Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

どうして、こんな風になっちゃったんだろうね。。。

なんだかね。。。

京都小6女児刺殺、凶器の包丁は1週間前に購入


 京都府宇治市の学習塾「京進」宇治神明校の教室で10日、市立神明小6年、堀本紗也乃(さやの)さん(12)が刺殺された事件で、逮捕された塾アルバイト講師で同志社大法学部4年萩野裕(ゆう)容疑者(23)(宇治市寺山台)が、府警の調べに対し「包丁は1週間前に宇治市内のホームセンターで購入し、自宅からかばんに入れて持ってきた」と供述していることがわかった。

 事件現場の教室のモニターカメラの電源プラグが抜かれ、予定されていないアンケートを利用して紗也乃さんと2人になっていたことと合わせ、府警は萩野容疑者がこの日を犯行日と決め、事前に計画して紗也乃さんを殺害したとみている。

最近の親御さんは、子供が学校や塾等に行っていれば、「少なくとも“悪い”事をする暇はないだろうから安心」と思っている人も多いと聞く。
それ以上に、学校や塾に居れば子供の身体的な安全は確保されるていると当然信じているのだと思う。
学校や塾に預けていれば“子供は安全”だと思っているのだと思う。
なのにね。。。


事件が起こってしまった後では、犯人だった彼は23歳にもなって“子供なのね~”とか、“大人になりきれていないのね~”だと思うけど、大事な子供を預けている教師がそんな人間だったとにわかには信じられないのでは?
そういう(未熟な)人間に大事な子供を預けてしまった親御さんの悲しみや心痛はいかほどか。。。
子供の居ない身では“心中を察する”には至らないだろうが、本当にお気の毒な事だと思う。

子供を、“預かってくれる”場所に安心して預けられないというのは困る。。。
子供を持たない私でさえそう思うのだから、子供を持っている人の不安は計り知れない。。。


此処数日、小学生が被害者になる事件が多い。
これまでの事件は、(裁判が終わっていない状況ではなんとも言えないが、)自らのコンプレックスを、より弱いものに向ける事で解消しようとしたように見える。
でも今回の事件は、“(自らのコンプレックスを)より弱いもの”に向けたのではなく、自らが同等の立場に立っているように見えるのが、私にはこれまでと違って見える。


今日辺りの朝のワイドショーでは栃木県の事件について「通学路が2キロ“も”」と言っていたが、そんなのは、都会の住宅街以外では普通じゃないの?
少子化で学校が統廃合されているっていうし、過疎で市町村ですら合併してるものね。。。

私が子供の頃は誘拐事件が流行っていて、「知らない人には(例え親が死にそうだと言われても)着いて行ってはいけない」と言われたものだ。
その通学には、人が殆ど通らない路を2キロ近く歩いて通っていた。
私が一番遠かったわけでもなく、遠いところから通っている子の中には4キロ以上も歩いてく来る子供も居た。

私の通学路は田んぼの真ん中に作られた高速道路の下の建設作業用道路だったから、周りに何もなかった。
お陰で1キロ以上先を歩いている姿を(勿論顔が判る訳ではなく、洋服の色などで)確認できた。
半ドンだった土曜日などは、母は私が歩いている姿を家の窓から見て、あとどの位で家に帰り着くと計算して昼食を用意してくれていた。
子供が帰る姿を自宅の窓から見ていたのは私の母だけではないと思うし、その時間も歩いている姿が見えているのも20分近かったのではないかと思う。

当時は、誘拐だけでなく“神隠し”(今では、北朝鮮による拉致と判明)が頻発していたから、当時の小学生の親御さんの心配はいかばかりかと思うよ。
当然私も「防犯ベル」を持たされていたけど、防犯ベルの音なんて2キロ先の母親の耳には届かない。
田んぼの真ん中から人家のる場所にだって届く事はないだろう。
いくら子供の姿を確認できるとしても、親にとっては遠く2キロ先にいるわが子が誰かにさらわれたとしても、助ける術もさらった相手を確認する術も無い。。。


それはそうとして、学校の行き帰りだけでなく、親が安心して預けた先の学校や塾で子供が教師に殺されるなんて、どの親が考えただろうか?


先日の「朝生」でも、瑞穂ちゃんを初めとした女性(国会)議員の皆さんが「現代は子供を安心して産めない時代になっている」と言っていた。
瑞穂ちゃんなんて、未成年の犯罪被害者に対して「子供を一人で歩かせる親が悪い」と言う人だから、今回の事件でも、「塾に通わせた親の責任」とでも言うのだろうと思う。
彼女は、犯罪を犯す人には“少し”の罪しかなくて、“犯罪被害者が存在したしたから”犯罪が起きたという人。
以前も性犯罪の被害者(被害当時中学生)を「一人で歩いていたのがいけない」と言ってのけたのよね。
彼女は、子供は、特に女児は通学や通塾、その他外出する時は全て親が付き添えといっていた。
自身、そんな事は不可能だって知っているとは思うけどね。
彼女が女児を持っていたとして四六時中その子の傍に居られるわけもなく。
今回の事を考えるならば、授業中も親が傍についていないとね。 
って不可能だよね。

でもそんな事をいう以上、瑞穂ちゃんが傍に居ない事で自身の子供が犯罪被害にあっても言い訳ではないよね?
彼女自身はそうは(私は言い訳はしないなんて)言っていないけどさ(苦笑)


で、その朝生で、瑞穂ちゃん自身がその直前に言ったように、現代は子供を安心して産み育てられなくなってしまったのよ。
そういった社会を作ってしまったのは、今の大人である私たち自身。
勿論、加害者だけに人権があると思っている瑞穂ちゃんのような人に責任は重いのだけどね(苦笑)

でも、23歳にもなって小学生の子供と対等に張り合う“子供大人”を作ってしまった私たち“大人”の責任も大きいのだろうね。

でも×2 社会の宝である子供を安心して育てられない社会って、“社会”という概念の言葉を持つのもおこがましいほどの下等社会だよね。
どうして、こんな風になっちゃったんだろうね。。。

ヒューマン?コーポレート?

初めは良く解らないニュースだった。

昼間はネットを含め外界から全く遮断された世界にいるので、仕事の帰りに携帯でネットニュースを見ていて「誤発注はあみずほ証券」と会ったのを見ても、何も感じていなかった。
ただ、「何故“誤発注”が問題になるの?」という程度だった。
帰宅してネットのニュースを拾っても尚、理解できなかなった。。。

やっと理解できたのは今日になってから。

。。。
言葉もない。
テレビでは、誤発注を“ヒューマン・エラー”としていたが、我々システムに携わる者としては、“ヒューマン・エラー”を出さない為に日々努力している。
それでも出てしまったヒューマン・エラー。。。

私には考えられないミスなんだけどね。。。
って言うか、やはりヒューマン・エラーなんだろうね。。。


通常、証券会社のシステムであれば、前日の終値を基準にして上下数%を超えるような値段での注文は受け付けない。
前日、この場合は上場時に67万円を過ぎていた株価に対して、単価“1円”なんて注文はシステムでは受け付けないのが普通。
また、注文時に機関投資家というような特別な顧客以外で、発注単位(今回は1株)の数十万単位以上の注文を受け付ける事はない。
どちらのケースも、担当者が“注文”の入力をした後に管理責任者の“承認”入力が必要であるのが一般的だ。

何故その“注文”が通った(執行された)のか?
それは、その株式、その会社がたまたまその日に上場したばかりだったから。。。

新しく上場した株式であれば、“前日”の値段がシステムに登録されていない事が多い。
本来ならば“募集価格”だとか“新規上場価格”というものがあるのだから、基準となる(前の日の)値段はわかっているハズなのだけど、「新しく上場する株式に限って、注文を受ける値段の上限(下限)を設けない」という証券会社も多い。
“偶々”なのだけど、システムの盲点を突いた注文だったって事よね。。。
って、犯罪ではないので“盲点をつく”という表現は適切ではないのだろうけど。。。

通常の証券会社のシステムであれば、ヒューマン・エラーは色々なケースを想定して、その防御策が施されているハズ。
金融機関のシステムは、“人を信じない”処から始まって“入力ミスを許さない”設計になっている処が多い。
みずほ証券のシステムは肝心な処の詰が甘かったのかな?


入力時にワーニング(警告)が出たということから察するに、今回の事故は熟れと(人は間違いを犯さないという)驕りがもたらしたのだろう。
熟れがもたらしたにせよ、驕りがもたらしたにせよ、この誤発注に端を発する会社の損害は大きい。
システムが万全だとは思わないけど、ヒューマンなエラーを通してしまったのはシステム担当者としてはかなり辛いエラーだわ^_^;
でもそれは“ヒューマン”(個人の)ではなく、コーポレート(会社的)なエラーだわ。


人としての義務と人権と。。。

女系天皇に関するエントリーに対して今日TBのあった先を辿ったら、「世に倦む日々」というblogだった。
ここって、確か有名なblog。。。
こんな場末の日記にまでTBしなくても、読む人は沢山いるだろうに。。。(笑)

で、彼(彼女?)の女系天皇に関するエントリーを読んだら、かなり冷静に整然と男系に拘る事の意味(の無さ)が書かれている。
流石に読者の多いblogは違うわね。


女系天皇雑感(3) - 模範者選びとしての皇位継承と雅子妃の人権

今回の答申の意義は、ひとつは現在の天皇皇后両陛下の直系で将来の象徴天皇制を受け継いで行くという事だが、もうひとつは初めに述べた皇室に嫁いだ女の人権を守るという事だと思う。皇室に嫁いだ女を「男を産め」という強制や脅迫や抑圧から解放するということである。二千年の男系皇統の伝統よりも一人の女の人権を優先したという判断であり、それを誰より希求していたのが皇太子夫妻と天皇皇后両陛下だということだろう。

という部分にはとっても共感を覚える。

天皇は“国民”でないのだから、憲法で国民に保証されている基本的人権は無くて当たり前だという人も居る。
でも、天皇だって、皇族だって日本に住む人間であることには変わりない。
まして日本国民の象徴であるならば、もう少し彼らの“人権”に配慮してもいいのではないかと思う。
国民が皇家に自己犠牲を押し付けるだけでは、遅かれ早かれ天皇制を維持する事はできなくなる。
天皇制を維持するためにも、また日本国民の“象徴”が少しでも幸せで居られるように考える事が国民の義務でもあるように思うのだけどな。。。

どんな法律を作っても。。。


日本版SOX法がもたらす「内部統制」のIT化

2002年に米国で誕生した企業改革法(サーベンス・オクスリー法=SOX法)の日本版ともいわれる法律が、2008年3月決算期から施行される見通しだ。金融庁の企業会計審議会が、7月13日付けで『財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準』の草案として公開しているものが、いわゆる日本版 SOX法である。

日本版SOX法の対応には、「ITが必要」だという見解は以前からあったが、11月10日に開催された第12回内部統制部会で、ITは「(企業の)内部統制の目的を達成するために不可欠な要素」であり「内部統制の有効性に係る判断基準」として明確に位置付けられた。

これにより、企業はITを中心としたSOX法対策が必須課題になったといえる。対象となるのは2007年4月からの企業活動である。残された準備期間はわずか1年程度と、差し迫った状況だ。今回は、ITコンサルティングやセキュリティ・コンサルティング、内部監査コンサルティング業務などを手がけるSFJソリューションズの常務取締役であり、情報システムコンサルタントの川上暁生氏に、日本版SOX法への対応策について話を聞いた。



この記事には出てこないけど、彼氏もこのSOX法に関する仕事をしている。
って、この仕事をしている人って日本ではごく少数だから、彼氏が誰だか直ぐにわかってしまいそうな感じなのだけどね(^_^;
っていうか、いままで、この企業改革法に関して“意識”のあった企業って、NYSEに上場している企業だけだったものね。
彼氏はもともとは“企業改革法”をターゲットとしたコンサルタントではなかった。
たまたま以前携わっていた仕事の延長線上にアメリカの企業改革法があった。

彼氏は以前は忙しかった。
以前は独立系のコンサルだったのだけど今は某巨大企業に属するコンサルで、主にその企業にたいしてだけコンサル提案をするので、以前ほどは忙しくないかな。

唯ね。。。。
彼氏と話をしていたり、色々な企業不祥事を見ていていもつくづく思うのだけど、どんな法律を作っても、適用される企業だけでなく、法を運用する側が法が適用される企業(業界)のバックグラウンドを知らなければ、その法は抜け穴だらけになるのよね。
法は作るひとではなく運用する人に委ねられるものであって、立法の下地として運用する業務のバックグラウンドを反映されないものであれば意味がないと思うけどな。。。


女性天皇・女系天皇の是非を問う ?

毎日配信されるメルマガに、「女性天皇・女系天皇の是非を問う」なんて記事があったので思わず読んだ。

女性・女系天皇容認で議論呼ぶY染色体論とミトコンドリア


皇室典範有識者会議の最終報告で、「女性天皇」ないし「女系天皇」を容認する方向がはっきり打ち出された。

世論調査の数字を見ると、国民の大半がそれに賛成しているようである。朝日新聞調査で女性天皇容認78%、女系天皇容認71%、男系維持すべし17%。しかし、一部に強く反対(ないし疑問視)する声があがっている。

反対者の主たる論拠は、「伝統」である。


女系容認は天皇制の根幹を変更することになるのか

天皇制は二千数百年にわたって男系相続によって維持されてきた。それをここにきて、女系容認に切りかえてしまうということは、天皇制の根幹を変更することを意味するが、それでよいのかという主張だ。

短兵急にそれほど大事なことを決めてしまう前に、もっとなすべきことがあるのではないか、ということで、いくつかの男系相続維持のための方策が提案がされている。

主な反対論者は、三笠宮寛仁、平沼赳夫前経産相、渡部昇一(上智大名誉教授)、小堀桂一郎(東大名誉教授)、八木秀次(高崎経済大学助教授)などの保守派論客たちだが、その見解は大同小異である。

要するに、ここまで男系がつづいてきた万世一系の天皇制を維持するために、男系の血の流れを拡大せよということなのだ。

具体的には、男系の血の流れを確保するために、歴史的に活用されてきたさまざまの方策を復活させたらどうかということで、その一つは側室制度を復活させること、もう一つは、戦後一挙に縮小(11宮家を廃絶)された皇族制度を復活させることだ。

前者は、社会的に拒否反応が強く出るにちがいないということで、最近、大声でとなえる人は少ないが、腹の中では、それを復活させるべきだと思っている人が少なくないはずだ。



Y染色体の話で言えば、現代日本人の殆どが天皇家のY染色体を持つという。
神武天皇のからのY染色体を引き合いに出すのだから男系を支持する人達は、日本人の殆どが神武天皇の“男系”の子孫に属するとの認識があるのだろう。
極論すれば、男系支持者にとっての“天皇”後継議論は、極論すれば天皇家を“産み”の道具とするか、或いは自分の子供を天皇にしたいと思っているのかのどちらかって事。
って、平たく言えば、自分も含めて誰が天皇になってもイイと言っているのよね(笑)

男系支持者がその拠り所にしている神武天皇は天照大御神(神話の世界では女性神で、最近の男系支持者は“男性神”だと言い始めている)の孫であることを理由に皇家の祖とあがめ、神武天皇が“権威ある女性”を皇后として迎えなければ“大王”として認められなかったという神話内の“事実”を無視する。
さらに、継体天皇の前後の“血”の断絶も無視。
都合の良いところだけチョイスして男系があたかも科学的な継承であるかのような理論を持ち出しても、その説得性は薄い。
逆に、男系をあくまでも言うならば、Y染色体を受け継いでいる日本の殆どの男性が天皇になりうると言う事を無視しているのは何故?

貴方が天皇になりたいのですか?
それとも、貴方のお子さんを天皇にしたいのですか?
いや、貴方のお子さんを天皇家に差し出す覚悟はありますか?


で、Y染色体は代が進むと共に薄まる。
逆にミトコンドリアは、ほぼ完全な形で娘に継承される。
“遺伝子”と言う議論を持ち出すのであれば、(立花隆氏が言うように)女系の方が資格者だよね。
って、此処まで、形而上で継ぎ接ぎだらけの男系が継承された現在は、女系であっても天照大御神のミトコンドリアを受け継いでいるとはいえないけどね。。。(笑)


   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top