Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

サイレント・オーディエンスは打出の小槌?

数日前の新聞に、政府税制調査会が個人所得課税に関して答申(「個人所得課税に関する論点整理」)を公表したとあったが、その説明の為に税制調査会の石会長が昨日のテレビに出ていたのね。
「報道2001」は私も見ていたけど、朝から出かけたから、途中の1部分しか見ていなくて見逃してしまった。

会長、理解訴え/与党「狙い撃ちせず」

 政府税制調査会(首相の諮問機関)が公表した「個人所得課税に関する論点整理」への増税批判が高まる中、二十六日のフジテレビ「報道2001」に出演した石弘光会長(一橋大学前学長)は、「少子高齢化をどうするか考えてほしい」と説明、サラリーマンへの税負担増の必要性を訴えた。だが、反響の大きさに、与党には「狙い撃ちはしない」とする慎重姿勢も強まっている。
 二十一日に公表された論点整理は、給与所得控除や扶養控除、配偶者控除の縮小・廃止の方向を盛り込むなど、増税色の濃い内容となった。
 特に給与所得控除の縮小は、給与所得者世帯への影響は大きく、「サラリーマン増税」と批判された。
 番組に出演した石会長は、「来年四月から増税になる話ではない。あの内容で行けるとはみんな思っていない」と、今回の案が論点整理であることを強調。そのうえで、「所得税には(減税措置による)ゆがみや不公平がある」と指摘した。
 さらに、「国が借金を抱え、孫、子供の世代につけを回すことになる。少子高齢化を控え、日本をどうするかという大きな観点で考えてほしい」と理解を求めた。
(産経新聞) - 6月27日2時44分更新


個人課税所得の課税強化については、“ご時世”を考えれば“見えている”事だった。
ただね。。。

企業や個人は精一杯支出を切り詰めている。
その結果、企業業績は上がり過去最高益を出す企業も決算を公表する企業の半数に上るらしい。
実際、企業業績は数年前から少しずつだけど上向いてきてた。
一方家庭は?というと、企業業績の向上の恩恵を受けられるようになったのは、やっと今年から。
今年になって、やっと企業の給与水準が前年比で上向いたに過ぎない。
それでも、長年下がり続けた給与水準がやっと前年比で上向いただけ。
でも、所得税の定率減税が廃止されているから、実質的な所得はそうは伸びていない。
ここに、課税対象額が増えて実質的に増税になる控除見直しが行われたら、また景気が逆行してしまう。。。
そしてまた、企業や個人がこれほどまでに支出を切り詰めている中、行政は?
行政は、自らが借金で自転車操業しているという意識もないまま、打出の小槌からお金が無尽蔵に出てくるもの勘違いして、支出の抑制を怠っているのでは?

平成の大合併と言われた市町村合併は何のために始めたの?
元はといえば、行政を合併することによって、効率化を図るためじゃなかったの?
A市に5000人居る市役所職員とB市に3000人居る市役所職員を、合併する事によって共通する仕事を一方に移し職員を6000人にする事が目的だったのでは?
今はどう?
かなりの市町村は合併をしなかったし、合併した市町村でも職員数は殆ど変わっていない。
合併した当初は職員にもそれなりに仕事があるだろうから直ぐに減らないとしても、削減計画ぐらい出してもよさそうなものに。。。
合併しなかった市町村は、それが住民投票の結果だとしても、合併を受け入れない事を選択したのであれば自治体が自身の合理化計画ぐらい公表すべきだと思うんだよね。。。
住基ネットからの離脱で有名になった矢祭町の例が新聞などで殊更取り上げられるくらいだから、他には殆ど削減の例はないんだろうな。


石会長はテレビで、「少子高齢化を控え、日本をどうするかという大きな観点で考えてほしい」と言ったらしいが、税調にもそういう観点で税金の事を考えてほしいと思う。
今までは、「サラリーマン」を打出の小槌の用に使ってきたが、2007年からの団塊世代の大量退職を控え、“サラリーマン”そのものの人口が減るんだけど、本当にこの「論点整理」は「少子高齢化を控えて、日本をどうするか」という観点でものを見ている?

その減ったサラリーマンから、年金や健康保険料、介護保険料と搾り取って、更に税金負担を重くするつもりなんだよね?
今でも収入の1/3がこれら広い意味での税金で持っていかれているのにこれ以上負担が増えたら、サラリーマンも生活保護でももらわないと生活できなくなるよ(苦笑)
サラリーマン一人の稼ぎで自分ひとりの生活が出来るかできないかということになると、専業主婦なんて本当に一部の特権階級だけのものになってしまう。
先日の劣化ウラン弾の記事に絡めて「奇形の子供のが生まれるということを理由に劣化ウラン弾を批判するならば、ストレスによる異常出産の可能性がある女性の社会進出も批判すべき」というコメントを頂いたのだけど、この考え方って裏を返すと「社会で働く女性は子供を持つな」という事に等しい。
いや、本心は、「女性は社会で働くな」といいたいのだろけどね(苦笑) 
となると、高負担の税金のために働かざるを得なくなった女性は子供を持ってはいけないという事になり、子供を持つことすらも、一部の特権階級のものになってしまうのね。
ってのは極端だけど、サイレント・オーディエンスと言われるサラリーマンを打出の小槌、あるいはいくらでも搾り取れると思っているのなら、早晩破綻が来るよ。
労働人口が減って非労働人口が増えた後の事まで考えて税制を考えないとね。
2年後からは労働人口は現象に転ずるのだから。。。
それとも、労働人口が減ると言う観点で、「女性を働きに出したい」という意図で、専業主婦の控除を無くすのかしら?

“税金”って抑制効果があるから、事実上の増税になる“控除を減らす”というのは、そのカテゴリーを抑制したいと言うこと。
すなわち、専業主婦の控除を無くすというのは、専業主婦を抑制したいと言うことになる。
まぁ簡単に言うと、結婚している女性も“働いて稼げ”なんだよね。
ふ~ん。。。
少子高齢化を見据えて、女性に子供を産んでもらおうとする政策は諦めて、女性を働き手にして労働人口を増やすって政策なのね(^^;

少子高齢化を見据えてというのであれば、国民健康保険料や介護保険料はどうするの?
今は、地方自治体がその不足分を負担しているはずだけど。。。
というのも、最近、リタイア後に地方にIターンする人が増えてきたという。
リタイア後って事は、その多くはサラリーマンを辞めた後って事だよね。
そういう人が地方に行って、収入が減っているのだから当然今までより税負担は少なくなる。
一方、移住当初は未だお元気だとは言え、将来は国民健康保険や介護保険の世話になる人も居るだろう。
そういった、人の行動様式の変化や生活様式の変化まで取り込んだ内容になっているとは思えないのだけど?
税源移譲して「地方自治体は自立しなさい」はいいけど、世代バランスの悪い人口比になった地方自治体は耐えられるの?
そういう世代バランスで支出や負担の違うものって、“国全体で見よう”という議論はしたの?
「論点」として挙がっていないと言う事は、議論もしないんだよね?
それで、日本の将来を考えた税制の議論が出来るの?


っていうか、やっぱり入るのが少ないなら出すのも少なくする。
これが鉄則だよね。
まず、行政がどのくらいスリムになったかを出してからじゃないの?増税の議論をするのは。



Continue reading

株主総会の季節。。。

<ニッポン放送>「新株予約権で迷惑」総会で株主が謝罪要求

 ライブドアによる買収問題で揺れたニッポン放送の株主総会が24日、東京都内で開かれた。ライブドアに対抗するため取締役会が発行を決めた新株予約権(その後発行中止)について「株主に迷惑をかけたことを謝罪してほしい」と責任を追及する意見が相次いだ。同放送はフジテレビジョンの完全子会社になることが確定しているが、同放送の一連の対応が株主に不満を残したことが浮き彫りになった。
 ライブドアとの和解について亀渕昭信社長は「これで当社は新しいスタートを切る」と意義を強調、自らを含む役員の責任に関しては「行動に何ら恥じることはない」と言い切った。
 しかし、株主からは新株予約権に対し「総会で決めるべきだった」「ブランドイメージが損なわれた」などと批判が続出。投資ファンドを率いる元通産官僚の村上世彰(よしあき)氏も「胸を張られると今後の悪例になる」と指摘した。取締役11人選任などの議案は可決されたが、採決の際は「反対」の怒号が飛び騒然とした。
 村上氏は株主総会終了後、同放送の買収騒動について「得をしたのは日本。こんなことをまじめに考えてこなかった国なんてほかにない」と記者団に述べ、企業買収への関心が高まる契機になったことを評価した。【位川一郎、鈴木英生】
(毎日新聞) - 6月24日19時38分更新

そろそろ、株主総会がピークになる時期。
株主総会も変わったね。。。

以前は、シャンシャン総会が是と言われ、株主から“反対”の声がでないような総会運営が、経営者の一つの手腕として評価された。
でも、そんな頃は、機関投資家や持ち合い株主はあまり経営に文句を言う事もなく、“反対”を唱えるのは、反社会的な団体関係者が主だったものね。。。
まぁ、そんなだから“総会屋”なんて商売が成り立っていたのだけどね。

今は、持ち合い株主が減っただけでなく、ファンドも含め“モノをいう株主”が増えた。
ファンド(機関投資家)も株式いや会社の価値を上げるために、積極的に経営に口を出し、株価上昇によるキャピタルゲインだけでなく株主配当というインカムゲインも期待するようになった。
そういう意味では、村上世彰氏が村上ファンドを設立した時に言った「株主として会社を変える」というのは成功したといえるのじゃないだろうか。
彼はやり方が強引で今のところは自身の“儲け”だけしか見えてないように見えるけど、それでもゆっくりだけど確実に“株式会社”、“株主総会”は変わってきている。


株主総会といえば、所属タレントのコンサートを実施して昨年話題になったエイベックス。
今年は、希望する株主全員はコンサート会場に入れないらしい。
上司がエイベックス株を持っていて、「興味がある案ら」とコンサートに申し込んでくれたのだけど、「
会場の収容量の3倍を超える事前申し込み数があり、会場に入れない場合は改造の外でのモニター視聴になります」との連絡をもらったらしい。
まぁねぇ。。。
かなり広い会場を確保したとしても、難しいものはあるよね。。。
残念だったわ(笑)

株主総会の季節。。。

<ニッポン放送>「新株予約権で迷惑」総会で株主が謝罪要求

 ライブドアによる買収問題で揺れたニッポン放送の株主総会が24日、東京都内で開かれた。ライブドアに対抗するため取締役会が発行を決めた新株予約権(その後発行中止)について「株主に迷惑をかけたことを謝罪してほしい」と責任を追及する意見が相次いだ。同放送はフジテレビジョンの完全子会社になることが確定しているが、同放送の一連の対応が株主に不満を残したことが浮き彫りになった。
 ライブドアとの和解について亀渕昭信社長は「これで当社は新しいスタートを切る」と意義を強調、自らを含む役員の責任に関しては「行動に何ら恥じることはない」と言い切った。
 しかし、株主からは新株予約権に対し「総会で決めるべきだった」「ブランドイメージが損なわれた」などと批判が続出。投資ファンドを率いる元通産官僚の村上世彰(よしあき)氏も「胸を張られると今後の悪例になる」と指摘した。取締役11人選任などの議案は可決されたが、採決の際は「反対」の怒号が飛び騒然とした。
 村上氏は株主総会終了後、同放送の買収騒動について「得をしたのは日本。こんなことをまじめに考えてこなかった国なんてほかにない」と記者団に述べ、企業買収への関心が高まる契機になったことを評価した。【位川一郎、鈴木英生】
(毎日新聞) - 6月24日19時38分更新

そろそろ、株主総会がピークになる時期。
株主総会も変わったね。。。

以前は、シャンシャン総会が是と言われ、株主から“反対”の声がでないような総会運営が、経営者の一つの手腕として評価された。
でも、そんな頃は、機関投資家や持ち合い株主はあまり経営に文句を言う事もなく、“反対”を唱えるのは、反社会的な団体関係者が主だったものね。。。
まぁ、そんなだから“総会屋”なんて商売が成り立っていたのだけどね。

今は、持ち合い株主が減っただけでなく、ファンドも含め“モノをいう株主”が増えた。
ファンド(機関投資家)も株式いや会社の価値を上げるために、積極的に経営に口を出し、株価上昇によるキャピタルゲインだけでなく株主配当というインカムゲインも期待するようになった。
そういう意味では、村上世彰氏が村上ファンドを設立した時に言った「株主として会社を変える」というのは成功したといえるのじゃないだろうか。
彼はやり方が強引で今のところは自身の“儲け”だけしか見えてないように見えるけど、それでもゆっくりだけど確実に“株式会社”、“株主総会”は変わってきている。


株主総会といえば、所属タレントのコンサートを実施して昨年話題になったエイベックス。
今年は、希望する株主全員はコンサート会場に入れないらしい。
上司がエイベックス株を持っていて、「興味がある案ら」とコンサートに申し込んでくれたのだけど、「
会場の収容量の3倍を超える事前申し込み数があり、会場に入れない場合は改造の外でのモニター視聴になります」との連絡をもらったらしい。
まぁねぇ。。。
かなり広い会場を確保したとしても、難しいものはあるよね。。。
残念だったわ(笑)

経験値”を上げる事の方が大事な気がする。。。

昨日の「本当に何が原因なのか。。。」へいただいたコメントへのレスです。


>ゆりかりんさん

そうですね。
私たちが子供の頃というか、つい最近まで、子供の犯罪は、片親だとか、両親が共働き、一人っ子などが、社会的な少数派に分類されて、それがあたかも犯罪の原因になるように言われていましたね。
今では、離婚して片親だったり、両親の共働き、一人っ子は少数派ではなく多数を占めるようになって“魔女狩り”されたのがネットやゲームなのもしれませんね。

子供の手伝いについても、私たちが子供の頃に比べて、電化製品の普及も手伝って、家事労働の負担が少なくなったのかな。。。
もっとも、“家事で時間をとるより勉強を”と考える親御さんも私たちが子供の頃より多くなったのでしょうね。
勉強の出来/不出来しか子供の仕事がなければ、親も子供を叱るネタ(?)がないのかもしれませんね(苦笑)
また、勉強の出来/不出来しか親や周りにアピールできないという今の子供というのもアイデンティティの確立に苦労しているのかもしれませんね。

体罰は必ずしも奨励できる事ではないけど、親からも、教師からも、悪いことをしたら必ず叱られていましたよね。
今は、教師も下手に叱る事ができませんからね。。。
私の父は、空手や剣道など一通りの武道をし、ボクシングの選手だった事もあるので、本気で私たちを殴る事はしませんでしたが、それでも母にはこどもの頃はよく叩かれましたね。。。
「言って判らなければ叩いて判らせる」と言われていました。
また、「3歳までは身体に覚えさせる」とも。。。(^^;

最近の子供の事件を見聞きすると、体罰に限らず、ナイフで指を切ったら痛いだとか、そういった基本的な事も経験していないのか、他人を痛めつける加減を知らないというものが多いように感じます。
身体だけでなくメンタルな面でも、叱られたら全人格を否定されたような気になったり。。。
耐性がないというか。。。
子供にとって危険なものや競争など、“危ない”だとか“可哀想だ”といって取り上げてしまうのではなく、傷や痛みが少なくて済む内にどんどん経験させて“痛み”への耐性を付けることが重要なようなきがします。


>tobbyさん

新人類。。。懐かしい言葉ですね。
私が学校を卒業して2年目の新入社員に言われた言葉だったと調べてみたら、1986年に、当時、朝日ジャーナルの編集長だった筑紫哲也が言い始めた言葉だったのですね。
すっかり、新人にネーミングしていた「現代コミュニケーション研究所」がつけたものだと思っていました(笑)

そなのよね。。。
長男に殺された母親も42歳、昨日夫婦喧嘩で子供をマンションの5階から投げてしまった母親も42歳。
社会に出た頃、時代が変わったとか、旧来の価値観が通用しないと言われた私たちと同年代なんですよね。
なんだか考えてしまいました。。。


>ヨシムラさん
ヨシムラさんは、子供の頃悪がきだった雰囲気あるよ(笑)

ゆりかりんさんへのコメントで書いたように、私の父は自身が“武器”になってしまうので、本気で私たち子供を殴ることはしませんでしたが、母にお尻はよく叩かれましたね。。。
ある時期からは、手で叩くと痛いからと、木刀だったり。。。(^^;

でも、人を叩くと、叩かれた方だけでなく、叩く方も痛いんですよね。
そういう意味では、道具を使うのではなく、素手で行う喧嘩はもっとあってもいいのかもしれませんね。






tobbyさんの言葉にあった“新人類”という言葉は、昭和40年代の高度成長期に子供時代をすごした世代を指す。
モーレツ社員という言葉があって、父親は家庭より仕事が大事。
また転勤するサラリーマンが多く、母親が職業を持てずに専業主婦であったり、両親と子供だけの核家族が定着してきた頃に子供時代をすごした世代。
それまでは専業主婦は少なかったのに、専業主婦の比率が多くなってきた頃だった。
家庭の子育て環境も社会的な環境もそれまでは大きく変わった時代に子供時代をすごした。
仕事の忙しさにかまけて家庭を顧みない父親を見て育ったせいか、それに反発するかのように「集団や組織より、個を大事にする」世代と言われた。
小人数家族や電化製品の普及で家事負担が減った母親は子供(子育て)に比重が移り始め、家でも子供の身の回りの事を全て母親がするという家も出始めた。

小学生の頃は、“鉛筆をナイフで削れない子供が増えた”と社会問題にもなって、学校で“鉛筆を削る”という授業が行われたりもした。
当時は未だ、「ナイフは危険だから子供から取り上げる」のではなく「正しい使い方を教える」スタンスだった。
(今は、「危ないものは取り上げる(取り除く)」だものね。。。)

そういう世代が親になって、そのしわ寄せが子供に出ているのかなぁ。。。
その時代の歪みが子供にでているのかなぁ。。。
“危険”は一度遠ざけられ、選択された“危険”だけが経験値として与えられた歪みがでているのかなぁ。。。

でも、危険は小さなうちに取り除くのではなく、危険の度合いが小さいうちに経験させ、“危険”に対する“経験値”を上げる事の方が大事な気がするのよね。。。
 

経験値”を上げる事の方が大事な気がする。。。

昨日の「本当に何が原因なのか。。。」へいただいたコメントへのレスです。


>ゆりかりんさん

そうですね。
私たちが子供の頃というか、つい最近まで、子供の犯罪は、片親だとか、両親が共働き、一人っ子などが、社会的な少数派に分類されて、それがあたかも犯罪の原因になるように言われていましたね。
今では、離婚して片親だったり、両親の共働き、一人っ子は少数派ではなく多数を占めるようになって“魔女狩り”されたのがネットやゲームなのもしれませんね。

子供の手伝いについても、私たちが子供の頃に比べて、電化製品の普及も手伝って、家事労働の負担が少なくなったのかな。。。
もっとも、“家事で時間をとるより勉強を”と考える親御さんも私たちが子供の頃より多くなったのでしょうね。
勉強の出来/不出来しか子供の仕事がなければ、親も子供を叱るネタ(?)がないのかもしれませんね(苦笑)
また、勉強の出来/不出来しか親や周りにアピールできないという今の子供というのもアイデンティティの確立に苦労しているのかもしれませんね。

体罰は必ずしも奨励できる事ではないけど、親からも、教師からも、悪いことをしたら必ず叱られていましたよね。
今は、教師も下手に叱る事ができませんからね。。。
私の父は、空手や剣道など一通りの武道をし、ボクシングの選手だった事もあるので、本気で私たちを殴る事はしませんでしたが、それでも母にはこどもの頃はよく叩かれましたね。。。
「言って判らなければ叩いて判らせる」と言われていました。
また、「3歳までは身体に覚えさせる」とも。。。(^^;

最近の子供の事件を見聞きすると、体罰に限らず、ナイフで指を切ったら痛いだとか、そういった基本的な事も経験していないのか、他人を痛めつける加減を知らないというものが多いように感じます。
身体だけでなくメンタルな面でも、叱られたら全人格を否定されたような気になったり。。。
耐性がないというか。。。
子供にとって危険なものや競争など、“危ない”だとか“可哀想だ”といって取り上げてしまうのではなく、傷や痛みが少なくて済む内にどんどん経験させて“痛み”への耐性を付けることが重要なようなきがします。


>tobbyさん

新人類。。。懐かしい言葉ですね。
私が学校を卒業して2年目の新入社員に言われた言葉だったと調べてみたら、1986年に、当時、朝日ジャーナルの編集長だった筑紫哲也が言い始めた言葉だったのですね。
すっかり、新人にネーミングしていた「現代コミュニケーション研究所」がつけたものだと思っていました(笑)

そなのよね。。。
長男に殺された母親も42歳、昨日夫婦喧嘩で子供をマンションの5階から投げてしまった母親も42歳。
社会に出た頃、時代が変わったとか、旧来の価値観が通用しないと言われた私たちと同年代なんですよね。
なんだか考えてしまいました。。。


>ヨシムラさん
ヨシムラさんは、子供の頃悪がきだった雰囲気あるよ(笑)

ゆりかりんさんへのコメントで書いたように、私の父は自身が“武器”になってしまうので、本気で私たち子供を殴ることはしませんでしたが、母にお尻はよく叩かれましたね。。。
ある時期からは、手で叩くと痛いからと、木刀だったり。。。(^^;

でも、人を叩くと、叩かれた方だけでなく、叩く方も痛いんですよね。
そういう意味では、道具を使うのではなく、素手で行う喧嘩はもっとあってもいいのかもしれませんね。






tobbyさんの言葉にあった“新人類”という言葉は、昭和40年代の高度成長期に子供時代をすごした世代を指す。
モーレツ社員という言葉があって、父親は家庭より仕事が大事。
また転勤するサラリーマンが多く、母親が職業を持てずに専業主婦であったり、両親と子供だけの核家族が定着してきた頃に子供時代をすごした世代。
それまでは専業主婦は少なかったのに、専業主婦の比率が多くなってきた頃だった。
家庭の子育て環境も社会的な環境もそれまでは大きく変わった時代に子供時代をすごした。
仕事の忙しさにかまけて家庭を顧みない父親を見て育ったせいか、それに反発するかのように「集団や組織より、個を大事にする」世代と言われた。
小人数家族や電化製品の普及で家事負担が減った母親は子供(子育て)に比重が移り始め、家でも子供の身の回りの事を全て母親がするという家も出始めた。

小学生の頃は、“鉛筆をナイフで削れない子供が増えた”と社会問題にもなって、学校で“鉛筆を削る”という授業が行われたりもした。
当時は未だ、「ナイフは危険だから子供から取り上げる」のではなく「正しい使い方を教える」スタンスだった。
(今は、「危ないものは取り上げる(取り除く)」だものね。。。)

そういう世代が親になって、そのしわ寄せが子供に出ているのかなぁ。。。
その時代の歪みが子供にでているのかなぁ。。。
“危険”は一度遠ざけられ、選択された“危険”だけが経験値として与えられた歪みがでているのかなぁ。。。

でも、危険は小さなうちに取り除くのではなく、危険の度合いが小さいうちに経験させ、“危険”に対する“経験値”を上げる事の方が大事な気がするのよね。。。
 

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top