Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

なんだかね。。。

ここのところ、winnyによる情報漏えいが新聞やネットのニュースを賑わせている


例えばこれ。

ジャスダックの資料、下請け会社員からウィニーで流出

 ジャスダック証券取引所(東京都中央区)のシステム開発に関する資料などがファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を通じてインターネット上に流出していたことが19日、わかった。

 ジャスダックによると、流出したのは、2004年12月前後に日立製作所(東京都千代田区)が設計した、システム開発に関する手順や作業スケジュールなどを記した資料。同社は昨年9月に流出の事実を把握しながら、公表していなかった。下請けのシステム開発会社の社員が自宅のパソコンでウィニーを使い、暴露ウイルスに感染したという。

 ジャスダックでは「現在のシステム運営で問題になる資料ではないが、漏えいの事実は遺憾」としている。
(読売新聞) - 3月19日21時8分更新

金融機関のシステムを構築する立場としては、システム開発に使用するPCにwinnyを入れるなんて考えられない。
というか、winnyのシステム的な特性を考えたら、例えそれがプライベートなPCであったとしても仕事で使用する可能性のあるPCにwinnyを入れるなんて考えられない。
まして、winnyが入っているPCに仕事のデータや仕事のファイルを持ち込むなんて考えられない。
って金融機関の仕事ならば、仕事で使うファイルを自宅のプライベートPCに持ち込む事が、そもそも顧客との契約違反だろう。

素人が、その危険性を知らずに自宅のPCで使うのはいいだろう。
でも、素人であってもwinnyの入ったPCで仕事をするのは問題がある。
それは、顧客情報が入った封筒の表に「○×社 顧客リスト」と書いて電車の網棚に置きっぱなしにするようなもの。
仕事で知りえた情報を、見も知らぬ不特定多数の人に「皆様、どうぞご自由お使いください」と提供するようなもの。
winnyを入れているPCに仕事上のデータを持ち込んだ、あるいは仕事で使用するPCにwinnyを入れた人は、仕事で知りえた情報を漏洩する意図があったと、懲罰の対象になると思うのだけどな。


って、いうか、作成者が犯罪者として逮捕されたのに、未だこのソフトを使う人がいるんだね。。。
使っている人の不注意で自分が持っているデータが流出するのは自己責任としても、このソフトには他に根本的な問題を孕んでいる。
って、問題が多いのは何もこのソフトだけではないけどね。
そろそろPCも“素人が使っているのだから”では済まされないことが多く起きている。
なんとか自覚なく使ってるソフトの利用者を取り締まれないのかしらねぇ。。。?

やっぱり、勝って欲しいな。。。

朝ではなくて夕方近くなっての、彼氏からの電話。

(彼氏)「野球見た?」
(私 )「見たけど見てない~」

いつものように意味不明な受け答え(^_^;)

「試合の最初は見たんだけど、途中は寝ちゃって、松中のフライがホームランにならなかったところを見て、また寝ちった。。。(^^ゞ」
「でも、次に起きたら日本が勝ってたよ~」
って、阿保じゃん(^_^;
lでもさすがに長く私の彼氏をしているだけあって、私の話の“筋”を理解してくれた(笑)

「福留がホームランを打ったときには涙がでそうだったよ~」とは彼氏の言葉。

確かにね。。。

彼氏は巨人ファンで、最近の巨人のふがいなさにテレビで“野球”を見ることはなかった。
それでも、今回は“見なきゃ”と思ったのは王監督のお陰?
で、それだけでなくても、今回の勝ちは嬉しいよね。

今日の試合ではイチロー君がかなり興奮気味だったけど、相手がダレであれ3回続けて負けるのは嬉しくない。
それは一部の人を除いて主義主張以前の問題だとは思うけどね(笑)

いや、勝ってよかった!
彼氏じゃないけど、(プロ)野球が面白くはなくなった昨今、このWBCの日本チームの活躍は嬉しいものがある。
巨人が弱くなって野球に遠ざかっていた彼氏でさえ、今日は一日中テレビにく釘付けたのだからね。。。

アメリカ戦の審判の裁定が“最低”のものだったとしても、その鬱憤を晴らすような日の“勝ち”。
って、この前の“審判”は素人のダレが見ても“間違い”と思えるようなもの。
でも野球では審判の裁定は“絶対”なのよね。。。
でも、審判の絶対の本質を理解しない人が審判でいることは腹立たしいし、それはWBCの権威を貶めるものだと思うよ。

でもね、そんなおバカな審判がいても、今日は文句なく勝ったんだよね。
彼氏じゃないけど「涙が出る」程に嬉しかった人は少なくないと思うよ。
って私は寝たからね。。。(^^ゞ


この勢いで。。。というのはムリな注文?
でも、普段はcoolなイチロー君の興奮した顔つきを見たら“応援すべき”でしょう(笑)
必ずしも“勝て”とは言わないけれど、やっぱり勝って欲しいな。。。


当然でしょう?

だから~ と言いたい感じ(笑)

証券会社の89%が株式誤発注・金融庁05年集計

日本で活動している証券会社222社の89%にあたる198社が昨年、株式取引で誤発注をしていたことが金融庁のまとめで分かった。昨年12月のみずほ証券によるジェイコム株の大量誤発注が市場を混乱させたが、株式相場の活況が続くなかで日常的に発注ミスが起きている実態が明らかになった。内部管理体制の再構築が急務となりそうだ。

 金融庁によると、株式の銘柄名や株数、価格などを証券会社が間違えて発注した件数は昨年1年間で1万4318件。このうち667件は誤発注した売買代金が1億円を超えていた。管理体制の不備が目立ったのは機関投資家などの大口の売買を取り扱う法人取引部門という。

 証券会社の誤発注は、今年に入ってからも日興シティグループ証券が日本製紙グループ本社株で株数を間違えたほか、大和証券SMBCでも銘柄名を間違えるミスが発覚している。

今朝の日経の記事。
証券会社の誤発注なんて日常茶飯事の事。
一般の企業だって、誤発注がゼロだなんてあり得ないでしょう?
ヒトの手が介在するのだから、誤発注がゼロでのシステム(制度)設計なんてあり得ない。

なのにね。。。
ちょっと規模が大きかったからって、他社の誤発注によって得た利益を証券会社が返上するなんて馬鹿げている。
世間受けしようと格好をつけた某証券会社や別の某証券会社はこれらの誤発注のいちいちに“利益返上”するのかしら?

流行に乗ってPSE法(^_^;)

昨日の朝のワイドショーで、コメンテーターがかなり感情的な口調で経済産業省の対応を批判していた。
私は、PSE法については全く詳しくないので、このコメンテーターが何故こんなに感情的になっているのだろう?と違和感を感じただけだった。
で、ネットで少し当たってみたけど、やっぱりよく解らないや(^_^;)


「PSE法、対策至急考える」と経産事務次官

「規制は予定通り4月1日に始めるが、改めて対応策を考えたい」――電気用品安全法(PSE法)の猶予期限が切れ、4月以降中古家電製品の販売が大幅に制限される問題に関して経産省事務次官はこう述べた。
2006年03月10日 13時58分 更新

 電気用品安全法(PSE法)の猶予期限が切れ、4月以降中古家電製品の販売が大幅に制限される問題で、経済産業省の杉山秀二事務次官は3月9日の会見で、「規制は予定通り4月1日に始めるが、改めて対応策を考えたい」と述べた。

 PSE法は、電化製品の安全性を示す「PSEマーク」なしの家電の販売を禁止する法律。2001年に施行され、5年の猶予期間が経過した今年4月から適用開始。PSEマークなしのテレビや電子楽器など約260品目が4月から販売できなくなる(関連記事参照)。

 経産省の周知不足から中古品販売業者の対策が遅れており、猶予期間を延長するよう求める声も上がっているが、杉山事務次官は「5年の猶予を認識した上で対応した方々も多い中、今ルールを変えることは適切ではない。正直者がばかを見ないということも大事」とし、周知不足は認めながらも、延長は行わない姿勢を示した。

 その上で「改めて今後の対策について各方面の意見も聞きながら対応していきたい」とコメント。電気用品の安全性を確保するという同法の目的を認識した上で、リサイクル・リユースの重要性も考慮し、早急に対応策を考えたいとした。


そもそもこの法律の目的は、電気製品の安全を担保・確保するものだとか。
まぁ、趣旨としてはいいとして、国内製品と海外からの輸入製品に検査の程度の差があるのは何故なのだろう?

まぁ、そんな基本的な疑問はちょっと置いておいて、法律に反対する人がこんなに感情的、先鋭的なのにはちょっとビックリ。
反対理由には、中古家電の売買が出来なくなる事によって低所得者の生活を脅かすだとか、リサイクル業者の生計を脅かすなんて入っているけど、これって一昔前の社会党が法案に反対する時の「弱者にしわ寄せが」という論法ね。
他に不法投棄が増えるだとか。。。
こういう理由での“反対”は、“反対のための反対”のように感じられて、共感できないな。

私がこの法律に詳しくないので頓珍漢なのかもしれないけど、中古品が全く販売できないと言う訳ではないよね?
法律そのものは5年も前に成立しているのだから、製造業者はとっくに対応しているはずで、流通する(中古の)一般家庭用品で2001年以前に作られたものは少ないだろうから、中古品の流通が全くストップしてしまうと言う訳ではないよね?
それに中古品でもPSEマークを新たに取得する事は可能なのでしょう?
PSEマークを取得する事によって確かに今よりコストアップするだろうけど、彼ら反対者が言うような低所得者は高ければ買わないのだら、そういった人たちを相手に商売する人たちはコストアップ分を販売価格に簡単には転嫁しない。
そういう意味では、彼らが言い訳にする“低所得者層”にはあまり影響はないのでは?
リサイクル業者は、これまでも中古品を仕入れて、例えば中古品を新品同様に見せるというような“付加価値”をつけて販売していた。
PSEマークもそういった付加価値のひとつと位置づければ、商売人はコストを吸収できる知恵がでるもの。
商売人も消費者も彼らが言うようにひ弱ではない。
っていうか、彼らを必要以上の“弱者”とするのは一種保障目当てもあるだろうけど、そういう必要以上に自分を弱者を見せる事で保障を得ようというような事を潔しとしないヒトにとっては、彼らの論議は“彼らを(社会的な弱者、落こぼれと)バカにしている”という事だよ。
そんな事を言うという事は、ある意味彼らに“差別”感覚があるからで、“弱者”理論にはそれが透けて見えるのが腹が立つ。

じゃ、この法律は諸手を揚げてWelcomeな法律なのか?といえばさにあらん。
他の法律の例に漏れず、この法律にも穴も不具合も沢山ありそうよ。
で、急先鋒の人たちが問題にするのが、中古音楽関係機器の販売。
この分野って、オタクな人たちが多いから、かなりヤッカイ。
って、オタクな人たちがヤッカイという意味ではなくて、ビンテージと呼ばれるかなり古いものがもてはやされる世界だからヤッカイという意味。
PSE法なんて、構想にもない時期に作成されたものが“価値”があるといわれるのでしょう?
私にはその方面での趣味はないからよく解らないけど。

でもさぁ。。。
経産省のお役人氏がいう「正直者がばかを見ないということも大事」と言うのは、このケースではちょっとピント外れ。
2001年の法成立後に製造されたものであればPSE法を適用してもいいと譲歩できても、それ以前のものにはPSE法を適用する必要があるのかなぁ?
法律では立法される以前の事象には適用しないのが普通。
PSE法って「商取引」をも意識しているようだけど、そこで取引される製品には立法以前に製造されたものもあって法を意識しないもがあるはず。
立法の30年も40年も過去に作成された製品には、PSEマークを取得するために法に準拠してしまうとその性能に影響を与えるものもあだろう。
なぜ、そんなものまで一緒くたに適用してしまうのだろう?

って、経産省のお役人って新しいものしか使わないのだね。
ビンテージ品を好むような趣味人も少ないのだろうし、古い物を大事に使う日本の文化とは別の所で育った人が多いのだろう。
家電品がリサイクル業者や古物商(中古品を売っている人たち)で取り扱われていると意識したのはここ数ヶ月の事らしいよ。
PSE法に中古品も含まれると関係業界に正式に通達があったのは今年になってかららしいから。
彼らに言わせるとこの法律の周知期間は“5年も”あったらしいけど、逆に言うと彼らは家電品の流通の実態を5年もの間気が付かなかったという事だよね。
今からでも遅くないから、せめて2001年以前に製造されたモノについては例外措置にしたら?
でね、電気製品のビンテージ品なんてオーディオ関係だけではないと思うよ。
昨日のニュースで言っていたように、オーディオ関連のビンテージ品だけ例外というのは、経産省の世間ズレをより鮮明にするだけだよ(苦笑)

Continue reading

ちょっとズレていない?

昨日というか、日付は今日になっていたけど。。。帰宅してテレビを点けたら「ガラスの仮面」をやっていた。
懐かしいなぁ。。。なんて思いながら暫く見ていたのだけど、24時間ニュースに替えて最初に見たニュースが昨日のエントリーにも書いた、この裁判の口頭弁論の延期だった。
被害者遺族である本村さんの悔しさが感じられる記者会見だった。
で、酔いの勢いのまま書いたけど、読み返すとなんとなく言葉足らず。。。(^^;

で、改めて。。。


口頭弁論欠席、2弁護士の処分要求…被害者遺族

山口県光市で1999年、本村洋さん(29)の妻子が殺害された事件で、殺人罪に問われ、1、2審で無期懲役判決を受けた元会社員(25)(犯行時18歳)の弁護人2人が、最高裁で予定されていた口頭弁論を欠席した問題で、本村さんは15日、2人が所属する各弁護士会に処分を求める文書を送った。

 「弁護士会が、裁判遅延行為と判断した場合は、懲戒手続きに入ってもらいたい」としている。

 弁論を欠席したのは、安田好弘(第2東京弁護士会)、足立修一(広島弁護士会)両弁護士。2人は14日に予定されていた弁論を、日本弁護士連合会が開催する裁判員制度の模擬裁判のリハーサルに参加することを理由に、欠席した。
(読売新聞) - 3月15日23時57分更新


引用記事では「弁護士会が裁判遅延行為と判断した場合は」とあるけど、本心は「無条件で懲戒」してもらいたいのだと思う。
この人は若いのに、感心する程に我慢強い。
私は、個人的に、この被害者が私が以前所属した関連会社の社員だったり、犯罪が社宅で行われたことで“わが身”と感じている元同僚がいたりして、この事件は全くの他人事ではない。
だからという訳ではなくて、自分の欲望の為だけに2人の命を奪ったこの被告人を許す事はできない。
私がこの被告人を許す事は出来ないと思う以上に被害者である本村さんは許せないだろう。

でね、坊主憎けりゃではないけれど、まっとうに裁判をする事すらしない弁護士はもっと憎いと思うよ。
ここまで冷静に対応できるなんて、立派過ぎる。。。

この人の姿を見ると被告人弁護士の不誠実さが際立つ。
この裁判を「裁判員制度」の下に行ったら、弁護士の心証だけで「有罪・死刑」だよ。
今回の弁護士が寄りによって、「裁判員制度」の普及のための“リハーサル”を欠席の理由にしたのはどういう意味があったのだろう?
好意的に捉えれば、「弁護士は仕事都合で裁判を欠席できるけど、君たち一般裁判員は欠席できないのは理不尽だよね?」という問題提起。
悪意に捉えれば、「弁護士だけが自己都合で裁判日程を左右できる」という奢り。
どちらにしても、「裁判員制度」にはよい影響を与えないと思うよ。

今朝のワイドショーで、この裁判官が5月で定年退職だと言っていた。
もしかして、この弁護士って、この裁判官が退官するのを待って、改めて裁判を始めたいと思っているの?
だとしたら。。。
。。。
。。。
。。。
この弁護士は、日本の弁護士として日本の国益にそぐわない。
即刻、弁護士という資格仕事から退いて頂きたい。
って、上の「。。。」には言いたい事がイッパイ。
でも、書き出すと感情的になり過ぎるから今は書かないほうがいいかな(^^ゞ
ただ思う事は、最高裁判事に国民審査があるように、最高裁で弁護する弁護士にも資格審査てきな国民審査があってもいいのかもしれないという事。


それにしても、今回の事件は、日本の司法制度への不信感を強める結果になりこそすれ、信頼を得る結果にはなりえない。
まぁ、不信感と言えば、そもそも最高裁の口頭弁論が始まるまでに、二審の結審から6年も必要だったのか?
その辺りの検証も要るのでは?
審理に時間がかかりすぎる事も、今回の審理引き伸ばしと同罪だと思うよ。
そういう意味では、量刑感覚も含めて、法曹関係者と一般市民のセンス(感覚)は大きくかけ離れていると思うな。


少年事件、国民の目厳しく=職業裁判官との差、鮮明-量刑意識調査・最高裁

 2009年に導入される裁判員制度に備え、最高裁が専門家に委託して実施した刑事裁判の量刑(刑の重さ)に関する意識調査の結果が15日、まとまった。調査結果は、裁判官に比べ少年事件に厳しい国民の目や、国民の間の量刑感覚のばらつきを浮き彫りにした。
 調査は全国8都市の一般国民1000人と各地の地、高裁で刑事裁判を担当する裁判官766人を対象に実施。被告の年齢や前科の有無、動機や被害感情などの量刑を決める要素を示し、罪の軽重にどう影響するかなどを聞き、裁判官と国民の違いを調べた。
 その結果、「被告の年齢が10歳代」を理由に刑を重くすると答えた裁判官が1人もいなかったのに対し、「重くする」「やや重くする」と答えた国民は計約 25%に達し、違いが際立った。「飲酒による判断力低下」も、刑を重くする方向で考える国民が約37%いたのに対し、裁判官は約3.7%と差が開いた。 
(時事通信) - 3月15日19時0分更新

多分、この一般人の感覚って、最近の少年犯罪が、意識して“法の目を掻い潜っている”犯罪だと感じているからだと思う。
法曹関係者は、“子供には責任能力が不足している”というところからスタートしてモノを考えていると思うのだけど、実際に少年を身近に見る一般人は“罪を犯そうという子供は大人顔負けに法律を悪用しているケースが多々ある”のを実感しての感覚なのだろうね。
もちろん、「犯罪者が身近にいる」という事が少ない一般人の感覚では、「犯罪者を日常的に(近くに)みている」法曹関係者と比べると多少の偏りはあるのだろう。
って、どちらが偏り?という所から考え直さないといけないかも(^_^;

でも、この1点を見ても法曹関係者は“世間感覚からズレ”ている事を感じた方がイイのかもしれないよね。。。
いや必ずしも少年犯罪を厳罰に処すべしと言うつもりはないけど、再犯率の高さを考えると裁判所や弁護士のいう“反省”や“更生”って実効性があるの?と思ってしまうのよ。

Continue reading

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top