Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

名前を変えるより、中身をそっくり入れ替えたら?

<年金不正免除>小泉首相、川崎厚労相ら怒り隠さず


 社会保険庁による国民年金保険料の不正免除問題は29日、全国的な広がりを見せ始めた。改革政権の終わり近くに、同庁の「懲りない体質」が小泉改革の底抜けぶりをあらわにしたため、小泉純一郎首相や川崎二郎厚生労働相も怒りを隠さない。
 小泉首相は同日、首相官邸で記者団に「社保庁の職員の中に政府の改革に反対している勢力がある」と厳しく批判。自民党役員会でも「政府の改革に反対して既得権益を維持しようという勢力に乗らないよう、党も考えなければいけない」と指示した。だが、同庁も政府の一部。首相の怒りは自己矛盾でしかない。

 同日の参院決算委員会では民主党の松井孝治氏が、川崎厚労相を「自分の首が飛ぶぐらいの決意を示さないのか」と追及。厚労相は「私の首が飛んだって、その人たち(不正に関与した職員)が苦痛を感じるのか」と開き直った。
 さらに、厚労相は「(更迭した社会保険事務局長以外にも)まだまだ問題のある人はたくさんいる。(実態把握に)外部の目を入れなければならない。私が政治生命を懸ければ正しく報告してくれる人たちが相手なら、こんなことを言わない」と、同庁の体質改善の難しさをこぼす始末だ。
 今回の問題は、日本の公的年金が抱える制度矛盾も反映している面がある。日本は、保険料を払った者が給付を受ける「自己責任」を原則とすると同時に「国民皆年金」も掲げる。米国式の徹底した自己責任原則はなじまないとして編み出した折衷案だ。負担できない人には免除制度を設け、負担ゼロだった人にも将来、税金投入分は年金として給付している。
 ただ、保険料を独自財源に抱える厚労省にとっては「社会保険方式の維持」が至上命題。未納が増えて「皆年金」が揺らぎ、「財源は保険料でなく全額税方式にすべきだ」との声が強まることを最も警戒している。今さら皆年金の旗は下ろせないため、無年金者が減り、見かけの納付率が上がる不正免除に手を染めた側面がある。
 同省は「社会保険方式と皆年金両立」のタテマエを守るため、皆年金の定義を「皆に支給を」から「皆に加入の機会を」に変えようとしているが、なおざりな「改革」姿勢が、結果的に重大な組織的不正につながった。
 それでも、川崎厚労相は同日、自民党の細田博之国対委員長と会い、村瀬清司同庁長官の辞任は必要ないとの考えで一致。衆院で審議中の社会保険庁改革関連法案の会期内成立を図ることも確認した。細田氏は「村瀬氏を辞めさせるのでなく、この問題も含めて社保庁全体の改革を進めていくべきだ」との考えを示した。【吉田啓志】
(毎日新聞) - 5月30日1時22分更新



全くねぇ。。。
この問題を聞くに、社会保険庁の体質が以前として変わっていないと言う人がいる。
まぁ、小手先の不正で辻褄をあわそうとする辺りの体質は変わっていないのかな。
でも“手口”を見るとある意味“変わった”のかなとも思う。

この問題で社会保険庁に対して怒らなければならないのは、まじめに払っている人ではなく、無断で免除された人だよね。
マスコミは、“まじめに払っている人”に“もっと怒れ”と言っているけどね。
まじめに払っている人は、払い終わった時にその時の計算で満額をもらえるけど、無断で免除された人は後の保険納付期間が終わった時に計算上の満額の1/2~2/3しかもらえないのだから。
いつの間にか年金保険料納付の催促が来なくなってラッキ~だなんて思っていたら、いつの間にか免除申請されていたりしてね。
減免期間の1年が経って、また催促が来るようになってから請求額を払うと、請求が来なかった期間の年金が減額されてしまうという人も出てくるだろうね。
自分で希望したわけでも、過失でもないのにね。
最近、納付の催促が来なくなったなぁと思ったら、確認した方がいいかもしれない。
因みに、納付免除、猶予者は10年間なら追納できる。
自ら希望して納付免除になった人なら後で払い込む事も可能だけど、免除措置とられていると意識していない人は払わないままだったりするよね。


今回の件は、年金保険料の未徴収が続く社会保険庁はお金を出したくない人からの保険料徴収のを諦めて保険料を支払わない人には税金で保証される分しか年金を支払わないと言っているに等しい。
これは保険料の徴収に無駄な費用をかけないという意味で、理にかなっているよ。(←イヤミ)
ついでに言うならば、今の年金保険の仕組みは世代間扶助なのだから、“今”払っていない人は“今も”恩恵を受けない、すなわち、その両親に支払われる年金から相当分を減額したら?(←ホンネ)


で、この数字さえ辻褄が合っていればどんな不正をしてもイイという考え方は、社会保険庁に蔓延している体質?
こんな不正をしている事業所が1つや2つじゃないものね。
本来都道府県内で留まっているはずの組織なのに、都道府県を横断して同じ不正が行われるという事は、中央からの大号令の元に行われたと考えるの自然だよね。
と考えると、村瀬長官の弁解の言葉って虚しいね。
あ、村瀬長官って、保険者に代わって勝手に保険契約をして業務停止命令を受けている損保ジャパンの出身だっけ。。。
あ!え? もしかしてこれって、村瀬長官の発案?
まぁ、村瀬長官の発案じゃないとしても、保険業界出身の長官の意を汲んたという事なのかしら?(苦笑)


この不正申請に関して長官が関与していないとしても、これだけ組織横断的に不正が広まっている上、不正申請が発覚しての不正隠しもあるのだから、組織の責任者は相応の責任を取るべきだよね。
長官、各都道府県の事務局長、他に関係者はすべて更迭。
そして職員が少なくなった社会保険庁を都道府県単位ではなく全国で1本化すればいいじゃん。
社会保険庁もスリムになって、不正にも目が届きやすくなり、職員が少なければ不正や無駄を考える暇もなくなるでしょう。
組織を“ひらがな”にするより、よっぽど組織改革になると思うけどな(笑)

社員が社員なら社長も社長


社員の隠し撮りで陳謝=日テレ社長


 日本テレビの久保伸太郎社長は29日の定例会見で、同局の男性アナウンサーが横浜駅で女子高生のスカートの中を隠し撮りしたとして書類送検され、起訴猶予処分となったことについて、「ご迷惑をお掛けした。社員、スタッフには放送人としてはもちろん、社会人として自覚を促していきたい」と陳謝した。
 アナウンサーの氏名や処分内容などは明らかにしていないが、同社長は「事柄の内容をよく見極めて判断した。適切な処置を取ったと思う」と述べた。 
(時事通信) - 5月29日18時0分更新


ふ~ん。
事柄の内容を良く見極めて判断したのね。

ふ~ん。
適切な処置を取ったのね。

この期に及んで未だこんな事を言っているのね。


社長の社員やスタッフに対する言葉もヘンね。

放送人に限らないけど、マスコミって一般人に比べてかなり大きな影響力を持っている。
だったら、「社会人としての常識や社会規範を守る事は勿論、放送人ならば一般人以上に律する必要がある」というべきなんじゃないの?

まっ、社長がこの程度だから社員もそんな程度なんだね。
以前、友人のお父さんがこの会社の役員だったけど、もし今、役員をしていたら社員だけでなく社長のレベルの低さを嘆いただろうね。。。

乱獲が原因?

今朝のワイドショーを見ていたら、鰯が高騰していると言っていた。
そういえば、最近スーパーで鰯を見なくなったね。。。

 YOMIURI ONLINE


私も鰯は大衆魚というイメージがあるけど、今日の築地市場のマイワシは1キロが5775円で、“高級魚”と言われる金目鯛の2625円の倍近く高いのね。
随分出世したのね(笑)


昭和63年には450万トンも獲れたマイワシもここ数年は3万トン程度の漁獲高らしい。
朝のワイドショーでは、鰯の漁獲高が減ったのは乱獲と、鰯を食べる鯨などの個体数が増えた事が原因かも?と言っていた。
そうなのかなぁ。。。?
子供の頃聞いた話だと、鰯や秋刀魚は大漁と不漁が周期的に来ると聞いていたけど。。。

まぁね。。。
最近は、日本人だけでなく西洋人も魚を食べるようになったからねぇ。。。
鰯なんてDHAが豊富だというから、狙って食べられているのかしら?(笑)

西洋人って、日本人と違って、“魚の命を頂く”なんて気持ちはなくて、「人間以外の動植物は人間の為に存在している」と思っているような処があって、自分が必要な一部分を取ったら捨ててしまうし、マス(大量)コマースを好むから、西洋人が獲りはじめると確かに乱獲が起きているかも と思うわね。
西洋人は魚なんて食べなくてイイよ。
って、思わず言いたくなるよ~ってね(笑)


公害と共生意識

オゾンホール 2050年ごろ消滅 国立環境研が予測

国立環境研究所(茨城県つくば市)は19日、南極上空のオゾンホールが、2050年ごろ消滅するという予測結果を公表した。オゾン層を破壊するフロンなどを規制したモントリオール議定書による効果という。
 オゾンホールは、大気に放出されたフロンやハロンが紫外線で分解され塩素や臭素を生成、これが成層圏に滞留しオゾン層を破壊してできる。80年代以降、拡大が指摘されていた。
 同研究所の秋吉英治主任研究員らはフロンやハロンに加え、二酸化炭素など温室効果ガスの濃度変化や、海水温、太陽熱を指標として成層圏での化学反応をスーパーコンピューターで計算。80~90年代の実際の観測データを入力したところ、ほぼ当時のオゾンホールの面積の変化を再現することができた。
 このモデルに、国際組織IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が予測するフロンやハロン、二酸化炭素のデータを入力し、今後の変化を予測した。
 この結果、オゾンホールは2020年ごろからはっきりと縮小し始め、2050年ごろまでに、オゾンホールとされるオゾンの濃度が低い領域がほとんど消滅することが分かった。

(毎日新聞) - 5月20日10時20分更新



この記事を初めて知った時、子供の頃学んだ“公害について”を思った。

子供の頃、四日市喘息を初め、公害が大きな社会問題だった。
このままだと、「30年後には日本には空が無くなってしまう」と言われていた。
その30年後の日本には、未だ青い空がある。

勿論、「空がある」と安心して良い訳ではない。
新幹線で京都に向かうと、途中、工場からの“煙”で明らかに空の表情が違う街は未だ存在するし、今はでは空に大きな穴が開く事が恐れられいるのだから。

でも、人が“空が無くなった”原因を知りその原因を取り除く努力をした結果空を取り戻したように、空に“穴”が開く原因を知り、それを取り除く努力をした結果、その“穴”が小さくなった事は喜ばしい。
是非、この穴が無くなる努力をしたいものだ。


同じように、子供の頃から言われている事に地球温暖化の問題がある。
温暖化については、京都議定書においてCO2の排出規制という形で、各国が原因を取り除く努力をしている。
中国やアメリカが、「今更、排出量を減らしたところで効果あるのか否かが疑問だ「」などと言っているが、オゾンホールが小さくなった事を考え合わせると、CO2の排出規制だって充分効果があると思うよ。
これ以上拡大させない効果ではなく、減少させる効果が。

そんな事を考えたら、これからの世界は、アメリカや中国のような“共生”意識のない国家の存在がこれまで以上に地球の ”厄介者”になるんだろうな。
なんて事まで考えちゃったわ(^^ゞ

“適切な対応”ってどんな対応?

最近早く帰れるので、楽しみに見ているTV番組に日テレの「どっちの料理ショー」がある。
赤と黄色の2チームが料理を作って、ゲストがどちらを食べたいのか評価する番組だ。
メニューは、贅沢な食材を使った料理だったり、有名シェフによる新作料理だったりするのだけど、アシスタント(?)として出てくる男性アナウンサーも楽しみだった。
片方はイケメン君だし、もう片方は母性本能を擽られそうなカワイイタイプ(笑)

最近早く帰れるといいつつ、暫く振りに見て、イケメン君の方のアナウンサーが替わっている事に気がついた。
新人クンから出来ていた彼らだったけど数年経ったものね、番組を卒業して後輩アナウンサーに譲ったのかな?と思っていたらどうも違ったらしい。
今日たまたま見た電車の中吊り広告に拠ると、例の盗撮した日テレアナウンサーって、降板したこの男性アナウンサーだったのね。。。


日テレアナ盗撮で書類送検

横浜市のJR横浜駅構内で二月に女子高校生のスカート内を隠し撮りしたとして、神奈川県警戸部署が県迷惑防止条例違反の疑いで日本テレビの男性アナウンサー(26)を書類送検していたことが十七日、分かった。
 調べでは、男性アナは二月二十日午後三時ごろ、横浜駅西口の上りエスカレーターで、前に立っていた女子高生(16)のスカートの中を携帯電話のカメラで撮影した疑い。
 近くにいた鉄道警察隊員が発見し、同署員に引き渡した。男性アナは調べに対し「申し訳ない」と容疑を認めたという。男性アナは起訴猶予処分となった。
 日本テレビは「社員のプライバシーにかかわる問題で、お話しすることはない。すでに社員に対して、適切な対応をとった」としている。
(産経新聞) - 5月17日16時21分更新



おバカだねぇ~(^_^;

携帯電話のカメラって、盗撮防止の為にシャッター音を消せないようになっている。
携帯電話のカメラで撮ったって事は、被害者にバレるのは承知の上なんだよね。
誤れば許してもらえると思ったのか?
(って、実際、起訴猶予になっているけどさ)
それも、顔が少しばかり売れていると言う驕り?

でもさ、痴漢もそうだけど、こういう事をする人って、人生を棒に振る覚悟があってしているのかね?
日テレは違うのかもしれないけど、迷惑条例違反であっても逮捕されたら懲戒免職になる会社って多いよ。
職や家族を失うリスクを冒してまで、したい事なのかしらね?


それにしても、日テレを始めとする報道機関の対応もなんだかね。。。
これがタレントがしたことだったら、名前を挙げて報道するのでしょう?
なのに、テレビアナウンサーだったら匿名なのね。
日テレなんて「社員のプライバシーに関わる」なんて言っちゃってさ。
テレビ局なんて、アナウンサーをタレント紛いに使っているのでしょう?
だったら、タレントにいつも言っているように「公共放送で顔をと名前が知られている人は半ば公人、プライバシーはない」とでも言ってみたら?
まして、これがNHKの社員だったら、先を争って実名報道するのにね。
それに2月の話でその場で本人も認めている話を、検察の措置が決まるまで秘匿するというのもねぇ。。。
あぁ。。。起訴猶予が決まるまで黙っていたんじゃなくて、週刊文春にスクープされたから渋々だったね(^_^;
報道機関なんでしょ?身内にこそ厳しい姿勢を示さないと、視聴者には信頼されないよ。


で、“適切な対応”ってどんな対応?
まさか、一番組の降板でお茶を濁した訳じゃないよね?

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top