Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

ここまで来ると異邦人。。。というか、醜い悪あがき(^_^;

昨日、初めてニュースを聞いた時には何かの間違い?聞き間違い?かと思った。

ヒューザー、18自治体を提訴「耐震偽装を見逃した」

耐震強度偽装事件で、姉歯秀次・元1級建築士(48)による偽装マンション約20件を販売した開発会社「ヒューザー」(東京都、小嶋進社長)が30日、「建築確認で偽装が見逃されたのは自治体の責任だ」などとして、東京都や横浜市など首都圏の18自治体を相手取り、計約139億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴状などによると、ヒューザーは26件のマンション(未着工物件を含む)について、「18自治体は、建築確認や完了検査で、構造計算書の改ざんを見逃した」と主張。民間の指定確認検査機関が建築確認を行った物件についても、最高裁判例により、自治体が責任を負うとしている。

 請求額のうち計約109億円は、ヒューザーが瑕疵(かし)担保責任に基づき住民に支払い義務を負う補償金や、欠陥マンションの解体・補強工事費など。残り30億円は、ヒューザーが社会的信用低下などで受けた損害などとしている。

 小嶋社長は提訴後の記者会見で、「被害者救済を一日も早く実現するため、提訴に踏み切った」と述べ、訴訟で得た賠償金はすべて被害者救済に充てる方針を示した。

 これに対し、欠陥マンション「グランドステージ東向島」の住民だった会社役員の男性(45)は「われわれは現時点で家賃やローンの負担を抱えて困っている。小嶋社長には、訴訟の結果に頼らずに、今やれることをやってほしい」と話している。

 東京都都市整備局の話「訴状を見ていないので、コメントできない」

 横浜市の話「まだ訴状を見ていないのでコメントは難しいが、建築主であるヒューザーが依頼した建築士が構造計算書を偽装したのであり、自治体を相手に訴訟を起こすのは本末転倒だ」
(読売新聞) - 1月30日21時42分更新

このニュースが空耳でも聞き間違えでもないのね。。。
盗人猛々しいとはこの事ね(^_^;)

この件を言い換えるなら、粉飾決算は見抜けなかったのは監査法人と証券等監査委員会、取引所と投資家といって、ホリエモンが国を訴えるに等しい。
ダレもが、「この人おかしい」と思うような事だと思うけど?
それに、聞くところによると、ヒューザーの現預金は5000万円だとか。
そのうち2000万円も使ってこんな訴訟を起こすとは正気の沙汰ではない と思う。


<耐震偽造>イーホームズをヒューザー提訴 名誉棄損で

 耐震データ偽造事件に絡み、建築主のヒューザー(東京都大田区)が31日、指定確認検査機関・イーホームズ(新宿区)のホームページの記載で名誉を傷つけられたなどとして、同社と藤田東吾社長に5億円の賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、イーホームズは昨年11月18日以降、ホームページに「ヒューザーから偽造の隠ぺいを要請された」「ヒューザー社長の発言は明らかなうそ」と記載した文書を公表。藤田社長は衆院国土交通委員会の参考人質疑で「隠ぺい要請」を認める発言をした。【木戸哲】
 ▽イーホームズの話 訴状を見ていないのでコメント出来ない。
 ▽藤田東吾社長の話 事実を述べてきただけなので名誉棄損のいわれはない。
(毎日新聞) - 1月31日19時42分更新


なんだかね。。。
ご自分の責任は?
まず、自分が被害者であるある住民に損害賠償をしなければならない立場でしょ?
って自分に責任があると思っていないから「名誉毀損」だなんていうのだろうけど。。。

北側君が、先の訴訟について「履き違えている」と言ったらしい。
ご本人は「転んでも唯でも起きない」つもりなのかもしれないけど、本当に履き違えていると思うよ。


子供の頃、母が(自分より)一世代下の人たちの考える事は理解できないと、よく言っていた。
ちょうど、この小嶋社長がそんな世代?
自分は“自由”を名目とした“我侭”をし放題で、何か問題が起きれば、それは何事も“他人の責任”。
そういう考え方は日本の戦後教育の賜物なんだろうけど、ここまでくると異邦人。
なんだか、理解の外だね(苦笑)

でも、彼が何かすればするほど、と言うか、悪あがきをすればするほど、被害住民の反感を買うだけ。
そろそろ、それに気づいてもいい頃なんだけどねぇ。。。

なんだか気になるお金(の流れ)

センター試験で使われたリスニング機器って、総額で16億円もしたのね。


センター試験 リスニング不具合プレーヤーの傾向と対策

 ICプレーヤーの不具合が相次いだ、大学入試センター試験の英語リスニング(聞き取り)テスト。21日の試験で457人が再テストを受け、28日には再試験が行われる。これだけのトラブルが発生した問題のプレーヤーとは、いったいどんな機器なのか。【野島康祐】
 入試センターは試験前、ICプレーヤーの詳細をほとんど公表しなかった。25日になって、製造・管理費で総額約16億円をかけ、約61万台を準備したことを明らかにした。1台当たり約2600円。しかし、肝心のメーカー名については「試験問題の秘密を守るため明らかにできない。試験用紙を印刷した業者名を公表できないのと同じこと」と説明した。
 リスニングテストは、受験生が1台ずつ配布されたICプレーヤーに、試験問題の音声が記録されたメモリーを入れて再生する。入試センターによると、プレーヤーとメモリーのセキュリティーが一致しないと再生できない仕組みで、いずれも同じメーカーが製造した。
 入試センターは機器の基本仕様を複数のメーカーに示し、各社の提案書を比較。音質や経費などの面から選んだメーカーと随意契約を結んだという。関連業界内ではメモリーの形状などから、このメーカーは特定されている。だが、同社幹部は「入試センターが公表しないのに製造したとは言えない。不具合をゼロにしたいという気持ちをないがしろにしているわけではない」と話した。

(中略)

 入試センターは来年度も、今年と同じメーカーに機器を発注することを決めている。今後、不具合の原因などについてメーカー側から報告を受けたうえで、改善策を検討するという。

(毎日新聞) - 1月27日17時49分更新

引用した記事で表示される写真を見れば、この機器を作ったメーカーがどこなのかはおのずと判る。
と言うか、センター試験の翌日に不具合が報道されたときに、多くの人が気がついたと思う。
で、その供給量の多さに「あのメーカーは儲けたね」と思っている人も多いと思う。

ただね。。。
この機器って、受験生が買い取るのね。
英語のリスニング試験が導入されて、センター試験の受験料が2000円上がった。
そして、試験後、そのリスニング試験に使われた機器を受験生に持ち帰らせている。
と言うことは、受験生は2000円でこの機器を買わされたと言う事なんだよね。

でもさぁ。。。
この機器って、同じメモリカードを使っても、今回のリスニング試験問題以外は聞けないらしい。
それって。。。
持って帰された受験生だって迷惑、っていうかゴミにしかならないんだもの。
せめて、音楽を聴けるプレイヤーとして活用できるなら、2000円で買えてラッキー♪と思えるだろうけど、使えないんじゃねぇ。。。(^_^;


センター側は来年以降も同じメーカーの同じ機器を使うと言っている。
件のメーカーは、出荷する時にはその型番の製品は製造終了になっている事で有名な企業なのにね。。。

って言うか、なんで専用機器での試験をするのかなぁ。。。
例えば英検のリスニングだったら、“放送”を媒体に行われる(私の頃は行われていた)。
英語のリスニング試験を否定はしないけど、センター試験のような広域で大規模に行われる試験では難しいのじゃないのかぁ。。。
受験者の“不利”を極力するなくする為なら、機器不全による不都合が“個人”である今回の方式より放送方式の方が客観的に不都合を判断できて(同一条件による)再テストもしやすい。
なのに、なんでICプレイヤーを使った試験なの?
なんだか、16億円ものお金の流れが気になる。

プロとしての誇りを捨てた?

こんなニュースを見聞きすると、自分の仕事に誇りのない人が多いように思えてくる。

<ライブドア>公認会計士が企業買収、決算粉飾に関与

 ライブドア(東京都港区)グループの証券取引法違反事件で、同社の会計監査を担当した公認会計士が、グループと関係の深いコンサルタント会社代表に転身し、株価つり上げを目的とした企業買収や決算の粉飾に関与していたことが分かった。これらは、ライブドア側の指示で行われたという。東京地検特捜部は、ライブドア上層部が主導したとみて、会計士を巻き込んだ不正経理の解明に向け、同社前社長の堀江貴文容疑者(33)らを追及している模様だ。
 この会計士は03年12月まで、ライブドアの会計監査を担当する「港陽監査法人」(横浜市)に所属。03年9月期決算について「適正」とする監査報告書を提出した後、ライブドアと関係が深いコンサルタント会社「ゼネラル・コンサルティング・ファーム」(同)の代表取締役に就いた。同社は今月16日に特捜部の家宅捜索を受けた。前任の代表取締役はライブドアの前財務担当取締役、宮内亮治容疑者(38)だった。

本来、ディスクロージャー資料、特に決算報告に粉飾がないように監査する人が居るはずなのに、それでも今回のような事件が起きた責任の一端は監査法人にもあるはずなんだけど、これって、それ以上なんだよね。。。
“監査人”が粉飾を見抜けなかったのも問題だし、その粉飾を監査法人が関係する会社がコンサルティングしていたって、何なんだろうね。。。

幾つかの企業で「港陽監査法人」から、監査法人を乗り換えるという動きがある。
かなり大きな企業って、4大監査法人で監査を受けている事が多いのだけど、そうでない企業が多いのにびっくり。
って、日本にはいくつも企業があるのだから、4大監査法人以外の監査法人を使っている会社があるのは当たり前。
目から鱗の事に、思い込みの不明を恥じたわ(^_^;


SBI北尾氏、ライブドア問題を大いに語る(下)

 SBI(ソフトバンク・インベストメント)HD<8473>の北尾吉孝代表取締役CEOは26日の決算発表の席上、一連のライブドア問題について次のような趣旨の話をした。
 「8000億円もの時価総額のあった企業がどこまで下がるのか。報道されているように粉飾決算が事実なら1株純資産も本当はどれくらいあるのか、わからず、予想がつかない」
 「私はずっと以前から1対100の株式分割等については非常識極まりないと申し上げてきた。株式分割後、株不足の需給要因によって一時的に株価が急騰しても、当然その後は暴落する。株式分割は本来企業価値には影響がなく、1対100の株式分割は証券界の精励を汚すと非難してきた」
 「そうした経緯もあって、今回のライブドア問題には“やっぱりこんなことをやっていたのか”と実感している。ライブドアの買収方法については、相手の立場を慮る仁の思想からかけ離れている。ライブドアの業績動向にはもともと関心がなかったが、何で買収相手のノレン代の償却がないんだろうかと不思議に思っていた」
 「買収先の事業動向がどう推移しているのか、決算内容から伝わってこない。公開会社は情報開示を徹底せねばならない。買収相手の動向も開示するのが上場会社として当然の責務であり、ライブドアの情報開示はお粗末だ」
 「ライブドアの傘下に少しでも拾える(買収の候補になる)会社はあるのかな、と見てみたいが、ほとんど興味のないグループだ。通常、買収をする際には “どのようなシナジー効果があるか”と考えるが、この会社にはそれがなく、表面的には良いものがない。ポータルサイトやブログは少し使い物になるのかな、と思うが、孵化させる努力が必要になる。現段階ではデューデリジェンス(精査)の仕様がなく、昔の中国の国営企業と同じ状況にあると思う」(S.K)
[ラジオNIKKEI2006年01月26日]
(ラジオNIKKEI) - 1月26日16時21分更新

SBI北尾氏、ライブドア問題を大いに語る(下)

 SBIHD<8473>の北尾吉孝代表取締役CEOは26日、先にマネックス証券がライブドア<4753>株式の信用取引における担保価値をゼロにしたことについて「証券界で飯を食っている人の常識では考えられない行為だ。その日には(途中から)株価が戻そうとしてきた折でもあり、あれによって冷やされた。ものすごく影響が大きかった。どういう意図でやったのか、さっぱりわからない」と語った。
 また、ライブドアの株価動向については「8000億円もの時価総額のあった企業が今、いくらになったのか。私も証券界で生きてきたが、危険なものには手を出さない方が良いと考えている。しっかりと努力をしている企業の株式を長期で保有することが最も儲かる手法だと考えている」としていた。(S.K)
[ラジオNIKKEI2006年01月26日]
(ラジオNIKKEI) - 1月26日16時21分更新


こういう人って嫌い。
後から「前から思っていた」と言うなら、何故そのとき言わない?
今頃言うなんて、なんだか自分が気がつかなかった事をしてやられた悔しさ?に見える。

って、言うか、私、野村證券出身者に嫌いな人が多いから、彼に関する嫌悪感もその一環なのかもしれない。
なんとなく人を見下して、自分が“何でも知っていて”その“判断は正しい”と言う感じが表に見えて、なんとなくイヤな感じなのよ。。。

それにしても失礼な人だな。
ホリエモンやライブドアを嫌いだとしても、そのグループ企業を“価値がない”とかライブドアグループだから“危険”と切って捨てるのはどうなのかな?
現社長の弥生やセシールは優良企業だと思うけど?
別の事で目が曇って、しっかりと努力している企業を評価しない、出来ない投資家はプロの投資家としてどうなのかと思うけど?

単なる弱いものいじめ。。。

なんだかなぁ。。。
って、最近、このフレーズが多いなぁ(^_^;)

でも、今日のホリエモンの逮捕に絡むテレビ局の対応って、“(テレビ)放送って本当に公共財なの?”と思ってしまうほど。
逃亡の恐れがあるか否かは解らないけど、証拠隠滅の恐れがあると検察が判断したのであれば、さもありなん。
でも、その逮捕をうれしそうに、小菅(拘置所)への移送(護送)を延々とテレビ中継する事に何の意味があるのだろう?
それも首都高を通って行くだけなのに。

ホリエモンの犯罪性といえば、言われている事がすべて本当で、証券取引法に違反しているとしても、悪くて懲役1~2年。
でも、多分、執行猶予が付く。
確かにテレビ的には、過去に彼を“時代の寵児”扱いをしたこともあってセンセーショナルだけど。。。
それより、もっと大事な他の事から目を背けているんじゃにの?という疑いが拭えない。
実際、色々なブログでもそういう方面で取りざたされているしね。
マスコミとしては、「“自分は頭がいい”と過信した小生意気な若造が自分の頭のよさを過信した結果、法を踏み外した」という位の冷めたスタンスの方がいいと思うけど?
年末にあった株主総会で涙を流した姿や、その後の忘年会での弾けぶりを各社流していたらしいが、別にいいじゃん。
泣いた数時間後に笑って何が悪い?

でも、流される映像を見て、反社会的組織と認識される某宗教団体のようだと思ってしまった。
もしかして、あの宗教団体の映像もそうやって“作られた”モノだったのかも?と一瞬感じた。
そういえば、移送(護送)時のテレビの扱いも、小菅にいる某代表と同じね。


お正月、実家に帰っていて、父の文机にあるメモを見た。
「ミキティ:○○、ホリエモン:○○、村上ファンド:守銭奴」とあった。
父が何かの本を読んだ要約をメモしたもの(引用は私が更に要約)らしい。
敢えて何を読んだのかは聞かなかったけど、“守銭奴”といえば村上ファンドよりホリエモンに言うべき言葉なのでは?と思った。
「お金に執着してる」という意味では、村上ファンドよりホリエモンの方が上だものね。

私はライブドアをIT企業だとは思っていない。
明確に“投資会社”だと思っている。
投資会社がより“儲ける”ために法の網目を色々検討し、策を弄した。
結果、グレーな取引がある。
それが本当に“有罪”なのか、今は判断できない。
法の解釈によっては“セーフ”だったりするから。
ただ、法の立法精神を考えると“アウト”なんだよね。
だから、検察は“アウト”と判断しているのだろうし、裁判所も“アウト”と判断するだろうけどね(笑)

私自身はこの事件は今後もウォッチするつもり。
でも、マスコミがこの事件一色になるのはオカシイと思っている。
国家を揺るがすような大犯罪でもなく、それほど大人物でもない人の犯罪。
マスコミが特番まで組んで(気に入らない)特定個人を名指しで非難するような、そんな風潮には意を唱えたいな。
単なる弱いもの苛めに見えるもの(苦笑)


それにしても解らないのが、純ちゃん(自民党執行部)に、先の選挙でホリエモンを推した“責任”を問う動き。
その根拠は?
ホリエモンが犯罪者かもしれないから?
仮に彼が犯罪を犯していたと認定されたとしても、それで責任を問う?
だったら、弁護士でありながら法を犯して弁護士資格を持たない人に弁護士業務を代行させた某議員を推薦した民主党はその不明の責を問われないの?

立候補時に既に有罪判決を受けていたり、容疑者だったと言うならまだしも、立候補時には明白になっていない容疑を元に責任を云々するなんてナンセンス。
それを問うのであれば、政党(本部)は検察以上の捜査能力がないといけないって事だものね(笑)
それに、そういう事象で、もし純ちゃんに責任があるというなら、民主党の前原代表が率先して責任をとらないとね(苦笑)
(って、こんな事を書くと、また自民党支持者だって言われちゃうわ (笑 )







Continue reading

やっぱり、ならず者? やっぱり隷属国?

早速?
まだ輸入再開して1ヶ月なのに。。。

米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入

 政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していたため、12月に再開したばかりの輸入を、再び全面禁止する方針を決めた。

 安全が確認されるまでの措置。食品の安全性をめぐる議論の末に、一度は決着した米国産牛肉の輸入禁止問題は、振り出しに戻る。米国側のずさんな対応と同時に、米国に対する配慮から輸入再開を急いだ日本政府への批判も強まると見られる。

アメリカのすることだから、いずれいい加減だとは思っていたけど。。。(苦笑)
日本ではすったもんだの末の輸入再開だったのに、アメリカではそうでもなかったのかしら?
それとも、アメリカには商業上の“信義”なんてないのかしらね。

まぁいずれにしても、こんないい加減な対応、約束を守れないのであればアメリカは本気で日本に輸出する気はないものととして、“停止”ではなく永久に輸入禁止にすればいいわ。
日本政府は、既に輸入されている1400トン弱の牛肉も一緒に送り返して、迷惑料も請求すればいい。
それに、牛肉だけでなく、レモンもオレンジも。。。


まぁ、そのぐらいしたって、“ならず者国家”のアメリカは何も感じないだろうけどね。。。(苦笑)
でも、一応“同盟国”の信頼を失うことに成りかねないんじゃないのかなぁ。。。
と言うか、これって、アメリカが日本を隷属国としか思っていない所作だね。


   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top