Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

時代にそぐわない税金の使い方

国勢調査 650億円投入も、拒否続出 時代にそぐわず

 1日に実施された国勢調査の評判が散々だ。「面会できない」と調査員が嘆く一方、住民の間では「何で詳しく調べられるのか」と不満が募る。650億円を投入した5年に1度の国勢調査は時代の変化に合わなくなっている。

(毎日新聞) - 10月8日17時23分更新


全国一斉で、調査票は調査員と直接受け渡しだから、かなり費用はかかっているとは思っていたけど、そんなにかかっているのね。。。
そういえば、調査票を取りに来る人と時間の約束をしていたから、2日の休日出勤は早めに帰ってきたのよね。。。


全国一斉の統計調査には意義を感じなくもないのだけど、あの調査内容はどうなのだろう?
家族構成は住民票というか、住民基本台帳をコンピュータ処理すれば判るだろうに。
そもそも、そんな集計すら出来なくて何のシステム?それも税金の無駄遣いのような気がする(苦笑)
職業や勤務先を書くのもどう?
勤務先社名や勤務地って、どう統計に使うの?
家の床面積だって、固定資産税を毎年徴収しているのだから行政は把握してるはずよ。
持ち家か、借家かは、どんな統計に必要?

統計だって、時代の要請によって内容は変わる。
前回はそんなに疑問を持たなかったけど、今回はかなり疑問を感じた。
あぁ、高齢世帯が増えた事で文字が大きくなって設問が減ったせいもあるかもしれない。
でも、住民基本台帳ができたのだから、それでカバーできることはいちいち記載しなくてもいいのじゃないの?
行政が持っている情報を行政が加工して使うぶんには、だれも文句は言わないと思うよ。
それよりもっと必要な統計はないの?

あ。。。
勤務先を書かない人の数を数えて、実質ぷー太郎数を押さえる?
そうそう、実質失業者数は労働省では捉えていないからね。
っていうか、雇用保険を申請している人しか“失業者”としない労働省の方針がへんなだけなんだけどね。
あぁ、そうだ。労働省って今は厚生省と一緒になっているんだっけ。
仕事をしない省庁は1+1は0.5にしかならない って、ちょっと言いすぎだね(^_^;


個人情報に世間が敏感になっているから、調査を受け取る方も、調査票を回収する方もいい感じはしない。
調査票が配布された時に、世帯主名は家族構成を聞かれて、同じことを調査票に書くのよね。
だったら、調査員がその場で調査票に書き込めばいいじゃない。
「封筒にシールしてあれば中身を確認しないので、是非シールしてくれ」って言われたけど、これって調査員も面倒なことに関わりたくないから、極力中は見たくないと言っているのよね。
でも、調査票に書くことで聞かれなかった事って、家の床面積と勤務先ぐらいじゃない?(笑)
多分、この調査員って同じマンションの人だから、きっと私の家の床面積は知っているわ。
その人が知らなくても管理組合に聞けば判るし(笑)
調査を受ける側も、行政の代理で調査票を受渡しする側もいい事がないシステム(やり方)って間違っていると思うのよね。
もう、60年も経った手垢の付いたシステムは改めるべきだと思うわ。


それにしても、650億円もあれば他に有効な使い道があると思うよ。
650億円といえば、日本のアフリカへの年間ODA額にも匹敵するのよね。。。

ボートでも船にでも乗って海の向こうへ行ってください

昨日、今日と、帰宅してテレビを点けると「24」が放映されている。
いや、「24」自体は先週から放映されていたのだけど、実のところ、もう飽きたなぁ。。。なんて思っていたのに、テレビを点けると放送しているからつい見てしまう(笑)
主人公はバウワーという男性の捜査官なのだけど、彼が所属しているテロ捜査ユニットには、他にも幾人ものユニークな捜査官が居て、毎日画面に出てくる。
中で、ミッシェルという女性捜査官が魅力的。
前作では、あまり魅力を感じない女性だった。
職場の上司と結婚した今作では、かなり魅力的な女性になっている。

夫のトニーが瀕死の重傷を負った時、妻のミッシェルは直ぐにでも夫が収容された病院に駆けつけたかったが、自分の代わりに捜査の指揮を取れる人間が居ないので職場を離れるのを諦めた。
(瀕死だったのに何故か)病院で手当てを受けた後に職場に戻ってきて、通常勤務をするトニー。
その後にテロリストによる緊急事態が発生して現場に出向くミッシェル。
ミッシェルは、自らの命の危険を顧みず、現場に飛び込み。
それは、ほぼ100%の確立で死を意味する。
ドラマなので、ミッシェルは90%以上の高確率で感染し、感染後数時間で死亡するという生物兵器(ウィルス)への感染は免れた。

でもね。。。
感染したら確実に死ぬし、ほぼ間違いなく感染するというウィルスのある“感染源”に緊急事態だからと防護服も着けずに雄雄しく飛び込んでいく妻に対して、うろたえる夫。
心情的には解らなくもないけど、職場結婚ならお互いに置かれている立場は解るだろうに、任務遂行の為の行為とった妻を(自分の死を省みないなんて)“何を考えているのだ”と責め、仕事も手につかない程うろたえる夫というのは、どうなんだろう。
自分が逆の立場だったら、「任務遂行の為には仕方ない、解ってくれ」と言うだろうに。。。
彼らは、テロ捜査官と言う立場で国民の生命、財産を守っている。
それが彼らの仕事だし、そのために命を落とす事も想定済みだ。
それは家族であっても。。。
それは、別にアメリカのテロ捜査官でなくても、日本にだって国民の安全と財産を守る為に殉職の危険と背中合わせの仕事に就いている人は多い。


ここ2日程、週刊誌のある記事が発端で一部ブログが賑わっている。
私はその週刊誌を読んでいないので正確には判らないけど、どうも社民党の清美ちゃんが「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」と発言したらしい。



日本国憲法

第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


憲法に拠ると、国民は公共の福祉に反しない限り、生命、財産は尊重され、政府、国会議員、公務員はこれを守る義務がある。
社民党って護憲の政党かと思ったら、違うらしい(笑)
って、社民党って、党首自らが、「国会議員として国の為に命を賭けることは出来ない」なんてテレビで公言しちゃう政党だものね。
日本国民軽視は今に始まった事ではなく、元来の事なのね。
日本国民の為の政党ではなく、某国の為の政党なのよね。
さらに、清美ちゃんったら、「日本の憲法は8条までは不要」だなんていうのだから、社民党は本来護“憲”の党ではなく、護“9条”の党なんだね。

こういう人に税金で食べさせるのってイヤ。
っていうか、こういう人を食べさせるために税金を払っている訳じゃない。
(NHK受信料の不払いじゃないけど、税金の不払いしていい? 笑)
こういう人(政党)には、ボートでも船にでも乗って、さっさと海の向こうのお気に入りの国に行って欲しいものだわ(恕)

珍しく短文で(笑)

またまた、朝日新聞とNHKの例の特番問題。


元総局長ら証人尋問へ NHK特番改編訴訟で高裁

 従軍慰安婦問題の特集番組の改編をめぐり、取材に協力した女性団体がNHKなどに損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が3日、東京高裁で開かれ、南敏文裁判長は松尾武元放送総局長と「政治的圧力があった」と内部告発した長井暁チーフプロデューサーをそれぞれ12月5日と21日に証人尋問することを決めた。
 松尾氏は女性団体とNHKの双方が、長井氏は女性団体側が申請していた。番組改編の経緯などについて尋問するとみられる。
 問題となったのは2001年1月30日放送の特集番組「戦争をどう裁くか」。番組内で女性団体「『戦争と女性への暴力』日本ネットワーク」などが主催した「女性国際戦犯法廷」が取り上げられたが、放送直前に4分短縮されるなど改編された。

(共同通信) - 10月3日17時27分更新


パワーがない状況でロクなエントリーは書けないから自粛をしていたのだけど、この記事を見て一言。

“流石に、共同通信ね”

“改編された”と、断言していいの?


それは、“正常”な状態ではないって事だよ。。。

う"ーーー、なんだかパワーが出ない(>_<)


朝日新聞が、例のNHK特番問題での社内調査の結果について記者会見をしたようだ。


<NHK特番問題>朝日新聞「記事には不確実な情報」と見解

 朝日新聞は30日、従軍慰安婦問題を取り上げたNHK特集番組が政治家の圧力で改変されたと報道した問題で、「記事には不確実な情報が含まれていたが、訂正する必要はない」とする最終的な見解を発表した。一方、特集番組をめぐる詳細な取材内容が「月刊現代」に掲載された問題では30日付で、吉田慎一常務の編集担当兼東京本社編集局長解職と3カ月の役員報酬10%減額、横井正彦・東京社会部長の解職と減給の処分を行った。
 秋山耿太郎(こうたろう)社長は東京・築地の本社で記者会見し、「NHK報道問題についての最終対応としたい。NHKや政治家側の対応を見守りたい。NHKも検証番組をつくれば、より一層真実に近づけると思う」と語った。一方で「朝日新聞の調査報道のあり方を見直したい」と述べた。

(毎日新聞) - 10月1日1時43分更新


こんなに調査に長引いたのは何故?

多くの良識ある人が、この件は「捏造」と思っている。
「捏造」でないことを証明できるものは何も無かった。
さらに、「取材の詰めが甘かった。さらに裏づけを取る努力が必要だった。」と認めているが、裏づけのない取材を「事実」として確定記事にしていいのか?
前の新党日本の旗揚げの記事の時もそうだったけど、朝日って思い込みや噂話を記事にする新聞社なのね。
これじゃ、私たち日記書きとあまりレベルが違わないね。
そんな記事でお金を取るだなんて、おこがましいと思わないのかしらね。

そして、言うに事欠いて、NHKに「検証番組」を作れだと?
そこで、完全に朝日の“捏造”という結果を出して欲しいと?
NHKに「捏造」を証明してもらいたい?
それとも、NHKもも朝日同様、「捏造でない」とはっきり証明できないという結果になることを期待している?
自分で“事実”を調べる事が出来ないのであれば、ジャーナリズムと言う看板を下ろしたらいいのにと思うわ。


この調査に関しては、多分社内の最重要な機密事項だったんじゃないかな。
で、その調査結果が外に漏れたとはね。。。

会社の機密事項が外に漏れる時って、その事実を曲げようとしている会社の意図に反対する力がある時か、会社の規律が緩んでいる時。
どちらにしても、今、朝日新聞が会社として“正常”な状態ではないって事だよ。。。

食べ物を頂くということ。。。

久しぶりにネットをうろついていて、知り合いのブログで知った記事。

地域の応援で食育授業

 4時間目が終わると、急ににぎやかになる。給食の時間が始まるのだ。

  給食は特に野菜を多く使用している。苦手な食材を食べられるようになり、食事の楽しさ、友人とのコミュニケーションを身につけてほしい。だが、正しい姿勢で食べられなかったり、箸はしが正しく持てなかったり、嫌いなものを残してしまったり、マナーの身についていない子も多い。

  先日、ある学校で保護者から「うちの子には、いただきますとはいわせないで」との抗議があったと聞いた。理由を聞いて開いた口がふさがらなかった。「給食費を払っているのだから言う必要がない」というのだ。

  「いただきます」「ごちそうさま」は、自然の恵みや生き物の命をいただいていることに由来する。食物が自然の恵みであることに感謝し、作物を育てる人、育てた作物を運ぶ人、料理を考えて作る人、作った料理を準備する人、みんなに感謝することだ。

(マイタウン東京)新校長日記 - 4月2日更新


日本は古来から、食べ物は、自然の恵みを“頂いて”いた。
だから、食する側は“頂きます”と自然、大地に対して感謝した言葉を発していた。
多分、他の民族、他の宗教を信じる人でも食事の前には、自然や大地の恵み、育まれた命を頂く事に感謝していると思うのだけど。。。

子供の頃、「お米は八十八の手掛けて育てたものだか、1粒たりとも粗末にしてはいけない」と教えられた。
そんな教育のせいか、食事でご飯粒をお茶碗にいっぱい付けたまま食事を終える人は好きになれない。
男性でも、女性でも、食事の時の食べ物の残し具合を見てしまうのよね。。。


芸能人が食べるテレビ番組で、料理人(料理人が芸能人の事もある)が食する人に対して、「頂いて下さい」と言う言葉に違和感を感じている。
それは、“頂く”と言う言葉が“食べる”の謙譲語だと思っていたから。
日本の文化としては、料理を供する側が言うのは“召し上がる”と言うのが“正しい”と思うから。

でもね。。。
それはあくまでも供する側の言葉であって、食べる側が「お金を払っているのだから、へりくだる必要はない」と言うのとは違うよ。
それじゃ、まるで「食べてやっている」って聞こえるのよね。
本当は「食べさせてもらっている」に過ぎないのに。。。

で、そういう言動って、人間は色々な命を頂いて生かされている事を全く考えていない言動だと思うのよね。
なんだか、バブル期の「お金」至上主義な臭いを感じて、イヤだな。
あぁ。。。
バブル期の「お金」至上主義な大人が親だからこういう言動がでるのかな?

なんだかなぁ。。。(^_^;

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top