を見極める必要があると判断したとみられる。
 日銀は3月の量的金融緩和策の解除後、金融市場への資金供給の目安となる日銀当座預金残高を段階的に削減し、ほぼ利上げが可能な水準に近づいている。しかし市場に余分な資金が少なくなったため短期金利の一部が急上昇する局面もあり、日銀内にはスムーズに政策変更をこなせるようになるには、なお時間が必要との考えもある。
 村上ファンドへの1000万円の投資が表面化した福井俊彦総裁は、同日午後、参院予算委に参考人として出席。与野党議員の質問に応じた後、日銀本店内で問題発覚後初となる記者会見に臨む。
(共同通信) - 6月15日12時30分更新



結局ゼロ金利を維持する事になったのね。

福井総裁はゼロ金利の解除を目指していた。
今回の件が問題視されるようになった後、ゼロ金利を維持したい純ちゃんが「問題ないと思う」と事実上福井総裁を庇ったことで、日銀はゼロ金利の解除は難しいだろうと憶測が出ていた。
その通りになったね。

村上容疑者の逮捕は、益々純ちゃんの道具になりつつあるね。。。


負ければ賊軍、マスコミは賊軍に群がる野次馬

なんだかねぇ。。。

<日銀総裁の投資>違法ではないが…道義的責任問う声も

 証券取引法違反(インサイダー)容疑で逮捕された村上世彰(よしあき)容疑者が設立した村上ファンドに、日銀の福井俊彦総裁が1000万円を投資していたことが13日明らかになり、波紋を広げた。日銀は違法行為はないとの判断で、小泉純一郎首相ら政府・与党関係者も問題視しない姿勢だが、野党が福井総裁の辞任を要求しているほか、与党内にも金融政策の最高責任者として、総裁就任前に処理しておくべきだったとの批判がある。【後藤逸郎、平地修】
■「激励のため」に、村上氏に1000万円投資
 福井総裁が13日の参院財政金融委員会で行った説明によると、村上前代表と知り合ったのは、98年に富士通総研理事長に就任した直後。同総研が、通産省(現・経済産業省)にいた村上前代表からアドバイスを受けていた経緯があったという。
 福井総裁は、役所をやめ、ファンド設立に動いた当時の村上前代表を「日本のコーポレートガバナンス(企業統治)の改革のために先頭を切り開こうとしている」と評価。「激励のため」として、総研の有志が1000万円ずつ運用資金として拠出したと語った。
 村上ファンドの企業統治に関するアドバイザーも無報酬で務めたが、03年3月の総裁就任時にアドバイザーは辞任。この時に拠出金をなぜ清算しなかったのかについて、福井総裁は「一つの考え方だったが、富士通総研の有志の中で、私だけが抜け出すことについては、仲間内の意識もあった」と弁明した。
■日銀の「内規」
 今回の件について日銀は、行員の服務を定めた日銀法や、内規にあたる「日本銀行員の心得」に抵触しないとの立場だ。
 「心得」は個人的利殖行為を規制しているが、この利殖行為とは「職務上知りえた秘密をもって投資し、個人の利益を図るインサイダー行為」を指す。福井総裁は拠出金の運用について「完全な一任勘定で、利殖の対象として操作できるものではない」と説明しており、日銀総務人事局は内規違反に当たらないと判断したという。
 「心得」はさらに、株取引などの所得について、局長級の職員に所属長への報告を義務づけ、所属長自身の場合は「コンプライアンス会議の審議を経て総裁が役職員の中から定める者に報告する」と定めている。福井総裁ら役員も対象で、「ファンドへの拠出から得た所得などは適正に報告されている」(日銀政策広報)という。
■ワキの甘さ
 しかし、福井氏は総裁就任後、積極的な金融緩和を進め、量的緩和政策で市場に大量の資金を供給した。市場に余った資金は、投資ファンドなどに向かい、結果的に村上ファンドなどの資金運用を下支えした側面は否定できない。このため、「総裁のワキの甘さは否めない」との声が市場関係者などから出ている。
 また、村上ファンドの最低投資額は10億円とされる。福井総裁の拠出額1000万円について、同ファンド関係者は「設立当初は一口1000万円もあった」と便宜を否定する。ただ、「村上ファンドの幹部から『ウチには福井総裁が資金を預けている』と聞かされた」という市場関係者もおり、福井総裁の名前が村上ファンドに利用された可能性はある。
 福井総裁は今年2月に解約を申し出て、今月末に損益が確定することを明らかにし、「もし利益が残れば、自分のために使う気持ちはない。だれから見ても納得できる使途に振り向けたい」と返上の考えを示したが、道義的責任を問う声は小さくない。
 一方、市場では、日銀が7月にもゼロ金利政策を解除するとの見方があり、金融政策は重要な局面を迎えている。市場では、「この問題が金融政策に直接影響することはない」との見方が多い。ただ、「ゼロ金利解除に消極的な小泉首相らは今回、福井総裁をかばっており、解除に向けた政府との駆け引きで不利に働く可能性もある」(証券エコノミスト)との指摘もあり、日銀の独立性や信頼性に微妙な影を落としかねない。
■官僚に規定なし
 中央省庁の官僚の場合、国家公務員倫理法は株取引については規制があるものの、個人的な利殖行為に関しては規定がない。各省庁の独自の対応を見ても、投資ファンドへの投資などは想定に入っておらず、「本人任せ」の状態だ。
 株取引については、国家公務員倫理法で、各府省庁の審議官級以上の幹部職員が株の売買をした場合に毎年、報告書を各府省庁に提出することを義務付けている。各省庁はさらに、所管業界の企業の株取引を職員に禁じ、過去に株取引などを巡る不祥事のあった省庁はより厳しい枠をはめている。たとえば、財務省と金融庁は所管以外でも課長職以上の管理職に対し、株式の6カ月以内の売買や信用取引などを通達で禁じている。
 一方、米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)の場合、議長とその妻に毎年、個人資産の開示を義務づけている。資産総額に加え、株式・社債投資など資産運用の内容も開示対象となり、過去には公職にある知人から贈られたプレゼントまでオープンにした例もあった。投資できる金融商品に一定の制限があるが、グリーンスパン前FRB議長は金融政策の影響を受けやすいとして株式の保有を自粛。一時は長期債も保有しなかったことが明らかになっている。
 与謝野馨金融・経済財政担当相は日銀総裁の資産公開について「適切かどうかは今後議論しなければならないひとつ」と述べた。
(毎日新聞) - 6月14日3時9分更新



「勝てば官軍、負ければ賊軍」と言う言葉があるけど、村上ファンドはすっかり賊軍だねぇ(苦笑)
そして、マスコミと野党は魔女狩りだね。


福井日銀総裁が富士通総研理事長だった頃、個人的に付き合いのある人から「会社を立ち上げるから出資して」といわれて出資した事は問題ないらしい。
その“会社”が儲けすぎたのが“問題”と言っているのかな?
いや、一応彼はは“儲けすぎた”とは言わずに“違法”な金儲けと言っているけどね(苦笑)

とりあえず今報道されている事だけをみると、村上ファンドの違法性には疑問がある。
ニッポン放送株に限っていうならば、どちらかというとlivedoorの方が、村上ファンドアからの情報を元に“インサイダー取引”をしたというのが、これまでの判例に照らし合わせた解釈でしょう。
そういう(公表されている容疑事実だけならば)意味では、村上ファンドは違法ファンドではない。

仮に、村上ファンドが違法ファンドだとしても、ファンドの目論見書に“違法性”を見出せるものでなければ出資者にはその“違法性”は判断できない。
村上ファンドは当初の“夢”はかなり大きなファンドだったから、その“夢”を後押しする意味で財界関係者が“出資”しても、何らおかしくはない。
と言うか、それを認められない限り、日本は資本主義の国として“大人”にはなれないと思うよ。
投資家は目論見書(ファンドの計画書)によって、出資する。
将来のある時点で法に触れるか否かは別として、出資段階で“法”に触れていないのであれば、ベンチャーに出資するのと同じ事。
ベンチャーに出資する人が居なければ、新しい産業は発展しないよね。

ここで問題になるのが、金融政策の責任者が、“金融に関するベンチャー”に出資して良いのかという事。
道義的にはNGだろうね。
でも、福井総裁が出資したのは金融政策の責任者になる前であって、責任者になった後は出資金の移動をしていない。
そしてこの出資は個人で全額出資したのではなく、幾人かと共同主出資なんだよね。
ある意味ファンドがファンドに出資したに過ぎない。。。
であれば、仕方のないことなんじゃないかな。
もともとファンドは誰が出資しているかなんて明らかにしていない。
明らかにしていてそこに日銀総裁が入っているのはまずいけど、明らかじゃないのにあわてて移動させる方が、「このファンドには日銀総裁も出資していました」との宣伝になってしまうのじゃないの?

さて。。。
マスコミや野党は福井総裁の村上ファンドの出資に“怪しからん”という。
何故?
それでは、年金は?

村上ファンドが出てくるまでは年利3%も運用成績を上げていなかった公的年金や企業年金が、最近では6%近い運用成績を上げている。
その出資先の何%かは村上ファンドだったりする。

福井総裁のベンチャーキャピタル精神を“怪しからん”と言う人たちは、年金が村上ファンドに出資したことによって、本来3%も運用成績を上げられなかったものが6%も上げられる(儲ける)様になったのも“怪しからん”と言うのかしらね?
っていうか、“言ってみたら?”と思うのだけど?
「年金が村上ファンドに出資した事によって、国民年金保険料が低く抑えられているのは怪しからん」と言ったマスコミがあったかしら?
「企業年金の運用益が上がり過ぎる、あるいは払い込み保険料の上げ幅が抑えられるのは怪しからん」と言ったマスコミがあったかしら?
今こそマスコミは“年金が運用成績を上げて、将来の年金保険料を引き下げるのに加担したのは怪しからん”と言ってみたら?

そこまでいう言う勇気があるマスコミがどの程度あるのかしら?
それを言えてこその、“村上ファンド批判”だと思うのだけど?
それをいえるマスコミがあったら、私はそのマスコミを評価するわ(笑)

自分が受ける“濡れ手に粟の恩恵”には口をぬぐって、“他人の(社会還元や新興者に対する)善意”は“怪しからん”では、ダブルスタンダードと言われてもしかたないよね(苦笑)

マスコミも一方的な“怪しからん”報道ではなく、それによって恩恵を受ける多くの人がある事をちゃんと報道しないとね。
誤解なき様に言うならば、私は村上ファンドを“善”とはしないけど、日銀の福井総裁の出資が問題になるならば、私たち一人一人が“年金保険料”や“年金給付”という形で現在、将来の恩恵を受けて居る事、福井総裁のファンドへの出資が村上氏との“共犯”であるならば、我々国民も広義で“共犯”だという事をちゃんと報道しないとね。
マスコミは私のような“野次馬”ではなく、一応報道機関”なのだからね。


でもね。。。
ファンドに出資する人って、ファンドが何処に出資するのかはすべてお任せの一任勘定なのよね。。。
出資した先が何処に出資しようが、出資した人には全く与り知らない事なのよね。
それに対する責任といわれても困るよね。

郷に入れば郷に従え

今朝のワイドショーでシンドラー社のコメントが全く“謝罪していない”と言っていた。
まぁ、外資系企業だから日本人が求めるような謝罪はしないよね、とは思っていたけど、ちょっと興味があって、シンドラー社のHPを見てみた。


本社前で行われた報道関係者向け報告について

2006年6月7日 06:30PM


プレス各位殿


あらためて、今回の事故にあたり、被害者の方のご冥福をお祈り申し上げます。ご遺族の方々には心より哀悼の意を表します。

シンドラーが14ヶ月以上保守をしていないエレベータで起きた事故の原因を解明し、真相を明らかにすることが第一であると考えており、そのため弊社の技術者、保守員が現場検証に直接協力するなど、捜査当局による捜査に全面的に協力しております。

公表されている情報が少ないために懸念を抱かれることがあることは理解しておりますが、我々は捜査当局の捜査を尊重し、必要なプロセスに従うことが重要だと考えております。シンドラーは社会に対する責任を持っており、一日も早い原因の解明にこれからも全力を尽くして参ります。

シンドラー製品の中には、弊社が保守を行っていない製品があります。それらの製品を含めて、シンドラーが提供している製品に対し、必要な全てのサポートを引き続き提供いたします。

シンドラーはエレベータ業界で世界第2位であり、世界100カ国以上で製品を販売しております。世界で、シンドラーの製品を毎日7億5000万人の方が利用されています。シンドラーの製品が業界の高い基準にて設計されています。

シンドラーの製品が安全で信頼できる製品であることを理解していただけるよう、できるだけ早期に事実解明して、皆さんにお伝えいたします。

本日は警察の捜査員が来られましたので、弊社の責任者が捜査に対応しており、皆さんにお会いすることができません。来週の早い時期に、皆さんにお会いする機会を持ちまして、弊社の経営陣による記者会見を開きます。記者会見の日時と場所については、皆さん(注)にご連絡いたします。


シンドラーエレベータ株式会社



他に、2つコメントが掲載されているものの、謝罪は全くなく、「この事故が(シンドラー製の)エレベーターの設計や設備によるものではない事を確信している」と言っているだけ。


これじゃ、日本では受け入れられないよね。
シンドラー社は、マニュアルに従って、「責任の所在がはっきりするまで謝らない」を貫くつもりなんだろうけど、ここは日本なんだよねぇ。。。
謝ったら責任を認めたことになってしまうアメリカではないし、シンドラー社の本拠地であるスイスでもない。
事故に第一義的に責任がないとしても、自社の機器が事故の原因、引き金を引いたのだとしたら、日本では謝罪するのが当たり前。
寧ろ原因の判らないウチの早い謝罪は世論に受け入れられて、後の裁判で“有利”に働く事も多い。
第一、早い謝罪で“世論”は納得するものね。
でも、今回のように、“わが社の製品を使っての事故だけど、長くわが社の保守を受けていないのでわが社に責任があるかどうか判らない」なんて言ってしまうと、“世論”は反発する。
そして、“シンドラー社製のエレベーターで他に事故は起きていないか”と、あたかも“犯人”が“シンドラー社”であるような探索が始まる。
シンドラー社にとっては、痛くもない腹を探られるかのような思いをすることになるよ。
それは、シンドラー社が世界で第2位のシェアを持つ企業だなんて関係ない。
まして、1日に7億5000万人が利用しているなんて全く関係ない。
関係あるのは、その7億5000万人のうち何人が怪我をしたか、その7億5000万人のうち何人が(エレベータの予期しない動きで)“怖い思い”をしたかだけ。

日本には、「郷に入れば郷に従え」という言葉があることを、シンドラー社の人間は知らなかったみたいね。
日本では日本の消費者に受け入れられる行動をしなければ、売れないのよ。
世界でシェアがあるだけでは、日本の消費者は受け入れない。
シェアがある事と“品質のよさ”はイコールではないからね。
日本は、品質に対する感覚が鋭くて、その上で品質は良くて当たり前、品質が消費者が求めるものを満たして初めて価格競争に入れるのよ。
今の日本では、価格が安いから品質がそこそこ、と言うのは許されないのよね。

日本で受け入れられるには、“安い”だけでも、“海外でシェアが高い”だけでもダメって事なんだよね。
それは、今では“観光名所”になった感すらある「IKEA」が、20年前に日本から撤退しなければならなかった理由を考えればわかる事。
日本に消費者って、品質は当たり前に“ほぼ完全”を求め、価格は安いに越したことはなく、更にプラスアルファを欲しがるのよね。
それは、多くの場合、企業の“責任感”だったりする。
海外の企業で日本に何かを売ろうとする会社は、日本の消費者の品質と価格に対する“感性”の研究をしなきゃね。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top