Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

刑罰の目的。。。そろそろ変える必要があるかもね。。。

窃盗罪に罰金50万円新設 改正刑法が成立


 懲役刑しかない窃盗罪に50万円以下の罰金刑を新設するとともに、業務上過失致死傷罪の罰金上限を50万円から100万円に引き上げることを柱にした改正刑法が、25日午後の衆院本会議で全会一致で可決、成立した。
 現行では窃盗罪の法定刑は10年以下の懲役。このため、万引など懲役刑とするには重すぎるケースでは、起訴猶予にするなどして対応してきた。しかし、万引の摘発件数の急増を受け、事件の程度に応じて弾力的に処罰できるよう罰金刑を設けて抑止効果を強めることにした。
 業務上過失致死傷罪の罰金引き上げは、交通事故被害者の要望が強かった上、捜査関係者からも「ケースによっては現行の罰金の上限は軽すぎる」と指摘されていた。
(共同通信) - 4月25日13時35分更新


なんだかね。。。
10年以下の懲役って、1年や2年の求刑はできないの?
軽微な犯罪だったら、1ヶ月や3ヶ月の求刑はできないの?

万引きって、“軽犯罪”と思われているから後が絶たないのでしょう?
きちんと“窃盗罪”として基礎すればイイと思っていたけど、窃盗罪なら10年以下の懲役だから今まで起訴を躊躇していたって事?
個人的には、万引きであっても“窃盗”には違いなく、度重なる“万引き”で倒産する書店もあると聞くと“軽微”罪とも言えない様な気がする。
それが例え悪戯心から出たものであっても、それが“犯罪”であるならばそれなりに償わせればならないと思う。

でもね、最近は仕事をしなくても、食べて生きていける世の中。
そういう人にとって“罰金刑”なんて、全く痛みを感じないじゃないの?
例えば、被害金額が1000円だとして、被害金額相当の罰金刑だとしたら、犯罪者は全く痛みを感じない。
寧ろ、「弁償(弁済)すればいいのでしょ?」となりかねない。
“お金”で済まさない方法を求めた方が、万引きを減らす方策のような気がする。
例え短期であっても、懲役刑とした方がイイのかも?と思うのよね。。。

懲役刑を日給換算して、拘留期間+(盗んだ金額相当+アルファ)/ 懲役の日給を“懲役期間”とする懲役刑にしたら?
でも、これで求められる“懲役期間”が拘留期間より短い場合は、拘留期間は懲役期間に含めない事にしないとね。
仮に懲役期間が3日と出たら、拘留期間は3日以上あるはずだけどこれは考慮しないで、判決の日から3日間を懲役期間とすればよい。
仮に懲役期間が6ヶ月と出たら、拘留期間が1ヶ月ならば、残りの5ヶ月間を懲役期間とすればよいと思うよ。

身体に“身をもって痛み”を教えないと、彼ら万引き(常習)犯の再犯は防げないよ。
最近の万引きは、“いつ見つかるか”のスリルを求めてという“快楽”犯が多いと聞く。
犯罪がスリルでも楽しみでもない事を身体に叩き込ませないと。。。

そろそろ、“懲役”の役割も変えなきゃいけないね。
いつまでも“更生”目的一辺倒ではなく、「やってはいけない事だ」と身体に叩き込む“躾け”目的も必要になったのかもしれない。。。
家庭で躾けが出来ない現代では、法律が躾けをする必要があるように思う。
嘆かわしいと言えば、そうなのだけどね。。。(^_^;

千葉7区補欠選挙。。。

今、選挙速報が入った。
民主党の太田和美候補が当確だとか。

自民党は、補選では初めての負け?

選挙に強い一郎クン神話が生きていたのか?
純ちゃんの構造改革路線が否決されたのか?

従来ならば自民党の十八番で、一郎クンの十八番の組織選挙が生きていたのか?
従来ならば民主党の支持層だった、無党派層の取り込みに純ちゃんが失敗したのか?

斉藤候補の永田クンと同じような経歴を嫌われたのか?
大他候補の太蔵クンと同じような経歴が面白がられたか?

この選挙の結果をどう読むか。。。


いずれにしても、一郎クンは面目躍如、党内基盤も固まったね。
いずれにしても、純ちゃんはちょっとアゲンストになったね。
あと半年の任期の純ちゃんもうかうかしていられない。
ちょっと、面白くなったかも

Continue reading

休日の朝。。。朝から不快感。。。(^_^;

夕べの彼氏との電話で、春の山菜の天ぷらを食べるという私に、「粋ジャン」と彼氏が言った。
が。。。
その「粋」な食べ物は私には似合わなかったらしい。。。(^_^;
今朝は胃の内容物が戻ってくる感覚で目が覚めた。
って、その後ずっと鼻が詰まっていたから風邪なんだろうね。


お昼過ぎまでベッドの中。
休日の午前、ベッドの中でする事は一つ。
テレビのワイドショー巡り(^_^;)

今朝のテレビでは、例の光市の母子殺人事件の弁護士が出ていた。
名前は忘れちゃったけど、安田弁護士じゃない方の人。
彼が紹介されたとき、コメンテーターとして同席していた大沢弁護士が冷たい目で見ていた。
後で、大沢弁護士は彼らの前回の裁判ボイコットを「弁護士の世間的な不信感を醸成し、他の弁護士の弁護活動を邪魔している」というような事を言っていた。
って元検事という立場もあるのだろうけど、よほど腹に据えかねているんだろうな。
でも、大沢弁護士は、世論が、世間が彼らの論理に不自然さを感じていることを冷静にコメントしていた。

番組では他のコメンテーターから、彼らが今回持ち出した論理が理解できないだとか、1審、2審では事実認定では争っていないのに、と質問攻め。
でも、件の弁護士はどの質問にもまともに答えては居ない。
19日の記者会見の内容を繰り返しただけ。
新しい事も出ないのであれば、ロクに話も出来ないんだったら、出てこなければいいのに。
ちっとも心証はよくならないよ。

番組の中で、最高裁の判決は世論に左右される事もあるような事を言っていたけど、本当?
殺人事件において、死刑にするか無期懲役にするのかの判断に世論を挟む?
そんな事はにと思うけどなぁ。。。
仮にそうだとしたら、彼らがした事って逆効果だったね。


そういえば、あの「騒音おばさん」の判決も出たらしい。
反省の態度が見えない事と再犯の可能性が高いことから、1年の実刑判決。
といっても、拘留期間が加味されるから実質的には4ヶ月。
被害者には安息の日はあと4ヶ月しかないのだとしたら本当にお気の毒。
何とか解決する手段は無いのかしらね。。。

ロクでもない。。。(恕)

めぐみさん写真展、デパートに脅迫状…会場を変更

北朝鮮の拉致被害者、横田めぐみさんの両親を支援する団体「あさがおの会」が、26日から札幌市で予定していた写真展「めぐみちゃんと家族のメッセージ 横田滋 写真展」の会場となるデパートに脅迫状が届き、会場の変更を余儀なくされたことが20日、分かった。

 共催の朝日新聞社によると、写真展は同市の百貨店「丸井今井」札幌本店で5月1日まで開催予定だった。同店に20日午前、写真展を開催した場合、客や従業員に危害を加えるとの脅迫状が届いたため、同店が会場の提供を辞退したという。

 朝日新聞北海道支社は「写真展の開催に向け、代替会場を探す」としている。めぐみさんの両親の横田滋、早紀江さんは「安全を考えた判断は正しかったと思う。これからもぜひ写真展を続けてほしい」とのコメントを発表した。
(読売新聞) - 4月21日1時34分更新


このニュースを聞いたとき、思わず「ロクでもない」と思った。
この脅迫犯は、写真展を開催させない事にどんなメリットがあるというのか。
横田ファミリーのメッセージはこの写真展だけでなく過去にも色々な形で伝えられているから、殆どの日本人は知っている事。
それを今更妨害ってねぇ。。。
“拉致”を存在しないと言い張っていた人たちは不愉快だとは思うけど、今じゃその“犯人”が拉致を認めているのだから、今更“拉致という事実はない”なんていうつもりもないだろうしねぇ。。。

これが単に愉快犯だとしたら、それこそこちらが不愉快。(って、私もなんら利害関係はないけど。。。)
日本人には、自分に関係の無い事でも、匿名だととんでもない事をしたがる人っているものね。
こういう“嫌がらせ犯”は徹底的に追求して、処罰して欲しい。
せめて得意の“独自調査”を駆使してマスコミが実名報道して欲しいものだわ。
“実名”が明かさされれば、犯人は少なからず社会的制裁を受けることになるものね。


Continue reading

敵に塩? イエ、軒を貸したら母屋まで。。。

日本の竹島海域の調査に関する韓国の対応については、QooQooも政権にモノを申したかったらしい(笑)

中国機へのスクランブル8倍増、昨年度は107回

2005年度に、領空侵犯のおそれがある外国機に対して航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した回数は、前年度比約6割増の229回で、このうち中国機に対する発進回数が前年度の8倍の107回と急増し、過去最高を記録したことが、防衛庁統合幕僚監部のまとめで分かった。

 統幕は「中国軍が近代化し、電子・通信情報や海域状況などの情報収集活動を活発化させているため」と分析している。

 統幕が20日に公表した統計によると、スクランブルが200回を超えたのは1998年度の220回以来、7年ぶり。国籍(推定を含む)別で見ると、対ロシア機が116回(前年度比2回減)で最多。続いて中国機へのスクランブルで107回だった。

(読売新聞) - 4月20日21時38分更新


太平洋側に住んでいるとスクランブルなんて殆ど知らなくて済むのかもしれない。
北海道や日本海側、特に札幌、小松、福岡辺りに住んでいるとその出動回数の多さにビックリする。
訓練か?と思うほどに回数が多い。

以前、四国に住むある男性から、「日本は海外の(軍事的)脅威にさらされた事がありますか?」と聞かれた事があった。
私が以前北陸の街に住んでいた頃は、しょっちゅう空からソ連の戦闘機が領空侵犯してきていたし、海からは北朝鮮の拉致の脅威があった。
そう考えると、太平洋側の首都圏や瀬戸内海沿岸に住んでいる人って、外国の脅威をしらないで居られるという意味で幸せなのかもね。

それにしても前年比8倍ってすごいね。
以前は中国はロクな戦闘機を持って居なかったって事?
それとも、最近になって中国は日本を軍事敵国にしたという事?
いずれにしても、この戦闘機を作っているお金の大部分は日本の税金。

敵に塩を送るというのは日本では美徳かもしれない。
でも、同じ“美徳”を持ち合わせていない中国に塩(資金援助)を送る必要があるのか?
売国政党に花を持たせようとか、売国政党の支持者を取り込もうとして、日本を侵略する資金を中国に与える必要はないと思うけど?
それって、軒を貸して母屋を失う。。。って言うか、中国人は「軒を借りたなら母屋まで乗っ取る」と言うのが思想の根本にありそうな国民性だからねぇ。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top