Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

実は?

6カ国協議が再開されるらしい。
再開に当たっての北朝鮮の報道では、「日本だけ何もしてくれなかった」と拗ねているらしい。

まったく、金正日は何処まで強欲なのか。。。

横田めぐみさんの偽遺骨判明以降、日本国内で北朝鮮への宣戦布告已む無し(=経済制裁発動せよ)論が活発化する中、外交問題で決断できない純ちゃんが経済制裁を発動しないだけでもありがたいと思いなさい。

万望峰号だって、自由に航行できているでしょ。
それだけでも、日本政府は国民感情に見て見ぬ振りをして北朝鮮に強力してやっているのよ。
拉致問題に強硬的な態度をとるつもりなら、(民間の)経済支援の元となっているだけでなく、拉致の工作船である万望峰号なんて、入港させる訳ないっていうの。


あぁ。。。
アメリカの譲歩を引き出せなかったから、代わりに日本に不満をぶつけている?
ライスちゃんに6カ国で協議するのが嫌なら核問題を国連安保理に持ち出すって言われたから、その憤懣を日本にぶつけているの?
アメリカからは5万トンしか食糧援助を受けられなかったものね。。。
それとも、中国や韓国から6カ国協議再開が条件だけど、20万トン近い食糧援助を受けたら、中韓の援護射撃のつもり?

でもねぇ。。。
そんなに日本を敵に回したいならそれもよし。
日本だってとるべき手段はあるのだから。
拉致問題は国連の安保理の付帯事項として、本格的な経済制裁をすると脅してみる?
まぁ、中韓が協力しない中で経済制裁しても効果は薄いという向きもあるけど、第2次世界大戦中の日本と違って、中韓が北朝鮮に援助していれば、当座は窮鼠を噛む必要はないでしょう。
国民の幾ばくかが中韓に亡命して、中韓もそれを見過ごせなくなった時になって後悔しても遅い。
経済的にどんづまったアメリカはいつまでも日本の意向を無視は出来ないし、中韓だって自国の現政権がいつまで維持できるかわからない情況で、北朝鮮が日本に対して窮鼠を噛むことを支持し続けることはできない。
どんなに疲弊していても経済面では未だ世界第2位、軍事面でも世界第4位の力を持つ日本を、いつまでも敵に回し続けるのは北朝鮮でなくても、得策ではないからね。

北朝鮮は日本政府が鷹揚に構えられるうちに拉致問題を解決した方が無難なのに。。。
っていうか、北朝鮮相手じゃ、本気で相手をするのもバカバカしいというのが本音なんどね(苦笑)
それでも、この局面においても“瀬戸際”でしかモノを考えられない北将軍様ってアホだな。
まぁ、“宇宙ロケットは1300年前に北朝鮮が人類史上始めて開発した”なんて妄想をまことしやかに報道する国だから、どこかのカルト教団と大差ないんだけどね。。。
(って、近隣の大国も“先行者”とかいうロボットを誇大宣伝していたから、似たようなもの?。。。(^^;  )

日本もさっさと、拉致問題を国連にアピールすればいいのにね。
北朝鮮を無法者の“テロ組織”、あるいは、カルト教団組織として、さっさと葬ってしまえばいいのに。。。
こんな国をいつまでも“主権国家”だなんて持ち上げていると、麻原彰晃のような勘違い人間を産んだりして人類の将来に禍根を残すよ。


親北朝鮮の某テレビ局では、北朝鮮の言い分を元に、ニュースで“実は6カ国協議から日本が孤立”しているというコメントをしていたけど、北朝鮮が何を言っても、そんな事で“日本が孤立”だなんてありえないし、実が取れるなら、日本は6カ国協議なんて出なくていいのに。。。

Continue reading

実は?

6カ国協議が再開されるらしい。
再開に当たっての北朝鮮の報道では、「日本だけ何もしてくれなかった」と拗ねているらしい。

まったく、金正日は何処まで強欲なのか。。。

横田めぐみさんの偽遺骨判明以降、日本国内で北朝鮮への宣戦布告已む無し(=経済制裁発動せよ)論が活発化する中、外交問題で決断できない純ちゃんが経済制裁を発動しないだけでもありがたいと思いなさい。

万望峰号だって、自由に航行できているでしょ。
それだけでも、日本政府は国民感情に見て見ぬ振りをして北朝鮮に強力してやっているのよ。
拉致問題に強硬的な態度をとるつもりなら、(民間の)経済支援の元となっているだけでなく、拉致の工作船である万望峰号なんて、入港させる訳ないっていうの。


あぁ。。。
アメリカの譲歩を引き出せなかったから、代わりに日本に不満をぶつけている?
ライスちゃんに6カ国で協議するのが嫌なら核問題を国連安保理に持ち出すって言われたから、その憤懣を日本にぶつけているの?
アメリカからは5万トンしか食糧援助を受けられなかったものね。。。
それとも、中国や韓国から6カ国協議再開が条件だけど、20万トン近い食糧援助を受けたら、中韓の援護射撃のつもり?

でもねぇ。。。
そんなに日本を敵に回したいならそれもよし。
日本だってとるべき手段はあるのだから。
拉致問題は国連の安保理の付帯事項として、本格的な経済制裁をすると脅してみる?
まぁ、中韓が協力しない中で経済制裁しても効果は薄いという向きもあるけど、第2次世界大戦中の日本と違って、中韓が北朝鮮に援助していれば、当座は窮鼠を噛む必要はないでしょう。
国民の幾ばくかが中韓に亡命して、中韓もそれを見過ごせなくなった時になって後悔しても遅い。
経済的にどんづまったアメリカはいつまでも日本の意向を無視は出来ないし、中韓だって自国の現政権がいつまで維持できるかわからない情況で、北朝鮮が日本に対して窮鼠を噛むことを支持し続けることはできない。
どんなに疲弊していても経済面では未だ世界第2位、軍事面でも世界第4位の力を持つ日本を、いつまでも敵に回し続けるのは北朝鮮でなくても、得策ではないからね。

北朝鮮は日本政府が鷹揚に構えられるうちに拉致問題を解決した方が無難なのに。。。
っていうか、北朝鮮相手じゃ、本気で相手をするのもバカバカしいというのが本音なんどね(苦笑)
それでも、この局面においても“瀬戸際”でしかモノを考えられない北将軍様ってアホだな。
まぁ、“宇宙ロケットは1300年前に北朝鮮が人類史上始めて開発した”なんて妄想をまことしやかに報道する国だから、どこかのカルト教団と大差ないんだけどね。。。
(って、近隣の大国も“先行者”とかいうロボットを誇大宣伝していたから、似たようなもの?。。。(^^;  )

日本もさっさと、拉致問題を国連にアピールすればいいのにね。
北朝鮮を無法者の“テロ組織”、あるいは、カルト教団組織として、さっさと葬ってしまえばいいのに。。。
こんな国をいつまでも“主権国家”だなんて持ち上げていると、麻原彰晃のような勘違い人間を産んだりして人類の将来に禍根を残すよ。


親北朝鮮の某テレビ局では、北朝鮮の言い分を元に、ニュースで“実は6カ国協議から日本が孤立”しているというコメントをしていたけど、北朝鮮が何を言っても、そんな事で“日本が孤立”だなんてありえないし、実が取れるなら、日本は6カ国協議なんて出なくていいのに。。。

Continue reading

トラブル後の対応が“信用”を左右する

暫く体調が優れなくて、なんだか日記を書くのも億劫だった。
やっと、体調不良の理由が判ってすっきりして、友人たちのBlogをウロウロ。
っていうか、いきなり、怒り、沸騰モードなんですが。。。(^^;


サイバー・エージェント社(CA社)が提供しているアメブロというサービスのメンテナンスが上手くいってない模様。
アメブロは先月もメンテしていたのにね。。。
私もアメブロに良く読みにいくブログがいくつかあるから、アクセスしにくくなっているのは知っていた。
何人かのブログは、「サーバがみつかりません」状態になっていたものね。。。

それにしてもね。。。
これも友人のブログ経由で知ったのだけど、CA社の社長も今回のメンテの不始末について自身のブログで語っているらしい。
アメログユーザの幾人かは、メンテのトラブルにつぃて「お詫び」というエントリー・タイトルで言及はしているが、これはお詫びではないと怒っている。
私も、CA社の社長のブログを読んだけど、これは到底“お詫び”いうようなものではない。
社長君自らが一ユーザとして、トラブルを淡々語っていたり、「ライブドア堀江社長も難易度が高いと言った」とあたかもホリエモンの言葉が免罪符のような言い訳(?)をしたり。。。
勿論、ご本人は「言い訳にはならない」とは言っているけどね(笑)

昨年のjugemu、先日のlivedoor、exciteと、同様のサービスを提供している会社が次々とメンテに躓いている中、何故コレを他山の石とし、失敗しないための方策を採らないのかなぁ。。。
まして、社長のブログで渦中に“お詫び”記事を掲載するなんて、去年のjugemuと全く一緒。
去年のjugemuは、有料サービス提供を前にしたメンテだったのに、メンテ失敗のお陰でユーザの大量流出を招いただけでなく、有料サービスだって暫く提供できなかった。
無料サービスに至っては、1年近くたってやっと再開できるようになったのよね。
これって、会社にとってはかなりの損失のはず。
アメブロって、CA社って、jugemuと同じ轍を踏みたかったのかしら?

jugemuユーザの流出を招いたのは、メンテのトラブルそのものより、その後の対処なんだと思う。
これは去年もVol2で書いた事なんだけど、トラブルの経緯や経過、復旧の見通しをスタッフブログと社長ブログでしか公開していなかった事が一番拙かった。
そして、復旧見通しがいい加減だった事も拙かった。
さらに、社長ブログに殺到したユーザの不満に対して、社長が真摯に対応しなかった事ね。
jugemuの社長は、最後はコメントもTBもクローズしてしまったものね。。。
これって、コメントもTBもクローズはしていないものの、対応の拙さではそのままアメブロにも当てはまる様な気がする。

スタッフや社長のブログで情報公開をすることは、必ずしも悪い事ではない。
でも、社長やスタッフのブログが同じドメイン(jugemu.ccやjugemu.jpとか、ameblo.jpとか)を使っていて、そのトラブルの原因がサーバやドメイン解決の場合、このブログを見ることすら出来ないユーザは大勢居るはず。
今回のアメブロに関しては一部のユーザの言い分しかしらないのでなんともいえないが、去年のjugemuの時はユーザにはメールでのアナウンスはトラブル発生後10日ぐらいしてから初めて来た。
一応、IT業界の端っこに身を置く身としては、10日も経って始めてユーザに連絡するなんてありえない。
これじゃユーザの不信感を買うだけ。
そういえば、MyblogListを提供しているドリコムもDNSの更新を忘れて2週間近くMyblogListが使えなくなるトラブルがあったっけ。。。
これも、トラブルの経緯連絡は、MyblogListの自分(ユーザ)のページ宛だった。
ドメインが無効になっているのだから、ユーザによってはかなりの期間そのアナウンスを見られなかったハズなのに。。。コレで障害報告していると考えているとしたら甘すぎだよね。。。
何のためにメールアドレスを登録してあるのかなぁ。。。

彼らはこれを“無料サービスだから、ユーザは我慢しろ”と思っているのかもしれないけど、彼らはある意味私たちユーザを売って商売しているのよね。
彼らの広告主にとって、潜在的なユーザや優良ユーザがどのくらいか確保できるかによって、その会社の儲けがある訳でしょう?
CA社なんて、最近は、企業広告をメインとするメルマガで、「アメブロにブログを持ちましょう」キャンペーンをしてる。
これって、ユーザの囲い込みがすなわち企業収入になるからでしょ。

でも、スーパーに並んでいる野菜や衣料品と違って、この“商品”には自由意志がある。
この会社の商品になりたくないと思えば、商品(ユーザ)は離れていく。
そういう意味では、彼らは“商品”であるユーザが満足できるサービスを提供できなければ、顧客である広告主にも満足される商品(ユーザ)が提供できないって事。
ネットサービス企業って、まだ気が付かないのかな?


個人的には、こんな素人企業と同じ業界に身を置くとは思いたくない。
最も、こういうネットサービス企業と、システム開発の私は同業という気は全くないのだけどね(笑)。

でも、どうしてこう、ネットサービス業界には、子供のお遊びの延長でしかビジネスを捉えない企業が後を絶たないんだろうね。
そういえば、以前、あるプロバイダのHPが見られなかった時、他のHPは見られるしメールも送れるのでそのプロバイダ宛に、「他の会社のHPは見られるし、メールも送れるのに、御社のHPが見られません」とメールを送ったら、「あなたのPCにTCP/IPはインストールされていますか?」という回答が返って来た事がある。
パソコンにTCOP/IPが入って居なかったら、どうやって他の会社のHPが見られたり、メールを送る事ができるというのか、あいた口が塞がらなかった事がある。
こういう企業って、一般ユーザを“何もしらない赤子”と思っているのかしらね。。。

ネットサービス以外の企業では、トラブル後の対応がその後の“信用”を左右するって常識。
もっと真摯に対応してもらいたいものだわ。
コレじゃ、真摯にビジネスに向き合っている会社や社員とか、そこで仕事をしている人が迷惑するよ。。。

ロンドン同時多発テロ

帰宅してテレビを点けたら、ニュース番組が時間を前倒しするとのテロップ。
なんか嫌な予感。。。


2012年のオリンピック誘致成功で沸いていたロンドンが、1夜明けた今日同時多発テロに遭っている。
イギリスでは、サミットが行われている最中で、警備も厳重な中の犯行。

アメリカ同様、テロの標的になりやすいイギリスは、その警戒は厳重だ。
アメリカの9.11の後、イギリスは反テロ法を制定してやや過激な法整備をしていた。
その過激さ、テロを計画する疑いがあれば裁判の手続きを経なくても警察が拘束できる制度は世論の批判もあって、今年の3月に緩和したばかりだった。
まぁ、日本だったらそもそもそんな法律は通らないだろうけど、そんな経緯があったらマスコミはテロの犯人を責める前に“緩和した事”を責めるんだろうな。。。
なんてことは置いておいて。。。(^^;
このテロでは既に死者が数十人、けが人は数百人を数えると言われている。
何の罪もない被害者には全くお気の毒な事だ。


朝の通勤時間帯。
ある意味ロンドンを象徴するシティの近くでのテロ。
そういう意味では、アメリカの9.11と様子は似ているかもしれない。
でも。。。
テロの標的に地下鉄を使っているからなのか、オウムのテロの方が似ている気がする。
って、どっちに似ていても、テロはテロ。
許される事じゃないには違いない。

今朝のニュースでサミットがグレンイーグルズで開催されたのは警備上の理由だといっていた。
人口も多く、海外からの入国も容易なロンドンでは警備が難しいからと。
図らずも、それが“証明”されたかの様で、イヤな気分。

テロは絶対に許してはならない。
ブレア首相も言っていたけど、今は“文明社会”なのだから、“テロ”という手段以外で主義主張を訴える手段がある。
それが受け入れられないのだとしたら、それは“人間”として真っ当でないか、社会の利益に適っていないかのどちらか。
勿論、議論の末否定される事の全てが社会の利益に適っていない訳ではないのは認めるが、少なくも現段階では多くの人が社会の利益でないと思っていると言うこと。
それを、例えそれが集団の利益の為との信念があったとしても、“自らの利益のため”に“暴力”に訴えるは間違っている。
“暴力に訴えた”時点でそれは、社会悪に成り下がってしまう。
テロの犯人たちは、もう少し冷静になれないものか。。。








サミットの会場で事態をテロと表明したブレア君は、数時間で老けた感じだったね。
声明を発するブレア君の後ろに映るブッシュ君のアホ面が余計に際立つ。
またムーア監督におちょくられそうね。

ブレア君が話す英語が母国語でないシラク君やプーチン君がブレア君の声明にうなずく中、母国語でニュアンスまでほぼ理解できるブッシュ君の目が泳いでいるのはかっこ悪すぎ。
コレが世界の警察を名乗る国家の元首だと思うと、コレも人類の損失のような気がする。。。

一つぐらい、国民の期待に応えても、バチは当たらないと思うけど?(笑)

郵政民営化法案が衆議院を通過したらしい。。。


特に言うこともない。


だって、純ちゃんは“民営化”と言う“名”を取ったけど、“実”は?


この法案で、郵貯や簡保でかき集めた資金が財政投融資にならない保証がない。
コレって、どんな意味があるの?


郵便局って、他の公務員とは違って、その給与は税金で賄われている訳ではない。
JRやその他の既に“民営化”された企業とは、微妙に違う。
今回の民営化に当たっての一番の課題は、財政投融資にその資金が“運用”されない事だったはず。
“運用”という部分、その利ざやに税金が使われるって事だよね。。。

せっせと郵便局に貯金して、方やせっせと税金を納める。
納めた税金の一部が郵便貯金の“利子”として還元される。
それって、本当に税金が有効に使われている事になるの?

国家予算より大きな郵便貯金。
税収が足りなかったら国債を発行します。
(って、赤字ならしょうがないよね。。。と思うよね。。。(^^; )
更に足りなかったら、あるいは何らかの事情で国債の発行が間に合わなかったり、足りなかったら、郵便貯金からお金を融資します。
その融資には勿論利子がかかります。
その利子は国民の税金で負担します。

え?
貯金していたつもりだったのに、私に利子を払うために税金が必要?

そう、私が貯金して利子を貰ったと思っても、それは私が納めた税金。
そりゃ、少しでも戻ってくるなら。。。とは思うけど、そもそも国が融資なんて受けなかったら私は相当分の税負担の必要は無いって事。
そして、その融資は上限がなく無尽蔵。。。。
コレっておかしいよね。。。

なんで国会が、“民営化”の技術論に終始して、その本質を議論しないか。
それって、税金から郵貯に流れる税金のいくらが、彼ら国会議員に流れているからでしょ。


若い、“改革派”と目される議員が郵政民営化に反対する姿を見るとがっかりする。
その反対の理由が、今の民営化が“本質”を突いていないからという理由なら理解できるけど、そうではない。
ただ、単純に“民営化は不利益”という“ダレに?”が曖昧な感情論。
“感情論”に反論がある人も居るかもしれない。
よく言われるのは、過疎地に充分なサービスが行き渡らないという危惧。
宅配便やコンビニエンスストアを見ても判るように、過疎地ってそんなに不利益を被っている?
そりゃ、全くないとは言わない。
でも、北海道と沖縄を除けば、宅配料金は山の中でも周辺地区と同じ料金。
極端に不利益を被っているとは思えない。
特に、物流に関しては、過疎地では過疎地での需要があるから、商業ベースでは極端な不利益はない。
コンビニだって同じ。
都会の人口密集地と過疎地でその需要が同じなら、その料金に違いは出ない。
むしろ、商業ベースに乗せた方が、官のお仕着せより、“痒いところに手が届く”サービスが期待できるかもしれない。
ニーズがあればね(笑)

それなのに、こんな議論に貶めた純ちゃんにがっかり。
なんでもっと本質を議論できないのかなぁ。。。
純ちゃんの行政改革論って、手法や技術的な可否ではなく、理想で語られた物ではなかったの?
理想論を掲げると“若い”とバカにされるかもしれないけど、多くの国民はその純ちゃんの“青臭さ”に期待したんじゃないの?
一つぐらい、国民の期待に応えても、バチは当たらないと思うけど?(笑)

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top