Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

中途半端な配慮より。。。

今朝の日経新聞の政治面で、北京で行われている日中次官級協議で中国が2日目(16日)の協議を無断欠席したとの記事があった。
記事には、中国が17日からの靖国神社の例祭への純ちゃんの参拝への動向を見ている模様と書いてあった。
朝の通勤の途中でこの記事を読んだ時は、「ふ~ん」としか思わなかった。

夜、帰宅してみると、純ちゃんが靖国神社へ参拝したとか。
マスコミはこぞって日中、日韓関係への影響の懸念を報じている。

なんだ。
中国って、昨日、正確には一昨日から、今日の純ちゃんの靖国参拝を知っていたのね。
知っていたから、外務次官が出る日中協議という国際協議をボイコットしたのね。
馬鹿馬鹿しい。
っていうか、遣ることがお子様っぽい。
文句を言いたいなら、ちゃんと出てきて言えばいいのにね。


しかしなぁ。。。
近隣諸国への配慮だとは言え、今日の参拝にはがっかりだなぁ。。。
本殿に上がらず拝殿でのお参りだし、正式な二礼二拍手一礼でもなく単に手を合わせただけだなんて、参拝した意味あるのかな?
中国も韓国も「靖国神社に行った」という事実だけでアレルギーを起こすのだから、そんな中途半端な“配慮”をするより、とことん“正式”な参拝をしたほうがいいのに(笑)

純ちゃんって、首相になったら、どんな事があっても8月15日に参拝するって言ってた。
実を言うと、純ちゃんだったら、8月15日の参拝を実施できるのではないかと期待していたから、今の様に、終戦記念日ではない、神社の“祭事”に参拝するのって、個人的はがっかりだわ。
嫌戦、不戦への誓いなら、やはり終戦記念日に参拝して欲しいな。

繰り返しになるけど、中国や韓国は、参拝するしないに関わらず、「靖国神社に行った」という事実が大事なだけ。
そして、それは中国、韓国の国内不満のガス抜きになっていて、実質的に彼ら政権に寄与しているのだから、とことん遣ってあげればいいのよ。

経営者保護より、投資家保護を優先してほしい。。。

今日はテレ東のWBSに村上ファンドの村上氏が出ていた。
帰宅してテレビを点けた時には既に話が始まっていて前の方の話の内容はわからないが、キャスターの小谷真生子が「・出資者は? ・運用資金は? ・リターンは?」と書いたフリップをもって話していた。
しかし、テレビ出演とは言え、そんな重要な事をテレビでいうのか?と思っていたら、
私が見ていた時には、名言はしていなかった。
それでも、出資はガイジンと国内の投資家が半々だとか、資金は4000億円程度だとか言っていた。
もちろん、明言した訳ではないけど、そういうニュアンスでね。

その後は、楽天のミキティのTBSへの業務提携のニュースが流れ、それについてコメント。
そういえば、今日の帰りに電車で見かけた夕刊紙に、村上氏とミキティがTBSの買収にかかったような見出しが出ていたな。。。
WBSを見る限りは、一緒の行動ではない様に見える。

WBSでも質問されていたけど、村上ファンドは、仕手の様に、株価を煽って高値で売り抜けるファンドとは性格を異にする。
ファンドマネージャーがM&Aコンサルだといっても、必ずしもどこか他の会社とのM&Aを強調するものではない。
唯、株主の権利を主張して、モノを言っているに過ぎない。
でもね、その手腕は豪腕だし、たった1瞬だけ、自分が株主の間だけの利益を追求した事もゼロではない。
まぁ、3年以上持っている株と1回の株主総会で売ってしまう株と半々ぐらいなのかもしれないけどね。

株主の“知る権利”と、行使できる“権利”を明確に行使して見せた機関投資家って、日本には殆どなかった。
これって、本当は一般投資家にとってもありがたい事。
村上ファンドが株主の権利を行使して“経営改善”した会社も少なくない。
なのに、何故こんなに悪者扱いされるのかな?
それは、会社を自分のモノと勘違いした雇われ経営者が、既得権を侵されたくないからなんだよね。
そういう勘違いした既得権益を護りたがるマスコミにも不信感を感じるな。


昨日、私が書いたエントリーのTBを辿ったら、マネックスの松本社長のブログに行き着いた。
松本氏は、

村上ファンド

 しかし、「村上ファンドはこれだけ株式市場にもタイガース球団にも影響力があるのだから、その資金の出し手を公開すべきだ」との一部論調には賛成出来ません。資金の出し手の匿名性が担保されるという法的枠組みの中でお金が集まり、それを合法的に運用しているだけです。

 国が決めたルールを前提にファンドが作られ、そのルールを前提に行動している訳ですから、この件に関して誰かを批判するとしたら、それは村上氏ではなくて国だと思います。そしてその国の立法機関の構成員を選出しているのは、他でもない私たち有権者です。ですから議論の矛先は村上氏ではなくて私たち自身であるべきだと思います。

と書いている。
まさしく正論ね、と思ったら、こんな記事が。。。

金融庁に早期議論要請=投資ファンドの情報開示-自民・企業統治委

 自民党・企業統治委員会は13日、投資ファンドのM&Aコンサルティング(村上ファンド)がTBSや阪神電気鉄道の大株主に浮上したことに関連し、投資ファンドが上場企業の株式を大量保有した場合の情報開示を行うための制度整備の議論を急ぐよう、金融庁に要請した。 
(時事通信) - 10月13日23時0分更新

現在も株式を大量保有したら保有者は金融庁に報告はしている。
だから、マスコミは村上ファンドがTBS株を何%持っているだとか、阪神電鉄株を何%持っているだとかと報道出来ている。
それをリアルタイムに一般投資家に開示すると言うことなのかしら?
投資家の判断に誤解を生みやすいと言う事で、“手口”の発表が廃止されて2年半。
この廃止の経緯との整合性は?

何かにつけ泥縄的に対応を行うのは、何もしないよりはイイ。
でも、特定のターゲットを捉えての対策って、他の政策との整合性が取れなくなってない?
少なくとも“企業統治”と言う名の委員会なら、企業(経営者)保護を目的とした投資家側の情報開示より、投資家保護を目的とした会社側の経営が透明性を確保して開示する方策を優先して欲しいわ。




Continue reading

本質を間違ってない?

今朝の日経新聞の社説に、「村上ファンドは投資者の明細を明示する義務がある」とあった。
どうなのだろう?

日経新聞の社説ではあたかも村上ファンドは“投資信託”ではないように書かれていたが、村上ファンドは法律上認められた私募投信なんじゃないの?
詳しく法的用件を備えているかチェックはしていないけどね。
で、少数の応募者による私募投信(投資者50人以内)であれば、金融庁に届け出る義務がある。
変動があれば都度報告されているはず。
でも、投資金額が大きいからといって、それをあたかも株式会社の経営指標を公表するような開示義務は無いはずだし、仮に野次馬的に気になるとしても、それは“個人情報”云々に抵触するのでは?

マスコミって、本来、開示義務のある株式公開企業にたいしては開示義務へのチェックは甘いのに、本来守られるべきの個人情報の公開には積極的なのね。
なんか、本質を間違ってない?

なんだかがっかり

昨日から喧しいもう一つの話題。。。
所謂“造反議員”の多くがが郵政民営化に“賛成”票を投じたらしい。

なんだかなぁ。。。

私は個人的には郵政民営化には賛成。
でも、選挙で民営化に“反対”を唱え、“反対”を公約として当選した議員が“民意”を理由に“賛成”票を投じることには疑問がある。

議会制民主主義とは、結果的に“同意者”の多い意見に従う事になる。
でもね、議会に出る議員はそれぞれの民意の反映であって、賛成が多くても“少数の反対の人もいる”ということが民意であって、賛成派が多く選出されたからと“議員個人の判断”で少数意見を引っ込めるのはおかしいんじゃないの?

極端な言い方をすると東京と神奈川、千葉は民営化に賛成した。
岐阜は民営化に反対した。
このままでは3対1で賛成が多いから、たった1票の反対意見である岐阜は議員の判断で“賛成”に転じて全会一致にするってオカシくない?
“民意”と言うならば、此処は正しく賛成3に対して反対1とすべきでしょう。

“民意”とは、選出された結果得票ではある。
結果的に民営化を唱えた自民党が圧勝したにしても、反対をする人が投じて選出された票は議決に反映されなければならない。
その“反対”を率直に国会議決に反映せずに、議員の判断で大きいものに巻かれるかのように、(他の)“民意が賛成だから主張を引っ込めます”は間違っている。
これって、民意を正しく反映しているとはいえないよ。
これって、ある意味、議会制民主主義への冒涜だと思う。

これじゃ、前回の選挙でマニフェストを“政権公約だから、政権を取れなかった場合は撤回してもかまわない”とした民主党と変わりない。
“反対”を投じて当選させた9万もの“民意”を踏みにじったに等しい。
聖子ちゃんってもう少しマシな政治家になったと思っていたけど、ミニスカートだけが売り物だった郵政大臣の時代からちっとも変わっていないのね。
自分の主義主張だけでなく、“公約”や、“民意”をいともたやすく摩り替えてしまう政治家だったのね。。。
なんだかがっかりだわ。

知らない事に目をつぶったり耳をふさいだり、批判するだけじゃ何も解決しないの

村上ファンドの村上氏が阪神電鉄の社長と会見したとかで、ニュースになっている。
しかし、株主である機関投資家が投資している会社の社長に会ったぐらいでTOPニュースになるなんて、なんてこの国は平和なんだろう。。。


マスコミの興味は、阪神タイガースの上場問題。
株を買って株主配当や企業価値の向上により株価値上げで利益を得ようとする投資ファンドって、日本では嫌われるのね。。。
投資信託は買うけど、その投資信託が利益を上げる活動には反対って、どういう心理なのかしらね。
周りまわって、その投資ファンドに自分が“投資”しているかもしれないのにね(笑)
まぁ想像するに、皆さんは自分でお金を管理するのは面倒なので誰かに預かっていてもらいたいけど、殖やして貰うのは迷惑だって事なんだろうね。
私は、お金を殖やしてもらいたいけど、世の中お金が余って仕方のない人が多いって事なのかしらねん。
って書いてしまうと、今日の結論、以上終わりって感じね(^_^;


私は阪神ファンだけど、村上氏の提案には別に異論も反論も無いのよね。。。
だって、先ず、投資ファンドが株を買ったからといって、それは会社乗っ取りとイコールではないもの。

投資ファンドも投資信託と似た様なものだけど、最近、株式に投資するタイプの投資信託の売り上げが伸びている。
1998年12月の投信の銀行窓販以降順調に増えてはいたのだけど、最近は郵便局でも窓口で販売してるものね。
銀行や郵便局の窓口で買えると、つい“リスクの少ない安心な貯蓄商品”と思いがちだけど、それは全く違うのよね。
そして、買った投信は、利益を上げるため、買った人に利息である分配金を支払うために将来株価が上昇しそうな株を買う。
普通の投資信託はそこまで。
村上ファンドが普通のファンド(投資信託)と違うのは、村上ファンドは会社は(資産)価値があるけど経営者の意向で資産を眠らせている会社を選んで株を買い、経営を変革させる事で株主配当と株価の上昇を期待するというもの。
そりゃ、経営者にしてみれば、“何か”の時のために眠らせておいた資産を暴かれて、“経営者が資産を有効活用していない”と責められるのだから、たまったものではないだろう。
でも、一般投資家にとってそれって必ずしも悪いことではない。
“必ずしも”と言うのは、彼の提案が、“一瞬”の利益(1回の配当)を追求し、会社の永続的な経営に資するものではない事があったから。
ただ、経営者ではない投資家の立場なら当たり前の“期待”だと思うのよね。。。
阪神タイガース(プロ野球球団)の株式上場と売却についても同じ。

他の多くのプロ野球球団の経営が赤字な中、優勝しても最下位でも球団経営が赤字にならずに成り立っている優良資産である球団の資産価値をさらに高めて親会社(阪神電鉄)の利益にしたいというのも、投資家の立場としてなら解る。
マスコミは、村上氏の球団株式の上場提案を聞いて直ぐさま“村上タイガース”だとか囃し立てたけど、それって違うよね。
ファンドマネージャーとしての彼は、ホリエモンとは違って球団経営には興味はないと思う。
それ(球団)が(経済的な)“価値”があるから、“価値”を“お金”に換えたいと思っただけ。
少なくとも、球団オーナーになりたいと思った訳ではない。
ファンドマネージャーが他人から預かっているお金をつかって、自分で球団を持てる訳ないでしょ。
そういう意味で、“村上タイガース”はマスコミのミスリード。
ナベツネ爺さんも物知らずを露呈しただけ。
まぁ、彼の場合は、「自分の知らない人(事)=ハゲタカ(ファンド)」らしいので、問題外だけどね。

じゃ、仮に球団が上場して、ダレが困るの?
阪神電鉄は一時的に売却益が出て大もうけ。
もっとも、この儲けは村上氏に“配当”として渡ることになるのだろうか。。。
でも、少なくとも“損”はしないだろう。
今上場するより、10年後に上場した方が利益が上がる事が確実なのであれば別だけどね。

ファンは?
私は、球団株式って、殆どがファンに買われるのだと思っている。
だからそれ程株主の異動もないのではないかと踏んでいるのよね。。。
だって、ファンだったら、ケチくさい阪神電鉄がオーナーでいるより、自分がオーナーの一人になった方がよくない?
高額の報酬を払いたくないケチなオーナーにチームにスター(選手)一人しか要らないと生え抜きのスター選手を放出されることもなく、チームに貢献しながらケチなオーナーに締め付けられた選手がフロントと喧嘩して“フロントがアホやから”と逃げられることもない、そんなチームが作れる可能性があるんだよ。
今は、“ファンド=(投資先を食い物にする)悪人”というイメージがマスコミによって植えつけられているけど、ファンクラブがその会費の一部を元に設立したファンド(基金)が球団を買ってもいいのだよ。
それこそ、“ファンの”球団じゃないの?
株を上場されても、ファンが買えば流動性する株数はそんなに多くはならないハズだもの。。。
私は、そう思えるから、特に反対ではないのよね。
ただ、上場して流動性が必要か?と問われると、その必要性は感じてないのだけどね(笑)

そうそう、株式会社として上場したら利益追求のために八百長が起きるなんていっている人居るけど、オーナーが株式会社だったら球団は八百長をせず、オーナーが個人だったら八百長をするとでも?
野球協約に拠るとオーナー企業は資本金1億円以上の株式会社に限るのでしょう?
今時、選手の年俸より少ない資本金の会社がオーナーになれるとは思わないけど。。。
と言うのは置いといて、オーナー企業にとって球団経営はボランティアなの?
そのオーナー企業は“株式会社”なのに?
オーナー企業は球団経営を会社の“利益”のために使っていない?
株式会社は利益、利潤を追求し、そのためには不正すらする“悪”の存在なのでしょう?(笑)

オーナー企業にとって球団経営費が全て広告費として費用だとしても、それは会社になんらかの“利益”をもたらすから球団を持っているわけよね。
何処かの球団のオーナー企業は、球団の勝ち負けによって会社の売り上げが左右されるので、オーナーが個人株主やガイジン株主でもないのに八百長をやっていたけど、それって。。。?
オーナーが個人株主であってもファンドと言う名の機関投資家であっても、(資本金1億円以上)株式会社であっても不正をするところはするし、しないところはしない。
それが個人投資家だけの場合に不正の危険があるとは思えないのだけど。。。
オーナーが個人投資家の場合と何処かの新聞社のように“株式会社”として“利潤”を追求しなければならない場合の違いが何処にあるのか私には解らない。
(違いがあるとすれば、オーナー企業が“株式会社”の場合の方が、危ないと思うよ)


そうやって見ると、マスコミも、某球団オーナーも、世の中が自分が知らない事に席巻される事に不安になっているだけのように見える。
知らない事に目をつぶったり耳をふさいだり、批判するだけじゃ何も解決しないのに。。。
この辺り、東京電力のオール電化のCMが巧く言いえているよね。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top