Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

「仕事上の都合」での欠席って許されるんだっけ???

山口の母子殺害、弁護士欠席で口頭弁論開けず…最高裁

 山口県光市の本村洋さん(29)宅で1999年、妻(当時23歳)と長女(同11か月)が殺害された事件で殺人罪などに問われ、1、2審で無期懲役の判決を受けた同市内の元会社員(24)(犯行時18歳)について、最高裁第3小法廷は14日、死刑を求める検察側の上告を受けた口頭弁論を開こうとした。だが弁護士が2人とも出廷せず、弁論を開くことができなかった。

 改めて4月18日に弁論期日を指定したが、死刑求刑の事件で弁護士の出廷拒否は異例。訴訟遅延行為に当たる可能性もあり、浜田邦夫裁判長は法廷で「極めて遺憾」と、弁護士を強く非難する見解を読み上げた。

 この事件では、書面審理中心の最高裁が、弁論を開くことを昨年12月に決めたことで、死刑を相当とする判決になる可能性が出ている。死刑廃止運動を進める安田好弘、足立修一両弁護士が、今月6日に辞任した弁護士に代わって就任。「日本弁護士連合会が開催する裁判員制度の模擬裁判のリハーサルで、丸一日拘束される」との理由で、この日の法廷を欠席した。

 これに対し、検察官は法廷で、「審理を空転させ、判決を遅らせる意図なのは明白」と述べ、弁論を開いて結審するよう要請。浜田裁判長は「正当な理由のない不出頭」と述べたが、結審は見送った。

 安田弁護士らは今月7日付で、弁論を3か月延期するよう求める申請書も最高裁に提出しているが、翌日却下されていた。安田弁護士はこの日、「被告の言い分に最近変化があり、接見や記録の検討を重ねる時間が必要。裁判を長引かせる意図はない」とする声明を出した。
(読売新聞) - 3月14日22時18分更新


死刑制度廃止を主張する弁護士にとって、死刑がほぼ確定していると見られる裁判と「模擬裁判のリハーサル」のどちらが重要案件?
本物の裁判と偽者のリハーサルだよ?
おまけに死刑が目される裁判の口頭弁論なのだから、死刑制度廃止論者にとっては最高の“舞台”だと思うのだけど?


昨年12月に弁論が行われる事が決まっていた。
彼らが弁護を引き受けたのが今月6日だったとしても、今月14日に弁論があることを知った上での事だったハズ。
彼らが弁護を引き受けた翌日に弁論の延期の申し入れが却下されてているのだから、弁護団は今日の弁論の為に準備をすべきではないのか?
弁護士が弁論をボイコットしたのであれば、再度の弁論の機会を与える必要はないとすら思う。
いやね、口頭弁論の日程を決める前ならどんな理由で弁論の日の引き伸ばしを計っても戦術としてありかなとも思う。
でも、既に決まっている口頭弁論の日なのだから、それが優先でしょう。

被害者である本村さんが言っているように、関係者はみな諸事、都合をつけて駆けつけている。
それを全く考慮しないで、何が「裁判員制度の模擬裁判のリハーサル」?
正直言って「笑わせるんじゃない!」といいたいところ。
リハーサルをしてまでも周知したい「裁判員制度」が施行されれば、一般人も裁判員として都合をつけなければならないのだよ。
裁判員は「仕事上の都合」で欠席してイイんだっけ?
出来ないのでしょう?
なのに何故弁護士だけが「別の仕事の都合」で欠席できるの?
そんな弁護士は、弁護士不適格として、少なくとも、その被告の裁判からは外して欲しいものだわ(恕)


正義?我侭?

<山口県知事>「岩国市の意向尊重して対応」 住民投票結果

 山口県の二井関成知事は13日、米海兵隊岩国基地(岩国市)への空母艦載機部隊移転受け入れを巡り「反対」が9割近くを占めた住民投票結果について「市長と市議会が話し合うと思う。それを踏まえてまとめられる市の意向を尊重して対応したい」と述べ、結果を重視する姿勢を示した。15日に井原勝介市長と会談し、市の最終的な意向について確認する。
 知事は県庁で報道陣の質問に答えた。反対が圧倒的多数となったことについて「(投票率が成立要件の)50%を超えれば最低8割以上は反対かなと思っていた。(基地を)歓迎する自治体はなく、予測の範囲内だ」と感想を述べた。
 今月末にも日米両政府が合意をめざしている米軍再編の最終報告については「いずれ国に県の立場を申し上げたい。岩国市の意見は重いが、もう少し整理したい。岩国市を含めた周辺自治体の意向を尊重したい」と述べ、今月末に上京して国に県の意向を伝える考えを明らかにした。
 二井知事はこれまで、国から示された騒音データなどを基に「生活環境は悪化しない」と受け入れ容認姿勢を示唆している。【佐藤丈一】
(毎日新聞) - 3月13日12時20分更新

夕べこのニュースを聞いた。
でも、今日の純ちゃんや晋三君の記者会見の談話にあるように、基地を何処に作っても地元になった地域は反対する。
米軍だけでなく、日本の自衛隊でも同じ。
でも、どこかに作らなければならない。
日本に全く軍隊を置かないなんて事は出来ないのだから。
この岩国の住民は、誰かが、何処かが(不本意であっても)基地を受け入れなければならないという前提で考えたのだろうか?
「基地は必要だけど、私のすむ所ではイヤよ」では話は通らない。
この後、どこかに基地移転の話題が出る度に、その話題となった地域が住民投票をして“反対”となったら、その先鞭をつけた岩国の市民はどう責任を取るつもりなのだろうか?


私は子供の頃から“基地”が身近にあった。
“米軍ハウス”と周りから呼ばれている家に住んでいた事もあった。
だからという訳ではないけど、毛嫌いするだけでは何も生まれてこないという立場。
基地がある地元は国からの“補助金”も多く、それで生計を立てる人もいる。
補助金の種類によっては一時的かもしれないけど、雇用だって生んでいる。
例えば沖縄のある町のように、これから先、産業や雇用も人口も大きく減る事を受け入れた上での「沖縄の自然を壊す基地建設はしないで」という運動とは違った感じを受ける。
というか、岩国市民にとっての“正義”がイマイチ見えていないからなのかもしれないけど。。。(^_^;)


それにしても、晋三君は立場とは言え、思い切った事を言ったなぁ。
山口県って選挙区がある処でしょう?
岩国は選挙区ではないのかな?

馬鹿げているだけじゃなく、弱り目に祟り目?

機内食に米産牛肉 日航、乳幼児用へ誤使用定

 日本航空のグアム発日本着の便で昨年四月以降、米国産牛肉が乳幼児用の機内食に誤って使用されていたことが十日、分かった。日航は「ホームページ上で『米国産牛肉は使っていない』とアピールしており、結果的に事実と異なってしまった。大変申し訳ない」としている。
 日航によると、問題の便は昨年四月一日から今年一月二十七日にかけ、日本に向けてグアムを出発したJALウェイズ各路線(昨年七月二日以降の深夜出発便はのぞく)。事前予約のあった乳幼児用の機内食計約五千二百食で、米国産の牛ひき肉を使用したミートソーススパゲティが出されていた。
 十五年十二月に米国産牛肉の輸入が禁止されて以降、日航は海外を含む全機内食会社に使用中止を通達したが、グアムにある会社が混入させていた。この会社は「注意が足りずに間違って使ってしまった」と説明しているという。
 今年一月、利用客から「子供がミートソースを食べたが、米国産ではないかどうか再確認してほしい」とのメールがあり、念のため調べたところ発覚した。
 その後、日航は牛肉が生産された米コロラド州の精肉会社に調査団を派遣し、BSE(牛海綿状脳症)の検査態勢や精肉方法を確認。結果について複数の専門家に見解を求めたところ、「危険性は限りなくゼロに近く、心配はない」との報告を受けたという。日航は「安全性を懸念する必要はないと考えている」との見解を示している。
(産経新聞) - 3月11日2時42分更新

昨日の朝のワイドショーでこのニュースを聞いた時には、「またJALが何かした?」位の感覚だった。
もうJALの不祥事には慣れっこになっている事の現れなのだけど、もうJALなら“何でもあり”(失礼!)なのかなと言うのが正直な感覚。

JALはJASと統合してからというもの、社内“システム”が上手く機能せずに膿ばかりが出ている。
先日の社内クーデターにはちょっとびっくりしたけど、元国営会社でなく、そもそも一般企業だったらこれほどのニュースにはならなかったのかもしれない。
会社が“元国営”だった事と、運輸の安全性に国民意識が高まっているタイミングでの事故の数々で目立っているのかもしれない。

それでも。。。
グアム線で、アメリカの給食会社に外注していれば、その仕入れにアメリカ産のモノを使うことは容易に想像できる。
そういった前提で調査・指示した結果「米国産の牛肉を使っていない」と広告したのだろうか?
そんな些細な事でも、“堤防の一穴”で信用が崩れてしまうのは簡単。
信用を築くのは時間がかかるのに比べて信用がが崩れるのは一瞬。
ドミノ倒しのドミノのようなのよね。

今のJALは些細な事から信用というドミノを並べていかなければならない時期だったのに、またドミノを倒してしまった。
発覚から公表の時期が遅れたのは、ドミノで言えばストッパーが効いていなかったとでも言うのか。
少しでも早く、“普通の会社”になって欲しいと思うものだわ。
特に私は、こんな文句タレでもナショナル・ブランドが大好きなのだから(^_^;)


それにしても、先日のクーデターで集まった“管理職の署名”には驚いた。
集まった署名は管理職の1/10だというけど、それでも400人を超えていた。
管理職が4千人も居る会社って、どれほどの大企業?
まさか管理職ばかりで平が1人も居ない会社ではないよね?(笑)
合併したばかりの会社だとは言え、たった1社で、NTTグループ並の社員数を誇るというの?
その管理職の数だけでも“馬鹿げている”と思うな。。。

Continue reading

競技者というよりエンターテイナー

久しぶりの休日。
彼氏にはごめんなさいだけど、今日は1人でゆっくりしたい。
って、今年に入ってもう2ヶ月が過ぎたのに、未だ彼氏と会っていないのよね。。。(^_^;)
彼氏に、「COOちゃんを待っていたら、いつになるやら」といわれたけどそのとおり(^^ゞ

朝、ベッドの中でテレビを見ていいる時間って幸せ~(笑)
テレビでは、女子フィギュアの荒川選手のインタビューを放送している。
採点方式に合わせて演技をする事に疑問を感じるといっている。
観客が望むものを演じたいと。
そういう言葉を聴くと、彼女は競技者ではなくエンターテイナーなのだと思う。
って、採点競技の選手って多分にそういう要素はあるのだけどね(笑)

自称(?)初心者にスキーを教えるのが得意の彼氏に言わせると、体操競技の経験者に教えるのは楽だと。
体操競技経験者は、自分が演技する姿を、他人が見るように客観的に捉えることができるとか。
仮にそうだとして、他人に見える自分を意識するならば、得点の為に見せたい自分を見せないというのは悲しい。。。
彼女のここ2年の不振はそれが原因だったらしい。

テレビのコメンテーター諸氏は“報酬”の過多でアマチュアよりプロがいいのだろうというけど、そうではなくて。。。
他人から見られる自分を一番良く見せたい、観客が期待する自分の姿を見せたいというエンターテイナーな感覚からではないのかな。。。?

責任を取るべき人がきちんと責任を取ってね

「疑惑、論拠が消滅」メール問題で民主が全面謝罪

民主党は2日昼、「送金指示メール」問題に関する自民党の公開質問状に対し、〈1〉メールの真偽は、「本物ではない」とした党声明の通りである〈2〉メールに基づいて指摘した、武部自民党幹事長の二男への送金疑惑は、論拠が消滅したと理解する〈3〉武部氏と二男の名誉回復措置として、国会などで改めて謝罪する――とする鳩山幹事長名の回答書を自民党に提出した。

 疑惑を取り上げた永田寿康衆院議員も同様の書面を提出し、「メールが本物でないことは得心している」とする見解を示した。さらに、疑惑に関し、2月28日の記者会見で「一定程度の事実を含んでいる」可能性を指摘したことについて、「あいまいな表現を用いたことをおわびする。調査を怠り、思い込みに基づいたもので、根拠のない誤りだった」と撤回した。武部氏らへの謝罪は、「できれば直接お会いして表明したい」とした。自民党は2日正午までの回答を求めていた。回答書は、民主党の平野博文総合調整局長が国会内で、自民党の逢沢一郎幹事長代理に手渡した。逢沢氏はこの後、国会内で記者会見し、「このような表現では納得できない」と述べた。
(読売新聞) - 3月2日13時47分更新


あらら。。。これで幕引きですか?

しかし、民主党も情けないなぁ。
今回の永田クンの行動とその後の民主党の迷走は、先の長妻議員の金星を無にしてしまうような不祥事といってもいいのでは?

週刊誌に、かの太蔵クンより「素っ頓狂」と表現される議員が持ち込んだ「特ダネ」をロクに調べもせずに、国会の予算委員会で質問し「金に魂を売った」と中傷する事を許した。
これだけでも民主党幹部の不見識だと思うけど、党として一民間人に対して「国政調査を要求」した事に関してはどう考えているのか説明もなし。
おまけに、3点セットだの4点セットだのと、自民党を追求する“道具”を持っていながら、予算委員会をこんなくだらない話題で潰してしまい、ロクな審議をしなかった責任に対する見解は?
現在までのところの武部クンや武部クンの次男クンに対する永田クンや民主党の“謝罪”だって、私が当事者だったら決して謝罪とは受け取らないだろうなと思うような振る舞い。
党全体が不見識モノの集まりのように見える。

永田クンの発言に対して、「責任は(党首である)私にある」と進退をかけるといった党首クンも「辞めない」らしい。
(選挙民から)選ばれた(信託された)議員を懲罰動議によって除名(議員辞職)させる事は賛成できないけど、永田クンは自主的に辞職すべしと思うし、前原君だって党首を辞職するのが妥当じゃないの?
前もって宣言していたのだからね。
そういった“約束”を党首自らが反故にするのであれば、民主党のマニフェストなんて信じられないよ。


それ相応に見識も経験もある議員が多いはずなのに、民主党はいつまでお子様政党で居るつもりなのか。
民主党が政党としてもう少ししっかりしないと、日本の先行きが心配だよ。
いつまでも、かつての社会党のような「駄々っ子」で居る事だけが、第二政党の存在意義だなんて思わないで。
しっかりした野党が居てこその議会制民主主義でしょう?
その野党が「いつでも政権を取れる」状態で居る事が国民にとっての利益でしょう。
与党が60年も交代しないなんて異常な事なのだから、君たちはいつまでも野党に甘んじているのではなくて、政権を取れる政党に育って欲しいと思うよ。
いつまでも“野党”に甘えるのではなく、“駄々っ子”だけを存在意義とするのではなく、その存在に意義を示しなさい。
君たちが「(小泉)自民党に欠けている」といっている説明責任を率先して果たしなさい。
そして、責任を取るべき人がきちんと責任を取りなさい。
それが、信頼を回復する唯一の方法だと思うよ。
そして自民党との違いをアピールできる手立てだと思うよ。







Continue reading

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top